b's mono-log

2010/04/21 (Wed.)

aisanse のストラップアダプタ補修

iPhone で愛用している aisanse のストラップアダプタ、最近ネジが緩みやすいなーと思っていたら、いつの間にか糸通しの穴を隠すシールを紛失していました。補修キットを買うか、あるいは適当にシールを自作するか・・・と思っていた矢先、ふとポケットから iPhone を取り出そうとしたら、

「ブチッ」

aisance

ストラップが切れた・・・(´д`)。

iPhone をポケットから取り出すときには、必ずポケットリングに指を通してストラップ側から引っ張り出すようにしていたので、これはいつか切れるかもなあ、と思っていたら、3 ヶ月。意外に早かったです。
最初にストラップアダプタを iPhone に取り付けるのに少し苦労して、ステンレス糸を少しネジ頭で噛んでしまったりしたので、多少弱くなっていた可能性があるとはいえ、ちょっと早かったかなと。

aisance

見ての通り、見事にブチッといってます(´д`)。

極細のステンレス繊維だと切れやすそうだから、もう少し太さのあるナイロン製の糸とかのほうが良いんじゃないかなーと思ったりもしましたが、たぶんそうするとしなやかさが得られないんでしょうね。

でもやっぱりストラップがないと持っていて不安な気持ちになるので、aisance の直販サイトから「糸の交換セット」を買ってみました。相変わらず丁寧で素早い対応、中一日で届いちゃいました。

aisance 糸の交換セット

¥500 で 2 セット入っています。交換手順は公式サイトに掲載されているので、割とあっさり完了。

aisance 糸の交換セット

やっぱりストラップがあったほうが落ち着きます。

初回よりもきれいに付けられたので、3 ヶ月以上はもつと思うけど、あと 1 セットあるので短くても合計であと半年は戦えるはず。そろそろ具体的な情報が出てきた次世代 iPhone は今年はスルーするつもりでいるので、この iPhone 3GS にはまだまだがんばってもらわないと。

投稿者 B : 22:38 | Mobile | iPhone & iPad | コメント (2) | トラックバック

2010/04/14 (Wed.)

iPad 国内発売延期

衝撃! iPad発売が5月末に延期 価格は5月10日に発表 (ASCII.jp)

あ~あ。

資金のない時期じゃなくてボーナス直前(出るかどうか知らないけど)というタイミングになったのは吉か凶か(´д`)。

投稿者 B : 23:31 | Mobile | iPhone & iPad | コメント (0) | トラックバック

2010/04/09 (Fri.)

iPhone OS 4

マルチタスクに対応したiPhone OS 4、今夏提供 (ケータイ Watch)

この夏に発売されると見られる 2010 年版 iPhone に搭載される見込みの「iPhone OS 4」の概要が公表されました。そういえば iPhone OS って当初「OS X for iPhone」的な触れ込みだったけど、最近全然そういう表現を見ないなあ。

新バージョンで追加される機能は、

  • マルチタスク対応
  • アプリのフォルダ分けに対応
  • メール機能強化
  • iBooks 対応
  • 広告プラットフォーム「iAd」対応
  • Bluetooth キーボードのサポート
  • カメラアプリのデジタルズーム対応
などなど。 個人的には、フラットなホーム画面やシングルタスクに関する割り切りは(ハードウェアスペック的な制限があるとはいえ)むしろ iPhone の美点だったので、そのあたりをどうまとめてくるか気になります。3 歳児でもほぼ初見で操作できる(実話)iPhone の操作性が損なわれなければ良いですが。

マルチタスク対応に関しては、残念ながら今回のマルチタスクとは方向性が異なりますが、一つのアプリを実行しながらウィジェット的にミニアプリを実行できるようになってくれないかなあ。今の iPhone OS の日本語変換エンジンが正直プアなので、ユーザー辞書対応してくれないなら(アドレス帳に登録するとかいう手はあるけど、そうするとアドレス帳自体が使いにくくなるし)マルチタスク機能を使って Palm の DA アプリ的に登録語句のコピー&ペーストができるミニアプリが欲しい。というのは古い Palm ユーザーの戯言ですか(´д`)。

iAd についてはエンドユーザーにはあまり直接関係のない話かもしれませんが、既に多数のアプリが存在し、一部の先行者以外には利益が出ない構造になっている App Store の状況を変え、再びソフトメーカーや開発者にチャンスを与えるプラットフォームになる可能性が出てきたので、(アプリの競争が激しくなることで)結果的にユーザーの利益に結びつくはず。

あと、なにげに Bluetooth キーボード対応が良いね。むふふ。

今回のバージョンアップは Android 対抗的な側面も多分に含まれていますが、それでも急ごしらえの対策という感じではなく、既に敷かれていたロードマップに沿ったバージョンアップに、いくつか Android 対抗ネタを仕込んだという雰囲気が漂っていて、軸がブレてないですね。iPad の存在も考慮すると、やはりジョブズは iPhone を「音楽再生機能付き携帯」でも「電話機能付き iPod」でも「PDA の延長線上にあるスマートフォン」でもなく、極小の汎用コンピュータとして作ったのだというのがよく解ります。他社や世の中に踊らされるのでなく、着実にヴィジョン、つまり自分たちの創りたい未来に向かって進んでいく姿勢は、いろんな意味で羨ましくはありますね。

私は維持費を考えると今の iPhone 3GS を買い換えずに OS バージョンアップであと 1 年使うつもりですが、ダウンロード開始日が今から楽しみです。同時に、対抗軸としての Android(とはいえ、個人的には Android 自体は iPhone の直接競合がキモではないと思ってる)がどのくらい iPhone に追いつき追い越す勢いでブラッシュアップされるか、にも期待せずにはいられませんが。
やはり、何事も切磋琢磨するライバルがいてこそ進化する、のです。

投稿者 B : 23:34 | Mobile | iPhone & iPad | コメント (0) | トラックバック

2010/01/28 (Thu.)

Apple iPad

私の個人的な、現在の Apple という企業の、というかスティーブ・ジョブズというアーキテクト/ビジネスマンに対する認識は、こんなところ。
  • 最先端の技術のカタマリを製品化することには必ずしもこだわっていない
  • むしろ既存、もしくは少しだけ先の技術を組み合わせて、そこに優れたデザインと UX というエッセンスを振りかけて製品化してる
  • ただしその UX が他社には簡単に真似できないくらい心地良い
  • その心地良さは調査や研究よりもむしろジョブズ本人が正義と信じる感覚と、主に人間観察によってもたらされている気がする
  • 同時に製品単体でなくビジネスモデル/エコシステムまで緻密に設計され、参入がパートナーには容易な一方で、コンペティターには困難
  • ロードマップやビジネスモデルは長期的視点で設計されていて、多くのことに一貫性がある
  • その一方で、見方を変えるとその成功の多くは「結果論じゃね?」と思えてしまう部分もあるので、実際本当のところはよく分からない(ぉ
というのを踏まえて、今日のこれ。

米Apple、噂のタブレット「iPad」発表 ~9.7型液晶、iPhone互換、499ドルから (PC Watch)

Apple iPad

おおかた予想されていた範囲内の製品でしたね。個人的には価格もだいたいこんなもんだろうと思っていました(原価ではなく市場の値頃感的な意味で)。上記のような理由で Apple から技術的に革新的なハードウェアが出てくることは多くないし、音楽プレイヤー周りでの新しいネタもそろそろ尽きてきたので、MacBook Air あたりから Apple のハードウェア的な「マジック」はなくなってきたなあと感じています。

でもこの iPad なんかは特にハード視点だけで考えたら見誤る類の製品だと思います。米国での(少なくとも本機に関する)通信コストを下げさせた事実や、電子出版で Kindle や Sony Reader を凌駕するプラットフォームに成長する可能性あたりを考慮すると実に興味深い。ユーザーを見て、将来を見据えたビジネスモデルの設計がやはり秀逸だなと感じます。
また、今年の CES で大流行だったタブレット端末や電子ブックの流れで見てしまうとこれまた読み違えそうなのですが、「平易な UI で受け身の姿勢で使う情報端末」としてこれほど敷居の低いものもない。タッチ云々、というよりも iPhone/iPod touch でこれだけ浸透した操作性、そして既にごまんと揃ったアプリケーション(現時点では必ずしも iPad に最適化されたものばかりではないとはいえ)という素地が十分に整ったタイミングでの投入というのも周到です。
製品名についても賛否両論あるようですが、私は良いと思います。iSlate とか iTablet とかのほうが響きは良いし、英語圏で Pad/Slate/Tablet という言葉の一般性がどの程度かはよく分からないんですが、iPhone よりもライトなネットユーザー(我々のような人種じゃなくて、必要なときだけネットから情報を取り出す人たち)が主たる客層だとするならば、最もシンプルで覚えやすい名称をつけるというのは理に適った話。

私は基本的にマカーではないので(iPhone や Mac mini は持ってるけど)あまり必要以上に Apple を褒めちぎりたくはないのですが(笑、こう考えるのはやはり最近 Dash のような情報端末が気になっているから。リビングやダイニングに置いて使うフォトフレーム兼情報端末としては、やっぱり chumby 互換機よりもこっちのほうが使い勝手が良さそうだし、家族とのコミュニケーションの窓としても使えそう。ただ、この大きさ重さは私の想定する使い方にはちょっとオーバーで、8inch XGA・499g くらいが良かったですね。でも、もしかしたらこのサイズも数年経ってみたら電子ブックビューワとして絶妙なサイズだった!ということに気づかされたりしそうな気がするので、計算された何かがありそうな気もします。

もう買うぜ買うぜ、買わなきゃ死ぬぜ!というほどのものでもないんですが(ぉ、気になることは気になる。国内発売のアナウンスはまだされていないので、頭を冷やしつつじっくり考えてみよう。

投稿者 B : 23:59 | Mobile | iPhone & iPad | コメント (0) | トラックバック

2010/01/11 (Mon.)

iPhone ストラップの私的決定版

昨日のエントリーで取り付けた aisance と組み合わせたストラップはこれでした。

pocketgames / ポケットリング (ワインレッド)

pocketgames ポケットリング

前に使っていたリング状のストラップが思いのほか使い勝手が良かったので、似たようなのということでこのポケットリングにしてみました。カラーはブラック・ホワイト・レッドの 3 色の選択肢の中で唯一色味があったレッドで。

pocketgames ポケットリング

iPhone につけてみたところ。aisance を挟むとちょっとストラップが長すぎる気がします(個人的な好みとしてはポケットリングのストラップ長だけでちょうど良いくらい)。ストラップを 2 本つけるようなものなので、重そうに見えますが、どちらもアルミ製なのでかなり軽いです。ヘタな革製ストラップより軽いくらい。

ポケットから取り出すときも、iPhone を操作するときも、このリングに指を通せば安心していられます。かなり気に入ってしまったので、他のガジェットもこの手のリングストラップに切り替えていこうかと考え中。

投稿者 B : 21:29 | Mobile | iPhone & iPad | コメント (2) | トラックバック

2010/01/10 (Sun.)

aisance の iPhone 用ストラップアダプタ

iPhone にストラップってつけてますか?

私は本体にはつける場所がないので O-Shield のカメラレンズ用穴の部分にストラップを通していたんですが、iPhone のカメラを使うときにストラップが写り込まないように撮るのが意外とめんどくさい(´д`)。

iPhone のストラップに悩む

某 CD のノベルティでもらったリングストラップの使い勝手が良さそうなのでしばらく使っていたのですが、金属製のナスカンが液晶保護シートやケースを引っ掻いて傷つけるので、改めてストラップを物色してみました。

とはいえそもそも iPhone 用のストラップって選択肢が少ない。ストラップ付きのケースはあるけど O-Shield が気に入っているので換える気はないし、podditiesドックが使えなくなるし・・・ということで、結局これが唯一の選択肢のようなので、購入しました。

iPhoneストラップ エザンス

aisance ストラップ・アダプター

もう定番だと思うので、あえて細かく書くこともないですが、一応。

aisance ストラップ・アダプター

aisance には iPhone 用ストラップとして多くのバリエーションが用意されています。私が購入したのは最もオーソドックスなストラップアダプタ(ストラップは別途好きなものを繋げるタイプ)。同デザインの素材違いでチタンとアルミがあったのですが、さすがにストラップのアダプタだけで¥3,000 も払うのに躊躇したのと、アルミでも強度的には十分かつ比重はチタンの半分なので、アルミ版を購入。

メーカーの直販サイトでしか事実上入手不可能な製品ですが、オーダーしたら中一日、メール便速達で届きました。クレカ決済に対応していないのが残念ですが、私は PayPal のアカウントを持っていたので大丈夫でした。

aisance ストラップ・アダプター

このストラップアダプタは iPhone のドックコネクタ付近にあるネジを外して取り付ける方式をとっているため、ストラップ側にネジがついています。
ストラップは切れにくいように極細のステンレス繊維を撚った糸を使っており、それなりに丈夫そうです。が、いじっていると細かい繊維が少しずつ解れてきてしまうので、若干の不安はあります。メーカー側もそれは分かっているのか、修理キットを用意して定期的にステンレス糸の交換を推奨しています。

aisance ストラップ・アダプター

iPhone 本体のネジを 1 本外します。ドックコネクタ脇の左右どちらでも良いのですが、私は右側につけることにしました。
ちなみにネジはΦ2mm 以下の精密ドライバー(メガネな人なら、メガネ用のドライバーでもたぶん大丈夫)なら外せるようです。aisance の直販サイトでも購入可能です。

aisance ストラップ・アダプター

iPhone 本体から外したネジは、無くさないようにストラップアダプタに留めておくことができます。個人的にはこういう細かな配慮がある製品、大好きです(^^;

aisance ストラップ・アダプター

で、iPhone にはこのストラップアダプタはなんと手で回して取り付けます(;´Д`)ヾ。ネジ自体がかなり小さいので、指が太い人にはちょっとした至難の業。何かしらのジグが欲しくなりますね。

aisance ストラップ・アダプター

ということで最大の難関である取り付け作業が完了し、ストラップアダプタが iPhone に装着されました。

で、これにどんなストラップをつけるのか?は次回に続きます。いや、そんなにもったいぶるほどのものでもないんですが(´д`)。

投稿者 B : 21:37 | Mobile | iPhone & iPad | コメント (0) | トラックバック

2009/09/27 (Sun.)

セカイカメラ

こないだの木曜日にリリースされた iPhone アプリ「セカイカメラ」を私も早速ダウンロードしました。

App Town ソーシャルネットワーキング:「セカイカメラ」 App Storeで配信開始 (ITmedia)

といっても、木金は仕事が忙しくて土日はあまり出かけられなくて、でほとんど試せていないんですが。

もうご存知の方も多いでしょうが、「セカイカメラ」は iPhone のカメラに写っている空間にいろんな情報を表示してくれる AR(拡張現実)アプリ。よりリッチでリアルタイムな Google ストリートビューと言ったほうが解りやすいでしょうか。

セカイカメラ

画面はこんな感じ↑。リアルワールドの映像にバーチャルワールドの情報がオーバーレイ表示されているのが未来を感じさせます。画面上に表示される「エアタグ」オフィシャルなスポット情報だけでなくユーザーが貼ることも可能で、むしろそのマッシュアップ的な側面があってこそ今 iPhone ユーザー間でこれだけ盛り上がっているんでしょうね。
これが iPhone じゃなくて HMD だったらまさに『電脳コイル』の世界。なんかこの画面見てたら DVD 欲しくなってきました(;´Д`)ヾ。

まだまだ生まれたてで荒削り感が強く、欲を言えば高度情報が欲しい(建物のフロアにかかわらず地べたにエアタグが貼られるので。PlaceEngine あたりの技術を組み合わせればある程度可能?)、iPhone からしか利用できないので PC からでも利用できるようにしてほしい、Google Maps 系のマッシュアップサービスと連携したい、やっぱりそもそもこれに対応した iPhone 用 HMD が欲しいとか思ってしまいますが、それだけ将来性を感じるアプリということで。

楽しいので、しばらくいろんなところで使ってみたいと思います。

投稿者 B : 23:44 | Mobile | iPhone & iPad | コメント (0) | トラックバック

2009/09/20 (Sun.)

iPhone のドックを購入

SmartBase for iPhone 3G を買ってから、自宅用に iPhone のドックが欲しくていろいろ物色してました。が、純正以外にあまり選択肢がなくて、INNO ドックジュニアにしようかなあ、でも Web で調べる限り質感がイマイチっぽいしなあ・・・とか、サンワダイレクト限定販売の Dock Station が SD カードリーダ・USB HUB 兼用でとても便利そうだけどちと高いよなあ・・・とか思って手を出せずにいました。
かといって Apple 純正のドックはユニバーサルドックアダプタが本体ぴったりすぎてお気に入りの O-Shield をつけたまま挿せないし・・・と悩んでいたところ、K ぽんさん(ぉ)にあるものをいただいたのをきっかけに、純正のドックを購入しました。

Apple / Universal Dock MB125G/B

Apple Universal Dock

Universal Dock ってリモコン付きですが、私は充電と Sync にしか使わないので、リモコン要らないからもう少し安くしてくれと言いたいです(´д`)。でもシンプルで少し安い iPhone 専用ドックは完全にケースを考慮していないつくりので、問題外だし。

Apple Universal Dock

このドックが入ってるカートン、内容物のわりに大きくてスペースの無駄だよなあ、と思っていたんですが、開けてみたら各種ドックアダプタがずらり。持っていない iPod のもののほうが多いので、これまた無駄だよなあ、とも思いつつ、でもこのカートンのたたずまいがデューク東郷のアタッシェっぽくて、変に気に入った(ぉ。

Apple Universal Dock

これがドック本体。コネクタ周辺のスペースにはかなり余裕があるので、ドックアダプタを装着しなければケースつきの iPhone でも余裕で挿せますが、そうするとコネクタだけで iPhone を支えることになるので、何かの拍子や経年劣化でコネクタを破損しそうで不安なんですよね。

Apple Universal Dock

ついでに、この付属リモコンはまず使うことはないので、出荷時に巻かれたビニールを解くこともなくまたカートンに戻してしまっておくことにします(´д`)。

で、ドックに iPhone を立てるために登場するのが、これ。

Apple Universal Dock

Apple 非純正のドックアダプタです。何かというと、これの付属品。

SwitchEasy / RebelSerpent Hybrid Case Kit for iPhone 3G

B0021PLM9U

K ぽんさんがこのギラティナ風 iPhone ケース(笑)のレビュー記事で紹介されていたドックアダプタがサイズ感的に O-Shield にも合いそうだったので、アダプタだけのためにこのケースを買うつもりでいたんですが(ぉ)、「そんなのもったいないから 1 個あげますよ。このケース 3 個買ったし」ということで、アダプタだけいただいてしまいました。

Apple Universal Dock

このアダプタを Universal Dock に取り付けるとこんな感じになって、

Apple Universal Dock

O-Shield を取り付けたまま iPhone を見事ドックに立てることができました。
上記ギラティナケース(笑)のほうが O-Shield よりも少し厚みがあるため O-Shield ではドックアダプタとの間に少し隙間ができるので、コネクタにかかるテンションという点では相変わらず少し不安は残りますが、まあ何もアダプタなしでドックに挿すよりは幾分マシでしょう!ということでこのまま使ってみることにします。もう少しジャストサイズなアダプタが付属しているケースがあったら、それ買ってみるかも(ぉ。

さておき、どうもありがとうございました>K ぽんさん

投稿者 B : 20:10 | Mobile | iPhone & iPad | コメント (0) | トラックバック

2009/08/26 (Wed.)

SmartBase for iPhone 3G

iPhone 3GS 用に、こんなものを買ってみました。

unite / SmartBase for iPhone 3G, iPhone 3GS & iPod touch

SmartBase for iPhone 3G

自分が買うつもりで情報収集していたら、身の回りで先に購入した人が続出(笑。もう既にインプレ記事も出尽くした感はありますが、一応書いておきたいと思います。

SmartBase for iPhone 3G SmartBase for iPhone 3G

これは何かというと、単純に iPhone を置く「台」です。iPhone を充電したり同期したりするだけなら机の上に転がしておいても良いんですが、今の iPhone のデザインは背面が曲面になっているので、グラグラして安定性がイマイチ。何となく、職場のデスクに iPhone を置いておく「定位置」が欲しくてドックを探していたら、ちょうど良さそうなこれを発見しました。
置き台といっても iPhone が若干スラントするように角度がついていて、一般的なデスクトップ PC 用キーボードに近い角度がつくようになっているので、机の上で iPhone を操作したり、電卓やテンキーアプリを使うのにちょうど良さそうです。
と思ったら iPhone 向けのテンキーアプリを発売しているバルミューダデザインって、この SmartBase を発売している unite の親ブランドなんですね。こういう発想が出てくるのにも合点がいきます。

このスタンド、パワサポのエアージャケットセットでの使用レビューはたくさん見かけるのですが、O-Shield での使用レビューはさすがに見あたらない(´д`)。O-Shield はエアージャケットに比べて若干厚みがあるのでサイズ的に間に合うかどうか微妙に心配でしたが、全然大丈夫でした。

あと、このスタンドの芸が細かいところは、ここ。

SmartBase for iPhone 3G SmartBase for iPhone 3G

裏面にガイドが備えられていて、ケーブルを収めておくことができます。充電/同期時には下からケーブルを這わせてコネクタに接続し、使わないときには裏面に格納しておけば美しさを損なわない、というアイディア。実際にはケーブルを格納しておくことはまれで、普段は下からケーブルがはみ出っぱなしな状況になると思いますが(´д`)、こういう配慮が心地良いじゃないですか。
一点難を挙げるとすれば、最近の iPod/iPhone 用の小型コネクタのみを想定して成型されているので、旧型のコネクタが使えないことでしょうか。ずっと使っている初代 iPod mini のケーブルやリトラクタブルケーブルが使えないのが残念。わざわざ nano 4G の箱を引っ張り出してきて、未開封だったケーブルを持ってきました。

この SmartBase のおかげで職場では iPhone の「定位置」ができて落ち着いたんですが、自宅にもクレイドルが欲しいんですよね。自宅ではむしろ寝る前に充電するときにポンと載せるだけでいいクレイドルタイプが欲しいんですが、純正ドックはケース付きだと使えないのが難点。他の選択肢は安いけど質感がイマイチっぽいサンコーのクレイドル、国内では pocketgames のみで扱っている INNO ドックジュニア for iPhone 3G / iPod、複数台同時に充電できるけど Sync はできない Griffin の PowerDock シリーズ、と一長一短なので、悩ましいところ(´д`)。

投稿者 B : 00:31 | Mobile | iPhone & iPad | コメント (0) | トラックバック

2009/06/28 (Sun.)

O-Shield for iPhone 3G

iPhone のケース、マグネット式のフリップつきのものは 3GS から内蔵されたデジタルコンパスに干渉するそうで、困っている人も多いみたいですね。ケースには私もけっこう悩みました。
当初は最も無難そうなパワサポのエアージャケットセットに落ち着きそうになっていたんですが、iPhone もある程度普及してきて(しかも白黒しかないので)他人とかぶる可能性がかなり高いので、できるだけ人が使っていなさそうなケースにしたいと思いました。ポケットから取り出してそのまま使える、液晶画面を覆わないタイプのケースで自分らしいものを・・・と探してたどり着いたのが、これ。

OSIR Design / O-Shield for iPhone 3G

OSIR O-Shield for iPhone 3G

OSIR って Audi や Volkswagen のカスタムパーツを作っているアメリカのメーカーらしいのですが、そこが何故か iPhone 3G 向けのドライカーボン製ケースを作っちゃったというお話。iPhone 向けだと Pocketgames あたりも iPhone 向けのカーボン「ルック」ケースを出したりはしていますが、こっちはリアルカーボンですよ。しかも本場のカーカスタムパーツメーカーが製造しているとあっては、間違いない。国内で買うと¥8,500 もする高級品ですが、カーボン好きの私が手を出さずにはいられますかってんだ!(ぉ

表面は網目状のカーボンに光沢クリア塗装が施されていて、スポーティな雰囲気を醸し出しつつも高級感があります。
カーボンは電波を通しにくい素材なので、iPhone のアンテナ感度に影響するかな?と思ったのですが、今のところ圏外になりまくりで困った・・・ということはないので、実用上問題なさそうです。

OSIR O-Shield for iPhone 3G

裏面はこんな感じで、CFRP の縦方向の繊維目がハッキリ見えています。さすがに裏面なので、そんなにきれいな目じゃないですが、傘の骨とかノート PC の筐体とか、カーボンの繊維目フェチとしては、こういうの見るだけでコーフンしてしまうんですが(笑。

OSIR O-Shield for iPhone 3G

ボタン周りの逃げはこんな感じの切り欠きになっています。他の背面カバータイプのケースもだいたいこんな形をしていますね。

ケースは光沢があるだけに、そりゃもちろん多少指紋はつきますが(でもつきまくりってほどではない)、PCG-X505/SP を発売日に買った者としては、毎日でもふきふきしてやりますとも。

液晶保護シートはこれ買いました。

パワーサポート / アンチグレアフィルムセット for iPhone 3G PPC-02

B001CD3DF8

当初はウォークマン X1000 で使って気に入っていた OverLay Plus にしようと思っていたんですが、ヨドバシの店頭に置いてなかったので、とりあえず売られていたものの中から選びました。アンチグレアフィルムとしては可もなく不可もなく、OverLay Plus のほうがサイズの追い込みが絶妙だったかな?と思わなくはないですが、このパワサポのフィルムが秀逸なのは、貼り付けの手順。

貼り付けの前に液晶面に付着したホコリを除去するために、粘着シートが一枚付属しています。この手の液晶保護シートには、貼る前に画面の汚れを取るためのクリーニングクロスがついていることが多いですが、それだと細かなホコリが取り切れなかったり、隅のほうにホコリが溜まったりしがち。でも粘着シートなら細かなホコリが根こそぎ取れてしまうので、安心して保護シートを貼り付けられます。私は iPhone を買ってそのままヨドバシ向かいのスタバで初期設定がてら保護シートの貼り付けもやったんですが、これのおかげでホコリも入らずキレイに貼ることができました。
貼り替えの際には OverLay Plus にしようかな、とも思いつつ、この粘着シートは今度も使わせてもらおうかと。

投稿者 B : 10:54 | Mobile | iPhone & iPad | コメント (1) | トラックバック