b's mono-log

2010/07/24 (Sat.)

光ポータブルが俄然気になる件

最近手持ちの通信回線がとっちらかってきたので、ここらでいったん整理しようかと思ってます。今なら WiMAX ルータを買ってデータ通信系の回線をここに集約するのが(都市圏であれば)ベストな気がしますが、イーモバの 2 年縛りがけっこう気になる。とか考えていたら、急にこれが良いような気がしてきました。

NTT 東日本 / 光ポータブル

フレッツ光ユーザーであれば月額¥315 でワイヤレスルータが借りられて、しかも SIM フリー(docomo の SIM ロック版もあり)。SIM フリー版はイーモバの回線にも対応しているので、今事実上の塩漬け状態になっている EMONSTER の SIM がそのまま流用できます。
ハードウェア的にはバッファローの Portable Wi-Fi そのもの(ロゴが違うだけ)なので、評判も良いようです。

B003NSAMUO

今申し込むと 1 ヶ月待ちくらいみたいなので、申し込んでみようかなあ・・・。

投稿者 B : 17:00 | Mobile | Mobile Network | コメント (0) | トラックバック

2010/05/20 (Thu.)

b-mobileSIM U300

日本通信の「最大 300kbps 限定低額接続サービス用 SIM」b-mobileSIM U300 を試用する機会があったので、ちょっと使ってみました。

日本通信 / b-mobileSIM U300

b-mobileSIM U300

b-mobile といえば少し前までは「知る人ぞ知る」キャリアでしたが、最近の iPad 騒動や SIM フリー論争で突如として注目を浴び始めましたね。こないだまではむしろ知らない人に説明すると「何それ、イー・モバイルのパチもんか何か?」くらいの言われようだったことを考えると、隔世の感があります(ぉ。

b-mobile は docomo の MVNO(通信キャリアから回線を間借りしてユーザーに又貸しする仮想キャリア)なので、SIM カードには docomo/FOMA のロゴが入っています。MVNO なんだからそりゃそうだけど、なんか間違って docomo から高額なパケット料を請求されたりしないかとちょっとビクビク(笑。
短期間の試用ではありますが、WWAN 対応 VAIO の SIM カードスロットに挿して、ちょっと使ってみました。

b-mobileSIM U300

設定はググれば分かるので省略しますが(ぉ、接続はいわゆる Windows 9x でいうところの「ダイヤルアップ ネットワーク」(懐かしいなおい)から確立します。Windows 7 では、WLAN などと同様にタスクトレイのネットワーク接続から該当のネットワークを選択すると、モデム接続と同様のダイアログが表示されます。

ここで「ダイヤル(D)」をクリックすると、

b-mobileSIM U300

「ピポパ・・・ピーーーヒョロロロ・・・」というアナログモデムの音はさすがに聞こえませんが(笑、まるでモデムでダイヤルアップ接続をしているかのごとく繋がります。ネットワーク接続の確立に多少(30 秒程度)かかるのは、PC の性能の問題かネットワーク帯域のせいか、はたまた認証手順の問題なのか分かりませんが、接続時だけとはいえちょっと煩わしいですね。このあたりは WiMAX のほうがはるかにスピーディです。

とりあえず接続できたところでスピードテストをしてみました。

b-mobileSIM U300

まずは speed.rbbtoday.com の結果。下りは 300kbps 以上出ています。場所や回線状況によっては 300kbps 以上出るらしいと聞いてはいましたが、これはちょっと嬉しい誤算。

b-mobileSIM U300

もうひとつ、BNR スピードテストの結果がこちら。180kbps 弱しか出ていませんが、RBB のスピードテストと間をおかずに実施したので、この短時間に回線状況が極端に変わったということもないはず。たぶん計測方法の違いによる差だと思いますが、ちょっと気になります。
b-mobileSIM U300 は聞くところによると地域や回線状況によっては 300kbps 超(ちょっとだけ超えるくらい)出ることもあるらしいですが、まあこんなもんですかね。ソフトバンクは実質 150kbps 程度という話もあるので、iPhone よりは速いようですが(PC と iPhone では利用できる Web サイト/サービスが異なるので、一概には比較できませんが)。

実際の使用感としては、300kbps ということで初期の ADSL を使ってるような印象です。サクサクとはいかないけど画像や Flash バリバリのサイトでなければワンテンポ待てば許容できる程度の快適さではブラウズできるし、Twitter も専用クライアントを使えば特に問題なく快適。さすがにメガバイト単位の添付ファイルがついた仕事のメールを祖受信したり、YouTube や Ustream を観たりという用途には合いませんが、ランニングコストと天秤にかければ「用途によっては」アリだと感じました。

最近は PC 向けのワイヤレス通信サービスの選択肢が増えてきているので、私もちょっと乗り換えを検討していたりするんですが、私の用途(基本的に都内+ごくたまに地方へ出張や帰省)だと、基本的に WiMAX+地方巡業時に b-mobile(U300 じゃなくてプリペイド方式)のほうが合ってるような気がしました。
スマートフォンでなく PC ユースを前提とするならば、東名阪にいるならよほど月額利用料を切り詰めたいというのでもない限り、U300 を積極的に選ぶメリットもないように思います。WiMAX と比較するならば、300kbps と 5~10Mbps で¥1,500 の差、っていうのはけっこう大きいです。U300 が月額¥1,980 とかなら、少し話は違ってきますが・・・。
でも、こうやっていろいろな料金体系を提供しようとする日本通信の姿勢は評価したいですし、SIM フリーのモバイル Wi-Fi ルータなどの意欲的な製品も出てきていますし、引き続き今後にも期待ですね。

投稿者 B : 00:30 | Mobile | Mobile Network | コメント (0) | トラックバック

2010/03/18 (Thu.)

b-mobileSIM

日本通信、SIMカードパッケージ「b-mobileSIM」発売 (ケータイ Watch)

面白いなこのサービス。月額¥2,980 でデータ通信専用、定額使い放題のワイヤレス WAN 通信サービスですが、縛りが接続時間でもパケット量でもなく帯域(通信速度)というのが興味深い。確かに、キャリア側からすればサービスのボトルネックは帯域だからなあ。ベストエフォートで 300kbps 前後までというのが公称値どおり出るのであれば、SBM 回線の実測値よりも高速でサービスエリアは FOMA 相当という、非常にコストパフォーマンスの高いサービスと言えます。

発売日が 4/5 で対応機器が SIM フリー端末というあたりがもろに iPad を意識してますが、ということは形状は microSIM になるんでしょうか。個人的には iPad だけでなく WWAN 内蔵 PC 用のちょっと使い SIM としても最適じゃない?と思っていたりするので、microSIM-ノーマル SIM アダプタ(IC チップは共通だろうから、実質的にはスペーサか)が出てくれたりしないかな。
まあ今は EMONSTER+WMWifiRouter で間に合っているんですが、使用頻度を考えるともう少しコストを抑えたいし、あれはいざ使いたいときに電池切れになっていることが多いので(ぉ。

投稿者 B : 01:10 | Mobile | Mobile Network | コメント (0) | トラックバック

2009/09/26 (Sat.)

N700 系新幹線内で無線 LAN を使う

今週の大阪出張で、実は N700 系の窓際席に初めて座りました。年に 2~3 度は大阪出張があるんですが、今までは N700 系以外の車両か、運良く N700 系でも通路側席のことばかりで、窓際に座る機会がありませんでした。まあ最近のモバイルノートは大阪一往復くらいは余裕でバッテリがもつものですが、やっぱりコンセントに繋げる安心感というのはあるもので。また、PC よりもむしろ iPhone のほうがバッテリの減りが早いので、USB-AC アダプタを使って iPhone を充電しておけるのがありがたいところ。

また、3 月から始まった N700 系車内での公衆無線 LAN サービスも今回初めて使ってみました。移動中も貴重な作業時間だったりするので、今までは EMONSTER+WMWifiRouter でモバイルルータにして使っていたんですが、イーモバだとスピードが出ない上にトンネルに入るたびに切断されてしまうので、非常に使い勝手が悪い。そう思っていたところ、iPhone をみるとソフトバンク回線ではなく mobilepoint(iPhone 向けに無料開放されている BB モバイルポイント)の無線 LAN アクセスポイントに繋がっていることに気づき、そういえば車内無線 LAN サービスが始まっていたんだな、と思い出して PC でも接続してみました。

いやあ、せっかくの移動時間、貴重な睡眠時間に充てるという選択肢もあるんですが、「モバイラーは度胸!何でもためしてみるのさ」の精神で、繋げられるワイヤレス回線を見つけたら繋がざるを得ないってもんです(笑。

N700系でインターネット接続サービス開始!(無線LAN)|JR東海

上記 JR 東海のサイトに記載されているとおり、N700 系で提供されている公衆無線 LAN AP は NTT コムの「ホットスポット」、docomo 系の Mzone/mopera U、ソフトバンクの BB モバイルポイント、UQ コムの UQ Wi-Fi の 4 種類。Livedoor Wireless を除けばほぼメジャーどころは網羅しているといったところでしょうか。
が、私は公衆無線 LAN サービスに特に契約していません。iPhone は無料で BB モバイルポイントの AP に接続できるけど、他の端末からの接続には別途契約が必要。うーん、iPhone ユーザーならば月額+200 円くらいで PC 等からの接続もサービスしてくれても良さそうなものですが・・・、元々 iPhone 向けの無料サービスは SBM 回線の細さを補うためのものなので、そこまでは求められないか。

さらに上記 4 サービスは「ホットスポット」を除けば基本的には月額契約が前提となっていて、契約してない人がいざ新幹線内で使おうと思ってもサクッとワンデイ契約できず、「ホットスポット」のみがクレジットカード決済で¥500/日の「1DAY PASSPORT」を用意しているんですが、これ以外に一つ手段があるのを発見しました。

お申し込みの流れ/1DayWiFiお申し込み :: WIRELESS GATE

複数の公衆無線 LAN サービスを横断的に利用できる「WIRELESS GATE」なら BB モバイルポイントのサービスを包含しているので、WIRELESS GATE 経由で BB モバイルポイントの AP に接続できます。しかもホットスポットより安価な¥380/日で、携帯電話での Suica/Edy 決済あるいは携帯電話利用料にまとめての請求に対応。なんかまるで私が WIRELESS GATE の回し者みたいな持ち上げっぷりですが(;´Д`)ヾ、公衆無線 LAN サービスの月額契約をしていない人が新幹線内でサクッと契約して使うなら最適な手段じゃないでしょうか。

ということで、上記申し込み手順ページにならってケータイから申し込み、ほどなくして ID/PW が記載されたメールが送られてきました。

WIRELESS GATE

mobilepoint の AP に接続し、ブラウザから認証画面にこの ID/PW を入力して接続完了。イーモバと違って速いし切れないし、快適そのものです。足もとにはコンセントもあるし、ある意味職場よりも静かな環境と良い椅子で、このまま職場に戻らずに新幹線の中で仕事していたい気すらします(ぉ。

ということで次回から名古屋・大阪方面への出張時にはできるだけ N700 系に乗るようにして、この無線 LAN サービスを利用するようにしようと思いました。ただ一点難があるとすれば、WIRELESS GATE はヨドバシカメラ経由で契約すると月額¥380 なので、一日契約と同じ金額なんですよね(´д`)。私は大阪方面への出張はせいぜい 3~4 ヶ月に一度なので月額契約するのはもったいないですが、月に一度以上大阪に行くなら月額契約してしまったほうがお得です。私も他の路線や在来線でも使えるようになったら、月額契約するんだけどなあ。

投稿者 B : 22:00 | Mobile | Mobile Network | コメント (0) | トラックバック

2009/07/16 (Thu.)

Personal Wireless Router

NTTBP、複数の通信回線に対応した小型無線ルータを開発 (BB Watch)

PHS300 とか WMWifiRouter で(ある程度のヘビーモバイラーならば)すでに実現している「3G 回線を利用したモバイル Wi-Fi ルータ」が NTT BP から登場。年内の発売に向け、8 月からフィールドテストを開始するとのことです。

最近この手のフィールドテスト増えてますね。なんか純粋なフィールドテストというよりも、プロモーションやテストマーケティングも兼ねていそうな気がしますが。
フィールドテストは 8/下旬~10/31 の約 2 ヶ月。500 名という狭き門ですが、「モバイラーは度胸」ということで、もちろん私も申し込んでみました。UQ WiMAX を解約した後の無料データ通信端末ゲットなるか(ぉ。EMONSTER+WMWifiRouter とどっちの使い勝手が良いか、にも興味あるし。

これに外れたらマジでイーモバの白ロム USB 端末を物色しようかな(笑。

投稿者 B : 22:01 | Mobile | Mobile Network | コメント (0) | トラックバック

2009/07/02 (Thu.)

UQ WiMAX を(いったん)解約

そうそう、正式サービスが始まって課金がスタートする(した)ということで、UQ WiMAX を解約しました。

UQ WiMAX UD01SS

試験サービス期間中も実感できるくらいに基地局が増えており、私が日々利用している生活圏のエリアカバー状況は申し分なく、モバイルデータ通信のメインを WiMAX にしても良いかな・・・とも思ったんですが、私の今の仕事はデスクワーク主体であまり平日のモバイルデータ通信の必要に迫られることが多くないこと、逆にモバイル通信したい出張や帰省・旅行時にはまだあまり使えないこと(逆にイーモバのほうはもう田舎の実家のあたりもカバーエリアに入ってきた)から、iPhone ユーザーになった今¥4,480/月を負担するのはちょっと重いなあと。
ただ、USB 端末は手元に残ったので、10 月に始まる UQ 1Day プランが始まったら、いざというときには役に立ってもらおうと思います。
ちなみに、UQ お客様サポートセンターの方の応対はとても丁寧で、とてもバタバタな状態でサービス開始にこぎ着けた企業とは思えない気持ちの良さでした。こういうところはさすが大手キャリアが母体なだけあるなー。ひとまず、今までありがとうございました。

個人的には、接続のスムーズさや端末の普及可能性(特に PC では、Intel の Echo Peak/Kilmer Peak をはじめとした無線モジュールに標準搭載されていくので)、そして何よりキャリアのインセンティブモデルに縛られず、自由かつ低コストに契約/解約できるサービススタンスなどの理由から、PC 向けのモバイルデータ通信は HSPA/LTE よりも WiMAX のほうが好みではあるんですけどね。

でも WiMAX を使い始めてからすっかり EMONSTER を充電しない癖がついてしまったので(笑)、ときどき使うデータ通信用にイーモバの USB 端末の白ロム(これなら充電不要なので)を物色中だったりします(´д`)。

あ、ちなみに iPhone ですが、iPhone の Safari から「My SoftBank」に接続して、オンラインで W ホワイトと基本オプションパックの解約ができました。ショップに行かなくても電話しなくても良いって楽ですねー。

投稿者 B : 21:27 | Mobile | Mobile Network | コメント (0) | トラックバック

2009/06/08 (Mon.)

UQ WiMAX 正式サービス発表

UQ WiMAX、7月1日に有料サービスを開始。サービスエリアは東名阪 (BB Watch)

UQ WiMAX が正式サービスを発表しました。

既に試験サービスに参加している私としては、特に目新しい情報もなく(MVNO も試験サービス端末じゃ加入できないらしいし)、ふーん、というところですが、都内では日に日にサービスエリアの穴が埋まってきて、かなり使い物になるサービスになってきた印象。けっこう普通に使えてしまって、もしかしたらこれはイーモバを解約してしまっても良いかも、とすら思い始めています。

でも一方であと数時間後には発表されそうな新 iPhone に、噂通りテザリング(モバイルルータ的機能)が実装されるとしたら、イーモバも WiMAX も解約してそっちに行っちゃう気もしますが(´・ω・`)。

投稿者 B : 23:59 | Mobile | Mobile Network | コメント (0) | トラックバック

2009/03/27 (Fri.)

UQ WiMAX UD01SS

抽選に外れてから一ヶ月。結局別途申し込んでいた USB 端末が届きました。もうあちこちにレビューが上がっているので今さらではありますが、軽く書いてみます。

UQ WiMAX / UD01SS

UQ WiMAX UD01SS

やや過剰包装気味(まあ、新サービス立ち上げでもあるし、OOBE:Out-Of-Box Experience のもてなしとしてはアリか)のカートンに、シンプルな USB 端末がちんまり入っていました。あとは取説とセットアップ CD-ROM くらいのもので、送られてきた外箱(一回り大きい段ボール)に「ごあいさつ」「最初にお読みください」「納品書」の 3 枚が同梱されているだけ。試験サービス期間に UQ コミュニケーションズが提供する端末は、出荷時点でネットワーク登録が済んでいるのでここまでシンプルに済ませられるのでしょうが、本サービスでは複数の MVNO がサービスを展開する見込みなので、そうなると登録手順とか回線プランとか、いろいろややこしくなるんじゃないかと思います。

UQ WiMAX UD01SS

端末は一回り大きい USB メモリといった風情でとてもコンパクト。ブルーに光る LED が若干うっとおしいですが、デザインもそんなに悪くないです。

EMONSTER+WMWifiRouter でモバイル PC データ通信をしている私ですが、最近は仕事柄それほど使用頻度が高くないこともあって、いざ使おうと思ったときに EMONSTER のバッテリが切れている or 切れかかっていることが多く(´д`)、USB タイプの白ロム端末でも買うかーと思っていたのですが、WiMAX が本当に使い物になりそうなら、この端末をメインにして EMONSTER の解約も考えるかも。それで代わりに iPho(ry

ネットワークに接続してみました。

UQ WiMAX UD01SS

コネクションユーティリティの画面は↑のような感じ。電波強度表示のアンテナは 6 本(かな?)ありますが、私が試してみた限り 1~3 本程度の表示がせいぜい。基地局はまさに現在鋭意増設中といったところで、これから都内はどんどん増えていくと思いますが、現時点ではまだまだ「使えるところを探す」といった感覚です。また、電波が届く場所であっても、ちょっとした場所移動や端末の角度によってもけっこう電波状況が変わるらしく、例えば端末を 90°に立てていれば 3 本入るところ、少し傾けると急に 2 本に下がる、という塩梅。なんかワンセグのサービス開始当初にあちこちで試していたときのような感覚です(笑。

UQ コミュニケーションズは JR 資本が入っていることもあってか、都内の JR の駅周辺は既にひととおり敷設完了しているようです。が、街によっては駅ビルを離れると途端に電波が見あたらなくなり、住宅街もダメ。少なくとも私の自宅には電波は届いていませんが、私の通勤圏・生活圏の JR 駅舎は良い感じに入っています。あと、先に当選した人たちに聞いてみたところ、新宿・池袋あたりはだいぶ整備されてきているみたいですね。

回線スピードも一応測ってみました。いつもの speed.rbbtoday.com で、場所は大森駅北口のマクドナルド店内。

下り(ISP→PC): 6.38Mbps
上り(PC→ISP): 1.03Mbps

おー。理論値 7.2Mbps のイー・モバイル(EMONSTER では 3.6Mbps まで対応)と比べると明らかに速いです。自宅で FTTH を使っているとさすがに「速い」と体感できるには至りませんが、ADSL を使っていた頃の体感はそういえばこんなもんだったなーという感じ。ただ、先述のように電波状況が現時点では変わりやすいので、少し PC を移動させて測り直すとガクンとスループットが落ちたり、場所や時間帯を少し変えると一気に 10Mbps くらい出たりもするので、まだまだ(カバーエリア的な意味で)そんなに安定していないのかなと思います。

それでも、端末を挿しっぱなしにしておけば、PC を起動するだけで自動的にネットワークに接続してくれる使い勝手はワイヤレス LAN 並みで非常に快適。3G ネットワークよりも遙かに使いやすいと感じます。いずれ PC には標準的に内蔵されてくると思うので、そうなると出っ張りもなくなってさらに快適なはずです。
これであとはカバーエリアさえちゃんとしてくれれば、モバイルデータ通信の本命になり得ると思うんですが、UQ コミュニケーションズにはがんばってもらいたいですね。

投稿者 B : 23:55 | Mobile | Mobile Network | コメント (0) | トラックバック

2009/02/24 (Tue.)

UQ WiMAX モニター応募結果

UQ コミュニケーションズから、申し込んでいた UQ WiMAX 試験サービスの抽選結果がメールで届きました。

結果は・・・






このたびは、UQ WiMAXモニターに、ご応募いただきありがとうございました。
応募者多数のため、今回は残念ながら****様のご希望におこたえできない
結果となりました。お忙しい中、ご応募いただきましたにもかかわらず、
ご要望に沿えず誠に申し訳ございません。

残念。゜(゜´Д`゜)゜。

根拠のない自信で当然当たったつもりでいたので、非常に哀しいです。でも、私の身のまわりで応募した人はことごとく外れていたようなので、どんな人が当たっているのでしょうか・・・。まあ、首都圏でこのあたりのサービスに興味持っていそうな人といえば、仕事/趣味を問わず 5,000 人で収まる数ではないと思うので、かなり殺到したんでしょうが。

こうなった以上は正式サービスを待つしかないですが、それにしても残念だなー・・・。

投稿者 B : 00:22 | Mobile | Mobile Network | コメント (3) | トラックバック

2009/02/04 (Wed.)

UQ WiMAX 試験サービス開始へ

UQ、モバイルWiMAXの無償お試しサービスを2月26日より開始 ~6月いっぱいまでは端末/月額料金すべて無料で利用可能 (PC Watch)

UQ コミュニケーションズのモバイル WiMAX がいよいよサービス開始へ。まずは今月末からの試験サービス実施を発表しています。

下り最大 40Mbps のワイヤレス通信で、当面は東京 23 区内・横浜・川崎がサービスエリア。¥4,480/月という定額料金は、当初のカバーエリアを考慮するとやや高いと感じますが(技術的には WWAN よりも WLAN に近いことだし、リーズナブルな価格感という意味では公衆無線 LAN と HSPA の間を取って¥3,000/月を切るくらいを狙ってほしかった)、技術的には今年夏以降の PC に標準搭載も可能な広域ワイヤレス通信なので、今後が楽しみではあります。まあ、今日の正式発表まで具体的な情報がほとんど出てこなかったので、実際の基地局設置やビジネスモデルの構築が本当にどこまで進んでいるのか、不安に感じる側面もありますが。

当初は 5,000 人限定で試験サービスへの参加をそれも無料で募集、ということで、当然私も申し込みました。当初のカバーエリアが 23 区+横浜+川崎って私の生活圏にドンピシャなので、カバーエリア内の網羅状況次第ではいきなりメインのデータ通信インフラにしてしまえるのではと思っています。何も見ていないのに早計ですが(最初からいきなり満足度 100% は期待してませんが)、場合によっては EMONSTER の解約もあり得るかなとすら考えていたりします。
ちなみに申し込んだ端末は汎用性が高くて最もコンパクトな USB の小型タイプ「UD01SS」。ちょっと大きめの二軸回転式「UD01NA」が NEC アクセステクニカ製なのに対して、UD01SS はシンセイコーポレーションという聞いたこともないメーカーなのが、ちょっと不安。しかも「シンセイコーポレーション」でググると、検索結果の大半が同名の消費者金融(;´Д`)ヾ・・・。

いっぽうで、同日にこんな報道も。

ソフトバンクモバイルが定額制データ通信を導入か――イー・モバイルとの提携で、一部報道 (ITmedia)

ソフトバンクモバイルがイー・モバイルの MVNO としてデータ定額プランを検討中とか。SBM と EM は同じ HSPA 系とはいっても周波数帯が異なるので、端末的には SoftBank ロゴが入ったイーモバ系データ通信端末が出回ることになるのかな?通信料金として EM のそれを下回ることはまずないにせよ、現在最も手薄なデータ定額プランに駒を用意できることになりますし、利用者の視点では請求元を SBM に一本化できたり、もしかしたら SBM のレギュラー回線と 2 本契約したら割引になったりしたらメリットがありそうなので(iPhone と EM のデータ通信端末を両方持っているユーザーは多そうなので)、案外売れてしまうんじゃないかと思っています。
しかし、通信キャリアとしてはより大手のはずの SBM が EM の MVNO になるとすると、もう事業体としての大小ではなくて「どれだけオペレーションコストを下げながら幅広いサービス/プランを提供できるか」がキャリアの勝負の分かれ目になってきそうな気がしますね。そういえば、UQ も将来的なビジネスモデルとしては自前の接続サービスよりもむしろ MVNO への回線提供を重視しているようなので、今年以降は MNO と MVNO が複雑な依存関係を構築し始めるのではないかと思います。少なくとも、三大キャリアは UQ の MVNO として WiMAX サービスの提供を検討しているでしょうし。

さておき、まずは UQ WiMAX。今月末の試験サービス開始を楽しみにしています(って、私も既に当選した気になってる)。

投稿者 B : 00:41 | Mobile | Mobile Network | コメント (0) | トラックバック