b's mono-log

2019/01/17 (Thu.)

海外出張のお供に「ROAD WARRIOR」

今回シンガポールに出張するにあたり電源プラグの変換器が必要になったので、こんなものを買ってみました。

ROAD WARRIOR / ゴーコン α RWG101 (ブラック)

ROAD WARRIOR

ワールドワイド対応の変換プラグです。
私が持ち歩いている機器はほとんどが 100-240V 対応で変圧器は必要ないので、とりあえずプラグだけ変換できれば良いかと。あと今後どの国に出張することになるかよく分からないので、とりあえずワールドワイド対応を買っておくことにしました。
まあ出張するときは突然ではなくしばらく前に予定が分かっていることが多いし、単一変換のプラグならイマドキ百円ショップでも買えるから都度必要になったものを購入するでも良かったんですが、こういうの試してみたいじゃないですか(ぉ

ROAD WARRIOR

単なるコンセント変換プラグにしてはデカくて物々しい形状。でもこれ一つで世界中どこでも対応できる、と言われたら頼りになるじゃないですか。

ROAD WARRIOR

使用時にはこのように三パーツに分離します。半透明のパーツは基本的にはキャップなのですが、例えば日本向けの電源プラグでアースつきの三極コネクタを使う際に、実際には挿さないアースプラグをカバーするのにも使用します。

ROAD WARRIOR

A パーツには側面にボタンがついていて、これを押し込むことでプラグの幅を変えて B 系と C 系それぞれのジャックに適合するようになっています。

190117e.jpg

B パーツの方はもっと複雑な変形をするようになっていて、

ROAD WARRIOR

平形プラグが平行と斜めを切り替えられるようになっていたり、側面のパーツを起こしたりできます。これが具体的にどう使われるかは後述しますが、なんか変形の仕方がまるでガンダムのコアファイターっぽい(笑。

BF タイププラグ

さておき、実使用。
今回はシンガポールに来たわけですが、シンガポールのコンセント(BF タイプ)はこんな↑形状をしています。三本の金具が飛び出していますが、縦向きの一本はアースっぽい。

これに合うようにゴーコン α を組み立てると、

ROAD WARRIOR

こうなります。先ほどの側面の白いバーは縦向きのプラグ(アース?)代わりのダミーだったというわけです。
それにしても...なんか電源ひとつ変換するのに物々しすぎるな(笑。

というわけでこれを使って日本から持ち込んだ電気製品をホテルのコンセントに挿してみようとしたところ、

ユニバーサルコンセント

なんとホテルのコンセントがユニバーサル仕様でしたorz。まあ、そんな予感はしてたよ...。

しかも壁コンセント自体に 5.1V/2A の USB 電源ポートが直接ついているのが部屋に 4 箇所くらいあって、そもそも USB 充電器すら持ってくる必要がなかったという。今後はこのホテルに泊まる前提なら荷物が減らせるなあ。

ROAD WARRIOR

一応、部屋にはユニバーサル仕様じゃない BF タイプのコンセントもあったので試しに挿してみました。
私が旅行時に持ち歩いている電子機器はほとんどが 100-240V 対応なので、変圧器なしでコンセント変換だけで使えるのはありがたい。

ちなみに用務先のコンセントはさすがにユニバーサル仕様ではなかったので、昼間の仕事中にはゴーコン α が役に立ってくれました。ただ、周りはみんなシンプルな A→BF タイプの変換コネクタを使っているので、ちょっと恥ずかしいかな(汗。

ROAD WARRIOR

ちなみに先ほど「コアファイターっぽい」と書きましたが、そういう視点で見るともはや電源変換プラグではなくて G ファイターか何かに見えてくるわけで、こんな風↑に本来の使い方とは違う組み合わせで合体してブンドドしたくなってくるわけです。

...と思っていたら、わざわざ私がやらなくても公式からそれっぽいカラーリングの RWG78 ゴーコンロボというのが発売されていた件(ぉ


ともあれ、これで世界中どこに出張になっても困らなくなったので、今後出張セットに忍ばせておくことにします。

投稿者 B : 21:01 | MONO | Other Gadget | コメント (0) | トラックバック

2019/01/13 (Sun.)

浴室ドア外タオルハンガーを補修

浴室のドア外についていたタオルハンガーが年末に壊れました。

GKK9GVS4273

ある日家に帰ったら既に外されていたという...以前からグラついていて壊れるのも時間の問題だと思ってはいましたが。というのも、子どもにとってはドアの取っ手よりもこのタオルハンガーのほうが掴みやすい高さにあるらしく、無意識にこっちを掴んでドアの開閉をしがちで、数年間それをやっているうちにハンガーの付け根の部分が割れてきていたんですよね。
覚悟していたとはいえなくなると困るし、どうするか...と思いながらよく見てみると、

GKK9GVS4273

おお、ハンガーの取り付け基部は全くの無事!
これなら何とかしてパーツを入手することができれば、修理できるかも。

ということで正月休みの間に探してみたら、ありました。

パナソニック / ドア外タオル掛けブラケットカバーホワイト RLX006238W

RLX006238W

我が家の浴室はパナソニック製なので、パナの補修部品を検索してみたら見つかりました。

これはハンガーのブラケット部分のみで 1,650 円、メーカー直販で購入可能。金属製のバー込みだとどうやら 10,000 円ほどかかるらしく、しかも建材扱いになって一般購入ができないようなので、ブラケット部分のみ注文しました。
ちなみにバーはウチの奥さんが修理を早々に諦めて捨ててしまっていたんですが、年末年始でゴミの回収が休み期間だったため、マンションのゴミ置き場からサルベージしてきました(ぉ

RLX006238W

ブラケットはリブで補強してあるとはいえシンプルな樹脂製のパーツなので、こりゃ長年押し引きされてたら壊れますわ。まああまり丈夫だと逆にドア側の基部が破壊されていたかもしれないので、壊れてくれて正解だったと言えます。

RLX006238W

そんなわけで、無事だった基部にそのままブラケットを取り付けていきます。
M4×20 のなべ小ねじも捨てられてしまっていたので、近所のホームセンターで買ってきました(泣

RLX006238W

このように無事元通りに。最悪ドアごと取り換えも考えていたのが送料込み二千円台で修理できてホッとしています。
今後はドアの開閉はちゃんと取っ手を使うよう、家族みんなで気をつけよう...。

投稿者 B : 22:38 | Furniture | MONO | コメント (0) | トラックバック

2018/12/25 (Tue.)

麻布テーラーのオーダースーツ:二着目

仕事着がスーツになったので、今までのほぼ一張羅状態では全然足りず、三年ぶりに麻布テーラーで仕立ててきました。

パーソナルオーダースーツ・シャツの麻布テーラー|azabu tailor

azabu tailor

パターンオーダーって吊しのスーツと比べて意外なほど価格差がなくて、自分の体型に合った既製服を探す手間を考えれば作ってしまった方が得な気さえします。

前回から三年経ったから念のため採寸からやり直してもらったところ、ほぼ寸法変わらず。ちょっと安心して(笑)前回と同サイズで作ってもらいました。店舗で布地のサンプルを見せてもらったり、店員さんのビシッと決まったスタイルを見ているとつい個性的な色柄を選びたくなりますが、あくまで日常的に着回す仕事着だから気持ちをグッと抑えてオーソドックスな生地を選択。
形状や襟、ポケット等の仕立てもごく標準的なものにしました。パターンオーダーで作るならちょっといじったほうがオーダースーツらしさが出そうだけど、見栄えよりも着心地のためにオーダーしているわけだから、これで良いんです。

azabu tailor

生地や形で冒険しなかった分、裏地とボタンだけはちょっとオーダーっぽくオプションを選んでみました。今回選んだのは水牛ボタンですが、普通のプラスチックボタンから変えるだけで雰囲気が出るのが気に入りました。このボタンに合わせて茶系アンティーク仕上げの革靴が欲しくなりますね...。

身体に合ったスーツやシャツを着ていると一日仕事をしていても思ったほど疲れないものです。これと Runwalk があればスーツ生活もあまり怖くない。スーツはもう少し数を揃えたいので、しばらくは年一着くらいのペースで仕立てていこうかと。

投稿者 B : 23:00 | MONO | コメント (0) | トラックバック

2018/12/22 (Sat.)

ABC-MART と無印良品のシューキーパー

革靴を新調したら必要になってくるのはシューキーパー。脱いだら湿気を取って型崩れを防いでやることが長く履くためのコツです。
今までは革靴を一足しか持っておらず、シューキーパーも一本しかなかったので、このたび買い足しました。

シューキーパー

一口にシューキーパーと言っても価格帯はピンからキリまであり、どれを選んで良いかよく分かりません。とはいえ高級ブランドの靴を履くわけでもなく、靴もある程度は消耗品と割り切るのであればリーズナブルな価格で最低限の機能を果たしてくれるシューキーパーで良いのではと考え、この二つを買ってみました。

一つは ABC-MART のビジネスシューズ売場に山積みされているプライベートブランド品、もう一つは無印良品のシューキーパーです。どちらも二千円台前半で、簡易バネ式でないタイプとしては安価。取り扱っている店舗も多く、入手性はかなり良いと言えます。

シューキーパー

どちらもレッドシダー材を使ったシングルパイプ型のシューキーパーということで同じように思えますが、実際に比べてみると形状からしてずいぶん違います。
どっちが良いか、ちょっと比べてみました。

MARKEN / シダーキーパー RED CEDAR

MARKEN シダーキーパー

まずは ABC-MART のシダーキーパー。MARKEN というシューキーパーメーカー製のプライベートブランド品、というより OEM に近い製品のようです。かなり安いけどちゃんと左右で形状が変えてあったり先割れだったり、押さえるべきところは押さえてある感じ。

MARKEN シダーキーパー

靴に入れてみました。パイプの付け根の部分がかなり自由にスイングするので、出し入れはしやすい。
履いたときに最もシワの寄りやすい甲の部分は十分に伸ばしてくれています。一方で踵の部分は細くなっているので、柔らかい革靴だと踵の部分から型崩れしそうな不安はありますが、内蔵スプリングがそれほど強くはないのでサイズが合っている限りは問題ないでしょう。

MARKEN シダーキーパー

内側を見てみると、つま先部の形状がそれほど大きくないためにタンの部分まではカバーされていないのが分かります。それでも履いているうちに反ってシワができやすい部分についてはちゃんと伸ばされており、十分に用は足してくれていると言えます。

続いて無印のキーパー。

無印良品 / レッドシダーシューキーパー

無印良品 レッドシダーシューキーパー

MARKEN のキーパーと比べると木の部分が大きく、靴を全体的にしっかり伸ばしてくれそうな形状。なおパッケージには紙ヤスリが同梱されていて、シダーの香りが消えてきたら表面を削って香りを復活させることができます。

無印良品 レッドシダーシューキーパー

靴に入れてみると、踵のパーツがちゃんと足形になっていることもあって、MARKEN よりもくまなく全体を伸ばしてくれています。そのぶん MARKEN よりは出し入れがしにくいけど、安心感はこちらの方が高いですね。

無印良品 レッドシダーシューキーパー

ただ内側を見るとこのキーパーでもタンの部分には届いておらず、日本人の甲高盤広足に合わせたシューズには無印のキーパーでもちょっと足りないようであることが分かります。つまりは踵の形以外は無印でも MARKEN でも「ほぼどっちでもいい」ということなのかもしれません。細身のローファータイプあたりなら無印のキーパーはジャストフィットしそう。

値段もよく似たこの二つのシューキーパーですが、どちらかといえば個人的には無印のほうが好みかな。でも普段履きの革靴を任せる程度ならばどちらでもほぼ不満はありません。
今回比べてみてシューキーパーにもいろいろあることが分かったので、次に革靴を買い足すときにはもう少し奮発してツインチューブタイプも試してみようかと思います。

投稿者 B : 21:58 | Footwear | MONO | コメント (0) | トラックバック

2018/12/19 (Wed.)

Anker の充電関連のいろいろ

業務用スマホが iPhone になったら、必要になってくるのが Lightning コネクタに対応した充電環境。実は Lightning 端子搭載デバイスを使うのはこれが初めてなので、ケーブルを一本も持っていないことに気付きました。iPhone 7 付属のケーブルは職場で使うとして、自宅用と携帯用に少なくとも二本は欲しい。折しも先日は Amazon のサイバーマンデーセールだったので、そこで勢い任せにいろいろと買ってしまいました。

Anker

ううむ、つい本来そこまで必要のないものやセール対象外品まで買っちゃった(;´Д`)ヾ。

新 iPad Pro を皮切りに今後は iPhone も USB-C 化されていくだろうタイミングで新しく Lightning ケーブルを買うのはなんかもったいない気はしつつ、そんな中でもそこそこ安くて品質も担保されている Anker 製品はいい選択肢だと思います。さすがに安全に関わる充電モノは、いくら安くても百均や無名の中国メーカー品を買う気にはなれません。

Anker / PowerLine II 3-in-1 ケーブル

PowerLine II 3-in-1

本来の目的の品はこちら。USB microB ケーブルに Type-C と Lightning の変換コネクタがついた 3-in-1 ケーブルです。今でさえ microB と Type-C の機器を混在して持ち歩いているというのに、そこにさらに Lightning まで加わるとなれば全種類のケーブルを持ち歩くわけにもいかず、こういうのが欲しくなります。

PowerLine II 3-in-1

Type-C と Lightning の変換コネクタはケーブルにゴム紐で括りつけられています。私は今まで microB ケーブルと Type-C アダプタを持ち歩いていましたが、Type-C アダプタは小さいぶん落としたりなくしたりしそうで不安がありました。でもこれなら多少適当に扱ってもコネクタをなくす心配はなく、気兼ねなく使えます。

PowerLine II 3-in-1

本当は早く USB-C に一本化してほしいところですが、既に持っている機器の置き換えを考えると当面は混在する状況が続くわけで、この 3-in-1 ケーブルは良いソリューションだと思います。私はモバイルバッテリと一緒に持ち歩こうと思います。ぶっちゃけケーブル長は 90cm じゃなくて 50cm くらいで十分だったような気はしますが。

Anker / プレミアムライトニング USB ケーブル 0.9m (ホワイト)

プレミアムライトニング USB ケーブル

こちらは自宅用。何の変哲もありませんが、「Anker 製で最も安い Lightning ケーブル」という観点で購入。

それと職場用の USB-AC 電源として↓も買いました。

Anker / 24W 2 ポート USB 急速充電器 (ホワイト)

24W 2 ポート USB-AC

職場のデスク周りならば USB ポートには事欠かないけど、急速充電に対応したポートがちょっと欲しかったのでコンパクトな 2 ポートタイプのを購入。デザインからも分かるとおり Anker 製品としては少し古い世代にあたるものですが、安かったので。

24W 2 ポート USB-AC

コンセントは折りたたみ式。職場のデスクに常設するから折りたたむ必要はありませんでしたが、コンセントに直挿しできるところが気に入りました。
旧型だから Qualcomm の Quick Charge 等には対応していませんが、Anker 独自の PowerIQ に対応していればまあ十分です。

Anker / PowerCore 10000 (ブラック)

PowerCore 10000

とどめに PowerCore 10000。モバイルバッテリは他にもいくつも持ってますが、10,000mAh 品がサイバーマンデーセールで ¥2,099 だったらとりあえず確保しておくでしょ(ぉ
最近では 3,000mAh オーバーのバッテリを搭載したスマホも当たり前になってモバイルバッテリが 5,000mAh クラスだと心許なくなってきたので、そろそろ 10,000mAh 品を常用しようかと思って。

PowerCore 10000

今まで毎日カバンに入れていたソニー CP-V5(5,000mAh)と比べると、厚みはさすがにありますがフットプリントは 2/3 くらいに押さえられていて、容量二倍。それでいて重さは 30% 増しに過ぎないので、PowerCore 10000 はかなり軽量コンパクトと言えます。

PowerCore 10000

厚みを CP-V5 および CP-F10(10,000mAh)と比べたらこんな感じ。PowerCore 10000 は同容量の CP-F10 と厚みは大差ないながらフットプリントがかなり小さく、重さも 80g も軽いという。CP-F10 は二台同時充電できるというメリットがありますが、こうなってくると持ち歩きは完全に PowerCore 10000 に任せて CP-F10 は万が一の災害時のための電源として自宅に保管しておきますかね。

USB-AC とモバイルバッテリは完全に余計な買い物でしたが(笑)、以前からちょっと買おうかなと思っていたものでもあったので、いいきっかけになりました。

投稿者 B : 21:50 | MONO | Other Gadget | コメント (0) | トラックバック

2018/12/17 (Mon.)

COLE HAAN のビジネスシューズ

革靴は長く保たせるためにせめて三足で履き回したい、というわけで、先日の Runwalk 以外にもう一足買ってました。

COLE HAAN

昔から革靴を買うなら一足は履いてみたいと思っていた COLE HAAN ブランドの「MADISON PLAIN OX II」というモデル。ビジネスシューズとしてはちょい高めの部類に入るブランドですが、ちょっと前に幕張メッセに行く用事があったついでに駅前のアウトレットを覗いてみたら、気に入ったものがお手頃価格で出ていたので半ば衝動買いしてしまいました。

シンプルなプレーントゥで色名は「チェスナット」だけどかなり深いダークブラウン。どんな色のスーツにも合わせやすい感じではあります。

COLE HAAN

しなやかな牛革製で私好みの質感。でもちょっとしたことでキズがつきそうで、こまめに手入れしてやる必要がありそう。
色はブラウン系だけどソール、タン、シューレース、中敷きはブラックという密かなツートンカラーなのがちょっとお気に入り。

COLE HAAN

ちなみにこの靴、内側に「WATERPROOF」のタグがあるとおり防水仕様になっています。

近年はゲリラ豪雨で帰宅時に大雨に見舞われることも少なくないので、そういう季節で使うことも考えて防水シューズが一足は欲しかった。
実はプレーントゥにしたのも、他のデザインより縫い目が少ない方が水の浸入を防げるのでは、と考えたためでもあったりします。

COLE HAAN

というわけでソールはラバー製。細かい溝が切られていて降雨時でも滑る感じはありませんが、歩いた感じはさすがに少しラバー感がありますね。
また全体的な作りもオーソドックスなドレスシューズなので、Runwalk あたりと比べるとアッパー、ソールともにクッション性では敵いません。

COLE HAAN

履き心地としては、アメリカメーカーの靴だけあってやや細身で、ジャストサイズを選ぶと少し足入れがキツい感覚。初日はそれなりに靴擦れしましたが、革のしなやかさもあってすぐに馴染んできました。COLE HAAN らしく見た目が美しいし、気に入っています。

とはいえメインのビジネスシューズがプレーントゥとストレートチップ、というのはいくらなんでもコンサバすぎたかな、と我ながら思っています。もう一足買うならデザイン、色ともにちょっと変化球を攻めたいところです。

投稿者 B : 23:00 | Footwear | MONO | コメント (0) | トラックバック

2018/12/14 (Fri.)

ID カードケースを新調

これまで十年以上にわたって使ってきた社員証ホルダーがもうボロボロになってしまったので、転職を機に新しいのに買い換えました。

ホンダ / レザー I.D. カードケース(ネイビー)

0SYEP-S93-VF

先日 F1 のパブリックビューイングでウェルカムプラザ青山に行った際にオフィシャルショップで買ってきた、ホンダの ID カードケースです。
本当は丸善あたりの文具店で適当に作りの良さそうなレザーケースでも探そうかと思っていたんですが、イメージしていたものに近いのがホンダグッズとしてあったのでそのまま買って今まで保管していました(笑。

0SYEP-S93-VF

その辺のオシャレ文具店に行けば定番として置いてありそうな超オーソドックスなレザー製 ID カードケース。前面に HONDA ロゴの型押しがされていますが、よく観なければ気付かないほどのさりげなさです。こういう普通っぽいのの中にさりげなく自己主張が込められているあたりが私好み。

ちなみに ID カード収納部には透明ビニール製の保護プレートは入っておらず、ID カードが剥き出しになります。あのビニール、ID カードの印刷方式によってはプリントが滲んでボロボロになることがあるので、個人的にはないほうが良い。

0SYEP-S93-VF

裏面にはポケットがついていて、ビルのセキュリティカードやいざというときのための名刺を入れておくのに良さげ。

ポケットにはホンダのウイングマーク(クラシックタイプ)が刻印されています。そう、これはホンダの四輪ではなく二輪のブランドグッズだったんですね。私は基本的に四輪派だけど、最近はモトクロスも好きだしこれはこれでイイ。何よりこの革の質感にウイングマークがよく合っていて、いいじゃないですか。

0SYEP-S93-VF

ちなみに素材として使われている牛革は栃木レザーとのこと。こういう工場や研究所のある土地の素材にこだわって作られたグッズを持てるとファンとしての誇りがくすぐられるというものです。

オフィスではこれを首から提げて過ごそうと思います。ネックストラップの部分だけは、もし来シーズン向けのレッドブル・ホンダのストラップが出たら差し替えるかもしれません。

投稿者 B : 22:22 | MONO | コメント (0) | トラックバック

2018/12/11 (Tue.)

走れるビジネスシューズ「Runwalk」

これまで仕事に行く服装はカジュアル+スニーカーで通してきましたが、転職して十数年ぶりにスーツ生活に戻りました。今まではスーツを着ても年に数度だったから革靴も一足あれば足りてましたが、毎日となると何足かを履き回したほうが靴も傷みにくい。というわけで、以前から買うならこれかなと考えていたビジネスシューズを試してみました。

メンズビジネスシューズ | ランウォーク Runwalk | アシックス - ASICS

Runwalk

アシックスが出しているビジネスシューズブランド「Runwalk」の製品です。スポーツシューズメーカーのビジネスシューズなんて邪道という向きもあるでしょうが、少なくとも徒歩移動が中心の都内でサラリーマンとして働くならば、長時間歩いても疲れにくい・傷みにくい靴であることは必須だと思っています。そういう意味でスポーツシューズやウォーキングシューズを作り続けてきたメーカーが作るビジネスシューズというのがどういうものか、前々から気になっていました。

この歳になって改めてスーツに革靴で通勤するのって社会人を一からやり直してる感覚があるし、初心に返ろうと思って敢えて最もオーソドックスなラウンドトゥ/ストレートチップの「WR15UT」というモデルを選んでみました。

Runwalk

3E ワイズだけどシュッとして見える美しい形状。革の光沢感も程良い感じだし、薄めのラバーソールはいかにもゴム感がなくて良い。自己主張が強い靴ではありませんが、少なくとも「足下を見られる」こともない、良い塩梅だと思います。

Runwalk

腰裏には滑り止めを兼ねたクッション材が貼られていて、踵の当たりがソフト。履き始めの頃にありがちな靴擦れもありません。一般的にインナーにクッション性を持たせた革靴は厚みが出て野暮ったくなりがちですが、Runwalk ではいったん履いてしまえばそうとは気付かない程度に薄く仕上げてあり、見た目と履き心地のバランスが秀逸です。

Runwalk

Runwalk の最大の特長はクッション性の高いソールと中敷き。踵部には同社のランニングシューズでおなじみ αGEL が内蔵されており、中敷きや踏みつけ部のクッション性の高さもあって革靴を履いているとは思えない柔らかな履き心地。ソールやアッパーの柔軟性も高くて足の動きに追従してくれる感覚があり、これは今まで履いてきた革靴の中で一番歩きやすいと断言して良いレベルです。スニーカー感覚とまでは言わないけれどウォーキングシューズに近い、長時間歩き回るのも苦にならない気持ち良さ。

Runwalk

普通、革靴って足に馴染むまでは歩きにくくて「失敗したかな~」と思いながら数日過ごすことが多いんですが、この靴に限っては初日の歩き始めから実によく馴染み、すぐに気に入りました。今後はもう他のメーカーの革靴を履く気が起きないくらい。今回はむしろつまらないくらい無難なデザインの紐靴を選びましたが、個人的にはスリッポン/ローファータイプが好きなので、今度は少し遊び心を加えたデザインのスリッポンタイプを狙ってみようかと今から考えていたりします。


投稿者 B : 22:18 | Footwear | MONO | コメント (0) | トラックバック

2018/10/22 (Mon.)

カミソリ刃クリーナーで替刃の寿命を延ばす

こんなものを試してみました。

Cannelle / BladeTech カミソリ刃クリーナー

BladeTech

「T 字カミソリの替刃の寿命を 3~5 倍に延ばす」という触れ込みのクリーナーです。

カミソリの替刃って地味に高いですよね。まあカミソリ自体が消耗品で稼ぐビジネスモデルだし、そもそも私が使っているジレット・プロシールドは特に高価いけど、かといって今さら昔ながらの二枚刃に戻れる気もしないわけで(五枚刃じゃなくて四枚刃くらいでも十分な気はしますが)。8 個入りの替刃は安いところで買っても 3,000 円、切れたときにそのへんのドラッグストアで買おうとすると 4,000 円くらいします。本当に効果があるかはマユツバだけどもし本当だったらめっけもんというつもりで試しに買ってみました。
本当はこの手の製品ではレイザーピットが元祖らしいのですが、効くかどうかも分からないからとりあえず後発品らしきこれが少し安かったので Amazon にて購入。中国メーカー製らしいので良くても英語、もしかすると中国語表記のパッケージが届くだろうと予想していたら、ちゃんと日本語ローカライズされたパッケージが出てきてちょっと驚きました。

BladeTech

パッケージの中に入っていたのはこの真っ黒な砥石のようなもの。でも表面はちょっとプニプニしています。エラストマー(カメラのグリップとかイヤホンのコードに使われている素材)の塊のようですね。

BladeTech

使い方は上の説明図の通り。BladeTech の表面にシェービングクリームを塗り、髭剃り後にカミソリを BladeTech 上で撫でるだけ、という簡単なお手入れです。

BladeTech

シェービングクリームは髭剃り時に自分の顔に塗った後、掌に残っている分を BladeTech に塗りつけるくらいで十分。

BladeTech

髭剃り後、カミソリの刃を順目(剃るのとは逆方向)に 3~4 回撫でつけるだけ。

実際に使ってみました。

私はこれまでは替刃を月曜日始まりで二週間使ったら交換する、という使い方をしていました。髭は薄い方だと思いますが、それでも二週目の後半はちょっと剃り味が落ちてきたと感じるのが通常。
それが、BladeTech でクリーニングするようになってから一ヶ月半ほど無交換で使っていますが、まだしばらくいけそうな剃り味。確かに三倍くらいは寿命が延びている実感があります。

このクリーニングについては刃物の「革砥」(研磨剤を塗り込んだ皮革で刃物を磨くことで切れ味が良くなる)になぞらえて説明されることもあるようですが、個人的にはそれはちょっと怪しいのではと思っています。シェービングクリームの粒子がコンパウンド的な役割を果たしている可能性もありますが、それよりもこうやってクリーニングすることで刃先についた皮膚や皮脂等の残骸が取り除かれることで、それらを起点として刃が酸化するのを防ぐ効果があるのではないかと。刃物に酸化って大敵で、例えばガンプラに使うデザインナイフもキャップをせずに一日放置しただけで覿面に切れなくなりますからね。まあ真相は不明ですが、実際に切れ味が落ちにくくなっているのは確かです。

BladeTech

ちなみに BladeTech は逆さにすれば自立するので、洗面台の上でもそれほど場所を取りません。

1,500 円程度なら効果なくてもいいか、というつもりで買ってみたら思った以上に効果があって喜んでいます。ただ忙しい朝の身支度の際に 1 分くらい余計に時間がかかることになるので、それと二週間で 4~500 円の替刃のコストが見合うと判断できるならば、無駄な買い物にはならないと言えるでしょう。

投稿者 B : 23:00 | MONO | コメント (0) | トラックバック

2018/09/30 (Sun.)

アーロンチェアの 12 年保証に救われる

数ヶ月前から書斎の私のデスク周りに妙なゴミが落ちるようになるのに気がついていましたが、しばらく見て見ぬ振りをしていました。

Aeron Chair

なんかウレタンスポンジっぽいものの破片です。
でもデスク上ではそれっぽい素材のものは特に使っていないし何だろう...と思っていたんですが、落ちているのがほぼ椅子の周辺であることまで特定した結果、犯人が判明しました。

Aeron Chair

アーロンチェアの座面裏にあるウレタン系クッションがボロボロになってるじゃないですか!
当時清水の舞台から飛び降りる覚悟で買った憧れの椅子、購入から約 12 年ほぼ毎日座り続けているわけだし、ウレタンスポンジ系の素材なら加水分解するのも無理はない。

でもこういうのは最初から消耗する前提で製造されているものだろうし、アーロンチェアならば補修部品が入手できるに違いない、と思っていろいろ調べてみたところ、アーロンチェアを含むハーマンミラー社の製品は原則 12 年保証がついていることが分かりました。

保証とサービス - Herman Miller

記憶を辿ったところ、私がこれを買ったのは以前のマンションに引っ越して間もない年末だったから、確か 12~13 年前のはず。ギリギリ保証期間に含まれるかどうか...と確認してみたら 12 年前の 12 月でした!あと三ヶ月で保証が切れるところだった(;´Д`)ヾ。
ただし、保証はメーカー直接ではなく販売店経由での申し込みになる模様。どこで買ったかもうろ覚えながら記録を辿っていくと、hhstyle.com の通販を利用した履歴がありました。hhstyle に問い合わせたところ、相当昔の購入歴にも関わらず快く対応していただけました。製品の外観・シリアルナンバー(底面に貼られているシール)・故障箇所の写真をメールで送ったところ、すぐに交換部品をメーカーに手配してもらえました。

Aeron Chair

最初の問い合わせから十日ほど(販売店からメーカーへの依頼から一週間ほど)で、メーカーから補修部品が直接届けられました。ギリギリ保証期間内につき部品代・送料ともに無料。

Aeron Chair

届けられたのはこのクッション。「バナナクッション」「座面裏クッション」「座先端クッション」などと呼称されているようです。
バナナ型のウレタンクッションに固定用の両面テープを貼り付けただけのシンプルなパーツ。

Aeron Chair

こちらがアーロンチェアから取り外した古い方のクッション。もはや加水分解しまくって崩壊しているし、取り外そうとする端からボロボロ崩れてくるので剥がすのもけっこう大変でした。アーロンチェア側にどうしても両面テープや崩壊したウレタンの粉が残ってしまい、そのままでは新しいクッションを貼るのも難しいので、クッションを外した後はアーロンチェア側のフレームの糊やウレタンカスをきれいに掃除してやる必要がありました。

Aeron Chair

新しいクッションをアーロンチェアの座面裏に両面テープで固定して交換完了です。
ちょっとしたクッションですが、これがないと太腿(膝裏)が椅子のフレームに当たって不快なので、座り心地の上ではこのクッションはけっこう重要。

Aeron Chair

クッションを交換したことでウレタンカスが落ちてくることはなくなったし、座面先端のクッション性が良くなって、買った当初ってこんなにフカフカしてたのか!というのを改めて思い出しました(笑。
このクッションは素材的に加水分解してしまう宿命にありますが、保証外でも 2,700 円でパーツ購入できるようなので、今後は実費で交換するようにしよう。

アーロンチェア自体は二年前にリマスター版としてリニューアルされ、旧モデル(クラシック版)は既に生産完了していますが、クッション以外は特にヘタることもなくまだまだ使えそう。もともと一生モノのつもりで買った椅子だし、これからも自宅での作業に、リラックスタイムに、活躍してもらおうと思います。

Herman Miller / アーロンチェア リマスタード

B07C8NGYQ9

投稿者 B : 22:12 | Furniture | MONO | コメント (0) | トラックバック