b's mono-log

2013/08/05 (Mon.)

東芝「E-CORE キレイ色」レビューのまとめ

17492-2969-293164
東芝ライテックの高演色 LED 電球「E-CORE キレイ色」のレビュー、最後に総括しておきたいと思います。

LDA6L-D-H-E17/S

電球型蛍光灯(今回は、ネオボール Z EFA15EL/13-E17)からの乗り換えを考えたときに、それぞれメリットとデメリットは以下のような感じ。

■メリット

  • ランニングコストが低い。実売価格(ネオボール Z:1,000 円前後、E-CORE キレイ色:2,500 円前後)は 2.5 倍高いですが、定格寿命が 6.6 倍長い(ネオボール Z:6,000 時間、E-CORE キレイ色:40,000 時間)ので、電気代の差を考慮しなくても、「E-CORE キレイ色」のほうが 2 倍以上コストパフォーマンスが高いことになります。
  • 寿命が長い。ランニングコストの項でも書きましたが、コストパフォーマンスだけでなく、頻繁に交換しなくてもいい、という面倒のなさもポイントだと思います。
  • 発色が非常にいい。「平均演色評価数 Ra90」というのは伊達ではなく、電球色・昼白色ともにクセのない素直な発色。電球型蛍光灯と比べても印象の良い色で、生活空間に使っても、写真や絵画など色再現性が求められる環境でも(プロの現場でもない限り)実用になるレベルだと思います。
  • 想像していたより明るい。もっと薄暗かったり、スポットライト的に照らされる感じかと思っていましたが、明るさだけで言えば電球型蛍光灯を置き換えてもいいと思えるレベル。

■デメリット

  • 初期投資が高い。いくらランニングコストが低いといっても、初期投資が高ければどうしても躊躇してしまうものです。我が家の場合、リビング+ダイニングで電球型蛍光灯を合計 10 本使っているので、これを全て置き換えるには約 25,000 円も払わねばならず、けっこうなハードルになります。
  • 光の指向性が強い。スポットライト的、とまでは言いませんが、生活空間の地明かりは壁や天井からの反射も含め、「回り込んだ柔らかい光」のほうが目に優しく、気分を落ち着かせる効果もあります。E-CORE キレイ色の光は光源からの直射を受けている印象が強く、本を読むにもちょっと光がキツい印象を受けます。また、それ以上に辛いのは硬い影が出やすいことで、この下で読書や勉強、作業などをするにはスタンドライトなどを併用して手許に落ちる影を和らげてやる必要がありそうです。

というわけで、明るさや発色、コストパフォーマンスを考慮すると、もうそろそろ電球型蛍光灯から LED 電球に乗り換えてもいいタイミングなんだろうな、とは思います。が、今回試用させていただいた LDA6L-D-H-E17/S・LDA6N-D-H-E17/S の 2 機種に関して言えば、明るさや発色では特に不満はないものの、生活空間の照明としてはちょっと指向性が高すぎて厳しい、というのが正直な結論。同社の「E-CORE」シリーズの中には、明るさは「キレイ色」と同等の 380lm で「光が広がるタイプ」というのもラインアップされているので、演色性は Ra80 に落ちてしまうものの、こちらのほうが私が求めているものに近いのかもしれません。とはいえ自宅の環境で試さなければ何とも言えないので、また試用する機会があったりするととてもありがたいのですが...。

ちなみに、

EFA15EL/13-E17

我が家のリビング・ダイニングの照明、ネオボール Z を使っているときの見た目はこんな感じ↑なんですが、

LDA6L-D-H-E17/S

「E-CORE キレイ色」を入れると、こんな感じ↑に。ランプシェードに対してランプが小さすぎて、ちょっと貧相に見えてしまいます。このシャンデリア自体が「E17 口金で E26 口金相当の大型ランプを使う」という特殊な仕様になっているためで、LED 電球が悪いわけではないんですが...。調べてみたところ、東芝にもパナソニックにもこういう E17 口金で大型ランプという LED 電球はラインアップされていないようなので、本格的に乗り換える場合は↑の状態をガマンするか、E17→E26 の変換ソケットでも噛ませるしかなさそうです。

そんなわけで、「E-CORE キレイ色」のレビューはこれでいったん終了しますが、私の LED 電球探しはまだしばらく続きます。

今回は、貴重な試用のチャンスをいただきどうもありがとうございました>東芝ライテック様、ウィルヴィー様。

東芝ライテック / LED 電球 ミニクリプトン形 E-CORE キレイ色(電球色相当) LDA6L-D-H-E17/S
東芝ライテック / LED 電球 ミニクリプトン形 E-CORE キレイ色(昼白色相当) LDA6N-D-H-E17/S

B00DHBFTLE B00DHBFU8Q

■関連リンク
高演色 LED 電球「E-CORE キレイ色」がやってきた
東芝「E-CORE キレイ色」:まずは明るさをチェック
東芝「E-CORE キレイ色」:色はどの程度正しく出ているか?
東芝「E-CORE キレイ色」:食卓での見え方はどうか

17492-2969-293164

投稿者 B : 00:17 | KADEN | MONO | Minpos Review | コメント (0) | トラックバック

2013/08/02 (Fri.)

東芝「E-CORE キレイ色」:食卓での見え方はどうか

17492-2969-293152

高演色 LED 電球「E-CORE キレイ色」のレビューは、もう少しだけ続きます。

私が LED 電球の導入を検討しているのは、まず主にリビング・ダイニング。写真を撮る環境光として考えた場合には、前回のように正確な演色性も重要ですが、生活空間での照明としては、むしろ人肌の美しさと、ある意味それ以上に「食べ物が美味しそうに見えるか」が重要だったりします。

ちょっといいレストランやバーに行くと、照明に白熱灯を使っていることがほとんど。これは、店内を落ち着いた雰囲気にして、ゆったり飲食してもらいたい、というのと同時に、「同じ料理でも暖色系の色味が強いほうが美味しそうに見える」という意図によるものです。我々は真っ赤なトマトや卵の黄色が「美味しい色」であることを我々は本能的に知っているので、その心理を利用したものと言えます。
いっぽうでドラマ『孤独のグルメ』に出てくるような大衆食堂では、店内の照明は色温度高めの蛍光灯(青白く見える昼光色蛍光灯)が使われている場合が多いです。どんなに美味しい料理でも、青みがかった光で見ていては、食欲も美味しさも半減してしまうもの。なので、私はこういうお店で料理の写真を撮るときには、カメラ側のホワイトバランスをいじったり、RAW で撮っておいて後からホワイトバランスを調整することで少し赤みがかった方向に振ることがほとんど。そうすることで、「記憶にある美味しさ」が写真で表現できるような気がしています。

なので、食卓の照明、超重要。同じ奥さんの手料理でも、照明が違うだけで随分と気分が変わってきます(笑。
では、私が普段使っている電球型蛍光灯「ネオボール Z」と LED 電球「E-CORE キレイ色」では、料理はどのように見えるでしょうか。カメラ(NEX-5R)の設定を合わせて、写真で比較してみましょう。

ホワイトバランスEFA15EL/13-E17(電球色)LDA6L-D-H-E17/S(電球色)
太陽光 EFA15EL/13-E17 LDA6L-D-H-E17/S
電球 EFA15EL/13-E17 LDA6L-D-H-E17/S
AWB EFA15EL/13-E17 LDA6L-D-H-E17/S

基本的には前回演色性をチェックしたときと同様、ネオボール Z のほうが黄色みがかっていて、「E-CORE キレイ色」のほうがバランスがいい発色になっています。
カメラでの撮影なので、人間の眼とはどうしても見え方が違ってしまいますが、視覚的な印象としては、それぞれホワイトバランス「太陽光」と「電球」の中間くらいの見え方をしています。

どちらも電球色系なので、落ち着いた気分で食事ができることと、料理(特にトマト系や穀類、タンパク質系)が昼光色蛍光灯に比べて美味しそうに見えるのは間違いありません。が、ネオボール Z の黄色かぶりは、野菜類の緑の瑞々しさを少し損なって見せるだけでなく、トマトの赤色の発色もややくすませてしまう印象。それに対して「E-CORE キレイ色」は、電球色でありながらも、トマトの赤や野菜の緑を比較的素直に表現してくれていて、より美味しそうに見えます。これでもうちょっと光が柔らかければ、文句なく「E-CORE キレイ色」の圧勝、と言ってしまえるところです。

あと、ついでといっては何ですが、「E-CORE キレイ色」の昼白色も参考までに撮ってみました。

ホワイトバランスLDA6N-D-H-E17/S(昼白色)
太陽光 LDA6N-D-H-E17/S
昼白色蛍光灯 LDA6N-D-H-E17/S
AWB LDA6N-D-H-E17/S

これはまた安定の演色性。太陽光モードで撮ってもほぼ狂いのない色が出ています。室内で食べているのにまるでレストランのテラス席でランチしているような、明るく純白の光。ただ、光源から直進性の強い光が出てくることと、あまりにも素直すぎる蛍光灯的な色が出てくるので、「自宅で落ち着いて食事」というよりも、むしろ「職場の自席で急いで掻き込む弁当」という気分になってしまって、どうも落ち着かない(笑。賑やかな家庭で、明るい食卓をワイワイ囲みたければこういうのもアリだと思いますが、私にとってはこの発色は「作業するための光の色」。食卓には、やっぱり電球色のほうが合っている気がします。

最後に、3 種類の光源で、料理のアップを撮ってみました(ホワイトバランスはオート)。

EFA15EL/13-E17(電球色)EFA15EL/13-E17
LDA6L-D-H-E17/S(電球色)LDA6L-D-H-E17/S
LDA6N-D-H-E17/S(昼白色)LDA6N-D-H-E17/S

どうでしょうか。多分に好みによる部分もあるでしょうが、個人的には、黄色みがかったネオボール Z よりも、スッキリ純白の昼白色よりも、「E-CORE キレイ色」の電球色の、素直でありながら温かみのある発色が、料理をいちばん引き立ててくれるように感じます。

東芝ライテック / LED 電球 ミニクリプトン形 E-CORE キレイ色(電球色相当) LDA6L-D-H-E17/S
東芝ライテック / LED 電球 ミニクリプトン形 E-CORE キレイ色(昼白色相当) LDA6N-D-H-E17/S

B00DHBFTLE B00DHBFU8Q

■関連リンク
高演色 LED 電球「E-CORE キレイ色」がやってきた
東芝「E-CORE キレイ色」:まずは明るさをチェック
東芝「E-CORE キレイ色」:色はどの程度正しく出ているか?

17492-2969-293152

投稿者 B : 00:45 | KADEN | MONO | Minpos Review | コメント (0) | トラックバック

2013/07/27 (Sat.)

東芝「E-CORE キレイ色」:色はどの程度正しく出ているか?

17492-2969-293120

東芝ライテックの高演色 LED 電球「E-CORE キレイ色」のレビュー、明るさの次は色味をチェックしていきたいと思います。「高演色」を謳うならばその実力がどれほどのものか、というのは当然気になるわけで。以前、高演色性を重視して東芝ライテックの蛍光灯を買った私としては、同じ東芝ライテック製品ということで、ここは特に期待していました。とはいえ、白熱灯、蛍光灯、LED ではそもそも発光原理からして違うわけで、蛍光灯の色味が良かったからといって LED も良い、とは限らない。ある程度しっかりチェックしてみることにしましょう。

LDA6L-D-H-E17/S

まずはランプを直視して比べてみました。手前(4 灯)が「E-CORE キレイ色」の電球色、奥(6 灯)が普段使っている電球型蛍光灯「ネオボール Z」(ホワイトバランスは「太陽光」で撮影)。どちらも暖かい電球色ですが、よーく見ると「E-CORE キレイ色」のほうが少し赤みが強く、ネオボール Z のほうが微妙に黄色みが強く見えます。

LDA6L-D-H-E17/S

で、こちらは RAW 現像でホワイトバランスを「白熱灯」に変更してみたところ。こうすると、手前の「E-CORE キレイ色」は素直なホワイトに補正されていますが、奥のネオボール Z は若干黄色がかぶっているのが分かります。かといって、ネオボール Z の色が生活していて気になるか、というと、普段過ごしている限りではとても落ち着く印象ではあるのですが、室内を撮影したときにホワイトバランスの調整がちょっと面倒、と感じることはよくあります。

では、もうちょっと細かくチェックしてみましょう。カラーチャートを使って、どの色がどう転ぶかを見てみます。とはいえ、ちゃんとしたカラーチャートは買うと高いので(笑)、とりあえず今回は光源による発色の違いを見れれば良いだろうと思い、Web 上で公開されているフリーのカラーチャートをプリンタで写真用紙に出力したものを使いました。

カラーチャートを作ってみました。|Kingdom Of Desire - 欲望の王国|Blog|alfread|Minkara - The Car & Automobile SNS

これで、カメラ(NEX-5R)のホワイトバランスを「太陽光」「電球」「オートホワイトバランス(AWB)」にしてそれぞれ撮ってみると、こんな感じ。

ホワイトバランスEFA15EL/13-E17(電球色)LDA6L-D-H-E17/S(電球色)
太陽光 EFA15EL/13-E17 LDA6L-D-H-E17/S
電球 EFA15EL/13-E17 LDA6L-D-H-E17/S
AWB EFA15EL/13-E17 LDA6L-D-H-E17/S

こうやって比べるとけっこう違う。肉眼だと多少は色補正がかかって見えるので差が小さく感じますが、カメラのホワイトバランスは正直ですね。カメラのホワイトバランスを「電球」に設定するだけで「E-CORE キレイ色」はビシッと色補正されているのに対して、ネオボール Z のほうはグリーンがかっています。AWB にすると差は縮まりますが、それでも色かぶりは取り切れていない感じ。

見慣れていることもあって、普段の生活の中でネオボール Z の黄色みがかった色を不自然に感じることはないものの、室内で写真を撮ったときに、色補正がやや面倒に感じることは今までもよくありました。
対して「E-CORE キレイ色」の電球色はとても素直な発色で、補正もラク。この LED 電球の「演色性が高い」というのは、色が太陽光に近い昼白色タイプはともかく、電球色タイプはそもそも色味が太陽とは違うのでどういうことだろう、と思っていましたが、光のカラーバランスが良く、カメラのホワイトバランスが合わせやすい、ということは言えそうですね。

では実際の被写体でも比べてみましょう。

ホワイトバランスEFA15EL/13-E17(電球色)LDA6L-D-H-E17/S(電球色)
太陽光 EFA15EL/13-E17 LDA6L-D-H-E17/S
電球 EFA15EL/13-E17 LDA6L-D-H-E17/S

私は自宅内ではブツ撮り・食べ物撮り・子ども撮りが多いので、肌色のサンプルとしてフィギュアで比較。

やはり見慣れた人肌に近い色だと、カラーチャート以上に発色が自然か不自然か、が際立ちますね。肉眼での見え方に近いホワイトバランス「太陽光」では、ネオボール Z は黄色みがかった肌に見えるのに対して、「E-CORE キレイ色」では、より健康的な肌色に見えます。ホワイトバランス「電球」で撮ると、ネオボール Z のほうはどうしても緑かぶりが気になりますが、「E-CORE キレイ色」はまるで太陽光下で撮ったかのような、そのまま無調整で使えてしまいそうな色で撮れます。家族の健康な顔色を見たかったり、室内での写真撮影が多いなら、「E-CORE キレイ色」の発色はとても好ましいですね。

続いて、昼白色ランプ同士の比較。演色性の高さで以前から愛用している東芝ライテックの蛍光灯「メロウ Z PRIDE」(FCL32-40ENC-PDL2PN クリアナチュラルライト)と「E-CORE キレイ色」を比べてみました。蛍光灯のほうは別の部屋で撮っているので、厳密には光源の位置が揃っていませんが、ご容赦を。

ホワイトバランスFCL32-40ENC-PDL2PN(クリアナチュラルライト)LDA6N-D-H-E17/S(昼白色)
太陽光 メロウ Z PRIDE LDA6N-D-H-E17/S
昼白色蛍光灯 メロウ Z PRIDE LDA6N-D-H-E17/S

メロウ Z PRIDE、高演色タイプではない(スペック上は Ra84 と一般的な蛍光灯レベル)にも関わらず、やはり発色は素直ですね。「E-CORE キレイ色」と比べてもそれほど大きな差は感じませんが、じっくり見比べるとメロウ Z PRIDE のほうが少しだけ黄色かぶりしています。また、どの色を見ても「鮮やかさ」という点では「E-CORE キレイ色」に分があるように見えます。

ホワイトバランスFCL32-40ENC-PDL2PN(クリアナチュラルライト)LDA6N-D-H-E17/S(昼白色)
太陽光 メロウ Z PRIDE LDA6N-D-H-E17/S
昼白色蛍光灯 メロウ Z PRIDE LDA6N-D-H-E17/S

肌色での比較。メロウ Z PRIDE も決して悪くないですが、「E-CORE キレイ色」の肌色や白の透明感ある発色のほうが印象的ですね。蛍光灯と比べるとやはり影が強く出てしまうのが難点ですが、太陽光の色に近く、肌が美しく見えるという点で、例えば洗面台や鏡台の照明として使うと、女性ならばメイクも決めやすくなるのではないでしょうか。私的には、スタジオボックスあたりを使って光の硬さを和らげる前提で、ブツ撮り用のランプに最適なのでは、と思います。

いやあ、「キレイ色」の名は伊達ではないですね。期待してはいましたがここまで発色が良いとは思いませんでした。キレイに見える、というだけでなく、デジタルカメラとの相性も抜群。影の問題はつきまといますが、撮影用の光源としてもなかなか優秀なのではないでしょうか。

東芝ライテック / LED 電球 ミニクリプトン形 E-CORE キレイ色(電球色相当) LDA6L-D-H-E17/S
東芝ライテック / LED 電球 ミニクリプトン形 E-CORE キレイ色(昼白色相当) LDA6N-D-H-E17/S

B00DHBFTLE B00DHBFU8Q

■関連リンク
高演色 LED 電球「E-CORE キレイ色」がやってきた
東芝「E-CORE キレイ色」:まずは明るさをチェック

17492-2969-293120

投稿者 B : 00:00 | KADEN | MONO | Minpos Review | コメント (0) | トラックバック

2013/07/23 (Tue.)

東芝「E-CORE キレイ色」:まずは明るさをチェック

17492-2969-293085

高演色 LED 電球「E-CORE キレイ色」のレビューを続けていきます。

電球や蛍光灯を LED に置き換えるときにまず気になるのは、演色性よりもむしろそれまでと同等の明るさが確保できるのか?ということではないでしょうか。以前書いたとおり、私もここが気になって導入に二の足を踏んでいる状況でした。カタログスペックで比べると、電球や蛍光灯に比べて LED のほうが光量が足りないことが多い。ただ、実効性能や明るさの経年変化、あるいは光の指向性の違いによって、LED でも体感的な明るさは変わらない可能性もあります。今回は自宅で試せるという絶好の機会をいただけたので、具体的に比較してみることにします。

今回借用した 2 本の LED 電球と、今までシャンデリアで使っていた電球型蛍光灯、「ネオボール Z EFA15EL/13-E17」で、明るさを比べてみましょう。

EFA15EL/13-E17(電球色)LDA6L-D-H-E17/S(電球色)LDA6N-D-H-E17/S(昼白色)
EFA15EL/13-E17 LDA6L-D-H-E17/S LDA6N-D-H-E17/S

写真は撮影設定を同じにして、それぞれのランプを点灯させた状態(ネオボール Z は電源投入後時間をおいて安定させた状態)で撮影したものです。色味の違いを表すために、この写真のみホワイトバランス「太陽光」で撮影してみました。視覚的には、この写真よりも全体的に明るくかつ色味もマイルドに感じますが、「慣れによって差分が吸収されてしまう」こともあるので、こうやって比べるのがフェアかな。

色味の比較は別途やるとして、まずは明るさ。天井に回り込んだ光の様子を見る限り、ぱっと見の明るさはそれほど大きく変わらないように見えます。体感的にも、少なくとも電球色同士で比較する限り、光量そのものは同じくらいに感じます。スペック的にネオボール Z が 810lm、「E-CORE キレイ色」の電球色が 380lm・昼白色が 440lm なのでもっと大胆に違うかな?と予想していましたが、これは嬉しい誤算。

以降の内容は純粋に「明るさの比較」にするために、ホワイトバランスをオートに統一して、色味をできるだけ近づけた状態(それ以外の撮影設定は同じ)で比べていきます。

EFA15EL/13-E17(電球色)LDA6L-D-H-E17/S(電球色)LDA6N-D-H-E17/S(昼白色)
EFA15EL/13-E17 LDA6L-D-H-E17/S LDA6N-D-H-E17/S

壁に掛けてある額縁を比べると、こんな感じ。ネオボール Z と「E-CORE キレイ色」の電球色では、色味が微妙に違うくらいで、明るさはほぼ同じ。昼白色はネオボール Z よりも少し明るいです。カメラを通して比較してもこれだけ違いますが、昼白色は発色自体が太陽光に近いので、視覚的にはもっと明るく見えています。

EFA15EL/13-E17
(電球色)
LDA6L-D-H-E17/S
(電球色)
LDA6N-D-H-E17/S
(昼白色)
EFA15EL/13-E17 LDA6L-D-H-E17/S LDA6N-D-H-E17/S

ランプほぼ直下での直射光の比較。ランプ直下だと、ネオボール Z よりも「E-CORE キレイ色」電球色のほうが少し明るく感じるくらいですね。昼白色は明らかに明るく、カメラの露出換算で 1~1.3 段分くらい明るく見えています。電球色と比べてスペックで 15% くらい明るいので当然ですが、この明るさは事前予想からするとちょっと驚くレベル。私と同時期に E26 口金タイプの製品をレビューされている丁稚さんが「我が家に太陽がやってきた(^▽^;)」と評される気持ちもよく解ります(^^;;。

ただ、この明るさも手放しで喜べるものではなくて、

EFA15EL/13-E17(電球色)LDA6L-D-H-E17/S(電球色)LDA6N-D-H-E17/S(昼白色)
EFA15EL/13-E17 LDA6L-D-H-E17/S LDA6N-D-H-E17/S

この影を見れば一目瞭然、「電球に比べて光が硬い」んです。電球色タイプも昼白色タイプも、影の出方としては同様。
ウチの奥さん(強い光に関しては敏感なほう)が、電球色交換して開口一番「明るい!でも、眩しい!なんていうか、目に痛い」と言っていましたが、極端に言えばまさにそんな感じ。敏感な人にはちょっと辛いかもしれません。

E-CORE キレイ色

まあ、ランプのグローブの大きさからしてこれだけ違いますからね。ネオボール Z のほうはランプ自体の大光量を活かして広範囲に発光して、壁や天井の反射を利用して、マイルドな明るさを実現しているのでしょう。それに対して 「E-CORE キレイ色」は絶対光量が少ない分、下向きに指向性を持たせた発光をすることで体感上の光量を稼いでいるような印象。このこと自体は製品パッケージやリーフレットにも書かれているのでそれ自体は問題ありませんし、別途「光が広がるタイプ」という電球に近い無指向性の LED 電球もラインアップされています。どちらかというと柔らかめの光でリラックスしたいリビングやダイニングの照明は、むしろそういう光が広がるタイプのほうが適していると思います。また、我が家は娘がダイニングテーブルで宿題をやることが多いので、シーリングライトの指向性が強いと教科書やノートに顔や手の影が出てしまい、視力に影響が出る可能性もあるので、この LED 電球を使うなら、電気スタンドを併用したほうがいいかもしれません。

ともあれ、光の明るさと指向性についての傾向はこれで分かりました。次回は色味についてチェックしていきたいと思います。

東芝ライテック / LED 電球 ミニクリプトン形 E-CORE キレイ色(電球色相当) LDA6L-D-H-E17/S
東芝ライテック / LED 電球 ミニクリプトン形 E-CORE キレイ色(昼白色相当) LDA6N-D-H-E17/S

B00DHBFTLE B00DHBFU8Q

■関連リンク
高演色 LED 電球「E-CORE キレイ色」がやってきた

17492-2969-293085

投稿者 B : 00:31 | KADEN | MONO | Minpos Review | コメント (0) | トラックバック

2013/07/20 (Sat.)

CableBox Mini

フレッツ光を再契約したら、電話機周りの配線がごちゃごちゃしてきたので、整理用の小道具を買ってみました。

blueLounge / CableBox Mini (ホワイト) BLD-CBMN-WT

CableBox Mini

この手の電源整理ツールの草分け、blueLounge の「CableBox」のミニ版です。まあ定番中の定番なので、今さら感はありますが。

CableBox Mini

サイズ感はこんな感じ。NEX-5R はサイズの比較用に置いてみただけです(笑。

CableBox Mini

深めのティッシュボックスくらいの大きさの箱に蓋がついているだけ、という非常に単純な構造です。これに 2,000 円オーバーというのはちょっと高いなあ、とは思いますね...。類似品ならけっこう安く出ていますが。

この中に、電源タップや AC アダプタ、ケーブルの余った長さの分を格納することで、電源周りの見た目をスッキリさせましょう、というシンプルな製品です。

CableBox Mini

というわけで、特にごちゃごちゃしがちな電話周りの配線も、

※写真は CableBox Mini 使用前後の効果を分かりやすくするためにあえて汚さを誇張していますので念のため(ぉ

CableBox Mini

CableBox Mini を使えば、このとおりスッキリ。我が家の電話とひかり電話ルータを置いているカウンターはもろに配線が見えるところなので、電源タップの取り回しは特に厄介で。最初からこれ買っておけば良かったです。
ちなみに、この CableBox Mini の中には 4 口のテーブルタップ×2、一般的なサイズの AC アダプタ×2、あともろもろ余った長さのケーブルを収納していますが、既に中身はパツパツ。作業性や放熱を考慮すると、通常サイズの CableBox でも良かったかな...という気がしています。

ともあれ整理後の美しさには満足。電気製品の多い我が家には、他にも「電源タップのたまり場」がいくつかあるので、CableBox をあと何個か買ってもいいような気がしてきました(笑。

blueLounge / CableBox Mini (ホワイト) BLD-CBMN-WT

B002ARVWOY

投稿者 B : 00:27 | MONO | Other Gadget | コメント (0) | トラックバック

2013/07/18 (Thu.)

高演色 LED 電球「E-CORE キレイ色」がやってきた

17492-2969-293023

リビングのシャンデリアの電球が切れたのをきっかけに、そろそろ LED 電球の導入を考えるかなあ...と思っていたところですが、示し合わせたかのように「みんぽす」で LED 電球のモニター企画が始まったので、迷わず応募してしまいました。

お借りしたのはこちらの製品。

東芝ライテック / LED 電球 ミニクリプトン形 E-CORE キレイ色(電球色相当) LDA6L-D-H-E17/S
東芝ライテック / LED 電球 ミニクリプトン形 E-CORE キレイ色(昼白色相当) LDA6N-D-H-E17/S

E-CORE キレイ色

以前蛍光灯を買い換えたときに、演色性の高さが気に入って以来指名買いするようになった東芝ライテックの LED 電球とあっては、応募しないわけにはいかないでしょう。こういうのは他の製品以上に、カタログスペックだけでは「自分の生活環境で使ったときにどうか」の実際のところが分かりにくいジャンル。実際の導入を検討している段階にあって「自宅で試せる」というのは、またとない機会です。

まず試したかったのはリビングの照明を LED 化したときにどうか、というところだったので、この照明に合う E17 口金の LED 電球を借用しました。電球色がメインですが、一部居室で使っている蛍光灯との発色の違いも確かめてみたいと思い、合わせて昼白色も。合計 8 本ものお貸し出しに対応いただき、ありがとうございます>東芝ライテックさん。

E-CORE キレイ色

今回お借りできた LED 電球は「E-CORE キレイ色」と呼ばれる高演色タイプの製品。高演色、というのは太陽光に近いスペクトル分布を持っていて、自然に見える色合いの光を発する、という意味です。スペック上は「平均演色評価数(Ra)」という数値で表現され、これが 100 に近いほど「太陽に近い色合いである」ということになります。
このあたりは以前もご紹介した miyahan.com さんの解説に詳しいので、リンクを張っておきます。

miyahan.com | 液晶ディスプレイとカラーマネージメント P.3

東芝ライテックの LED 電球でいうと、通常の製品は Ra70~80 が一般的なところ、この「キレイ色」シリーズは Ra90 を実現しているとのこと。業務用に使われる「色評価用蛍光灯」(Ra98 以上)ほどではありませんが、かなり理想的な色再現性を持っている、ということが言えそうです。

E-CORE キレイ色

一般的に言って、LED 光源は技術的に枯れた電球や蛍光灯に比べて色再現性を高めるのが難しいものです。こういうランプに使われる「白色 LED」は、そのものは白色ではなく、青色 LED に黄色の蛍光体(フィルタ)をかけて白色を再現しているものがほとんど。光の三原色の原理からすると、青色の光源には赤と緑のフィルタをかければキレイな白色光になるはずですが、黄色の蛍光体を使うことで「青み成分が強い白色光」になります。最近、PC やスマホの画面のブルーライトが問題になって PC 用メガネがもてはやされるのは、こういう理屈です。
最近では、液晶ディスプレイのバックライトにも RGB 三原色の微粒子を含むフィルタを使うことで広色域を実現した製品も出てきています。この「キレイ色」シリーズは公式サイトに技術的な解説がないので詳細は不明ですが、おそらく同様にフィルタに工夫をすることで高色再現性を実現した、ということなのだと思われます。

E-CORE キレイ色

ちなみに、この写真の左側にあるのが今使っているシャンデリアに入っているミニクリプトン球型蛍光灯。同じく東芝ライテックの「ネオボール Z EFA15EL/13-E17」というモデルです。
比較すると大きさの差が際立ちますが、このネオボール Z 自体、E17 型という小口径の口金に大きな電球をつけたちょっと特殊なサイズなので、E17 口金対応で同等の明るさをもつ LED 電球を探すこと自体が難しい、というのを具体的に買い換えを検討してみて初めて気づきました。分かっていれば、シャンデリアを選ぶときにもうちょっと汎用的なランプを使っているものを選んだかもしれないんだけど...と言っても後の祭りですが。

ともかく、この LED 電球が実際に既存電球の置き換えとして用をなすものかどうか、これからじっくり比較してみたいと思います。

東芝ライテック / LED 電球 ミニクリプトン形 E-CORE キレイ色(電球色相当) LDA6L-D-H-E17/S
東芝ライテック / LED 電球 ミニクリプトン形 E-CORE キレイ色(昼白色相当) LDA6N-D-H-E17/S

B00DHBFTLE B00DHBFU8Q

17492-2969-293023

投稿者 B : 00:51 | KADEN | MONO | Minpos Review | コメント (0) | トラックバック

2013/07/16 (Tue.)

ミストファン「霧降」

梅雨明けしてから関東はものすごい暑さで。もう、昼間にちょっと外出するだけでも熱中症になるんじゃないかと躊躇してしまうほどの気候です。そんな暑さを和らげるために、気休めかもと思いつつこんなものを買ってみました。

TMY / ミストファン 霧降 MEF-01WH

霧降

進化が止まっていると思われていた扇風機にも、ここ 2~3 年で再発明の波が訪れているようで、バルミューダの GreenFanダイソンのエアマルチプライアーのような超付加価値モデルか、マイナー系メーカーから出ている数千円クラスの廉価モデルか、という二極化が進んでいるように見えます。そんな中で異色と言えるのがこの「霧降」。単なる扇風機ではなく、水蒸気を発生させることで気化熱で涼しくしよう、という発想のモデル。「TMY」というメーカーは知りませんでしたが、このモデルは最近けっこう売れているみたいですね。私は昨年モデルがたまたま安く買える機会があったので、数千円の扇風機を買うくらいならこういうネタになりそうなものを、と思って(笑)試してみました。

霧降

扇風機としては基本的な機能はひととおり備えています。操作パネルにある「ミスト」「イオン」というのが異色ですが、このボタンを押すとミスト(霧)が発生して通常の送風よりも涼しくなる、というのがポイント。

霧降

扇風機としては割と普通ではあります、が...。風量が 1~4 の 4 段階で設定できるうち、1 は一般的な扇風機でいう「微風」とは違って、ちょっと強めの風(この扇風機でいう「2」の強さ)をリズム運転するような挙動になっています。もうちょっとゆるゆるした風で緩やかに涼みたいんだけど、というのができないのがちょっと残念。後述するミスト発生機能との併用を考慮するとあまり弱すぎる風は意味がない、ということなのかもしれませんが。
ちなみに形状からして首振り機能はないので、「回転」ボタンを押しても回るのは首ではなく(笑)前面のルーバー(網)。このルーバーには微妙に角度がつけてあって、外周に向かうに従って外向きに風を流すようになっているので、多少の攪拌効果はあるようですが、現実的にどれほどの意味があるかは不明(笑。

霧降

「ミスト」ボタンを押すと、ファンの軸のあたりから目に見える霧がもわあぁぁっと発生して、風に流されてきます。一瞬、壊れて煙が出てきたのかと焦るレベルの霧ですが(笑)この霧が意外と効果的。このミストファンの前で霧の噴射を直接受けるようにすれば、確かに普通の扇風機よりも体感で 2~3℃ は涼しく感じられます。普通に扇風機の風に当たるよりも、身体を水で濡らして扇風機に当たった方が涼しいと感じられるでしょう?あんな感じです。

霧降

このファンのモーターは羽根の前面にあるので、背面はけっこうスッキリ。設置面積は一般的な扇風機よりも小さいくらいです。

背面の下の方にある青い半透明の箱は給水タンク。このタンクに水を入れて、要するに気化式加湿器の容量で霧を発生させているというわけです。白物家電に詳しい某氏のアドバイスによると、これが雑菌の温床になりやすいとのこと。そりゃそうですよね...。夏場、我が家のリビングは(少なくとも奥さんが専業主婦である限りは)常にある程度空調がされた状態なので衛生面の心配はそれほどしなくても棲みそうですが、夏休みの帰省中など、リビングの空調を切って長時間家を空けるようなときには、タンクの水は捨ててから出かけた方が良さそうです。

霧降

本体左上のインジケータは常にチッカチッカしていて、ちょっと鬱陶しいかも。リビングで使っている分にはあまり気になりませんが、夜間寝室で使うようなケースだとまぶしくて寝れないレベルじゃないでしょうか。大手メーカー製ならディスプレイオフ機能なりディマーなりがついていそうなところですが、そういう部分で気が利かないのがいかにもマイナーメーカー、という印象...。

霧降

カード型リモコンも付属しています。

効果のほどは...導入前からある程度想像はしていましたが、このファンの前で直接ミストを浴びている分には、普通の扇風機よりも明らかに涼しいです。この季節、昼間外に出た後や風呂上がりには扇風機の風に当たってもなかなか身体が冷えてくれないものですが、このミストファンはその「扇風機の前で身体を冷やしている時間」が今までの半分くらいで済んでいます(笑。私のような暑がりには、これはいいわー。
でも逆に、一般的な扇風機と比べて涼しいのはファンの前だけで、直接霧を浴びられる範囲の外では通常の扇風機と効果は大差ありません。霧が気化する際に周囲から熱を奪っていく効果を利用したファンなので、当然霧が直接当たる範囲でなければ効果がない、というのは道理ですが、「体感温度 -3℃」という謳い文句を文字通り信じて、部屋全体の体感温度が -3℃ になることを期待すると、それは後悔するかも。

ただ、「むちゃくちゃ暑いときの自分急冷ツール兼扇風機」というような使い方であれば、それなりに満足できるんじゃないかと思います。ちなみに私は家に帰ったらまずこのファンの前で涼むようになりました(笑。

TMY / ミストファン 霧降 MEF-03WH

B00CTXZ2RM

投稿者 B : 00:00 | KADEN | MONO | コメント (0) | トラックバック

2013/06/20 (Thu.)

数年ぶりに革靴を新調

夏向けのスニーカーがもう一足くらい欲しいなあ...と思っていたところではありますが、長年履いてきた仕事用の革靴が壊れてしまって、買い換えの必要に迫られました。仕事柄、普段はスニーカーばかりで、スーツ+革靴を着用するのなんて年に 10~20 日くらい。その割に、革靴の日に限って終日立ちっぱなしだったり、スーツを着たまま肉体労働しなくてはならなかったり、足と靴にかかる負担はハードなことが多い。
なので、選定のポイントは「見た目が好み」「履いててラク」「レザーソールよりラバーソール」といったあたり。なかなか私の好みに合うものが見つからない中、選んだのはこちら。

Clarks / Goya Way (ブラック)

Clarks Goya Way

クラークスと言えばワラビー、というくらいにイメージが定着したブランドですが、革靴はノーマークでした。購入のポイントは、とにかく革が柔らかいこと。とてもしなやかで、足の動きに素直についてきてくれる素材だったので、もう一目でこれしかないと思いました。クラークスはスニーカーを履いたことがあるけど、あれもとにかくラクだったんだよなあ。その感覚が革靴で味わえるとは。

Clarks Goya Way

ソールはラバー。レザーソールほどのドレッシーさはないですが、私にとって革靴は作業靴なので(笑。本当はもう少し厚みのあるソールの方がラクなんですが、薄い方が柔軟性は高いし、これはこれでいいか。

Clarks Goya Way

私はこれでもけっこうめんどくさがりなので、革靴はヒモ靴よりも圧倒的にローファー/スリッポン派です。だってラクなんだもの...!
気がつけばスニーカーもジャングルモックをはじめとしたスリッポン系がメインになりつつあるという(笑。

Clarks Goya Way

私は典型的な甲高盤広の足形なので、つま先がすぼまった形状の靴だとすぐに足の小指が痛くなるんですよね。なので、以前は革靴と言えばスクエアトゥのものばかり履いていたんですが...一時期の流行も終わり、スクエアトゥの革靴もほとんど見かけなくなりました。これは、一応控えめながらスクエアトゥ。ラクです。

転職する前は、平日はずっとブラックスーツだったので、革靴も 3 足くらい持っていてローテーションしていたものですが、もうほとんど履かなくなると、一張羅で何とかしてしまうもので(汗。まあ年間で履く回数もたかが知れているので、また数年間お世話になります。

投稿者 B : 01:14 | Footwear | MONO | コメント (0) | トラックバック

2013/06/17 (Mon.)

ダウンライトの買い換えを迫られる

最近リビングの照明の LED 化を検討しているところですが、さらに他の照明が相次いで球切れ。

切れたのは、玄関とトイレの照明。同じ日の昼間に玄関が、夜にトイレが、と相次いで切れていきました。引っ越して間もなく 1 年、というタイミングではありますが、ちょっと続きすぎな気が...。

ダウンライト

我が家の照明は、主要な部屋のシーリングライト以外は基本的に天井埋め込み式のダウンライトになっています。

今まで使っていたのは、パナソニックの電球型蛍光灯「パルックボールスパイラル」の電球色。玄関が E26 口金・100W 相当、トイレが E26 口金・60W 相当のものでした。

パルックボールスパイラル

調べてみたら、定格寿命はどちらも 8,000 時間で、リビングに比べて点灯している時間ははるかに短いはずなので、ちょっと早い気はしますが...でも、玄関にしろトイレにしろ、オン/オフ回数はリビングよりもずっと多いので、それによる負荷が原因なんでしょう。

ダウンライト

定格寿命に対する実使用時間を考えると、リビングよりもむしろこういうオン/オフの多い場所のダウンライトのほうが、LED 化の恩恵は大きいようにも思えます。なので、灯数が多いリビングよりもこっちを優先的に LED 化してやりたいところですが、やっぱり問題になるのは明るさ。今まで使っていたものは 100W 相当品で 1,520lm、60W 相当品でも 810lm で、LED ではまだ同等スペックのものはほぼなく、スペック上の明るさで 60~70% 程度に落ちてしまうようです。光の指向性次第で体感上の明るさはまた変わってくるでしょうが、選ぶのはなかなか難しいところ。とりあえず 1 灯買って試してみて、本格的に導入するかどうかを検討する、というのが良いでしょうか。

ともかく、玄関もトイレも灯りがつかないと不便極まりないので、玄関のダウンライトは同等品を買って取り替え、トイレは同じランプを使っていた廊下のダウンライトを 1 本回すことでとりあえず凌いでいますが、取り急ぎどうするか考えよう...。

投稿者 B : 00:17 | KADEN | MONO | コメント (0) | トラックバック

2013/06/16 (Sun.)

MERRELL Pathway Moc Canvas

これから暑くなる時期に向けて、ちょっと涼しめのスニーカーを買いました。

MERREL / Pathway Moc Canvas (Boulder)

MERRELL Pathway Moc Canvas

日々、かなりの頻度で履いているジャングルモックのバリエーションモデルです。最初はジャングルモックそのままのデザインでメッシュ素材になったベンチレーターモックを買おうと思っていたんですが、あのままメッシュになっても見た目がなんだか重い印象に思えて。キャンバス地のこれなら、見た目も履き心地も涼しいだろうと思い、先週までやっていた Javari の 20% 引きキャンペーンを利用して購入。Javari はしょっちゅういろんなキャンペーンをやっていますが、いつ買うのがいちばんお得なのか、タイミングが難しいですね。

MERRELL Pathway Moc Canvas

デザイン上のワンポイントになっている、タンとヒールにつけられたタブのアクセントカラー。インソールの色も合わせてあります。私はこういうちょっと使いのオレンジがけっこう好きなので、そこが気に入りました。

MERRELL Pathway Moc Canvas

つま先はソールがかなり巻き上げられています。正直ここまで大胆でなくて良いと思うんだけど(笑

MERRELL Pathway Moc Canvas

エアクッションのパーツもオレンジになっていて、全体的な配色はガンスモークのジャングルモックの夏バージョンという感じ。ガンスモーク、気に入っているので、そのまんまのイメージで涼しく履けるのはうれしい。

MERRELL Pathway Moc Canvas

ヒールも巻き上げソール。巻き上げだと歩きやすくて良いんですよね。ちょっとしたドライビングシューズ代わりにもなりそうです。

かかとの形状が、そのままかかとを踏んでズボッと足を突っ込んでも良さそうなので、サンダル代わりにちょっと玄関先まで出るのにもよさげ。

MERRELL Pathway Moc Canvas

靴底はジャングルモックに比べるとちょっと薄めかな?でも全体的に軽い履き心地で良いです。

ソールが色分けされているのが凝っていますが、単なるデザインではなく、色ごとに違う素材が使われているようです。触ってみた感じでは、グレー:クッション性重視、オレンジ:耐摩耗性重視、ブラック:滑り止め重視、という使い分けになっているもよう。ジャングルモックのソールは柔らかくて歩き心地は良いけどすぐに磨り減ってしまうのが難点だったので、これでどれくらい長持ちしてくれるか、気にしながら履こうと思います。

MERRELL Pathway Moc Canvas

というわけで、我が家のシューズボックスの MERRELL 率がどんどん上昇中(^^;;。夏向けのスニーカーはもう一本くらい買い換えたいところですが、他に気に入ったものがなかなかなくて...。

投稿者 B : 00:14 | Footwear | MONO | コメント (2) | トラックバック