b's mono-log

2013/01/18 (Fri.)

カール・ツァイスのロックグラス

...とかツイートした矢先、長年使っていたロックグラスを割ってしまいました。落として割ったわけではなく、気がついたらヒビが入っていたという。

最近、健康に気を遣って(笑)自宅ではできるだけビールを飲まないようにしているんですよ。ウイスキーか焼酎中心で、食事のときはハイボールか酎ハイを自作、純粋に飲むときはロックで、という感じ。なので、ロックグラスがないのはちょっと痛い。普通のコップで飲むのも味気ないし...。

ということで速攻、替えのグラスを注文しました。『ツァイス 激動の 100 年』を読んだときから、次にお酒用のグラスを買う機会があったらツヴィーゼル・クリスタルグラス(ショット・ツヴィーゼル)のものにしよう、と思っていました。
ショット・ツヴィーゼルは Carl Zeiss の創始者であるカール・ツァイスとエルンスト・アッベ、それにガラスの研究者だったオットー・ショットらが 1884 年に設立した「ショット・グループ」の一員で、主にガラス食器類を製造販売しています。カール・ツァイス財団傘下の企業とはいえ、ツァイスレンズ自体が現在ではライセンス生産主体に移行している今、現在販売されているツァイスレンズにショット製のガラスが使われているかどうかは分かりませんが、「カール・ツァイス(のグループ企業)のグラスでお酒を飲む」というのは、カメラ好き、特に私のようなツァイス厨にはたまらないものがあります(笑。

で、届いたロックグラスがこれ。

ショット・ツヴィーゼル / ピュア オールドファッション

SCHOTT ZWIESEL

私はロックグラスはオーソドックスな形状で、底のほうにカットが入ったデザインのものが好きなんですが、これはそれとはちょっと違う方向性。飲み口がすぼまっているデザインのロックグラスって珍しいけど、でも、飾りすぎないながらもちょっと優雅なこの形が気に入りました。

SCHOTT ZWIESEL

ロックグラスだからと何も考えずに 13 オンス(389ml)の「オールドファッション」を注文してしまいましたが、今まで使っていたロックグラスよりもちょっと大きかったです。純粋なロックグラスというよりも、その名の通り「オールド・ファッションド」(バーボンにオレンジやチェリーの果実を添えたカクテル)にちょうど良いサイズとい印象で、これなら同じ形で一回り小さい、10 オンス(306ml)の「ショートカクテル」で十分だったかな。

でもこの大きさと形状なら、わざわざワイングラスを出してくるまでもないテーブルワインをこれで飲む、というのもアリかも。そう考えると、いろいろ使いではありそうです。

SCHOTT ZWIESEL

このグラス、チタンとジルコニウムを混合した「Tritan」というガラスを使用していて、「鉄よりも硬い」というのを売りにしています。まあ表面硬度が高いイコールすべての加圧や衝撃に強い、というわけではありませんが、触ってみた印象では確かに「こんなに薄いのにしっかりしているな」と感じる硬さを持っていて、安心感があります。

SCHOTT ZWIESEL

飲み口の薄いグラスで飲むと、やっぱりお酒が美味しいですね。今まで使っていたロックグラスよりも美味しく感じます。
ツァイス・グループのグラスで飲みながら、写真・カメラ談義とか...したいですねえ。

我が家には基本的な種類のグラスはひととおり揃っていますが、久しぶりにいろんなグラスを買いたくなってきました。今使っている白ワイングラスはけっこう古いものだし、このあたりからリプレースしていってもいいかな...。

ショット・ツヴィーゼル / ピュア オールドファッション

B007JT2TNG

投稿者 B : 00:05 | MONO | コメント (0) | トラックバック

2012/12/02 (Sun.)

MERRELL JUNGLE MOC (2 足目)

Javari でスニーカーを買いました。

MERREL / JUNGLE MOC (ミッドナイト)

MERRELL JUNGLE MOC

ジャングルモックはちょうど 1 年前にも買っていますが、想像以上の履き心地の良さで去年の冬はかなりの頻度で履いていました。夏場にはあまり履きたいクツではありませんが、秋冬になったらもう一足買っても良いくらいだと思っていました。
ただ、去年も書いたとおり MERRELL は価格のコントロールを厳格にしているようで、安く売られることがほとんどないんですよね。販売店単位でのキャンペーン値引きならたまに見かけますが...。というわけで、去年利用した Javari のクリスマスクーポンが今年も発行されるに違いない、と思って待ち構えていました(笑。

Javari.jp:3000円ギフトクーポン

ジャングルモックが ¥3,000 引きで買える機会ってこれ以外にはまずないんじゃないですかね...。クリスマスクーポンが出るかどうかは賭けでしたが、俺大勝利(ぉ

MERRELL JUNGLE MOC

カラーはミッドナイト(ブラック)にしました。ジャングルモックのカラバリは基本的におじいちゃん色ばっかりで、どれを選んでも微妙なんですが、ブラックは逆に若々しく見えるんじゃないかと。何にでも無難に合わせやすい色ですしね。

ちなみに先日、靴を脱ぐ必要があった某イベントで、参加者のうち私を含む三人が同じガンスモークのジャングルモック(しかも二人が同じサイズ)という事件があってちょっと困りました。私のクラスタ的にはジャングルモックかぶりが発生しやすいらしいので、靴を脱ぐ可能性があるときには履いていかないほうが良さそうです(笑

MERRELL JUNGLE MOC

なじむ、実に!なじむぞ。フハハハハハ(DIO

サイズは前回の 27.0cm(US9inch)。最初はちょっとジャストすぎるかな、というくらいのサイズのほうが、後から足の形に馴染んできます。
このスニーカー、欠点があるとすればウォーキングを主眼に作られたものではないので、タウンユースだとけっこうソールの摩耗が早いことでしょうか。私は毎日けっこう歩くので、去年買ったガンスモークがもうけっこう磨り減ってきました。もし、Javari のクリスマスクーポンが来年以降も続くようなら、2 足を 2~3 年おきに順繰り買い換えていくようにしようかな、と思ってます。

ちなみにこのクリスマス 3,000 円クーポン、日本時間の今日いっぱいで終了です(笑。普段値引きしない靴を割安で買えるチャンスなので、ご興味のある方はお早めに...。

投稿者 B : 13:50 | Footwear | MONO | コメント (5) | トラックバック

2012/10/21 (Sun.)

カリモクの子ども用デスクチェア

新居に引越したら買いたかった家具のひとつがこれ。

カリモク家具 / デスクチェア XT0901

karimoku XT0901

子ども用の勉強机とデスクチェアです。やっと子ども部屋を与えてやれたので、自室で勉強できるようになりました。まあ、小学校の間くらいは普段は LDK のダイニングテーブルで宿題をさせるでしょうが、それでもダイニング用チェアだと床に足が届かなくて姿勢が悪くなるんですよね。なので、ダイニングで勉強するときにも使えるように、それなりの機能のついたものを選びました。
メーカーは家具においては私が絶大なる信頼を置いているカリモク。新横浜にショールームがあって、IKEA に行くついでに現物をチェック。IKEA と違ってショールームはあくまでショールームなので、購入は取扱店で注文する必要があります。

karimoku XT0901

一口にデスクチェアといってもたくさん種類があって迷ったのですが、選定のポイントは

  • 座面と足置きの高さが調整できること
  • 子ども部屋は狭い上に二段ベッドも入っているので、そのスペースに対して大きすぎないこと
  • 長く使うので、あまり子どもっぽすぎないデザインであること
  • 絶対遊ぶので、キャスターはなし
  • 同じく、絶対後ろ側に体重をかけて傾けてフロアを傷つけるので、傾けにくい形状であること
といったところ。これらの条件に最も見合っているのが、この XT0901 というモデルでした。

karimoku XT0901

というわけで、座面、

karimoku XT0901

背もたれ、

karimoku XT0901

足置き、いずれも位置が調節できるようになっています。

個人的に特に重視したのは足置きの位置調整ができることで、これは先日読んだ歯並び本にも書いてありましたが、やはり座っている間も足の踏ん張りがきくかどうかが歯並びや姿勢に、ひいては集中力や健康に影響するのだとか。足をブラブラさせる癖をやめさせたい、という狙いもありました。

karimoku XT0901

脚の下にはランドセルの収納スペースが。

キャスターがないことを選定ポイントとして挙げましたが、実はこの椅子にはキャスターがついています。が、座るとキャスターが沈み込んで滑らない構造になっているので、勉強中の集中力を乱すことはありません。子ども部屋とダイニングの間を持ち運ぶことを考えると、移動用のキャスター自体はついていたほうがありがたいので、これはうまいギミックだと思います。

karimoku XT0901

これでちゃんと勉強してくれるといいんですが。

机は IKEA で買った「MICKE」。机と椅子の価格バランスが悪いですが(笑)、椅子と違って机は高ささえ合っていればあまり姿勢に影響しないことと、部屋に合ったサイズがあること、娘が気に入ったカラーがあったことで IKEA にしました。結果的に色合いが近くなったので、これで良し。
ちなみにこの IKEA のデスクには専用オプションの棚をつけたかったんですが、これも IKEA 港北には在庫がなくて買えず(;´Д`)ヾ。そのうち船橋店のほうに行ってみます...。

投稿者 B : 00:19 | Furniture | MONO | コメント (0) | トラックバック

2012/10/13 (Sat.)

Home ERECTA ブランチシェルフ

引き続き家具をちょっとずつ組み立てています。

ホームエレクター / ブランチシェルフ (ナチュラル)

Home ERECTA ブランチシェルフ

こちらはリビングに設置したオープンシェルフ。我が家は収納がたくさんあるようでそれぞれの容量が小さい(モノが多いだけ、ともいう)ので、どうしても追加の収納は必要になってきます。とはいえ、リビングはあまり狭苦しくしたくないので、できるだけ圧迫感が少なく、部屋との一体感があるものを。

ホームエレクターのラックは昔から愛用していて、テレビを載せている AV ラックもエレクターのパーツを選んで自作したもの。7~8 年使っているのでそろそろ買い換えたいとは思いつつも、丈夫なのでそれほど困ってはいません。ただ、ホームエレクターのウッドシェルフは、買った瞬間は質感が高くて良いんですが、長く使っていると表面の艶がくすんでくるし、モノをぶつけると傷が目立ちやすいんですよね。

Home ERECTA ブランチシェルフ

今回買ったのは「ブランチシェルフ」という製品。以前にはなかったラインアップなので、比較的最近追加されたものでしょうか。ウッドシェルフに比べると深みのある色合いで部屋の床の色味に合っているし、つや消しのオイルステン塗装も劣化が気になりにくそうなので、とても気に入りました。外観もウッドシェルフよりもシャープでスッキリしていて、私好み。

Home ERECTA ブランチシェルフ

棚板の木口がダークカラーで塗られているのも手が込んでいて良いですね。

もう一竿くらいオープンシェフルが欲しいと思っているので、これで揃えちゃおうかな...。

投稿者 B : 22:46 | Furniture | MONO | コメント (0) | トラックバック

2012/10/04 (Thu.)

IKEA BESTÅ

IKEA で買った家具は、こんなのでした。

IKEA / BESTÅ(ベストー)

IKEA BESTÅ

新居の収納が今ひとつ足りない感じなので、LDK にひとつ大きめの棚、それもできるだけ中身を隠せる棚が欲しくて。収納するものはグラスやお酒、アルバムや書類、あとこまごまとしたものといった類。ダイニングの壁面のスペースを利用して設置しました。圧迫感が出るのがイヤだし、上に写真とか画を飾りたいから高さは 120cm くらいで、横幅も 120~150cm くらいがちょうどいいところ。とかいうのを家具屋さんのセミオーダーで作ると安くても 30 万円から、というのに対して、IKEA のこれは 3 万円コース(^^;;。送料だなんだでプラス 1 万円くらいはかかってますが、まあパッと見で 3 万円には見えないでしょう(笑
IKEA の店頭で各パーツの質感を確認しながら、設置されている PC のシミュレータを使ってあれこれ組み合わせてみて決めました。我が家のリビングは基本的に茶×白でまとめているので、違和感のない配色で。扉はもう少し表情のあるデザインにしたかったんですが、好みのがなくて結局最もシンプルなパターンにしました。この BESTÅ というシリーズは IKEA で最もオーソドックスなカスタム収納のようですが、確かにいかにも北欧って感じの佇まいです。

本当はトップパネルが欠品していたのですが、入荷状況を訊いたところ「2~3 週間後の週末なら在庫がある可能性がある」ということで、そんなのに付き合ってらんない(´д`)、ととりあえず無視。半分デザイン用のパネルだし、なくても棚としての機能に何ら不備はないので...。

IKEA BESTÅ

ちょっとしたこだわりはグラスやお酒を並べているガラス棚をミラー内装にしたこと。ドアがダークブラウンなので部屋の雰囲気が暗くなるのを緩和したかったのと、グラスの質感が強調されてキレイに見えるだろうな、と思って。高そうに見えるけどこれで ¥6,000(¥3,000×2 列分)だから安いものです。

IKEA BESTÅ

開閉にはプッシュオープナーのオプションをつけました。中にバネが入っていて、ドアを手で軽く押すと開いてくれるというものなのですが、デザインはともかくイマイチ締まりが悪いような。やっぱり IKEA の家具はパッと見のデザインが良いんですが、細かいところの作りというか、使っているときの心地よさはせいぜい値段なり、という印象ですね。ドアの左右に段差やガタがないように組み立てるのもけっこう大変だったし。

これの組み立てにあたり、ついでに電動ドライバーも買ってきました。

IKEA / FIXA(フィクサ)

IKEA FIXA

電動ドライバーは前々から欲しいと思っていたんですよね。もと機械系工学部生としてはちゃんとした工具メーカーの電動ドライバーが欲しかったところですが、別途 DIY ショップに行ってる暇もないし、なんたって安い(¥2,990)のでとりあえず。機能的には必要十分ですが、私の使いかたが悪いのか、軸の精度がイマイチな感じで...安いだけのことはありますね。
でも、9 月頃から土日はなんかずっと家具を組み立てているような生活なんですが(我が家の家具はほとんど全部私一人で組み立てた)、これのおかげでかなり作業はラクになりました。いくら DIY 好きとはいっても、これがなかったら今頃腱鞘炎になっていたのではないかと(´д`)。

投稿者 B : 23:59 | Furniture | MONO | コメント (0) | トラックバック

2012/10/03 (Wed.)

IKEA で家具を買った話

GW に初めて行ったのは引越しを踏まえた下見のつもりでした。新居に移ってようやくある程度落ち着いてきたので、足りていない家具とか子ども部屋向けの家具とかを買いに、改めて IKEA 港北に行ってきました。

IKEA

とりあえず欲しかったのは、リビングに置くシェルフというかサイドボード的な棚と、子どもの勉強机。シェルフはいくつかの家具屋に見に行ったり、ネットで調べたりしてみたんですが、どうも最近は私がイメージするようなものの需要自体が激減していて、既製品の選択肢がほとんどない、というのがある家具屋の店員さんに聞いた話です。薄型テレビの普及で、壁面収納を兼ねた大型のテレビラックが流行していて、オーソドックスなリビング用のシェルフが売れなくなっているのだとか。個人的には、壁面を覆う収納は圧迫感が出るから好きじゃないし、テレビの排熱を考えてもあまり良くないと思うんですけどね...。
ともあれ、私が欲しいようなものを手に入れるには、カリモクのようなセミオーダー対応のメーカーに発注するか、工務店にフルオーダーするか、IKEA あたりで適当に DIY するかくらいしか選択肢がなさげ。私が欲しいようなものを買おうとすると、オーダー系はどこで頼んでもだいたい 30~60 万コースになってしまうので、すぐには無理(;´Д`)ヾ。ということで、とりあえず IKEA で安く上げておいて、数年後にちゃんとしたものをまた考えよう...ということにしました。

でもやっぱり IKEA は苦手ですね。お店の雰囲気とか置いてあるもののデザインとかはけっこう好きなんですが、いかんせん混みすぎ(;´Д`)ヾ。あと、実際にものを買おうとするとシステム的にいろいろと不満が出てきて、IKEA をうまく使おうと思ったら

  • マイカーを持っている
  • 平日にうまく休みを取って来れる
  • 子どもがいない、あるいは誰かに預けられる
  • 目当てのものの在庫があること

という条件に当てはまらないと難しいですね。つまり、今の私はどれも当てはまっていないということなのですが(´д`)。休日は混むし(特にお昼前後から)、ウチに限らず家族連れの子どもの多くは飽きたり疲れたりして泣きわめいているし、正直言って買い物を楽しめる場所ではないと思います。商品はそれなりに安くても、自分で運べないと家具系は送料で簡単に ¥5,000 近くかかってしまうので、結果的にそんなに安いわけでもない。交通費まで考えると、マイカーがなくてもむしろレンタカーで来て自分で運んだ方が安上がりでしょうね。配送手続きに関しても、レジ後に決して手際が良いとは言えない配送カウンターに行列を作らなくてはならないし。

そして何よりも困ったのが、欲しいものの在庫が案外ないこと。DIY 系の家具で在庫がないパーツがあると組み立てられませんから。しかも、店員さんに在庫を確認してもらうのにも名簿に名前を書いて順番待ちする必要があるし、在庫がなかったら取り置きや宅配注文ができるわけでもなく、「●日後なら入荷して在庫がある可能性が高いので、またご来店ください」というシステム。自宅から 1 時間以上かかるところにあるのに、再来店してまた売り切れていたらどうしようもありません(調べてみたら、どうやら港北よりも船橋の店舗のほうが、私が買おうとしていたものに関しては在庫状況が良いようでしたが)。
全般的に、IKEA のシステムは店側の都合が良いように作られていて、うまく回っているときには顧客にとってもそれが効率よく、商品のたたずまいが良いこともあって人気が出ることは理解できますが、先述の条件からひとつでも外れると、多大な手間がかかってしまうのが難点です。そう考えると、こういう点であまり小回りがきかない生活スタイルの我が家にとっては、多少コストがかかっても製品の質が高く、きめ細かくサービスしてくれる日本的なお店のほうが付き合いやすいのだろうな、と思います。

そんな苦労をしながらも、とりあえず買い物はしてきたわけですが、

IKEA

買ったものに関しては、また次回。

投稿者 B : 23:00 | Furniture | MONO | コメント (0) | トラックバック

2012/09/29 (Sat.)

洗濯機も買い換え

我が家の白物家電買い換えの〆は、洗濯機。

パナソニック / 9.0kg 全自動洗濯機 NA-FS90H5-N (シャンパン)

Panasonic NA-FS90H5

どーん。

今まで使っていた東芝の洗濯機がここ 1~2 年、洗濯中に止まってしまうというトラブルが発生するようになってきたので、冷蔵庫よりもむしろ先に買い換えたいとは思っていました。

洗濯機については何となくのイメージでドラム式が良いのかな、と思っていたら、白物家電に詳しい某氏のアドバイスもあり、調べてみたら洗浄力はやっぱり通常の縦型のほうがありそう。なおかつ、新居ではバルコニーが広くなったので外干しがしやすくなったのに加えて、よく乾く浴室乾燥機もついているので、洗濯機に乾燥機能は不要。そうなると、ドラム式洗濯乾燥機全盛の昨今、自ずと選択肢は絞られてきます。
ヨドバシの店頭で主に扱われている縦型の洗濯機はパナソニックか日立、東芝、シャープ、AQUA(中国のハイアール。旧三洋の流れを汲むブランド)といったところで、「モーターの日立」の BW-9PV か、「泡の力で落とす」という触れ込みのこの NA-FS90H5 かにまずは絞りました。オーソドックスに洗濯槽そのものの洗浄力を取るか、洗剤をよく泡立てることで洗浄力を高めるほうを取るか迷ったんですが、洗浄力の違いなんて実際洗ってみないと分からないし、最終的には静音性の違いとデザインの好みで選択。最近白物家電はパナソニックづいているような気はしますが、特に狙ってやっているわけではありません。

しかし乾燥機能がつかないだけで値段が 4~50,000 円も違うんですね...。ちょっとしたレンズ 1 本買える値段ですよ(ぉ。浴室乾燥機に感謝。

Panasonic NA-FS90H5

白物はそれほど詳しくないし、普通の洗濯機なので特に書くこともないんですが(笑、従来のものよりも洗える量が増えて、かつ止まらなくなったので、それだけでも満足です。

Panasonic NA-FS90H5

洗濯槽の内側が真新しくてまぶしいです(笑。

店頭では「この内側の突起の独自形状が汚れを落とすのに一役買って...」みたいな説明をしていたメーカーもありましたが、正直ふうん...という感想だったのに対して、店頭で流れていたパナソニックの泡洗浄のムービーはなかなか説得力がありました。本来の目的とは違う意味でとても勉強になった(笑。

Panasonic NA-FS90H5

洗濯槽の内側の洗剤投入口に洗剤を入れて電源を入れると、

Panasonic NA-FS90H5

まずは洗濯槽の外側に給水して洗濯槽を回し、洗剤をよく泡立ててから投入することで、汚れの分解能力を高めるんだとか。よくシャンプーなんかでも「髪の毛に直接つけるより、いったん手で泡立ててからつけたほうがきれいに洗えて、髪や頭皮へのダメージも少ない」みたいな話を聞きますが、それと似たような話でしょうか。

まあ以前の洗濯機よりもきれいに洗えているかと聞かれると判断が難しいところですが(笑、懸案だった大物家電の買い換えがひととおり完了できて満足です。まとめて買い換えると、また買い換え時期がまとめてやってくるのが世の定めですが、とりあえずそれは考えない方向で...。

パナソニック / 9.0kg 全自動洗濯機 NA-FS90H5-N (シャンパン)

B007ZAPR4C

投稿者 B : 21:59 | KADEN | MONO | コメント (0) | トラックバック

2012/09/27 (Thu.)

インテリアホン JD-7C1CL

最近家電買い換え中の我が家ですが、イエデンワも買い換えました。

シャープ / インテリアホン JD-7C1CL-W

SHARP JD-7C1CL

最近、電話といえばスマートフォンのほうが圧倒的に使用頻度が高くて、イエデンワを買い換える必要性に迫られていたわけではありません。でも、だからこそ今まで使っていた FAX の設置スペースがもったいないよなあ、とは思っていました。イエデンワはほとんど実家との連絡くらいにしか使っていないんですが、幼稚園や小学校の緊急連絡網に電話番号の登録が必要だったこと(携帯番号を登録している家もありますが、まだ少数派のもよう)、それから年に 2~3 度程度とはいえ学校・幼稚園関係で FAX の出番があることなどを考えると、FAX 機能は持ちつつより省スペースにしたい。
そうすると、以前から少し気になっていたシャープの「インテリアホン」が有力候補に挙がってくるわけです。

このインテリアホンはかれこれ 3 年くらい前に発売されたもので、現在ではこれまでありそうでなかったスマートフォン連携機能付きの新機種なんかも出ていたりしますが、FAX 機能がついているのはこの初代機のみ。なので、選択肢が他にありませんでした。
カラーはブラックとホワイトがありますが、ブラックにするとフォトフレームにポートレート写真を表示させたときにどう見ても遺影ですどうもありがとうございました状態(ぉ)になるので、あえてホワイトを選択。

SHARP JD-7C1CL

親機のほうには受話器はついておらず、ぱっと見では完全にデジタルフォトフレームです。ただ 3 年前の商品なので、液晶は WVGA(800×480)だし、じっくり見ると階調表現はトーンジャンプがあったり、フェードイン/アウトもなめらかでなかったり、フォトフレームとして大満足できる性能というわけではありません。ただ、FAX 機能付きイエデンワとして考えると、受信した FAX は基本的にディスプレイで確認して、必要に応じて外部メモリにコピー(→プリンタで印刷)できるし、省スペースなので悪くないかと。

SHARP JD-7C1CL

操作は全てタッチパネル。留守番電話機能のオン/オフもタッチパネルで行います。感圧式なので操作感は一昔前の雰囲気ではありますが、電話をかけたり受けたりするぶんには子機だけですべて用が足りてしまうので、このディスプレイに触れることは滅多にないでしょう。

SHARP JD-7C1CL

背面。特になにもありません(^^;;。

SHARP JD-7C1CL

側面のカバーを開けると SD/MS コンボスロットが。ここに画像データを入れてフォトスライドショーを再生したり、FAX データの出し入れもここから行います。そう、FAX 送信時は外部メモリに画像データを入れておいて、そこから送信します。紙を直接 FAX 送信することはできませんが、我が家には別途スキャナ/プリンタ複合機もあるし、FAX の使用頻度を考えれば、それができれば十分。

SHARP JD-7C1CL

コードレス子機。何の変哲もありません。電話をするだけならほぼ子機しか使いませんが、これで十分です。唯一不満があるとすれば、モノクロ液晶の一部(中央下)に黒いシミのようなムラがあることくらいですが、実用上差し支えないので気にしないでいます。

これを買ったのは「デッドスペースになりがちな新居のキッチンのカウンターの空きスペースにちょこんと置いておける FAX」という観点でしたが、利用頻度の低い FAX を邪魔にならず、雰囲気良く LDK に溶け込ませておけるので、けっこう気に入っています。フォトフレーム機能に関しては、デジタルフォトフレームが出始めの頃には気になっていましたが、結局中の写真の入れ替えが面倒でそのうち写真を入れ替えなくなる→いずれ電源すら入れなくなる、という流れが痛感できた今では(ぉ)、デフォルトの写真を BGV 的にオートスライドショーにしてるだけでも十分かなと思っています。これで NAS にアクセスして自動的に新しい写真からスライドショーでもしてくれたら話は違ったのですが、Wi-Fi さえ入っていない機械にそれはちょっと求めすぎか。

まあ、イエデンワの買い換えには悪くない選択肢なんじゃないでしょうか。でも FAX が必要ないならスマホ連携できる最新機種のほうがいいかな。

シャープ / インテリアホン JD-7C1CL-W

B002MBNWGO

投稿者 B : 23:17 | KADEN | MONO | コメント (0) | トラックバック

2012/09/20 (Thu.)

冷蔵庫を(観念して)買い換え

冷蔵庫の買い換え計画をいよいよ実行に移しました。

当初、最有力候補として検討していたのは、一目惚れしたこの機種。

三菱 / 645L 5 ドア冷蔵庫 MR-Z65S-B (クリスタルオニキス)

B004Q1XDCQ

冷蔵庫らしからぬデザインとカラーリングに心打たれたからなんですが、ウチの奥さん的には野菜室が上にあるのが使いやすかった、というのもポイント。今まで使っていた東芝も、野菜室が上にあったんですよね。というか、見比べてみたら基本的に野菜室が上にあるのは東芝のみで、他社では三菱のこの機種が例外的に上に野菜室がありましたが、それ以外は基本的に最下段の引き出しが野菜室。ヨドバシの店員さん曰く「最近は野菜を買ってきたら刻んで冷凍しておく人が増えているので、野菜室よりも冷凍庫の容量や配置を重視するメーカーが多い」とのことですが、ホント?

ともあれ、これに決めて購入手続きを取ろうと思ったら「買ったけど設置できなかった、というケースが少なくないので、念のため設置見積もりを取ってみた方が良い。今なら ¥100 で見積もりやってます」ということで、お願いしました。

...結果、

NG(´д`)。

キッチンのスペースには十分に余裕があるんですが、廊下からキッチンに入るところの幅が足りず、入れることができないとのこと。開口が広いカウンターキッチンなので、カウンター側から寝かせて入れられそうなものだと思っていたら、冷蔵庫を横倒しにすると背面の冷却ガス部が故障する可能性があるので、やめておいた方が良いと。そういうものなのですね...(´・ω・`)。

まあ、入らないものは仕方がないので、搬入可能なサイズの範囲内で選び直しました。もともと、セカンドベストとしては三菱の一つ下位機種も悪くないね、と思っていたので、結局それに。

三菱 / 565L 6 ドア冷蔵庫 MR-RX57T-N (ロゼシャンパン)

MITSUBISHI MR-RX57T

MR-Z65S とはカラーリングの方向性がずいぶん違いますが、我が家の(というか私の)美意識に合った生活感丸出しでない洗練されたデザイン、という点ではこれがベストでした。野菜室にこだわるなら東芝、という考えもありましたが、今まで使っていた製品が部品保有期限を待たずに修理不能と言われてしまったので、今回はちょっと敬遠。作ってる人に怒られそうですが、今回は細かいスペックは見ずにキホン見た目で決めました(ぉ

容量は 565L なので、今まで使っていたもの(370L クラス)に比べると 1.5 倍くらい大きくなりました。ビールは常に冷やしておきたいことを考えると(笑)、4 人家族で以前の冷蔵庫はさすがに小さいと思っていたのですが、これならちょっと余裕ができるかな。最初に欲しかったものよりは少し小さくなりましたが、逆に空きスペースが収納やゴミの分別に使えると考えれば。

MITSUBISHI MR-RX57T

ドアパネルはヘアラインステンレスにグロス塗装がなされていて、なかなかゴージャス。キッチンの奥にキラキラしたものが鎮座している、というのは以外と悪くないですね(笑。

私が気に入ったのは、フレンチドア正面にある十文字のラインがただのデザインではなく、ここが取っ手になっていて、ドアの横からでも下からでも手をかけて開けられるというところ。今まで使っていた冷蔵庫はドアの下から手をかけて開けるタイプで、これが使いやすかったので(まあそこが壊れちゃったわけですが)、似たような使い勝手が得られるのがありがたいです。

MITSUBISHI MR-RX57T

中身は一見、かなりオーソドックス。MR-Z65S のほうはフレンチドアの左右で冷蔵室が分割されていて、大物がちょっと入れにくそうだな、というのが懸念だったので、逆にこういう普通の形をしているほうが使いやすいかも。

庫内照明が LED なあたりが省エネを意識するイマドキらしいポイントです。ただ、LED が上にしかついていないので、上だけ妙に明るくて、下は暗めです。写真は地明かりが電球色蛍光灯なので LED の光が青に転んじゃってますが、割と素直な発色の白色 LED です。

MITSUBISHI MR-RX57T

ちょっと面白いと思ったギミックが、最上段の棚板が回転するようになっていること。大皿とかトレイに乗ったものを冷蔵したいときに、縦向きに入れてから棚板を回して収納できるのはちょっと便利そう。これで、残業で深夜に帰宅して独りでチンして食べるときでも大丈夫です。゚・(ノД`)・゚・。

MITSUBISHI MR-RX57T

生卵の専用トレイがあるのも案外重宝します。ウチはそれほど卵を食べる家ではないんですが、卵のパックって冷蔵庫の中で場所を取るし、けっこう収納に困るんですよね。

まあ私は基本的に自分で料理をしないので、この冷蔵庫を開閉するのは主に飲み物や氷を出すときくらいなんですが(笑、それでもこの冷蔵庫のおかげで我が家の食生活が少しでも豊かになってくれることを期待します。

三菱 / 565L 6 ドア冷蔵庫 MR-RX57T-N (ロゼシャンパン)

B0071RE8DK

投稿者 B : 23:57 | KADEN | MONO | コメント (0) | トラックバック

2012/08/03 (Fri.)

冷蔵庫の買い換え検討中

今回の引越しでは、基本的に家具等は以前の住居からそのまま持ってきたような状態で、これといって新しいものは買っていないのですが、かねてからの懸案でもあるとおり、次は冷蔵庫か洗濯機の買い換えのタイミングなんですよねえ。

洗濯機のほうはここ一年くらい選択の途中で止まりやすくなってきて、優先順位としては洗濯機のほうかなとは思っているものの、冷蔵庫もこんな状態だったりします。

冷蔵庫

一年くらい前だったでしょうか・・・飲み物を取ろうと思って冷蔵庫のフレンチドアを引っ張ったら、取っ手のパーツだけがバガッと外れてしまったという(;´Д`)ヾ。それも、ネジを受けるボスの樹脂パーツが割れているので、パーツを交換するしか直す術がないという。メーカー(東芝)に修理を依頼したところ、既に保守部品の在庫が切れていて修理ができないとのこと・・・えー(´д`)。もうあとは自分で瞬間接着剤か何かで補修するしかないのですが、瞬着でつけても開閉のたびに力がかかる箇所なので、また外れてしまう可能性も高い。幸いというか、取っ手が外れた中にもちょうど指をかけられそうな形状の部分があったので、とりあえず直さずにそのまま使っています(ぉ

冷蔵庫はある日突然コンプレッサーや電源が壊れて買い換えを余儀なくされた、みたいな話はときどき耳にしますが、我が家の冷蔵庫は今のところ冷蔵庫としての機能は好調そのもの。なので買い換えるのは惜しい気もしますが、見た目がこんな状態だし、引越しで冷蔵庫の設置スペースに余裕もできたので、この際大容量の冷蔵庫に買い換えるのもいいかなあと考えています。

まず心惹かれたのはこの冷蔵庫。

日立 / 615L 3 ドア冷蔵庫 R-SBS6200-XS (クリスタルシルバー)

B003KNCOYO

先日、知人宅に遊びに行ったときに置いてあって強いインパクトを受けた製品です。業務用然とした存在感と、酒飲みとしては何より前面にアイス&ウォーターディスペンサーがついているのが嬉しい(笑。それにやっぱりコンプレッサー製品は重電メーカー、というイメージが根強い中で、日立のフラッグシップ機というだけで安心感があります。
ただ、ちょっと横幅がありすぎるので、設置はできたとしてもドアの開閉ができない可能性が高く、非現実的。

というわけで、自宅に問題なく入れられそうなサイズでの筆頭候補はこっちかな。

三菱 / 645L 5 ドア冷蔵庫 MR-Z65S-B (クリスタルオニキス)

B004TIAUAO

冷蔵庫って洗濯機に次いで生活感が出やすい家電だと思うんですが、三菱の現行ラインアップは全体的に私好みのデザインのものが多く感じました。中でも、この MR-Z65S の全体的にシュッとしたデザインと、クリスタルオニキスの渋いながらもインテリア然としたカラーリングが気に入った。ただ気になるのは、全ての収納部が両開きドアなのは一覧性がいい反面、下のほうのものを出し入れするときはしゃがみ込む必要があるので、毎日使うのにはちょっと大変そうかな、という点。下半分が引き出し式の冷蔵庫は、姿勢がラクな反面、デザイン的にはどうしても野暮ったくなるし、中身の一覧性にやや難ありなんですよね・・・。

まあ、長く使うものだから実用性重視というのはもちろんだし、我が家で最も冷蔵庫を使うのは私ではないので、時間をかけて吟味した上で、総合的に判断しますが。

投稿者 B : 23:59 | KADEN | MONO | コメント (1) | トラックバック