b's mono-log

2010/01/24 (Sun.)

eneloop stick booster

これ買いました。

サンヨー / eneloop stick booster KBC-D1AS

eneloop stick booster

これは何かというと、USB ケーブル経由でモバイルガジェットに給電/充電するための外部バッテリです。本当は先日買った eneloop tones よりも楽しみにしていた商品ですが、発売延期でなかなか買えなかった(´д`)。

今までもこういう類の外部バッテリはありましたが、けっこうかさばるので日常的に持ち歩けないのが難点。これはスティック状なのでカバンの隙間に突っ込んでおいても気にならないので、買ってみようと思いました。

スティック状なんですが、どうも形状的にプロペラントタンクに見えるので、2 本買ってガンプラにでもくっつけたくなります(ぉ。

eneloop stick booster

構造は至ってシンプルで、中に単三のエネループ(付属)を 2 本入れるだけ。モバイルガジェットへの給電は USB ケーブル経由なのですが、ケーブルは付属しないので別途用意する必要があります。まあ機器によって受け側のコネクタ形状はさまざまなので、そのほうが合理的でしょうね。私はありとあらゆるリトラクタブルケーブルを収集しているので、そのあたりの抜かりはありません(笑。

eneloop stick booster

ちなみにこの機器はガジェットへの給電/充電専用で、これ自体で中のエネループを充電することはできません。

割と不意にバッテリ切れになりやすいガジェットの筆頭といえばやはり iPhone ですが、これとケーブルを常にカバンに常備しておこうと思います。

投稿者 B : 00:01 | MONO | Other Gadget | コメント (0) | トラックバック

2010/01/16 (Sat.)

Dash が気になっているなう

CES で出ていた「Dash」というガジェットが気になっています。

ソニー、タッチ画面のインターネットビューア dashを発表、Chumby OS採用 (Engadget Japanese)

Sony Dash

これは何かというと、本当にざっくり説明してしまうと「フォトフレーム兼簡易インターネットデバイス」とでも言ったら良いんですかね。Mac や Windows の Widget(Gadget)だけを表示できるデバイス、という表現もできると思います。つまり、小さなアプリケーション越しに Web サービスを利用できる、フォトフレームの形状をした小型端末です。

プラットフォームに独自 OS ではなく chumby OS を採用したのも、オープン性や発展性という点では興味深いところ。ただし(海外での状況はよく知らないのですが)少なくとも国内では去年くらいにはもう話題にも上らなくなっていて・・・しかも久々に chumby のオフィシャルサイトを見てみたら、知らない間になんかカラオケするためのガジェットになっているんですけど(´д`)。
まあ、この時代に独自プラットフォームを起こされるよりは、既存のオープンプラットフォームをベースに出してくれたほうが、幾分将来性なり安心感なりはあります。ただ、今なら採用すべきプラットフォームは chumby でなく Android あたりなんじゃないの?という話はありますが。また、chumby ベースだとすると、上記の理由により国内発売はあまり望めなさそうですが、本家 chumby が国内展開していて日本語の Widget も数少ないながら入手できるようなので、個人輸入して強引に使う、という手はあるかも。でも国内の無線認証通ってないか・・・。

個人的には、親にプレゼントするならともかく自分の家にスタンドアロンのフォトフレームを置くつもりはないのですが、ネットワーク対応のフォトフレームならダイニングテーブルに置いておきたいと前々から思っていました。朝、食パンを頬張りながら今日の予定や天気、ニュースヘッドライン、RSS など PC を起ち上げずにをざっとチェックしたい(朝の時間帯、テレビは NHK 教育に占拠されているので(´д`))という私のニーズに、このテのデバイスがはまってくれそうな気がしています。まあ、そういう役割は今は iPhone が担っているので、それで十分な気もしますが、自宅で使うならもう少し画面サイズが大きいものが欲しいので。

・・・え?Apple タブレット?

投稿者 B : 14:22 | MONO | Other Gadget | コメント (0) | トラックバック

2010/01/04 (Mon.)

eneloop tones

二次電池を買い増しました。

サンヨー / eneloop tones HR-3UTGA-8TN

eneloop tones

私は普段はサイクルエナジー派。でもちょうど補充しようと思っていたところで、エネループからカラフルなこの限定品が発売されていたので、試しに買ってみました。
サイクルエナジーもエネループの OEM らしいので、充電器は保証外ながらサイクルエナジーのものが使えるはずです。このエネループは再利用回数 1500 回を実現した新セルとのことですが、1500 回使い切る自信はないなあ(´д`)。

ちなみにパッケージは電池ケースとして再利用できるので、捨てずに取っておきます。

eneloop tones

パッケージにはこんな感じで 8 色がそれぞれ 1 本収められています。これを 4 パック買う強者も多いらしいですが、そんなにあっても当分使い切れないし、一般的には 2 本ずつ使う機器が多いので、2 セットだけ購入。同色を 2 本セットで使っていきたいと思います。

eneloop tones

8 色のカラバリはどれもツヤを抑えたやさしめの色で、さらっとした手触り。幼稚園の頃、新品のクレヨンをきれいに箱に並べて入れるときのウキウキ感を思い出して、意味もなく出し入れしたり並べ替えてみたりしてしまいました(笑。

でもこれ長女に見つかったら間違いなくオモチャにされるので、見つからないようにしないと(´д`)。

投稿者 B : 22:30 | MONO | Other Gadget | コメント (0) | トラックバック

2009/12/27 (Sun.)

加湿器を(またまた)購入

最近冬になると加湿器ばかり買ってる気がしますが、また買いました。

パナソニック / ハイブリッド式加湿機 FE-KXE05-S (ブライトシルバー)

B002NY3E40

3 年前に買ったサンヨーの加湿器は安全性重視で気化式にしたので、今住んでいるマンションのリビングにはちょっと力不足なのか、なかなか湿度が上がらなかったため、今回はハイブリッド式にしました。ハイブリッド式はヒーターを使うので熱くなるのかな?と思っていたんですが、全然そんなことはなくて、子どもがいる部屋でも安心して使えるんですね。

今回は出かけたついでに奥さんから「加湿器買ってきて」と電話オーダーされたので、残念ながら下調べ全くナシ。店頭で方式とスペック、デザインだけで決めたようなものです。最近の消費は Web での事前調査が当たり前になっているので、本当にこれで間違いないのかやや不安だった反面、情報がないと何も買えない自分&クチコミベースだと嗜好品以外は一極集中になりがちなマーケットに漠然とした不安もあり。

話が逸れましたが、製品について。
本体形状が変に膨張型だったサンヨーと違ってきれいな直方体なので、部屋への収まりが良いのが良いです。また、ハイブリッド式なため気化式だったサンヨーよりも遙かに湿度の上がりが早い。やっぱり 10 畳以上のリビングには気化式はちょっと厳しかったのかもしれません。
ただ動作音はけっこううるさいほうだと思います。今までのサンヨーも気化式(つまり中で大きなファンが回っている)なのでけっこう大きい音がしましたが、直接比較したわけではないもののこのパナのほうが全開で回したときの騒音が大きい気がします。我が家のリビングはエアコンがダイキンでこれもまた動作音が大きめなので、この加湿器を入れてからテレビの平均音量が大きくなってしまいました(´д`)。昼間でも「おやすみ」モードにしておきたいくらいで、静かな夜間だと「おやすみ」モードでもちょっと気になります。
# 私はたぶん世間一般よりも騒音を気にするタイプだと思うので、一般論としては少し差し引いて考えたほうが良いかもしれませんが。

でも加湿器を変えたら肌や喉の乾燥が以前より緩和されたような気がします。サンヨーは寝室に回して、こちらをリビングで使うつもり。

投稿者 B : 23:16 | KADEN | MONO | コメント (0) | トラックバック

2009/10/27 (Tue.)

モバイルガジェットの聖域

CableDrop に関連して、同じ blueLounge 製品で気になっているのがこちら。

blueLounge / The Sanctuary (ブラック) BLD-ST-BK

The Sanctuary

モバイルガジェットって充電するときに置き場所に困るものが多いじゃないですか。携帯電話なら充電台、iPhone/iPod でも Universal Dock、PSP ならチャージクレードルとありますが、そういうものが付属しない/オプションで用意されていても買うほどじゃないものもたくさんあります。でもこの「The Sanctuary」ならばそういう小間物を充電しながら置いておきつつ、例えば腕時計や指輪、家の鍵みたいなものも一緒に置いておくのにちょうどいいトレイです。

これの何が良いって多数の製品に対応した充電コネクタがついていること。iPhone/iPod、PSP、DS Lite、USB 系(スタンダード/mini/micro)、docomo/SBM、au に加えて海外系の NOKIA と Sony Ericsson(海外版)の独自端子にまで対応しています。しかも、使わない端子はトレイの床下に隠しておけるギミックつき。ケータイや iPhone はともかく、PSP や DS Lite は毎日充電するものでもないから必要なときに使えれば良いし、個人的にはソニエリ端末に対応しているのが嬉しい。W880i を買ったときにオプションを何もつけなかったので、毎度 AC アダプタを繋ぐのが面倒だったんですよね。
これであとはウォークマンの WM-PORT に対応していれば完璧だったんですが、まあ USB のメスコネクタもあるので、ウォークマンに付属のケーブルを使えば何とかなるし・・・。

ということですごく欲しいんですが、難点は高いことなんですよねー。いかにデザインが良くても充電するだけのものに¥2 万近く払うのはちょっと勇気が要ります。こないだ Universal Dock を買ってなければ、思い切るところなんですが・・・。

投稿者 B : 23:30 | MONO | Other Gadget | コメント (2) | トラックバック

2009/10/26 (Mon.)

CableDrop

こんなものを買ってみました。

blueLounge / CableDrop (ミュートカラーセット) BLD-CD-MU

CableDrop

まあ小間物ですが・・・我が家のようにデジタルガジェットが多いと、必然的にケーブルの類も多くなりがちなので、整理用に。特に PC 電源の DC ケーブルは、LDK のダイニングテーブルにしろ、書斎のデスクにしろ、PC を持ち出しているときに床に転がって踏んだり蹴ったりするので(「散々な目に遭う」意の慣用句ではなくて、本当に)、何とかしたいと思っていました。

この「CableDrop」は、ウレタン製のクリップ(?)でケーブルを挟み、ずれたり落ちたりしないようにしてくれるグッズです。
カラーは地味めの「ミュートカラー」と、ポップで鮮やかな「ブライトカラー」がありましたが、ウチのインテリアには抑えた配色のもののほうが似合うので、ミュートカラーセットを購入。

CableDrop

実際に使うとこんな感じになります。
今までだと PC を持ち出すときにケーブルが自重でテーブルやデスクの下に落ちていたのが、これで落ちなくなりました。ちょっとしたことですが、これがモバイル PC 使用時のイライラ解消につながります。
ただ残念なのは、この CableDrop の固定が両面テープなこと。粘着力が強いのでテーブル等には固定されるんですが、逆にケーブルに妙なテンションがかかると両面テープが CableDrop 自体から剥がれて、机上に両面テープだけが残ってしまうことがあります。せめて本体側と両面テープは外れにくい構造に改良してほしいかも。逆にユーザー側のポイントとしてはできるだけ CableDrop とデバイスの間にそれなりにクリアランスを作ってケーブルが CableDrop を引っ張らないようにすることですかね。

時と場合にはよりますが、ケーブルの捌きにはなかなか有効なアイテムだと思います。それでいて自己主張しすぎずナチュラルなデザインなのも好印象。自宅よりも職場の方がケーブルののたうち回りようは酷いので、むしろ職場用に買って活用したいかもと思いました。

投稿者 B : 23:59 | MONO | Other Gadget | コメント (0) | トラックバック

2009/10/13 (Tue.)

ウォーキングシューズを購入

ウォーキングシューズを買いました。

Timberland / Emoto Oxford (ダークブラウン)

Timberland Emoto Oxford

今の仕事はもうジーンズ+スニーカーで出勤が標準で、スーツを着ることなんて年に片手程度しかなかったりするのですが、最近なにかと人前に出る機会が増えたので、ジャケット・ネクタイ着用でなくとも多少こぎれいな格好にしておくかなぁと。足もとは、革靴は苦手だけどチノに合わせて違和感がなく、カジュアルすぎないもので・・・ということでウォーキングシューズを買いました。

最初はこの手のウォーキングシューズの定番・MERREL の Jungle Moc にするつもりでお店に行ったんですが、どうも私が狙っていたレザーだけがどこもサイズ切れ。ちょっとカジュアルに振れるけどスエードにするか・・・と思ったら、横に並んでいた Timberland のこれが目に留まりました。MERREL よりもスマートでビジネスカジュアルにも合いそうだし、ほぼ即決。ダークブラウンの色味がちょっと重すぎな気もしますが、ソールに施されたオレンジのラインである程度中和できているので良し。この色なら比較的どんなボトムでもいけるでしょ。

Timberland はブーツも持っていますが、質感と履き心地が良いですよね。adidas の COUNTRY を買ってから、巻き上げソールのスニーカーが気に入ってしまったので、これも履きやすくてとても気に入りました。

投稿者 B : 23:58 | Footwear | MONO | コメント (0) | トラックバック

2009/10/11 (Sun.)

amadana×THE PREMIUM MALT'S

Twitter で教えてもらって慌ててコンビニに走りました。

サントリー / ザ・プレミアム・モルツ

amadana×THE PREMIUM MALT'S

プレモルと amadana のコラボグッズ。プレモルの 350ml 缶×4 のセットについてきました。少し前にやっていた一澤帆布とのコラボバッグを入手しそびれて悔しかったので。

amadana といえばこないだ BOSS SILKY BLACK とのコラボグッズもありましたが、そういえばどちらもサントリー。でも amadana って家電ブランドのはずなのに、これ家電と関係ないですよね・・・。

さておき、このクーラーバッグは表面に小さな柄がドットパターン的に施されていて、PS Pictgram っぽくもあります。布地はブラックですが、よく見ると縁の部分はダークブラウンになっています。これで薄く見えるかどうかは分かりませんが(ぉ。

このクーラーバッグは 350ml 缶が 4 本入るタイプで、花見や花火に持って行くにはちょっと量が足りない(´д`)。イマイチ使いどころが見つからないんですが・・・え、もう 1~2 セット買えってこと(汗。

投稿者 B : 20:25 | MONO | コメント (2) | トラックバック

2009/10/09 (Fri.)

最近欲しいデンワキ

最近これが妙に気になっています。

シャープ / インテリアホン JD-7C1CL-W

B002MBNWGO

シャープの固定電話。

固定電話が過去の遺物となりかけているのはもう言うまでもないことだと思います。ウチも固定電話回線自体が既に B フレッツの回線を利用するためだけに維持しているようなものになり下がっていて、いわゆるイエデンで通話することすら滅多になくなっています。今使っている FAX 機能付き電話機も、2~3 年前に子機のバッテリーが逝ったのに放置していて、固定電話で話すときはコード付きの親機で話している(それでもさほど不都合を感じていない)ような状態。FAX 自体も滅多に使わないし、邪魔なだけだからむしろ撤去して数年前に IP 電話用に買った BeoCom 1401 でもオブジェ代わりに置いとけば良くね?と思っていたりしました。

そこにこれですよ。

FAX 機能はあるけど、受信した FAX は基本的に本体ディスプレイに表示するだけ。印刷は必要に応じてメモリーカード経由でプリンタで出力、FAX 送信も PC で作成した JPEG データをメモリーカード経由で取り込んで送信。一般的な FAX 電話機よりも設置スペースを取らなくて、普段はデジタルフォトフレームとして利用できて、電話機能はコードレス子機のみ。
FAX って紙出力する必要性はそんなにないよね、というかむしろ FAX の親機自体使わなくなりつつあるけど、FAX は一応持っておきたい。そこでフォトフレームと融合しつつ、FAX としての用途を割り切ることで今までの FAX のあり方から飛躍した、コロンブスの卵的発想だと思います。が、久々にこういうコモディティカテゴリで「無意識の意識」を形にする製品を目にしたなーという思いで、強烈に惹かれています。

デジタルフォトフレームは昨今認知度も高まってきていて、市場が盛り上がっているので、割といろんなものにフォトフレーム機能をつけてしまう商品企画が通りやすい環境だとは思いますが、このインテリアホンはフォトフレーム機能がつく必然性と、そうすることでインテリアにもたらすメリットと、本来のその製品の機能のニーズの下降度合いのバランスが絶妙。せっかく回線につながっているわけだから、個人的にはさらにフォトフレーム機能にネットワークを絡めた機能をつけたくなってしまうのは、IT 屋の悲しい性ですかね・・・。

年明けに出ると噂されているタブレット Mac も、画面サイズが噂通りならばもしかしたら使わないときはフォトフレームとして飾っておけたりする?と思っていたりしますが、これくらい発想と機能バランスの秀逸なデジタルフォトフレーム複合機はなかなか思いつきません。惜しむらくは電話機の買い換え自体がかなりプライオリティ低いので、すぐにでも買いたい気になかなかなれないところですが、でもちょっと欲しいなあ。

投稿者 B : 00:00 | KADEN | MONO | コメント (0) | トラックバック

2009/09/23 (Wed.)

フライパンダ

少し前に我が家のフライパンを新調しました。

グッチ裕三 / フライパンダ プレミアム
グッチ裕三 / フライパンダ・ハット
グッチ裕三 / キッズ・フライパンダ (ピンク)

フライパンダ

それまで使っていたフライパンは、結婚前どころか大学時代から私が使っていたもので(といっても私はほんの一時期を除きほとんど自炊しなかったので、あまり使ってなかったんですが)、さすがにかなりくたびれていました。それでも特に不自由なかったんですが、ある日奥さんが思い立ったようにネット注文して、買い換え実行。

買ったのはグッチ裕三さんプロデュースの「フライパンダ」シリーズ。グッチ裕三さんといえば最近ではミュージシャンというよりも料理タレントの印象のほうが強いですが、出演する料理番組の多くで実際に使っているフライパンで、私も印象に残っていました。

商品名がダジャレですが(笑、モノはふざけているわけではなくて深さとか取っ手の長さとか表面処理(フッ素加工)とかもろもろ配慮されていて使いやすいようです(「ようです」というのは、私は料理しないので・・・)。

「キッズ・フライパンダ」のほうは何の変哲もない小ぶりのフライパンですが(ピンクなのは娘の趣味)、「フライパンダ プレミアム」のほうはプレミアムの名に相応しい鏡面処理アルミニウム。しかも底面は、

フライパンダ

↑な感じでステンレスの貼り底になっており、ヒートスプレッダぽい見た目(実際にヒートスプレッド効果を狙ったものでしょうが)が理系男子的にもグッときます(笑。

ウチの奥さんはこのシリーズ気に入ったようで、このフライパンダを買って数日後に帰宅してみたら、フライ返し、おたま、しゃもじ、トング、などあらゆる台所用品がグッチ裕三プロデュースになってました(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 23:00 | MONO | コメント (0) | トラックバック