b's mono-log

2010/02/28 (Sun.)

パイロットのボールペンリフィル換装

ALESSI のリフィルをジェットストリームに換装してから、文房具の改造が妙に楽しくなってしまい(笑)Web を彷徨いながらいろいろと試行錯誤しています。

まずは愛用しているこのボールペン。

パイロット / ルアーノ BC-200R-BG

PILOT Ruano

このボールペン、前職を辞めるときに同僚に記念品としてシャープペンシルとセットでもらったものです。当時は職場の備品として会社のロゴ入りシャープペンシルやボールペンがたくさんあったので、あまりペンにこだわりを持っておらず、このボールペンが数少ない「ちょっといいペン」でした。今でも手帳に差して使ってます。

これに合わせるリフィルが同じくパイロットのこれ。

パイロット / BRFN-10F-B

PILOT BRFN-10F-B

「A-ink」と呼ばれるパイロット製の低粘度油性インクです。調べてみたところではジェストに並び評価の高い低粘度インクとのこと。改造して LAMY に入れてる人もけっこう多いみたいですね。

PILOT BRFN-10F-B

ルアーノに標準で入っているリフィルは「BRF-10F」というもの。型番から察するに BRFN-10F の前の型のようです。
新型はインクが進化した代わりに外装にはコストダウンの跡が見られますね。まあ中に入れてしまえば外装なんてあまり関係ないですが。

PILOT BRFN-10F-B

写真ではあまり違いが分からないかもしれませんが、書き味は滑らかさ・色の濃さ・掠れにくさのどれを取っても A-ink が明らかに上。リフィル換装でまるで別のボールペンになったかのように書きやすくなりました。

最近は基本的に国内メーカーならどこでも何らかの低粘度油性リフィルを出しているようなので、愛用のボールペンのリフィルを低粘度タイプに交換してみるのはかなりオススメ。高くても数百円の投資で大きな効果が得られます。多少のサイズ違いは改造で何とかする工夫も楽しいものです。

ちなみにこのリフィル、本当は別のボールペン用に買ってきたけど合わなかったので仕方なくルアーノに挿してみた、という真実は内緒です(´д`)。

投稿者 B : 20:49 | MONO | Stationery | コメント (0) | トラックバック

2010/02/24 (Wed.)

JETSTREAM × ALESSI

先日購入して以来絶賛愛用中のジェットストリームですが、書き味は最高なのに軸のデザインや質感が安っぽく、また全体的に軽すぎる気がしたので、もう少し質感が高くて適度な重量のあるものを探してみました。
一応ジェットストリームシリーズの中で少し高級路線の軸もあるんですが、質感はともかくデザインがどうしても私好みではないので、ないものは作るしかない!と思ってググってみたら、ボールペンの改造やリフィル換装をしてる先人がけっこうヒット(笑。

三菱ジェットストリーム改造計画: さそりいのししの好事家道
Stationery! Stationery!! Stationery!!! 三菱鉛筆 アレッシィ ペンズ

ここはありがたく先人の肩の上に立たせていただきますよ、ということで、買ってきました。

ALESSI PENS

ALESSI PENS

このペン、デザインはけっこう見かける気がするのに、いざ探してみると意外と見つからない。結局伊東屋まで買いに行きました。
ALESSI といえばイタリアのキッチンウェアメーカーですが、何故か三菱鉛筆からペンも発売しているらしい。で、これが(同じ三菱の)ジェットストリームに無改造で換装できる、というのはけっこう有名な話らしいです。ちなみに、ジェットストリームのリフィルが流用できるのは油性ボールペンではなくゲルインクボールペンの軸なので要注意。

シックなメタリックブラックに加えて、職場では印刷物の校正みたいな仕事もけっこうあって赤ペン必須なので、赤いリフィルを入れるためにレッドの軸も買ってみました(出荷時に装着されているリフィルはどちらもブラック)。どちらも軸は樹脂製みたいですが、素材が違うのか、メタリックのほうが微妙に重く、質感も高いです。私はモバイルガジェットは軽さにこだわるくせに、筆記用具やキーボードは重めが好きなので(笑、メタリックのほうが好み。

ALESSI PENS

シンプルなデザインながらも流れるような曲線が印象的で、わりと私好み。

ALESSI PENS

ただ、残念なのはラバーパーツの配置のしかたでしょうか。デザインから促されるとおりに持ってみると、親指の腹と人差し指の付け根のあたりにラバーが当たるのですが、もう一方でペンの軸を支える人差し指・中指には軸の素材がそのまま当たるので、微妙に滑ります。まあ実用上はそんなに問題ないっちゃないんですが、少し残念。

さておき、このボールペンを、ジェットストリームのリフィルに換装します。

JETSTREAM SXR-7

リフィルは 0.7mm の補充用「SXR-7」(なんか PC かバイクの型番みたいだな)を買ってきました。というか、最初からこうしておけば良かった・・・。まあ、こないだ買った 3 本も普通に使うけど。

JETSTREAM SXR-7

リフィル同士の比較。ALESSI のゲルインクリフィルには、定番ユニボールシグノが使われていました。ユニボールシグノは私も愛用しているので、普通にこの軸でゲルインクボールペンとして使う用にもう 1 本買ってきても良いかなと思います。

どちらも三菱鉛筆製ということもあり、見てのとおり全く同じサイズです。特に加工することもなく、あっさり換装完了。改造を楽しんでしまうタチの私からするとちょっと物足りないくらい(笑。

JETSTREAM × ALESSI

このとおり元々こうだったかのように自然。軸が太く、口金が金属(アルミ?)製なので重心が低めになって純正の軸よりも書きやすくなったように感じます。軸へのラバーの使いかたに少し不満はあるものの、オリジナルに比べれば遙かに使用感が良くなりました。

これはなかなか満足度の高い改造かもしれません。最近は低粘度油性ボールペンリフィルの選択肢も広がっているし、もっと他にもリフィル換装/改造したい欲がふつふつと沸いてきました(笑。

投稿者 B : 01:05 | MONO | Stationery | コメント (3) | トラックバック

2010/02/07 (Sun.)

JETSTREAM

カーボンのシャーボ X を買ってから、自分の中で数年に一度必ずやってくるマイ文房具ブームに襲われています。

シャーボ X は結局ジェルインクのリフィルをつけてしまいましたが、本当は書きやすい油性ボールペンも欲しかった。仕事柄、荷物の送り/受けが多いので、発送伝票には水濡れに強い油性ボールペンを使いたいし、複写伝票でもゲルインク系のボールペンを使うのはどうも許せない。で調べてみたら、最近は低粘度インクの油性ボールペンがかなり出回っているようで、その中でも最もメジャーなこれを買ってみました。

三菱鉛筆 / ジェットストリーム

JETSTREAM

0.7mm ボールの中でいちばん安いタイプのものを 3 色。

このボールペン、名前聞いたときにまず城達也が思い浮かびました(´д`)。本当はブラック 1 本だけ買うつもりだったのが、何故かレッドとブルーも購入。だって、黒くて「ジェットストリーム」なら、3 本買うでしょ普通(ぉ
初代シャーボ X を買ってからしばらく文房具に気を遣わない生活をしていたのですが、改めて周囲を見渡してみると、職場の人々が使ってるペンはほぼシャーボ X・フリクションボール(パイロットの消せるボールペン)・ジェットストリームの 3 種類に寡占されていることに気づきました。フリクションは CM もよくやってるので知ってましたが、ジェットストリームは盲点だった・・・。

文具店でこのジェットストリームを試し書きしてみたら、その滑らかさにちょっと感動。油性ボールペンなのにゲルインクかのごとく滑らかさで掠れもなくスルスルと書けてしまい、一発で気に入ってしまいました。

とかテキストで書いててもなかなか伝わらないと思うので、手持ちの一般的な油性ボールペンとゲルインクボールペンと比較してみました。

JETSTREAM

一番上が油性、前職を退職したときに同僚たちから記念品としてもらったパイロットのルアーノで、下がゲルインク系ボールペンの私的定番ユニボールシグノ。真ん中がジェットストリームです。
通常の油性ボールペンは書き出しや曲線のところでインクの掠れが生じやすいのですが、ジェットストリームはそれがかなり抑えられていて、全体的に濃い線が書けます。さすがにゲルインクと直接比較すると勝てませんが、書き味やインクの出はそれに近い。ゲルインクは書き味や発色は良いですが、乾きが遅い欠点があるのが、ジェットストリームは油性なのでそのあたりの心配も基本的になし。言ってみれば油性ボールペンの常識を変える製品だと思います。まあ最近は他社からも類似品がかなり出ているので、それこそ低粘度油性ボールペンが「常識」になりつつあるようですが。

この書き味は油性ボールペンにとってみればまさにイノベーションだと思うのですが、それが¥150 で売られていて、しかも国内他社に軒並み追随されているこのコモディティ市場・・・と考えるとむしろ哀しくなってきます。私が買った¥150 の軸以外に、ラバーやα-GEL を使った少し高級な軸もあるようですが、¥1,000 とか中途半端な価格帯(それもデザインがあまりに微妙)じゃなくてこのインクを使ってもっとちゃんとした高級ボールペンを作れば良いのに。

・・・とかいう不満があるので、この話はもう少し続きます。

投稿者 B : 23:50 | MONO | Stationery | コメント (0) | トラックバック

2010/02/05 (Fri.)

SHARBO X CARBON

クマデジタルさんとこの記事で見かけて、これはカーボンヲタとしては買わねばなるまい!と思って買ってしまった筆記具。

ゼブラ / シャーボ X CB8 (カーボンチタニウムグレー)

SHARBO X CARBON

シャーボ X は 2 年前に AL5 のサイレントブルーを買って以来愛用していて、何度か買い増そうかなと思いつつ今まで来てしまったので、もうこれは買うしかないだろうと。

SHARBO X CARBON

カーボンチタニウム、というだけあってグリップ部分はドライカーボン仕様。もうこのカーボンの編み目だけでゾクゾク、ご飯五杯はイケル(ぉ。
上半分はチタニウムグレーカラーのアルマイト。チタン製ではさすがにありませんが、まあペンにチタン素材はさすがにやりすぎなので、アルミで良いかと(笑。カーボン×アルミのコンビって、こういう男子向けガジェットとしてはもはや外れナシの組み合わせです。

SHARBO X CARBON

今まで愛用してきた AL5 との比較。AL5 もアルミのヘアラインがキレイで、今見ても満足度高いですが、2 年も経ったせいか細かい部分のデザインが少しずつ違っています。

SHARBO X CARBON

AL5 も質感は高くてさすが¥5,000 もするペンだけのことはあると思うのですが、定価ベースで¥3,000 も違う CB8 とは見えないところのつくりが全然違っています。

SHARBO X CARBON

こういう、外側からは見えない部分が AL5 は樹脂製なのに対して、CB8 はちゃんと金属製。スクリューを回しているときの精度の高さ感や工業製品としての緻密さ、触感といった部分は CB8 のほうが圧倒的に高いです。この感覚の違いが触って解る人であれば、¥3,000 の価格差は納得できるはず。
ペン自体の重さはそういうわけで樹脂パーツを多用している AL5 のほうが明らかに軽いんですが、ペンはそれなりに質量があったほうが書きやすいので、私は CB8 くらいの重さのほうが好み。

ちなみに AL5 と CB8 では軸の内径が違うので、ニコイチにして自己流のデザインを作ることはできません(笑。

リフィルのほうは悩んだ挙句、結局 AL5 と同じ 0.5mm シャープ、それぞれ 0.5mm のロイヤルブルー、カーマインレッドのジェルインクボールを選択。全く同じじゃ面白くないので変えようかとも思ったんですが、油性ボールペンは他に使いたいものがあったし、職場で使っているロットリングが最近いい加減ヘタってきたので、AL5 は職場用にしてしまおうかと思っています。

でも、前にも書いたけど、本当は最近シャーペンをあまり使わないので、3 軸どれもボールペン仕様の「ボーボ」を出してほしい(ぉ。

投稿者 B : 23:58 | MONO | Stationery | コメント (0) | トラックバック

2010/01/24 (Sun.)

eneloop stick booster

これ買いました。

サンヨー / eneloop stick booster KBC-D1AS

eneloop stick booster

これは何かというと、USB ケーブル経由でモバイルガジェットに給電/充電するための外部バッテリです。本当は先日買った eneloop tones よりも楽しみにしていた商品ですが、発売延期でなかなか買えなかった(´д`)。

今までもこういう類の外部バッテリはありましたが、けっこうかさばるので日常的に持ち歩けないのが難点。これはスティック状なのでカバンの隙間に突っ込んでおいても気にならないので、買ってみようと思いました。

スティック状なんですが、どうも形状的にプロペラントタンクに見えるので、2 本買ってガンプラにでもくっつけたくなります(ぉ。

eneloop stick booster

構造は至ってシンプルで、中に単三のエネループ(付属)を 2 本入れるだけ。モバイルガジェットへの給電は USB ケーブル経由なのですが、ケーブルは付属しないので別途用意する必要があります。まあ機器によって受け側のコネクタ形状はさまざまなので、そのほうが合理的でしょうね。私はありとあらゆるリトラクタブルケーブルを収集しているので、そのあたりの抜かりはありません(笑。

eneloop stick booster

ちなみにこの機器はガジェットへの給電/充電専用で、これ自体で中のエネループを充電することはできません。

割と不意にバッテリ切れになりやすいガジェットの筆頭といえばやはり iPhone ですが、これとケーブルを常にカバンに常備しておこうと思います。

投稿者 B : 00:01 | MONO | Other Gadget | コメント (0) | トラックバック

2010/01/16 (Sat.)

Dash が気になっているなう

CES で出ていた「Dash」というガジェットが気になっています。

ソニー、タッチ画面のインターネットビューア dashを発表、Chumby OS採用 (Engadget Japanese)

Sony Dash

これは何かというと、本当にざっくり説明してしまうと「フォトフレーム兼簡易インターネットデバイス」とでも言ったら良いんですかね。Mac や Windows の Widget(Gadget)だけを表示できるデバイス、という表現もできると思います。つまり、小さなアプリケーション越しに Web サービスを利用できる、フォトフレームの形状をした小型端末です。

プラットフォームに独自 OS ではなく chumby OS を採用したのも、オープン性や発展性という点では興味深いところ。ただし(海外での状況はよく知らないのですが)少なくとも国内では去年くらいにはもう話題にも上らなくなっていて・・・しかも久々に chumby のオフィシャルサイトを見てみたら、知らない間になんかカラオケするためのガジェットになっているんですけど(´д`)。
まあ、この時代に独自プラットフォームを起こされるよりは、既存のオープンプラットフォームをベースに出してくれたほうが、幾分将来性なり安心感なりはあります。ただ、今なら採用すべきプラットフォームは chumby でなく Android あたりなんじゃないの?という話はありますが。また、chumby ベースだとすると、上記の理由により国内発売はあまり望めなさそうですが、本家 chumby が国内展開していて日本語の Widget も数少ないながら入手できるようなので、個人輸入して強引に使う、という手はあるかも。でも国内の無線認証通ってないか・・・。

個人的には、親にプレゼントするならともかく自分の家にスタンドアロンのフォトフレームを置くつもりはないのですが、ネットワーク対応のフォトフレームならダイニングテーブルに置いておきたいと前々から思っていました。朝、食パンを頬張りながら今日の予定や天気、ニュースヘッドライン、RSS など PC を起ち上げずにをざっとチェックしたい(朝の時間帯、テレビは NHK 教育に占拠されているので(´д`))という私のニーズに、このテのデバイスがはまってくれそうな気がしています。まあ、そういう役割は今は iPhone が担っているので、それで十分な気もしますが、自宅で使うならもう少し画面サイズが大きいものが欲しいので。

・・・え?Apple タブレット?

投稿者 B : 14:22 | MONO | Other Gadget | コメント (0) | トラックバック

2010/01/04 (Mon.)

eneloop tones

二次電池を買い増しました。

サンヨー / eneloop tones HR-3UTGA-8TN

eneloop tones

私は普段はサイクルエナジー派。でもちょうど補充しようと思っていたところで、エネループからカラフルなこの限定品が発売されていたので、試しに買ってみました。
サイクルエナジーもエネループの OEM らしいので、充電器は保証外ながらサイクルエナジーのものが使えるはずです。このエネループは再利用回数 1500 回を実現した新セルとのことですが、1500 回使い切る自信はないなあ(´д`)。

ちなみにパッケージは電池ケースとして再利用できるので、捨てずに取っておきます。

eneloop tones

パッケージにはこんな感じで 8 色がそれぞれ 1 本収められています。これを 4 パック買う強者も多いらしいですが、そんなにあっても当分使い切れないし、一般的には 2 本ずつ使う機器が多いので、2 セットだけ購入。同色を 2 本セットで使っていきたいと思います。

eneloop tones

8 色のカラバリはどれもツヤを抑えたやさしめの色で、さらっとした手触り。幼稚園の頃、新品のクレヨンをきれいに箱に並べて入れるときのウキウキ感を思い出して、意味もなく出し入れしたり並べ替えてみたりしてしまいました(笑。

でもこれ長女に見つかったら間違いなくオモチャにされるので、見つからないようにしないと(´д`)。

投稿者 B : 22:30 | MONO | Other Gadget | コメント (0) | トラックバック

2009/12/27 (Sun.)

加湿器を(またまた)購入

最近冬になると加湿器ばかり買ってる気がしますが、また買いました。

パナソニック / ハイブリッド式加湿機 FE-KXE05-S (ブライトシルバー)

B002NY3E40

3 年前に買ったサンヨーの加湿器は安全性重視で気化式にしたので、今住んでいるマンションのリビングにはちょっと力不足なのか、なかなか湿度が上がらなかったため、今回はハイブリッド式にしました。ハイブリッド式はヒーターを使うので熱くなるのかな?と思っていたんですが、全然そんなことはなくて、子どもがいる部屋でも安心して使えるんですね。

今回は出かけたついでに奥さんから「加湿器買ってきて」と電話オーダーされたので、残念ながら下調べ全くナシ。店頭で方式とスペック、デザインだけで決めたようなものです。最近の消費は Web での事前調査が当たり前になっているので、本当にこれで間違いないのかやや不安だった反面、情報がないと何も買えない自分&クチコミベースだと嗜好品以外は一極集中になりがちなマーケットに漠然とした不安もあり。

話が逸れましたが、製品について。
本体形状が変に膨張型だったサンヨーと違ってきれいな直方体なので、部屋への収まりが良いのが良いです。また、ハイブリッド式なため気化式だったサンヨーよりも遙かに湿度の上がりが早い。やっぱり 10 畳以上のリビングには気化式はちょっと厳しかったのかもしれません。
ただ動作音はけっこううるさいほうだと思います。今までのサンヨーも気化式(つまり中で大きなファンが回っている)なのでけっこう大きい音がしましたが、直接比較したわけではないもののこのパナのほうが全開で回したときの騒音が大きい気がします。我が家のリビングはエアコンがダイキンでこれもまた動作音が大きめなので、この加湿器を入れてからテレビの平均音量が大きくなってしまいました(´д`)。昼間でも「おやすみ」モードにしておきたいくらいで、静かな夜間だと「おやすみ」モードでもちょっと気になります。
# 私はたぶん世間一般よりも騒音を気にするタイプだと思うので、一般論としては少し差し引いて考えたほうが良いかもしれませんが。

でも加湿器を変えたら肌や喉の乾燥が以前より緩和されたような気がします。サンヨーは寝室に回して、こちらをリビングで使うつもり。

投稿者 B : 23:16 | KADEN | MONO | コメント (0) | トラックバック

2009/10/27 (Tue.)

モバイルガジェットの聖域

CableDrop に関連して、同じ blueLounge 製品で気になっているのがこちら。

blueLounge / The Sanctuary (ブラック) BLD-ST-BK

The Sanctuary

モバイルガジェットって充電するときに置き場所に困るものが多いじゃないですか。携帯電話なら充電台、iPhone/iPod でも Universal Dock、PSP ならチャージクレードルとありますが、そういうものが付属しない/オプションで用意されていても買うほどじゃないものもたくさんあります。でもこの「The Sanctuary」ならばそういう小間物を充電しながら置いておきつつ、例えば腕時計や指輪、家の鍵みたいなものも一緒に置いておくのにちょうどいいトレイです。

これの何が良いって多数の製品に対応した充電コネクタがついていること。iPhone/iPod、PSP、DS Lite、USB 系(スタンダード/mini/micro)、docomo/SBM、au に加えて海外系の NOKIA と Sony Ericsson(海外版)の独自端子にまで対応しています。しかも、使わない端子はトレイの床下に隠しておけるギミックつき。ケータイや iPhone はともかく、PSP や DS Lite は毎日充電するものでもないから必要なときに使えれば良いし、個人的にはソニエリ端末に対応しているのが嬉しい。W880i を買ったときにオプションを何もつけなかったので、毎度 AC アダプタを繋ぐのが面倒だったんですよね。
これであとはウォークマンの WM-PORT に対応していれば完璧だったんですが、まあ USB のメスコネクタもあるので、ウォークマンに付属のケーブルを使えば何とかなるし・・・。

ということですごく欲しいんですが、難点は高いことなんですよねー。いかにデザインが良くても充電するだけのものに¥2 万近く払うのはちょっと勇気が要ります。こないだ Universal Dock を買ってなければ、思い切るところなんですが・・・。

投稿者 B : 23:30 | MONO | Other Gadget | コメント (2) | トラックバック

2009/10/26 (Mon.)

CableDrop

こんなものを買ってみました。

blueLounge / CableDrop (ミュートカラーセット) BLD-CD-MU

CableDrop

まあ小間物ですが・・・我が家のようにデジタルガジェットが多いと、必然的にケーブルの類も多くなりがちなので、整理用に。特に PC 電源の DC ケーブルは、LDK のダイニングテーブルにしろ、書斎のデスクにしろ、PC を持ち出しているときに床に転がって踏んだり蹴ったりするので(「散々な目に遭う」意の慣用句ではなくて、本当に)、何とかしたいと思っていました。

この「CableDrop」は、ウレタン製のクリップ(?)でケーブルを挟み、ずれたり落ちたりしないようにしてくれるグッズです。
カラーは地味めの「ミュートカラー」と、ポップで鮮やかな「ブライトカラー」がありましたが、ウチのインテリアには抑えた配色のもののほうが似合うので、ミュートカラーセットを購入。

CableDrop

実際に使うとこんな感じになります。
今までだと PC を持ち出すときにケーブルが自重でテーブルやデスクの下に落ちていたのが、これで落ちなくなりました。ちょっとしたことですが、これがモバイル PC 使用時のイライラ解消につながります。
ただ残念なのは、この CableDrop の固定が両面テープなこと。粘着力が強いのでテーブル等には固定されるんですが、逆にケーブルに妙なテンションがかかると両面テープが CableDrop 自体から剥がれて、机上に両面テープだけが残ってしまうことがあります。せめて本体側と両面テープは外れにくい構造に改良してほしいかも。逆にユーザー側のポイントとしてはできるだけ CableDrop とデバイスの間にそれなりにクリアランスを作ってケーブルが CableDrop を引っ張らないようにすることですかね。

時と場合にはよりますが、ケーブルの捌きにはなかなか有効なアイテムだと思います。それでいて自己主張しすぎずナチュラルなデザインなのも好印象。自宅よりも職場の方がケーブルののたうち回りようは酷いので、むしろ職場用に買って活用したいかもと思いました。

投稿者 B : 23:59 | MONO | Other Gadget | コメント (0) | トラックバック