b's mono-log

2016/11/08 (Tue.)

Aeron Remastered

「アーロンチェア」22年ぶり刷新 「リマスター版」来年初頭に発売へ - ITmedia ニュース

Aeron Remastered

高機能ワーキングチェアの代名詞である「アーロンチェア」が 22 年ぶりのリニューアルを年明けに行う、とのこと。上位モデルではなくモデルチェンジの位置づけ、ということでいいんですかね。

私も長年の憧れだったアーロンを購入してから、改めて数えてみるとこの冬でちょうど 10 年が経過します。在宅時に座っている時間でいえばソファよりもダイニングチェアよりもマッサージチェアよりもアーロンが圧倒的に長いはず。それでも、この 10 年さしたる不具合も故障もなく、快適な座り心地を提供してくれています。高かったけど買って良かったと思っています。

新しいアーロンチェアは、基本的なスタイルは従来モデルのものを踏襲しながら、ポスチャーフィット(腰~背骨周辺のサポート)の改善と調節方法の変更(レバー式からダイヤル式になり微調整がしやすそう)、新しいカラーバリエーションといったあたりが変更点の模様。既存ユーザー的にはそれほど悔しくないモデルチェンジでホッとしていますが、慢性的な腰痛持ちとしては新しい「ポスチャーフィット SL」が気になっています。より背骨の高いところまでしっかりと支えてくれそうで、既存のポスチャーフィットがもう少し強めに支えてくれてもいいのにと思っている私としては、旧アーロンチェアに新ポスチャーフィット SL が換装できるなら、これだけ部品取り寄せして交換したいくらい(笑。

今のアーロンは気に入っているのであと 10 年はこれで戦おうと思っていますが、新アーロンも発売されたら試し座りしに行きたいですね。

投稿者 B : 22:00 | Furniture | MONO | コメント (0) | トラックバック

2016/10/08 (Sat.)

THE 液だれしない硝子製醤油差

実は今まで、我が家には卓上の醤油差しというものがありませんでした。昔は持っていた記憶がるんですが、何かの拍子に処分して、醤油は使うけどボトルのまま、自宅で刺身とかを食べることも少ないし醤油差しなしでもそんなに困ってなかったんですよね。
でも今回また何かの拍子に買おうかな、と言うことになって(笑)どれにしようか迷ったんですが、こういうど真ん中ストレートな商品名のものを買ってみました。

THE / 液だれしない硝子製醤油差 「THE 醤油差し」

THE 醤油差し

名前からして「THE 醤油差し」ですよ。すごくないですかこの自信(笑。調べてみたら会社名/ブランド名自体が「THE」らしいですが、それもすごい話だ...。
箔押しされたラベルつきの豪華木箱に入って届きました。

THE 醤油差し

中身はこれ。キャップまでガラス製のこの上なくシンプルな形状。確かにこれは「ザ・醤油差し」だ。
私はデザインのためのデザインみたいな、機能の要求以上に凝った形はあまり好きではないので、こういうシンプルかつプレーンなデザインは好感が持てます。

THE 醤油差し

この醤油差しはその名前のとおり「液だれしない」がウリですが、その秘密がここ。

注ぎ口が「穴」ではなく、上蓋の裏側に設けられた微妙な凹みによって作られています。
これにより、一般的な醤油差しであれば穴から出てきた醤油が注ぎ終わった後に地球の重力に引かれて垂れるところ、これは醤油自身の表面張力によって上蓋の裏側の凹みを通って出てきて、注ぎ終わった後は同じく上蓋裏側の凹みを伝って瓶の中に戻っていくだけなので、醤油が注ぎ口から垂れない。言われてみればそうだけど、実物を見るとコロンブスの卵的な驚きがあります。

THE 醤油差し

実際に注いでみると、確かに注ぎ終わった後に垂れない!しかも一滴ずつポチョポチョ出たりせず、ちゃんとツーッと出る。これは使っていて気持ちが良いですね。

キャップまで全てガラス製なこともあり、よくあるキッコーマンの赤蓋醤油差しのように生活感が出すぎることもなく(あ、キッコーマンの醤油差しのデザイン自体は完成されたものだと思ってます)、食卓にさりげなく置いておいてもサマになる。ぶっちゃけ単品の醤油差しとしてはかなり高価いですが、値段に引けを取らないモノの良さはあると思います。

THE / 液だれしない硝子製醤油差 「THE 醤油差し」

B00JOKAWVY

投稿者 B : 22:59 | MONO | コメント (0) | トラックバック

2016/09/28 (Wed.)

New Balance ML574 Classic 16AW

普段メインで履くのは MERRELL かコレか、というくらいに私の常用スニーカーとなっている ML574 Classic ですが、さすがに 4 年も日々履いているとアウトソールの摩耗が激しく、ついに底に穴が空いて白いミッドソールが露出してきてしまいました。

よく履いているクツだけにこれはちょっと困る、けど買い換えるにしてもこないだ MERRELL 買ったばかりだしなあ...と思っていたところ、ちょうど良いことに Amazon が 9/29 までの 15% オフクーポンを配布していることに気づいたので、すかさず利用(笑

Amazon.co.jp: 【クーポンで15%OFF】シューズ&バッグほか:秋冬新作・定番もお買い得(9/29まで): シューズ&バッグ

このクーポンを使って購入したスニーカーがこちら。

New Balance / ML574 Classic (ハーバーブルー)

New Balance ML574 Classic

同じの買ったのかよ!という総ツッコミを受けそうですが(ぉ)、私にとって M57x シリーズは履き心地が気に入っている定番グツなので、同じのを履き続けたいわけです。
この秋冬の新色は、側面の N マークが白抜きになっていて、とても爽やかな印象。

New Balance ML574 Classic

カラーは「ハーバーブルー」という名前がつけられていますが、ほぼグレーと言って差し支えない色味です。ニューバランスのクラシックスニーカーのフラッグシップモデル「M1300」を彷彿とさせる定番中の定番カラー。憧れの M1300 っぽい気分にお手軽価格で浸れるのが嬉しい(笑
グレー系のニューバランスって定番過ぎてずっと敬遠してきましたが、今回はあえて王道を行ってみました。ジーンズはもちろんのこと、チノ系のちょいキレイめな服装にも違和感なくて、活躍の場が広そうです。

New Balance ML574 Classic

私はクツは基本的にお店でちゃんとフィッティングして買うようにしていますが、こういうサイズ感が判っているクツを買い換えるときはやっぱり Amazon が便利。そしてタイミング良くクーポンを配ってくれるととても助かります(笑。クーポンの期限は 29 日までですが、バッグやスーツケースも対象になっているので、つい他にも見てしまいますね(;´Д`)ヾ。

New Balance / ML574 Classic

B01FD5NNXW

投稿者 B : 00:00 | Footwear | MONO | コメント (0) | トラックバック

2016/09/22 (Thu.)

NIKE HyperAdapt 1.0

米ナイキ、自動ひも調整シューズHyperAdapt 1.0を11月28日発売。まずは米国内の一部店舗から販売開始 - Engadget Japanese

ナイキの自動靴紐調整シューズ「HyperAdapt 1.0」の発売日がついに決定。まずはアメリカ限定とのことですが、日本での発売が待たれます。

自動靴紐調整シューズと言えば元祖は『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART II』に登場したもので、実際に靴紐調整機能を搭載した試作品が昨年マイケル・J・フォックスにプレゼントされたそうですが、一般向けにはチャリティーオークション形式で販売されると言われながら結局発売はされず、代わりにこの HyperAdapt 1.0 が一般発売されることになったようです。

まあ BTTF2 の「AIR MAG」はいくらなんでも 1980 年代のレトロフューチャーなデザインすぎてコレクターズアイテム以上ではないと思いますが、今回の HyperAdapt 1.0 は靴紐調整もさることながら、スニーカーとしてのデザインも私好みな方向性でいいですね。フライニット系のプレーンなアッパーに、1990 年代リバイバル風な厚めのソール。土踏まずの部分が青く光るのはちょっとやり過ぎな気もしますが(笑)、バスケットボールシューズ系だった AIR MAG をランニングシューズとして 2010 年代らしくリファインしたらこうなりました的なイメージで、機能的にもデザイン的にもこれは欲しい。
価格や購入方式にもよりますが、発売されたら真っ先に買いたいところです。

投稿者 B : 22:22 | Footwear | MONO | コメント (0) | トラックバック

2016/09/13 (Tue.)

MERRELL BASK MOC

長年愛用している MERRELL のジャングルモックの一本がもうかなりくたびれてきたので、買い換えました。
ジャングルモック自体はとても足に馴染んでいて、色違いでまたジャングルモックを買い直してもいいくらいだったんですが、仕事に履いていくことも多い靴なのでもう少しアウトドアテイストを抑えたものにしようと思い、MERRELL のラインアップの中からこれを選んでみました。

MERRELL / BASK MOC (MOSS)

MERRELL BASK MOC

タウンユース向きデザインのスリッポン。またしても紐なし靴です(笑。
カラーは地味めのモスにしました。ジャングルモックのガンスモークに近い色合いで、ベージュやグレーのチノにもジーンズにも合わせやすい。

MERRELL BASK MOC

サイズ感は、足先の空間は広め、甲は狭め。私の足だとジャングルモックならジャストフィットで 27cm がちょうどいいところ、バスクモックは 27.5cm でないと甲がキツキツな感じ。購入時の感覚では 27.5cm でも甲の締め付けがちょっと強いかな?と思っていましたが、数時間履いて歩いただけで馴染んできました。

MERRELL BASK MOC

ソールはジャングルモックのようなエアークッション式ではありませんが、「MBound」という衝撃吸収系ミッドソールが使われていて、足の疲労を適度に抑えてくれます。エアークッション系ソールは気持ちいいんですが、2~3 年でエアーセルが劣化して割れてきてしまうのが欠点なんですよね。なので最近は科学素材系ソールのシューズを大事に履くようにしています。

MERRELL BASK MOC

靴底には世界地図のパターンが刻まれています。
これを履いて旅に出たくなりますね。通気性はあまり良くないので、もう少し涼しくなってからがいいですが。

MERRELL BASK MOC

飽きの来ないデザインで、長く履けそうなシューズです。
とはいえ MERRELL の公式サイトでは現時点で既にカタログ落ちしていて、これを履き潰してもまた同じのに買い換えられそうにないのが残念なんですが(;´Д`)ヾ。でも気に入ったので、大事に履きたいと思います。

MERRELL / BASK MOC

B00UJ18WQE

投稿者 B : 22:00 | Footwear | MONO | コメント (0) | トラックバック

2016/07/24 (Sun.)

sodastream、購入

届いたー。

sodastream / Genesis Deluxe スターターキット (ブルー)

sodastream Genesis Deluxe

自宅でハイボールを飲み始めてからというもの、炭酸水の消費量がとても高くなってしまいました。まあビールを飲むよりはコストパフォーマンスは高いわけですが、炭酸水が自宅にあると普段喉が渇いたときにも普通に飲むようになり。夏場は平均すると毎日 1 本くらいのペースで炭酸水を消費していると思います。
炭酸水の購入はいつも利用している生協で定期的にオーダーしていますが、いざ飲みたくなったときに在庫切れ、ということも少なくなく。コンビニに買いに走るのも面倒だし...と感じていた折、以前から気になっていた炭酸水メーカーのレビューをライターの小寺信良さんが書かれていたのを見つけて、この夏は絶対買おうと思っていました。

いつでも炭酸生活、「SodaStream」を導入──コデラ総研 家庭部(61) | サイボウズ式
強炭酸水で「炭酸フルーツ」を作る──コデラ総研 家庭部(62) | サイボウズ式

小寺さんの購入理由が「それなんて俺」状態で、強く背中を押されてしまいました。

sodastream Genesis Deluxe

この sodastream にはいくつかの製品バリエーションがありますが、私が購入したのはエントリークラスの「Genesis Deluxe」。カラーは炭酸水っぽい爽やかさを醸しているブルーを選択しました。
デザインはちょっとオシャレ系のコーヒーメーカーと並べてもあまり違和感がありません。が、近づいてよく見るとプラスチックの質感が隠し切れておらず、値段なりな印象も受けます。まあ、使うとき以外はキッチンの後ろに隠れているものだから、遠目で安っぽさが感じられなければ十分です。

そこそこの大きさなので設置はどうしようかと思いましたが、これ家電量販店で売られてるのに電気を一切使わないんですね。ガスボンベから二酸化炭素が物理的に噴射されるので電源が必要なく(そりゃそうだ)、使わないときにはしまっておけます。なのでキッチン周辺が炊飯器や電子レンジ等で埋まっていても、収納場所さえあれば何とかなります。

sodastream Genesis Deluxe

付属のガスボンベは炭酸水 60L 分。各所のレビュー記事を読むと、公称どおりの作り方だと炭酸が弱めで、満足する強さの炭酸にしようと思ったら 40L 分くらいと思った方が良さそうです。
ボンベ自体は使い終わったら回収に出して、代わりに新しいボンベを受け取る方式。交換の費用は ¥2,000(税抜)かかります。市販の炭酸水は例えば Amazon でウィルキンソンの 24 本セットをオーダーすると 1 本(500mL)あたり ¥80 前後なので、sodastream が実質的に 40L 分相当だとして、500mL あたり \25。まあ本体(初回分のガスボンベ含む)の初期投資 ¥12,000 程度を回収できるのは私の使い方で 1 年近く使った頃ということになりますが、いつでも炭酸水が手に入る利便性と炭酸水の強さを調整できること、あとはペットボトルのゴミが減らせるメリットを考えれば、買う意味は十分あるかなと。

sodastream Genesis Deluxe

ガスボンベのコネクタ部分は当たり前だけどいかにもガスボンベ然としていて、ちょっとした危険物を扱っていることを実感させてくれます。まあ説明書通りに扱っていれば特に怖いことはありませんが。

sodastream Genesis Deluxe

ボンベのセットは本体のトップカバーを外して、ボンベをねじ込むだけ。難しいことは何もありません。

sodastream Genesis Deluxe

スターターキットには、上の写真左側にある 1L のボトルが付属してきます。あとヨドバシの店頭でやっていたキャンペーンで、右側の 500mL のボトル 2 本(普通に購入したら税抜 2,000)がついてきました。
炭酸水の製造には常温よりもちゃんと冷やした水を使った方が良いようなので、ボトルに水を入れたら冷蔵庫に入れておく必要がありますが、冷蔵庫のキャパも考えれば 1L+500mL×2 でまあ十分かな。どうしても足りなければ常温で作って氷で冷やすのが良いでしょう。

sodastream Genesis Deluxe

本体をボトルにセットする際は、ボトルの口をねじ込む必要があります。これが上位モデルになるとねじ込み式ではなくワンタッチで装着できるようになったり、作った炭酸水の強さが LED で表示されたりするらしい(さらに最上位機種だと電源がついて自動生成してくれるらしい)ですが、ちょっと価格差ほどのバリューが見いだせなかったので、ここはエントリーモデルで十分だと思います。

sodastream Genesis Deluxe

ボトルをセットしたら、本体上部にあるこの物理ボタンを押すとガスが噴き出す仕組みになっています。

sodastream Genesis Deluxe

炭酸水生成中はこんな感じで、かなり勢いよくガスが噴き出してきます。ボトル内の圧力が一定以上になると「ブーッ」という大きな音(おそらく内部の弁が自動的に開いてガスを逃がしている音)がするのでちょっと驚きますが、まあすぐに慣れます。
とてもシンプルな仕組みですが、これでわざわざコンビニに炭酸水を買いに走ったりペットボトルを捨てに行ったりしなくてもすぐに炭酸水が手に入る、というのはなかなかに便利。

sodastream Genesis Deluxe

自宅でのハイボール作りも捗るわけです。
ハイボールは「まめぞ」のおかみさんに強めの炭酸で作るのがいいというアドバイスをもらったけど市販の炭酸水だとそうもいかないしなあ、と思っていましたが、これなら強炭酸のハイボール作りも自由自在。確かに、強炭酸とちゃんとレモンを搾って作ったハイボールはうまい。安居酒屋でハイボールを頼めなくなりそうです(笑

でもこうなってくると次は氷にこだわりたくなってきますね...。コンビニで買ってきても良いんですが、それだと炭酸水を自作できるようにした意味がない。空気の入っていない氷を作るのは手間がかかるようなので、何か道具の力を使ってお手軽にできないか、と考え始めています(笑

sodastream / Genesis Deluxe スターターキット

B00EEYTJN2

投稿者 B : 21:00 | KADEN | MONO | コメント (0) | トラックバック

2016/07/19 (Tue.)

Gillette PROSHIELD

ジレットの T 字カミソリユーザーなので、フュージョンシリーズの最新型が出た、ということで買ってみました。

ジレット / プロシールド

Gillette PROSHIELD

とはいえこれ買うか迷ったんですよねえ。ホルダー自体は既存のフレックスボールと全く同一のようでしたし。しかも従来のシリーズと違って、パワー(電動)のホルダーが用意されておらず、昔ながらのマニュアルモデルのみ。フレックスボールの電動タイプを持っている私としては、ホルダーがグレードダウンしてしまうわけで。とりあえず替え刃だけ買ってみるかなとも考えたんですが、ちょうど替え刃も買い足したばかりだったし(´д`)。
とりあえず旅行用のホルダーが旧型のプログライドを使い続けていたので、そちらを入れ替えるつもりでホルダーセットを購入しました。ノーマルタイプと冷感のあるクールタイプがありましたが、髭剃り時の爽快感があるほうが好みなので、クールで。

Gillette PROSHIELD

案の定、ホルダーそのものはフレックスボールと同じものでした。これ、ヘッドが左右に振れて肌の曲面に追従してくれるので、確かに剃り味が良いんですよね。何度も剃り直さなくて良いので肌への負担が少ないように思います。

Gillette PROSHIELD

プロシールドのキモはこの替え刃。5 枚刃+ピンポイントトリマーの構造自体はプログライドから変わっていませんが、5 枚刃の下にある「Gillette」のロゴ部分が大きく違っています。

Gillette PROSHIELD

プログライド(パワー用)の替え刃と比べてみました。
従来は刃の上だけについていたスムーサー(水に溶けて刃の滑りを良くする薬品)が、プロシールドでは刃の下部分(ロゴ部分)にもついて、さらに滑りが良くなっています。ライバルのシックも最新機種で従来よりも滑りの良いスムーサーを搭載してきていますが、刃そのものの進化がある程度のレベルまで達した今、トレンドがそちらに移っているんでしょうね。
また 5 枚刃の両脇についている青い部分にはクール成分が配合されているとのこと。

ちなみに、従来品ではパワー用のみに搭載されていたマイクロコーム(5 枚刃の直下についているギザギザ)がマニュアル専用のプロシールドにも搭載されているので、フレックスボールパワーホルダーにつけても良さそうです。まあプロシールドに電動がラインアップされていないということは、プロシールドであれば電動でなくても従来の電動と同様の効果が期待できる、ということなのかもしれませんが。

実際の剃り味は、スムーサーが刃の前後についているで、確かに今まで以上に刃の滑りが良く感じました。特に刃の下についているスムーサーが刃の引っかかりを防いでくれる実感があります。刃の作り自体は変わっていないので、深剃り度合いは大差ありませんが、肌が守られている感はありますね。クール成分による清涼感もイイ感じ。
まあ長年毎朝髭を剃っていればそうそうカミソリ負けすることもないですし、昨今は高機能化で替え刃の値段がどんどん高騰しているので、深剃り度合いだけを考えればフレックスボールマニュアルホルダー+旧プログライド替え刃で十分すぎるような気もします。とりあえずプログライドの替え刃がまだ 5 本残っているので、それを使い切ってからどうするか考えよう(笑

あとジレットにどうしても言いたいのは、替え刃がプロシールド/プログライド/フュージョンの 3 シリーズ×電動/マニュアル(プロシールドの場合はクール/ノーマル)の 2 種類×8 個入/4 個入の 2 通り、合計 12 パターンあるのにパッケージがすごく似通っていて買い間違えやすいのを何とかしてほしいということです(;´Д`)。店頭で買うと間違えやすいので、Amazon の定期便を使うかヨドバシドットコムの購入履歴から再注文したほうがいいということですかね(´・ω・`)...。

ジレット / プロシールド クール ホルダー 替刃 2 個付

B01GFRKT8E

投稿者 B : 22:51 | MONO | コメント (0) | トラックバック

2016/07/16 (Sat.)

TROIKA のパスポートケース

先日台湾に行ったときに、これは何かパスポートケース的なものが欲しいな、と思いました。大切なものだから裸で持ち歩くのはちょっと怖いし、空港や機内でパスポートとチケット、あと筆記用具くらいをまとめて入れておけるものが欲しい。用途的には安いポーチくらいでも十分なんですが、せっかくなら旅行気分が高まりそうなものにしようと思って、これを買ってみました。

TROIKA / ボールペン付ラウンドファスナー型トラベルケース TRV67/BL (ナイトスカイ)

TROIKA TRV67/BL

ドイツのデザイン系文房具ブランド「TROIKA」のパスポートケースです。革製でデザインがちょっと凝っててラウンドファスナータイプ、という私のイメージにぴったりだったのがこれ。
いくつか文房具店を見て回ったけど置いてある店がなかったので、Amazon マーケットプレイスに出ていた公式通販を利用しました。

TROIKA TRV67/BL

革といっても合皮なのでそれほど質感は高くありませんが、まあ悪くない。
探せば同じくらいの値段で本革製のパスポートケースもあるけど、さらにラウンドファスナータイプというとなかなか選択肢がありません。特に大事なものを入れておくケースなので、中身が落ちないラウンドファスナーはこだわったところ。

TROIKA TRV67/BL

デザイン上、特に気に入ったのはこの部分。飛行機の形に革が抜かれて、さらにステッチで航跡を表現しています。
ファスナーの把手の部分も飛行機型になっているのがポイント。

せっかく海外に行くなら、こういうグッズで気分を高めたいじゃないですか。

TROIKA TRV67/BL

内側はパスポートだけでなく、航空機のチケットやカード類が入るホルダーを備えています。
これを財布代わりに使うことはあまり考えていませんが、パスポートだけでなくチケットや手荷物札、両替用の一万円札、あと空港で買うプリペイド SIM(クレジットカード大の台紙についてくる)など空港で出し入れするものがけっこう多いので、重宝するはず。

TROIKA TRV67/BL

パスポート入れの部分はマチがあって、有効期間 10 年版のパスポートでも余裕で入ります。
薄手のメモ帳くらいなら一緒に入れておけそう。

TROIKA TRV67/BL

このパスポートケースにはボールペンがセットになっています。
機内で渡される出入国カードや税関申告書を書くのに、出し入れしやすいところにペンを一本持っておくと良いんですよね。前回はそれを忘れていて、手荷物入れにしまったバッグから筆記用具を出し直すのがちょっと面倒でした。

このペン、スマホ用のスタイラスを兼ねているんですが、私は使わないかなあ。

TROIKA TRV67/BL

ボールペンの書き味はまあ普通。
パスポートケース側のペンホルダーは一般的な太さのボールペンであれば何でもいけそうなので、もうちょっとこだわったペンに交換してもいいけど、使用頻度を考えると付属のペンで十分ですかね。

TROIKA TRV67/BL

というわけで、次回の渡航時から活躍してもらいます。
海外って行き慣れていないと億劫なものですが、こういうのがあると積極的に行きたい気分になってきますね。

TROIKA / ボールペン付ラウンドファスナー型トラベルケース (ナイトスカイ) TRV67/BL

B00LPSKHXG

投稿者 B : 21:00 | MONO | Stationery | コメント (0) | トラックバック

2016/06/02 (Thu.)

リビング用の DC 扇風機を購入

夏に向けて、懸案だったリビング用扇風機の買い換えを実行に移しました。

日立 / HEF-DC4000

HEF-DC4000

去年くらいから買い換えたいなと思っていました。いつもなら候補の上位に含まれるパナソニックの DC 扇風機は、モノはいいんだけど AC アダプタ式というところがネックで見送り。スペック的には別に AC 扇風機でも十分なんですが、量販店で実物を見てみると AC 扇風機は大手メーカーのものでもいかにも安普請なつくりのものばかりで、もはや利益の取れる DC 扇風機に注力しているのが見え見え。リビングで使うのにあまり安っぽいのは嫌だなと思い、結局 DC 扇風機にしました。
選択基準は AC アダプタ式のパナを除外し、あとはほぼデザインの好みで。モーターものは日立でしょ、というイメージによるところもあります。

HEF-DC4000

外箱に「組み立ていらず」と書いてありましたが、本当に組み立て済みの状態で入っていました。想像以上の大きさの箱で届いたのでちょっと驚きましたが(笑)、こういう白物家電はお年寄りの購入も多いだろうから、販売店的には訪問して組み立てる必要がない方が手離れが良くて売ってもらいやすい、という側面もあるんだろうなあ。

HEF-DC4000

箱から出してみました。

和室ではなくテーブルと椅子な洋間生活を前提とした「ハイポジション扇」という位置づけですが、最も縮めたときの高さは一般的な扇風機より少しだけ高い程度。床に座る生活スタイルにもそれほど違和感はないと思います。

HEF-DC4000

最大高にするとこのくらい。
確かに、今まで使っていた 20 年ものの扇風機だとダイニングで使うには少し高さが足りない感じがありましたが、これならぜんぜん余裕。

HEF-DC4000

羽根は 8 枚。バルミューダの GreenFan なんかは内側と外側で羽根の枚数を変えたりと凝ったことをしていて、確かに枚数や形状でファンの効率や動作音が違ってくるのも事実なんですが、店頭で比較してみた限りでは風のなめらかさはそれほど差はない印象。羽根の形状以上にモーター制御による差のほうが大きいように思います。

HEF-DC4000

モーター部は球形で、縦方向の首振りこそできないものの、角度調節の自由度が高くなっています。まあ上 90° 向きを使うことはないと思いますが(笑
むしろ(DC 扇風機の多くがそうだと思うけど)このモーター部がコンパクトで重心が低いのがいい。今まで使っていた扇風機はベース部がスカスカで重心が高く、子どもによく倒されていたので早く買い換えたかったんですよね。

HEF-DC4000

操作部はほどよくスッキリしています。いかにも家電然としたボタンや印字類が多いデザインが苦手で、むしろ GreenFan くらい振り切ったデザインのほうが私の好みなのですが(デザイナーが作ったコンセプトモックをそのまま製品化したようなところがイイと思う)、奥さんに「逆に分かりにくい」と却下されたので(´д`)中間をとって日立にしたという。
操作はタッチパネル式で極限まで段差やパーツ分割をなくした構造なので、ホコリが溜まりにくい・溜まっても拭き取りやすいのがポイントだと思います。

しかしこのタッチパネルには致命的な欠点があって、静電式なので靴下を履いたまま足の指で操作できない(ぉ。いやなんだかんだ言って足で操作したくなるじゃないですか...。

HEF-DC4000

シンプルながら赤外線リモコンも付属しています。

HEF-DC4000

リモコンは台座に収納可能。ただしまってしまうと使いたいときに限ってリモコンが収納されている、というジレンマが(ぉ

HEF-DC4000

電源は AC アダプタではなく本体に内蔵されています。買ってみるまで分からず不安だったんですが、パナみたいな AC アダプタ式じゃなくて本当に良かった。

自分で使ってみるまでは、扇風機なんて別に DC じゃなくていいじゃんと思っていたんですが、確かに DC 扇風機はいいですね。動作音が静かとか消費電力が少ないとかいう以上に、AC 扇風機の「弱」よりも弱い風量が設定できるのが嬉しい。あまり直接的な風に当たりたくはないけど少しだけ風が欲しい、というときに AC 扇風機の「弱」はそれでも強すぎて。それが、まるで中国の王朝で侍女がゆらゆら煽いでくれているかのような(ぉ)柔らかい微風が得られるのがイイ。強風にすると動作音も消費電力も AC 扇風機と大差なくなりますが、超微風にして座って何かしているときとか寝ている間ずっとつけておいてもいい、というのは扇風機の使い方がちょっと変わると思います。

気に入ったので書斎用に少し安いのをもう一台買ってもいいかな、と思ったら風量が 8 段階から調節できるのはこの最上位モデルだけなんですね。これは悩ましい...。

日立 / HEF-DC4000

B01D61HU3E

投稿者 B : 21:40 | KADEN | MONO | コメント (3) | トラックバック

2016/05/30 (Mon.)

無印良品のトラベルポーチ

ここのところ出張づいているので、少しでも旅を快適にすべくトラベルグッズを見直してみました。

無印良品 / ポリエステル吊して使える洗面用具ケース (杢ネイビー)

無印良品 ポリエステル吊して使える洗面用具ケース

旅行用の洗面具入れ、今まではよくあるビニール製のポーチを使っていたんですが、特に仕切りもない汎用ポーチなので中で物がぐちゃっとなるし、入れる物的に一回り小さいので十分かもね、と思って無印良品で物色してみたら、よさそうなのがありました。

無印良品 ポリエステル吊して使える洗面用具ケース

内側には、ゴム製のバンドで中身を留めておくことができるので、歯ブラシとかカミソリとか、あとは洗面台周りでよく使うミニボトル類をしまうのにちょうど良い。旅行鞄に入れておいても中身がぐちゃっとならないし、出し入れもしやすい。

無印良品 ポリエステル吊して使える洗面用具ケース

思いつく限りの箇所にポケットをつけたような機能性も無印良品っぽい。こういう旅行用小物とか整理用小物における無印良品の気のきき方は半端ないと思います。

無印良品 ポリエステル吊して使える洗面用具ケース

さらにはフラップ部に折りたたみ式のフックがついていて、洗面台が狭いことも多いビジネスホテルのバスルームでも、こんな風にバスタオル用のパイプ棚あたりにぶら下げておけるのがまたイイ。

国内出張ならたいていのビジネスホテルにはアメニティグッズが用意されていますが、歯ブラシくらいならいいけどカミソリは良くてもせいぜい二枚刃だしシェービングフォームやローションが置いてないことも多いし、結局自前のアメニティセットを持って行った方が快適に過ごせるものです。今まで使っていた汎用ポーチよりも小さくまとめつつ機能性も高まって、良いことづくめ。
しかもこのポーチ、アメニティだけでなく泊まりがけの旅行に必須な充電グッズ(USB 充電器とかケーブルとか、あとトラベルルータとか)を入れておくのにも良さそうなので、色違いでもう一個買っておこうかな。

投稿者 B : 23:20 | MONO | コメント (0) | トラックバック