b's mono-log

2005/10/26 (Wed.)

CROSS MicroPen

最近よく通っている、通勤途中のとある文房具店(それなりに品揃えが良く、センスも良い)で見つけ、つい買ってしまったもの。

CROSS MicroPen

CROSS が PDA(主に Palm 端末)向けに作っていたスタイラス機能付きボールペン「MicroPen」です。すでに生産終了していて、店頭で見かけることもほとんどなくなっていたのですが、このお店では全色揃っていました。
主に Visor Deluxe との組み合わせを意識しているのか、ブラック、シルバー、ブルー、オレンジというカラバリで、PEG-TH55 と組み合わせるなら無難にブラックかな、というところですが、あえて最もビビッドなオレンジを合わせてみることに。実はブラックは昔 WorkPad c505 で使っていたのを 1 本持っていたから、というのもありますが。

今までは PDA 工房の革ケースに純正のオプションスタイラスを差して使っていたんですが、この革ケースのスタイラスホールが緩く、よくスタイラスが脱落して紛失しそうになって困っていました。が、この MicroPen なら純正スタイラスより若干太く、表面がラバー製なのでまず脱落しません(抜き差ししにくいけど)。
極小サイズながら CROSS なので書き味は折り紙つきだし、買って良かったかな、と。

投稿者 B : 23:50 | MONO | Mobile | Stationery | コメント (0) | トラックバック

2005/10/25 (Tue.)

ステーショナリー

以前の職業では、ひたすら Excel や PowerPoint で提案書や仕様書を作ったり、開発環境でごりごりコードを書いたりする仕事がほとんどでしたが、今の仕事は意外にも紙とペンを使ったアナログな仕事も多いので、最近はよく文具店に通っています。

そういえば、今でこそ私はキーボードで文章を書くことを半ばライフワークとしていますが、昔(高校生くらいまで)は右手の中指に絶対消えないくらいの大きなペンダコができるほど、ペンでモノをかく人だったの(単純に筆圧が強いせいもあるけど)を思い出しました。

最近よく仕事で使っている文房具たちです。
シャープペンは STAEDTLER の「925 25-05」(シルバー、0.5mm)と「925 35-07」(ブラック、0.7mm)。大学時代、生協に STAEDTLER の製図具や HOZAN の工具、果ては自作パーツ(ドライブとか、フラットケーブルとか)まで売られているという特殊な学校(笑)にいたせいか、どうもシャープペンとなると STAEDTLER 製品を使いたくなり、大きめの文具店でゲット。0.5mm は通常のメモ用途に、0.7mm は絵描きに使っています。定規も同じく STAEDTLER 製。
赤い水性ボールペンと 3 色のマーカーは無印良品製。販促物の構成や校正も仕事の一つなので、これらを使って朱入れをします。文具メーカーのものは野暮ったいロゴが入っていて嫌だったし、それなりに入手性の良い無印をセレクト。
バックに写っているマルマンのスケッチブック 2 種は、仕事で思いついたアイディアを絵にするのに使っています。この辺にはそこまでこだわりもなく、普通に文房具店で購入できるもので。自宅用と会社用で 1 冊ずつ。まあ、人に見せたりそのまま資料にしたりすることも考えて、おもむろに PowerPoint の白紙スライドに描き始めたりもしますが、モノによりけりですね。

以前はペンもノートも特にこだわらず会社の備品を使っており、そもそも筆記用具自体をほとんど使わなかったのですが、自分なりにこだわりをもってステーショナリーを揃えると仕事もそれだけ楽しくなりますね。確かに、PC と同じく筆記用具も「商売道具」なのだから、今後はこだわりをもって選びたいものです。というわけで、私の文具屋通いはまだまだ続きます。
とはいえ、最近、銀座 伊東屋が近いようで遠くて・・・。

投稿者 B : 21:32 | MONO | Stationery | コメント (3) | トラックバック

2005/09/09 (Fri.)

CONVERSE ワンスターサンダル 2

仕事用に新調したものシリーズその 5。

コンバース / ワンスターサンダル 2 (ブラック)

職場の内履きというか、自席履きです。革靴をずっと履いてると疲れるし、今度の会社は前の会社と違ってフリーアドレスじゃない(ちゃんと座席がある)ので、いろいろと荷物を置いておけるし。本当は踵のないクツはドレスコード違反なので、本当に自席でしか履けないけど(´・ω・`)。

このサンダル、初代が出た頃(そうとう前。まだ高校生だか大学生だった)にスェード地に、スニーカーっぽいアッパーとワンスターの象徴である一つ星が気に入っていて欲しかったんですが、いつの間にか販売終了していて、いつの間にかコンバース自体が倒産していたという(ぉ。(※その後、ナイキに買収されて復活。)

で、社内履きのサンダルを物色していたところ、偶然にも後継モデルが久々に登場しているのを発見。安かったしさっくり買ってしまいました。つっかけサンダルなので、社内履きとしては本当にラクでいいです。
モノ自体は初代サンダルよりも凝った形になってますが、初代の方がスニーカーと似てた&レトロっぽさがよかったような。

でもまあ、正直スニーカーで行っても良いくらいなので、そろそろそうしようかと・・・(´д`)。

投稿者 B : 23:40 | Footwear | MONO | コメント (0) | トラックバック

2005/09/07 (Wed.)

資生堂 新 uno

整髪料が切れたので、新しいワックスを買ってきました。

資生堂 / ウーノ BOUND FIBER

少し前に美容院に行ったときに、美容師さんに「自分でセットするときにももう少しラフなヘアスタイルにしたいのに、どうも自分でやるとうまくまとまらない」と相談したところ、「ハード系のスタイリング剤でセットした方がいいですよ」とアドバイスを受けたんです。確かに、私はとても髪が硬い・太い・多いので、できるだけボリュームを落とそうとして柔らかめ(ナチュラルめ)のワックスばかり使っていたんでした。
使ってみると、確かに前よりも思ったように乱したり、散らしたりしやすくなったような。でも、私の髪質にはもっとハードなワックスでもよかったような(´д`)。

これを買ったのはちょうど 10 日ほど前なんですが、たまたまこの日って資生堂が同一ブランドに関する CM を一晩で 54 通り放送してギネスに載る日だったんですよね。資生堂がどうしてもマンダム『ギャツビー』から奪えないシェアを取るために、複数ある男性用化粧品ブランドのうちジェレイドを『ウーノ』ブランドに統合してブランド力強化を図るプロモーションの一環とか。
資生堂は同じく乱立する女性用ブランドの『プラウディア』『ピエヌ』を統合して新ブランド『マキアージュ』を起ち上げるなど、ブランド統合の動きを活発化させています。なんか、業界トップクラスでありながら同一カテゴリに似たようなブランドを複数起ち上げて最終的に統合したり、仕切り直ししたりしなくてはならなくなった会社って、別業種でどっかあったような・・・(´д`)。
というわけで私も最近ブランディングとかその周辺プロモーションについてはかなり興味あるところだったりもするので、この資生堂の動きは興味深いスタディケースとして、しばらくウォッチしてみたいと思います。

投稿者 B : 23:46 | MONO | コメント (0) | トラックバック

2005/09/06 (Tue.)

QUBIE

ホームシアター繋がりで、最近欲しいのがこのテーブルランプ。

Day by Day / QUBIE

プロジェクタで映画を観るときはいつも照明を落として真っ暗にしているんですが、それだと夜間は飲み物やリモコンを取るのに手許がちょっと不安だったり、薄く明かりをつけておいてお酒でも飲みながら観たいときに不便だったり。で、前々から手許灯か間接照明が欲しいと思っていました。
この照明はたまたま季刊『ホームシアター』誌で紹介されていたものですが、キュートな外見とロウソクのようにぼんやりとした強すぎない灯りに一目惚れ。電灯を消して読書や PC 作業をしたり、常夜灯として使ったりと使いでがありそうなので、買ってみようかなと思ってます。

ただ、最近あんまりプロジェクタで映画観れてないけど(´д`)。

投稿者 B : 23:41 | KADEN | MONO | コメント (1) | トラックバック

2005/09/04 (Sun.)

Steinhausen のウォッチワインダー

一年ほど前から使っている時計。OMEGA の Seamaster(2501-31)。婚約指輪の代わりにペアで交換したものです。

OMEGA あたりだといろいろパーツ交換に応じてくれて一生モノにできるので、どうせならと自動巻にこだわったんですが、当然ながらクォーツ時計と違って 1~2 日つけてないと止まるんですね。平日は毎日つけてるから問題ないんだけど、週末に外したままだと月曜朝には止まってる感じ(´д`)。

そんなわけで、つけてないときに自動的に巻き上げてくれるウォッチワインダーを探していました。

ウォッチワインダーって Web で探してみても意外と選択肢がないんですね。時計の本体価格を考えると数万円クラスのを買うわけにもいかないし・・・。
で、よさげだったのが、これ。

Steinhausen / ワインディングマシーン TM515A

木目かと思ったら MDF 素材に木目のカッティングシートを貼ってあるだけなのね(´д`)。まあ値段を考えるとリアルウッドのわけないか・・・。あと、届いてみたら実物は思っていた以上に大きくてびっくりしました。

でもパッと見の質感は悪くないし、時計も止まらなくなったし(ぉ、これはこれで気に入ったかも。

投稿者 B : 23:08 | MONO | コメント (0) | トラックバック

2005/09/01 (Thu.)

PORTER GLOW ブリーフケース

新しい仕事を始めるにあたって、心機一転ということでいろいろ身の回りのものを買い換えてみました。
まずは、カバンから。

PORTER / GLOW ブリーフケース 559-06234 (ブラウン)

吉田カバンのブリーフケースです。PORTER シリーズというと TANKER のようなふかふかしてカジュアルなイメージがありますが、コイツはかなりフォーマル寄り。本革+ナイロンで上品にまとまっています。
それもそのはず、この「GLOW」シリーズは今年 70 周年を迎えた吉田カバンのアニバーサリーモデルなんですね。

記念モデルなのに加えて雑誌にもかなり大きく取り上げられたらしく、特にブラウンは今 3~4 ヶ月待ちになっているそうです。実は私もこれを買ったときには有楽町阪急で 1 ヶ月待ちと言われたのですが、注文後にどうやら偶然にも他店舗に在庫が見つかったらしく、奇跡的に 1 週間で入手できてしまいました。

サイズは前に使っていた Burberry Black Label のブリーフケースより一回り大きめ。メインポケットのファスナーが横まで全開するので大きな物の出し入れも楽だし、吉田カバンらしくポケットや仕切りも多くてとても使いやすいです。それでいて、デザインは外側に余計なポケットがなくプレーンなので、上品に見えるのもポイント高し。
最初はブラックにしようかと思ったんですが、ちょっと見た目が重くなってしまうのと、以前と違って堅い仕事でもないので、多少カジュアルな服装でも違和感がないブラウンにしました。実際働いてみたらスーツを着る機会なんてほとんどなかったけど(´д`)。

かなり気に入ってます、これ。

投稿者 B : 23:21 | MONO | コメント (0) | トラックバック