b's mono-log

2016/07/19 (Tue.)

Gillette PROSHIELD

ジレットの T 字カミソリユーザーなので、フュージョンシリーズの最新型が出た、ということで買ってみました。

ジレット / プロシールド

Gillette PROSHIELD

とはいえこれ買うか迷ったんですよねえ。ホルダー自体は既存のフレックスボールと全く同一のようでしたし。しかも従来のシリーズと違って、パワー(電動)のホルダーが用意されておらず、昔ながらのマニュアルモデルのみ。フレックスボールの電動タイプを持っている私としては、ホルダーがグレードダウンしてしまうわけで。とりあえず替え刃だけ買ってみるかなとも考えたんですが、ちょうど替え刃も買い足したばかりだったし(´д`)。
とりあえず旅行用のホルダーが旧型のプログライドを使い続けていたので、そちらを入れ替えるつもりでホルダーセットを購入しました。ノーマルタイプと冷感のあるクールタイプがありましたが、髭剃り時の爽快感があるほうが好みなので、クールで。

Gillette PROSHIELD

案の定、ホルダーそのものはフレックスボールと同じものでした。これ、ヘッドが左右に振れて肌の曲面に追従してくれるので、確かに剃り味が良いんですよね。何度も剃り直さなくて良いので肌への負担が少ないように思います。

Gillette PROSHIELD

プロシールドのキモはこの替え刃。5 枚刃+ピンポイントトリマーの構造自体はプログライドから変わっていませんが、5 枚刃の下にある「Gillette」のロゴ部分が大きく違っています。

Gillette PROSHIELD

プログライド(パワー用)の替え刃と比べてみました。
従来は刃の上だけについていたスムーサー(水に溶けて刃の滑りを良くする薬品)が、プロシールドでは刃の下部分(ロゴ部分)にもついて、さらに滑りが良くなっています。ライバルのシックも最新機種で従来よりも滑りの良いスムーサーを搭載してきていますが、刃そのものの進化がある程度のレベルまで達した今、トレンドがそちらに移っているんでしょうね。
また 5 枚刃の両脇についている青い部分にはクール成分が配合されているとのこと。

ちなみに、従来品ではパワー用のみに搭載されていたマイクロコーム(5 枚刃の直下についているギザギザ)がマニュアル専用のプロシールドにも搭載されているので、フレックスボールパワーホルダーにつけても良さそうです。まあプロシールドに電動がラインアップされていないということは、プロシールドであれば電動でなくても従来の電動と同様の効果が期待できる、ということなのかもしれませんが。

実際の剃り味は、スムーサーが刃の前後についているで、確かに今まで以上に刃の滑りが良く感じました。特に刃の下についているスムーサーが刃の引っかかりを防いでくれる実感があります。刃の作り自体は変わっていないので、深剃り度合いは大差ありませんが、肌が守られている感はありますね。クール成分による清涼感もイイ感じ。
まあ長年毎朝髭を剃っていればそうそうカミソリ負けすることもないですし、昨今は高機能化で替え刃の値段がどんどん高騰しているので、深剃り度合いだけを考えればフレックスボールマニュアルホルダー+旧プログライド替え刃で十分すぎるような気もします。とりあえずプログライドの替え刃がまだ 5 本残っているので、それを使い切ってからどうするか考えよう(笑

あとジレットにどうしても言いたいのは、替え刃がプロシールド/プログライド/フュージョンの 3 シリーズ×電動/マニュアル(プロシールドの場合はクール/ノーマル)の 2 種類×8 個入/4 個入の 2 通り、合計 12 パターンあるのにパッケージがすごく似通っていて買い間違えやすいのを何とかしてほしいということです(;´Д`)。店頭で買うと間違えやすいので、Amazon の定期便を使うかヨドバシドットコムの購入履歴から再注文したほうがいいということですかね(´・ω・`)...。

ジレット / プロシールド クール ホルダー 替刃 2 個付

B01GFRKT8E

投稿者 B : 22:51 | MONO | コメント (0) | トラックバック

2016/07/16 (Sat.)

TROIKA のパスポートケース

先日台湾に行ったときに、これは何かパスポートケース的なものが欲しいな、と思いました。大切なものだから裸で持ち歩くのはちょっと怖いし、空港や機内でパスポートとチケット、あと筆記用具くらいをまとめて入れておけるものが欲しい。用途的には安いポーチくらいでも十分なんですが、せっかくなら旅行気分が高まりそうなものにしようと思って、これを買ってみました。

TROIKA / ボールペン付ラウンドファスナー型トラベルケース TRV67/BL (ナイトスカイ)

TROIKA TRV67/BL

ドイツのデザイン系文房具ブランド「TROIKA」のパスポートケースです。革製でデザインがちょっと凝っててラウンドファスナータイプ、という私のイメージにぴったりだったのがこれ。
いくつか文房具店を見て回ったけど置いてある店がなかったので、Amazon マーケットプレイスに出ていた公式通販を利用しました。

TROIKA TRV67/BL

革といっても合皮なのでそれほど質感は高くありませんが、まあ悪くない。
探せば同じくらいの値段で本革製のパスポートケースもあるけど、さらにラウンドファスナータイプというとなかなか選択肢がありません。特に大事なものを入れておくケースなので、中身が落ちないラウンドファスナーはこだわったところ。

TROIKA TRV67/BL

デザイン上、特に気に入ったのはこの部分。飛行機の形に革が抜かれて、さらにステッチで航跡を表現しています。
ファスナーの把手の部分も飛行機型になっているのがポイント。

せっかく海外に行くなら、こういうグッズで気分を高めたいじゃないですか。

TROIKA TRV67/BL

内側はパスポートだけでなく、航空機のチケットやカード類が入るホルダーを備えています。
これを財布代わりに使うことはあまり考えていませんが、パスポートだけでなくチケットや手荷物札、両替用の一万円札、あと空港で買うプリペイド SIM(クレジットカード大の台紙についてくる)など空港で出し入れするものがけっこう多いので、重宝するはず。

TROIKA TRV67/BL

パスポート入れの部分はマチがあって、有効期間 10 年版のパスポートでも余裕で入ります。
薄手のメモ帳くらいなら一緒に入れておけそう。

TROIKA TRV67/BL

このパスポートケースにはボールペンがセットになっています。
機内で渡される出入国カードや税関申告書を書くのに、出し入れしやすいところにペンを一本持っておくと良いんですよね。前回はそれを忘れていて、手荷物入れにしまったバッグから筆記用具を出し直すのがちょっと面倒でした。

このペン、スマホ用のスタイラスを兼ねているんですが、私は使わないかなあ。

TROIKA TRV67/BL

ボールペンの書き味はまあ普通。
パスポートケース側のペンホルダーは一般的な太さのボールペンであれば何でもいけそうなので、もうちょっとこだわったペンに交換してもいいけど、使用頻度を考えると付属のペンで十分ですかね。

TROIKA TRV67/BL

というわけで、次回の渡航時から活躍してもらいます。
海外って行き慣れていないと億劫なものですが、こういうのがあると積極的に行きたい気分になってきますね。

TROIKA / ボールペン付ラウンドファスナー型トラベルケース (ナイトスカイ) TRV67/BL

B00LPSKHXG

投稿者 B : 21:00 | MONO | Stationery | コメント (0) | トラックバック

2016/06/02 (Thu.)

リビング用の DC 扇風機を購入

夏に向けて、懸案だったリビング用扇風機の買い換えを実行に移しました。

日立 / HEF-DC4000

HEF-DC4000

去年くらいから買い換えたいなと思っていました。いつもなら候補の上位に含まれるパナソニックの DC 扇風機は、モノはいいんだけど AC アダプタ式というところがネックで見送り。スペック的には別に AC 扇風機でも十分なんですが、量販店で実物を見てみると AC 扇風機は大手メーカーのものでもいかにも安普請なつくりのものばかりで、もはや利益の取れる DC 扇風機に注力しているのが見え見え。リビングで使うのにあまり安っぽいのは嫌だなと思い、結局 DC 扇風機にしました。
選択基準は AC アダプタ式のパナを除外し、あとはほぼデザインの好みで。モーターものは日立でしょ、というイメージによるところもあります。

HEF-DC4000

外箱に「組み立ていらず」と書いてありましたが、本当に組み立て済みの状態で入っていました。想像以上の大きさの箱で届いたのでちょっと驚きましたが(笑)、こういう白物家電はお年寄りの購入も多いだろうから、販売店的には訪問して組み立てる必要がない方が手離れが良くて売ってもらいやすい、という側面もあるんだろうなあ。

HEF-DC4000

箱から出してみました。

和室ではなくテーブルと椅子な洋間生活を前提とした「ハイポジション扇」という位置づけですが、最も縮めたときの高さは一般的な扇風機より少しだけ高い程度。床に座る生活スタイルにもそれほど違和感はないと思います。

HEF-DC4000

最大高にするとこのくらい。
確かに、今まで使っていた 20 年ものの扇風機だとダイニングで使うには少し高さが足りない感じがありましたが、これならぜんぜん余裕。

HEF-DC4000

羽根は 8 枚。バルミューダの GreenFan なんかは内側と外側で羽根の枚数を変えたりと凝ったことをしていて、確かに枚数や形状でファンの効率や動作音が違ってくるのも事実なんですが、店頭で比較してみた限りでは風のなめらかさはそれほど差はない印象。羽根の形状以上にモーター制御による差のほうが大きいように思います。

HEF-DC4000

モーター部は球形で、縦方向の首振りこそできないものの、角度調節の自由度が高くなっています。まあ上 90° 向きを使うことはないと思いますが(笑
むしろ(DC 扇風機の多くがそうだと思うけど)このモーター部がコンパクトで重心が低いのがいい。今まで使っていた扇風機はベース部がスカスカで重心が高く、子どもによく倒されていたので早く買い換えたかったんですよね。

HEF-DC4000

操作部はほどよくスッキリしています。いかにも家電然としたボタンや印字類が多いデザインが苦手で、むしろ GreenFan くらい振り切ったデザインのほうが私の好みなのですが(デザイナーが作ったコンセプトモックをそのまま製品化したようなところがイイと思う)、奥さんに「逆に分かりにくい」と却下されたので(´д`)中間をとって日立にしたという。
操作はタッチパネル式で極限まで段差やパーツ分割をなくした構造なので、ホコリが溜まりにくい・溜まっても拭き取りやすいのがポイントだと思います。

しかしこのタッチパネルには致命的な欠点があって、静電式なので靴下を履いたまま足の指で操作できない(ぉ。いやなんだかんだ言って足で操作したくなるじゃないですか...。

HEF-DC4000

シンプルながら赤外線リモコンも付属しています。

HEF-DC4000

リモコンは台座に収納可能。ただしまってしまうと使いたいときに限ってリモコンが収納されている、というジレンマが(ぉ

HEF-DC4000

電源は AC アダプタではなく本体に内蔵されています。買ってみるまで分からず不安だったんですが、パナみたいな AC アダプタ式じゃなくて本当に良かった。

自分で使ってみるまでは、扇風機なんて別に DC じゃなくていいじゃんと思っていたんですが、確かに DC 扇風機はいいですね。動作音が静かとか消費電力が少ないとかいう以上に、AC 扇風機の「弱」よりも弱い風量が設定できるのが嬉しい。あまり直接的な風に当たりたくはないけど少しだけ風が欲しい、というときに AC 扇風機の「弱」はそれでも強すぎて。それが、まるで中国の王朝で侍女がゆらゆら煽いでくれているかのような(ぉ)柔らかい微風が得られるのがイイ。強風にすると動作音も消費電力も AC 扇風機と大差なくなりますが、超微風にして座って何かしているときとか寝ている間ずっとつけておいてもいい、というのは扇風機の使い方がちょっと変わると思います。

気に入ったので書斎用に少し安いのをもう一台買ってもいいかな、と思ったら風量が 8 段階から調節できるのはこの最上位モデルだけなんですね。これは悩ましい...。

日立 / HEF-DC4000

B01D61HU3E

投稿者 B : 21:40 | KADEN | MONO | コメント (3) | トラックバック

2016/05/30 (Mon.)

無印良品のトラベルポーチ

ここのところ出張づいているので、少しでも旅を快適にすべくトラベルグッズを見直してみました。

無印良品 / ポリエステル吊して使える洗面用具ケース (杢ネイビー)

無印良品 ポリエステル吊して使える洗面用具ケース

旅行用の洗面具入れ、今まではよくあるビニール製のポーチを使っていたんですが、特に仕切りもない汎用ポーチなので中で物がぐちゃっとなるし、入れる物的に一回り小さいので十分かもね、と思って無印良品で物色してみたら、よさそうなのがありました。

無印良品 ポリエステル吊して使える洗面用具ケース

内側には、ゴム製のバンドで中身を留めておくことができるので、歯ブラシとかカミソリとか、あとは洗面台周りでよく使うミニボトル類をしまうのにちょうど良い。旅行鞄に入れておいても中身がぐちゃっとならないし、出し入れもしやすい。

無印良品 ポリエステル吊して使える洗面用具ケース

思いつく限りの箇所にポケットをつけたような機能性も無印良品っぽい。こういう旅行用小物とか整理用小物における無印良品の気のきき方は半端ないと思います。

無印良品 ポリエステル吊して使える洗面用具ケース

さらにはフラップ部に折りたたみ式のフックがついていて、洗面台が狭いことも多いビジネスホテルのバスルームでも、こんな風にバスタオル用のパイプ棚あたりにぶら下げておけるのがまたイイ。

国内出張ならたいていのビジネスホテルにはアメニティグッズが用意されていますが、歯ブラシくらいならいいけどカミソリは良くてもせいぜい二枚刃だしシェービングフォームやローションが置いてないことも多いし、結局自前のアメニティセットを持って行った方が快適に過ごせるものです。今まで使っていた汎用ポーチよりも小さくまとめつつ機能性も高まって、良いことづくめ。
しかもこのポーチ、アメニティだけでなく泊まりがけの旅行に必須な充電グッズ(USB 充電器とかケーブルとか、あとトラベルルータとか)を入れておくのにも良さそうなので、色違いでもう一個買っておこうかな。

投稿者 B : 23:20 | MONO | コメント (0) | トラックバック

2016/05/27 (Fri.)

Satechi の充電ステーション

私は自宅でのスマホその他ガジェットの充電には、5 年ほど前に買った無印良品の充電トレーを愛用していました。
が、当時のせいぜいスマホ 1 台+ウォークマン程度だった状況と違い、今はスマホ 1 台の充電に必要な電力も上がっているし、スマホの台数も USB 充電対応機器の数もそうとう増えています。結果、今の充電トレーの上はこんな感じに。

Satechi 充電ステーション

こないだの冬までは Xperia Z1/Z2 だったので専用のクレイドルがありましたが、今は microUSB 直挿し充電で、このトレイに載せるしかない。先日購入した KiDiGi のドックは職場用にしてしまったし、なら自宅での充電用にもうちょっと美しく収まるものに置き換えよう、と思ってこれを買ってみました。

Satechi / 5 ポート USB 充電ステーション

Satechi 充電ステーション

最近は USB 充電・給電関連機器では Anker ばかり買ってましたが、Anker にはこのタイプのがなかったので、初めて Satechi というメーカーのを買ってみました。たぶん中国系のメーカーで、Anker のコピーっぽい商品も少なくないですが、Anker にないオリジナリティある機器もあって、興味深いメーカーのひとつです。

この充電ステーションは、Anker とかでよくあるマルチポートの USB 充電アダプタ的なものの上に、スマホやタブレットを立てかけておける仕切りを用意したもの。今までありそうでなかった、目から鱗的な充電器です。

Satechi 充電ステーション

USB は 5 ポートで、5V/2.4A×4 ポートと Quick Charge 2.0×1 ポートという構成になっています。これのバリエーションモデルで 7 ポートタイプもありましたが、そちらは 5V/1A×4+5V/2.4A×3 という構成で、全ポート 2.4A 対応かつ QC 対応ポートつきの 5 ポートタイプのほうが今後ツブシが効くだろう、と思って 5 ポートタイプを選択しました。

Satechi 充電ステーション

スタンド部の仕切りは十分な間隔が空いているので、ほとんどのスマホやタブレットがケースをつけたまま立てられます。

Satechi 充電ステーション

しかしこの製品、私が購入した個体には残念な点が。プラスチックのコーナー部に 2 箇所クラックが入っていました。これたぶん成型不良だと思うんですが、思いっきり自社ロゴが入っている面にクラック入れたまま出荷するあたりが悪い意味でチャイナクオリティなんだよなあ。まあ実使用上は日々の充電時に機器を雑に置いて細かな傷がつくことは容易に想像がつくとはいえ、残念この上ない部分です。

Satechi 充電ステーション

電源は AC アダプタ。A4 ノート PC についてきそうな 19V の汎用 AC アダプタがついてきました。充電器本体に負けず劣らずな大きさですが、まあ 2.4A(以上を含む)出力が 5 ポートついているんだからこうなりますよね、という。

Satechi 充電ステーション

もう一つの付属品、面ファスナー製のケーブルタイ。
何に使うかは後述します。

Satechi 充電ステーション

実際の充電時はこんな感じに。無印の充電トレーの状態と比べると、なんと美しい(笑
たくさん充電していても、それぞれの機器の出し入れもしやすくてとても扱いやすい。

8inch クラスまでのタブレットであればごく普通に使えます。メーカー的には 9.7inch の iPad あたりまでは想定しているようですが。
ちなみに充電ケーブル(別売)はスマホを想定して 15cm×3、タブレットを想定して 30cm×2 をつけてみましたが、8~9inch クラスのタブレットであればケーブルは 15cm で事足りました。ケーブルを買い足して全部 15cm で揃えてしまおうと思います。

Satechi 充電ステーション

スマホやタブレットにフリップカバー付きのケースをつけても余裕で収まります。

Satechi 充電ステーション

気になっている問題点は、使っていないときに USB ケーブルがだらーんと垂れ下がってしまうこと。これはあまり美しくありません。先述のケーブルタイはこのためのものだったわけですが、日々の充電時に毎回ケーブルタイをつけたり外したり、というのもめんどくさくてそのうち留めなくなるに違いない。かといってケーブルが垂れ下がっている状態も許しがたいので、これは何か対策を考えたいところ。本来は充電器側に使わないときにコネクタを収めておくためのダミーメス端子でもついていれば良かったんですが。

細かな不満はあるけど、これはけっこう気に入った。自分のデスク用にもう一台欲しいくらいです(笑。

Satechi / 5 ポート USB 充電ステーション

B0170L322E

投稿者 B : 23:55 | MONO | Other Gadget | コメント (0) | トラックバック

2016/05/07 (Sat.)

AXESQUIN GORE-TEX ミリタリーハット

高尾山に行くにあたり、日よけの帽子を買いました。

AXESQUIN / GORE-TEX ミリタリーハット・ソリッド (墨色)

AXESQUIN GORE-TEX ミリタリーハット

私は頭の鉢周りが一般に比して大きいので、昔から帽子が致命的に似合わない(´д`)。キャップはともかく、ハットで似合うものが絶望するほどないんですよね...。でも近年は夏場の暑さも厳しいし、そろそろ夏用に帽子が欲しいとは思っていたので、この機会に購入。
何の気なしに好日山荘で帽子を物色してみたところ、海外のアウトドアブランドの帽子は L サイズでも軒並み私には小さかったのに、聞いたことがなかったこのメーカーの XL サイズを試してみたら、これがピッタリ。これは運命に違いないと思い、迷わず購入しました。

AXESQUIN GORE-TEX ミリタリーハット

商品のタグには「A Design For Japanese Mountain」の文字。AXESQUIN(アクシーズクイン)というのは日本のメーカーみたいですね。公式サイトにある他の製品を見てみると、「ツユハラヒ」「ハゴロモ」「クナイ」とかどっかの日本かぶれな海外メーカーみたいなネーミングセンスですが(ぉ)、スタイリッシュな海外ブランド製品とは一線を画した、日本人の体型に合いそうなデザインのアウトドアウェアが揃っているようです。

AXESQUIN GORE-TEX ミリタリーハット

幅広のツバが多少なりとも小顔に見せてくれそうな(笑)、好感の持てるデザイン。
機能面では左右のツバを本体に留めるスナップボタンがついていたり、後部にはバックパック等に吊り下げておけるループがついていたり、細かく気が利いています。

AXESQUIN GORE-TEX ミリタリーハット

脱着可能なあご紐つき。この紐だけカモフラージュ柄なのがデザイン上のワンポイントになっています。

裏地はゴアテックス。ベンチレーション用の穴やメッシュがついているわけではありませんが、通気性が良く薄くて軽い素材なので、かぶっていても邪魔に感じることはあまりありません(少なくとも今くらいの気温では...)。

AXESQUIN GORE-TEX ミリタリーハット

自分に似合う帽子って今までなかなか見つけられませんでしたが、これはアリ。
登山までいかなくても、夏場に写真撮りに出かけるときなんかにも重宝しそうです。

AXESQUIN / GORE-TEX ミリタリーハット・ソリッド

B00QA64F18

投稿者 B : 21:00 | MONO | コメント (0) | トラックバック

2016/05/05 (Thu.)

Reebok InstaPump Fury Road

久しぶりに完全なる衝動買い。

Reebok / InstaPump Fury Road (Purple/Violet/Navy/White)

Reebok InstaPump Fury Road

1995 年頃のスニーカーブームの際に大流行した「インスタポンプ フューリー」(のバリエーションモデル)の復刻版。同じ復刻モデルでも、エアマックス '95 は復刻されすぎで今さら履きたいとは思わないけど(2~3 年でエアユニットが破れるし)、ポンプフューリーは気になっていました。
その 20 年前の名作が、しかもこの紫の濃淡ツートーン×藍色というカラーリングで復刻...とか言われたら、これは買うのが私の使命みたいなもんじゃないですか(;´Д`)ヾ。本当は子どものクツを買いに行ったはずの ABC マートで、私が買ってしまったという(ぉ

Reebok InstaPump Fury Road

原色×蛍光色の印象が強いポンプフューリーシリーズですが、紫モデルの派手めながら落ち着いた配色が美しい。
クツの形状自体はオリジナルのポンプフューリーのほうが削ぎ落とされたイメージでカッコイイと思うけど、フューリーロードの 1990 年代っぽいソールの分厚さもイイですね。

Reebok InstaPump Fury Road

この懐かしい「インスタポンプ」システム。このポンプを押すことで、シューレースではなく空気圧で足にフィットさせる仕組みです。この機構はバスケットシューズで先行して搭載されていたもので、私も当時『スラムダンク』からのバッシュブームでシャキール・オニールモデルを履いてたなあ(懐

ちなみにフューリーロードというと今は『怒りのデス・ロード』(の原題)のほうを連想しがちですが、このクツに搭載されているのは輸血袋ではなく空気袋です(ぉ

Reebok InstaPump Fury Road

空気圧でフィットさせるとはいうものの、このクツ自体は足の甲を覆う樹脂パーツによるフィット感のほうが強くて、インスタポンプはむしろ気休め程度にしか効いてないように思います(笑。
サイズ感はちょっとキツめで、私は普段履いているサイズよりも一つ大きめ(10inch/28.0cm)がちょうどでした。

Reebok InstaPump Fury Road

ソールが分厚いのでちょっと重そうに見えますが、ソールの内部には「ヘキサライト」と呼ばれる中空ハニカム構造のクッション素材が使われていて、思いのほか軽くなっています。
ナイキのエアクッションを意識した素材でしょうが、ナイキほど破れやすくないといいなあ(笑

Reebok InstaPump Fury Road

当時すごく欲しかったスニーカーのひとつだけに、こうした形で手に入れることができて大満足です。

最近アウトドアシューズづいてましたが、久しぶりのタウンユース向きランニングシューズ。外を歩くのが楽しくなりそうです。

Reebok / InstaPump Fury Road

B01A6EBCEW

投稿者 B : 15:05 | Footwear | MONO | コメント (2) | トラックバック

2016/04/14 (Thu.)

ヘアドライヤーを買い換え (3)

2 年前に買ったドライヤーの調子が悪くなってきたので、新しいドライヤーに買い換えました。

日立 / マイナスイオンドライヤー HD-N500 (シルバー)

HD-N500

ここ数日、動かしているうちに不意に風が止まったり、本体を少し傾けたらまた回り出したり...明らかにモーターがおかしくなっていました。
たった 2 年で壊れるなんてちょっと貧弱じゃない?とは思ったけど、よく考えたら我が家は四人家族のうち三人が女、しかも娘たちはちょっと前に短くするまでかなり髪を伸ばしていました。しかも二人とも私に似て髪の量が多くて乾きにくい。たぶん一般家庭と比べると倍くらい酷使していたんじゃないでしょうか。子どもに使わせることもあるので落下させることも少なくないし、まあ壊れて当然ですよね...。

購入のポイントは前回同様、風量と信頼性。世にあるドライヤーって「本当にこんなんで乾くの?」と言いたくなるようなパワーのないものが多い。省エネとかキューティクルの保護とかいろいろ理由はあるんでしょうが、とにかくさっさと乾かしたいんじゃ!という要望に応えてくれるドライヤーって意外と選択肢がないんですよね。
なので、同じ物に買い換えようと思ったら、今まで使っていた機種は「HD-N500」という機種にマイナーチェンジしていました。

HD-N500

形状は旧型と全く同じで、カラーバリエーションだけちょっと変わった HD-N500。機能的にも旧型とほとんど変わっていませんが、唯一風量が 1.8m3/分 から 1.9m3/分 と微妙に向上していました。
モーターの効率向上(だと思う)とか、今でもまだあるんですね...。

HD-N500

使ってみたところ、旧機種よりも明らかに風量が向上しています。でも旧型も買った当初はこれくらいパワーがあった記憶があるので、これはスペック上の風量アップ以上に、今まで使っていたもののモーターがかなりヘタッていたということなんでしょうね。
自分の髪を乾かす時間もこれまでの半分くらいで済むようになった気がします。やっぱり劣化したドライヤーよりも新品がいいですね。ちょっとしたことですが、満足度の高い買い物でした。

日立 / マイナスイオンドライヤー HD-N500

B017EIHRFQ

投稿者 B : 22:50 | KADEN | MONO | コメント (0) | トラックバック

2016/04/01 (Fri.)

HAGLÖFS CORKER RUGGED MEDIUM

春になるとカバン欲しくなるよねー、って毎年言っていますが(ぉ)、今年はバックパックを買いました。

HAGLÖFS / CORKER RUGGED MEDIUM (True Black)

HAGLÖFS CORKER RUGGED MEDIUM

主に休日用に。最近は肩掛けバッグだとミラーレスカメラ程度でもけっこう肩凝りに響くようになってしまい(まあミラーレスも年々レンズが重くなってきているし)、本格的にバックパックに移行しつつあります。
去年買ったターン 25 フォトもとても気に入っているんですが、休日の外出程度には 25L はちょっと大容量すぎて、いつもの公園に写真散歩に行くだけでも家族から「どこの山に登りに行くつもり」と言われるなど(ぉ)オーバースペック感満載。なのでもうちょっと小容量な、カメラを使わない日のタウンユースにも使えそうなバックパックが欲しいと思っていました。

HAGLÖFS CORKER RUGGED MEDIUM

とはいえなんだかんだでアウトドアブランドを選んでしまうわけです。CORKER はこの一見変わっているけどシンプル極まりないデザインが私のツボに入って、ほぼ一目惚れ状態で欲しいと思わされました。
機能的な理由もあるんですが、それは後述。

カラーは True Black。コットンキャンバス素材の「RUGGED」シリーズは他のカラーがあまりにもアウトドアチックすぎるので、最も飽きが来なくて合わせやすい黒系にしました。

HAGLÖFS CORKER RUGGED MEDIUM

CORKER のいいところ、その一。型崩れしにくい構造に加えてしっかりした「底」があるので、地面に置いてもちゃんと自立します。
ちょっとしたときにも下ろしやすい、というのは使い勝手的に重要なポイント。

HAGLÖFS CORKER RUGGED MEDIUM

背面にはバンジーコードが配されていて、脱いだ上着とかちょっとしたものを引っかけて持ち歩くことができますが、まあ実用面というよりはデザイン上のワンポイント、という意味合いの方が強いでしょう。

HAGLÖFS CORKER RUGGED MEDIUM

そして CORKER 最大のポイントにして私がこれを選んだ理由が、サイドオープン構造。荷物を上からではなく側面から取り出せるようになっています。
これ、バックパックを担いだまま片方の肩だけ外して脇に抱え込むようにして荷物の出し入れができる、というわけです。こういう構造でバックパックを下ろさずにレンズ交換ができるカメラバックパックもあるくらいなので、カメラバッグ的な使い方に最適。これ自体はカメラ用のバックパックではありませんが、別途インナーケースを用意してやれば、カメラ用としてもかなり使いやすいはずです。

なお背中側にあるメッシュポケットには 11~12inch クラスのノート PC であれば入るので、ソフトケースを使えばモバイル PC やタブレットを入れるのにも良さそうです。13inch クラスはちょっと厳しく、VAIO Duo 13 だとギリギリ入らないくらいでした。

HAGLÖFS CORKER RUGGED MEDIUM

反対側のフラップからはメイン気室にはアクセスできませんが、こまかいメッシュポケットがたくさんついていて、小物の整理に便利。文房具やパスケース、あるいはデジタルカメラのバッテリやメモリカードを分類して入れておくと良さそうです。

HAGLÖFS CORKER RUGGED MEDIUM

ファスナーは信頼の YKK 製。止水タイプではありませんが、裏使いファスナーの採用がこのスッキリしたデザインを成り立たせていると言えます。

HAGLÖFS CORKER RUGGED MEDIUM

トップ面にもポケットがあります。容積こそそこそこあるものの、開口が小さいのでここに入れられるものは限られます。逆に言えば後ろから手を突っ込まれにくいポケットなので、財布などの貴重品を入れておくのにいい場所かも。

HAGLÖFS CORKER RUGGED MEDIUM

チェストストラップやウェストストラップなど、アウトドア用バックパックとして必要なパーツをひととおり装備。ウェストストラップは取り外し可能なので、タウンユース向けには外してしまっても良いでしょう。
背面のフィット感が高い代わりに、あまりベンチレーションを考えられていない構造なので、夏場は背中がちょっと蒸れそうではあります。

あと、ショルダーストラップの素材がちょっと固めで、かつ左右の付け根の間隔が狭いので、安定するようショルダーストラップをきつめにして背負うと首が苦しくなります。これはショルダーストラップを長めにして、ストリートっぽいスタイルで背負うのが背負セオリーかも。

HAGLÖFS CORKER RUGGED MEDIUM

通常ラインの CORKER ではなくあえて CORKER RUGGED シリーズにしたのは、コットンキャンバスの素材感が気に入ったこともありますが、このロゴが刺繍になっているのが決め手でした。ノーマル CORKER はナイロン地にプリントでロゴが入っていて、使い込んでいくと剥がれそうな気がしたんですよね。やっぱり刺繍の方が丈夫だし、使い込んだときにも味がでそうです。

スギ花粉のピークもようやく過ぎてきて、これからは外出が気持ちいい季節になってくるので、これでカメラを持ってあちこち出かけたいところです。

HAGLÖFS / CORKER RUGGED MEDIUM

B00U0XNWXO

投稿者 B : 22:00 | MONO | コメント (0) | トラックバック

2016/03/06 (Sun.)

Anker PowerPort+ 1 with Quick Charge 3.0

新しい USB チャージャーを購入しました。

Anker / Anker PowerPort+ 1 with Quick Charge 3.0 A2010111 (ブラック)

Anker PowerPort+ 1

USB チャージャーは二台持っている Anker のマルチポート急速充電器で満足していて、充電スピードも Anker 独自の「PowerIQ」で事足りています。なのであまり買い換えの必要は感じていないんですが、最近の Snapdragon 搭載スマホでは Quick Charge 2.0 対応が一般的になってきたので、一度どんなものか試してみようと思い。そしたら早くも Quick Charge 3.0 に対応したチャージャーが発売されていたので、2.0 を飛ばして 3.0 を買ってみました(笑

QC3.0 の概要はこちら。

ASCII.jp:クアルコムが高速充電技術「Quick Charge 3.0」発表、2016年にスマホ搭載へ

単純により高電圧で充電できるようになったというわけではなく、2.0 より細かな制御が可能になったことで高効率化した、といったところでしょうか。
対応 SoC は Snapdragon 820/620/618/617/430 とのことで、今後登場する主要なスマホの多くが対応する可能性があります。かなり細かく制御するようなので(おそらく関連 IC やソフトウェアでの対応が必要)、単純に SoC が対応していれば使えるというわけではなさそうですが。

Anker PowerPort+ 1

化粧箱の底面にはでかでかと「AMERICA'S #1 USB CHARGING BRAND」の文字が。日本でも Amazon ではずっと一位ですが、海外でも売れてるんですね。まあ安いのに性能良いですからね。
そういえば化粧箱も以前はダンボールにスリーブ掛けだったのが、もう箱自体がカラー印刷になっていて、メーカーの勢いを感じます。

Anker PowerPort+ 1

箱を開けて製品を取り出したら、その下に「Happy?」。ここに仕込まれていたユーザーガイド的な紙の表紙でした。ふざけてるけど、嫌いじゃない(笑

Anker PowerPort+ 1

本体は Anker らしいシンプルなもの。しかし全体がテカテカに表面処理されていて、指紋とか擦り傷が目立ちそう。ブラックよりもホワイトにすれば良かったかな...。

Anker PowerPort+ 1

iPhone の純正 USB AC アダプタの小ささを知っていると、USB 1 ポートの充電器としてはかなり大きく感じます。まあ最大 12V までの出力電圧に対応しているから大きくなるのは仕方ないですが。

USB ポートが緑色になっているのは、Quick Charge 対応を表しているんですかね。メーカーによってつけている色が違うようなので、Anker では QC 対応は緑、というルールなのだと思われます。

Anker PowerPort+ 1

給電時には本体の LED がグリーンに点灯します。
これ、PowerPort+ 1 の旧モデル(QC2.0 までに対応したバージョン)では QC 対応機器と非対応機器で LED の点灯色が変わったようですが、本機は少なくとも通常充電と QC2.0 では色が変わらないようです。QC3.0 対応機器を繋いだら変わるのかもしれませんが、持っていないので試しようがない(笑

QC3.0 はまだ試せませんが、QC2.0 がどれくらい速いのか、通常の USB 充電と Anker PowerIQ を対象に比較してみました。テストした端末は Xperia Z2(バッテリ容量 3,200mAh)、私用した充電器は通常充電が Xperia Z2 の付属 USB AC アダプタ、PowerIQ が Anker の 5 ポート急速充電器、QC2.0 がこの PowerPort+ 1 です。
バッテリ残量が 5% を切ると自動シャットダウンしてしまうので、10% を切った時点(9%)から充電を開始して Battery Monitor Widget で 5 分ごとにログを取得したグラフが以下になります。

Anker PowerPort+ 1

おお、やっぱり QC2.0 は速いですね。最初から最後までリニアな感じで充電する標準アダプタに対して、QC2.0 と PowerIQ は最初を一気に立ち上げて、徐々にゆっくり充電するような動作をしています。これは満充電に近い状態で高い充電負荷をかけるとバッテリ寿命が短くなったり故障の原因になったりするため、80% 以上はスピードを抑えているものと思われます。
5V のまま電流量だけを増やす PowerIQ よりも、電圧を 9V に高めて充電する QC2.0 のほうが一段速く充電が進むのがグラフからも分かります。

では見方を変えてバッテリ残量 9% から 30%/50%/80%/100% までに要する充電時間を比べてみましょう。

充電容量30%50%80%100%
通常充電0:501:352:454:00
PowerIQ0:300:551:452:40
Quick Charge 2.00:250:451:202:30

こうして見ると、50→80% の間は明確に PowerIQ よりも QC2.0 のほうが速いですが、充電し始めと満充電付近でのスピードは大差なく、9%→100% までの合計時間では PowerIQ と QC2.0 で 10 分しか違わない、という結果に。しかし急速充電したいときというのは、バッテリ残量が少なくなったけどもうすぐ出かけないといけない、というようなシチュエーションかと思います。つまり満充電はできなくてもいいけどできるだけ継ぎ足しておきたいとき。そういうときにちょっとでも多く充電しておける QC2.0 は、咄嗟の場面で助けてくれる存在と言えます。
QC2.0、PowerIQ のどちらをとっても標準の AC アダプタよりは 2/3 以下の時間で満充電までいけるので、少なくともどちらかに対応した USB チャージャーを一つは持っておくべきかと。

QC3.0 については残念ながらテストできていませんが、対応機器を入手したらまた比較してみたいと思います。

Anker / Anker PowerPort+ 1 with Quick Charge 3.0

B016LTJ9XC

投稿者 B : 23:01 | MONO | Other Gadget | コメント (0) | トラックバック