b's mono-log

2015/02/02 (Mon.)

シュレッダーを買い換え

今まで使っていた amadana のシュレッダーが壊れてしまったので、新しいシュレッダーに買い換えました。

コクヨ / デスクサイドマルチシュレッダー Silent-Duo KPS-MX100W (ノーブルホワイト)

KPS-MX100W

年末年始に今までのシュレッダー使って古い書類を廃棄していたら、突然シュレッダーがガタガタ言って書類を吸い込まなくなりました。ギヤが空回りしているような症状だったので、おそらくギヤの山が舐めたか何かで動力が伝わらなくなってしまったのでしょう。まあかれこれ 7 年使ったので、そろそろ潮時かな、と思って新しいものに買い換え。

機種選定のポイントは、「電動」「クロスカット」「動作音が静か」「事務機然としたデザインでない」といったあたり。amadana は既にシュレッダーからは撤退しているので、いろいろと比較した結果コクヨにしてみました。コクヨの事務用品は地味ながら全体的にスッキリしたデザインのものが多く、私好み。

KPS-MX100W

本体サイズは 180mm×355mm×355mm ということで、今まで使っていたシュレッダーに近いサイズ感ながら、少しだけスリムになりました。A4 のプリンタ用紙がそのまま(縦方向に)投入できる電動シュレッダーとしてはかなりコンパクト。

シュレッダーなので機能的にはさほど特筆すべきところもありません。スイッチは裁断/停止/逆転のレバー程度。投入口にはもちろんセンサがついていて、紙が投入されたことを検知したときだけ動作するようになっています。

KPS-MX100W

このシュレッダー唯一の付加機能と言えるのが、この光学メディア/カード裁断機能。紙だけでなく、CD/DVD/BD やクレジットカードも裁断できます。

が、

KPS-MX100W

今手元に不要なクレジットカードがなくて試せないのでこれはパッケージ上の表記ですが、光学メディアとカード裁断はこんな感じになるらしく、これではクレジットカードの廃棄には不安が残ります。刃が IC チップの位置を通るようになっているので、IC チップを破壊するつもりでこのシュレッダーにかけて、あとはカード番号/名義/有効期限を読み取れないようにハサミで切った上で、複数回に分けてゴミ出しする...くらいのことをしてようやく万全、と言えそうです。

KPS-MX100W

ダストボックスは引き出し式。光学メディア/カードのくずはちゃんと仕分けられるようになっているので、プラスチックゴミが不燃物扱いの地域でも分別しやすくなっています(私が住んでいる地域ではプラスチックゴミも可燃扱いですが)。
今まで使っていた amadana は、プラスチック製のダストボックスの上にモーターや刃を含む本体部分が載っかっている形状で、裁断くずを捨てるときにはいちいち重たい本体を持ち上げてやる必要があったので(ついでにその際に刃についた切りくずや塵が散乱しがちだった)、やっぱりデザイン重視よりもちゃんと事務機の使い方を解っているメーカーに一日の長がありますね。Deff の件といい、最近デザイン重視の新興メーカーとはちょっと距離を置こうかな、というモードになりつつあります。

KPS-MX100W

このシュレッダーはクロスカット対応で、裁断すると 4mm×40mm の短冊状にカットされます。クレジットカードの利用明細なんかだと文字が読めてしまうサイズですが、文字列の並びに対して垂直に投入してやれば、ほぼ内容の判読は不可能なレベルになるかと。
動作音も今まで使っていたものに比べればよく抑制された音で、書斎やリビングで深夜に使っても周囲の迷惑にはならないと感じました。

パーソナル用のシュレッダーとしてはとてもよくまとまった製品じゃないでしょうか。ちなみにほぼ同サイズでカード/光学メディア裁断機能がない代わりにオートリバース機能つきのモデルもあるようです。紙用のカッターは同じものが搭載されているようですし、カード裁断機能はちょっと微妙なので、紙しか裁断しないならこっちの方がいいかもしれません。

コクヨ / デスクサイドマルチシュレッダー Silent-Duo KPS-MX100W (ノーブルホワイト)

B00REK0PKE

投稿者 B : 22:10 | KADEN | MONO | コメント (0) | トラックバック

2015/01/18 (Sun.)

加湿器を買い増し

なんかしょっちゅう加湿器を買っている気がしますが(笑、今年は小型の加湿器を購入しました。

パナソニック / 気化式加湿機 FE-KFK03-P (ピンク)

FE-KFK03

ウチのマンションは 24 時間集中換気システムなので、どうしても室内が乾燥しがちなんですよね。ここのところの乾燥で家族が体調を崩し始めたので、今まで加湿器を置いていなかった寝室用に買い増し。

一年前に買った FE-KXJ07 と同デザインの小型モデルです。色は本当はホワイトが欲しかったけど、軒並み売り切れ。もしかしたらこの年末年始が極端に乾燥していたので、慌てて買いに走った人が多かったのかもしれません。まあメインの使用者は家族だしピンクでもいいか、と思って買ってみたら、ベースはホワイト、天板だけ上品なピンク(電球色の照明下ではベージュっぽくも見える)で、さほど違和感なし。

FE-KFK03

小型モデルとはいっても、上位機種との機能差分はあまりありません。省かれているのはナノイー(イオン発生)機能、動作モードの段階(「中」と「おやすみ」)がない程度。動作モードは「弱(静音)」でも就寝時に気にならない程度には静かなので、寝室用として使うのに十分です。

そろそろ次女も子ども部屋で寝るようになる歳だし、来年は子ども部屋用の加湿器購入かな(笑。

パナソニック / 気化式加湿機 FE-KFK03

B00MGAFI0O

投稿者 B : 21:03 | KADEN | MONO | コメント (0) | トラックバック

2015/01/15 (Thu.)

KEEN REVEL II

関東の(あるかもしれない)降雪に備えてママさんダンプを買った人もいるようですが、一方私はブーツを新調しました。

今まで使っていたのは高校時代に買った(!)Timberland のイエローブーツ。いくらなんでも物持ち良すぎるだろ!とセルフツッコミしたくなるところですが、雪国だった高校時代はともかく、上京してからは履いてもせいぜい年に 2~3 回なので、なかなか買い換える気がしませんでした。でも 20 年近く経つとさすがにあちこち傷んできたので、思い切って買い換え。
新しいのは最近お気に入りの MERRELL にするか、それともデザイン重視で探そうかな...と思っていたところ、某氏に勧められて先クール視聴していた『ヤマノススメ』の影響でガッツリアウトドア系のブーツが欲しくなってしまい(笑)、アウトドアブランドから選びました。

KEEN / REVEL II (COFFEE BEAN/RUST)

KEEN REVEL II

「KEEN」は設立 10 年余りの新興アウトドアブランド。キーンだからといって履いてもアラレちゃんのように速く走れるわけではありません(ぉ

定番ピレニーズかタウンユースでも気軽に履けそうなアンカレッジブーツとも迷ったけど、自分的に一番しっくりくるデザインだったこれにしました。

KEEN REVEL II

シューレースホールは足先のほうが開口の大きな金属リング、足首のほうが引っかけるだけの金具になっていて、脱ぎ履きがしやすいのが気に入りました。ブーツって脱ぎ履きが面倒で、それだけで履くのが億劫になっちゃうんですよね...。

KEEN REVEL II

KEEN のアウトドアシューズに共通して採用されているトゥ・プロテクション。大きく巻き上げられたラバーでつま先を護ってくれます。黄色い注意マークがカワイイ。

KEEN REVEL II

踵にも、安定性を高めるヒールサポートが。アウトドアや登山に履いてもガンガンいけそうな安心感があります。

レザー部は完全防水ながら透湿性にも優れた KEEN.DRY という素材が使われています。まだあまり長時間履いていないから蒸れないかどうかは判りませんが、革版ゴアテックスといった感じでしょうか。

KEEN REVEL II

内張とインソールには保温素材が使われていて、コートを着ていても寒く感じる状況でさえ、足だけはとても暖かい。逆に言うと夏場に履くのは自殺行為だと思われますが、スノーブーツとして買ったわけだから別にいいか。

KEEN REVEL II

アウトソールは一見なんの変哲もありませんが、よく見ると表面にスタッドレスタイヤと同じようなサイプ(切り込み)が施されていて、氷上や雪上でのグリップを確保するようになっています。

保温材入りで厚めのインソールも相まってクッション性は良く、ブーツの割に歩きやすいです。

KEEN REVEL II

約 20 年ぶりのブーツ購入でしたが、これはなかなか気に入った。もういつ雪が降ってくれるのかと楽しみで仕方ありません(笑

最近ちょっとアウトドアグッズづきはじめているので、これは春夏シーズン用にもトレッキングシューズとかアウトドアシューズが欲しくなってきました。

KEEN / REVEL II

B00E8ZBB0G

投稿者 B : 22:22 | Footwear | MONO | コメント (0) | トラックバック

2014/11/26 (Wed.)

長野発のワインアイテムブランド「AMUSER」 (4)

この記事はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」が行うブログレビュー企画に参加して書いています。
本企画への参加及び記事掲載は無報酬ですが、商品の提供を受けています。また、この文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)

ロジテックのワインアイテムブランド「AMUSER」製品レビュー、最後はシャンパンプリザーバーです。

AMUSER

ワインプリザーバーがワインの酸化を抑えて保存するためのアイテムであれば、このシャンパンプリザーバーはシャンパンを保存するためのアイテム。目的は同じでも別々に存在するのは、ワインプリザーバーがボトル内の空気を抜いて使うのに対して、シャンパンプリザーバーは逆にボトル内に空気を満たし、シャンパンの炭酸が抜けるのを防ぐために使うから。正反対の働きをする道具です。

外観も、ワインプリザーバーのほうが表面にヘアライン加工を施して落ち着いた雰囲気を醸していたのに対して、こちらは鏡面仕上げによる上品な高級感を纏っています。やはりシャンパンを美味しく飲むためのアイテムなので、そういう佇まいは大事。

AMUSER

ワインプリザーバーと同様に、ポンプを作動させるためのボタンが開栓日を記録しておくダイヤルを兼ねています。

AMUSER

一見ワインプリザーバーと同じように見えて、ポンプの先端の形状が違っていて、ここからボトル内に空気を送り込めるようになっています。

AMUSER

そんなわけで、別に記念日でもなんでもないんですがスパークリングワインを買ってきました。レビュー用だから仕方ない(ぉ

買ってきたのはモエ・エ・シャンドンが発売しているオーストラリア産スパークリングワイン「シャンドン」。4 年ほど前に発売されてから、本物のシャンパンにはさすがに劣るけど十分満足できる味と比較的どこでも買える入手性の良さから、気に入ってたまに買っています。

AMUSER

栓のしかたはワインプリザーバーと同様ですが、そのままではボトル内で炭酸が発泡することで栓が押し出されてきてしまうので、プリザーバーの側面についている 2 枚のストッパーをボトルの注ぎ口の凹凸に咬み合わせることで固定します。

AMUSER

密封できたら、上面のボタンを押して内部に空気を送り、加圧していきます。これ以上押し込めないくらいまで加圧されたら完了。あとはダイヤルを開栓日に合わせて、冷蔵庫で保管します。

AMUSER

開けるときはそのままストッパーを外すと内圧に押されてプリザーバーが飛び出してしまうおそれがあるので、まずはストッパーを片方開いたら、プリザーバー全体を少し斜めに傾けるようにして中の空気を抜いてやります。「プシューッ」と空気が漏れる音がして抜けきったつもりでも、まだ内部にかなり溜まっているのでここは慎重に。
空気がだいたい抜けたら、プリザーバーをしっかり押さえながらもう一方のストッパーを開き、栓を抜きます。

AMUSER

一晩おいても、まるで開けたてのように勢いの良い発泡。このように、飲みきれなかったシャンパンを翌日もまた美味しく飲むことができます。

ただ、個人的にはシャンパンはワインよりも飲みやすいので、基本的に開けたらその日のうちに飲みきってしまうのが常。飲みやすさゆえに、通常のワインよりも「気がついたらへべれけになっている」率も高いですが(笑。というわけで、このシャンパンプリザーバーはあまり出番がなさそうかな。いつか、F1 の表彰台で使われるマグナムボトルのシャンパンを一人で空けるのが夢なので、その際は活躍してくれるかもしれませんが。ただ、マグナムボトルって我が家の冷蔵庫に入るのか...?

AMUSER

というわけで、AMUSER のワインアクセサリーセットのレビューでした。製品のデザインがこぎれいなので、ダイニングに置いておいても絵になります。我が家はお酒やグラスを収めているダイニングのキャビネットに収納しておくことにしました。

それほど高いものでもありませんし、ワイン好きならば一式持っていて損はないセットだと思います。また自分用でなくとも、ワイン好きの友人の結婚祝いや転居祝いなどに贈ると喜ばれるのではないでしょうか。自分ではなかなか買わないけどもらうと嬉しいグッズ、というギフト需要にピタリとはまる製品だと思います。ただ、ギフト需要を狙うならば、化粧箱に印刷された型番とか、いかにもな取説とか、そういう「PC 系メーカーくささ」をもう少し見直した方がいいんじゃないかとは思いますが(^^;;。

AMUSER / ワインアクセサリーセット LWA-SET01RD

B00NUYFHNI

■関連リンク
長野発のワインアイテムブランド「AMUSER」 (1)
長野発のワインアイテムブランド「AMUSER」 (2)
長野発のワインアイテムブランド「AMUSER」 (3)

17878-2969-295219

投稿者 B : 23:30 | MONO | Minpos Review | コメント (0) | トラックバック

2014/11/22 (Sat.)

長野発のワインアイテムブランド「AMUSER」 (3)

この記事はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」が行うブログレビュー企画に参加して書いています。
本企画への参加及び記事掲載は無報酬ですが、商品の提供を受けています。また、この文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)

ロジテックのワインアイテムブランド「AMUSER」の製品レビュー、3 回目はワインプリザーバーについて。

AMUSER

ワインというものは空気に触れることによって味が変わっていく飲み物です。だからこそエアレーターやデキャンタを使うことで熟成を進め、短時間で美味しさを引き出すアイテムが存在するわけですが、空気に触れすぎると今度は酸化して味が劣化していく、という側面も持っています。若いワインほど酸化しやすく、開栓して一晩置いておいたら(一応コルク栓をし直していても)酸っぱくて飲めたものではなくなってしまいます。

我が家は奥さんが体質的にあまり飲めないので、ワインを買ってきても 8 割方私が飲むことになります。それはそれで良いんですが、飲みきらないと美味しくなくなってしまうので、基本飲みきり前提で買う→時間や体調的に飲みきる自信がないときは買わない→ワインを飲む機会が減る、という悪循環。二十代の頃はは一晩で 2 本くらいはいけたけど、今は 1 本空けると翌朝に少し残ってしまうくらいには歳を取ったので、そうそう自宅ではワインを飲まなくなってきました。

そういうときに、このプリザーバーがあれば残ったワインを劣化させずに保存することができるというわけです。

AMUSER

AMUSER のプリザーバーは手動ポンプ式の買え栓。先端には日付を設定できるダイヤルがついていて、何日に開けたワインなのか判別できるようになっています。

AMUSER

栓の下端には吸い出し式のポンプ。これでボトルの中の空気を吸い出して、保管中にワインが酸素に触れないようにし、ワインの変質を防ぐ仕組み。

AMUSER

ボトルに装着するとこんな感じ。ポンプのボタン部は装着時はこれくらい飛び出していますが、

AMUSER

装着したら、こんな感じでボタンを何度も押し込んでやります。すると中の空気が抜けて、

AMUSER

ボタンがほぼ押し込めない状態になったら空気抜き完了。ダイヤルを今日の日付にセットして、そのまま保管できます。

試してみたところ、確かに前回飲んだ最後の状態から大きな劣化なく保存できていて、美味しくいただけました。ワインそのものの熟成度や残量、気温等にもよるでしょうが、3~4 日から一週間程度であれば特に問題なさそうです。

今までは、飲みきれなさそうでもちょっと無理して飲みきるか、諦めて残りは料理に入れるかしかありませんでしたが、これがあれば日頃からもっと気軽にワインと付き合うことができそう。最近は 1,000 円台前半でも十分に美味しいワインが入手しやすくなっているので、そういうのをテーブルワイン的に少しずつ楽しめるのはいいですね。エアレーターともども、もっと早く手に入れておくべきでした。

AMUSER / ワインアクセサリーセット LWA-SET01RD

B00NUYFHNI

■関連リンク
長野発のワインアイテムブランド「AMUSER」 (1)
長野発のワインアイテムブランド「AMUSER」 (2)

17877-2969-295199

投稿者 B : 21:48 | MONO | Minpos Review | コメント (0) | トラックバック

2014/11/18 (Tue.)

長野発のワインアイテムブランド「AMUSER」 (2)

この記事はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」が行うブログレビュー企画に参加して書いています。
本企画への参加及び記事掲載は無報酬ですが、商品の提供を受けています。また、この文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)

ロジテックが新たに展開するワインアイテムブランド「AMUSER」の商品レビューを続けていきます。
本日は、ワインの美味しさをさらに引き立てる「ワインエアレーター」。

AMUSER

赤ワインはライトボディなら冷やして飲むこともありますが、ミドルボディ以上であれば常温で飲むもの。かつ、開けた直後よりも少し時間が経ち、ワインが空気に触れることでより味と香りが引き立つものです。かといって、レストランでワイングラスを必要以上にグルグル回すのはそれはそれで違いますが、適度に空気に触れさせることは重要です。
一般的にはワインの栓を開けた状態でしばらく時間を置くことで香りが立ってきますが、時間短縮のためにデキャンタを使うこともあります。私もデキャンタは一つもっているものの、めんどくさいのでとっておきのワインを開けるときくらいしか使わなかったりします。何がめんどくさいって、形状的に洗いにくいんですよ(笑

そういうものぐさなワイン好きのためにあるのがこのエアレーターで、ボトルの先につけて注ぐだけでデキャンタージュしたような味と香りが堪能できる、というもの。存在は知っていましたが、微妙に眉唾じゃね?と思っていたこともあって、今まで使ったことはありませんでした。

AMUSER

AMUSER のエアレーターは、シンプルで美しいデザインながら、内部構造は凝っています。内側がらせん構造になっていて、ワインを注ぐと中を回転しながら空気と触れ合う仕組み。エアレーターにもいろいろありますが、こういう構造のものは初めて見ました。

AMUSER

使い方は、ワインボトルの口にエアレーターの細い方を差し込んで、あとはワインを注ぐだけ。

透明部分は樹脂系なので、酸性のワインを注ぎ続けたら色素がこびりついたりするんじゃないか、と不安になりましたが、この透明樹脂は SAN(スチレン-アクリロニトリル樹脂)という耐酸性と耐擦傷性に優れた素材のようなので、その点は大丈夫そうです。ただ長時間アルコールに浸けると変色するようなので、使用後は速やかに洗った方が良いでしょうね。ワインを飲み過ぎると後片付けとかしないで寝てしまいたくなりがちですが(笑

AMUSER

ワインを注ぐとこんな感じ...という写真を撮ったつもりが、注ぎながら撮るのってなかなか難しくて、内部構造がよく分からない写真になってしまいました(ぉ

もう少し勢い良く注ぐと、エアレーターの中でワインがぐるっと 360°180° 弱ほど回って出てきます。短い距離の中でできるだけ空気に触れさせる面積を確保するのに、理にかなった構造と言えます。
※初出時、公式サイトの記述に従って「360°」と記載していましたが、実測では 180° に満たないようなので訂正しました。

AMUSER

飲み比べてみました。

同じ開栓直後の状態で比較すると、ダイレクトに注いだものは味も香りもちょっと硬くて、30~60 分は置いてから飲みたい感じ。
エアレーターを通したものは、ちょうどいい具合に味と香りが「開いて」、開栓後しばらく置いた状態に近づいています。これならデキャンタージュしなくても、お手軽に美味しいワインが楽しめますね。たまに、デキャンタージュせずに半分くらい飲んでから味が変わってきて「あー、もっと時間を置いてから飲めば良かった」と後悔することがありますが、これを使えば最初からワインのフルパワーを堪能できます。これは、今後自宅でワインを飲むときにはもれなく使っていきたいと思います。

安いワインや若いワインでも、空気に触れさせることで味がグレードアップするので、おすすめです。ただ、若いワインは空気による熟成が早い一方で酸化も早いので、エアレーターを使うなら瓶のほうはコルクかプリザーバーで蓋をしておいたほうが良いでしょうが。

ちなみに、このリオハのワインは、スペインワインらしくやや独特な香りが特徴で、味が濃いめのチーズやナッツと組み合わせると良い感じ。まあ、ワインは他のお酒と違って銘柄が無数にあり、一度飲んだワインに二度巡り会うことは(超メジャーどころのシャトーでもないかぎり)滅多にありませんが。そういうのも含めて、ワインとの一期一会は楽しいものです。このエアレーターを使えば、「本当は美味しいワインのはずだったのに、本領を発揮する前に飲みきってしまった」という残念な経験も減らせるので、ワインライフの必携アイテムと言えるのではないでしょうか。

AMUSER / ワインアクセサリーセット LWA-SET01RD

B00NUYFHNI

■関連リンク
長野発のワインアイテムブランド「AMUSER」 (1)

17877-2969-295199

投稿者 B : 23:00 | MONO | Minpos Review | コメント (0) | トラックバック

2014/11/17 (Mon.)

長野発のワインアイテムブランド「AMUSER」 (1)

みんぽす関連のレビュー記事が続きますが、今回はちょっと異色の製品レビューになります。また、いつもと違うのは商品貸出ではなくモニタープレゼント企画です。

この記事はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」が行うブログレビュー企画に参加して書いています。
本企画への参加及び記事掲載は無報酬ですが、商品の提供を受けています。また、この文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)

今回レビューするのは、PC 周辺機器メーカーとして有名なロジテックが、新事業として立ち上げたワインアイテムブランド「
AMUSER(アミュゼ)」。

AMUSER - WINEの故郷 長野発のワイン・スパークリングワイン関連用品のオリジナルブランド -

長野県にある同社の製造・保守・サービス系子会社である「ロジテック INA ソリューションズ(株)」で企画から製造までを行っているようです。というか、この業界で一般的なように、PC 関連製品自体をアジア系ベンダーからの OEM で出しているとばかり思っていたので、長野に自社工場を持っているとは知りませんでした。
そのロジテックの工場で何故ワイングッズ?と思いましたが、長野は山梨県に次ぐくらいの、国内有数のワイン生産地。五一わいんは私も好きです。PC の需要減とかいろいろと背景はあるんでしょうが、AMUSER の製品へのこだわりを見ていくと、純粋に担当者の方がワイン好きだったんじゃないかな、というのが伝わってきます。

AMUSER

試用させていただいたのは、第一弾商品全ての詰め合わせとなるワインアクセサリーセット「LWA-SET01RD」。型番がついているのがとても PC 関連機器メーカーっぽいですが(笑、実際のモノはパッケージングからして美しく、セレクトショップやエノテカで販売されていてもおかしくない佇まい。

AMUSER

セットに含まれるのは

  • 電動式ワインオープナー
  • ワインプリザーバー
  • シャンパンプリザーバー
  • エアレーター
の 4 種。

いずれも、こういうと失礼かもしれませんがロジテックの PC 周辺機器に比べても洗練されたデザインで、使わないときにも締まっておくのではなく飾っておきたいほどの美しさ。華美ではなく、素材の美しさを活かしたシンプルなデザインであるところも好感が持てます。

AMUSER

まずはワインオープナーから。

この製品のみ、シルバーとレッドのカラーバリエーションが用意されています。シルバーは白ワイン、レッドは赤ワインによく似合う雰囲気で、私は赤ワインをよく飲むので、レッドが気に入りました。アルミニウムの素材感を活かした、金属の塊っぽさがいい。

AMUSER

このワインオープナーは充電式で、付属の AC アダプタから充電するようになっています。円筒形のてっぺんには非常停止ボタン(動作中に何かあったときに止めるボタン)と充電状態を示すインジケータがついていて、充電中は赤く点灯します。

AMUSER

スクリュー部にはカバーがついています。安全への配慮と同時に、この円筒をボトルに垂直に押し当てるだけで良いので、初心者でも失敗せず開栓できるようになっています。

AMUSER

こちらは非使用時にはスタンドとして使用できる、ホイルカッター。内側についている刃で、ボトルに封をしているホイルやラミネートを切れるようになっています。

AMUSER

というわけで、さっそく使ってみます。

今回選んだのはスペインワイン。日本ではフランス・イタリアはおろか、チリやカリフォルニアよりもマイナーな扱いですが、個人的にはスペインワインが好き。ブドウの品種も独特で、フランスワインに比べると少しクセがあるけど、一度ハマるとクセになる味だと思います。
とはいえ成城石井あたりでさえ、あれだけあるワインセラーの中でスペインワインは 2~3 種しか扱いがありません。買ってきたのはリオハの 2012 年ものの赤、スペインワインの中では最もメジャーな産地です。

AMUSER

まずはボトルのラミネートを開封。

ホイルカッターを逆さ向きにワインの栓に当てて、側面のボタンを押しながらボトルの外周に沿って回します。すると、内側についている刃がボトルに封をしているホイルやラミネートを切ってくれて、

AMUSER

このように、きれいに開けるという。
これ、普通のソムリエナイフを使う場合、慣れていないと斜めに切れたりめくれすぎたりして美しくなくなりがちなので、助かります。

AMUSER

で、ワインオープナーをボトルに垂直に当てて、下向きに少し力を加えると、ボタンを押さなくても自動的に動き出します。スクリューがコルクの奥に達すると、今度は自動的にコルクを引き上げる方に動き出し、自分ではワインオープナーを握っているだけで、開栓完了。ここまで全自動だとは思っていなかったのでちょっと驚きましたが、本当にラク。動作中はスクリュー部を白色 LED で照らしてくれるので、動作状態もよく見えます。

個人的には、ちょっと古いかもしれませんが音楽を聴くときに CD をプレイヤーのトレイに置いて再生が始まるのを静かに待つように、ソムリエナイフで開栓するのがワインを飲む前の「儀式」みたいなものだと思っていて、それ自体がひとつの楽しみでもあります。なのでここまで自動化されてしまうと少し物足りなさはありますが、誰でも失敗せずきれいに開栓できるのは良いこと。特に力の弱い女性でも簡単にワインを開けられることは、助かる人も多いでしょう。男性にとっては女性に対する見せ場を一つ失ってしまうことにもなりますが(笑。

私はとっておきのワインを開けるときには今後もソムリエナイフを使うと思いますが、日常的に飲むやつならば、これを使ってラクをしようかな。

AMUSER / ワインアクセサリーセット LWA-SET01RD

B00NUYFHNI

17875-2969-295198

投稿者 B : 21:00 | MONO | Minpos Review | コメント (0) | トラックバック

2014/10/22 (Wed.)

自宅の LED 電球化進行中

自宅の洗面所(兼脱衣所兼洗濯室)のダウンライトが切れたので、この機会に LED 化しました。今のマンションに引っ越して 2 年余、やっぱり蛍光ランプは電源オンオフの頻度が高いところから順に切れていきますね。

買ってきたのはこちら。

東芝ライテック / LED 電球 一般電球形 E-CORE(電球色相当) LDT6L-G/S/40W

LDT6L-G/S/40W

以前買った LDT7L-G/S と同じ T 型。外装が全く同じでランプのスペックだけが異なるタイプです。E26 口金だからパナソニックの切り替え電球タイプを試してみようかという思いもよぎったけど、洗面台のランプが電球色なので、混ざっちゃう。なので普通に電球色にしました。

LDT6L-G/S/40W

切れてしまった電球型蛍光灯(パナソニック EFD15EL/12/2)とはほぼ同サイズ。E26 口金で 40W 相当の LED 電球なら他にも選択肢はあったけど、今まで使っていたランプから違和感なく移行できるという観点でこれに。
明るさは LDT7L-G/S の 560lm だと、EFD15EL/12/2 に対して 20% くらい明るい印象だったので、逆算して 485lm の LDT6L-G/S/40W ならちょうど同じくらいだろうなと。電球型蛍光灯と LED 電球では、カタログスペック上の光量は同じでも体感上の明るさがけっこう違うので、実際に使い比べてみないと分からないのが難しいところです。

EFD15EL/12/2

今までのパルックボールだと天井のダウンライトにはこんな感じ↑で収まっていました。

それが、E-CORE T 型に置き換えるとこんな感じ↓。

LDT6L-G/S/40W

器具の形状的にはもう少し直径の大きい電球でも収まりますが、光の出方が変わりそうだったので、できるだけ使い勝手が変わらない選択肢を選びました。LED 電球も最近は値段が下がっているので、T 型にこだわらなければもっと安い選択肢もあるんですけどね。

例によって明るさや色味の変化を比較してみました。撮影は α6000、絞り優先 AE で同じ設定にて撮影。ホワイトバランスを変えながら撮ってみていますが、見た目に最も近いのは「電球」です。

ホワイトバランスEFD15EL/12/2(電球色)LDT6L-G/S/40W(電球色)
太陽光 EFD15EL/12/2 LDT6L-G/S/40W
電球 EFD15EL/12/2 LDT6L-G/S/40W
AWB EFD15EL/12/2 LDT6L-G/S/40W

カメラでの自動露出では同じシャッタースピードで撮られているので、全く同じ明るさとして認識されているようです。体感的には、ほとんど同じ明るさだけど E-CORE のほうがややクッキリ見える印象。色味は体感ではほとんど違いがありませんが、写真で比べると E-CORE のほうが微妙に赤みが強くて(というかグリーンが若干弱い)白や肌色が自然に見えますね。やはりメーカーの傾向として、パナソニックはグリーン強め、東芝はレッド強め(カラーバランスは東芝のほうが自然)というのは蛍光灯時代と同様ですね。

影の出方にも硬さはなく、電球型蛍光灯のリプレースとして十分。パルックボールと混在させても違和感がないので、1 本単位で入れ替えていっても問題なさそうです。我が家のダウンライトが切れたときの買い換えとして最適解を見つけられたように思います。
ただ LED 電球は今まさに進化の過程にあるので、今年のモデルが来年には切り替わっている可能性が高いのが悩ましいところ。値段も下がっていくので買い置きしておくのももったいないし、そのときそのときにスペックを見ながら最適と思われるものを選んでいくしかなさそうです。我が家は次はたぶん廊下かキッチンの電球が切れると思われるので、今度はまた違うのを試してみようかなあ。

東芝ライテック / LED 電球 一般電球形 E-CORE(電球色相当) LDT6L-G/S/40W

B00KVU7MPA

投稿者 B : 22:40 | KADEN | MONO | コメント (0) | トラックバック

2014/10/15 (Wed.)

CycleEnergy CP-V5

この夏に CP-F10 を買ったばかりですが、またモバイルバッテリを購入しました。

ソニー / CycleEnergy CP-V5 (ブラックブルー)

CycleEnergy CP-V5

最近じゃモバイルバッテリは ANKER か cheero が席巻していますが、あえて CycleEnergy で。

なんでまた買ったのかというと、CP-F10 は旅行用には安心の大容量だけど重いし、かといって 2,000mAh の CP-ELSVP じゃ今どきのスマホの充電一回分にも満たないし(まあ緊急継ぎ足し用としては十分ではあるけど)、普段使い用として 5,000mAh 級のバッテリを持っておきたくて。

CycleEnergy CP-V5

カラーは「ブラックブルー」を選びましたが、色名称に反して実際の色は鮮やかブルー。黒だとカバンの中で見つけにくいし、白だと汚れがすごく目立つので、こういう有彩色系がいいと思います。

CycleEnergy CP-V5

付属品は 15cm 長の microUSB ケーブルのみ。AC アダプタがついていませんが、USB AC アダプタなんてもうこれ以上増えても困るくらいに持っているので、特に問題ありません。

CycleEnergy CP-V5

フットプリントは CP-F10 とほぼ同じ(つまり Xperia Z2 とほぼ同じ)、長辺の長さだけが少し短い程度。かさばり度でいったら CP-F10 と大差ないように見えますが、

CycleEnergy CP-V5

厚みが 2/3 程度、重量も半分強なので、CP-V5 のほうがかなり軽快。給電が 1 ポートのみなので同時に複数台への給電ができませんが、5,000mAh を複数台で分けたらすぐなくなっちゃうし、普段使い用としてなら十分かな。
不満点を挙げるとすれば、CP-F10 ではついていた電源ボタンがなく、USB ケーブルを挿すと自動的に放電が始まってしまうこと。ケーブルを挿しっぱなしで持ち運べないのはちょっと面倒ではあります。

CycleEnergy CP-V5

Xperia Z1 f なら、2 回分空っぽから満充電できる容量。日常的には、スマホの複数台持ちも、モバイルルータの電池切れも、これで不安はなくなりました。

CycleEnergy CP-V5

アルミ筐体の CP-F10 に比べると高級感はありませんが、軽いプラスチック製筐体で表面には傷がつきにくい・ついても目立ちにくいディンプル加工が施されていて、ラフに扱えるのはむしろ歓迎。
常にいくつものモバイルガジェットを持ち歩いている身としては、通勤鞄に常に忍ばせておくのにちょうどいいバッテリと言えそうです。

ソニー / CycleEnergy CP-V5 (ブラックブルー)

B00LPB9RFM

投稿者 B : 23:15 | MONO | Other Gadget | コメント (0) | トラックバック

2014/08/12 (Tue.)

Panasonic LED 電球 切替え電球タイプ

先日ダイニングの照明を LED に切り替えた際にいろいろと LED 電球を物色していたら、とてもユニークな製品がパナソニックから出ていることを知りました。

LED電球 「明るさ・光色切替えタイプ」 4機種を発売 | プレスリリース | ニュース | パナソニック企業情報 | Panasonic

B00KR1YRFG

パナソニックのシーリングライトは壁のスイッチをダブルクリックすることで(旧いシーソー式スイッチの場合は短時間のうちに入→切→入することで)明るさを切り替える機能が付いていますが(この 10 年、パナ以外を使っていないので他社は知りませんが)、その機構を応用して LED 電球の光色、あるいは明るさを切り替えることができるタイプの製品。確かにこれはコロンブスの卵で、通常の電球よりも光源が小さい LED の特長を活かした商品企画だと思います。

切り替えのタイプは、光色を昼光色/電球色に切り替えるタイプと、明るさを切り替えるタイプの 2 種類。
光色切り替えタイプは、普段や作業に集中したいときには昼光色で見えやすさを優先し、落ち着きたいシチュエーションで電球色に切り替えることができます。ダイニングテーブルで勉強や作業をするような家庭では、これはかなり重宝しそう。明るさ切り替えタイプは普段は通常の明るさで使い、深夜は暗めにして常夜灯代わりにする、という使い方ができそうです。我が家も LDK の照明は電球色ですが、ときどきハッキリした照明が欲しくなるときがあるんですよね。

2 種類の LED や切り替えスイッチを内蔵する必要があるためか、今のところ E26 口金タイプしか発売されていないようです。我が家の LDK は E17 口金なので残念ながら使えませんが、好評ならば今後 E17 型が出てこないとも限りません。これは期待して待ちたいところ。

LED 照明もそろそろ普及期に入り、価格競争が始まりそうな中、こういう新しい提案は業界にとっても良いことじゃないでしょうか。ここのところパナソニックは商品企画やマーケティングコミュニケーションでの差異化がうまくいっているように見えるので、注目しています。
この LED 電球も一度試してみたいんですが、我が家で E26 口金で切り替えできると便利な場所ってあったかなあ...(←完全に目的と手段が入れ替わってる

パナソニック / LED 電球 光色切替タイプ ダイニング向け 9.0W 昼光色/電球色相当 LDA9-G/KU/DN/W

B00KR1YOKY

投稿者 B : 22:33 | KADEN | MONO | コメント (0) | トラックバック