b's mono-log

 1 |  2 |  3 | all

2011/03/19 (Sat.)

充電万能

田舎に帰ってきています。
もともと、(年末年始に帰らなかったので)長女の幼稚園の春休みに合わせて短い休暇を取って帰省するつもりだったのですが、結果的に東京から疎開してきたような格好に(笑。まあ、これで一世帯分でも首都圏の電力消費が減るのであれば、帰ってきた意味もあるというもの。
北陸は(新潟県中越地方は地震で大変そうですが)特に大きな地震も生活の混乱もなく、落ち着いたものです。東京は何だかんだでピリピリしていて、妻子にはけっこうなストレスがかかっていたと思うので、これでちょっとリフレッシュしてくれるといいんですが。

今回の帰省に合わせてというわけでもないんですが、こんな小物を買いました。

PLANEX / 充電万能 BN-MUS4CB

BN-MUS4CB

自他共に認めるリトラクタブルケーブル収集家の私ですが(ぉ)、実は今まで和式ケータイ充電用のリトラクタブルケーブルは持っていませんでした。和式ケータイはそんなに使わなければ(個人用のケータイは事実上カエルコールとおサイフ専用機になってるので)充電しなくても数日もつし、出張や旅行時も AC アダプタを持っていれば十分、と思い。が、今回の震災で念のため USB 充電できる体制を整えておこうと思い、買ってみた次第です。

このケーブルはアダプタ方式で USB miniB、iPhone/iPod、docomo/SBM、au、PSP の 5 種類のコネクタに対応しています。ケーブルから直接生えているのが USB miniB なのがちょっとしたミソで、他の USB miniB タイプのケーブルにこのアダプタをつければいろいろ使い回しが利くのが何かと重宝。あと主だったところでは DS と MicroUSB に対応していないのが惜しいですが、それはそれで別途リトラクタブルケーブルを持っているので、まあ無問題。

これからはこれと CP-AL を一緒に通勤カバンに突っ込んでおきたいと思います。

投稿者 B : 00:27 | MONO | Other Gadget | コメント (0) | トラックバック

2011/03/14 (Mon.)

非常用にライトを買った話

余震や計画停電で首都圏の生活はまだまだ混乱が続いていますが、この blog もそろそろ少しずつ通常営業に戻していきたいと思います。日本経済に貢献する買い物の記録と、誰かの役に立てるかもしれない情報の公開がモットーですから(笑。

とりあえず非常用のライトを買った話から。東京電力の計画停電の話が出てきたので(結果的に私の住む地域は、今日は停電がありませんでしたが)、慌てて懐中電灯を確保しました。自宅にはミニマグライトと自転車のバッテリライトくらいしかないので・・・。
当初、クマデジタルさんお勧めのパナソニック BF-BG01K を買ってみようと思ったんですが、家電量販店・ホームセンター・スーパーいずれも懐中電灯は争奪戦状態で、あまり選り好みできる状況でもない(;´Д`)ヾ。とりあえず昨日、川崎ヨドバシ(土曜日は設備点検のため休業で、朝イチに行けば何かしらの在庫がある可能性があった)の開店前に行って、買ってきました。

MAG-LITE / マグライト D.CELL 4 BK S4D016

MAG-LITE

選択肢が少なかった在庫の中から、最も光量が大きそうなものを選びました。本当はこういうときこそ国内メーカー品(国産にこだわらなくても、国内メーカーにお金を落としたかった)を買うべきなんでしょうが、そもそも選択肢が限られていたし、マグライトなら信頼性も高いので。

単一乾電池×4 を使用するものなので、かなりデカイです。ミニマグライトと比較しても実感が湧かないかもしれないので、もう少し大きいものと比較してみます。

MAG-LITE

このとおり、1.5l のペットボトルよりも長い(笑)。長さだけでなく重さもそれなりにあり、本体だけで 500g、電池を入れると 1kg 近くになってしまいますが、アルミ(ジュラルミン)製なので堅牢性は高いです。いざとなれば護身用に使えることも災害時には重要じゃないでしょうか。特に、我が家は私が仕事に出ている間は女性しかいなくなってしまいますし。

MAG-LITE

「テールキャップに予備のバブルを内蔵」って何なの・・・

MAG-LITE

・・・と思ったら、予備の「バルブ」でした(笑。
テールキャップについている-極のスプリングを外すと、スポンジに包まれたクリプトン球が出てきました。この収納方法はなくさないという点では賢いかも。

MAG-LITE

ランプの明るさはかなり高いです。クリプトンライトなので赤みがかっており、演色性はあまりよくないですが、まああくまで非常用なので気にするところじゃない(笑)。それに、非常時の環境光代わりという意味では、暖かみのある色でいいのかもしれません。

MAG-LITE

明るさはこんな感じ。限りなく 0 ルクスに近い部屋(ほぼ真っ暗)でもこれだけ照らせます。さらにマグライトは先端を回転させることで光線を収束/拡散させることができるのですが、これで最収束させた状態。

MAG-LITE

で、最拡散させるとここまで広く照らせます。もともと屋外使用も想定しているモデルなので、シーリングライトほどの明るさはさすがにないですが、間接照明的に天井~壁面まで反射させれば、非常時の環境光としては何とか用を足してくれるレベルだと思います。

クリプトン球は比較的寿命が長く、しかも予備までついているのであまりメンテナンスは気をつけなくてもいいですが、いざというときに使えないと困るので、いずれ LED 化してやりたい気もしています。あと、単三・単四と違って単一電池は充電池があまり販売されていないので、定期的にアルカリ乾電池を交換してやる必要もあります。少なくとも年に一度は電池交換かな。

あと、ついでにヘッドライトも買っておきました。

Energizer / 7LED ヘッドライト HDL-7LED-J

Energizer

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、アメリカの乾電池市場で大きなシェアをもつ Energizer(エナジャイザー)の LED ヘッドライトです。子どもを抱っこしたり、奥さんが食事の準備をしたり、何かと両手を空けておきたい状況も多いかと思い。

デザインがいかにもアメリカンでこっ恥ずかしいですが、まあ非常用なのでやむなし(´д`)。

Energizer

ライトユニットはこんな感じで、7 つの LED が内蔵されています。中央上についているオレンジ色のボタンで操作します。

ボトムズにこんな顔の AT がいたようないなかったような(笑。

Energizer

背面はウレタンフォームが貼られていて、額に装着しても痛くないようになっています。
電池は単四電池×3。我が家にはサイクルエナジーやエネループはほぼ単三しかありませんが、単四もちょっと買っておかないとなあ。

Energizer

点灯してみたところ。7LED のうち白色 LED(日亜科学製です)は 5 灯あり、ボタンを押すことでトグル式に 3 灯→2 灯→5 灯を切り替えることができます。写真は 5 灯を点灯させたところですが、最大 45 ルーメンということでサイズからは想像できないほど明るいです。マグライトで地明かりが確保されていれば、基本的には 3 灯または 2 灯でも十分な気がします。

Energizer

残りの 2 灯は赤色 LED。これもトグルボタンでの切り替えになります。これは照明用というよりも避難時に道路上で立ち止まらなくてはならなくなった場合などに使うイメージかな。あるいはハンドライトで前を照らしつつ、後ろに所在を示すために使ってもいいと思います。

このヘッドライト、IPX4 対応の防水仕様なので、本当にいざというときの備えにもなるのがポイントです。

ということで、この 2 つのライトは計画停電への備えとしてはまあ十分な非常灯になると思いますが、普段使いにはちょっとヘビーデューティすぎるかな(笑)。もうちょっと物流が落ち着いたら、LED で単三電池使用の普通の懐中電灯も改めて買っておこうと思います。

投稿者 B : 22:30 | MONO | Other Gadget | コメント (0) | トラックバック

2011/03/05 (Sat.)

CycleEnergy CP-AL

最近、出張はあまりないんですが、外出や遠出をする機会が増えてきたので、モバイル機器用の外部バッテリを購入しました。特に、現在の私のモバイル用メイン回線となっている光ポータブル(イーモバ SIM)が、ヘビーに通信するとバッテリが一日持たないので。

外部バッテリとしては去年エネループの stick booster を買ったんですが、デザインは気に入っているものの、アルミ筐体は美しい代わりに傷がつきやすそうなので扱いがデリケートだとか、自己放電が激しいのでいざ使おうと思ったときに電池残量が残ってないとか、といった感じでカバンの中に忍ばせておいていざというときに・・・という用途では、意外と使いにくい(´д`)。

ということで、あちこちで評判の良かったこれを買ってみました。

ソニー / CycleEnergy CP-ALicon

CP-AL

リチウムイオン電池タイプなので高容量。単三電池 2 本を使う電池交換可能な CP-AH2Ricon もありますが、電池交換タイプは stick booster を使えばいいので。
実はこれを注文した後に AC-UP100icon もあったことを思い出したのは、内緒です(;´Д`)ヾ。

CP-AL

CP-AL は四角形が二つ繋がったような形状をしていて、片方がコンセント(AC アダプタ)、片方がバッテリになっています。バッテリ側はコンセントを外すと自動的にコネクタの蓋が閉まるという、凝ったギミックがついています。
どうも間違えてバッテリ側ではなくコンセント側を持ち歩いてしまう人がいるようですが、私も気をつけよう(ぉ

CP-AL

USB 電源出力は 1 ポートのみ。電源スイッチ等は特になく、この USB ポートにケーブルを接続したらその瞬間に放電開始するようです。使わないときにケーブルを挿しっぱなしにしておくと、どんどん放電していくので注意(´д`)。

とりあえずこの CP-AL を通勤カバンに入れっぱなしにするようにして、stick booster のほうは(電池交換できる利便性があるので)出張や旅行時に持って行く、という感じで使い分けようと思います。
まあ、それでも先日帰省したときのように、USB ケーブル側を忘れて行ったらどうしようもないわけですが(´д`)。

投稿者 B : 23:49 | MONO | Other Gadget | コメント (0) | トラックバック

2010/06/02 (Wed.)

amadana のモバイル機器用グッズ

リアル・フリート、「amadana」ブランドの携帯機器用周辺グッズ (ケータイ Watch)

ちょっと心惹かれるモバイルグッズが amadana から発売されるようです。各種巻き取りケーブルモバイル電源タップを収集している私としては、amadana だし、無視できない(笑。

発売されるのは USB 充電ケーブル(USB miniB 端子から各種電源プラグに変換するもよう)、充電台、USB AC アダプタ(同様に USB miniB 端子からの変換)ソーラー充電器、ネックストラップ、ハンドストラップの 6 種。充電台はたぶん blueLounge の「The Sanctuary」と同じようなコンセプトだけど、こっちのほうが使いやすそう。

まだあまり製品写真が出てきていないので、具体的にどんな使い勝手なのか分かりにくい部分がありますが、充電ケーブルや AC アダプタはちょっと気になります。あと、N-04A のストラップが最近切れかかっているので、これ出たら買い換えようかな・・・。

7/1 発売とのことです。

投稿者 B : 22:40 | MONO | Other Gadget | コメント (0) | トラックバック

2010/05/22 (Sat.)

ELECOM T-ACTAP22

メネガレットといい YAZAWA の超小型電源タップといい、最近小型 AC タップ買い過ぎなんですが、またこれ買いました。

エレコム / AC アダプタ用タップ 2P 式 2 個口 T-ACTAP22

ELECOM T-ACTAP22

YAZAWA のタップを買った直後くらいにエレコムから発売されて、聞いてないよ-!という感じで購入(´д`)。

ELECOM T-ACTAP22

2 口タップで、サイズ的にはまあわりと普通。というか YAZAWA のタップがコンパクトすぎるわけですが。

ELECOM T-ACTAP22

AC アダプタ(写真は VAIO X 用のアダプタ)につなぐとこんな感じ。使ってる AC アダプタ自体が PC 用としてはかなりコンパクトな部類に入るのでタップが大きく見えますが、それでも十分小さいと思います。
使い勝手は「コンセントが一方向にまとまるメネガレット」といった感じで、メネガレットだとコンセントが四方に分散するのが煩わしい(使い方によってはそれが便利だったりもするのですが)ような用途の場合は、こちらのほうが扱いやすいかも。というか、イメージ的にはメネガレットが「会議室で PC 用のコンセントが足りないときに、自分のを分けてあげて恩を売る(ぉ」というシチュエーションを想定して作られていそうなのに対して、エレコムのこのタップは「自分のデスク上でコンセントをコンパクトに増設する」ことを主目的としているように思います。

当初は YAZAWA のタップを出張用に使おうかと思ってたんですが、あれは端子が剥きだしで荷物に入れると他のものに傷をつけそうなので、あれは普段使い(職場内持ち歩き用とか)にして、こっちを出張用にしようかと考え中。

投稿者 B : 00:22 | MONO | Other Gadget | コメント (0) | トラックバック

2010/04/15 (Thu.)

超小型電源タップ

またちょっと出張が増えがちなシーズン。出張お役立ちグッズということでこんなものを買ってみました。

YAZAWA / 極小コーナータップ 4 コ口 STCS-154BK

超小型電源タップ

電源タップ、の超ちっちゃいやつ。本当にコンセントの先につけるドングルくらいのサイズしかなくて、出張にや旅行にもってこいな感じです。似たようなコンセプトでメネガレットというのもありましたが、メネガレットが AC アダプタ付近で電源を分岐するのに対して、これはコンセント付近で分岐するタイプなので、どんなシチュエーションで使うか、で使い分けられそう。

超小型電源タップ

実際に電源コードのプラグに繋いでみると、このくらい。普段使う PC の AC アダプタの先っぽに挿しっぱなしでも良いくらいです。

これ、このナリでなんと 4 分岐。合計の電源容量には注意する必要がありますが、よくもまあこれだけ詰め込んだなと感心。
どうやって実現しているかというと、

超小型電源タップ

こんな感じで、差し込み口同士を微妙にオフセットすることで、4 系統ささるようになっています。まるで人が入った箱に刀剣を刺す定番のマジックみたい(笑。

超小型電源タップ

構造上、プラグ側を完全に折りたたむことができない(もう少し全長を長くすれば可能か)のはモバイル用途を考えるとちょっと残念ですが、それでも出張時にホテルでコンセントが足りなくなりがちな私には重宝するアイテムです。普段からカバンに忍ばせておいても良さそう。

投稿者 B : 23:39 | MONO | Other Gadget | コメント (2) | トラックバック

2010/04/13 (Tue.)

CycleEnergy Gold/Silver

最近二次電池買いすぎなわけですが(´д`)、サイクルエナジー充電池の新製品が出ていたので買ってみました。

ソニー / サイクルエナジーゴールド NH-AA-4BKBicon
ソニー / サイクルエナジーシルバー NH-AA-4BRicon

CycleEnergy Gold/Silver

ブルー・グリーンの次がゴールド・シルバーってなんかポケモンみたいだな(笑。

たぶんセル自体は先日購入した eneloop tones と同世代のものだと思います。再利用回数を 1500 回に伸ばしたのがシルバー、再利用回数は 1000 回ながら容量が 2 倍(アルカリ乾電池の 3 倍)になっているのがゴールド。

パッと見、電池本体の印刷がなんか簡易になったような。使用するインクの種類を減らして低コスト化してるのかな?と思ったけど、別に単色刷りしてるわけでもないようなので(もしかしてリサイクルマークはオレンジで表示しなくてはならないルールがあったりする?)、もしかしたらロゴデザインがシンプルになったせいでちょっと安っぽく見えているのかもしれません。まあ、いずれにしても使っているときには電池なんて目につかないので、あまり気になりませんが・・・とか言ったらこないだ eneloop tones を買った自己否定になりますかね(´д`)。

とりあえずシルバーは通常の補充用、ゴールドは一眼レフの外部ストロボ用に使うつもり。

投稿者 B : 22:50 | MONO | Other Gadget | コメント (0) | トラックバック

2010/01/24 (Sun.)

eneloop stick booster

これ買いました。

サンヨー / eneloop stick booster KBC-D1AS

eneloop stick booster

これは何かというと、USB ケーブル経由でモバイルガジェットに給電/充電するための外部バッテリです。本当は先日買った eneloop tones よりも楽しみにしていた商品ですが、発売延期でなかなか買えなかった(´д`)。

今までもこういう類の外部バッテリはありましたが、けっこうかさばるので日常的に持ち歩けないのが難点。これはスティック状なのでカバンの隙間に突っ込んでおいても気にならないので、買ってみようと思いました。

スティック状なんですが、どうも形状的にプロペラントタンクに見えるので、2 本買ってガンプラにでもくっつけたくなります(ぉ。

eneloop stick booster

構造は至ってシンプルで、中に単三のエネループ(付属)を 2 本入れるだけ。モバイルガジェットへの給電は USB ケーブル経由なのですが、ケーブルは付属しないので別途用意する必要があります。まあ機器によって受け側のコネクタ形状はさまざまなので、そのほうが合理的でしょうね。私はありとあらゆるリトラクタブルケーブルを収集しているので、そのあたりの抜かりはありません(笑。

eneloop stick booster

ちなみにこの機器はガジェットへの給電/充電専用で、これ自体で中のエネループを充電することはできません。

割と不意にバッテリ切れになりやすいガジェットの筆頭といえばやはり iPhone ですが、これとケーブルを常にカバンに常備しておこうと思います。

投稿者 B : 00:01 | MONO | Other Gadget | コメント (0) | トラックバック

2010/01/16 (Sat.)

Dash が気になっているなう

CES で出ていた「Dash」というガジェットが気になっています。

ソニー、タッチ画面のインターネットビューア dashを発表、Chumby OS採用 (Engadget Japanese)

Sony Dash

これは何かというと、本当にざっくり説明してしまうと「フォトフレーム兼簡易インターネットデバイス」とでも言ったら良いんですかね。Mac や Windows の Widget(Gadget)だけを表示できるデバイス、という表現もできると思います。つまり、小さなアプリケーション越しに Web サービスを利用できる、フォトフレームの形状をした小型端末です。

プラットフォームに独自 OS ではなく chumby OS を採用したのも、オープン性や発展性という点では興味深いところ。ただし(海外での状況はよく知らないのですが)少なくとも国内では去年くらいにはもう話題にも上らなくなっていて・・・しかも久々に chumby のオフィシャルサイトを見てみたら、知らない間になんかカラオケするためのガジェットになっているんですけど(´д`)。
まあ、この時代に独自プラットフォームを起こされるよりは、既存のオープンプラットフォームをベースに出してくれたほうが、幾分将来性なり安心感なりはあります。ただ、今なら採用すべきプラットフォームは chumby でなく Android あたりなんじゃないの?という話はありますが。また、chumby ベースだとすると、上記の理由により国内発売はあまり望めなさそうですが、本家 chumby が国内展開していて日本語の Widget も数少ないながら入手できるようなので、個人輸入して強引に使う、という手はあるかも。でも国内の無線認証通ってないか・・・。

個人的には、親にプレゼントするならともかく自分の家にスタンドアロンのフォトフレームを置くつもりはないのですが、ネットワーク対応のフォトフレームならダイニングテーブルに置いておきたいと前々から思っていました。朝、食パンを頬張りながら今日の予定や天気、ニュースヘッドライン、RSS など PC を起ち上げずにをざっとチェックしたい(朝の時間帯、テレビは NHK 教育に占拠されているので(´д`))という私のニーズに、このテのデバイスがはまってくれそうな気がしています。まあ、そういう役割は今は iPhone が担っているので、それで十分な気もしますが、自宅で使うならもう少し画面サイズが大きいものが欲しいので。

・・・え?Apple タブレット?

投稿者 B : 14:22 | MONO | Other Gadget | コメント (0) | トラックバック

2010/01/04 (Mon.)

eneloop tones

二次電池を買い増しました。

サンヨー / eneloop tones HR-3UTGA-8TN

eneloop tones

私は普段はサイクルエナジー派。でもちょうど補充しようと思っていたところで、エネループからカラフルなこの限定品が発売されていたので、試しに買ってみました。
サイクルエナジーもエネループの OEM らしいので、充電器は保証外ながらサイクルエナジーのものが使えるはずです。このエネループは再利用回数 1500 回を実現した新セルとのことですが、1500 回使い切る自信はないなあ(´д`)。

ちなみにパッケージは電池ケースとして再利用できるので、捨てずに取っておきます。

eneloop tones

パッケージにはこんな感じで 8 色がそれぞれ 1 本収められています。これを 4 パック買う強者も多いらしいですが、そんなにあっても当分使い切れないし、一般的には 2 本ずつ使う機器が多いので、2 セットだけ購入。同色を 2 本セットで使っていきたいと思います。

eneloop tones

8 色のカラバリはどれもツヤを抑えたやさしめの色で、さらっとした手触り。幼稚園の頃、新品のクレヨンをきれいに箱に並べて入れるときのウキウキ感を思い出して、意味もなく出し入れしたり並べ替えてみたりしてしまいました(笑。

でもこれ長女に見つかったら間違いなくオモチャにされるので、見つからないようにしないと(´д`)。

投稿者 B : 22:30 | MONO | Other Gadget | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 | all