b's mono-log

2017/08/01 (Tue.)

モアナと伝説の海 [Blu-ray]

モアナと伝説の海 [Blu-ray]

B0722KYPW1

夏休みっぽい映画でも観てみようと思って BD で鑑賞。

ディズニー映画の割には劇場公開時のプロモーションのかけ方が地味だったような印象があります。いわゆる「プリンセスもの」ではないから引きが弱いってのもあるでしょうし、数年前の『アナ雪』が主題歌も含めて分かりやすすぎたからそれと比較してしまうというのもあるでしょう。私も劇場公開時には何となく足が向きませんでした。

ストーリーは小さな島の古い村に住む村長の娘・モアナが、食糧危機に瀕した島を救うために海の外へ旅に出る、という内容。もともと海に強い興味を抱いていたモアナが旅に出ることを村長である父に強硬に反対されるとか、それでもおばあちゃんは応援してくれるとか、まあいろいろあるわけですが、この世界を作った英雄(ある種の神に近い存在)であるマウイと出会い、村、ひいては闇に包まれつつある世界を救いに行きます。世界が闇に包まれた原因はかつてマウイがこの世界の女神テ・フィティの心を盗み出したためで、その心を取り戻し、テ・フィティに返せば世界は元に戻る...というもの。
ディズニー映画というと、『アナ雪』や『美女と野獣』に代表されるように空気を読まずに正義をなす勇気の象徴のような主人公と社会的マイノリティのメタファーのような対役(逆の場合もある)が最終的には人間の欲の権化である悪役を倒す、というのが王道のストーリー。ですが、今回は悪役らしい悪役は不在で、村長はかつて自分が冒した危険を娘には繰り返させないようにしたかっただけだし、そもそもの原因となったマウイの行為も「人間の敬意や感謝を受けたかっただけ」だし、モアナを動かすのも阻むのも全て他の登場人物のちょっとした善意や虚栄心によるもの。ラスボスである溶岩の魔神テ・カアが怒っていた理由もたった一つだけ(それが解決されれば鎮まる)。というように、「欲望=悪」という思想をベースにした勧善懲悪ではないシナリオがディズニーっぽくなく、主に子ども向けにしておくにはちょっともったいないレベルの作品だと感じました。

映像はディズニー・アニメーション・スタジオだから折り紙付きだし(特に空と海の表現が素晴らしかった!)、音楽に関しても自然や南国がモチーフだけに『ライオン・キング』にも似た力強さがあるし(個人的にはマウイと巨大ガニのタマトア関連の楽曲のノリが気に入った)、非常にクオリティが高い。ノーマークだったけど個人的には『アナ雪』よりも好きかもしれません。未見ならばこの夏休みの間にオススメしたい一本です。

投稿者 B : 22:55 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2017/07/31 (Mon.)

君の名は。 [PS Video]

君の名は。

B07258V1DG

劇場公開から一年経って、『君の名は。』の BD/DVD およびネット配信が始まりました。つい春先までやってた映画館もけっこうあったためあまり待たされた感はありませんでしたが、『シン・ゴジラ』と同時期に上映していた映画と考えるとリリースまでは引っ張りましたね。BD 買ってもいいかなとちらっと考えたんですが、ここのところ欲しいもののリリースが続いているし、繰り返し観たり特典映像を見たりする余裕も当面なさそうなので、配信で観ました。

映画館で一度観た上で再鑑賞すると、初見では気がつかなかった伏線がざっくざく見つかって面白い。けっこう細かいところまで仕込んであって、計算され尽くし具合に感心した一方で、逆に序盤に出てくる伏線はむしろ時系列おかしくないか?と思ってしまった部分もあり。計算して仕込まれた伏線とストーリー上矛盾してても演出的に入れた伏線が混在してる感じですが、初見だと「ああよくできてるなあ」となるように作られているんですね。

改めて観ても映像は本当にキレイだし、何よりキャラクターが活き活きとして実在感あるのがいい。キャラクターデザインの勝利もありますが、動きのつけ方や声の当て方まで含め、今までの新海誠作品とは変えてきてイマドキのアニメに寄せてきた感がありますが、それがいいんだと思います。私もあの後新海誠の旧作を改めて少し観てみたけど、やっぱり入り込めなかったからなあ。
この作品の成功はとにもかくにも東宝とプロデューサーの川村元気氏が「新海誠っぽさ」を削りに削った結果の産物なのではないでしょうか。売れてからの宮崎駿が自分のメッセージを強く作品に込めると説教臭くなってしまったのと同じで、新海誠も自分の好きにさせないほうが商業的にはうまくいく、ということなのだと思います。新海誠っぽさを好きな人のことを否定するつもりはありませんが。

本作のヒットで「ポスト宮崎駿」みたいな持ち上げられ方をしているアニメ監督の一人ですが(まあ近年マス向けにヒットしたアニメ監督が皆通る道でもありますが)、本当に国民的なアニメーション監督になれるかどうか、はむしろ次回作の出来にかかっているのではないでしょうか。

投稿者 B : 23:00 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2017/07/15 (Sat.)

機動戦士ガンダム サンダーボルト #8 [PS Video]

『サンダーボルト』の最新話が配信開始されていたので、さっそく視聴しました。

機動戦士ガンダム サンダーボルト

2nd Season の最終話ということで、イオとダリルが地上で再び相まみえる...かと思ったら、かすりさえもしない(;´Д`)ヾ。しかも尻切れトンボ的な終わり方で、「えっこれ本当に最終話なの?」という感じ。そのまま 3rd Season に続くのか(原作コミックの方はまだ続いているようですね)、あるいは秋予定の劇場版が結末も含めた完全版という位置づけになるのか。まあかなりの伏線が投げっぱなし状態なので、少し尺を伸ばした劇場版程度では回収し切れなさそうですが。

ストーリーは前作からのそのまま続き。イオは敵対する南洋同盟の指揮官が 1st Season で死んだはずのかつての恋人・クローディアであることに気づき、南洋同盟側 MS の激しい攻撃をかいくぐりながらクローディアとコミュニケーションを図ろうとします。一方のダリルはスパイ回収作戦の途上で南洋同盟と交戦状態に入り...直接は関係しない二つの戦場で、しかも三つの勢力が戦闘を行うという複雑なシナリオ。このシリーズ自体、各回の尺が短くて説明が少なめなこともあって、観ている側としてはなかなか状況が掴みづらいところですが、今回は特にストーリーよりもマニアックな戦闘シーンの迫力を感じるための回、と言い切っても良いでしょう(ぉ

今回登場する MS は連邦軍が陸戦型ガンダム&ジムの改修型、ジオン残党軍がアッガイ、南洋同盟がグフ&ダーレ(ジムやザクのパーツをニコイチサンコイチして作った機体)という、今までのシリーズから比べると時代背景に沿った機体が中心です。でもアッガイは相変わらず超絶ギミック内蔵だし、グフも妙なフライトユニット搭載で飛ぶし、イオの陸戦型ジムに至っては「コルベット・ブースター」という MS に合体可能なベースジャバーを使うし、やっぱり何でもアリ。設定的なツッコミどころを気にしながら観たら『サンダーボルト』楽しめないのでそのへんは流すとして(笑)、MS の動きや戦闘における駆け引き、壊れるときの「重さ」みたいな表現はさすが『UC』を手がけた制作チームだなあと感心しました。ダリルのアッガイがフリージーヤードを放出した瞬間にはさすがに「はゎー!」って声が出た(ぉ

『08MS』におけるグフカスタム戦、『0083』におけるトリントン戦、『UC』での同トリントン戦やガルダ戦のように地上戦、あるいは大気圏内の空中戦はこれまでも見応えのあるものが多かったですが、今作の戦闘シーンもそれらに引けを取らない出来だと思います。やはり接近戦と重力を感じる描写はいい。それ自体が「地球の重力に魂を引かれた人の認識」そのものなのかもしれませんが(笑。

投稿者 B : 23:03 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2017/07/09 (Sun.)

メアリと魔女の花 @T・ジョイ PRINCE 品川

昨日劇場公開されたばかりのこの映画を早速観に行ってきました。

メアリと魔女の花

メアリと魔女の花

借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』の米林宏昌監督が、ジブリ退社後に初めて手がけた長編アニメ作品です。マーニーのときに「次は動きのあるファンタジーを」という話だったのでずっと楽しみにしていましたが、元ジブリの西村プロデューサーが立ち上げた「スタジオポノック」でそれが満を持して形になりました。プロデューサーと監督のみならず制作スタッフの大半が元ジブリ作品の関係者で、事前プロモーションも「ジブリを継ぐ者」というイメージで煽ってきており(当の宮崎駿監督の引退撤回発表で水を差されてしまいましたが)、注目度は高かったように思います。が実際に映画館に足を運んでみたら、公開二日目の日曜日でこれ?というくらい席が空いていて(半分くらいしか埋まっていなかったように見えた)若干心配になりました。

以下、感想ですがネタバレに触れずに書くことが難しいので、ちょっと行間を空けておきます。













「元ジブリのスタッフが手がける魔女もの」となれば必然的に 28 年前の名作と比較されてしまうわけで、自らハードルを上げてしまっている本作。それ故に厳しい評価も多いようですが、個人的にはけっこう好きでした。

オープニングはジブリの「31 年前のあの名作」を彷彿とさせるもので、これはおそらく制作サイドが(あるいはスポンサーからの要望で)意識してやっているのだと思います。他にも背景美術の美しさ、色彩、生きものの動き、などなど画面上の表現はジブリそのもの。「これはあの作品のあのシーンだな」というカットも多々ありますが、これは狙ったというより制作陣に流れる「血」のようなものではないでしょうか。それでいて、あのジブリ作品の主人公が「魔女は血で飛ぶの」と言っていたのに対して、本作のメアリは魔女の血を引いていないのに箒で空を飛ぶ、というのは明確なアンチテーゼだと思います。

この作品のテーマはおそらく、コンプレックスを持つ少年少女の自己肯定と成長。『マーニー』でもそういう側面はありましたが、今作は序盤のメアリが「なんかヒロインにしては微妙なキャラデザだなあ」という顔だったのが、物語が進み成長するにつれて表情豊かになり、魅力的な顔つきに変わっていくという作画上の演出がよくできています。が、対役であるピーター少年が残念。デザインも微妙だし、「ヒロインに最初は嫌われるけどあることをきっかけに関係が進展する」というテンプレをなぞるだけで掘り下げが浅く、どうも感情移入がしきれませんでした。脚本の都合で動かされるだけという点では細田守作品のヒロインの位置づけに近いように思います。これがもうちょっと何とかなっていれば、さらに満足度の高い作品になっていたと思うだけに残念です。
その点も含め脚本は全体的に厚みがあまりなく、大人が見るにはやや物足りない点もありますが、全年齢向けとしてはまあ良い塩梅なんじゃないでしょうか。実際私が行った館でも半分程度が家族連れだったようでした。後半、メアリたちがピンチに陥るシーンで号泣するお子様多数(笑。

ツッコミどころもあるし、画が画だけに批判の的になりやすいのも事実ですが、個人的には少なくとも過去 20 年のジブリに期待しながら出てこなかった「ジブリクオリティの映像で活劇」がようやく見られただけで満足です。ただやはり次はこのクオリティを持ちながら「ジブリ的でない」作品も見てみたい。ラストシーンにおけるメアリの「魔法が使えるのは、これが最後」という台詞は、米林監督のそういう自覚が言わせたメタ発言ではないかと思うのです。
米林監督に限らず、ジブリの流れから出てきたクリエイターが宮崎駿・高畑勲の呪縛を打ち破って世の中の支持を得られて初めて「ポスト・ジブリ」と言える時代になるのだろうなあ、と思います。スタジオポノックの次の作品にも期待しています。

投稿者 B : 21:20 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2017/07/06 (Thu.)

ドラマ『野武士のグルメ』 [Netflix]

先月でドラマ『孤独のグルメ Season6』が放送終了してしまって、私は軽い井之頭ロスに陥っています(ぉ。その心のスキマを埋める意味で、3 月に Netflix にて配信開始されていたこのドラマを今さらながら視聴しています。

野武士のグルメ | Netflix

Netflix に限らず SVOD は今まで未契約だったんですが、hulu がシステムリニューアルで大ゴケした状況も考えると、これは日本でも Netflix が覇権を取る流れになるかもなあ...という読みもあり、とりあえずサインアップして無料期間中に本作だけでも観ておこうかと。

『野武士のグルメ』はもともと久住昌之先生のエッセイとそれを土山しげる先生が漫画化した作品が存在し、これはそれをドラマ化したものになります。制作スタッフは共同テレビの『孤独のグルメ』チームが、サントラはスクリーントーンズが担当。キャストが変わっただけでほぼ『孤独のグルメ』そのもの、と言えるかもしれません。

が...、映像を見ると明らかに『孤独のグルメ』とは違う。原作者が同じでも切り口が異なるので別の作品であることには間違いがないのですが、テレ東の(Season1 に比べて今は大所帯になったとはいえ)低予算ドラマと違って Netflix がオリジナル作品に割り当てる大きなバジェットがあればここまで映像を作り込めるのか!と驚かされました(笑。とにかく照明の使い方が贅沢だし、主人公・香住武の自宅はハウススタジオを使って撮ってるし。毎回ちょっとしか出てこない妻役が鈴木保奈美とか贅沢すぎる(ぉ。

香住武役の竹中直人は漫画版のイメージとは違うものの、おそらく久住さんご本人をイメージした配役であろうことはドラマ化発表時にも書いたとおり。しかし会社員として真面目一徹で働いてきて、定年で急に自由な時間ができた初老の男という役どころは、一般的にイメージされている竹中直人とは真逆(笑。ギラギラしてない竹中直人というのは新鮮で、それだけでも一見の価値があります。食事シーンでは『孤独のグルメ』ばりにモノローグがふんだんに挿入されているわけですが、その語り口も竹中直人っぽくなくて、聞いているだけで妙に笑える(笑。
「野武士」役の玉山鉄二もいい味を出しています。ここは竹中直人の一人二役でギラギラした野武士にしても面白かったんじゃないの?とも思いますが、竹中直人でそれをやるとコメディ色が強くなりすぎる気もするし、これでいいか(ぉ

ドラマの作りとしては原作のストーリーラインをほぼ忠実に映像化したものになっています。撮影は実在の店舗をロケ地にしているようですが、例えば焼肉回では上野という設定なのにお店だけ新宿の店舗を使っているなど、『孤独のグルメ』のようなドキュメンタリードラマではなく『食の軍師』と同じフィクションの作り方。ただお店選びはかなり原作の雰囲気を意識して選ばれており、中華回のラーメン店はあまりにもコテコテだったから撮影用に内装を変えたのかと思ったほど(笑。料理は 100% そのお店のものが出てきているわけではなさそうですが、キラキラして死ぬほどうまそうなアジの干物とか、照明とカメラワークによってメシテロ映像の新たな境地を開拓していると思います。

『孤独のグルメ』とは違ってストーリーの比重が大きめなドラマなので、純粋なメシテロ力としては『孤独のグルメ』ほど強くない印象はありますが、役者の力もあってなかなか面白い。私はまだ 4 話までしか観ていないので、とりあえず無料期間である今月中に残りも観てみようと思います。

投稿者 B : 00:24 | Japanese Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2017/06/11 (Sun.)

花戦さ @T・ジョイ PRINCE 品川

久しぶりに時代映画を観てきました。

花戦さ

以前観た『のぼうの城』が面白かったので、同じ野村萬斎主演で時代的にもほぼ同じ、脇を固める助演陣も実力派揃いと来れば期待できないわけがないと思い。野村萬斎が演じると良くも悪くもどんな役でも野村萬斎になってしまいますが、型破りな華道家という役どころであれば萬斎流が活きないわけがなく。期待通りに奇抜で、しかし奥の深いキャラクターを見せてくれました。

時代は安土桃山。織田信長から豊臣秀吉へと天下統一の機運が引き継がれていく頃、京都で華道に勤しんでいた花僧・池坊専好の物語です。実在した人物および事実を基にしたフィクション(小説原作の映画化)のようですが、織田信長・豊臣秀吉・石田三成・前田利家・千利休といった歴史上よく知る人物が登場するので、スッと世界観に入っていけます。序盤はあまり繋がりのないエピソードが並列的に語られ、戦乱から太平に向かう世での花僧の生き様を淡々と語るのかと思ったら...後半はそれらの伏線が一気に繋がり終盤へとなだれ込んでいきました。クライマックスは「秀吉に一泡吹かせる」ということで、『のぼうの城』のようなスペクタクルが...華道ではあるはずもなく(笑)、特に刀を使うでもなく情に訴える話。大砂物(巨大な生け花)の圧倒される美しさと周到に張られた伏線、抑揚の効いた俳優陣の芝居によって、派手な殺陣はないながらも実に深みのあるラストへと繋がっていきました。
ストーリー自体は時代劇によくある「弱者が知恵と団結力によって権力者の横暴に反抗する物語」のテンプレートそのものですが、アクションに頼るでも笑いに逃げるでもなく、台詞と芝居で正面から向き合った作風の時代映画って最近では珍しいんじゃないでしょうか。また専好の生け花や利休の茶の所作もひとつひとつが美しく、映像そのものにも引き込まれるものがありました。

公開直後にも関わらずあまり話題になっている感のない映画ですが、私はとても良かったです。時代映画好きならば観に行って損はないと思います。

投稿者 B : 22:15 | Japanese Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2017/06/05 (Mon.)

機動戦士ガンダム サンダーボルト #7 [PS Video]

先週配信開始された『サンダーボルト』の最新話を観ました。

機動戦士ガンダム サンダーボルト

シリアスな世界観の中で「戦争」という名の残酷な殺し合いが繰り広げられる本シリーズにおいて、今回はちょっと異色な作風になっています。タイトルバックはお花畑だし、冒頭からやや脳天気な楽曲に合わせてダリルとカーラがキャッキャウフフ...という演出に意表を突かれてしまいました。が、その直後にこのシーンが「カーラが一年戦争末期の出来事によって精神的退行を起こしたことに対する治療」であることが明らかになると、そのシーンもまた別の意味合いを持って見えてきます。

前回いきなり中破させてしまったアトラスガンダムが修理中ということで、今回はイオ(連邦軍)側のエピソードはちょっとしかなく、完全にダリル(ジオン残党軍)側の話がメイン。同軍の支配地域にスパイの回収に出るというのが主たるエピソードなわけですが、そこに使われるのがアッガイ中隊!という。これはアッガイスキーな某氏は必見なんじゃないですかね。

しかもこのアッガイ、残党軍による現地改修機という設定なのか、個体ごとに細かく仕様が違っていて、見ているだけで楽しい。やはり『ガンダム UC』のスタッフが制作しているだけあって、こういうのを描かせると MS の設定や描写が細かくて面白いですね。改修についても、序盤に登場したシールドアームつきジムやサイコ・ザクあたりに比べれば世界観に合っているし、悪くない。ダリル機だけはアッガイのくせにまた超長距離射撃でもやるのかよ!という見てくれでしたが、実際にはレーダーを強化した偵察機ということで安心しました(笑。

音楽といい映像といい今までの本シリーズの雰囲気とはちょっと違って面食らいましたが(なんたって唯一の出撃シーン BGM がジャズでもオールディーズでもなく日本民謡!)、四作単位で起承転結を形作っている中での三本目としては、いい「転」になっているのではないでしょうか。
ラストシーンでは死んだはずのあのキャラがまさかの復活を果たしていたり、2nd Season のラストに向けて期待が高まってきました。

MG 1/100 MSM-04 アッガイ

B000A6ODT8

投稿者 B : 23:30 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2017/06/01 (Thu.)

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』3D BD 不具合対応

「ファンタスティック・ビースト」3D BDの字幕が3Dに対応していなかった不具合。交換対応 - AV Watch

4/19 に発売された『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』Blu-ray Disc において、3D BD の字幕に不具合があったことが 5/11 に告知されていました。私は即日交換を申し込んでいたのですが、その交換ディスクが本日届きました。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

申し込みはメールで行ったんですが、告知当日の 21 時台に送ったメールに 25 分後に返信があって驚きました。テンプレ通りの回答とはいえ、通常であればサポート窓口も閉まっているような時間帯。さすがに頭が下がります。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

送られてきたのは字幕を差し替えたディスクだけではなく、ジャケットとスリーブケース、さらにオビまで修正版が入っていました(驚。そうそう、字幕だけではなく収録されている音声フォーマットにも誤記があったんですよね。私も印刷物関連の仕事は経験がありますが、誤記が発覚してから版を修正して紙と輪転機を押さえて色校正をかけて印刷...想像しただけで吐きそうになってきました(;´Д`)。それにしてもジャケットとスリーブはともかく、オビまで修正版が送られてくるとは。発売直後に買ったお客さんの心理としてはそこも大事にする人が多い、ということでしょうが。
ちなみに不具合のあったディスクはこちら側で廃棄ではなく、同封の封筒でワーナーに返送する必要があるようです。回収してもワーナー側で処分するだけだとは思いますが、不具合入りとはいえ著作物なのでちゃんと管理する必要がある、ということでしょう。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

音声仕様は正しくは 2D BD と UHD BD のみドルビーアトモスあり、3D BD はドルビーアトモスなし。まあ私は 3D は PSVR しか再生環境を持っていないので、アトモスの恩恵は受けられないからどっちでもいいです。
私はこれ買ったはいいけどまだ 3D 版まで観る時間が取れていなかったので、今回の不具合には気がついていませんでした(笑。念のため見比べてみたら、確かに不具合版は字幕の表示レイヤーがおかしくて、本来なら視界の最も手前のレイヤーに字幕が浮いて見えなくてはならないところ、人物や他のオブジェクトに字幕が「埋まって」いるかのように見えて気持ちが悪い。
いい機会なので、今度の週末にでも改めて 3D 版を観る時間を作るかな...。

それにしても、

「ファンタスティック・ビースト」BD 3枚組にUHD BDが入っていない不具合。3D字幕修正版 - AV Watch

3D BD を差し替えたバージョンを再発売したら、今度は UHD BD を入れずに 3D BD を二枚入れてしまった、とかさすがにかっこ悪すぎるでしょ(;´Д`)。こういうときこそ「まずは君が落ち着け」と言いたいですね...。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 4K ULTRA HD&3D&2D ブルーレイセット [Blu-ray]

B0725JVFZF

投稿者 B : 23:01 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2017/05/24 (Wed.)

メッセージ @T・ジョイ PRINCE 品川

オデッセイ』以来(?)の本格 SF 大作を観に行ってきました。

メッセージ

個人的には、ばかうけコラボプロモーションはちょっとどうかと思うんですが...まあ、感動ドラマとして宣伝されてしまった戦隊アニメに比べれば、作品そのものに対するリスペクトがある分マシですかね。ただ邦題『メッセージ』は日本人の解りやすさ重視でストレートなタイトルをつけたんでしょうが、原題『Arrival(到来、到達)』のほうがダブルミーニング的で、観終わった後の納得感は高いように思います。

この映画はいわゆる宇宙人とのファースト・コンタクトものです。それも『インデペンデンス・デイ』ではなく『未知との遭遇』的な方向性で、アメリカにしては珍しく宇宙人と対話しようとします(ぉ。
こういうファースト・コンタクトもので重要なのは、宇宙人がどんな姿形でどのようなコミュニケーションをするのか、という点。人間に近いサイズ感で何かしらの音声コミュニケーションを行う...みたいなのは地球人の常識にとらわれすぎだと思うけど、そうじゃない表現を劇場版ガンダムでやってしまった事例(ぉ)もあったりするので難しいところです。私は言語学に疎いので本作の設定にどれほどのリアリティがあるのかはよく分かりませんが、テレパシーのようにぶっとんだ設定ではない形で提示されたことには納得感がありました。また、映画の尺の大半を未知の知的生命体とのコミュニケーション確立の過程描写に使っていて、SF とは関係のないところで「そうだよなあ、コミュニケーションって異文化間でなくても共通言語化と総合の要求を正しく理解することから始まるんだよなあ」としみじみ考えたりもしました。

ちなみに主人公ルイーズのよき理解者である米軍のウェバー大佐、どこかで見た顔だと思ったら『ローグ・ワン』でソウ・ゲレラを演じていたフォレスト・ウィテカーだったんですね。随分印象が違う役だけど、独特の存在感ある役者さんです。

個人的に素晴らしいと思ったのは音響。宇宙人ヘプタポッドの音声コミュニケーションの表現も興味深かったですが、ルイーズが初めて宇宙船に足を踏み入れるシーンの重圧感をはじめとして心理描写が音響で表されているのがすごい。この音のせいで、自分自身がその場にいるような感覚で、強いプレッシャーを受けたほど。ノーチェックだったんですが、これアカデミー賞の音響編集部門賞を受賞しているんですね。これは映画館の音響で体感すべきだと思います。

本作に登場する宇宙船は『2001 年宇宙の旅』の冒頭以来 400 万年ぶりに地球に再来したモノリスであるようにも思えるし、時空の概念については『インターステラー』に通じる部分もある。今までの様々な SF 映画を下敷きにした奥行きのある作品です。が、宇宙ものとしてのリアリティよりはもっと人生観寄りの部分に共感してしまう、深い作品でもあります。うまく言語化できないけど、観終わったときに「いい映画だった」と感じました。

この映画を監督したドゥニ・ヴィルヌーヴの次作が『ブレードランナー 2049』なんですよね。オリジナルの『ブレードランナー』は哲学的だった原作とは違ってエンタテインメントに振り切った映画でしたが、『2049』はこの監督の手でどんな作風になるのか。今から楽しみになってきました。

投稿者 B : 23:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2017/05/06 (Sat.)

美女と野獣 @T・ジョイ PRINCE 品川

私には漫画やアニメ作品を何でも実写化するのには懐疑的で、これも実写化の報を最初に聞いたときには「ルミエールやポット夫人をリアル化しても気持ち悪いだけでしょw」と思っていたのですが...観に行ってきました。

美女と野獣

美女と野獣

だってヒロインがエマ・ワトソンですよ!?聡明で勇敢であり、かつ美しい。これ以上ベル役に相応しい女優さんもいないんじゃないでしょうか。まあそれも単に『ハリー・ポッター』シリーズにおけるハーマイオニーのイメージでしかないわけですけど(笑
ともかくこの配役と、主題歌がジョン・レジェンド&アリアナ・グランデのデュエットによる "Beauty and the Beast" という点にとどめを刺されて、映画館まで足を運んできました。

結論からいうと「期待以上でした」。CG で作られたルミエールやコグスワースのデザインは控えめに言っても子ども向けという感じではなかったけど(笑)、とにかく映像が美しい!アニメ版と比べても画のダイナミックレンジが広いというか...とにかくキラキラしていて、まさにディズニー・プリンセスの世界。そこに聴き慣れた名曲たちと共に繰り広げられるミュージカル。スタッフやキャスト陣のオリジナルのアニメ版へのリスペクトが伝わってくるようで、実に大切に作られた映画であることがよく解ります。
個人的にはガストン&ル・フウの悪役二人組の、あの「すごくウザいんだけど何故か憎みきれない」キャラが見事に再現されていたのがツボでした。特にガストンは『ホビット』でバルド役を演じていたルーク・エヴァンズということをエンドロールを見るまで気づかなかったという...。

とにかく良い映画でした。全体を通しても良いけど、個別のシーン(特にミュージカルシーン)の完成度が素晴らしいので、これは BD が出たら買って部分リピートして観たいくらいだなあ。でもあのキラキラした映像美と音楽は、映画館でこそベストな状態で鑑賞できるとも思います。映画好きならば良いハコまで観に行くべき作品と言えます。

投稿者 B : 23:07 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック