b's mono-log

2017/06/11 (Sun.)

花戦さ @T・ジョイ PRINCE 品川

久しぶりに時代映画を観てきました。

花戦さ

以前観た『のぼうの城』が面白かったので、同じ野村萬斎主演で時代的にもほぼ同じ、脇を固める助演陣も実力派揃いと来れば期待できないわけがないと思い。野村萬斎が演じると良くも悪くもどんな役でも野村萬斎になってしまいますが、型破りな華道家という役どころであれば萬斎流が活きないわけがなく。期待通りに奇抜で、しかし奥の深いキャラクターを見せてくれました。

時代は安土桃山。織田信長から豊臣秀吉へと天下統一の機運が引き継がれていく頃、京都で華道に勤しんでいた花僧・池坊専好の物語です。実在した人物および事実を基にしたフィクション(小説原作の映画化)のようですが、織田信長・豊臣秀吉・石田三成・前田利家・千利休といった歴史上よく知る人物が登場するので、スッと世界観に入っていけます。序盤はあまり繋がりのないエピソードが並列的に語られ、戦乱から太平に向かう世での花僧の生き様を淡々と語るのかと思ったら...後半はそれらの伏線が一気に繋がり終盤へとなだれ込んでいきました。クライマックスは「秀吉に一泡吹かせる」ということで、『のぼうの城』のようなスペクタクルが...華道ではあるはずもなく(笑)、特に刀を使うでもなく情に訴える話。大砂物(巨大な生け花)の圧倒される美しさと周到に張られた伏線、抑揚の効いた俳優陣の芝居によって、派手な殺陣はないながらも実に深みのあるラストへと繋がっていきました。
ストーリー自体は時代劇によくある「弱者が知恵と団結力によって権力者の横暴に反抗する物語」のテンプレートそのものですが、アクションに頼るでも笑いに逃げるでもなく、台詞と芝居で正面から向き合った作風の時代映画って最近では珍しいんじゃないでしょうか。また専好の生け花や利休の茶の所作もひとつひとつが美しく、映像そのものにも引き込まれるものがありました。

公開直後にも関わらずあまり話題になっている感のない映画ですが、私はとても良かったです。時代映画好きならば観に行って損はないと思います。

投稿者 B : 22:15 | Japanese Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2017/06/05 (Mon.)

機動戦士ガンダム サンダーボルト #7 [PS Video]

先週配信開始された『サンダーボルト』の最新話を観ました。

機動戦士ガンダム サンダーボルト

シリアスな世界観の中で「戦争」という名の残酷な殺し合いが繰り広げられる本シリーズにおいて、今回はちょっと異色な作風になっています。タイトルバックはお花畑だし、冒頭からやや脳天気な楽曲に合わせてダリルとカーラがキャッキャウフフ...という演出に意表を突かれてしまいました。が、その直後にこのシーンが「カーラが一年戦争末期の出来事によって精神的退行を起こしたことに対する治療」であることが明らかになると、そのシーンもまた別の意味合いを持って見えてきます。

前回いきなり中破させてしまったアトラスガンダムが修理中ということで、今回はイオ(連邦軍)側のエピソードはちょっとしかなく、完全にダリル(ジオン残党軍)側の話がメイン。同軍の支配地域にスパイの回収に出るというのが主たるエピソードなわけですが、そこに使われるのがアッガイ中隊!という。これはアッガイスキーな某氏は必見なんじゃないですかね。

しかもこのアッガイ、残党軍による現地改修機という設定なのか、個体ごとに細かく仕様が違っていて、見ているだけで楽しい。やはり『ガンダム UC』のスタッフが制作しているだけあって、こういうのを描かせると MS の設定や描写が細かくて面白いですね。改修についても、序盤に登場したシールドアームつきジムやサイコ・ザクあたりに比べれば世界観に合っているし、悪くない。ダリル機だけはアッガイのくせにまた超長距離射撃でもやるのかよ!という見てくれでしたが、実際にはレーダーを強化した偵察機ということで安心しました(笑。

音楽といい映像といい今までの本シリーズの雰囲気とはちょっと違って面食らいましたが(なんたって唯一の出撃シーン BGM がジャズでもオールディーズでもなく日本民謡!)、四作単位で起承転結を形作っている中での三本目としては、いい「転」になっているのではないでしょうか。
ラストシーンでは死んだはずのあのキャラがまさかの復活を果たしていたり、2nd Season のラストに向けて期待が高まってきました。

MG 1/100 MSM-04 アッガイ

B000A6ODT8

投稿者 B : 23:30 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2017/06/01 (Thu.)

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』3D BD 不具合対応

「ファンタスティック・ビースト」3D BDの字幕が3Dに対応していなかった不具合。交換対応 - AV Watch

4/19 に発売された『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』Blu-ray Disc において、3D BD の字幕に不具合があったことが 5/11 に告知されていました。私は即日交換を申し込んでいたのですが、その交換ディスクが本日届きました。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

申し込みはメールで行ったんですが、告知当日の 21 時台に送ったメールに 25 分後に返信があって驚きました。テンプレ通りの回答とはいえ、通常であればサポート窓口も閉まっているような時間帯。さすがに頭が下がります。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

送られてきたのは字幕を差し替えたディスクだけではなく、ジャケットとスリーブケース、さらにオビまで修正版が入っていました(驚。そうそう、字幕だけではなく収録されている音声フォーマットにも誤記があったんですよね。私も印刷物関連の仕事は経験がありますが、誤記が発覚してから版を修正して紙と輪転機を押さえて色校正をかけて印刷...想像しただけで吐きそうになってきました(;´Д`)。それにしてもジャケットとスリーブはともかく、オビまで修正版が送られてくるとは。発売直後に買ったお客さんの心理としてはそこも大事にする人が多い、ということでしょうが。
ちなみに不具合のあったディスクはこちら側で廃棄ではなく、同封の封筒でワーナーに返送する必要があるようです。回収してもワーナー側で処分するだけだとは思いますが、不具合入りとはいえ著作物なのでちゃんと管理する必要がある、ということでしょう。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

音声仕様は正しくは 2D BD と UHD BD のみドルビーアトモスあり、3D BD はドルビーアトモスなし。まあ私は 3D は PSVR しか再生環境を持っていないので、アトモスの恩恵は受けられないからどっちでもいいです。
私はこれ買ったはいいけどまだ 3D 版まで観る時間が取れていなかったので、今回の不具合には気がついていませんでした(笑。念のため見比べてみたら、確かに不具合版は字幕の表示レイヤーがおかしくて、本来なら視界の最も手前のレイヤーに字幕が浮いて見えなくてはならないところ、人物や他のオブジェクトに字幕が「埋まって」いるかのように見えて気持ちが悪い。
いい機会なので、今度の週末にでも改めて 3D 版を観る時間を作るかな...。

それにしても、

「ファンタスティック・ビースト」BD 3枚組にUHD BDが入っていない不具合。3D字幕修正版 - AV Watch

3D BD を差し替えたバージョンを再発売したら、今度は UHD BD を入れずに 3D BD を二枚入れてしまった、とかさすがにかっこ悪すぎるでしょ(;´Д`)。こういうときこそ「まずは君が落ち着け」と言いたいですね...。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 4K ULTRA HD&3D&2D ブルーレイセット [Blu-ray]

B0725JVFZF

投稿者 B : 23:01 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2017/05/24 (Wed.)

メッセージ @T・ジョイ PRINCE 品川

オデッセイ』以来(?)の本格 SF 大作を観に行ってきました。

メッセージ

個人的には、ばかうけコラボプロモーションはちょっとどうかと思うんですが...まあ、感動ドラマとして宣伝されてしまった戦隊アニメに比べれば、作品そのものに対するリスペクトがある分マシですかね。ただ邦題『メッセージ』は日本人の解りやすさ重視でストレートなタイトルをつけたんでしょうが、原題『Arrival(到来、到達)』のほうがダブルミーニング的で、観終わった後の納得感は高いように思います。

この映画はいわゆる宇宙人とのファースト・コンタクトものです。それも『インデペンデンス・デイ』ではなく『未知との遭遇』的な方向性で、アメリカにしては珍しく宇宙人と対話しようとします(ぉ。
こういうファースト・コンタクトもので重要なのは、宇宙人がどんな姿形でどのようなコミュニケーションをするのか、という点。人間に近いサイズ感で何かしらの音声コミュニケーションを行う...みたいなのは地球人の常識にとらわれすぎだと思うけど、そうじゃない表現を劇場版ガンダムでやってしまった事例(ぉ)もあったりするので難しいところです。私は言語学に疎いので本作の設定にどれほどのリアリティがあるのかはよく分かりませんが、テレパシーのようにぶっとんだ設定ではない形で提示されたことには納得感がありました。また、映画の尺の大半を未知の知的生命体とのコミュニケーション確立の過程描写に使っていて、SF とは関係のないところで「そうだよなあ、コミュニケーションって異文化間でなくても共通言語化と総合の要求を正しく理解することから始まるんだよなあ」としみじみ考えたりもしました。

ちなみに主人公ルイーズのよき理解者である米軍のウェバー大佐、どこかで見た顔だと思ったら『ローグ・ワン』でソウ・ゲレラを演じていたフォレスト・ウィテカーだったんですね。随分印象が違う役だけど、独特の存在感ある役者さんです。

個人的に素晴らしいと思ったのは音響。宇宙人ヘプタポッドの音声コミュニケーションの表現も興味深かったですが、ルイーズが初めて宇宙船に足を踏み入れるシーンの重圧感をはじめとして心理描写が音響で表されているのがすごい。この音のせいで、自分自身がその場にいるような感覚で、強いプレッシャーを受けたほど。ノーチェックだったんですが、これアカデミー賞の音響編集部門賞を受賞しているんですね。これは映画館の音響で体感すべきだと思います。

本作に登場する宇宙船は『2001 年宇宙の旅』の冒頭以来 400 万年ぶりに地球に再来したモノリスであるようにも思えるし、時空の概念については『インターステラー』に通じる部分もある。今までの様々な SF 映画を下敷きにした奥行きのある作品です。が、宇宙ものとしてのリアリティよりはもっと人生観寄りの部分に共感してしまう、深い作品でもあります。うまく言語化できないけど、観終わったときに「いい映画だった」と感じました。

この映画を監督したドゥニ・ヴィルヌーヴの次作が『ブレードランナー 2049』なんですよね。オリジナルの『ブレードランナー』は哲学的だった原作とは違ってエンタテインメントに振り切った映画でしたが、『2049』はこの監督の手でどんな作風になるのか。今から楽しみになってきました。

投稿者 B : 23:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2017/05/06 (Sat.)

美女と野獣 @T・ジョイ PRINCE 品川

私には漫画やアニメ作品を何でも実写化するのには懐疑的で、これも実写化の報を最初に聞いたときには「ルミエールやポット夫人をリアル化しても気持ち悪いだけでしょw」と思っていたのですが...観に行ってきました。

美女と野獣

美女と野獣

だってヒロインがエマ・ワトソンですよ!?聡明で勇敢であり、かつ美しい。これ以上ベル役に相応しい女優さんもいないんじゃないでしょうか。まあそれも単に『ハリー・ポッター』シリーズにおけるハーマイオニーのイメージでしかないわけですけど(笑
ともかくこの配役と、主題歌がジョン・レジェンド&アリアナ・グランデのデュエットによる "Beauty and the Beast" という点にとどめを刺されて、映画館まで足を運んできました。

結論からいうと「期待以上でした」。CG で作られたルミエールやコグスワースのデザインは控えめに言っても子ども向けという感じではなかったけど(笑)、とにかく映像が美しい!アニメ版と比べても画のダイナミックレンジが広いというか...とにかくキラキラしていて、まさにディズニー・プリンセスの世界。そこに聴き慣れた名曲たちと共に繰り広げられるミュージカル。スタッフやキャスト陣のオリジナルのアニメ版へのリスペクトが伝わってくるようで、実に大切に作られた映画であることがよく解ります。
個人的にはガストン&ル・フウの悪役二人組の、あの「すごくウザいんだけど何故か憎みきれない」キャラが見事に再現されていたのがツボでした。特にガストンは『ホビット』でバルド役を演じていたルーク・エヴァンズということをエンドロールを見るまで気づかなかったという...。

とにかく良い映画でした。全体を通しても良いけど、個別のシーン(特にミュージカルシーン)の完成度が素晴らしいので、これは BD が出たら買って部分リピートして観たいくらいだなあ。でもあのキラキラした映像美と音楽は、映画館でこそベストな状態で鑑賞できるとも思います。映画好きならば良いハコまで観に行くべき作品と言えます。

投稿者 B : 23:07 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2017/05/05 (Fri.)

機動戦士ガンダム サンダーボルト #6 [PS Video]

GW 直前に配信開始されていたのをすっかり忘れていて、今ごろようやく観ました。

機動戦士ガンダム サンダーボルト

2nd Season はいよいよこれからが本番。地球が舞台となっている 2nd Season ですが、今回はいきなり見どころといえる水中戦がメインになっています。

水中といえばジオン軍にはズゴック、ゴッグ、ゾック、アッガイ、グラブロ等といった名作 MS/MA が揃っていますが、対する連邦軍には最初から水中での運用を考慮した MS が存在せず、アクア・ジムなど既存 MS の改修機を使用しているというのがファーストガンダム時代から続く一年戦争の設定。戦略上優位なジオンに連邦がどう立ち向かうか、が見どころです。
主役機アトラスガンダム登場まで前哨戦として、地上編のヒロインであるビアンカ・カーライルのガンキャノン・アクアとゴッグの戦闘が発生するわけですが、これが超カッコイイ。1st Season では宇宙での狙撃戦が中心だったため接近戦はほとんどありませんでしたが、MS ならばやっぱり接近戦が見たいところ。その欲求を満たしてくれる接近戦の駆け引きにシビれました。

逆に新主役機であるアトラスガンダムは...いくらなんでも性能がチート過ぎじゃないですかね?前述のとおり水中用に設計された MS がないはずだった連邦軍で、いきなり「水陸両用のガンダム」と言われると引いてしまうし、ベースジャバー的な機能を持つサブレッグとレールガンを駆使して戦う...ってバンシィかよ!と突っ込みたくなるし、一年戦争の世界観からすると違和感がありすぎる。
それでも「いくら水陸両用といえど初の水中戦で、水中用 MA に乗り慣れた歴戦の勇士をいきなり圧倒できるものじゃない」という描写がされていたのは納得感ありましたが...それでもやっぱり、違和感は拭えないなあ。

もうひとつ 1st Season と大きく違うところは、戦争に対する悲壮感が以前ほど重くないことでしょうか。一年戦争自体がいったん終結した時間軸の話というのもあるし、登場人物のキャラクターによるところも大きいのでしょうが、ずっと鬱々とした展開でないことが、観ている側としても心理的に随分ラクだったかな(笑。まあ、戦闘で人が死んでいくシーンは相変わらず残酷ですが。

今月末に配信される第 7 話では、今回出番のなかった(笑)ダリルに関するエピソードになるようです。やはりこの二人が戦わなくては面白くない。どういう展開になるのか、期待して待ちたいと思います。

投稿者 B : 23:05 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2017/05/01 (Mon.)

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー [Blu-ray]

遅ればせながら、GW 前に出張に行っている間に届いてたやつ。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX プラス 3D [Blu-ray]

B06WGS1GM2

ようやく発売されました。この日をずっと待ってたんですよ!

Episode I 以降のスター・ウォーズは新作が公開されるたびに最低三回は劇場に足を運んでいる私ですが、『ローグ・ワン』は五回は観てセリフをある程度諳んじられるようになったほどです(笑。ナンバリングタイトルではない外伝扱いながら、どの続編よりもオリジナルの『スター・ウォーズ』に敬意を払い、旧三部作の世界観に浸らせてくれる作品。もうね、いつものタイトルバックとは違う流れで「ROGUE ONE」のタイトルが出てくるところで泣けるくらいには訓練されてきました(ぉ。

パッケージの種類はいろいろありますが、私が購入したのは「MovieNEX プラス 3D」。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

フォースの覚醒』では 3D BD は MovieNEX CLUB から購入する必要がありましたが、今回は最初から 3D BD がセットになったパッケージが用意されています。きっと MovieNEX CLUB の販売方式にはいろいろとクレームもあったんでしょうね。
ただパッケージングとしては通常の MovieNEX のケース(スリーブ付きトールケース)に 3D BD のトールケースがシュリンクラップでまとめられているというスタイルで、わざわざ全部入り用のパッケージを用意してこなかったのがちょっと手抜き感あります。そういえば先日の『シン・ゴジラ』の BD でも、UHD BD は普通の特別版 BD(←なんか表現が矛盾してる)のケースに UHD BD が外付けされているという形式でしたが、フォーマットが入り乱れがちな今は一番売れ筋のパッケージだけ凝ってニッチな付加価値ディスクを外付けにするのがトレンドなんでしょうか。

ともあれ、GW はこの BD を堪能しながら年末の Episode VIII『最後のジェダイ』に想いを馳せることにします。

投稿者 B : 23:51 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2017/04/27 (Thu.)

映画『3 月のライオン』後編 @T・ジョイ PRINCE 品川

前編の続き、観てきました。

3 月のライオン 後編

3 月のライオン

私は原作未読のため、まだアニメ化されていない後編部分のストーリーは全く知りません。丁寧に描かれているアニメ版を先に観たかった気もしつつ、前編は悪くない内容だったから映画から入っても良いかなあ、と。

後編は零が新人王を獲った後の物語。前編では零がなかなか将棋で結果を出せず悩む、焦る...という場面が多かったのが、後編の零はまるで吹っ切れたかのように強くなります(もしかしたらその強くなる過程は端折られていただけなのかもしれませんが)。その代わり、零自身の悩みというよりは川本家の問題に首を突っ込んでいく局面が増え、前編とはずいぶん違った話になっています。

個人的には、前編は零の内面の話が多かったので自分自身を零に投影しながら見ていた部分がありましたが、後編はちょっと違いました。特に川本家の次女・ひなたが学校でいじめに遭い、それが一応の解決に至るまでの流れは、むしろ自分が親目線になって娘たちの学校で起きていることと重ねて見てしまったし、ひなたを支える家族の対応にもそれぞれ共感できるところがあった。あの状況であそこまで毅然とした態度を取れる子は滅多にいないだろうけど、周囲の人の描き方という点では、すごくリアリティを感じました。
特に心に残ったのは、「ひなちゃんの強さは、この食卓で作られたんだ」という(うろ覚え)零のモノローグ。そう、人間の心の強さとか自信って、家族による無条件の肯定によって形作られるんですよ...。後編は「家族のあり方」に関する複数のエピソードを軸に物語が進行するだけに、自分も家族や親子というものについていろいろと考えさせられました。

しかしまあ、この実写映画、重い(;´Д`)ヾ。前編の主要キャラであり、ほっこり担当要員(ぉ)でもあった二階堂や島田の出番は数えるほどしかなく、頼みの綱の川本家も今回はシリアスなシーンばかり。唯一息をつける場面といえば、零の高校に出てくる林田先生がらみのシーンくらい(笑。高橋一生の林田先生、原作とは随分イメージが違うけど、このイイ感じに力が抜けた高橋一生の芝居だからこそ、男でもこの顔を見た瞬間に「あ、ここ安心できるシーンや」と思えたんだろうなあ。

面白かったです。死屍累々としか言いようがない漫画原作の邦画で、今まで観た中では一番良かったと言って良いと思います。違和感あったのは前後編通じてエンディングテーマくらい(ぉ。やっぱりこういうのに必要なのは「原作愛」なんでしょうね。

羽海野チカ / 3 月のライオン 12

4592145224

投稿者 B : 23:00 | Japanese Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2017/04/22 (Sat.)

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』公開日決定

機動戦士ガンダム THE ORIGIN「激突 ルウム会戦」は9月2日4週間限定で劇場上映 - AV Watch

シャア・セイラ編の完結から約 10 ヶ月、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』続編の公開日が発表されました。9/2(土)からのイベント上映およびネット配信の予定とのこと。

前作で人類史上初のモビルスーツ同士の戦闘が描かれましたが、次はいよいよ本格的な大規模戦が描かれることになります。ファーストガンダムでは過去の話として言及されるのみであったルウム戦役、レビル将軍が黒い三連星によって捕縛されたりシャアが MS 一機で五隻の戦艦を沈め「赤い彗星」の異名を取るようになったりしたエピソードが、ついにアニメーションで楽しめるわけです(一部は『THE ORIGIN I』のアバンでも描かれていましたが)。
いっぽうで、これまではキャスバル=シャアが物語の中心だったところが、そろそろ少しずつアムロの物語として引き継がれていく役割を担った章でもあるはずです。漫画原作では過去編のアムロはあくまでオマケ扱いでしたが、今回のアニメ化ではもう少し手厚い扱いになるようで、そのあたりがどう描かれているかにも期待。

イベント上映が 9/2 ということは、プレミア上映会は二週間先行して 8/19(土)または 20(日)になると考えて良いでしょう。今からその近辺の予定は空けておこうと思います。

「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」が初Blu-ray化。8月29日発売 - AV Watch

同時に『ポケ戦』の初の BD-BOX 化も発表されました。宇宙世紀ものの中でこれだけ BD 化がされていなかったので、待っていた人も少なくないはず。重めのストーリーも MS の設定/デザインもイイし(中でも出渕裕デザインのケンプファー、ハイゴッグ、ズゴック E は特に秀逸だと思う)、一年戦争期のサイドストーリーの中では私はこれが一番好きかも。発売されたら買っちゃいますかね...。

機動戦士ガンダム 0080 ポケットの中の戦争 Blu-ray メモリアルボックス

B071R371WH

投稿者 B : 17:00 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2017/04/19 (Wed.)

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 [Blu-ray]

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 4K ULTRA HD&3D&2D ブルーレイセット [Blu-ray]

B06W9JF7ZG

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の BD が発売されたので、フライングで入手しました。
パッケージはいくつかのバージョンがリリースされましたが、一応将来性を買う意味で UHD&3D&2D の BD 三枚組。3D は PSVR で観れるようになったし、UHD BD はいつ我が家に環境が構築できるか見当もつかないけど、魔法のエフェクトとか暗いシーンが多い映画なので、HDR の画質が実感しやすそうなタイトルなので、とりあえず確保。

基本的には『ハリー・ポッター』シリーズの登場人物は出てこない外伝的な話で、そういう意味では物足りないと感じる人もいるでしょうが、これはこれで魔法界のことを深く知ることができ、単体のエンタテインメントとしてもよくできた映画だと思います。以前劇場で観たときには、旧作をしばらく観ていなかったこともあって「あれ?このキーワードって何だったっけ?」と思う場面がいくつかありましたが、その後旧作の BD を一通り観直したので「ああ、これって本編のほうに出てきたこれのことだったのか!」というように細かく納得し、理解が深まった感じ。言ってみれば既存ファン向けであり、一見さんお断り的な側面は否定できませんが、ヒット作の続編なんて多かれ少なかれそういうものです(笑

まだあまりじっくり観れていませんが、せっかくなので PSVR を使って 3D 版も堪能するつもり。GW に向けた娯楽のひとつにしようかと。

投稿者 B : 00:50 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック