b's mono-log

2013/11/01 (Fri.)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語 @109 シネマズ川崎

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語

前後編の BD-BOX もまだちゃんと観れていないうちに劇場公開が始まってしまったので、観に行ってきました。

TV 版の内容を忠実になぞったまま映像をリメイクした[前編]/[後編]と違い、今回の[新編]は完全なる新作。かつ、[後編]から続く話になる...ということで、期待半分、不安半分で劇場に足を運びました。ネタバレしたくなかったので、事前情報完全シャットアウトで、予告映像すらまともに見なかったくらい(笑。

未見の人もいるでしょうから、できるだけネタバレしないように書きますが、どうしてもイヤな人は私のように何も読まないことをオススメします(ぉ

前半は、おそらくもう TV 版をひととおり観た人であれば「こういうのが観たかった」という流れに違いないでしょう。若干の違和感を抱えつつも、TV 版のストーリーをひととおり知っている人であれば、こういう展開でこそ逆に泣けてきてしまうかもしれません。それくらい、TV 版のファンの心情をうまく撞いた構成だと思います。いや、むしろ物語の起承転結「転」の入口ぐらいまで、ほぼ「こういうのが観たかった」で埋め尽くされていると言って良いかも。それくらい、何を足しても何を引いても完成しなくなってしまう TV 版の続編として「ここしかない一点」だったように思います。
それくらい順目のストーリーである以上は、「あの世界」を作り出したのが誰か、というのは割と予想がついてしまうところではありますが...あんなどんでん返しがあるとは。脚本が虚淵玄だということをすっかり忘れていたよ!(笑

でも、このストーリーは TV 版からこの劇場版[新編]に至るまで、基本的には魔法少女「暁美ほむら」の願いの物語なのだ、と考えると、全てしっくりきます。神と悪魔の表面的な意味ではなく、神と対をなす存在としての悪魔。相手との対比の中で、あるいは他者との違いを認識することで、初めて自分という存在が確立できるということ。鹿目まどかの復活と二人の世界を築くことではなくて、「みんなといる世界」を願い、その結果として「みんなの世界」の外側にいることを選択することになったのは皮肉としか言いようがありませんが、全編を通して見るとその結果も理解できる気がします。あー、やっぱりなんか半分ネタバレっぽくなってしまいましたが(笑

後半の急展開を観たときの印象はヱヴァ『破』あたりに近いものがありましたが、伏線がきれいに回収されている分、「あれはどういうことなの?」というのが少なく、一回でもけっこうお腹いっぱいになれる作りだと思います。ただ、細かい演出にまで意味を持たせていることが多いシリーズなので、二度目、三度目に観ると「ああ、これはこういうことだったのか」と納得できるものがありそう。ヱヴァのように何度も行くつもりはありませんが(笑、二度目は行っても良いかな...。

しかしこれ、いくらでも続編が作れそうな終わりかたでしたね。商業的にはまだまだ続けたいところなんでしょうが、今回のような余韻を残した、解釈の幅の大きな「The End」でも、それはそれでいいような。むしろ、これもこれで何を足しても蛇足にしかならないように思えるので、無理に続けてほしくないかもしれません(笑。

投稿者 B : 01:55 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/08/13 (Tue.)

風立ちぬ @TOHO シネマズ ファボーレ富山

帰省中に観よう、と思って今までとっておいた映画を観に行ってきました。

風立ちぬ

風立ちぬ

『もののけ姫』以降の宮崎映画は、『崖の上のポニョ』という名作を経てもなお、もしかしたら老人の昔話の繰り返しやお説教に付き合わされるのではないか...という不安を抱いて劇場に足を運ばせるものがあります。今回は、太平洋戦争にまつわる物語であるが故に、さらにその懸念を強くしていました。

が...なんというかこれは、長い一篇の詩のような映画、とでも言えばいいでしょうか。とても美しい物語でした。

実在の人物・堀越二郎をモチーフにしたフィクションということで、優れた才能を持つ技術者とその恋人が、政治や戦争に翻弄されていく物語を予想していました。ある意味でそれは正しかったのですが、その経緯や苦悩を描いた物語ではなく、堀越二郎の夢と、それを実現していく「想い」の物語でした。航空機開発のいきさつは抽象的にしか表現されておらず、中盤まではちょっと物足りなく感じましたが、終盤には「この映画にはこの描き方で良かったのだ」と思えました。画竜点睛を欠いていたとすれば、やはり堀越二郎の配役でしょうか...。

「飛行機は、美しい夢だ。設計家は、夢に形を与えるのだ」

夢の中で二郎に啓示を与える、イタリアの航空機設計者ジャンニ・カプローニの言葉です。
私は昔から、ものに形を与える仕事をする人に強い憧れと敬意を抱いていて、それが自分自身がエンジニアを目指した原動力でもあっただけに、この言葉には強い共感をおぼえました。

十代の自分だったらその「美しい夢」に全力で自己肯定の気分を与えられていただろうし、二十代の自分だったら「そんなのきれいごとだよ、実際のものづくりは...」と斜めに見てしまっただろうけど、三十代も半ばを過ぎた今の自分には、この映画を通じて宮崎駿が表現したかったものが、なんとなくわかる気がします。
「ものをつくる」という仕事は、きれいごとではなくて、いろいろな事情やしがらみとは無縁ではいられない。作り手の意思と、世の中のあらゆるものごととの交差するポイントでものを作ることで、初めて世に受け入れられるものが生まれる。独りの意思だけではものを作り続けられないからこそ、作り手は悩み、苦しむ。でもそういうしがらみを血肉とし、あらゆるものごとを超えた先に、それでも「美しい夢」を持ち続けたやつだけが、最終的に夢を叶える権利を与えられる。「ものをつくる仕事」とは、そういうものだと思うのです。

おそらく、そういう時間を経てきた宮崎監督だからこそ、「ものをつくる生き方」をこういう形で表現したのではないでしょうか。様々なしがらみや世の中の変化をふまえながら、名作と言われるアニメーションを作り続けてきた宮崎監督だから、今、監督自身が最も美しいと信じるものの美しい部分だけを、最も美しいと思われる手法で表現し、人々に伝えたかったのだと思います。劇中で菜穂子が、愛する人に自分が最も美しい状態だけを見せて、そして去って行ったように。きっとカプローニは現在の宮崎監督自身であり、二郎は過去の宮崎駿であり、現代の若き作り手なのでしょう。

鈴木敏夫プロデューサーは本作を「宮崎駿の遺言」と言っていますが、私は、この映画が実際に宮崎監督の遺作になっても、きっと驚かないでしょう。劇場公開中にあと二度三度観に行ってもいい、名作に仕上がっていると思います。

投稿者 B : 00:00 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/07/28 (Sun.)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 [Blu-ray]

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 [Blu-ray]

B00C3E3ISM

発売日に届いていました。

ANIPLEX+ 版の豪華特典については注文前に知っていましたが、さすがにあれを置いておく場所は我が家にはないな...と思って普通に Amazon に発注。
最近忙しくてまだ断片的にしか観れていませんが、自宅のテレビで鑑賞すると、テレビ放送時と比べて映像が完全に別物になっていることを改めて実感します。映画館で観たときには、明らかに演出が変わった部分を中心にいくつかの変更点には気がついたものの、大画面・初見なので細かく観る余裕がない・その場の雰囲気(笑)で正直ここまで変わっているとは思いませんでした。「劇場のスクリーンに合わせて最適化」された分、画面への馴染みが良くて違和感がなかった、ということかもしれません。

そのあたりの差分について、テレビ版の BD と多くのシーンに渡る比較記事を見つけましたが、本当に「手を加えていないカットはない」というレベルですね...。

ヲタブロ : 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語 BD レビュー・感想

映画に関する感想は[前編][後編]それぞれの上映時に書いた内容から変わりはありませんが、物語の構成としては、やはりテレビアニメの「正味 20 分放送して、次まで 1 週間待たせる」というフォーマットがあったからこそ、あれだけの盛り上がりが作れたのだろうな、と、繋ぎ合わせられた作品を観て、改めて実感するわけです。

ともあれ、検証・考察サイトを見るとひとつひとつのシーンに込められた/隠された意味が数多くあることに気づけるこの作品。『ヱヴァ Q』あたりもそうですが、噛めば噛むほど味が出てくるので、夏休みにじっくり堪能したいと思います。秋公開の『[新編]叛逆の物語』も、期待に応える作品になるのか、期待を裏切る作品になるのか、怖さ半分ではありますが、今から楽しみ。

投稿者 B : 06:47 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/07/17 (Wed.)

紅の豚 [Blu-ray]

紅の豚 [Blu-ray]

B00CAP5NUK

スタジオジブリの旧作 BD 化の「しんがり」(まだ出ていないのもありますが、名作と言われるものの中で)は『紅の豚』。同じく空に憧れた男が主役の『風立ちぬ』の公開に合わせて、という憎いタイミングでのリリースとなりました。待ち望んでいた作品だったので、届くや否や視聴。

このディスクでの注目は、話題の「マスターグレード・ビデオ・コーディング(MGVC)」が採用されたディスクであるということでしょう。「『マスターグレード』は(株)バンダイの登録商標です」という注記を入れるあたり、もうそういうユーザー層を狙って名付けたんじゃないかと思われるネーミングですが(笑)、BD 映像の階調をより高めるための技術、です。現時点では本田さんか Phile-web の記事がいちばん詳しいかと。

【本田雅一のAVTrends】真のマスター品質を再現。パナソニック独自技術MGVCが魅せる映像作品の実力 -AV Watch
パナソニック、12ビット収録のBD新技術「MGVC」を開発 - PHL柏木所長が語る開発背景【更新】 - Phile-web

まあ、今のところ対応しているのはパナソニックの DMR-BZT9300 の最新ファームウェア版のみで、この技術自体がパナソニック独自のため他社製品では対応予定なし、というのが悲しいのですが(´д`)、一度実力を味わってみたい技術ではあります。ちなみに、MGVC 自体は『となりのトトロ』以降のジブリ BD が対応済み、とのこと。

というわけで、我が家の現在の再生環境ではせっかくの MGVC も宝の持ち腐れなわけですが、それでもこのディスクの画質は素晴らしいの一言。「名作」と語り継がれるジブリ作品の中では比較的新しい(といっても劇場公開は 20 年以上前)ということもありますが、オリジナルフィルムの状態が良いこともあるのか、古い作品とはとても思えない、スッキリした高画質。地中海の碧い海と蒼い空、そしてポルコの駆る飛行艇の目の覚めるような紅、それらが今までに観たどのソースよりも鮮やかに目に飛び込んできて、まるで自分が空を飛んでいるかのような高揚感さえ感じました。ジブリ旧作 BD といえばフィルムグレインがけっこう気になるレベルで残っているものが多いですが、今作に関しては程よく抑えられ、HD らしいスッキリ感とフィルムソースらしい柔らかさの共存した、とても好ましい画質です。
ジブリ旧作の BD 化では今のところ『魔女宅』が最高の出来だと思っていましたが、MGVC なしでの再生でも、この BD は魔女宅を超えているかもしれません。映像ソースのクリーニングやリマスタリングをしたスタッフさん達の仕事も素晴らしいですが、だてに BD の冒頭に鈴木敏夫プロデューサーと並んで「圧縮 柏木吉一郎」とクレジットされていないよなあ、と、クオリティの高い仕事に純粋に敬意を表したいです。

自分も歳を取ってきたせいか(だって劇場公開当時まだ中学生ですよ)、最近では繰り返して観たいのはナウシカやラピュタよりもむしろ『豚』かも、とさえ思うようになってきました。そんなときに、この高画質でいつでもあの空が見られることに感謝しつつ、MGVC 対応デッキのラインアップが(他社も含め)もっと広がってくれることを期待したいと思います(笑。

投稿者 B : 01:26 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/04/26 (Fri.)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q [Blu-ray]

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO. [Blu-ray]

B00BHO0FK8

発売日には届いていたのに時間と体力が取れなくて放置してしまっていましたが、ようやく鑑賞。

昨年 11~12 月にかけて劇場で三回観たので(笑)もうストーリーに対する感想とかは新しいものはないんですが、初回は話が飲み込めずにポカーン、だったのが、やっぱり回数をこなすごとに細かい台詞や演出の意図が理解できるようになっていて、ああこういう作りこそがエヴァなんだよなあ、と思い知らされます。でも、まだまだバラ撒かれただけの伏線が大量に残されているので、一日も早く『シン』が観たいところ。今度こそ本当に完結させる気があるのでしょうか(笑

『序』『破』では上映版から BD/DVD のバージョンの間には追加・修正されたシーンが数多くありましたが、この『Q』の BD/DVD はバージョン 3.33 とはいえ、公開からさほど間を置かずに発売されたこともあって、シーンの追加は特にないもよう。その代わり、主に CG で製作されたシーンを中心に映像ディテールの追加やクオリティアップが随所にわたって施されていて、一回観ただけでも映像が細かくなり、CG と手描きアニメの馴染みが良くなっているのが分かりました。
逆に『巨神兵東京に現る』のほうは、直視型ディスプレイで観ると特撮の不自然な部分が特撮博物館や劇場で観たとき以上に気になる。これは自然な映像で楽しみたいならプロジェクタのほうが良いかもしれません。

『Q』ってどうにも救われない話なのに、何故か繰り返して観たくなる妙な中毒性を持っているんですよね...。明日から GW だし、『序』から順番に見返してみたい気もしてきました。

投稿者 B : 23:33 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/02/27 (Wed.)

おおかみこどもの雨と雪 [Blu-ray]

おおかみこどもの雨と雪 [Blu-ray]

B00AHSQRBQ

買いました。この映画は去年劇場に観に行ってとても心に残ったので、BD が出たら真っ先に買おうと思っていました。何より細田守ファンだし、故郷の風景が美しく描かれているし、それに「人の親」としていろいろと感じるところのある作品です。

一度観たからには、もう冒頭の楽曲が流れてきたところで早くも条件反射的にうるうる来てしまうわけですが(笑)、この映画はいい。「狼と人間の間に生まれた子ども」という題材ではありながら、その本質は「子どもを育てるとはどういうことか」を親の視点から描いた作品であると思います。子どもは、親の知らないところで、いろんなものを見て、感じて、吸収して、自分なりに少しずつ大人になっていく。人の親になってほんの 7 年の私でさえそれを実感する瞬間は少なくないのだから、子どもが自分から巣立っていくのを寂しく感じつつも「しっかり生きて!」と見送った、あの台詞と表情には心を打たれるものがありました。果たして自分は「そのとき」に、素直にそれを受け止めることができるのか。

おおかみこどもの雨と雪

BD の初回封入特典のフィルムブックマーカーは、台風直撃のときの体育館で、主要キャラが写っていないシーンという微妙なところでした(´д`)。まあ、私はこういうおまけはあまり気にしないほうですし、『サマーウォーズ』のときのように余計なものをたくさんつけて高く売り、後から廉価版を出すような商売は好きじゃないので、今回くらいシンプルなパッケージのほうがありがたいですが。

細田守作品では『時かけ』『サマウォ』は夏になると決まって観たくなりますが、この映画はむしろ人生の、子育ての節目節目で見返したくなりそうな気がします。

投稿者 B : 23:23 | Anime | Movie | コメント (2) | トラックバック

2013/02/20 (Wed.)

『ヱヴァ Q』『ホビット』が早くも Blu-ray 化へ

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」BD/DVDを4月24日に発売 -AV Watch
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO. [Blu-ray]

B00BHO0FK8

なんと!『Q』の BD が早くもリリースとは。例によって 1 年くらい待たされるものだとばかり思っていましたが、半年も経たずに出てくるとは。

『Q』は最終的に劇場には 3 回足を運びましたが、まだまだ消化不良な部分がたくさんあって、改めて好きなときにじっくり観たいと思っていただけに、早期の BD リリースは大歓迎です。初見ではどういう話なのかよく解らずにお口があんぐりしてしまいましたが、2 度目、3 度目と観るうちに深まっていって、すっかりハマってしまったという。『破』までの展開が、旧作の流れを踏襲しながら明快なストーリー展開で見せてくれていただけに、最後までこの流れで秀逸なエンタテインメント作品として結んでくれるんだろう、という予測を見事に打ち砕いてくれたのが『Q』。震災後の社会の変化を受けて、という側面も少なからずあるのでしょうが、真っ当な期待を裏切ってこその庵野秀明ということなのでしょう。BD 版では特典映像で『破』からのミッシングリンクを繋いでほしいところですが、そういうことをしないのが庵野秀明という監督です(笑。

なんにせよ、早く BD が欲しいなあ。ずっと先だと思っていたものが、ほんの 2 ヶ月後に出てくると判った途端、逆に待ちきれなくなってしまうのが人の性でしょうか(^^;;。

「ホビット 思いがけない冒険」が4月17日にBD化 -AV Watch
ホビット 思いがけない冒険 3D&2D [Blu-ray]

B00BFNXO7M

こっちももう BD 化!ヱヴァよりもさらに短くて、劇場公開されてから 4 ヶ月ですよ...。最近はパッケージ収入での投資回収までを前提として映画やアニメが製作されているという話はよく聞きますが、このクラスの大作でも興行収入だけでは成り立たないということなんですかね。映画ファンとしては早期のパッケージ化は嬉しいところではありますが、あまりにスパンが短すぎると劇場に足を運ぶ意義自体が薄れてしまうとも思うので、悩ましいところではあります。

これも BD を買うつもりではいますが、迷うのがどのパッケージで買うか。3D&2D BD セット、BD&DVD セット、DVD 単品という形態での販売になります。BD&DVD を買ってもどうせ DVD を観ることはないし、今後 3D 環境を手に入れたときのことを考えて 3D&2D BD を買っておくべきか...。2D BD 単品で十分な気はするんですけどね。それから、このシリーズの常として「後からスペシャル・エクステンデッド・エディションが出る」という可能性も否定できないので、すぐに買うといずれ後悔するハメになりそうな気もします(;´Д`)ヾ。

そういえば、LOTR のエクステンデッド・エディション トリロジー BOX も買おうと思いつつまだ買っていないし、『ホビット』と併せてゴールデンウィークのお楽しみにする、というのも悪くないかもしれません。UC6 といい、ここ 2~3 ヶ月欲しい映像パッケージ作品のリリースが続くので、お財布的にはなかなか厳しいモノがありますが(^^;;。

投稿者 B : 00:33 | Anime | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2012/12/12 (Wed.)

おもひでぽろぽろ [Blu-ray]

おもひでぽろぽろ [Blu-ray]

B008TNFHJY

魔女宅』と同時に BD がリリースされた『おもひでぽろぽろ』も合わせて確保。私が BD を購入している他の作品に比べると、そこまで大好きというほどでもないんですが、あのじんわりした雰囲気がたまに味わいたくなるのと、当時絶賛された作画が BD でどのように再現されているかに興味があったので、まとめて購入しました。

まず第一印象は「あれっこんなもんだっけ?」というもので...というのも、『魔女宅』がこれまでのジブリ過去作 BD としてはおそらく最高画質と言える「デジタル的」な画質にリニューアルされていたのを観た直後だけに、そこからのギャップを感じてしまったというのが正直なところ。冷静になって観ると、従来のジブリ過去作 BD のクオリティの延長線上にある、解像度はしっかり確保しながらも当時のフィルムの味、雰囲気を残した画質、でした。フィルムグレインや微妙なコマの揺れについては大きく手を加えず、真っ当にいつもの手順でハイビジョンテレシネを行って彩度・コントラストを強調しつつ、いつものフィルタでエンコードした...という感じでしょうか。『魔女宅』も本作も、BD の圧縮はもちろん PHL の柏木吉一郎氏の手による安定の仕事ぶり。
圧巻はやはり、本作の作画的な最大の見せ場である紅花畑でしょうね。丁寧に描き込まれた紅花のひとつひとつが違っていて、全て手描きだからこそ表現できる味わい深さというのは、DVD ではさすがに感じられなかったレベルのもの。『魔女宅』の BD が現代的なパキッとしたタッチで表現されていたのに対して、こちらはむしろ手描きのイラストがそのままアニメーションになったかのような、温かみのある表現になっています。特に、回想シーンの独特の空気感は、今までの他の BD ではみられなかったものだと思います。

ストーリー的にはそれほど大きな盛り上がりもなく淡々と進んでいく話で、気分的にはむしろそういうのがいいと感じるときもありますが、ジブリ作品の中でも特に淡々とした作風ですよね。個人的には、昔観たときには主に回想シーンでは主人公の子ども時代のほうに共感するところがあったのに、子どもを持つ身となって観てみると、親子の関係とか生活感みたいなものが生々しすぎて、逆に疲れるというか(笑。子育てがもう少し落ち着いてから観ると、また違った印象になるのかもしれませんが。

投稿者 B : 00:54 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2012/12/09 (Sun.)

魔女の宅急便 [Blu-ray]

魔女の宅急便 [Blu-ray]

B008TNCYSQ

『魔女宅』が待望の BD 化。これ待ってた人は案外多いんじゃないでしょうか。私もその一人で、発売日に Amazon から届きました。

これも『トトロ』に並び、娘たちの無限リピート再生のおかげで DVD 版を少なくとも 100 回は観たと思います。実は DVD は一度次女になくされてしまい、しばらく観れなくなっていましたが、引越しのときに AV アンプの下から出てきたという(笑。
ともあれ、ジブリの過去作が順次 BD 化されてきた中にあって、なかなか出てこなかった本作だけに、DVD 版の画質のアマさにはそろそろウンザリ、リリースを心待ちにしていました。

BD 版ということで期待していた画質ですが、これがまた良い意味で裏切られました。今までのジブリ過去作の BD 化って、「オリジナルの雰囲気を残す」という意図でフィルムのグレインがけっこう残されていたり、コマの揺れが気になったりしていたものでしたが、今作はこれまでの BD に比べるとグレインがかなり抑えられた、スッキリシャッキリした高画質。現代のデジタル作画に匹敵する...とまで言ったら言い過ぎですが、製作が一年しか違わない『トトロ』に比べてもかなりの高画質と感じました。発色も浅かった DVD と比べ、BD では色乗りがとても良く、キキの赤いリボンの鮮やかさと黒い魔女装束の対比、空や海の青さが活き活きとしていて、観ていて楽しくなってきます。
また、他のジブリ作品に比べると本作の背景の描き込みについてはあまり語られることがありませんが、木や石の質感、絨毯のいかにも柔らかく暖かそうなイメージ、キキが空を飛んでいるときの街並み...といったものが、フィルムではここまで表現されていたのか!というのに初めて気づき、驚かされました。この映画、確か小学生の頃に映画館に観に行ったんですが、さすがに当時の画質とかは覚えてないからなあ(^^;;

ストーリーについては今さら語るまでもありませんが、やっぱりこの作品は良いですね。画音質も十分だし、ジブリファンならば必携の BD と言えるでしょう。
これで私が好きなジブリ映画はだいたい BD へのリプレースが完了しましたが、次はまだ出ていない『紅の豚』がいつリリースされるのか。これまでのペースを考えれば、来夏あたりのリリースになるのではないかと思っています。

投稿者 B : 00:00 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2012/11/23 (Fri.)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q @109 シネマズ川崎

観てきました。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

実際には上映 2 日目の朝イチで川崎の 109 シネマズに観に行ってたんですが、微妙に消化不良気味だったので、池袋の HUMAX シネマズで 2 回目を(笑。

私の周囲の人々はこの 1 週間であらかた観に行っているようですが、まだ観ていない人もいると思うので、とりあえずネタバレ防止策を入れておきます。











直前の『金曜ロード SHOW!』で冒頭の 6 分半を観ていたとはいえ、オープニングから 30 分くらいはぽかーんとしてしまいました。なんというか、エヴァというよりはエヴァ的なものにガンダムと最近のアニメ...エウレカセブンとか(って断片的にしか観たことないけど)を混ぜたような感じ、とでも言えば良いのかな?葛城ミサト艦長だって、声と絵面だけだとむしろアークエンジェル(ガンダム SEED)だし。しかも『破』のクライマックスで「行きなさいシンジ君、誰かのためじゃない、あなた自身の願いのために!」と言っていたミサトさんが今回は「あなたは何もしないで」だし。
テレビ版とも、旧劇場版とも全然違うどころか、『破』までの新劇場版とも大幅にテイストが違ってしまって、でも新たな謎もたくさん追加されて、初見の直後は若干の置いてけぼり感がありました。

『破』までを見たところでは、『序』はテレビ版序盤のけっこう忠実なリメイク(でも一部設定は違っている)だったのに対して、『破』でサードインパクトが始まってしまうというサプライズがあり、「序破急」で考えるならば確かにこの作品は『破』だと思っていました。が、『Q』で『破』以上の変化があるということは、むしろこれは「序破急」じゃなくて「起承転結」であり、『破』はむしろ『承』に過ぎなかったのか。純粋に『破』の続きとして始まる物語を想像していた身としては、いきなり横から頭を鈍器で殴られたような衝撃でした。
ネット上では既にさまざまな考察がなされていて、かなり真実味のありそうなセンもいくつかあります。『序』『破』にさかのぼって伏線を検証してみるのも楽しいものです。が、こうやってああでもないこうでもないと検証したりファン同士で議論したりする状況それ自体が、もう庵野監督の思うツボといったところ(笑。そういう意味では、この『Q』もその先に続く物語も初見では「コレジャナイ」と感じても、紛れもない『エヴァ』そのものなんでしょう。これはエヴァとしてアリかナシか、という議論になりがちですが、私としては間違いなく「アリ」です。

そして発表になった次回作のタイトルは『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』。タイトル自体『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』ではなく『シン・エヴァンゲリオン劇場版』だし、記号はコロンを含めるかどうかで楽譜の反復記号にも終始線にもなるという、いつものダブルミーニングの遊びです。もうテレビ版も旧劇場版も新劇場版もループしている説がほぼ確定的になりましたが、この広げた風呂敷をどう畳むのか。というか、次回で終わらせる気さえないんじゃないの?と心配になってしまうくらいですが(笑)、今からとても楽しみです。

この『Q』も、時間さえあればあと 1~2 回くらい観に行っても良いかなあ。

投稿者 B : 23:17 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック