b's mono-log

2009/11/25 (Wed.)

劇場版 マクロス F 虚空歌姫 @チネチッタ

仕事帰りに観てきました。

劇場版 マクロス F 虚空歌姫 ~イツワリノウタヒメ~

劇場版 マクロス F 虚空歌姫 ~イツワリノウタヒメ~

いやー面白かった!というか楽しかった!!

テレビ版のリメイクという話だったので単なる総集編を見せられたらどうしようと若干不安だったのですが、完全なる杞憂でした。
基本的なストーリーの流れこそテレビ版を踏襲しているものの、全く別の作品に仕上がってます。いうなれば同原作の脚本違いというイメージで、テレビ版をひととおり観た人でも楽しめると思います。登場人物の絡み方も少しずつ違っていたり、そこでそう来るの!?という驚きの演出があったり、尺が限られているぶん物語の核心により近いところで舞台が展開するイメージ。それでいて総集編にならず、一本の作品にまとまっていて、テレビ版をベースに映画化した映像作品は数あれど、私が知る限りこの作品はその中でも最も良くできていると感じました。

映像に関してはフィルム上映(たぶん)のシネコンでは細かいところまでは分からないのですが、3DCG の処理がよりアニメらしくなっていてかなり違和感が軽減されています。テレビ版の第 1 話を観たときにはアニメパートと CG パートのギャップに慣れるまではどうも入り込めない感覚があったものですが、これなら比較的すんなり入っていけるかもしれません。まあ、BD 化されたときに直視型ディスプレイでドットバイドットで視聴するとまた印象が変わるかもしれませんが、かなり「馴染んで」きている印象を受けましたね。

しかし何と言ってもこの作品の核は音楽でしょう。菅野よう子は今回もまた良い仕事をした!テレビ版の音楽は比較的どれも王道を行く楽曲ばかりでしたが、今回は曲風に幅が出て、キャラクター(特にシェリル)を音楽の面からより深めることに成功していると感じました。そのまま帰りに『ユニバーサル・バニー』を買って帰ったほど(笑。
音楽と映像の迫力も相まって、映画の内容もさておき冒頭とクライマックスのシェリルのパフォーマンスを堪能できただけでも見に行った甲斐はあったかもと思いました。
ただ映像はもう少しシャープネスが高くても良いんじゃないの?という画質で、音に関しても映画的サラウンドよりももう少し音楽寄りのセッティングのほうが楽しめるんじゃないの?と感じるシーンが多々あったので、もしかしたら BD 化された後に自宅で好きなスピーカを鳴らしながらのほうがもっと楽しめるかもしれないなあ、とは思いました。逆にそのあたりまでこだわってこの作品を上映している劇場があるなら、行ってみたいですね。上映期間中にもう一度観ても良いとすら思ったので。

それにしても今年はアニメ映画の当たり年か?というくらいに良い作品が続いていますね。もともとそんなにアニメ映画観る人じゃなかったのに、ここ 1 年くらい実写よりもアニメ映画のほうがよく観てる気が。

投稿者 B : 23:59 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2009/08/13 (Thu.)

サマーウォーズ @109 シネマズ川崎

父方の祖母が亡くなったのは、ちょうど 24 年前の今日でした。私はまだ幼かったのですが、あの日航機墜落事故の翌日のことで、しかもとても暑い日だったので、あの日のことは今でもはっきりと覚えています。人生の中で、自分の近しい身内が初めて亡くなった日。お盆が近づき、テレビのニュースで日航機の事故から何年・・・という報道があると、決まって思い出すあの日。

そんな折、この映画を観て、さらにその思いを強くしました。

サマーウォーズ

時かけ』の評価が非常に高かったせいでしょうか・・・最初、何も考えずに平日の夜に映画館に行ったら、レイトショーまで含めてあっさり売り切れ状態(;´Д`)ヾ。どうやらかなり入りが良いらしく、こりゃ予約して行った方が良いな、と Web 予約して観に行きました。上映館があまり多くない作品なので比較的空いてるかと思ったら、甘かった。
主役は『ハウルの動く城』のマルクル役で良い味を出していた神木隆之介君、大人になったなあ。

ネタバレしたくなかったのであまり事前情報は仕入れずに観たのですが、冒頭からしてやられました。田舎の大家族が題材でイメージ画像とかでものどかな山あいの民家、みたいな印象を持っていたのに、いきなりあの映像だもの。間違えて違う映写室に入ってしまったかと思いました。
でもそんな、土や木の色に支配された田舎の風景と、RGB で表現されていそうな原色のサイバーワールドの対比が秀逸で、ハートをグッと掴まれる感動と、優しいユーモアと、しんみりした感傷と、が満載の、ハッキリ言って名作だと思います。この夏は劇場・BD 含めてけっこうたくさん映画を観ましたが、個人的には今作が最も感動した。

ともするとめんどくさくなりがちな、田舎の人間関係。私も、実家は今でこそ核家族ですが、父は 5 人兄弟で私の従兄弟は 8 人(私と妹を含めると 10 人)、盆や正月には大人数が私の実家に集まります。十代の頃には、そんな血縁の関わりがめんどくさくてしょうがなかった時期が、私にもありました。まあ今でも面倒だと思うことはありますが、東京に住んでいることで、そういうのとは適当な距離を保てている感じ。
細田守監督は富山県出身の人ですが、ああいう田舎の大家族のつながり、絆、暖かさ、そしてめんどくささがないまぜになった表現は、おそらくそういう環境で長い時間を過ごした人でなければ表現できないだろうし、またそれがものすごく実感を持った表現として伝わってきました。

そんな田舎の、というか古き良き日本の人間関係が、サイバーワールドのつながりとリンクしながら物語が展開するんですが、サイバー側の表現もまた、私にとっては強く実感のできるものでした。リアルで顔を知っている人も、知らない人も、いざというときは助け合ったり励まし合ったりできる、ネットの正の力。「ネットコミュニケーション」というと、途端に敬遠したり色眼鏡で見たりする人がまだまだ多いですが、ネット上のコミュニケーションといっても、結局は現実に生きる人と人とのつながりがあってこそ存在しうるもので、ネットワークなんて単なるコミュニケーションの媒介にすぎないんだということ。この映画を観て、改めて、それを思いました。頭で理解しているだけではなくて、むしろ私こそがそのことを実感しながら活動していなくてはならないんだろうな、と気づかされました。

何かしらの形でネットの世界に関与していて、かつ田舎を持っている人ならば、きっと響くものがあるんじゃないかと思います。この映画の良さは、派手にお金を使った広告宣伝なんかじゃなく、クチコミでこそ広めたいですね。ま、『時かけ』もそうやってヒットした作品ですし、そのときのクチコミ力が今こうしてこの作品のヒットにつながっているのだとすれば、私なんかがあれこれ言う必要もないのかもしれませんが。

時間があればもう 1~2 回観に行ってもいいかも、というくらい良い映画でした。BD が出たら間違いなく買おうと思います。DVD しか持ってない『時かけ』の BD 版とセットだったりしたら、たぶんそっち買うのでワーナーさんよろしくお願いします(笑。

投稿者 B : 23:55 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2009/07/27 (Mon.)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 @チネチッタ

BD でしっかり予習して、いよいよ劇場に行ってきました。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

『序』は地上波も含めて二度観たので、予習はバッチリ。本当はお台場で観ようと思っていたんですが、やってなかった(´д`)。

パンフレットにすら箝口令が敷かれている状況なので、以下、極力ネタバレを防ぎつつも、未見の方はご注意を。












TV 版のヤシマ作戦までを再構成した『序』も確かによくできた作品で、クオリティも十分でしたが、この『破』は次元が違う。いやーすごい映画だわ。基本的な話の流れはオリジナルを踏襲しつつ、よくここまで「別物」と言える内容にまとめ上げられたもんだと、正直感嘆しました。
特に、比較的ゆったり穏やかに進行する前半からまさに「序・破・急」の「破」を体現したと言える後半のたたみかけ具合は圧巻で、私は後半が始まってからエンドロール後の次回予告が終わるまで、ほぼ完全に身体が硬直してました。客電がついてようやく金縛りが解けたといった感じ。

この構成変更に伴って、アスカ(惣流から式波に改姓)の役どころが微妙に変わっていて、オリジナルではメインキャラながら物語上の必然性が薄い登場人物だったのが、ちゃんと意味のある役になっています。これによって、碇シンジ・綾波レイとの役割分担がハッキリして、物語が見通しやすくなりました。逆にちょっともったいなかったのは新キャラの真希波・マリ・イラストリアスで、確かに活躍の場はあるものの、出てきた必然性が希薄で、今後のストーリーへの絡みに期待といったところ。

『序』でも感じていたことですが、主人公碇シンジにかかわらず、登場人物すべてがオリジナルよりも「強く」なっているのがとても印象的でした。確かにみんな悩んでいたり心に重いものを抱えていたりするんですが、グダグダだった TV 版と違ってみんな動機がちゃんとしているというか、前に進むにしても逃げるにしてもその明確な理由を持っている。
あーこれは制作陣がちゃんと全体を俯瞰できるようになったんだねー、大人になったんだねと思いました(主要スタッフが皆私より年上なのに偉そうですか)。言葉を換えれば当時よりも「自分を客観的に見ることができる」ようになったというか。なんか去年の流行語大賞候補みたいですが(笑。

TV 版は明らかに行き当たりばったりで作られている感アリアリで、置いたプロットや張り巡らせた複線に収拾をつけられないまま終わったオリジナルと違い、明確に「結末」を規定して、そこに迷いなく向かっていることが作品からありありと感じられました。作品のそこかしこに仕込まれたオリジナルへのオマージュ的メッセージには、そのあたりの心の余裕すら感じましたね。

ただ私も庵野秀明に対しては疑心暗鬼になってしまったのか(笑)、ひとつひとつの科白や演出に隠された意味を探ろうとして、目の前で繰り広げられる映像のスピードに置いて行かれそうになるタイミングがいくつかありました。うーんこれはちゃんと復習してから改めて観に行くか、BD 版を待ったほうが良いのかな・・・?ただ、TV 版のラスト 5 回分くらいはもう二度と見たくないですが(;´Д`)ヾ。
終局『Q』の公開までにはあと 2 年ほどあるらしいですが、それまでにいろいろとやることはありそうです。

ちなみに、今回は久々に川崎のチネチッタで観たんですが、画質に不満・・・。どうもフォーカスが微妙に合っていないような画で、想像ほどの高精細感がないなあ・・・と思っていたら、エンドロールの文字がぼやぼやでした(´д`)。プロジェクタの性能なのか調整不足なのか、そもそもソースの画質が良くないのか分かりませんが、『序』の BD 版の画質を観た直後だと、かなり不満。映画館によっても違うのだと思いますが、やっぱり最新のアニメ作品はフル HD の直視型ディスプレイで鑑賞するのがベストなのかもしれない、と思ってしまいました。画と音に満足できる映画館を探そうかなあ。

投稿者 B : 00:20 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2009/07/23 (Thu.)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 [Blu-ray]

視聴率低すぎ、録画率高すぎで視聴者層のクラスタが偏っていることが改めて判ったという地上波金曜ロードショーを録画して観たのですが(笑)、やっぱり地上波の画質音質じゃ物足りないよねえ・・・ということで、BD を改めて買ってしまいました。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 EVANGELION:1.11 YOU ARE (NOT) ALONE. [Blu-ray]

B001VNCVTI

劇場公開時も DVD/BD 発売時にもスルーしていた本作ですが、観に行った人の全員が全員絶賛していて、本田さんですら「映画好きなら誰もが楽しめる傑作」と称賛する『新劇場版:破』の評判を見るにつけ、改めて気になって先日の地上波放送を録画した次第。

私はオリジナルの TV シリーズは観ていなくて、劇場版『Air/まごころを、君に』の公開直前くらいに友人から TV 録画した VHS を半強制的に貸されて観たのがエヴァ初体験でした。でも結局 TV 版のラストも劇場版のラストも納得できる内容でなく、制作サイドの独りよがりに見えてしまったので、それほど思い入れの強い作品ではないんですよね。でも、当時のあらゆる創作に影響を与えたという意味では、歴史に残る作品だったのだろうとは思っています。FF7 もエヴァの影響は色濃く出てるしなあ・・・。
そういえば、使徒襲来時のあの「ダン、ダン、ダン、ダン、ドンドン」の BGM を耳にして、つい『踊る大捜査線』を連想してしまうこの逆転現象(;´Д`)ヾ。それだけ時間が過ぎたということです。

この作品、最初は新訳 Ζ ガンダムのヒットを見て企画されたくらいにしか思っていなかったので全然期待していなかったんですが、面白いじゃないですか。TV 版の再構成というと、新訳 Ζ のように主だった戦闘シーンをつないだジェットコースター展開で、ストーリーを知らない人は置いてけぼりを喰らうかと思っていましたが、ストーリーの取捨選択がうまく、2 時間弱という尺の中でうまく起承転結まとまっています。
主人公・碇シンジの内面も当時よりシンプルに、客観的に描かれ、制作者の自己満足的印象が強かった TV 版とは違った印象。脚本の構成と併せて、今回の新劇場版は制作サイドがちゃんとエンタテインメント作品としてまとめようという責任感が滲み出ています。庵野秀明も大人になったんだなあ(笑。

実家の BRAVIA X2500 で鑑賞したので、観慣れた X5050 と比べるとパネルの駆動ビット数や倍速駆動への対応で、グラデーション(せっかくの SBMV が・・・)や画面がパンするようなシーンはちょっと厳しい部分がありましたが、ビットレートの高さからくるディテールの細かさは地上波とは明らかに段違いで、BD 版を買った甲斐がありました。何より TV 版当時は SD 画質だったものが(特に私は VHS に録画した画しか知らないので)改めて HD 制作された画質で、ちゃんと整理された脚本で楽しめるというのが嬉しいじゃないですか。
公開中の『破』はこれよりもさらに傑作に仕上がっているという噂なので、かなり楽しみです。

投稿者 B : 21:11 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2009/04/20 (Mon.)

ファイナルファンタジー VII アドベントチルドレン コンプリート

引き続き、祭りに乗っています。

ファイナルファンタジー VII アドベントチルドレン コンプリート 「FINAL FANTASY XIII」 Trial Version Set [Blu-ray]

B001Q3LKYA

FFVII AC の BD 版(追加シーンもあるよ)ですが、ストーリーに対する感想とか、私の FFVII への思い入れについては 3 年 VII ヶ月前(もうそんなになるのか)に DVD 版が出たときに書いているので省略(ぉ。

ACC の見どころはやっぱり BD になったが故の高画質に尽きると思います。DVD 版も当時の目で見れば十分高画質だと思いましたが(今となってはオモチャみたいな初代 PlayStation 版 FFVII のイメージが強かったせいかも)、ディテールの描写は BD とは比較にならないくらい精細ですね。今までも何本かの映画を BD と DVD で見比べてきましたが、ここまで BD のポテンシャルを感じた作品はなかったかもしれません。
ただ、背景の作り込みやメカの描写、衣服のテクスチャの質感なんかは本当に秀逸としか言いようがないのですが、やっぱり人間の動きや表情(目はいいとして、特に口の動き)が一昔前の CG クオリティだなと感じてしまったのは残念なところ。シーン追加に加えて多数の修整が施されているとはいえ、基本的には DVD からのメディアチェンジであって根本的には 3 年 VII ヶ月前の作品なので、そこは仕方ないところですかね。

改めてストーリーはチープだなと思いましたが(ぉ、それでもこの世界に浸かっていた 12 年前の気持ちを鮮明に思い出させてくれたという意味では、私にとって大切な作品の一つです。ということで、近々 PSP でインターナショナル版を始めようっと(笑。

投稿者 B : 23:47 | Anime | Movie | コメント (1) | トラックバック

2009/03/12 (Thu.)

マクロス F (5) [Blu-ray]

マクロス F (5) [Blu-ray]

B001C9RIXA

勢いで買ってきましたが、何か?(ぉ

しかもなぜか 5 巻から・・・。

投稿者 B : 00:05 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2009/03/08 (Sun.)

マクロス F

もともとあまり興味がなかったんですが、某飲み会で何度か話題になっていたのと、新の字さんに借りた iPod touch に曲が入っていたのをきっかけに(笑、ANIMAX で放映されていたのを初回から観てみました。昨日の放送でひととおり終了。

マクロス F

B0017MLZE0

私のガンダム好きはもうここまで来たら否定しようのない事実ですが(ぉ)、世代的にガンダムは再放送世代で、幼い頃にリアルタイムでやっていたのはマクロスでした。変身メカのかっこよさに憧れたこともあって、当時はむしろガンダムよりもマクロス派だったことを思い出しました(でも当時の私は、何故かよりマイナーな派生作品である『超時空世紀オーガス』のほうが好きだった。理由は今考えてもよく分からない)。
でも、当時は子どもながらにバルキリーのファイター形態の格好良さに対してバトロイド/ガウォーク形態の形状は格好悪いと思っていたのですが、今のバルキリーはどの形態でもデザインが破綻しないように考えられていて、良いですね。

戦闘なのになぜか音楽が絡んでくるのが最初は違和感あって仕方なかったのですが、中毒性があるというかだんだん気持ち良くなってきますね(;´Д`)ヾ。演出もさることながら、やっぱり菅野よう子の楽曲が良いせいでしょうか。管弦楽からジャズ/ファンク、果てはアイドルポップスから行進曲、演歌まで(笑)網羅するこの人の引き出しの多さには本当に驚かされます。
作曲家といえば、現代音楽の大家と言える作曲家たちがけっこうアニメ音楽を手がけていることに最近気づきました。大島ミチル(『鋼の錬金術師』ほか)しかり、三枝成彰(『機動戦士 Ζ ガンダム』)しかり。アニメ作品って今や日本の作曲家にとって重要なカテゴリの一つなんですかね。

ANIMAX で観たので画質的には「とりあえず観ただけ」というところですが、あー、ちょっと BD 版が欲しくなってきたかも。

投稿者 B : 22:48 | Anime | Movie | コメント (7)

2009/02/17 (Tue.)

ルパン三世 カリオストロの城 [Blu-ray]

これも最近やっと観る時間が取れたものシリーズ。

ルパン三世 カリオストロの城 [Blu-ray]

B001GC15EG

やっぱり昔の宮崎アニメは手放しで面白いですねー。何度も観た作品ですが、改めて見入ってしまいました。まあ、今まではテレビ放映されているのを何となく観ていただけなので、パッケージを買って「観るぞ!」と気合いを入れて観たのが今回初めてだったから、というのもありますが。
インプレスの「買っとけ! Blu-ray」で語り尽くされているので、あんまり書くことないんですが(ぉ、冒険活劇的には『ナウシカ』や『ラピュタ』の原点となった作品なわけで、『ルパン三世』の冠があってもそのあたりのエッセンスは凝縮されてますよね。

あちこちで指摘されている画面の揺れに関しては、アクションシーンなどの観る側の気持ちが入ってしまうところではほとんど気にならないのですが、一息つくようなシーンではやっぱりちょっと気になりますね。それで作品に集中できないほどではないにせよ、BD で出すならそのあたりはきっちり修整しておいてくれても良さそうな気はします。

ルパンはアニマックスでもずっとやってますが、やっぱりカリオストロは別モノ。繰り返し観る価値あると思います。ナウシカとラピュタも早く BD 化してくれないかなー。

投稿者 B : 00:21 | Anime | Movie | コメント (2) | トラックバック

2008/12/07 (Sun.)

COWBOY BEBOP 天国の扉 [Blu-ray]

ANIMAX でテレビ版を観て、で劇場版を。

COWBOY BEBOP 天国の扉 [Blu-ray]

B000XSKZWM

やっぱり面白いわー、このシリーズ。短編でも十分面白いけど長編だともっと面白いだろうと思っていたら、案の定面白い。ストーリー的にはテレビ版の合間に入るべきストーリーですが、前後のストーリーで登場人物が言っていた台詞とオーバーラップする部分があるので、途中で観ても最後まで観てからでも楽しめます(ちなみに私は最後の 2 話だけ残して観た)。

ハッカー、バイオテロ、ナノマシン・・・ネタ的には今扱っても全然違和感ない(ハッカー以外はむしろ劇場公開当時の 2001 年ではあまりメジャーではなかったと思われる)ので、ストーリー的にはかなりすんなりと入っていけます。個人的には、今作での悪役であるヴィンセントが昔いたタイタンといえば、Session #12-13 『ジュピター・ジャズ』でスパイク達(というか、作中ではビシャスとグレンしかいた描写がありませんが)にも縁のある地だけに、何らかの関連性を描いてほしかったような気がしますが。

ラストはあっけなく解決しちゃう系ですが、いろいろ前提があっただけに、その後どうなったかはちょっと知りたかったところ。でも、そういうもろもろを想像に任せているところが、この『カウボーイビバップ』という作品の奥深いところだとも思います。

BD ですが画質はそこそこ。オリジナルがさすがに 2001 年のセル画だとこんなもんですかね?それでもテレビ版をビットレートの低い ANIMAX 画質で観ていた身としては、かなり高画質だと思いましたが(笑。背景も含め、画面の隅々にまで描き込まれたディテールが、この作品のこだわりの深さを感じさせてくれました。

投稿者 B : 22:15 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2008/10/24 (Fri.)

劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者

劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者

B000C0XOQU

去年テレビシリーズを ANIMAX で観て面白かったので(原作も単行本を買ってしまった)、劇場版が放送されるのを待ってたんですが、全然放送される気配がないので買っちゃいました。例によってゲオで¥1,500 円くらい。

テレビ版のラストのあそこからどう繋いでどういう話になるのかと思ったら、そういう話かー。いや、個人的にはこういう現実世界に繋げてくる持って行き方は嫌いじゃないです。自分と同じ姿形をした全く別の人格が生きる、パラレルワールド・・・という話はありがちではありますが、ハガレンの世界観と繋ぐとこういう話になるんですね。
ただ、物語の中での最終的な「敵」の目的やら動機がイマイチ曖昧で、しかもテレビ版では全く出てこなかったキャラだったので、どうも感情移入できず。まあ、主題としては「本当の敵は未知のものに対する内なる恐怖心」だということなのでしょうが、ちょっとなあ・・・。結末にしても、あれ、それだけたくさんの犠牲の上に立っていながら、そっちを選択しちゃうの?的な・・・。ストーリー的にはやや納得いかない感はありましたかね。

絵柄はテレビ版と少し変わったような雰囲気でしたが、SD にしては美しくてスピード感もあってなかなか。ただ、いくつか 3DCG が使われているのが 2D の画と馴染んでいなくて、ちょっと違和感がありました。

全体として完璧に素晴らしい作品、というほどではないけど、原作からかけ離れたストーリーに最終的な収拾をつけるという意味では、よくこれだけのものをまとめたなという印象です。特に、こまごまと脇役までちゃんと再登場させているあたりも、テレビ版のファン心理をよく分かっているなと。アルフォンスの姿がアメストリスに在りし日のエドワードに重なって見え演出も、良かったですね。

ちなみに年明けからまたテレビアニメ化されるそうですが、今度はどこからどういう話になるんでしょうね。当初のアニメ化はこの劇場版をもって完結するお話になってしまったので、原作をトレースする形で再アニメ化?確かに、原作のほうも核心に迫り始めたので、原作の完結に向けてアニメ化・・・というのも、あり得る話ではあるけど。

投稿者 B : 23:59 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック