b's mono-log

2014/08/06 (Wed.)

ラッシュ/プライドと友情 [Blu-ray]

ラッシュ/プライドと友情 [Blu-ray]

B00JJEPZVC

今年 2 月に日本公開された映画が早くもパッケージ化。劇場に観に行ってとても気に入ったので、BD の発売を楽しみにしていました。

ニキ・ラウダとジェームズ・ハントがチャンピオンを争っていた時代の F1 の物語。テーマとしては「実力を認め合えるライバルがいることで、互いにさらに成長することができる」というところでしょうか。スポーツに限らず、「アイツにだけは負けたくない」と思える相手がいることってすごく重要だし、そういう存在に恵まれることは幸せなことだと思います。

監督は『ダ・ヴィンチ・コード』『アポロ 13』などで有名なロン・ハワード。クライマックスでも盛り上げすぎず、どこか淡々とした生真面目な作風、というのが私が今まで観てきた作品の印象でしたが、この映画もその流れの中にあります。本作は実話に基づいていて、ある意味「誰もが結末を知っている話」なわけで、必要以上に盛り上げるよりはこのようにドキュメンタリー的に描くのが合っていたように思います。その映像を盛り上げ、緊張感とスピード感をもたらした音楽が改めて聴いてみるとすごく良いなあ...とクレジットを見てみたら、『グラディエーター』『ダークナイト』『ライオン・キング』『パイレーツ・オブ・カリビアン』など数多の対策を手がけてきたハンス・ジマーじゃないですか。近年の日本における F1 の扱いから、勝手にマイナー映画のイメージを持っていましたが、改めて見るとすごい製作陣ですね...。

この映画のすごいところは、基本的にはヒューマンドラマを軸としていながらも、F1 のディテールに一切手を抜いていないところです。登場する F1 マシンは映画のためにレプリカを作ったりショーカーを引っ張り出してきたりしたようですが(当然 CG 映像も混ざっているはず)、画作りも含めて私にとっては「文献に載っている写真でしか見たことのない当時の F1 が、そのまま動いてる」と言って良いほどのクオリティ。こだわりの細かさを言うなら、6 輪車として有名なティレル P34 が、富士スピードウェイで開催された F1 世界選手権イン・ジャパンのシーンだけ平仮名で「たいれる」と書かれているのまでわざわざ再現してあるくらいなんですから!BD で改めてそのディテールへのこだわりを発見して、驚かされました。
ストーリーは分かりやすく簡略化されているので F1 好きでない人にもオススメですが、F1 ファンなら一度は見ておくべき名作だと思います。私も繰り返し観よう。

投稿者 B : 22:33 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2014/07/28 (Mon.)

天使と悪魔 Mastered in 4K [Blu-ray]

天使と悪魔 Mastered in 4K [Blu-ray]

B00FQ6GW2I

もう 5 年も前の映画なのでちょっと古めですが、今まで観ていなかったのを BD で鑑賞。前作『ダ・ヴィンチ・コード』を観たのももう 7 年前だから、だいぶ内容を忘れてしまっていますが(笑

前作は、予備知識をつけずに「ダ・ヴィンチが生前に自身の作品に込めた謎を解く」という話だと思っていたら全然違っていて(笑)、しかも尺の割にストーリーが複雑すぎて途中からついて行けなくなったトラウマがあります。それが今までこの続編を遠ざけていた理由でもあるんですが、本作も「キリスト教と秘密結社」を扱っている割に、前作よりも物語の軸がシンプルで、比較的すんなり入っていくことができました。まあ「反物質」とか「イルミナティ」とか、設定が相変わらず中二病全開すぎて、ちょっと小っ恥ずかしくはありますが(笑。

物語のキーパーソンはユアン・マクレガー、言わずと知れた『スター・ウォーズ』EP1-3 におけるオビ=ワン・ケノービ役です。SW シリーズのファンであれば、最後の種明かしまでトリックを見抜けないに違いない(笑。そういう意味では、ユアン・マクレガーはハマリ役だったと言えるでしょう。
映画としては、複雑だった前作とは対照的に、謎解きよりも活劇要素がかなり強くなっているので、入り込みやすい反面原作読破済みの人にはこれでは食い足りないかもなあ、と思いながら観ていました。ダン・ブラウンの大作小説の映画化、というよりは娯楽作品として観るべき作品かもしれませんね。

今回は 4K マスタリングされた「Mastered in 4K」バージョンの BD で観てみましたが...正直、古い 46inch の液晶テレビでは 4K マスタリングの恩恵は得られていないような。比較視聴したわけではないのであくまで印象論ですが、4K マスターの BD は、50inch 超の 4K ディスプレイでもなければその本領を発揮できないように思います。

続編『インフェルノ』の映画化は来年末とのことですが、次は劇場に観に行ってみるかなあ。

投稿者 B : 23:51 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2014/07/14 (Mon.)

ホビット 竜に奪われた王国 [Blu-ray]

ホビット 竜に奪われた王国 3D&2D [Blu-ray]

B00IN21YXE

劇場公開から半年を待たずして BD/DVD が発売されたので、さっそく購入。今回も 3D 視聴環境がないにも関わらず、将来を見越しての 3D&2D 版です。

感覚的には「ついこないだ劇場で観た」という印象なので、満を持して BD を買ったという気もしないんですが、最後の戦闘シーンは個人的に LOTR も含めたシリーズ中で最もお気に入り。火竜スマウグがファイアブレスを吐く一瞬前に喉が赤く光り、次の瞬間に画面を埋め尽くす真っ赤な炎!この迫力が半端ないわけですが、そのスマウグとホビット/ドワーフの大きさの対比がいっそう気分を盛り上げます。
劇場から通算して二度目の鑑賞なので、わざとスマウグ視点で見てみると、最初にエレボールを乗っ取ったのはスマウグだとはいえ、安眠していた自宅に泥棒が入ってきて、その連れにトカゲ・ナメクジ・ミミズ呼ばわりされて散々追いかけ回された挙げ句、とどめにアツアツの溶けた黄金を全身に浴びせられるとか、スマウグにとっては災難としか言いようがない(笑。怒ってふもとの村を全滅させに行きたくなる気持ちも解らないではありません。

脚本的には緩急がついていて、冗長に感じた一作目よりも面白かったですね。ただ、映像が 3D に最適化して作り込まれているので、迫力という点では劇場で観たときのほうがはるかにインパクトが高かったです。やっぱりこの作品はテレビよりも 3D+スクリーンのほうが映えると思います。今のテレビも買ってかれこれ 7 年経ちますが、そろそろ 4K+3D に対応したものに買い換えたくなってきたなあ。

投稿者 B : 22:12 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2014/05/02 (Fri.)

アメイジング・スパイダーマン 2 @TOHO シネマズ日本橋

観てきました。

アメイジング・スパイダーマン 2

アメイジング・スパイダーマン 2

予備知識を仕入れずに観に行ったんですが、今回のヴィラン(悪役)の一人、エレクトロってジェイミー・フォックスだったんですね。予告編観ても特殊メイクのせいで全然気がつかなかった。TOHO シネマズ日本橋にはサイン入りのポスターが掲示されていましたが、皆達筆すぎて Jamie Foxx 以外読めず誰だか分からない(笑

以前映画化されたサム・ライミ版『スパイダーマン』シリーズとはパラレルワールド的位置づけで、設定も随分違います。というわけで、サム・ライミ版で登場したグリーン・ゴブリンも再登場。でも、キャラクターデザインはアメコミに忠実だったライミ版とは違い、最近のハリウッド SF らしいデザインになっています。同じスパイダーマンでも、世界観がずいぶん違うんだな、ということが、同じヴィランが登場したことで改めて分かります。

ライミ版がスパイダーマンをモチーフにした青春物語だとするならば、マーク・ウェブ版は人間関係よりもむしろアクション映画としての映像表現にこだわった作品なのだろうな、というのがここまで 2 作を観て抱いた感想です。ライミ版ではそれぞれのヴィランにも共感するところがあり、悩めるピーター・パーカーとも相まって、絶妙なダークヒーローもののストーリーが展開されていましたが、マーク・ウェブ版では独善的な動機でヴィラン化する悪役が多く、勧善懲悪的な分かりやすさが重視されている印象。でも、変に考え込むよりは、圧倒的なスピード感と映像表現に浸ってください、と言われているように感じました。アクション映画で、ここまで映像表現に目から鱗が落ちたのは、もしかしたら 1999 年の『マトリックス』以来じゃないでしょうか。それくらい、アクションシーンのどれもが手を抜かず、徹底的に作り込まれています。アクション映画を観ているというよりも、何かのアトラクションを体験しに来たような感覚と言ったら良いでしょうか。そんなドキドキ感がありました。

今回鑑賞した劇場は、3 月末にオープンしたばかりの TOHO シネマズ日本橋。

TOHO シネマズ日本橋

独自規格による巨大スクリーン「TCX」(Toho Cinemas eXtra large screen)と、新しいサラウンドシステム「ドルビーアトモス」が導入されているということで、映画そのものよりもこのシステムを体感することを楽しみにしていました(笑。
スクリーンの大きさについては「でかいなあ!やっぱり映画館に観に来るなら大きなハコに入ってナンボだな」という感想でしたが、それよりも感動したのはドルビーアトモス。仕組みは AV Watch の本田雅一氏の記事に詳しいですが、

【本田雅一のAVTrends】サラウンドの常識を打ち破るドルビーATMOS -AV Watch

要約すると、従来のサラウンドは「●チャンネル」という表現でチャンネル数の多さを競っていたのが、ドルビーアトモスでは最大 64ch までのスピーカを使って、劇場に合わせた音場をリアルタイムレンダリングで生成できる、というもの。私が鑑賞した SCREEN 8 では、見た限り両サイドに 18ch、天井に 18ch、リヤに 8.2ch のスピーカが設置されていました(さらに、おそらくスクリーンの奥にフロント+センター+ウーファで 5.1ch 以上はあると思われます)。これによるサラウンドは、もはやどこにスピーカがあるというレベルではなく、リアルに、かつ自然なサラウンド感で、音に包囲されると言えば良いでしょうか。ああ、映画のサラウンドってまだここまで進化する余地が残っていたのか、という新鮮な驚きがありました。

TOHO シネマズ日本橋

このほか、チケットの発行はもはや対面カウンターではなく自動発券機がメインになっていて、

TOHO シネマズ日本橋

対面カウンターはあくまでバックアップ的な位置づけで、上映スケジュールすら掲示されていない簡易的・小規模なカウンターのみ。私は映画のチケットはもう多くの場合ネット予約してしまうので、自動発券機メインのほうが合理的だと感じます。

まだまだオープンして間がないせいか物販系スタッフの対応がこなれていない感じでしたが、シアターの設備は文句なし。これまでは、画音質にこだわって観たい作品は TOHO シネマズ六本木・新宿ピカデリー・109 シネマズ川崎(IMAX)のいずれかで観るようにしていましたが、これからは日本橋も有力な選択肢として加わりました。まあアトモス自体、まだまだメジャー映画会社のフラッグシップ級の作品にしか採用されていませんが、アトモス対応作品は積極的に日本橋で観るようにしたいと思います。

投稿者 B : 00:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2014/03/24 (Mon.)

ホビット 竜に奪われた王国 @109 シネマズ木場

ホビット 竜に奪われた王国

ホビット 竜に奪われた王国

公開を楽しみにしていた作品を、ようやく観に行ってきました。

ファンタジー世界に登場するさまざまな種族が活躍する LOTR 本編に比べると、ホビットとドワーフの冒険といういかにも地味な映像になってしまうのが『ホビット』三部作の傾向なんだろうな、というのは前作を観て感じていました。戦闘シーンもシリアスというよりコミカルな描き方になりがちで(『スター・ウォーズ』でいう C-3PO や R2-D2 の戦闘シーンに近い、と言えば分かるかな)単調な映画になるんじゃないかという懸念を抱いていましたが、とんでもない!今作は LOTR も含めたシリーズ中で最も戦闘シーンが白熱する(実際に灼熱するわけですが)映画ではないでしょうか。

今回の主な舞台はエルフの森からはなれ山まで。というわけで、エルフが登場する戦闘シーンもふんだんにあるわけですが、なんかコンセプトアートにレゴラス(オーランド・ブルーム)に似たエルフがいるな、と思っていたら、本当に本人じゃないですか(笑。原作(私は未読)には登場していないようですが、設定上はこの時代にも生きているはずで、ストーリーの解釈次第ではビルボ・バギンズの冒険に絡んでいても不思議はない。まあ、映像的にむさ苦しくてイケメン成分の足りない本シリーズに女性ファンを呼び込むためのサービス的な位置づけでしょうが、それにしてもレゴラス無双すぎる(笑。LOTR でもここまでの獅子奮迅ぶりではなかったはずで、しかもオーランド・ブルーム自身が当時より 10 年分の歳を取ったことも相まって、むしろ LOTR の後の時代の話に見えてしまったほど。おかげでアクションシーンは見応えがありましたが、レゴラスについてはファンをニヤリとさせる程度の扱いで十分だったのではないかと思います(笑。

でも、個人的にはアクションシーンはクライマックスの火竜(スマウグ)とのバトルが最も燃えました(いろんな意味で)。LOTR の戦闘シーンは基本的に多対多の混戦が多く、スピード感ある殺陣はそれはそれで魅力的なのですが、巨大なクリーチャーとの一対多のバトルは初。ドワーフたちの小ささを実感するような圧倒的な迫力と、「この炎に包まれたらもうダメだ」と思わせるファイアブレスの CG に圧倒されました。だからバトルはガチンコ勝負ではなく『ゼルダの伝説』的な頭脳戦になるのも目新しく、とても楽しめました。
ラストは三部作の二作目によくある「そこで終わるのかよ!」という食い足りなさでしたが、逆にそれがいい。三作目も楽しみになりました。

劇場は、前回が XpanD X103 を導入した HFR 3D で観たので、今回は IMAX 3D で観ようと思って木場まで足を運びました。ただ、前回観たのが 1 年以上前なので、正直比較のしようがない(笑。でも、やはり IMAX 3D らしい安定した明るさ・コントラスト・解像度。XpanD X103 も十分なクオリティだと感じましたが、IMAX はやはり安心感がありますね。そして、HFR(ハイフレームレート) 3D は通常の 24p が主流の映画館において、気持ち悪いくらい生々しい動きがスクリーン上に映し出されていて、今までの映画との世代の違いが感じられました。
映像的にも、前作同様に序盤で 3D らしいインパクトのある画作りをしておいて、徐々に馴染み感のある(自然な感じでありながら、効果的に 3D 表現を取り入れた)3D にしていっているのが印象的でした。

ちなみに、本作は劇場公開中であるにも関わらず、発売日未定ながらもう BD/DVD の予約が始まっているという...ここまで来るとちょっと異常とも思える状況になっています。自宅でじっくり鑑賞もいいですが、これは HFR 3D と劇場の迫力ある音響で堪能してこその映画でしょう。シリーズのファンのみならず、映画ファンであれば劇場で体感すべき作品だと思います。

ホビット 竜に奪われた王国 3D&2D [Blu-ray]

B00IN21YXE

投稿者 B : 01:24 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2014/02/24 (Mon.)

ラッシュ/プライドと友情 @新宿ピカデリー

ラッシュ/プライドと友情

ラッシュ/プライドと友情

封切りのだいぶ前から楽しみにしていた映画を観てきました。F1 ってもう日本じゃすっかりマイナースポーツだし...と思っていたら、けっこうな量の TVCM も投下されていて、配給元的にはかなり力を入れているのか、それともバーニー・エクレストンあたりがプロモーションのバックアップをしているのか。

舞台は 1970 年代の F1。F1 がレース好きの集まりだった牧歌的な時代から、エクレストンが運営の実権を握って巨大な興行に変遷していこうとする時代です。私が生まれる前の話なので、私も文献で流れを知っているだけで、細かい部分はこの映画を通じて初めて知りました。

物語はこの時代の最高のライバル関係と言われた、ニキ・ラウダとジェームス・ハントのライバル関係を軸に描かれます。ラウダは現在でもメルセデス F1 の重役としてパドックに顔を見せていますし、ハントはキミ・ライコネンが一昨年の復帰以来モナコ GP でヘルメットのデザインにオマージュを入れており、ともにここ数年、再び名前が出てくるようになりました。ラウダのメディアへの発言などを見ると、晩節を汚しているような気がしなくもないですが(笑)、それだけ現代でも F1 での存在感、影響力を保っている証拠でしょう。

映画ということで多少の演出や脚色は入っているようですが、映像はまるでドキュメンタリーのようにリアリティがあり、ラウダとハントのライバル関係、と同時に結ばれた強い友情が明確に描かれています。レースシーンはあまり多くはないものの、レプリカを使ったリアルな、かつエキサイティングな実写で、しびれます。安全性が低かった時代の F1 だけに、現代の F1 レースよりも手に汗を握る緊迫感があります。エンジン音の再現にもこだわりが感じられ、これは BD ではなく劇場のサラウンドで堪能すべきだと思いました。

F1 に限らず、スポーツというものは刺激し合えるライバルの存在によって、互いに高め合っていけるもの。思えばラウダ・ハント以後の F1 も、そういったライバル関係がレースを面白くしてきたと思います。現在の F1 は、ヴェッテルが勝ちすぎで退屈に思える瞬間もありますが、それでもチャンピオン経験者 5 人がしのぎを削るという状況は、これまでの F1 でもほとんどなかった(セナ・プロスト・マンセル・ピケ時代以来?)群雄割拠。特に今年は車体レギュレーション改定で戦況がリセットされていますし、フェラーリのアロンソ・ライコネン体制がどういった結末を迎えるのか、など注目に事欠きません。この映画を観て、現代の F1 をリアルタイムに観られる世代で良かったな、と再確認しました。

投稿者 B : 00:11 | Foreign Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック

2014/01/21 (Tue.)

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [DVD]

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [DVD]

B003EVW5OG

年末年始にいろいろ観た映画のひとつ。すごく観たかったわけではないですが、TSUTAYA に行ったついでに何となくレンタル(笑。

劇場公開時にけっこう話題になっていた作品です。ブラッド・ピット主演の「生まれながらにして老人、そして加齢とともに若返っていく特異体質の男の一生」の映画。ブラピの演技は『マネーボール』でちょっと見直したので、アクションものよりもこういうドラマ系ならば私の好みなのかな、と。
そう思って観てみたんですが...、正直、微妙...。他者と同じ時間を過ごせない者の苦悩を描きたかったのだろうし、それはそれで分かるんですが、主人公ベンジャミン・バトンが生まれながらにいろいろなことを受け容れすぎていて悩む描写がなく、淡々と時間だけが過ぎていく。そんな話。苦悩するのはむしろ、普通の人間としての時間を過ごすが故にベンジャミンとすれ違ってしまうヒロイン、デイジー(ケイト・ブランシェット)のほうだという。 ケイト・ブランシェットは『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズにおけるガラドリエル様のイメージが強すぎて、それを払拭できたという意味では良い芝居だったのですが(笑)...脚本自体に抑揚がなさすぎて、あまり心に引っかからない映画でした。設定が活かせてなくてもったいない。なんか、別に映像が美しいわけでもないフランス映画を見せられているような、そんな感覚。

ブラピやケイト・ブランシェットを若々しくも老人にも見せた特殊メイクの技術には感心しましたが、個人的にはそれだけの印象しか残らなかったなあ...。

投稿者 B : 01:27 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/11/19 (Tue.)

42 ~世界を変えた男~ @イオンシネマ板橋

42 ~世界を変えた男~

プロモーションにお金かかってる映画が多い今季においては比較的地味な作品ですが、ちょっと気になっていたので観に行ってきました。「メジャーリーグ初の黒人選手」としてチームのみならず米野球界に貢献し、殿堂入りを果たしたドジャースのジャッキー・ロビンソンの実話に基づいた映画です。
タイトルになっている「42」は、ジャッキー・ロビンソンの背番号。メジャーリーグに詳しくないので今回初めて知ったのですが、現在はメジャーリーグ全球団の永久欠番に指定されていて、デビュー日にあたる毎年 4 月 15 日にはメジャーの全選手が背番号 42 をつけてプレーするんだとか。こういうの、アメリカらしいロマンがあって、いいですね。

以前も書きましたが、『マネーボール』といい『人生の特等席』といい、メジャーリーグを題材とした名作映画が定期的に撮られ、こうして日本にまで流通してくるというのが、アメリカと日本での野球文化の違いなのだろうなと思います。

舞台は第二次世界大戦後のアメリカ。戦争終結によって当面の外敵がなくなったアメリカ...という時代背景もあるのでしょうが、まだまだ黒人差別が激しく、メジャーリーグも白人だけのものでした。そこに、当時としては革新的な考えを持つブルックリン・ドジャースの GM、ブランチ・リッキーが黒人選手を起用することを考え、ジャッキー・ロビンソンを見出して...というお話。
なぜリッキーが黒人起用に積極的だったかというのは、Wikipedia に記載があります。

リッキーが黒人選手を受け入れることに積極的であった理由としては、ブルックリンにおける黒人の人口の多さや将来的な黒人家庭の中産化を見越した上でのマーケティング戦略と、より効率的な選手の供給源の開拓のためであった。
まあ、今という時代から見るとその考えは真っ当だと思えますが、劇中にも人種差別、思想信条、既得権などさまざまな理由から黒人選手の台頭を忌避するような言動を多くの登場人物が行っていて、「そういう世の中」だったんだなあ、ということが私のような実感のない国民/世代からしても感じ取れます。 とはいえ、個人的な思い入れがあったにせよ(むしろあったからこそ)、その先の時代での白人以外の人種の台頭を感じ取り、新しい市場を開拓しようとしたリッキーの行動には強く共感するところがあります。結局、成熟した市場を存続させるには「変わること」しかなく、慣習や固定概念を守ることよりも「金が回ること」が市場の成長と、それに関わる人の生活(そして、金を求めて優秀な人材がそこに集まってくること)には重要なんですよね。

そんなわけで、私はついついマーケッターの視点で、主役であるジャッキー・ロビンソンよりもむしろブランチ・リッキーに注目してしまいましたが(笑)、ブランチ・リッキーの芝居がまたいい。だってブランチ・リッキー役、ハリソン・フォードですよ?つい 5 年前にはまだまだインディ・ジョーンズ役でやれるところを(ちょっと苦しいけど)見せていたハリソンが、不敵でドライなビジネスマン、だけど本心には誰よりも野球を愛する心を持ち、そのためにジャッキー・ロビンソンを導いていく、という重厚な演技を見せてくれるとは。この演技がこの映画での最大の見どころだった、と言って良いかもしれません。

主役の話に戻すと、ジャッキー・ロビンソンがあらゆる差別に堪え、チームの内外に少しずつ味方を増やしていくプロセスにはジーンと感動するものがあります。が、脚本上は差別や迫害を受けるシーンの直後に必ず誰かが励ましたり助けたりしてくれるシーンがあるので、事前に思っていたほど辛そうに見えない。実際のジャッキー・ロビンソンはこの映画の比ではないほどに苦しんだのでしょうが、映画的には思ったよりあっさり乗り越えられてしまったように見えたのが、物足りないと言えば物足りないでしょうか。

とはいえ、全体を通してみれば、長いけど「観て良かった」と思える、いい映画でした。やっぱり私は、お金だけかかってどかーん、ばかーんとやる映画よりも、こういう映画の方が好きなのだと思います。

投稿者 B : 23:42 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/09/21 (Sat.)

カッコーの巣の上で [Blu-ray]

カッコーの巣の上で [Blu-ray]

B003W9Y4B2

ひさしぶりに古い洋画の話。DVD でも持っていた作品を、BD にメディアチェンジしました。

私の中では『ショーシャンクの空に』と並ぶ、監獄モノの名作中の名作。刑務所から逃れるために精神病を偽って精神科病院に入院したマクマーフィー(ジャック・ニコルソン)が、院内での破天荒な振る舞いによって周囲の患者たちに影響を与え、やがて患者たちを完全に統制しようとする看護婦長との確執に繋がっていき...という話。外部から隔離された空間での、一般社会では特異と言える人々との交流、管理者への反抗、そして脱走、という構造は『ショーシャンクの空に』と通ずるところがあります。でも、私が生まれる前というくらいに古い映画だけあって、説明しすぎておらず、余白が広いぶん、『ショーシャンク』以上に心に引っかかるものがある映画でもあります。

この映画はジャック・ニコルソンだけでなく、脇を固める俳優陣の芝居がいい。昔すぎて知らない俳優のほうが多いですが、映画ファン的には若き日のクリストファー・ロイド(『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのドク役)が出ているのは見逃せません。

絶望的な状況の中でも、希望を捨てないことの重要さ。気持ちが前を向いているときでないとなかなかプレイヤーにディスクを入れる気合いが出ない作品ではありますが、たまに無性に観返したくなる作品でもあります。

投稿者 B : 00:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (1) | トラックバック

2013/08/06 (Tue.)

終戦のエンペラー @新宿ピカデリー

みんなが『風立ちぬ』を観に行っているのを尻目に、私はもう一本の観たかった映画を観てきました。

終戦のエンペラー

終戦のエンペラー

太平洋戦争の終結後、GHQ の統治下で「天皇の戦争責任を問うか否か」を判断するための証拠集めに奔走した米軍将校と、それに関わった人々の話。個人的には、映画の内容そのものもさることながら、キャストの顔ぶれを見て「観たい」と思っていた映画です。西田敏行、夏八木勲、伊武雅刀、中村雅俊、桃井かおり、極めつけはマッカーサー役にトミー・リー・ジョーンズですからね...。
しかしある程度予想はしていましたが、私が普段観ている映画に比べて他のお客さんの年齢層が明らかに高い(^^;;。

ストーリー自体は、日本人ならば誰もがその結果を知っているお話。ただ、私も含め、戦後生まれの日本人ならば、その経緯は詳しくは知らないのではないでしょうか。まあ、この映画も史実に基づいたフィクションなので、必ずしも全てが終戦にまつわる真実、というわけではありませんが。
戦争を題材にしたアメリカ映画は往々にしてアメリカのプロパガンダ的要素を含んでいるので、この映画もそうではないかとやや不安には思っていました。が、その期待はいい意味で裏切られ、この手のアメリカ映画にしては日米どちらかの視点に偏らず、フラットな描かれ方をしていました。まあ、戦後の日本の歴史観は占領下で作られた部分はあると思うので、この映画の内容が現代の日本人の歴史観にとって違和感がないことは当然かもしれませんが、日本を「理解できない相手」ではなく「理解できるかもしれない相手」とする描き方は、戦争/終戦映画の表現としては、ひとつの到達点に至っていると感じます。

開戦から終戦に至る流れを見て、この国を動かすのはやはり君主ではなく「空気」なのだなあ、ということは、現代人である私にとっても妙に納得のいくところ。その微妙な「空気感」が、脚本や演出の良さなのか、日本を代表する名優たちの演技の成果なのか、絶妙に表現されていました。昭和天皇が最後の最後まで登場しないことも、そういう日本の奥ゆかしさだったり「空気」が作る社会構造だったり、というのを実にうまく表しています。だからこそ、ラストのマッカーサーの態度や昭和天皇の台詞が、重い。こういう映画をアメリカが作り得るのだ、ということに(原作は日本のノンフィクションであり、製作にも日本人スタッフが多数関わっているものの)驚かされました。
映画で追加されたエピソードである、ボナー・フェラーズ准将(マシュー・フォックス)と島田あや(初音映莉子)の恋愛関係、というフィクションは、やや蛇足的というか...結果的に物語には大きな影響を与えずに終わってしまったのが残念ではありましたが、戦時下の恋物語としては、ああいう結末こそが戦争の無情さを表しているのかもしれません。

心に残る演技や名台詞が多い映画でしたが、トミー・リー・ジョーンズの存在感はやはり圧巻。『リンカーン』でのスティーヴンス役もそうでしたが、彼が演じると教科書でしか知らないような歴史上の人物も、実に人間くさくなる。まあ、それは「トミー・リー・ジョーンズ的な人間くささ」ではありますが(笑。

いい映画でした。日本人なら観て損はしないのではないでしょうか。

投稿者 B : 00:27 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック