b's mono-log

2013/05/01 (Wed.)

ロード・オブ・ザ・リング エクステンデッド・エディション トリロジー BOX [Blu-ray]

ホビット』の BD を観たら、改めて LOTR の三部作を観たくなって...結局 BD-BOX を買ってしまいました(ぉ

ロード・オブ・ザ・リング エクステンデッド・エディション トリロジー BOX [Blu-ray]

B005HMQSGG

LOTR のパッケージメディアは、DVD の通常版(コレクターズ・エディション)とその後に出たスペシャル・エクステンデッド・エディションも買ったので、パッケージとして買ったのはこれで 3 回目(ちなみに通常版は去年引っ越したときにさすがに手放しました)。BD-BOX は 2010 年に一度出たんですがこれが通常版の BOX(トリロジー BOX セット)。その後、2011 年末にエクステンデッド・エディション(DVD のスペシャル・エクステンデッド・エディション)の BD-BOX が出ていましたが、けっこういい値段するのでなかなか手を出せずにいました。それが今回、『ホビット』がきっかけになって、観念して購入。

ロード・オブ・ザ・リング エクステンデッド・エディション トリロジー BOX

届いた BD-BOX。金ピカのボックスに入っていて、けっこう高級感あります。厚みもあるし、何より「力の指輪」がどどんとデザインされた装丁がカッコイイ。

ロード・オブ・ザ・リング エクステンデッド・エディション トリロジー BOX

中には、かなり厚みのある BD 用プラスチックケースが 3 箱入っていました。いずれバラ売りすることも装丁したパッケージングなのかもしれませんが、そこはプラケースじゃなくてデジパックにしてほしかったところです。高いんだし...。

ロード・オブ・ザ・リング エクステンデッド・エディション トリロジー BOX

BD ケースの中身。説明書(物語の世界観とかではなくて、単純にディスクの仕様やナビゲーションマップが書かれている)と本編ディスク 2 枚、特典ディスク 3 枚という、一部につき 5 枚構成になっています。本編を 2 枚に分けるというのは DVD 版のスペシャル・エクステンデッド・エディションと同じですが、2D の BD で本編 2 枚って...。まあ長いし、英語と日本語の音声を DTS-HD Master Audio で収録、さらにオーディオコメンタリーも入っていたらそうなるということでしょう。
しかも特典映像は BD ではなく DVD。さすがに 10 年前の映画なので、特典映像の HD マスターまで残っていないということなのかもしれませんが、ここはちょっと残念。DVD の SEE 版の特典ディスクとも大半がかぶっているんだろうし。

ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・エクステンデッド・エディション

ちなみに DVD の SEE 版のパッケージはこんな感じでした。当時はボックスセットではなくそれぞれ単品だった、ということもありますが、まるで上製本のような装丁だけでも所有感がありました。デジパックの仕様も凝ってたし...。この作品に限ったことではありませんが、旧作の BD 化にあたってはいかな大作といえど DVD に比べて見劣りするパッケージになってしまうことがほとんど、というのは、映画ファンとしては悲しい。もっと愛を注いでほしいなあ。

ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・エクステンデッド・エディション

ともあれ、画質を比較してみましょう。こちらは DVD(SEE 版)。これでも当時としては高ビットレートで収録された DVD で(通常版よりも高ビットレートだった)、高画質に感激したものでしたが、今の HDTV で観るとさすがに DVD フォーマットの限界が見えてしまっています。輪郭は甘いし、字幕はガタガタ。上の写真のシーンはアップだから比較的マシなほうですが、戦闘シーンなど、引きのカットではさすがに見るに堪えません。

ロード・オブ・ザ・リング エクステンデッド・エディション トリロジー BOX

対して BD。サムネイルサイズの画像では違いが分かりにくいかもしれませんが(クリックで拡大表示できます)、輪郭がくっきりとしたのに加えて、画面全体のコントラストが大幅に向上して、キリッとした画になっているのが分かると思います。とはいえさすがに 10 年前の作品なので、『ホビット』を観た直後だと「あれ?BD といってもこの程度の画質なんだっけ?」と思ったものでしたが、DVD と比較すると差は一目瞭然。暗いシーンや動きの激しいシーンが多い本作では、やっぱり情報量は多ければ多いほど良いわけで。

とりあえず『旅の仲間』だけ観てみましたが、敵といってもせいぜいオークが魔狼(ワーグ)に乗って追っかけてくるだけの『ホビット』に比べると、いつどこから何が出てくるか分からない『LOTR』のほうがスリリングだし、展開も速くて引き込まれますね。『ホビット』を観た後だと、「ああ、『ホビット』のあのシーンがここにつながるわけか」ということに改めて納得できて、より楽しめます。
本編だけでも三部すべて観ると合計 12 時間コースの長丁場ですが(;´Д`)、GW 後半戦のおたのしみ、ということで、満喫したいと思います。

投稿者 B : 21:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/04/29 (Mon.)

ホビット 思いがけない冒険 [Blu-ray]

ホビット 思いがけない冒険 3D&2D [Blu-ray]

B00BFNXO7M

昨年末に劇場公開されたばかりの本作がサクッと BD 化されてしまったので、サクッと確保。

「3D&2D BD セット」「BD&DVD セット」「DVD 単品」という悩ましいパッケージラインアップでしたが、(どうせ DVD メディアであっても観ないだろうし)将来的に 3D 視聴環境を揃えたときのことを考慮して 3D&2D BD セットを購入。3D にすると収録する情報量が増えるせいか、本編だけで 3D 版が 2 枚組、加えて 2D 版の本編ディスクと特典ディスク、という 4 枚構成になっていました。

劇場では 3D で鑑賞しましたが、物語序盤はかなり 3D 化を意識したカメラワークだったものの、全体としては特に 3D で観なくてもいいんじゃね?とは思っていました。が、改めて自宅の 2D 環境で視聴すると、特に暗くて画面内の情報量が増える戦闘シーンなんかでは 3D で奥行き方向の視覚情報として「何がどこにあるか」が見えるので、2D よりも状況が把握しやすい、というのは比べてみて初めて解りました。2D だと「なんかわちゃっとした画」にしか見えないシーンもいくつかあって、ああ、これは確かに 3D で観る価値はあるわ。

ストーリーに関しては、ホビットとたくさんのドワーフたちが登場するということで LOTR の本編に比べると全体的にコミカル。ではあるんですが、ほぼ全員ドワーフだとさすがにキャラのバリエーションが狭いのと、最初の「旅に出るまでのいきさつ」がちょっと冗長かなあ、という気はします。このあたりのスピード感と凝縮感は LOTR のほうが上かも。とはいっても、『ホビット』が LOTR のスピンアウトというわけではなくて、原作の出版時期では『ホビットの冒険』が先にあって、その続編として『指輪物語』が作られたんですよね。

映画のほうは、第二部『スマウグの荒らし場』が今年末、第三部『ゆきて帰りし物語』が来年末、ということで順調に公開されていくようなので、そちらも楽しみです。でも、改めて LOTR 三部作のほうも観なおしたくなりました...ということで、続きます(ぉ

投稿者 B : 23:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/04/15 (Mon.)

アルゴ [Blu-ray]

アルゴ [Blu-ray]

B009YA8EVE

アカデミー賞受賞作品。『グッド・ウィル・ハンティング』からの流れで、ベン・アフレック監督兼主演のこの映画が BD 化されたのを思い出して鑑賞しました。

1979 年のイランアメリカ大使館人質事件を題材にしたドキュメンタリー映画。イラン国内で人質となる難を逃れカナダ大使館に保護された 6 人の救出のために『アルゴ』という架空の映画を製作発表し、CIA が実行した救出作戦の話です。私の年齢的には中東情勢の最初の記憶はイラン・イラク戦争なので、この事件は物心つく前の出来事なのですが、こんなことがあったんですね...。「架空の映画をでっち上げて救出作戦を実行する」とか、並の映画よりも映画っぽいというか、荒唐無稽すぎる。だからこそ、実際の映画の題材になり得るという話なんでしょうが。

CIA の人質救出作戦を題材にしたハリウッド映画というと、いかにも派手なスパイ映画を想像しがちですが、この映画はそんなこともなく。爆発はおろか銃による発砲もほとんどありません。作戦は比較的淡々と進んでいきますが、荒唐無稽な作戦を上司に納得させるくだりや映画関係者を巻き込んでいくくだりは、なかなか皮肉が効いていて面白かったです。特に映画人たちの非常識な振る舞いに関する描写がなかったら、2 時間の本編の中で緊張の連続で、見終わった後にもっとどっと疲れていたことでしょう。
肝心の救出作戦についても、ハリウッドでこういう精神系のハラハラ感が作れるのか!と目から鱗が落ちる勢い(笑。映像的な派手さはあまりありませんが、なかなか手に汗握る展開でした。まあちょっと脚色過多なきらいはあるし、クライマックスにムリヤリ画面を派手にしようとする演出があってそれはどうなの、と思いはしましたが、全体的にはなかなか面白かった。最近、ハリウッド映画を食わず嫌いしすぎていたかもしれないな、とちょっと反省しました。
まあ、こういう題材の映画はどうしてもアメリカのプロパガンダっぽく見えてしまうのは宿命だし、そもそもこの事件だって原因を作ったのはアメリカの独善だよね?というツッコミはあるのですが...。

それにしてもベン・アフレック、なかなか良いなあ。ここのところイーストウッド漬けでしたが、ちょっとベン・アフレックの他の監督作品も観てみたくなりました。

投稿者 B : 23:40 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/04/06 (Sat.)

ヒューゴの不思議な発明 [Blu-ray]

ヒューゴの不思議な発明 [Blu-ray]

B00AXVNI0U

スター・チャンネルの宣伝番組でたまたま見かけて映像の美しさに魅了され、観てみようと思った映画です。

父の形見である機械人形を修理することを生きがいとする、パリのある駅の時計台にひっそりと暮らす少年ヒューゴが、ある老人と少女に出会って...というお話。少年少女が主人公で、どことなく『ハリー・ポッター』シリーズを彷彿とさせる画で、時計台の歯車の動きの描写が圧巻で、映像を見ているだけでワクワクさせられるものがありました。

(メカオタ的に)思わずドキッとしてしまうデザインの機械人形と、謎のハート型の鍵穴。父が残した、修復のヒントが描き込まれた手帳。ハート型の鍵を持つ少女と、老人の過去に秘められた謎...これはどんな冒険が待っているんだろう?と思ったところで、舞台としてはそれ以上の広がりは特になく。駅だからエキストラ(駄洒落じゃないよ)はたくさんいるけど、主要な登場人物は 5 人程度、と広がりもなく終わってしまって、ちょっと肩透かしでした。
話としては「映画史に捧げる映画」とでも言えば良いのでしょうか?制作陣の映画に対する愛が伝わってきて、それはそれで良いと思いましたが、観る前に期待していたものとはちょっと違ったので、やや残念。『ハリー・ポッター』のつもりで観たら『ニュー・シネマ・パラダイス』だったとでも言えば良いのか...どちらも好きなんだけど、カレーを食べようと思ったら天ぷらそばが出てきた、的なもにょり感は何とも。何となく伏線っぽいネタがちりばめられているのに実際は特に伏線でもなく、という部分も多かったので、余計に肩透かしを食らったのだと思います。

でも、やっぱり駅の時計台の映像的なギミックはメカ好きならたまらないと思います。我が家には 2D の視聴環境しかありませんが、これは 3D ならもっと楽しかっただろうなー。

投稿者 B : 22:43 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/03/30 (Sat.)

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち [Blu-ray]

私の映画の趣味の一部分は、DVD の全盛期に受けたむっちーさんの影響が強く残っています(笑)。この映画もそのひとつで、DVD から BD へのメディアチェンジをして時折見返す価値があると思った作品。

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち [Blu-ray]

B006OQ0IFQ

MIT で清掃の仕事をするウィル(マット・デイモン)は、仲間とつるんではよくケンカや窃盗などの問題を起こす孤児。しかし実は数学をはじめとした学問に天才的な能力を秘めていたことを MIT のランボー教授に見出される。しかし彼は幼少期に受けた虐待が原因で自分の殻に閉じ籠もっており、いち学者として彼の才能をなんとしても開花させたいランボー教授はかつての同僚、心理学者でセラピストのショーン・マグワイア(ロビン・ウィリアムズ)のもとにウィルを連れて行く。はじめのうちは心を閉ざし、ショーンを傷つけるような態度ばかりを取ったウィルも、ショーンが自分と同じような心の傷を負っていることを知り――。

私が好きな「生まれも育ちも全く違う二人が出会うことで始まる物語」の原点のような作品です。最初はロビン・ウィリアムズが出ているから観たようなものでしたが、見終わった後に深く心に残るものがある映画だと思います。それぞれのトラウマに悶えるマット・デイモンとロビン・ウィリアムズの芝居や二人の心の交流に、初見のときには心を打たれましたが、今改めて見返すと、むしろウィルの親友チャッキー(ベン・アフレック)の芝居が最高に良い。途中まではその日暮らしの単なる悪友にしか見えないのに、終盤で「お前は俺たちとは違って『当たりくじ』を持っている人間だ。それを換金しないなんてことは俺が許さない。ある朝俺がお前を迎えに行ったら、何も言わずにお前が旅立って、いなくなっていてくれたらいいと思ってる」という台詞と、ラストシーンの満足げな、それでいてどこか少し寂しそうなあの表情が、マット・デイモンとロビン・ウィリアムズの芝居を喰ってしまうくらいに良い。初見当時この映画よりも先に『アルマゲドン』『トータル・フィアーズ』あたりを観て、よくいるハリウッドのイケメン俳優だと思っていましたが、この映画を観てその印象を訂正することになりました。

出会いと別れが交錯する、この季節になると決まって見返したくなる映画です。

投稿者 B : 23:07 | Foreign Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック

2013/02/20 (Wed.)

『ヱヴァ Q』『ホビット』が早くも Blu-ray 化へ

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」BD/DVDを4月24日に発売 -AV Watch
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO. [Blu-ray]

B00BHO0FK8

なんと!『Q』の BD が早くもリリースとは。例によって 1 年くらい待たされるものだとばかり思っていましたが、半年も経たずに出てくるとは。

『Q』は最終的に劇場には 3 回足を運びましたが、まだまだ消化不良な部分がたくさんあって、改めて好きなときにじっくり観たいと思っていただけに、早期の BD リリースは大歓迎です。初見ではどういう話なのかよく解らずにお口があんぐりしてしまいましたが、2 度目、3 度目と観るうちに深まっていって、すっかりハマってしまったという。『破』までの展開が、旧作の流れを踏襲しながら明快なストーリー展開で見せてくれていただけに、最後までこの流れで秀逸なエンタテインメント作品として結んでくれるんだろう、という予測を見事に打ち砕いてくれたのが『Q』。震災後の社会の変化を受けて、という側面も少なからずあるのでしょうが、真っ当な期待を裏切ってこその庵野秀明ということなのでしょう。BD 版では特典映像で『破』からのミッシングリンクを繋いでほしいところですが、そういうことをしないのが庵野秀明という監督です(笑。

なんにせよ、早く BD が欲しいなあ。ずっと先だと思っていたものが、ほんの 2 ヶ月後に出てくると判った途端、逆に待ちきれなくなってしまうのが人の性でしょうか(^^;;。

「ホビット 思いがけない冒険」が4月17日にBD化 -AV Watch
ホビット 思いがけない冒険 3D&2D [Blu-ray]

B00BFNXO7M

こっちももう BD 化!ヱヴァよりもさらに短くて、劇場公開されてから 4 ヶ月ですよ...。最近はパッケージ収入での投資回収までを前提として映画やアニメが製作されているという話はよく聞きますが、このクラスの大作でも興行収入だけでは成り立たないということなんですかね。映画ファンとしては早期のパッケージ化は嬉しいところではありますが、あまりにスパンが短すぎると劇場に足を運ぶ意義自体が薄れてしまうとも思うので、悩ましいところではあります。

これも BD を買うつもりではいますが、迷うのがどのパッケージで買うか。3D&2D BD セット、BD&DVD セット、DVD 単品という形態での販売になります。BD&DVD を買ってもどうせ DVD を観ることはないし、今後 3D 環境を手に入れたときのことを考えて 3D&2D BD を買っておくべきか...。2D BD 単品で十分な気はするんですけどね。それから、このシリーズの常として「後からスペシャル・エクステンデッド・エディションが出る」という可能性も否定できないので、すぐに買うといずれ後悔するハメになりそうな気もします(;´Д`)ヾ。

そういえば、LOTR のエクステンデッド・エディション トリロジー BOX も買おうと思いつつまだ買っていないし、『ホビット』と併せてゴールデンウィークのお楽しみにする、というのも悪くないかもしれません。UC6 といい、ここ 2~3 ヶ月欲しい映像パッケージ作品のリリースが続くので、お財布的にはなかなか厳しいモノがありますが(^^;;。

投稿者 B : 00:33 | Anime | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/01/25 (Fri.)

ミリオンダラー・ベイビー

ミリオンダラー・ベイビー

B000AC8OV0

ここののころのクリント・イーストウッドの流れで。これアカデミー賞受賞作品なのに日本ではまだ BD 化されていないんですよね...。

遅咲きの女子ボクサー・マギーと老年トレーナー・フランキーの二人三脚によるサクセス・ストーリー。未見の私でも概要くらいは知っていたくらい有名な作品ですが、さすがに結末までは知りませんでした。
ほぼ必ずといっていいほど、作品のテーマに「死」が関わっているのがイーストウッド作品(いち俳優としての出演作は違いますが)。でもこの映画はストーリー的にそういうのはなさそうだし、そこまで覚悟しなくても観れるかな...?と思いながら鑑賞しましたが、おおお...そういう結末でしたか...。

ちょうど、政治がらみで安楽死にまつわる発言が話題になったタイミングだけに、その是非について考えさせられた部分もありましたが、この映画に関して言えば本質はそこではく、近年のイーストウッド作品が常に扱っている「人は、死ぬ瞬間に『満足だった、幸せな人生だった』と胸を張れるか」というテーマを、他のどの作品よりも強く刻んでいる映画だと思います。そういう意味では、どうにもマギーに最近の自分の悩みを投影してしまって、複雑な思いで鑑賞していました。って、最近映画を観るとそういう見方ばかりしている気がしますが...。

それにしてもイーストウッド映画の鑑賞後の手触りには、独特のものがあります。感想をうまく言葉にできない、というのが最も的確な表現かもしれません(笑。そして、俳優としてのイーストウッドはやっぱりどの作品に出てもイーストウッドなんですねえ。まあ、本人の監督・プロデュース作品では自分のキャラや持ち味を自分自身がよく知っているからこそ、そういう作品を映画化している、というのはあるにせよ。ある種、イーストウッド自身がスター・システムになっている、という見方もできるのかもしれません。

いい映画でした。さあ、次はどれを観ますかね...。

投稿者 B : 01:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/01/16 (Wed.)

ミスティック・リバー [Blu-ray]

ミスティック・リバー [Blu-ray]

B003GQSXIQ

秋からの流れで鑑賞したクリント・イーストウッド作品。こちらは出演作ではなく監督作ですが、劇場公開当時から非常に評価の高い映画だったので(アカデミー賞を受賞していれば当然か)、観てみたいと思っていたのでした。

ある殺人事件をきっかけに 25 年ぶりに再会した幼なじみの 3 人。事件の犯人は誰なのか?そして、真相究明に絡んでくる 25 年前の別の事件...そんなストーリー。そして、とても重たいストーリーです。
救いのなさで言えば同監督の『許されざる者』に並ぶくらい、登場人物の誰も浮かばれない話じゃないでしょうか。人間が背負った罪と、逃れられない生き方、結末、世の中の無情。ここまで数作を鑑賞してきて、それらこそがイーストウッド監督作品の真骨頂なんだろうな、と思います。正直言って、エンドロールの後にスッキリした気持ちになれる作品ではありません。子を持つ親として「登場人物の子が殺人事件の被害者になる」という物語を観るのが精神的につらい、というのもありますが。

「もしあのとき●●●たのが自分でなかったら」というような、偶然と選択の積み重ね。それが人生。
かつて同じ場所にいて同じことをやっていた幼馴染みと 25 年ぶりに再会してみたら、今の自分とはあまりにも生きている世界が違いすぎて愕然とした、という経験は、ある程度の年齢を重ねた人であれば一度は経験したことがあるんじゃないでしょうか。それぞれの偶然や選択を悔やんでもしょうがないけど、その積み重ねが結果としてこのギャップを生み出したわけで、その違う偶然や選択の先を空想してみたくなるのも、また人間です。この映画は、そうではない現実、最終的に誰も幸せにしないことで...強い者はそのまま強く、弱い者はさらに弱く、という結末を描くことで、現実の冷酷さを淡々と描いています。

もともとこの作品は小説の映画化ということですが、回収しきらない伏線だったり説明不足だったり、かなり余白の多い作品だと感じました。でも、その余白があることで、何とも言えない複雑な後味を残しています。正直言って、あのとってつけたラストシーンはある意味残酷だと思うし、見終わった後になんだか気持ちが沈み込んでしまいました。逆に言えば、静かだけどそれだけ強い力を持った作品、ということでしょうね。

でも、繰り返し観たいかと言われればしばらくいいや(笑)。次は、もっと優しくて暖かい気持ちになれる映画が何か観たくなりました。

投稿者 B : 00:43 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/01/07 (Mon.)

マネーボール [Blu-ray]

マネーボール [Blu-ray]

B008MTEPIO

先日『人生の特等席』を観てから、冬休みの間にクリント・イーストウッドの他の作品も観よう、と思っていたんですが、松井秀喜引退のニュースを見たら、そういえばこの映画も観たいと思ってたんだった、というのを思い出して、BD で鑑賞。
ブラッド・ピットの主演映画は派手なばかりで内容が薄い(と思われる)作品が多く、意識的に避けていたんですが、これは観たいと思って『トロイ』以来の視聴となりました。

2001~2002 年頃のメジャーリーグ:オークランド・アスレチックスを題材にした同名のノンフィクション書籍に基づいた映画化で、2002 年のア・リーグ新記録となる 20 連勝達成は、普段 MLB を観戦しない私でもまだ記憶に新しいところです。これを成し遂げたチーム作りが、大物選手の獲得でも有名監督の起用でもなく、確率と統計に基づいたチーム作りと運営、というのがこの物語のキモ。データ中心のスカウトよりも経験と勘に基づいたスカウトを、というのが『人生の特等席』の物語の起点となっていましたが、この『マネーボール』とはまさに対極にある考え方と言えるでしょう。実際、本作に登場したアスレチックスのスカウトマン達は、『人生の特等席』に登場したスカウトマン達とそっくりだったと言っても過言ではありません。まあ、『人生の特等席』のほうはその理論の正しさは要点ではありませんでしたが、本作はノンフィクションだけに「そういう考え方で作られたチームがどうなったか」の結果まで見せているという点で、そもそもの話の作りが全然違うわけですが。

この映画、前半はけっこう淡々としているし、新しいチームができてもなかなか勝てないし...で正直半分ほどはつまらなかったのですが(ぉ)、1 時間を過ぎたあたりからだんだん面白くなってきました(笑。GM のビリー・ビーン(ブラッド・ピット)がチームに対するある決断をし、チームが機能し始めてからの変わりっぷりに引き込まれたというか。むしろ、その落差をつけるために前半はあえて抑えていたんじゃないかと思えるくらい、後半が面白かった。単なる理論ではなくて、もと選手としての情熱を呼び覚まされ、自らが積極的に選手たちに関わるようになっていくくだりがあってこそ、観る側としても感情移入できたのでしょうが。

観ていて感じたのは、この映画のテーマはプロ野球チームの運営をどうするか?という狭い世界の話ではなくて、経営やマーケティングに一般化できる話を描いているんだろうな、ということです。扱っているデータは野球における各選手のデータや確率論ですが、扱っているデータが違うだけ。経験と勘に基づく企業経営やマーケティングではなくて(もちろんそれがうまく機能する場合も少なくないけど)、理論とデータに基づいた科学的なマネジメントを行うことで、中長期的な勝率を高めていくことができる、ということです。それと、経営においては部下のモチベーション・マネジメントが目標達成のためのパフォーマンスを発揮させる上でいかに重要か、ということ。最近私自身が抱えているモヤモヤを晴らしてくれる話だったので、そういう意味でも共感が持てる作品でした。
個人的には、映画の話そのものよりもむしろ「では具体的にどういうロジックでチームが作られ、運営されているのか」ということのほうに興味を持ったので、これは原著のほうを一度読んでみても面白いかもしれません。私が野球チームを経営することはないでしょうが(笑)、勝率を高めるための考え方・組み立て方、というのは参考になりそうな気がします。

投稿者 B : 01:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック

2013/01/03 (Thu.)

レ・ミゼラブル @TOHO シネマズ日劇

レ・ミゼラブル

レ・ミゼラブル

ミュージカルの金字塔『レ・ミゼラブル』の映画化。ミュージカル映画好きな私としては、この冬休みに向けて数多く公開された映画の中でも、最も楽しみにしていたのがこの作品ではないでしょうか。この映画だけはいつものシネコンじゃなくて日劇で観たい、と思って、わざわざ有楽町まで足を延ばしました。

英国王のスピーチ』でアカデミー賞に輝いたトム・フーパーが監督を務め、メインキャスト陣も非常に豪華ということで前評判も高かったんですが、主人公ジャン・バルジャン役が『X-MEN(ウルヴァリン)』や『ヴァン・ヘルシング』など典型的なハリウッド映画のイメージが強いヒュー・ジャックマンなので、その点をちょっと不安に感じていました。が、まったく問題はないどころか鑑賞後の印象としてはもう他に適役はいないんじゃないかというほどのハマりっぷり。調べてみたら、ハリウッド進出以前からミュージカルを中心に舞台で活躍していた経歴を持っているようで、納得です。

『レ・ミゼラブル』というミュージカル自体、ユゴーの同名の大河小説(当初の邦題『あゝ無情』)をもとにした戯曲なので、物語としてはかなり端折られています。が、それでも 2 時間半を超える大作映画。でも、途中で飽きたり疲れたりすることなく最後まで映画に集中できました。それは映像や芝居もさることながら、音楽によるところが大きいでしょう。基本的に単なる台詞はなく、ほとんどの台詞が歌で表現されていますが、そのどれもが素晴らしく、一つ一つに聴き入ってしまいました。ミュージカルの経験豊富な俳優陣が唄うことで、単純な台詞回しよりも感情表現がダイナミックになり、心を打つ。ジャン・バルジャンが天に召されるフィナーレはまさに合唱の波に感情が圧し流されるようなイメージで、まさにこういうのを「カタルシス」というのだろうな...と思いました。今までに観てきた数多くの映画の中で、これだけ感情を揺さぶられた作品もないかもしれません。

これは Blu-ray が発売されたら間違いなく買います。でも、これだけの厚みのある音を出すことはホームシアターではそう簡単ではないので、上映期間中にもう一度劇場に足を運びたいくらい。近いうちにまた時間を取りたいところです。

投稿者 B : 10:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック