b's mono-log

2017/04/19 (Wed.)

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 [Blu-ray]

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 4K ULTRA HD&3D&2D ブルーレイセット [Blu-ray]

B06W9JF7ZG

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の BD が発売されたので、フライングで入手しました。
パッケージはいくつかのバージョンがリリースされましたが、一応将来性を買う意味で UHD&3D&2D の BD 三枚組。3D は PSVR で観れるようになったし、UHD BD はいつ我が家に環境が構築できるか見当もつかないけど、魔法のエフェクトとか暗いシーンが多い映画なので、HDR の画質が実感しやすそうなタイトルなので、とりあえず確保。

基本的には『ハリー・ポッター』シリーズの登場人物は出てこない外伝的な話で、そういう意味では物足りないと感じる人もいるでしょうが、これはこれで魔法界のことを深く知ることができ、単体のエンタテインメントとしてもよくできた映画だと思います。以前劇場で観たときには、旧作をしばらく観ていなかったこともあって「あれ?このキーワードって何だったっけ?」と思う場面がいくつかありましたが、その後旧作の BD を一通り観直したので「ああ、これって本編のほうに出てきたこれのことだったのか!」というように細かく納得し、理解が深まった感じ。言ってみれば既存ファン向けであり、一見さんお断り的な側面は否定できませんが、ヒット作の続編なんて多かれ少なかれそういうものです(笑

まだあまりじっくり観れていませんが、せっかくなので PSVR を使って 3D 版も堪能するつもり。GW に向けた娯楽のひとつにしようかと。

投稿者 B : 00:50 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2017/03/16 (Thu.)

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 3D [Blu-ray]

PS4 のアップデートにより PSVR が Blu-ray 3D の再生に対応したので、これは満を持して『フォースの覚醒』の 3D 版を観るしかない!と思ったのですが、

買 っ て な か っ た

のを忘れていました(;´Д`)ヾ。
3D 版は一般販売されておらず(その後 3D コレクターズ・エディションとして限定発売されたようですが)、ディズニーの MovieNEX CLUB に登録して購入する必要があったのですが、BD を買うまではすぐに 3D も注文する気マンマンだったにも関わらず、BD を買ったら 2D を観て満足してしまい、3D 版の存在を完全に忘れていたという(ぉ

というわけで、改めて MovieNEX に注文しました。この方式本当にめんどくさい。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 3D

中一日でサクッと届いたので、さっそく鑑賞しました。

やっぱり 3D 版は良いですね!特に序盤のミレニアム・ファルコンによるドッグファイトや終盤の X-ウイングによる宇宙戦あたりは最高に楽しい。3D はこういう奥行き感のあるアクション映像でこそ活きる、とさえ思えます。
細かいことを言えば解像度が足りていないからディテールはちょっと甘いし、冒頭の星空のシーンで液晶パネルの黒浮きが見えてしまうのは残念だけど、少なくともこの作品に関しては圧倒的な没入感がそれを帳消しにしてくれます。まるで IMAX の大画面を独り占めしているかのような贅沢さが感じられるのがいい。

欠点はむしろ二時間の映画を観るのには PSVR はやっぱり重いことと、音響がヘッドホンしか使えないことだと思います。ヘッドホンは頭の向きに応じて定位感が変わるわけですが、物理的に 2ch しかないせいか首を振ったときの定位感が薄っぺらいし、マルチチャンネルサラウンド的な感覚に乏しいのが残念。これは音声だけでも外部 AV アンプに繋いで流させてほしくなりますね。HMD の重さに関しては如何ともしがたいので、技術の進歩を待つしかありませんが...。

他に 3D 版で買っている BD はあまり多くありませんが、『ホビット』シリーズはひととおり 3D 版を持っているので今度観てみようと思います。

ちなみに SW では来月発売される『ローグ・ワン』が、最初から 3D 同梱版も一般発売されるようですね。やっぱり MovieNEX で別途注文しなくてはならない仕様は利用者が少なく、通常なら観ないかもしれなくても全部盛りで買ってくれたお客をみすみす逃してしまうことが分かった、ということでしょうか。私はこちらはもう 3D 同梱版を発注済みなので、届き次第 2D・3D 両方で観るつもり。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX プラス 3D [Blu-ray]

B06WW95KR5

投稿者 B : 22:32 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2017/03/02 (Thu.)

ラ・ラ・ランド @109 シネマズ川崎

今最も話題の映画を観てきました。

ラ・ラ・ランド

ラ・ラ・ランド

アカデミー賞以前に、ミュージカル映画でなおかつ私が大好きなジョン・レジェンドが出演している時点でなんという俺特映画!公開を楽しみにしていました。そしてチケットだけ予約していたら、観に行く前にアカデミー賞が発表されてしまい、しかも「間違えて作品賞受賞と発表されてしまう」という前代未聞のアクシデントによってさらに話題になってしまったという(笑。
劇場はどこにするか迷いましたが、これは音の良いハコで観るしかないと思って川崎の IMAX まで行ってきました。平日夜にも関わらずほぼ満席、注目度の高さがうかがえます。

ヒロインのミアを演じるのは『アメイジング・スパイダーマン』シリーズでグウェン役だったエマ・ストーン。出演作を観たのは久しぶりですが、こんなに歌える女優さんだったとは。中盤くらいまでの曲はウマすぎない程度に上手いという感じだったのが、クライマックスの "Audition (Fools Who Dream)" を歌い上げたときのスケールの大きさといったら!これには圧倒されました。
そして主人公セバスチャンがピアニストとして働くレストランの主人ビル役がサム・ライミ版『スパイダーマン』で新聞社の編集長を演じていた J・K・シモンズ、という組み合わせに妙な縁を感じます。しかもこの役どころが J・K・シモンズらしすぎて、つい声を出して笑ってしまいました(笑
個人的にはやっぱりセバスチャンの音楽仲間・キース役のジョン・レジェンドのライヴを大スクリーンで堪能できたのが何よりの感激。欲を言えばもうちょっとアコースティックな曲が聴きたかったですが、そうするとストーリーが成立しなくなってしまうから仕方ない。

映画のテーマは一言で言えば「ショービジネス界で夢を追う男と女のラブストーリー/サクセスストーリー」。ハリウッドのミュージカル映画では王道中の王道という話で、大筋で言えば他のミュージカル映画と大差ない展開ではあるんですが、こういうショービジネス愛に溢れた作品をアカデミー賞に全力でノミネートしてしまうのがアメリカ映画界らしいところでもあります。ミュージカル的にはオープニングの群像ダンスシーンが最大の見せ場の一つで、最初からいきなりこの映画の世界観にグイッと引っ張り込まれるエネルギーを持っています。
しかし物語そのものはショービジネス界の話ではあるんですが、「夢を実現するとはどういうことか」という、人生における普遍的な問いをテーマにした作品でもあります。「本当にやりたいことをやりたかったら、まずは稼げるようになってから」というのはショービジネスに限らず言える話。古くさい価値観かもしれないことを恐れずに言えば、若い頃は青臭いことを言っていたけど夢を叶えるために自分を抑え、それでも最後には自分の夢を叶えて愛する人を待ち続けた男の純粋さと、段階的な成功よりも夢を叶えるという自分の気持ちに正直であり続けた女の純粋さを対比した話でもあると思います。自分自身も大人になり始めていた頃にこんな思いをしたよなあ...と少しほろ苦く感じたりもして、だからこそあのラストシーンは切ない。

音楽も素晴らしかったし、マジックアワーを印象的な場面で使ってくる映像もずるい。そして何より、ミュージカル「映画」であることにこだわり、映画ならではの構図やカット割りを駆使した音楽シーンが、自分自身が映画の一員になったかのようで引き込まれます。
良い映画でした。映画というよりもむしろミュージカルを一本観に行ったような気分でした。これは上映期間中にもう一度観に行きたいなあ。

投稿者 B : 22:22 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2017/01/24 (Tue.)

STAR WARS: The Last Jedi

【やじうまPC Watch】スター・ウォーズ エピソード8の副題は「最後のジェダイ」 - PC Watch

『スター・ウォーズ』Episode VIII のサブタイトルが正式発表されました。それも「The Last Jedi」。

最後のジェダイ、つまり『フォースの覚醒』のラストシーンに登場したルーク・スカイウォーカーにまつわる話がストーリーの軸になることを予想させる副題。つまり、Ep6~7 の間に自分の甥、つまりハン・ソロとレイアとの間に生まれた子ベン・ソロをジェダイとして育成しようとした結果彼がダークサイドに魅入られてカイロ・レンと名乗る結果となり、ルークが絶望して隠遁するまでの経緯が語られることは間違いないでしょう。そして先日演者であるキャリー・フィッシャーが鬼籍に入ってしまった(が、Ep8 の撮影までは完了していたとのこと)レイアの出番も数多くあるに違いありません。ジェダイが暗黒面に堕ちる話ということで重い話になることが予想されます。

また「The Last Jedi」という語感には『ラスト・サムライ』を想起させるものもあります。『ラスト・サムライ』は最後は悲しい結末でしたが、SW でもラスト・ジェダイが滅びてしまう話となるのか。まあジェダイ不在でライトセーバー戦のない SW はクリープを入れないコーヒーのようなものなのでそれはないでしょうが(笑、ルークはレイにフォースを伝授するのでしょうか。そして、レイの生い立ちやジェダイとの関連性についても何らかの進展があるに違いなく、そこも楽しみです。

最近ようやく『ローグ・ワン』熱が落ち着いてきたところだったのに、また Ep8 が楽しみでたまらなくなってきました。早く年末にならないかな(まだ 1 月)。

タカラトミー / スター・ウォーズ/フォースの覚醒 ベーシックライトセーバー ルーク・スカイウォーカー

B014R71DZ2

投稿者 B : 21:08 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2016/12/16 (Fri.)

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー @T・ジョイ PRINCE 品川

「遠い昔、遥か彼方の銀河系で...」

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

待ちに待った『スター・ウォーズ』シリーズ最新作。あまりにも待ちきれなかったので、封切り初日の朝から観に行ってしまいました(笑。劇場は都内でもベストの一つと言える T・ジョイ品川の IMAX シアター、この大画面こそ SW の宇宙を体感するのに相応しい。

まだ公開初日なのでネタバレはできるだけしないように書きますが、未見の人はここから先はまだ読まない方がいいと思います。










本作は『フォースの覚醒』の続編ではなく、外伝的な位置づけで今回から展開される「アンソロジー・シリーズ」の一つ。とはいえ、舞台は epIV の直前、デス・スターの設計図はいかにして反乱同盟軍の手に渡ったか、が描かれます。
epIV の公開から 22 年、epI に始まるプリクエル・トリロジーを観たときは、確かに SW なんだけどちょっと世界観が違うなあ...という印象でした(その後 epII~III にかけてその後の世界観とのやや強引な整合性がとられていくわけですが)。それに対して昨年の『フォースの覚醒』は確かに epVI から地続きの世界で、まさにハン・ソロの "Chewie, We're home." という台詞を自分の心境に重ねてしまうものがありました。しかし今回の『ローグ・ワン』はオリジナル・トリロジーとほぼ同一の時間軸の物語なだけあって、本当に「あのスター・ウォーズの世界にまた帰ってきた!」という感覚で、オールドファンとしてはそれだけで興奮させられてしまいます。X-ウィングや TIE ファイターも、ストームトルーパーもオリジナルデザインのものがそのまんま出てくる。そうそう、こういう『スター・ウォーズ』が観たかったんですよ!帝国軍の AT-ST の歩行動作なんて、昔のストップモーション撮影によるぎこちない動作を独自解釈で CGI に再現していたり、そういうこだわりが随所に見られてとても面白い。

物語は、設定上はヨーダもオビ=ワンも隠遁生活を送っている時期で、銀河系の他のジェダイは滅びてしまっていることから、残念ながら本作にはジェダイは登場しません。が、戦闘シーンが単なるビーム・ブラスターの撃ち合いだけになってしまっては面白くない。そこに、ライトセーバーこそ使わないものの接近戦を得意とする盲目の僧兵チアルート・イムウェが加わることで、アクションがグッと引き締まりますね。また強いフォースを持つジェダイが登場しない分、個々のキャラクターが他のシリーズ以上に印象深く描かれていて、それぞれのキャラの生き様・死に様がいちいちカッコイイ。ドロイドである K-2SO まであんなにカッコ良く描かれるとは、正直思っていませんでした。

epIV に直接繋がるストーリーゆえに、本編に関連するキャラクターも複数登場しています。反乱軍のリーダーであるモン・モスマ、ベイル・オーガナ(レイアの義父)、そしてデス・スターといえばこの人は外せない、ターキン総督!オリジナルのターキンを演じていたピーター・カッシングは既に故人となっていますが、今回はなんと CGI での出演。CGI くささを感じさせない存在感で、『ローグ・ワン』この人がいたからこそ epIV へのリンクを強く感じられた、と言っても過言ではありません。他にも意外なところで重要なキャラクターが登場していたり...この先は映画館で、自分の目で確認すべし(ぉ

クライマックスの戦闘シーンは期待に違わず「SW らしい」展開で盛り上がります。とはいえこの作品の後の時間軸、epIV で反乱軍がどういう状況だったかを考えればハッピーエンドはあり得ないわけですが...あのラストシーンはずるい。不意を突かれて涙腺決壊してしまいました。

ディズニー傘下になってからの SW は「俺たちの観たかった SW」すぎてそれもどうなの、もっと意外性や新しい表現に挑戦しないと、という批判もあるようですが、少なくとも私は『フォースの覚醒』に続いて「こういうのが観たかった」。冬休みの間にあと 1~2 回は観に行こうと思います。

投稿者 B : 22:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2016/11/25 (Fri.)

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 @T・ジョイ PRINCE 品川

今週封切りの最新作、さっそく観に行ってきました。劇場は当然品川プリンスの IMAX 3D。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

『ハリー・ポッター』シリーズ最新作、といっても先日最新刊が発売されたばかりの続編ではなく、こちらは外伝的な作品。作中でホグワーツの教科書にもなっていた『幻の動物とその生息地』という書物を映像化した作品になります。そのためハリーもハーマイオニーも登場しないわけですが、世界観はしっかりハリポタ。当時よりもさらに進化した映像が、最後まで飽きずに楽しませてくれます。

舞台は『ハリポタ』よりもさらに 70 年前のアメリカ・ニューヨーク。イギリスの魔法動物学者であるニュート・スキャマンダーが、ある目的のために渡米するところから始まります。そこである事件に巻き込まれ、現地でノー・マジ(=マグル)たちに正体を知られないようひっそりと暮らしている魔法使いたちと協力し、事件の解決を目指す...というお話。
正直言ってストーリーは浅く、もうちょっとそれぞれの背景を描いてくれないと主要キャラの行動動機が解らず単なる勧善懲悪にしか見えないよなあ...とは思いましたが、どちらかというと全年齢向けにストーリーを解りやすくしつつ、映像的なギミックを楽しむエンタテインメント映画なんだろうな、というのがよく伝わってきました。ハリーと違ってニュートは最初から完成された魔法使いだから魔法アクションシーンは派手だし、CG で描かれた魔法生物もどれも個性的で面白かった。そして、物語の節々に『ハリー・ポッター』本編に出てきた名前がチラチラ出てきて、早く続きが見たい、と思わされた時点で負けなんだろうなあ(笑。ただ『ハリポタ』は終盤の展開が早くて因果関係も入り組んでいたので、この名前ってどこで出てきたんだっけ?誰とどういう関係だったんだっけ?という記憶がおぼろ。これは BD を見直すなり小説を読むなりしたほうが良いのかもしれません。

主人公ニュート・スキャマンダー役は『レ・ミゼラブル』でエポニーヌの恋人マリウスを演じていたエディ・レッドメイン。マリウスは「意識高いけど世間知らずなおぼっちゃん」という感じでしたが、今回のニュート役はそれよりもずっと大人。ピンチに陥っても自信を失わないヒーローぶりで、こういう役もできる俳優さんだったのか、と見直しました。というか『レミゼ』でもマリウスのキャラを本人のキャラに重ねて見てしまっていた時点で、そもそもうまい役者さんだったんだろうなあ。

『ファンタスティック・ビースト』は全五作でシリーズ化されるということで、続編も楽しみです。それが一段落したら、本編の最新話にして最終話『ハリー・ポッターと呪いの子』の映画化へと続くんですかね。

ニュート・スキャマンダー(J.K. ローリング) / 幻の動物とその生息地

4863892527

投稿者 B : 23:30 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2016/11/09 (Wed.)

アマデウス [Blu-ray]

先日日本語吹替版の Blu-ray が発売されたというニュースを見かけて、そういえば字幕版の BD 持ってたけどまだ観てなかったなあ...というのを思い出して、改めて鑑賞しました。

アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]

B003GQSYIA

もともと DVD で持っていて、数年前に BD に買い換えたにもかかわらず観るのに気合いが要るため(本編だけで 180 分もあるんですよ...)未開封のままラックに刺さっていたディスクです(笑。確かに名作なんだけど、重めの展開とか音楽にちゃんと向き合わないと失礼だという意識とか、これを通しで観るのは『ロード・オブ・ザ・リング』のエクステンデッド・エディションを観る以上に気合いと体力が必要。

その名前と音楽を知らない者はいない音楽家、モーツァルトの生涯を描いた作品。「アマデウス」はモーツァルトの本名、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのミドルネームから取ったものです。
モーツァルトの生涯と言いつつ、物語はそのライバルである作曲家アントニオ・サリエリの視点で語られます。「サリエリがモーツァルトを殺した」というフィクションに基づき、年老いたサリエリがモーツァルトとの出会いから死までを回想するつくり。オペラを中心に、モーツァルトの数々の名曲が生まれたエピソードから、楽曲のイメージとはかけ離れた奔放で自堕落なモーツァルトの人格に至るまでを生々しく描いています。サウンドトラックは当然モーツァルトが生みだした名曲たち。Dolby TrueHD の 5.1ch サラウンドで鳴らせば、まるで自分が当時のオペラハウスの観客の一人になったような感覚で音楽に包まれることができます。

サリエリがモーツァルトの才能に嫉妬し、謀殺に至るエピソード自体はフィクションではありますが、自分自身になまじ才能があったためにモーツァルトとの間にある越えられない壁に気づいて絶望する...というくだりが妙にリアル。昔この映画を観たときにはモーツァルトに肩入れする気分で観ていましたが、自分も歳を取ったのか、真の天才を目の当たりにして自身の限界を自覚するサリエリに共感すらおぼえました。そして最後には、凡人の代表として世の凡人たちを赦すサリエリ...。

3 時間の本編を観終わるとどっと疲れる映画ですが、鑑賞中はずっと極上のモーツァルト音楽に浸れる映画でもあります。日常から離れて自分の気持ちを何かに浸せる、ある種とても映画らしい映画と言えます。

投稿者 B : 23:30 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2016/09/27 (Tue.)

ハドソン川の奇跡 @T・ジョイ PRINCE 品川

クリント・イーストウッド監督、トム・ハンクス主演の最新作を観に行ってきました。

ハドソン川の奇跡

ハドソン川の奇跡

イーストウッドファンとしては観ないわけにはいかないでしょう。そして主演がトム・ハンクスなら名作にならないはずがない。
劇場は最近お気に入りの T・ジョイ PRINCE 品川、IMAX 2D での鑑賞。

近年のイーストウッド監督はノンフィクション作品を多数手がけていますが、本作も 2009 年に発生した「US エアウェイズ 1549 便不時着水事故」を映像化した作品です。私は当時ニュースで見た記憶がある程度の事故ですが、アメリカ本国では日本でいう日航機墜落事故くらい人々の記憶に残る事故だった(結果は真逆にしても)という理解でいいんですかね。確かに、9.11 後のニューヨークで航空機が市街地に落下しかねない事故を回避したという点で、機長が英雄視されるのは解る話ではあります。映画のキャッチコピーには「155 人の命を救い」とありますが、実際にはもっとたくさんの人の命を救ったことになるのでしょう。

映画は時系列で事故のいきさつをなぞるのかと思ったら、事故後の国家運輸安全委員会(NTSB)による事情聴取のシーンから始まります。市民からは英雄として称えられながらも NTSB からは「空港に引き返さずハドソン川に着水した判断が本当に適切だったのか」について厳しい追及を受け、また家族ともども日々マスコミの取材攻勢に遭うという、どちらかというと逃げ出したくなるシチュエーション。主人公であるサレンバーガー機長(サリー)も何度も事故の記憶がフラッシュバックします。ここに差し込まれる 9.11 を思わせる映像は、当事者でなかった立場として見てもショッキング。

事故後のサリーに対する人々の反応と、事故前後の機内の様子を行き来しながら物語が淡々と進んでいくあたりは、近年のイーストウッド流ノンフィクション作品らしい手法で描かれています。客観的でありながら、どうしてもそのときの主人公の心境に自分を重ねずにはいられない。トム・ハンクスらしいユーモアがほとんど登場しないあたりも、けっこう重みを増しています。
クライマックスは NTSB による公聴会が法廷劇的な見せ方で描かれます。機長の判断は本当に正しかったのか。ラストは機長のこの事故に関する見解と、重い空気を解き放ってくれる副機長の一言に救われた気がしました。

そしてエンドロールで気がついたのですが、この映画、事故当時に救助活動等に関わった人々の多くが本人役として出演しているんですね。さらにはサレンバーガー機長本人もある場面で登場。これにはちょっと不意打ちを食らってしまいました。
感動して号泣する類の映画ではありませんが、エンドロールが終わった後に深い感銘が残る作品。これは間違いなく名画だと思います。

それにしても公開直後にも関わらず、この都内屈指のスクリーンにお客さんが 20 人程度しか入っていない、というのはいくらなんでも寂しいですね。『シン・ゴジラ』や『君の名は。』が平日夜でも満席だった同じ映画館とは思えません。こういう作品にももう少し注目が集まってほしいところ。おかげで IMAX をど真ん中で堪能できましたが...。
映像的には、物語の大半がドラマパートに割かれているので、あまり IMAX 向きの映画ではないとは思います。が、クライマックスでようやく事故の一部始終が描かれるシーンでの描写や音響は圧巻。旅客機の大きさや事故の衝撃、救助シーンの臨場感は IMAX でなければここまで感じることはできなかっただろうなあ。

良い映画だったと思います。配信が始まったら自宅でもう一度観たい。

投稿者 B : 00:27 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2016/06/22 (Wed.)

オデッセイ [Blu-ray]

台湾出張中に届いていた BD をようやく観ました。

オデッセイ 3D&2D Blu-ray セット

B01D17ECQG

劇場公開から半年足らずでの BD 化。早くもう一度観たいと思ってはいたけど、年々パッケージ化が早くなりますね...。
私は最近 BD を予約注文したのを忘れて二重発注しそうになる未遂事件を何度かやらかしていますが、今回は本当にやらかしてしまいました。通常の BD&DVD セットをヨドバシで注文したしばらく後に、この 3D&2D BD セットを Amazon で発注してしまい、出張から帰ったら両方とも届いていたという(;´Д`)ヾ。幸いにして頒布先がすぐに見つかったから良かったようなものの、今後 BD の発注はヨドバシか Amazon か、どちらかに一本化した方がいいですね...。

ちなみに 3D&2D セットを購入したのは、劇場で火星の世界観に 3D で浸れたのがすごく良かったから。いずれプロジェクタを買い換えたら 3D で観るんだ...。
この 3D&2D セットはスチールブック仕様になっていて、パッケージはこんな感じ。

THE MARTIAN

スチールブックの外観には、邦題の『オデッセイ』の記載がなく、原題『THE MARTIAN』だけ、というのがいい。

というのも、原題が『THE MARTIAN(火星の人)』で、キャッチコピーが「BRING HIM HOME(彼を連れ帰れ)」というのは、「ワトニーが火星で自活したこと」と「地球側でもワトニーの帰還に尽力した人々がいたこと」をちゃんとふまえたものであるのに対して、邦題の『オデッセイ(長い旅路)』とキャッチコピーの「70 億人が、彼の還りを待っている。」では「単なる宇宙旅行の話」だし「地球人は待っていただけ」となり、全く逆のメッセージになってしまいます。もちろん広告としての文字数制限とか分かりやすさとかいろいろあるんだろうけど、本作に限らず洋画のこういう深みのない広告手法がどうしても好きになれないわけで。

その点、このスチールブックの原題を尊重するやり方はいい。
まあ、スチールブックは海外仕様をそのまま流用しただけなのでしょうが、

THE MARTIAN

ディスク上の記載で原題のほうを大きくした、というのは明らかに「わかってる担当者の仕業」だと思います。
宇宙兄弟とのコラボカードをおまけにつけてしまうあたりが残念だけど、ここは商業的な理由としてまあ許そう(笑

映画の感想としては劇場鑑賞時に書いたとおりですが、改めて劇中に流れるディスコ・ミュージックがちゃんとそのシーンの状況に合わせて選ばれていたり(ワトニーがプルトニウムの崩壊熱で暖を取るシーンの BGM が "Hot Stuff(熱いのが欲しい)"だったり、というのがサイコー)、その音楽の力と各所に散りばめられたユーモアで、絶望的な物語でありながら最後まで悲壮にならない作風が、やはり素晴らしい。ワトニーだけでなく登場人物の誰もが、絶望的な状況であっても決して諦めない様子が、自分にも勇気を分けてくれます。

この映画では、ワトニー自身が「記録用の自撮り」という位置づけでカメラに向かって状況や対応について自ら解説するという体裁で物語が組み立てられています。これはナレーションなしで視聴者に内容の理解を促すことを狙った演出なのでしょうが、これって実はポジティブな精神状態を維持する上で重要な行為だったのではないかと思います。というのも、誰ともない受け手を想定して発信することで孤独な状況でも自分自身をポジティブな心情に置いたりテンションを高めていくことができる、というのはこうやって長年 blog 等を書いてきた自分でも身に覚えがあることだったりします。自己暗示的な意味で、これはとても意味のあることではないでしょうか。

改めて、いい映画でした。いつか気持ちが負けそうになったときに、また観たい作品です。

投稿者 B : 23:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2016/05/26 (Thu.)

ウルフ・オブ・ウォールストリート [PS Video]

ウルフ・オブ・ウォールストリート

B00NDPE7IU

アカデミー賞主演男優賞受賞のニュースを聞いて、最近敬遠がちだったディカプリオの主演映画を何か観てみたいと思っていました。でも『レヴェナント』は重たそうだし、劇場公開時に少し気になっていたこの作品を、と思って PSV で視聴。

タイトルからして『ウォール街』『ウォール・ストリート』の流れを汲む作品だと思うじゃないですか。そしたら、マイケル・ダグラスが出てこないだけでなく、舞台がウォール街だというだけで全く違う作品でした。
詐欺まがいの営業テクニックでジャンク債を売りまくり、ウォール街をのし上がったジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)のキャラクターは確かにゴードン・ゲッコーを彷彿させるものがあります。そして、この作品自体が実話に基づいてもいます。が、作風は『ウォール街』シリーズのように金融と経済について深く考えさせるようなものではなく。作中に数百回の "f*ck" という単語が飛び交った映画は、私は観たことがありませんでした。これはちょっとつらい...。
これは金融の映画として観るべきではなく、まず自分と交わることはない人生をスクリーン越しに眺める映画なんだろうな、と思います。

でもだからこそディカプリオの演技は際立っていました。流れるような話術でジャンク債を売り込むテクニックや、自社の社員に対するアジテーション演説、FBI の捜査官とのやりとりなど、映画そのものよりもディカプリオの演技に見入る 3 時間、とでも言うべき映画。そこは確かに圧倒されたなあ。

だけど今は口直しに「いい話」の映画を観たい気分です(笑。

投稿者 B : 23:49 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2016/05/16 (Mon.)

ブリッジ・オブ・スパイ [PS Video]

ブリッジ・オブ・スパイ

B015VTBPWG

劇場公開時に評判の高かった映画の配信が始まっていたので、PlayStation Video にて鑑賞しました。

近年はもはやエンタテインメントというより社会派という印象が強まりつつある、スティーブン・スピルバーグの最新監督作です。作品としては『リンカーン』以来かな。

第二次世界大戦中に実際にあった、アメリカと旧ソ連のスパイ交換取引にまつわる映画。弁護士が主人公という設定のため、法廷劇かと思ったら必ずしもそういうわけではなく。主演がトム・ハンクスのサスペンスというと『ダ・ヴィンチ・コード』的な展開を期待しがちですが、それともちょっと違う。スパイ交換に伴う各国の政治的な駆け引きと、トム・ハンクス演じるドノヴァン弁護士と旧ソのスパイ、アベル大佐の静かな信頼関係、あたりが物語の軸となっています。
劇中には映画らしい派手なシーンはほとんどなく(米軍偵察機の撃墜シーンくらい?)全体的に暗く、地味な映像が続きますが、全編を通じて緊張の糸が張り詰めているような作品。所々、トム・ハンクスっぽい皮肉やコミカルなシーンが挟まれていなければ、疲れていたかもしれません。

人質交換の舞台はまさに「壁」で東西が分かたれた頃のベルリン。私はベルリンの壁崩壊の当時まだ小学生だったので、東西ドイツ分断時代の話は文献等からの知識しかありませんが、映画とはいえ映像でその現実を見るのはなかなか重いものがあります。特に、壁を乗り越えようとした市民が衛兵に射殺されるシーンは衝撃的。
でも、そういう映像はこの映画にとってはあくまで背景で、本題は政治、もしくは政治と人道のどちらを優先するか、という部分。旧ソ支配下の東独の立場とか、多民族国家たるアメリカの価値観とか、そういったものは現代の日本人からはなかなか想像ができないところですが、しかしそういうことを共感はしないまでも理解することが、国々が...というより人々が平和裡に共存していくには不可欠なことなんだろうなあ、と映画の本質とは関係ないことを思いながら見ていました。

台詞で全てを説明せずに映像的演出で伝えてくるシーンも多く、複雑なテーマをよく映像化したなあ...としみじみ感じた映画でした。淡々とした作風が逆にいい。
そういえば『シンドラーのリスト』も未見だけど、この機会に観てみようかなあ。

投稿者 B : 23:25 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2016/04/29 (Fri.)

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 [MovieNEX]

待望の BD が、ついに発売されました。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 [MovieNEX]

B01DCXDZ8A

年末に何度か(ぉ)映画館に足を運んで以来、自宅でまたじっくりと観られる日をずっと待ち望んでいました。

今日も仕事だったのでまだ本編も特典映像もさわり程度しか観ていませんが、ハン・ソロとチューバッカの登場シーンは何度観ても泣ける(古参ファン的に)。ストーリーはルーカスが本来描いていたものとは全く違うシナリオになり、「コレジャナイ」「媚びてる」などの批判もあるようですが、私はこういうスター・ウォーズこそ観たかった。
三部作の一作目なので、新たな主人公による新たなる旅の始まりの物語なわけです。これからの旅を共にする仲間との出会い、敵との遭遇、そして当面の脅威の打破と導き手の死。『新たなる希望』と『ファントム・メナス』がそれぞれたどってきた物語を新しい設定とキャラクターでなぞることで、さらに次作への期待を煽ってきます。

特典映像はいつものメイキング系と「削除されたシーン」。削除されたシーンはまあオマケ程度という印象ですが、メイキングでは BB-8 関連が面白かった。現実的には再現が難しい機構のメカなのでほぼ CG で描かれてるんだろうと思ったら、ちゃんと実物を撮影しているんですね。しかもシーンや BB-8 の動きによって複数バージョンの BB-8 を使い分けているというこだわり。
他のシーンでも、大がかりな実寸大のセットをちゃんと作って撮影されているのがほとんど。EPI~III あたりは CG の使いすぎで今見ると安っぽい質感のシーンも少なくないけど、本作の重厚感というかリアリティある映像は、実写へのこだわりから生まれていたんですね。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

当然初回限定版を入手したので、BB-8 がデザインされたスリーブケースにブラック・パッケージが封入されて届きました(増産分からはスリーブなしで白いトールケースになる模様)。トールケースに「STAR WARS」のロゴが箔押しされてるのが嬉しい!と思ったら、その下の「MovieNEX」ロゴにちょっとガッカリ(´д`)。
パッケージメディアを買えばスマホやタブレットでもデジタル配信が観られるというのは便利だけど、MovieNEX 商法にはちょっとどうかと思う部分もあり...。

と思ったら、今回は 3D Blu-ray は秋頃に別途発売されるみたいですね。『アナ雪』のときは 3D 版は MovieNEX CLUB での販売のみだったので、てっきりそれと同じだと思っていました。
でもなんで 2D 版と同時発売じゃないの...とは思います。どうせ同梱の DVD は観ないんだから、3D&2D BD として同時発売してほしかった。ディズニーのこういう販売方式はどうにも好きになれません。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

ともかく、この GW の大きな楽しみの一つはこの BD でした。たぶんこの休み中に三回は観ると思います(ぉ
このために劇場で買った BB-8 のドリンクカップをまだ取ってあったので(笑)、これでコーラでも飲みながら鑑賞しよう。

投稿者 B : 22:07 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2016/04/20 (Wed.)

ニュー・シネマ・パラダイス デジタル・レストア・バージョン Blu-ray BOX

ニュー・シネマ・パラダイス デジタル・レストア・バージョン Blu-ray BOX

B019RH99MG

映画史に残る名作の再 Blu-ray 化バージョン。旧版の Bu-ray も持っている作品ですが、BD 向けに作り直された新規マスターで再パッケージ化、しかもイタリア国内で最初に上映された「完全オリジナル版」まで収録されているとあっては買い直さないわけにはいかないじゃないですか。

旧版の BD も、古いフィルムから起こした割には画質いいなあ、と当時は思っていたんですが、もともとが DVD 用に製作されたマスターからの収録だったので、本来のフィルムのポテンシャルを引き出し切れてはいなかったようです。あれから 8 年が経過し、Blu-ray のスペックを使い切れるまでマスタリング&エンコード技術も進歩して、満を持しての再パッケージ化。

旧版を観た当時は「こんなもんか、まあ十分キレイか」と思っていたけど、比較すると当時のフィルムにこんなに情報量があったのか!と驚くレベル。もちろん相応にデジタルで修復したりシャープネスをかけたり発色をいじったりもしているんでしょうが、フィルムにそれだけの余地があったことをこの目で見ると驚きます。自分で新旧の BD の画質比較をやろうかとも考えていたんですが、最初のシーンが表示された時点で比較するまでもない美しさに思わず息をのみました。これ HD 世代の映像機器の画質リファレンスにしてもいいんじゃないですかね。
映像に比べて音声の方はナローレンジだしところどころ割れて聞こえるようなところもあるし、一応 5.1ch 化(インターナショナル版のイタリア語音声のみ)されているとはいえ、こちらは時代なりのクオリティ。でもこの映像美は、旧版から買い直す価値があると言えます。

また今回は今まで BD 化されていなかった「完全オリジナル版」まで同梱された BD-BOX。インターナショナル版は主人公のトト少年と映写技師アルフレードの交流と「映画というもの」がメインなのに対して、完全オリジナル版では主人公トトが成人してかつての恋人と再会するエピソードが追加されているとのこと。まだ観ていませんが、最初に公開されたバージョンだからこそトルナトーレ監督が本当に表現したかったものが描かれているのだろうとも思う反面、それって壮大な蛇足なのではとも思えて、まだちょっと観る気合いが湧いてきません(長いし)。でも、インターナショナル版でも初めて観たときと今では自分の年齢も違うせいか、トトの青年期~初老期のシーンから感じるものが変わってきたことも感じます。だから完全オリジナル版も自分の年齢や経験とともに感じ方が変わってくるんでしょう。ちょっとめんどくさい気もしつつ(笑)時間のある GW にでも、完全オリジナル版をゆっくり観てみますかね。

投稿者 B : 00:30 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2016/03/29 (Tue.)

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』Blu-ray 発売日決定

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 [MovieNEX]

B01DCXDZ8A

おおお、『フォースの覚醒』が早くも BD 化。年末からロングラン上映されていて、劇場公開が先週ようやく終了したところだったので、BD は出ても夏休み合わせかなーと思っていたので、これは嬉しい驚きです。
ただあんまり嬉しくないポイントもあって、今回からディズニー配給になったことで、パッケージが MovieNEX になりました。まあディスクを買えばスマートデバイスでも視聴可能になるのはいいんですが、問題は 3D 版。パッケージには 2D の BD/DVD しか収録されておらず、3D BD は 2D 版のディスクを買った上でオンラインの MovieNEX CLUB から有償購入するという手間を踏まなくてはなりません。3D の需要がそれだけ少なく、一般流通に回すコストがかけられないということかもしれませんが、これはあまりに残念。私は自宅に 3D 視聴環境を持っていませんが、3D 対応プロジェクタを導入したら真っ先に観たいコンテンツがこれだったので、この二度手間をやらなくてはならないのか...と思うとウンザリします。まあ買いますけどね...。

発売日は 5/4(水)とのことですが、連休中の物流を考えると GW 初めには入手できる可能性も高いと言えます。まだほとんど予定も立てていなかった GW の楽しみが、一つできました。

投稿者 B : 23:30 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2016/02/14 (Sun.)

オデッセイ @TOHO シネマズ日本橋

しばらく忙しかったのが少し落ち着いたので、遅ればせながら観に行ってきました。TCX&ドルビーアトモスにて鑑賞。

オデッセイ

オデッセイ

予告編が出たときからずっと楽しみにしていた映画。リドリー・スコット監督、マット・デイモン主演の宇宙ものとくればそれだけで観る価値があると言えます。

しかしマット・デイモンは『インターステラー』に続いて「宇宙に一人取り残される宇宙飛行士」の役。不世出の天才だった彼が、孤独の宇宙飛行士がハマり役になるなんて、当時だれが予想したでしょうか(ぉ

宇宙もの、といいながらも、映画の大半は主人公マーク・ワトニーが火星でいかに生き延びるかの試行錯誤を繰り返すシーンなので、あまり宇宙っぽくはありません。そもそも原題も『THE MARTIAN(火星の人)』で、壮大な宇宙旅行を思わせる邦題『オデッセイ』のほうが違和感があるくらい。それでも、ところどころに挿入される宇宙空間や宇宙船のシーンは、『2001 年宇宙の旅』や『インターステラー』にも引けを取らないリアリティがあります。

楽しみにしていた...とはいえ、映画公開が近づくにつれて「宇宙ものというよりはむしろ火星版某農業アイドルグループもの」というクチコミが伝わってきたり、公式 Twitter アカウントが自ら DASH 村ネタに言及したり、そういうネタ方面の匂いが強くなってきて、若干不安を感じていたのは事実です。まあ実際にそれを連想するシーンがあったのも事実ですが(笑)、個人的にはそれ以上にずっとちゃんとしていて、面白い映画だと感じました。

任務遂行中の事故により、一人火星に取り残されたマーク・ワトニーが、本来の植物学者としての知恵を活かして火星で植物を栽培し、救助が来るまで自給自足の生活を始めるという物語。そのうち NASA も彼の生存を発見し、何とかして相互に連絡を取る手段を確立、NASA 側も様々な困難に遭いながらも救助の手立てを模索します。
まあ火星に一人取り残された時点で既に無理ゲーと思えるわけですが、ワトニーが一つ問題を解決するごとに新たな困難が行く手をふさぎ、最後まで没入させられる脚本と演出でした。しかしこの上なく困難な状況にもかかわらず、最初から最後までほとんど悲壮な場面はなく、ワトニーと一緒に「どうやってこの局面を乗り越えるか」という気持ちで映画を見続けられたというのはかなり意外でした。ハッキリ言って、『インターステラー』のように絶望的な状況で緊張感が続く映画だろうと思っていました。

そういう意味では、同じマット・デイモンが演じた宇宙飛行士でも、『インターステラー』のマン博士と本作のマーク・ワトニーでは、真逆のキャラクターであると言えます。絶望的な状況でも、手持ちのリソース(知識や技術、物資など)を活かしてどう問題を解決し、状況を打破するか。それはもしかすると科学者のあるべき姿なのでしょうし、人間が前に進むために必要な姿勢であると言えます。取り乱したり自棄になったりせず、冷静に状況を分析してそれに取り組めるか。「火星で独り」でなくとも、あらゆる困難な状況に置き換えて考えられることだと思います。
マット・デイモンの芝居も良かったですが、要所要所で流れるディスコサウンドも、この映画を明るくポジティブなものにしてくれていました。

これはとてもいい映画でした。もう一度観に行きたいなあ。

投稿者 B : 21:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2016/01/13 (Wed.)

キングスマン [Blu-ray]

昨秋の劇場公開時に話題になっていた映画を、Blu-ray にて鑑賞しました。

キングスマン [Blu-ray]

B016LTQVYW

ある意味王道のスパイ映画。国家や企業に所属せず、世界の秩序と平和を守るために存在する極秘組織「キングスマン」を描いた物語です。

サミュエル・L・ジャクソン演じる、超大手 IT 企業のカリスマ経営者、リッチモンド・ヴァレンタインが「地球を存続させるために人類を粛清する」ことを目的に、世界中にある時限装置を仕掛けます。その企みを阻止するために「キングスマン」が動く、というお話。
アーサー王物語の「円卓の騎士」になぞらえられた「キングスマン」は、各人が究極の紳士でなければならず、行動の一つ一つがスタイリッシュ。でありながら、ジェームズ・ボンドやイーサン・ハントも顔負けのアクションを見せてくれ、スパイ・アクションとして非常に見応えのある映像にしあがっています。スパイ映画になくてはならないスパイ道具類も凝っていて、現代の映画らしいところでいえば AR を駆使した映像的演出もあって、非常にカッコイイ。ただ、途中で「名探偵コナンかよ!」とツッコミを入れたくなるベタベタのスパイ道具もあったりして、これが単なるシリアス一辺倒のスパイ映画とは一線を画す作品であることが示されています。

モブキャラまで含めかなり多くの登場人物が死ぬ映画なので、目を背けたくなる死亡シーンも随所にありますが、できるだけ残虐一辺倒にならないよう、映像や音楽を含めた演出で緩和されているのが印象的でした。クライマックスに出てくる、ヴァレンタインの賛同者や部下たちが一斉に死んでいくシーンでは、(不謹慎な話に聞こえるかもしれませんが)むしろ爆笑せざるを得なかったほど(笑。表現手法としては B 級スレスレの演出ですが、製作サイドの「これはエンタテインメントである」という意図の表れと感じました。
シナリオとしても「え、ここでこの人が退場しちゃうのか!」とか「こいつが裏切るとは思わなかった!」とか、裏をかかれる展開が多く、最後まで手に汗を握りっぱなし。最後までジェットコースターにでも乗っているような感覚で楽しめました。

ちょっと方向性は違うけど、どこか『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に通じる馬鹿っぽさ溢れるアクション映画でした。こういう映画も、たまにはいいですね。

投稿者 B : 23:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2015/12/27 (Sun.)

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 @チネチッタ

遅ればせながら、私も覚醒してきました。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

いつもならフラッグシップ館で 3D 字幕版を観るところですが、今回は 2D 吹替版で鑑賞。というのも、すっかり独りで観に行くつもりだったところ、テレビに影響された娘たちが「BB-8 観たい!」と言い出したので、子ども二人連れでの鑑賞となったからです。それでも生粋の SW ファンとしては、最近増えているという「映画を観たこともないのにキャラグッズを身につけているにわかファン」にするわけにはいかないと思い、事前に BD-BOX で教育(といっても旧三部作だけだけど)してから臨みました。

『ジェダイの帰還』から三十年後。再び勢いを増す帝国軍残党「ファースト・オーダー」に対抗する、レイア・オーガナ将軍率いる組織「レジスタンス」。かつての英雄ルーク・スカイウォーカーは行方不明になっており、レジスタンスは彼を探して銀河系を調査している...というのが物語の始まり。旧三部作の主役三人が再登場するという事前情報を耳にしてから、映画館で彼らに再会できる日をずっと楽しみにしてきました。
が、いっぽうで今回から製作体制が変更となり、配給はディズニーに、監督は J・J・エイブラムスに引き継がれています。最大の不安要素はそこだよなあ...と、万一裏切られたときのために少し斜に構えながら劇場に足を運びました。

結論から言うと「私はこういう SW が観たかった」。結果的に、不安要素は全て杞憂でした。

まずは映画の構造。出会い、旅立ちからラストに至る流れまで、EP4 だけでなく EP1 でも使われた「三部作の一作目」のフレームワークを今回も踏襲してきました。どこかで見たような場面や展開も多く、それが逆に新たな世代の三部作の始まりを感じさせます。オリジナルの主役三名を登場させながらも、世代交代させるための物語。そのために今一度この展開をやる必要があった、と。そしてまた、ストーリーの構造を踏襲することで、「我々こそが SW の正当な継承者である」ことを明示したい、という製作サイドの決意めいたものも感じました。
また、新たな主役の三名(と言って良いのかな?)が旧作の登場人物たちと真正面から渡り合えている演技も良かった。

それから、設定や演出、美術周りに至るまでが「ちゃんとわかってる」。言い換えればあざといほどに「こういうのが観たかったんでしょう?」と問いかけてくるようで、古くからのファンの心理を理解し、何が喜ばれるかを考え抜いて作られた作品だと感じました。それはもしかすると迎合と紙一重かもしれませんが、少なくとも私はワクワクした。従来のエピソードと比べても展開が早く、内容が濃かったことを差し引いても、お腹いっぱい感がありました。

おまけに、「ディズニーもちゃんとわかってた」。オープニングはルーカスフィルムのロゴのみで、ディズニーのディの字も出てきません。ディズニー配給であったことを思い出したのは、エンドロールの終盤になってからのこと。欲を言えばルーカスフィルムロゴの後に 20 世紀 FOX のファンファーレが欲しかったところですが、さすがにそれは無理か(笑。
とにかく、ディズニーは SW の世界観やファンの心理を最大限に尊重した上で新作に出資したんだなあ、ということがよく分かりました。それに引き替え、日本の映画業界(全部ではないにせよ)の残念なことといったら。

これは期待以上の出来だった、と言うほかありません。
冬休み中に IMAX3D 字幕版でもう一度観に行ってこようと思います。

投稿者 B : 23:57 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2015/09/14 (Mon.)

ピクセル @TOHO シネマズ日本橋

以前たまたま映画館で予告編を見てから密かに楽しみにしていた映画を、観に行ってきました。日本橋の TCX/3D にて鑑賞。

ピクセル

ピクセル

映画の長い歴史上、異星人が地球を侵略しに来た映画は数あれど、その異星人がギャラガ(それもドット絵の)という作品なんて聞いたことがありません(笑。ファミコンど真ん中世代としては、トレーラーを見せられた時点でもう観に来ること確定でした。

1980 年代、NASA が地球外生命体へのメッセージとしてアーケードゲームを含む当時の地球の映像を宇宙に送ったところ、それを宣戦布告と誤解した異星人がゲームのキャラクターを模した兵器を地球に送り込んできた...というお話。この設定からして B 級映画くさいわけですが(笑、それをハリウッドが本気で作ったらここまでエンタテインメントになるのか、という驚きがありました。
実写映像の中にドット絵のゲームキャラが立体化されて登場し、しかも動きがギャラガのゲームそのまま、加えて音まで当時の FM 音源のままついている...という異星人の登場シーンを見た瞬間に、もう難しいことを考えるのやめようと思いました(笑

登場するゲームはギャラガのほかにもパックマン、ドンキーコングなど、ファミコン世代には懐かしいものばかり。私は当時年齢的にアーケードゲームとは縁がなかったので、よく知らないものもありましたが、おそらく三十代後半~四十代くらいのファミコンやゲームセンター、喫茶店ゲーム世代にはストライクじゃないでしょうか。他にもテトリスがビルを「消して」いたり、チョイ役としてマリオがちらっと映っていたり、あとから BD でコマ送りしてネタチェックしたくなるほどに細かい仕込みがたくさん。これら登場するゲームのほとんどはナムコや任天堂といった日本のゲームメーカーが生み出したものですが、あるゲームの開発者ご本人の役柄の人物も登場するなど、'80 年代ビデオゲームへの愛とリスペクトに溢れた作品です。
映画としてみると、ストーリーは 2015 年の映画というよりは '80 年代のハリウッド製アクションコメディのような、少し懐かしくもシンプルでわかりやすいもの。設定とゲームキャラが最大のギミックと言える作品なので、他の部分をややこしくする必要はないということでしょうが、それが逆にこの '80 年代ゲームの世界観とマッチしています。世界が滅びそうなのに全然悲壮感がないところも含め、この映画そのものがゲームの世界観を隠喩しているのかもしれません。

とにかくくだらないけどそれが面白い映画です。私も精神年齢を三十歳くらい巻き戻して、見入ってしまいました。
かつてゲームに心奪われた時代をもつ人であれば、一度観て損はない映画だと思います。楽しかった!

投稿者 B : 23:59 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2015/07/29 (Wed.)

マッドマックス 怒りのデス・ロード @丸の内ピカデリー

遅ればせながら、この夏の話題作を観てきました。

マッドマックス 怒りのデス・ロード

マッドマックス 怒りのデス・ロード

私はオリジナルをリアルタイムで観た世代じゃないし、そもそもバイオレンス系の映画はそんなに好きじゃないのでスルーしてたんですが、私の中では理知的な人と位置づけていた人々までもが、観てきた挙げ句「ヒャッハー!」「V8!V8!V8!V8!」と煽ってくるので(ぉ、ついに観念して劇場へ。
これは絶対 3D か 4DX で観た方がいいよなあ、と思ったんですが、さすがに公開から一ヶ月も経つと 4DX 上映は終了しており、3D でやっている劇場も限定的。残っていた映画館の中で規模が大きめな丸の内ピカデリーに行ってきました。

ストーリーに対する感想とか、そういう次元の映画じゃないですね。Twitter か何かで「これは映画じゃなくてある種の体験だ」という論評を見かけましたが、まさにそんな感じ。だって、予告編のトレーラーって普通、映像的に盛り上がるシーンを切り貼りして作るじゃないですか?でも、この映画は最初から最後までトレーラー並みのテンションの映像が途切れないんだぜ?

とにかく全編を通して改造車で爆走しまくり、銃を撃ちまくり、武器を振り回しまくり。おいお前ら資源が足りなくて困ってるはずなのになんで無駄にクルマとか楽器から火を噴いてガソリン無駄遣いしてるんだよ、とかそういうツッコミどころ満載な部分まで含めて、究極に馬鹿なことをやりきった映画です(褒め言葉)。
バイオレンスなので目を背けたくなるような痛いシーンも随所にありますが、監督自ら「映像だけで理解できる作品を目指した」と言っているとおり、セリフを聞いてなくても字幕をちゃんと観てなくても、映像と演技だけで各キャラクターの人生観まで見えてくる気がしました。個人的には、ニュークス役のニコラス・ホルトの芝居がとても良かった。

先に観ていた某氏が「映画館を出るときに『あーすごく良かった!でもディスクは買わないな』と思った」そうですが、確かにその通り(笑。これは大画面と大音響で観てナンボ、BD が出てから家で観たってしゃーない、と思います。字幕を読み込む必要もないのでこれは 3D 上映推奨。気になっててまだ観てない、という人は今からでも観に行くことをお勧めします。頭カラッポになれるよ(笑。

投稿者 B : 22:22 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2015/06/12 (Fri.)

ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男 @シネクイント

音楽映画(中でもブラックミュージック系の)好きとしては外せません。

ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男

ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男

渋谷パルコ上のシネクイントにて鑑賞。渋谷のパルコなんて入ったの人生で三度目くらいですよ...この場違い感(;´Д`)ヾ。これだけ有名なミュージシャンを扱った映画なのに小さめの映画館でしか上映されておらず、他にあまり選択肢がありませんでした。

ともかく、ジェームス・ブラウン。名前だけなら知らない人はいない、というほどに有名な「ファンクの帝王」。とはいえ私もテレビ等を通じて耳にしたことはあっても、リアルタイムではちゃんと聴いたことがない...けど、ブラックミュージック好き的には、JB の影響を受けたミュージシャンや、さらにその影響を受けたミュージシャンの楽曲には数多く触れてきており、現代のファンク/R&B/ソウルの始祖とでも言うべき尊敬の念を抱いています。これは、その JB の人生を描いた伝記映画。
プロデュースを手がけたのがローリング・ストーンズのミック・ジャガーというから「何それ!?」と思いましたが、映画を観てその理由に納得。

主演は『42 ~世界を変えた男~』でジャッキー・ロビンソン役を主演した、チャドウィック・ボーズマン。今回もまた実在の人物の伝記映画で主役を張っているわけですが(アメリカの歴史において黒人に希望を与えた偉人二人を続けて演じる、というのもすごいことだと思う)、ジャッキー・ロビンソン役と同一人物が演じているとは思えないほどのハマりっぷり。JB の受け口を再現するために入れ歯を入れたり特殊メイクをした、という外見上の演出もさることながら、口調や身振り、ダンスまで完全に JB 本人だと思えてしまうほどの再現ぶり。これは、『Ray』でジェイミー・フォックスが演じたレイ・チャールズに匹敵するレベルではないでしょうか。

ブラックミュージックの世界では絶対的な存在である JB ですが、麻薬をはじめとする逮捕歴も多く、決して聖人君子ではありません。映画ではそのへんもしっかり描かれていて、妻への DV、バンドメンバーへの独善的な態度など、JB 本人よりも周囲の人々に同情したくなる場面もしばしば。JB は絶対的な自信家として描かれていますが、その成功の裏には相棒のボビー・バード、マネージャーのベン・バートをはじめ、数多くの人々に支えられてスターダムをのし上がったというのが本当のところでしょう。それでも表向きには他社を認めず独善を貫いたのは、幼少期に両親に捨てられ、その後の育ての親からも見捨てられた体験が、JB を抜け出せない孤独の中に追い込んだのかもしれません。DV にしてもそうですが、やはり幼少期に刷り込まれた観念というのは、良いことも悪いことも一生ついて回るものです。

ちなみに、JB が初めて音楽に目覚める瞬間というのが、教会でゴスペル(といっても一般的にゴスペルと言われて想像するようなのじゃなく、かなり激しいやつ)に出会ったシーン。ここで音楽の持つパワーに衝撃を受けたリトル・ジュニア少年(JB)が、映画『ブルース・ブラザース』において、教会でイエス・タップダンシング・キリストの啓示を受け、バンド設立に走ったジェイク・ブルース(ジョン・ベルーシ)そのもの。そのシーンでファンキーすぎるクレオファス神父を演じていたのがジェームス・ブラウン本人なわけですから、狙ったのかどうか分からないけれど思わずニヤリとしてしまいます。
そして...JB の才能を最初に見抜き、長年にわたって支え続けたマネージャーのベン・バート役は、その『ブルース・ブラザース』でエルウッドを演じていたダン・エイクロイドその人。当時とはあまりにも見た目の印象が変わったためにエンドクレジットを見るまで気がつきませんでしたが、かつて JB と映画で共演したダン・エイクロイドが JB の伝記映画に出演するというのも、また胸が熱くなります。

そんなわけで、JB のファンやブラックミュージックのファンはもちろんのこと、『ブルース・ブラザース』のファンならば、一度観て損はない映画です。他の音楽映画と違って楽しいばかりではありませんが、音楽の力と人の縁がもたらすものを感じさせてくれる名作だと思います。

投稿者 B : 23:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2015/04/27 (Mon.)

ホビット 決戦のゆくえ [Blu-ray]

ここのところ欲しい BD のリリースが続いていてお財布的には苦しい。でもこれは買っとかないといかんでしょう。

ホビット 決戦のゆくえ 3D&2D [Blu-ray]

B00PUDTZTE

『ホビット』三部作の主要な登場人物はホビット&ドワーフ、悪役もメインはオーク、と LOTR 本編に比べて地味め。原作にないレゴラスの登場シーンを追加したくなる製作サイドの気持ちも解りますが(笑、戦闘シーンの迫力に関してはこちらのほうが上じゃないでしょうか。まあ CG の技術も『LOTR』からは 10 年以上進歩しているわけですからね。ちなみにジャケット画像にはビルボが「つらぬき丸」を構えている絵が使われていますが、本編ではビルボが戦うシーンはありません(ぉ

戦闘シーンに圧倒されがちな作品ですが、ちょっと勿体ないと感じたのはドワーフの王・トーリンの心理描写について。まあエレボール奪還とアーケン石に執着するところまでは分からなくもないのですが、そこからの改心が唐突すぎる印象。原作には出てこないはずのレゴラスとかサウロンを登場させる暇があったら、もうちょっとここを丁寧に描いてほしかったかなあ。映画としての派手さは嬉しいけど、構成と脚本にがそれを消化し切れていないのが残念です。このへんは、BD エクステンデッド・エディションで補完されるのかもしれませんが...。
逆に、主人公のキャラクターという点では『LOTR』のフロドよりも『ホビット』のビルボのほうが感情移入しやすいかな。フロドは指輪に翻弄される役回りでその人となりについてはあまり描かれていませんでしたが(代わりに相棒サムの好感の持てるキャラクターはとても良かった)、コミカルながらも誠実で前向きなビルボ・バギンズという人物像は、こういうファンタジー作品の主人公に相応しいものだと思います。このあたりはマーティン・フリーマンの演技によるところも大きいのでしょうね。

音響については、戦闘シーンを中心に音がグルグル回り込むように作られているので、5.1ch のサラウンド環境の本領発揮といったところ。音声トラックとしては英語版が 7.1ch DTS-HD Master Audio で収録されているので多チャンネル環境であるほど恩恵を受けられますが(日本語吹き替えはドルビーデジタル 5.1ch)、劇場公開時に観た TCX&ドルビーアトモスの臨場感を思い出すと、やっぱりこの映画はできるだけ設備の良い映画館で観てこそなんだと思います。

この作品も LOTR と同じく「エクステンデッド・エディション トリロジー BOX」とか、LOTR 三部作と合わせて「エクステンデッド・エディション ダブル・トリロジー BOX」とかが後日発売されるんでしょうが、そろそろ LOTR 関連のディスクだけでいくらかけたんだよ!という状態になりつつあるので、これで打ち止めにするつもり(´д`)。

投稿者 B : 22:30 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2015/04/14 (Tue.)

インターステラー [Blu-ray]

これはもう劇場で観たときから BD を買うことに決めてました。

インターステラー ブルーレイ スチールブック仕様 [Blu-ray]

B00S6C3UM4

宇宙モノでこの映像美とリアリティを超える作品は当分出てこないんじゃないか、とさえ思える名作だと思います。宇宙空間をゆったりと航行する宇宙船・エンデュランスの映像は、今後の SF 作品の一つのマイルストーンになり得るでしょう。

今回は、初めて Amazon 限定のスチールブック仕様を買ってみました。

インターステラー ブルーレイ スチールブック仕様

DVD 時代に比べると BD は限定版であってもパッケージが簡素なことが多く、所有欲という点では残念な思いをしたことが少なくありません。豪華ならば良いというわけではありませんが、コレクション性はあってほしいもの。その点、このスチールブック仕様は質感が高く、所有欲をくすぐりますね。私のライブラリの中でも『2001 年~』とか『ブレードランナー』といった特に思い入れの強い作品は、スチールブック仕様で揃えたくなります。

ただ、今回のスチールブックは、付録のブックレットがパッケージ内に収まらないから収納性に難があるのと、ジャケット画像が「水の惑星」のシーンである、という二点が残念。特に後者は他にも宇宙空間を征くエンデュランスとかブラックホールとか、宇宙船内のクーパーなりアメリアなりといった象徴的なシーンが数多くあるにも関わらず、このシーンというのが残念でなりません。もうちょっとなんとかならなかったものかなー。

インターステラー ブルーレイ スチールブック仕様

あとディスクは本編ディスクをまずは取り出しやすいように入れておいていただけませんかね...。
パッケージ以外は通常版と変わらずに価格プレミアムを乗せているだけにいろいろと注文をつけたくなるし、何でもかんでもスチールブック仕様で買おうとは思いませんが、DVD/BD 併せて数百枚買ってきたコレクター魂を刺激されるブツであることは確かです。

ちなみにこの映画、長いし内容は重めなので観るのに気合いが必要です。一度観始めてしまえばあとは最後まで一気に行けてしまうパワーを持っているものの、気合いがないときはなかなかディスクをトレイに置くところまで辿り着けません。でも先週末にさっそく一度、再生してみました。
やっぱりこの映画は、SF として極上の映像表現という皮を被せた、本質的には人間ドラマなんですよね。親、子、恋人、科学者、視点を変えるとまた随分違った見え方になってくる映画だと思います。そして私はこの映画を観て、谷川俊太郎の詩を思い出しました。

万有引力とは、ひき合う孤独の力である。

投稿者 B : 23:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2015/03/28 (Sat.)

アメリカン・スナイパー @TOHO シネマズ日本橋

ようやく観に行くことができました。

アメリカン・スナイパー

アメリカン・スナイパー

ジャージー・ボーイズ』から間髪を置かずの新作公開にはちょっと驚きましたが、クリント・イーストウッド作品のファンとしては観ないわけにはいきません。が、どう見ても重そうなテーマの映画だけに、ちゃんと時間が取れて自分の体調やメンタルが良いときに観ようと思っていたら、そろそろ上映規模も縮小される時期になってしまいました。

先のイラク戦争で米軍ネイビー・シールズに狙撃手として参加し、「英雄」と謳われるほどの戦果を挙げた軍人クリス・カイルの伝記を映画化した作品です。つまり、ごく最近の史実を元にした映画ですね。
イーストウッドは過去にも戦争やそれによって生き方を歪められてしまった人物の映画を作っていますが、本作もその一つと言えます。

米軍の英雄を題材にした映画ではありますが、これは立派な反戦映画のひとつと言えます。個人的にはアメリカの戦争映画はプロパガンダ風味が強くてあまり好きではありませんが、これは観て良かったかな。『ジャージー・ボーイズ』は大好きな映画でしたが、やっぱりこういう手触りの映画のほうがイーストウッドらしい、と思います。

この映画、戦闘シーンの描写のリアリティもさることながら、クリス・カイルという一人の人物にフォーカスを当てて描かれていて、戦争映画が苦手な私でも深く感情移入することができました。「伝説」と呼ばれるスナイパーであっても相手によっては躊躇うことだってあるし、逆に仲間をやられた場合には冷静さを失って行動することもある。そういう人間味の表現はイーストウッドらしいところだと思います。
そして、クリス・カイルが次第に戦争に精神を蝕まれ、心を病んでいく様子が見ていてとても痛ましい。本作は、戦闘シーンの音響の作り込みがとても臨場感溢れていて、映画を観ているだけなのに、自分自身が戦地の銃撃戦のまっただ中にいるかのような緊張感があり、PTSD を病んでいくカイルの気分が自分のことのように感じられました。これ、上映初期に一部劇場でやっていたドルビーアトモスで観ていたら、もっと辛かったでしょうね...。

投稿者 B : 23:59 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2015/03/14 (Sat.)

グラン・プリ [AIV]

グラン・プリ

B004S0AORW

F1 の 2015 年シーズンもいよいよ開幕、オーストラリア GP の予選が終わったところですが、こちらは約 50 年前の F1 をモチーフにした映画です。1960 年代、まだ F1 マシンが葉巻型だった頃、ホンダが第 1 期 F1 参戦中だった頃のお話。

最近いろんな VOD サービスを試してみていますが、今回は何かの BD を買ったときのクーポンがあったので、Amazon Instant Video にて鑑賞。

昔の F1 を扱った映画としては昨年のドキュメンタリー作品『ラッシュ』もありますが、『グラン・プリ』はフィクション。とはいえフェラーリや BRM、ブラバム、ロータスといった名門チームは実名で登場し、撮影も本物のサーキットで行われているので、かなりリアリティ高い作品に仕上がっています。近代化される前のスパやモナコ、そして現在は使われていないモンツァのオーバルコースなどの映像は必見と言っていいでしょう。また、現代では滅多に見られないフェラーリのファクトリー内での撮影まで行われているという豪華さ。当時の F1 の映像(特に動画)はかなり古びたものしか残っていないので、映画用のフィルムで撮影された高画質な 1960 年代 F1 の様子が見られるという意味でも、貴重な作品と言えます。

舞台はおそらく 1965 年前後、4 人のドライバーが最終戦までチャンピオン争いを繰り広げる、熱戦のシーズン。主人公の一人であるピート・アロンは BRM を解雇され、日本から参戦している「ヤムラ」チームに移籍します。この「ヤムラ」はもちろん第 1 期 F1 参戦当時のホンダをモチーフとしたもので、本田宗一郎をモデルとしたチームオーナー「矢村」を演じるのはなんと三船敏郎(ちなみにこれが三船敏郎のハリウッドデビュー作)。和服が似合うダンディな日本人実業家のイメージで、本田宗一郎としてはちょっと美化しすぎな気もしますが(笑)我らがホンダ・チームをここまで大きく扱ってくれると嬉しい。名前が似ていることもあって「ヤムラのアロンが優勝」というのを、つい「ホンダのアロンソが優勝」とダブらせてしまいます。

映画はなんと 3 時間近い長さで、インターミッションまで設けられている大作。とはいえ演出は古いヨーロッパ映画的なゆったりした感覚で、ドラマシーンはちょっと眠くなります。
しかしそれとは対照的に、レースシーンの映像は圧巻。当時はなかったはずのオンボード映像を先取りしていて、現代 F1 の国際映像に勝るとも劣らない迫力があります。まるで本当のレース映像を観ているようで、つい力が入ってしまいました。現代とは違って空力をほとんど考慮しない葉巻型のマシンの走る姿はシンプルで、むしろ力強ささえ感じます。が、安全性も現代とは比べものにならず、常に死と隣り合わせという恐怖も伝わってきます。

古い映画なので正直あまり期待していませんでしたが、映像の良さもあって深く堪能できました。『ラッシュ』と並び、F1 ファンなら一度観ておくべき映画と言えるでしょう。

投稿者 B : 23:59 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2015/02/10 (Tue.)

ジャージー・ボーイズ [Blu-ray]

ジャージー・ボーイズ Blu-ray&DVD セット

B00PN4JAWM

劇場で鑑賞してとても良かったので BD を購入。数年ぶりに 5.1ch 環境を復活させた我が家のホームシアターで鑑賞しました。

映画の感想としては劇場観たときに一度書いていますが、音楽もののサクセス・ストーリーとして王道を行く展開。クリント・イーストウッド監督作品らしいじんわりくる感傷が良いのはもちろんですが、ブロードウェイ・ミュージカルからの映画化ということで、映画よりも舞台寄りの演出がなされており、それが映画の雰囲気にとても良く合っています。

今回は珍しく(?)特典映像までじっくり堪能しました。これを観て初めて知ったんですが、この映画に出てくる俳優陣はほとんどがブロードウェイほかあちこちの舞台でこのミュージカルを実際に演じてきた舞台俳優が採用されているとのこと。確かにほとんどが今までどんな映画でも見たことがない顔だし、そのくせに演技もできながら歌もむちゃくちゃ上手い、その理由がようやく解りました。そしてイーストウッドが舞台をできるだけ忠実に映画化しようとしたことと、その過程が非常に面白かった。オフショットでは、今までの映画ではほとんど見られなかったイーストウッドの屈託のない笑顔がたくさん見られ、得したような気分になりました。

イーストウッド作品だけあって人間関係に焦点が当てられた映画ではあるけれど、やっぱり音楽のシーンが最高に楽しい。これは全体を通してでもいいし、部分的にでも BD で繰り返し鑑賞する価値のある作品だと思いました。ステージもいいけど、特にストリートの街灯の下でのハモりからなだれ込むエンディングのダンスシーンが堪らない。音楽好きならば、一度ならず観る価値がある映画だと思います。

投稿者 B : 22:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2014/12/28 (Sun.)

インターステラー @109 シネマズ川崎

かなり乗り遅れ気味ですが、ようやく観に行ってきました。

インターステラー

インターステラー

観た人の評判がすこぶる良かったのでずっと気になっていた映画。ただ、上映時間が 3 時間に及ぶとなるとなかなか時間も取れず、この時期になってしまいました。劇場は、こういう作品は絶対に大画面で観た方がいいと思ったので、IMAX(2D)を選択。

異常気象により人類滅亡の危機にある近未来の地球。主人公である元宇宙飛行士クーパーは、科学好きで勘の良い娘マーフとともに何者かからのメッセージを受け取り、そのメッセージが示す地点に赴く。そこはかつて解体されたはずの NASA の秘密基地で、クーパーは NASA の研究者たちとともに土星付近に出現したワームホールを通り、外宇宙に人類が移住可能な惑星を探す旅に出る...という壮大なストーリー。SF 好きにとっては定番中の定番、ど真ん中ストレートの SF 映画です。

この映画を観て感じたのは、映像表現が『2001 年宇宙の旅』を下敷きに、現代科学と映像技術を使って現代版の『2001 年~』を作ろうとしたんだろうな、ということです。それくらい、宇宙に関する表現が他の SF 作品とは次元の違う美しさと確からしさ(自分で宇宙に出たことがないので「理論的に正しいだろう」という想像しかできないわけですが)を備えています。ただ『2001 年~』と大きく違うのは、『2001 年~』は(冷戦時代という背景はありながらも)明日は今日よりもきっと良い日、という期待に溢れたポジティブな時代であったのに対して、現代は様々なことに閉塞感がある、抑圧された時代であるということ。映画の世界観が現代の延長線上にあると思えることで、この映画そのものが閉塞された現代から未来への希望を繋ぐ方舟のように感じられます。

『2001 年~』の終盤は説明を省いた抽象的かつ哲学的な映像表現で人間がスターチャイルドに進化する過程が描かれましたが、本作は(似たような要素はあるものの)ラストはクーパーたちの所期の目的がどうなったか、をちゃんと描いているので、納得感のあるラストになっています。『2001 年~』のほうは自分なりの解釈ができるようになるまで 5 回は観る羽目になりましたから!(ぉ
ただ、この映画は最新鋭の SF 作品でありながら、その本質は親子愛を描いています。外宇宙探索はそれに説得力を与えるための周辺設定、と言っても過言ではないくらい。この映画は、子を持つ親か否かで大きく異なる感想を持つのではないでしょうか。我が子を含む人類を救うために、我が子と二度と会えなくなる可能性が高い旅に出ることができるか?仮に私がその状況に置かれたら、どういう答えを出すだろうなあ。

結局、3 時間という長丁場にもかかわらず、最後まで気が抜けることなく没入してしまいました。この映画はやっぱり IMAX で観て正解でした。視野がほぼ全て宇宙になるスクリーンと臨場感のあるサラウンドが最適。Blu-ray も買うでしょうが、自宅ではこの感覚は得られないでしょう。

今年いろいろ観た映画の中でも、この作品がベストだったと言って良いでしょう。そろそろ上映期間も終わりに近づきつつありますが、まだの方はこのお正月休みにでも観てみることをお勧めします。

投稿者 B : 23:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2014/12/13 (Sat.)

ホビット 決戦のゆくえ @TOHO シネマズ日本橋

ホビット 決戦のゆくえ

ホビット 決戦のゆくえ

本日封切りのところ、さっそく観に行ってきました。劇場は最近お気に入りの日本橋、当然 TCX&ドルビーアトモスによる 3D 字幕版にて。

二作目のラストがものすごくいいところで終わってしまったので、今作は前置き的なものも何もなく、いきなりその続きから始まります。
火竜スマウグとの戦いがかなり盛り上がるんだろうなと思っていましたが、確かに盛り上がったものの、思ったよりもあっさり。二作目であれだけ引っ張ったのならスマウグをもう少し見せてくれても良かったのに、と思います。ただ、むしろその後の展開のほうが密度が濃く、全体を通した「お腹いっぱい感」は十分。三部作の完結編だけのことはありますね。

結局最後まで主要キャラがほとんど死ななかった LOTR とは違い、今作では辛いシーンがかなり多い。しかも重要なキャラが死んでいったりするので、最後までハラハラドキドキ、観ていて肩が凝ったほどです。まあ、この後に LOTR が続くわけで、少なくとも LOTR に出てくるキャラは死なないと思える分には安心感がありますが...。

『決戦のゆくえ』のサブタイトルどおり、もう序盤からラストまでバトル続き。前二作にあったようなコメディシーンもほとんどなく、緊迫したシーンが続きます。
戦闘シーンは二作目とは違って『LOTR』シリーズらしい多対多の乱戦が中心。例によってトーリン無双、レゴラス無双、そして魔法使いなのに物理で殴りまくるガンダルフ無双(笑)です。そんなわけで映像も見慣れた雰囲気ですが、戦闘シーンに仕込まれたギミックが従来のシリーズのものより凝っていて、「えーそこからそうやって攻撃するの!」的な驚き...を超えて逆に笑ってしまうような場面も多々ありました。どういうことかというと、

あ...ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
「おれは 『戦国無双』をプレイしていたと思ったら いつのまにか『ワンダと巨像』をプレイしていた」
な...何を言っているのか わからねーと思うが おれも 何をされたのか わからなかった...
という感じ(ぉ。説明しても解らないと思うので、答えはぜひ劇場で(笑

画音質の話をすると、こういう広さのある舞台に多数のキャラクターが動き回る映像は TCX 向きだし、ドルビーアトモスも必要以上にサラウンドを意識させることなく、戦闘のその場に自分がいるかのような臨場感を自然に演出してくれていました。この映画こそ、TCX+ドルビーアトモスで観るべき、と言えるのではないでしょうか。これはそんじょそこらのホームシアターでは再現しきれないはずです。

2 時間半という長丁場でしたが、途中でだれることなく、疲れを感じることもなく走りきったような上映でした。観終わった後にどっと疲れを実感したのは、鑑賞中ずっと緊張していたからでしょう。
三部作の完結に相応しい仕上がりだと思います。ストーリーに詰め込みすぎ感がない分、LOTR よりもとっつきやすくはあるのかも。ただ、これを観たことでまた LOTR を最初から観返したくなりましたが、BD-BOX を最初から観ると 12 時間コースなんだよなあ(´д`)。

投稿者 B : 23:59 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2014/12/07 (Sun.)

EAMES FILMS: CHARLES & RAY EAMES

EAMES FILMS: チャールズ&レイ・イームズの映像世界 [DVD]

B00005MIG1

「イームズ」といえば、インテリアデザイナー、特に椅子のデザイナーとしてあまりにも有名で、ちょっとお洒落なオフィスやショールームであればかなりの確率でイームズのチェアが置かれています。でも彼ら(夫婦で活動していたそうです)の活動は単なるインテリアデザインにとどまらず、グラフィックデザインや映画製作など、かなり多岐にわたっていた、ということを最近初めて知りました。この映像作品集の存在も最近まで知らなかったのですが、デザイン界隈の人にはかなり有名だそう。

中でも特にインパクトが強いのが「POWERS OF TEN」という、科学的な映像作品。

ピクニック場で昼寝をしている男性の俯瞰視点から、10 秒ごとに 10n メートルずつカメラが引いていき、次第に地球の大気圏を抜けて宇宙へ、そして銀河の外へ...と出ていきます。宇宙の果てまで到達したところで、今度は逆に 10 秒ごとに男性の肉体を 10-n メートルずつ拡大していき、人間の組織から細胞、そして原子サイズへと突入していきます。この宇宙は相似形の連鎖でできていることを、一目瞭然に見せてくれます。
ほんの 10 分にも満たない短編ではありますが、科学を映像化したという意味でも、映像の美しさという意味でも、どこか『2001 年宇宙の旅』序盤の無重力空間の表現を彷彿とさせます。SF 好きならばグッと来るのではないでしょうか。

個人的に印象深いのが、引きのシーンである時点までは星が止まって見えるのに、ある瞬間からはその星々が銀河という単位で認識できるようになり、宇宙は銀河の集まりでできている、と解ること。無限後退的な見方ではありますが、示唆に富んでいる見方でもあります。例えば物事を引いて見たときや中に入り込んで見たときに、ある深さまでは見え方があまり変わらないけど、ある閾値を越えると急にその物事を覆っている違う構造が見えてくる、というように。

この映像のオリジナル版が作られたのが、アポロ 11 号が月面に到達する前年の 1968 年。カラー版の製作は私が生まれたのと同じ 1977 年、という時間を考えると、映像表現としては確かに画期的。今でも多くの人に語り継がれる理由が分かる気がします。

投稿者 B : 22:57 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2014/10/11 (Sat.)

グッドモーニング,ベトナム

グッドモーニング,ベトナム

B000CFWNB2

2 ヶ月前に急逝したアメリカの名優、ロビン・ウィリアムズの代表作のひとつを観てみました。

同氏出演の映画では『グッド・ウィル・ハンティング』が大好きなんですが、むしろこの『グッドモーニング,ベトナム』のほうが、ロビン・ウィリアムズ本来の持ち味が出ています。独特の節回しが印象的なマシンガントークが活きるコメディ、でありながら、観る者に深い感動を与えるヒューマンドラマ。そんな作品です。

ベトナム戦争当時、戦地に送り込まれた空軍兵の DJ、クロンナウア(ロビン・ウィリアムズ)。彼のやや下品ながらも風刺の効いたトークが兵士たちの心をとらえ、人気を博すものの、軍の規律を重視する上官たちとの折り合いは悪化。いっぽうで、現地民の少女に一目惚れしたことをきっかけに、ベトナム人たちとも分け隔てなく付き合い、少女の兄・ツアンを親友と認めるようになっていきます。そんなある日、クロンナウアがビールを飲んでいたバーで爆弾テロが発生、その事件の情報を隠蔽しようとした軍部に反抗して、自身のラジオ番組内で事件のことを伝え...。
クロンナウアのラジオでの喋りは、下ネタが苦手な私にとってはちょっとうんざりするほど下品な内容でしたが(笑、故に軍やアメリカ・ソ連に対する皮肉が効いていて、たたみかけるようで妙にリズミカルな喋りも相まって、次第にクセになっていく感覚があります。それに合わせた映像も、力任せに感動させてやろうというものではなく、一見何気なく見えるけどじわりと来るものが多く、強く印象に残りました。特に、戦線が拡大していく映像の背景に流れる音楽がルイ・アームストロングの "What a Wonderful World" だったときには、何とも言えない気持ちになりましたね。

ベトナム戦争を題材にした映画というと『地獄の黙示録』を筆頭に重苦しい作品が多く、今までは敬遠していましたが、これはそれらの映画とは違い、反戦とは少し違った切り口から平和...というより、人と人とがわかり合うことの大切さを描いた名作だと思います。戦闘を直接描かなくても、戦争をテーマにしたこんなにいい映画が作れるものなんですね。
今さらではあるけれど、ロビン・ウィリアムズの出演作、他にもいくつか観てみようかなあ。

投稿者 B : 23:13 | Foreign Movie | Movie | コメント (4) | トラックバック

2014/09/30 (Tue.)

ジャージー・ボーイズ @丸の内ピカデリー

ジャージー・ボーイズ

ジャージー・ボーイズ

クリント・イーストウッドが監督を手がける、男性ヴォーカル・グループを題材とした音楽映画。という全てにおいて俺得な映画が公開されるとあっては、観に行かないわけにはいかないでしょう!というわけで、早速劇場に足を運んできました。

取り上げられているのは、1960 年代に一世を風靡した、ドゥーワップ系ヴォーカル・グループ「フォー・シーズンズ」。'60 年代に青春時代を過ごした人でなくても、"Sherry" をはじめとした代表曲は必ずどこかで聴き覚えがあるはずです。特に、"Can't Take My Eyes Off You"(邦題『君の瞳に恋してる』)は聴いたことがない人はいないほどに有名。まあ、日本ではオリジナルよりもむしろボーイズ・タウン・ギャングがカヴァーした '80 年代ディスコサウンドのほうで定着していますが。
事実上初めて白人ヴォーカル・グループとして成功した 4 人のサクセス・ストーリーなわけですが、2005 年にブロードウェイ・ミュージカルとして同題で舞台化されていたんですね。この映画は、その舞台の脚本に基づいているようです。

ストーリーは、同じく事実に基づいたミュージカル映画である『ドリームガールズ』の男声グループ版、といった趣で、メンバーの出会いから下積み時代、デビューからスターダムに上り詰め、メンバー間の確執とグループ分裂、家族と仕事の間での悩み...という、この手のサクセス・ストーリーの王道そのものを行く展開。それ自体は特に目新しいわけではありませんが、それぞれのシーンを繋ぐ楽曲と歌唱が素晴らしい。曲が終わるたびに、映画館であることを忘れて拍手をしてしまいそうになったほど、没入感のあるステージでした。また、リードのフランキー・ヴァリと家族、特に娘との関係については、同じ娘の父親としてグッと来るものがありました。
途中、劇中にもかかわらず登場人物がスクリーンのこちら側に向かってナレーション的に心境を吐露するシーンが至るところにあり、実写映画でこういうメタ視点的な描写が挟み込まれるのも珍しいなと思いましたが、舞台的な演出をそのまま映画に持ち込んだらこうなるのだろう、と納得。

イーストウッド作品としてみると、ほかの作品に共通する「重さ」がなく、上映後に良かった、楽しかったとじんわり感じられる珍しい映画だと思います。自身も作曲家であるイーストウッドの音楽への思い入れがそうさせたのかもしれませんが、『ドリームガールズ』あたりの「面白かったんだけどあまり残るものはなかったな」というのとは違う、イーストウッドらしい手触りはやっぱり何かある。

見終わった後に、「映画って、本当にいいもんですね」という水野晴郎氏の名言が、ふと頭に浮かんできました。
大ヒットする作品じゃないんだろうけど、いい映画。これは BD が出たら買おうと思います。

投稿者 B : 00:59 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2014/08/06 (Wed.)

ラッシュ/プライドと友情 [Blu-ray]

ラッシュ/プライドと友情 [Blu-ray]

B00JJEPZVC

今年 2 月に日本公開された映画が早くもパッケージ化。劇場に観に行ってとても気に入ったので、BD の発売を楽しみにしていました。

ニキ・ラウダとジェームズ・ハントがチャンピオンを争っていた時代の F1 の物語。テーマとしては「実力を認め合えるライバルがいることで、互いにさらに成長することができる」というところでしょうか。スポーツに限らず、「アイツにだけは負けたくない」と思える相手がいることってすごく重要だし、そういう存在に恵まれることは幸せなことだと思います。

監督は『ダ・ヴィンチ・コード』『アポロ 13』などで有名なロン・ハワード。クライマックスでも盛り上げすぎず、どこか淡々とした生真面目な作風、というのが私が今まで観てきた作品の印象でしたが、この映画もその流れの中にあります。本作は実話に基づいていて、ある意味「誰もが結末を知っている話」なわけで、必要以上に盛り上げるよりはこのようにドキュメンタリー的に描くのが合っていたように思います。その映像を盛り上げ、緊張感とスピード感をもたらした音楽が改めて聴いてみるとすごく良いなあ...とクレジットを見てみたら、『グラディエーター』『ダークナイト』『ライオン・キング』『パイレーツ・オブ・カリビアン』など数多の対策を手がけてきたハンス・ジマーじゃないですか。近年の日本における F1 の扱いから、勝手にマイナー映画のイメージを持っていましたが、改めて見るとすごい製作陣ですね...。

この映画のすごいところは、基本的にはヒューマンドラマを軸としていながらも、F1 のディテールに一切手を抜いていないところです。登場する F1 マシンは映画のためにレプリカを作ったりショーカーを引っ張り出してきたりしたようですが(当然 CG 映像も混ざっているはず)、画作りも含めて私にとっては「文献に載っている写真でしか見たことのない当時の F1 が、そのまま動いてる」と言って良いほどのクオリティ。こだわりの細かさを言うなら、6 輪車として有名なティレル P34 が、富士スピードウェイで開催された F1 世界選手権イン・ジャパンのシーンだけ平仮名で「たいれる」と書かれているのまでわざわざ再現してあるくらいなんですから!BD で改めてそのディテールへのこだわりを発見して、驚かされました。
ストーリーは分かりやすく簡略化されているので F1 好きでない人にもオススメですが、F1 ファンなら一度は見ておくべき名作だと思います。私も繰り返し観よう。

投稿者 B : 22:33 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2014/07/28 (Mon.)

天使と悪魔 Mastered in 4K [Blu-ray]

天使と悪魔 Mastered in 4K [Blu-ray]

B00FQ6GW2I

もう 5 年も前の映画なのでちょっと古めですが、今まで観ていなかったのを BD で鑑賞。前作『ダ・ヴィンチ・コード』を観たのももう 7 年前だから、だいぶ内容を忘れてしまっていますが(笑

前作は、予備知識をつけずに「ダ・ヴィンチが生前に自身の作品に込めた謎を解く」という話だと思っていたら全然違っていて(笑)、しかも尺の割にストーリーが複雑すぎて途中からついて行けなくなったトラウマがあります。それが今までこの続編を遠ざけていた理由でもあるんですが、本作も「キリスト教と秘密結社」を扱っている割に、前作よりも物語の軸がシンプルで、比較的すんなり入っていくことができました。まあ「反物質」とか「イルミナティ」とか、設定が相変わらず中二病全開すぎて、ちょっと小っ恥ずかしくはありますが(笑。

物語のキーパーソンはユアン・マクレガー、言わずと知れた『スター・ウォーズ』EP1-3 におけるオビ=ワン・ケノービ役です。SW シリーズのファンであれば、最後の種明かしまでトリックを見抜けないに違いない(笑。そういう意味では、ユアン・マクレガーはハマリ役だったと言えるでしょう。
映画としては、複雑だった前作とは対照的に、謎解きよりも活劇要素がかなり強くなっているので、入り込みやすい反面原作読破済みの人にはこれでは食い足りないかもなあ、と思いながら観ていました。ダン・ブラウンの大作小説の映画化、というよりは娯楽作品として観るべき作品かもしれませんね。

今回は 4K マスタリングされた「Mastered in 4K」バージョンの BD で観てみましたが...正直、古い 46inch の液晶テレビでは 4K マスタリングの恩恵は得られていないような。比較視聴したわけではないのであくまで印象論ですが、4K マスターの BD は、50inch 超の 4K ディスプレイでもなければその本領を発揮できないように思います。

続編『インフェルノ』の映画化は来年末とのことですが、次は劇場に観に行ってみるかなあ。

投稿者 B : 23:51 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2014/07/14 (Mon.)

ホビット 竜に奪われた王国 [Blu-ray]

ホビット 竜に奪われた王国 3D&2D [Blu-ray]

B00IN21YXE

劇場公開から半年を待たずして BD/DVD が発売されたので、さっそく購入。今回も 3D 視聴環境がないにも関わらず、将来を見越しての 3D&2D 版です。

感覚的には「ついこないだ劇場で観た」という印象なので、満を持して BD を買ったという気もしないんですが、最後の戦闘シーンは個人的に LOTR も含めたシリーズ中で最もお気に入り。火竜スマウグがファイアブレスを吐く一瞬前に喉が赤く光り、次の瞬間に画面を埋め尽くす真っ赤な炎!この迫力が半端ないわけですが、そのスマウグとホビット/ドワーフの大きさの対比がいっそう気分を盛り上げます。
劇場から通算して二度目の鑑賞なので、わざとスマウグ視点で見てみると、最初にエレボールを乗っ取ったのはスマウグだとはいえ、安眠していた自宅に泥棒が入ってきて、その連れにトカゲ・ナメクジ・ミミズ呼ばわりされて散々追いかけ回された挙げ句、とどめにアツアツの溶けた黄金を全身に浴びせられるとか、スマウグにとっては災難としか言いようがない(笑。怒ってふもとの村を全滅させに行きたくなる気持ちも解らないではありません。

脚本的には緩急がついていて、冗長に感じた一作目よりも面白かったですね。ただ、映像が 3D に最適化して作り込まれているので、迫力という点では劇場で観たときのほうがはるかにインパクトが高かったです。やっぱりこの作品はテレビよりも 3D+スクリーンのほうが映えると思います。今のテレビも買ってかれこれ 7 年経ちますが、そろそろ 4K+3D に対応したものに買い換えたくなってきたなあ。

投稿者 B : 22:12 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2014/05/02 (Fri.)

アメイジング・スパイダーマン 2 @TOHO シネマズ日本橋

観てきました。

アメイジング・スパイダーマン 2

アメイジング・スパイダーマン 2

予備知識を仕入れずに観に行ったんですが、今回のヴィラン(悪役)の一人、エレクトロってジェイミー・フォックスだったんですね。予告編観ても特殊メイクのせいで全然気がつかなかった。TOHO シネマズ日本橋にはサイン入りのポスターが掲示されていましたが、皆達筆すぎて Jamie Foxx 以外読めず誰だか分からない(笑

以前映画化されたサム・ライミ版『スパイダーマン』シリーズとはパラレルワールド的位置づけで、設定も随分違います。というわけで、サム・ライミ版で登場したグリーン・ゴブリンも再登場。でも、キャラクターデザインはアメコミに忠実だったライミ版とは違い、最近のハリウッド SF らしいデザインになっています。同じスパイダーマンでも、世界観がずいぶん違うんだな、ということが、同じヴィランが登場したことで改めて分かります。

ライミ版がスパイダーマンをモチーフにした青春物語だとするならば、マーク・ウェブ版は人間関係よりもむしろアクション映画としての映像表現にこだわった作品なのだろうな、というのがここまで 2 作を観て抱いた感想です。ライミ版ではそれぞれのヴィランにも共感するところがあり、悩めるピーター・パーカーとも相まって、絶妙なダークヒーローもののストーリーが展開されていましたが、マーク・ウェブ版では独善的な動機でヴィラン化する悪役が多く、勧善懲悪的な分かりやすさが重視されている印象。でも、変に考え込むよりは、圧倒的なスピード感と映像表現に浸ってください、と言われているように感じました。アクション映画で、ここまで映像表現に目から鱗が落ちたのは、もしかしたら 1999 年の『マトリックス』以来じゃないでしょうか。それくらい、アクションシーンのどれもが手を抜かず、徹底的に作り込まれています。アクション映画を観ているというよりも、何かのアトラクションを体験しに来たような感覚と言ったら良いでしょうか。そんなドキドキ感がありました。

今回鑑賞した劇場は、3 月末にオープンしたばかりの TOHO シネマズ日本橋。

TOHO シネマズ日本橋

独自規格による巨大スクリーン「TCX」(Toho Cinemas eXtra large screen)と、新しいサラウンドシステム「ドルビーアトモス」が導入されているということで、映画そのものよりもこのシステムを体感することを楽しみにしていました(笑。
スクリーンの大きさについては「でかいなあ!やっぱり映画館に観に来るなら大きなハコに入ってナンボだな」という感想でしたが、それよりも感動したのはドルビーアトモス。仕組みは AV Watch の本田雅一氏の記事に詳しいですが、

【本田雅一のAVTrends】サラウンドの常識を打ち破るドルビーATMOS -AV Watch

要約すると、従来のサラウンドは「●チャンネル」という表現でチャンネル数の多さを競っていたのが、ドルビーアトモスでは最大 64ch までのスピーカを使って、劇場に合わせた音場をリアルタイムレンダリングで生成できる、というもの。私が鑑賞した SCREEN 8 では、見た限り両サイドに 18ch、天井に 18ch、リヤに 8.2ch のスピーカが設置されていました(さらに、おそらくスクリーンの奥にフロント+センター+ウーファで 5.1ch 以上はあると思われます)。これによるサラウンドは、もはやどこにスピーカがあるというレベルではなく、リアルに、かつ自然なサラウンド感で、音に包囲されると言えば良いでしょうか。ああ、映画のサラウンドってまだここまで進化する余地が残っていたのか、という新鮮な驚きがありました。

TOHO シネマズ日本橋

このほか、チケットの発行はもはや対面カウンターではなく自動発券機がメインになっていて、

TOHO シネマズ日本橋

対面カウンターはあくまでバックアップ的な位置づけで、上映スケジュールすら掲示されていない簡易的・小規模なカウンターのみ。私は映画のチケットはもう多くの場合ネット予約してしまうので、自動発券機メインのほうが合理的だと感じます。

まだまだオープンして間がないせいか物販系スタッフの対応がこなれていない感じでしたが、シアターの設備は文句なし。これまでは、画音質にこだわって観たい作品は TOHO シネマズ六本木・新宿ピカデリー・109 シネマズ川崎(IMAX)のいずれかで観るようにしていましたが、これからは日本橋も有力な選択肢として加わりました。まあアトモス自体、まだまだメジャー映画会社のフラッグシップ級の作品にしか採用されていませんが、アトモス対応作品は積極的に日本橋で観るようにしたいと思います。

投稿者 B : 00:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2014/03/24 (Mon.)

ホビット 竜に奪われた王国 @109 シネマズ木場

ホビット 竜に奪われた王国

ホビット 竜に奪われた王国

公開を楽しみにしていた作品を、ようやく観に行ってきました。

ファンタジー世界に登場するさまざまな種族が活躍する LOTR 本編に比べると、ホビットとドワーフの冒険といういかにも地味な映像になってしまうのが『ホビット』三部作の傾向なんだろうな、というのは前作を観て感じていました。戦闘シーンもシリアスというよりコミカルな描き方になりがちで(『スター・ウォーズ』でいう C-3PO や R2-D2 の戦闘シーンに近い、と言えば分かるかな)単調な映画になるんじゃないかという懸念を抱いていましたが、とんでもない!今作は LOTR も含めたシリーズ中で最も戦闘シーンが白熱する(実際に灼熱するわけですが)映画ではないでしょうか。

今回の主な舞台はエルフの森からはなれ山まで。というわけで、エルフが登場する戦闘シーンもふんだんにあるわけですが、なんかコンセプトアートにレゴラス(オーランド・ブルーム)に似たエルフがいるな、と思っていたら、本当に本人じゃないですか(笑。原作(私は未読)には登場していないようですが、設定上はこの時代にも生きているはずで、ストーリーの解釈次第ではビルボ・バギンズの冒険に絡んでいても不思議はない。まあ、映像的にむさ苦しくてイケメン成分の足りない本シリーズに女性ファンを呼び込むためのサービス的な位置づけでしょうが、それにしてもレゴラス無双すぎる(笑。LOTR でもここまでの獅子奮迅ぶりではなかったはずで、しかもオーランド・ブルーム自身が当時より 10 年分の歳を取ったことも相まって、むしろ LOTR の後の時代の話に見えてしまったほど。おかげでアクションシーンは見応えがありましたが、レゴラスについてはファンをニヤリとさせる程度の扱いで十分だったのではないかと思います(笑。

でも、個人的にはアクションシーンはクライマックスの火竜(スマウグ)とのバトルが最も燃えました(いろんな意味で)。LOTR の戦闘シーンは基本的に多対多の混戦が多く、スピード感ある殺陣はそれはそれで魅力的なのですが、巨大なクリーチャーとの一対多のバトルは初。ドワーフたちの小ささを実感するような圧倒的な迫力と、「この炎に包まれたらもうダメだ」と思わせるファイアブレスの CG に圧倒されました。だからバトルはガチンコ勝負ではなく『ゼルダの伝説』的な頭脳戦になるのも目新しく、とても楽しめました。
ラストは三部作の二作目によくある「そこで終わるのかよ!」という食い足りなさでしたが、逆にそれがいい。三作目も楽しみになりました。

劇場は、前回が XpanD X103 を導入した HFR 3D で観たので、今回は IMAX 3D で観ようと思って木場まで足を運びました。ただ、前回観たのが 1 年以上前なので、正直比較のしようがない(笑。でも、やはり IMAX 3D らしい安定した明るさ・コントラスト・解像度。XpanD X103 も十分なクオリティだと感じましたが、IMAX はやはり安心感がありますね。そして、HFR(ハイフレームレート) 3D は通常の 24p が主流の映画館において、気持ち悪いくらい生々しい動きがスクリーン上に映し出されていて、今までの映画との世代の違いが感じられました。
映像的にも、前作同様に序盤で 3D らしいインパクトのある画作りをしておいて、徐々に馴染み感のある(自然な感じでありながら、効果的に 3D 表現を取り入れた)3D にしていっているのが印象的でした。

ちなみに、本作は劇場公開中であるにも関わらず、発売日未定ながらもう BD/DVD の予約が始まっているという...ここまで来るとちょっと異常とも思える状況になっています。自宅でじっくり鑑賞もいいですが、これは HFR 3D と劇場の迫力ある音響で堪能してこその映画でしょう。シリーズのファンのみならず、映画ファンであれば劇場で体感すべき作品だと思います。

ホビット 竜に奪われた王国 3D&2D [Blu-ray]

B00IN21YXE

投稿者 B : 01:24 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2014/02/24 (Mon.)

ラッシュ/プライドと友情 @新宿ピカデリー

ラッシュ/プライドと友情

ラッシュ/プライドと友情

封切りのだいぶ前から楽しみにしていた映画を観てきました。F1 ってもう日本じゃすっかりマイナースポーツだし...と思っていたら、けっこうな量の TVCM も投下されていて、配給元的にはかなり力を入れているのか、それともバーニー・エクレストンあたりがプロモーションのバックアップをしているのか。

舞台は 1970 年代の F1。F1 がレース好きの集まりだった牧歌的な時代から、エクレストンが運営の実権を握って巨大な興行に変遷していこうとする時代です。私が生まれる前の話なので、私も文献で流れを知っているだけで、細かい部分はこの映画を通じて初めて知りました。

物語はこの時代の最高のライバル関係と言われた、ニキ・ラウダとジェームス・ハントのライバル関係を軸に描かれます。ラウダは現在でもメルセデス F1 の重役としてパドックに顔を見せていますし、ハントはキミ・ライコネンが一昨年の復帰以来モナコ GP でヘルメットのデザインにオマージュを入れており、ともにここ数年、再び名前が出てくるようになりました。ラウダのメディアへの発言などを見ると、晩節を汚しているような気がしなくもないですが(笑)、それだけ現代でも F1 での存在感、影響力を保っている証拠でしょう。

映画ということで多少の演出や脚色は入っているようですが、映像はまるでドキュメンタリーのようにリアリティがあり、ラウダとハントのライバル関係、と同時に結ばれた強い友情が明確に描かれています。レースシーンはあまり多くはないものの、レプリカを使ったリアルな、かつエキサイティングな実写で、しびれます。安全性が低かった時代の F1 だけに、現代の F1 レースよりも手に汗を握る緊迫感があります。エンジン音の再現にもこだわりが感じられ、これは BD ではなく劇場のサラウンドで堪能すべきだと思いました。

F1 に限らず、スポーツというものは刺激し合えるライバルの存在によって、互いに高め合っていけるもの。思えばラウダ・ハント以後の F1 も、そういったライバル関係がレースを面白くしてきたと思います。現在の F1 は、ヴェッテルが勝ちすぎで退屈に思える瞬間もありますが、それでもチャンピオン経験者 5 人がしのぎを削るという状況は、これまでの F1 でもほとんどなかった(セナ・プロスト・マンセル・ピケ時代以来?)群雄割拠。特に今年は車体レギュレーション改定で戦況がリセットされていますし、フェラーリのアロンソ・ライコネン体制がどういった結末を迎えるのか、など注目に事欠きません。この映画を観て、現代の F1 をリアルタイムに観られる世代で良かったな、と再確認しました。

投稿者 B : 00:11 | Foreign Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック

2014/01/21 (Tue.)

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [DVD]

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [DVD]

B003EVW5OG

年末年始にいろいろ観た映画のひとつ。すごく観たかったわけではないですが、TSUTAYA に行ったついでに何となくレンタル(笑。

劇場公開時にけっこう話題になっていた作品です。ブラッド・ピット主演の「生まれながらにして老人、そして加齢とともに若返っていく特異体質の男の一生」の映画。ブラピの演技は『マネーボール』でちょっと見直したので、アクションものよりもこういうドラマ系ならば私の好みなのかな、と。
そう思って観てみたんですが...、正直、微妙...。他者と同じ時間を過ごせない者の苦悩を描きたかったのだろうし、それはそれで分かるんですが、主人公ベンジャミン・バトンが生まれながらにいろいろなことを受け容れすぎていて悩む描写がなく、淡々と時間だけが過ぎていく。そんな話。苦悩するのはむしろ、普通の人間としての時間を過ごすが故にベンジャミンとすれ違ってしまうヒロイン、デイジー(ケイト・ブランシェット)のほうだという。 ケイト・ブランシェットは『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズにおけるガラドリエル様のイメージが強すぎて、それを払拭できたという意味では良い芝居だったのですが(笑)...脚本自体に抑揚がなさすぎて、あまり心に引っかからない映画でした。設定が活かせてなくてもったいない。なんか、別に映像が美しいわけでもないフランス映画を見せられているような、そんな感覚。

ブラピやケイト・ブランシェットを若々しくも老人にも見せた特殊メイクの技術には感心しましたが、個人的にはそれだけの印象しか残らなかったなあ...。

投稿者 B : 01:27 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/11/19 (Tue.)

42 ~世界を変えた男~ @イオンシネマ板橋

42 ~世界を変えた男~

プロモーションにお金かかってる映画が多い今季においては比較的地味な作品ですが、ちょっと気になっていたので観に行ってきました。「メジャーリーグ初の黒人選手」としてチームのみならず米野球界に貢献し、殿堂入りを果たしたドジャースのジャッキー・ロビンソンの実話に基づいた映画です。
タイトルになっている「42」は、ジャッキー・ロビンソンの背番号。メジャーリーグに詳しくないので今回初めて知ったのですが、現在はメジャーリーグ全球団の永久欠番に指定されていて、デビュー日にあたる毎年 4 月 15 日にはメジャーの全選手が背番号 42 をつけてプレーするんだとか。こういうの、アメリカらしいロマンがあって、いいですね。

以前も書きましたが、『マネーボール』といい『人生の特等席』といい、メジャーリーグを題材とした名作映画が定期的に撮られ、こうして日本にまで流通してくるというのが、アメリカと日本での野球文化の違いなのだろうなと思います。

舞台は第二次世界大戦後のアメリカ。戦争終結によって当面の外敵がなくなったアメリカ...という時代背景もあるのでしょうが、まだまだ黒人差別が激しく、メジャーリーグも白人だけのものでした。そこに、当時としては革新的な考えを持つブルックリン・ドジャースの GM、ブランチ・リッキーが黒人選手を起用することを考え、ジャッキー・ロビンソンを見出して...というお話。
なぜリッキーが黒人起用に積極的だったかというのは、Wikipedia に記載があります。

リッキーが黒人選手を受け入れることに積極的であった理由としては、ブルックリンにおける黒人の人口の多さや将来的な黒人家庭の中産化を見越した上でのマーケティング戦略と、より効率的な選手の供給源の開拓のためであった。
まあ、今という時代から見るとその考えは真っ当だと思えますが、劇中にも人種差別、思想信条、既得権などさまざまな理由から黒人選手の台頭を忌避するような言動を多くの登場人物が行っていて、「そういう世の中」だったんだなあ、ということが私のような実感のない国民/世代からしても感じ取れます。 とはいえ、個人的な思い入れがあったにせよ(むしろあったからこそ)、その先の時代での白人以外の人種の台頭を感じ取り、新しい市場を開拓しようとしたリッキーの行動には強く共感するところがあります。結局、成熟した市場を存続させるには「変わること」しかなく、慣習や固定概念を守ることよりも「金が回ること」が市場の成長と、それに関わる人の生活(そして、金を求めて優秀な人材がそこに集まってくること)には重要なんですよね。

そんなわけで、私はついついマーケッターの視点で、主役であるジャッキー・ロビンソンよりもむしろブランチ・リッキーに注目してしまいましたが(笑)、ブランチ・リッキーの芝居がまたいい。だってブランチ・リッキー役、ハリソン・フォードですよ?つい 5 年前にはまだまだインディ・ジョーンズ役でやれるところを(ちょっと苦しいけど)見せていたハリソンが、不敵でドライなビジネスマン、だけど本心には誰よりも野球を愛する心を持ち、そのためにジャッキー・ロビンソンを導いていく、という重厚な演技を見せてくれるとは。この演技がこの映画での最大の見どころだった、と言って良いかもしれません。

主役の話に戻すと、ジャッキー・ロビンソンがあらゆる差別に堪え、チームの内外に少しずつ味方を増やしていくプロセスにはジーンと感動するものがあります。が、脚本上は差別や迫害を受けるシーンの直後に必ず誰かが励ましたり助けたりしてくれるシーンがあるので、事前に思っていたほど辛そうに見えない。実際のジャッキー・ロビンソンはこの映画の比ではないほどに苦しんだのでしょうが、映画的には思ったよりあっさり乗り越えられてしまったように見えたのが、物足りないと言えば物足りないでしょうか。

とはいえ、全体を通してみれば、長いけど「観て良かった」と思える、いい映画でした。やっぱり私は、お金だけかかってどかーん、ばかーんとやる映画よりも、こういう映画の方が好きなのだと思います。

投稿者 B : 23:42 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/09/21 (Sat.)

カッコーの巣の上で [Blu-ray]

カッコーの巣の上で [Blu-ray]

B003W9Y4B2

ひさしぶりに古い洋画の話。DVD でも持っていた作品を、BD にメディアチェンジしました。

私の中では『ショーシャンクの空に』と並ぶ、監獄モノの名作中の名作。刑務所から逃れるために精神病を偽って精神科病院に入院したマクマーフィー(ジャック・ニコルソン)が、院内での破天荒な振る舞いによって周囲の患者たちに影響を与え、やがて患者たちを完全に統制しようとする看護婦長との確執に繋がっていき...という話。外部から隔離された空間での、一般社会では特異と言える人々との交流、管理者への反抗、そして脱走、という構造は『ショーシャンクの空に』と通ずるところがあります。でも、私が生まれる前というくらいに古い映画だけあって、説明しすぎておらず、余白が広いぶん、『ショーシャンク』以上に心に引っかかるものがある映画でもあります。

この映画はジャック・ニコルソンだけでなく、脇を固める俳優陣の芝居がいい。昔すぎて知らない俳優のほうが多いですが、映画ファン的には若き日のクリストファー・ロイド(『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのドク役)が出ているのは見逃せません。

絶望的な状況の中でも、希望を捨てないことの重要さ。気持ちが前を向いているときでないとなかなかプレイヤーにディスクを入れる気合いが出ない作品ではありますが、たまに無性に観返したくなる作品でもあります。

投稿者 B : 00:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (1) | トラックバック

2013/08/06 (Tue.)

終戦のエンペラー @新宿ピカデリー

みんなが『風立ちぬ』を観に行っているのを尻目に、私はもう一本の観たかった映画を観てきました。

終戦のエンペラー

終戦のエンペラー

太平洋戦争の終結後、GHQ の統治下で「天皇の戦争責任を問うか否か」を判断するための証拠集めに奔走した米軍将校と、それに関わった人々の話。個人的には、映画の内容そのものもさることながら、キャストの顔ぶれを見て「観たい」と思っていた映画です。西田敏行、夏八木勲、伊武雅刀、中村雅俊、桃井かおり、極めつけはマッカーサー役にトミー・リー・ジョーンズですからね...。
しかしある程度予想はしていましたが、私が普段観ている映画に比べて他のお客さんの年齢層が明らかに高い(^^;;。

ストーリー自体は、日本人ならば誰もがその結果を知っているお話。ただ、私も含め、戦後生まれの日本人ならば、その経緯は詳しくは知らないのではないでしょうか。まあ、この映画も史実に基づいたフィクションなので、必ずしも全てが終戦にまつわる真実、というわけではありませんが。
戦争を題材にしたアメリカ映画は往々にしてアメリカのプロパガンダ的要素を含んでいるので、この映画もそうではないかとやや不安には思っていました。が、その期待はいい意味で裏切られ、この手のアメリカ映画にしては日米どちらかの視点に偏らず、フラットな描かれ方をしていました。まあ、戦後の日本の歴史観は占領下で作られた部分はあると思うので、この映画の内容が現代の日本人の歴史観にとって違和感がないことは当然かもしれませんが、日本を「理解できない相手」ではなく「理解できるかもしれない相手」とする描き方は、戦争/終戦映画の表現としては、ひとつの到達点に至っていると感じます。

開戦から終戦に至る流れを見て、この国を動かすのはやはり君主ではなく「空気」なのだなあ、ということは、現代人である私にとっても妙に納得のいくところ。その微妙な「空気感」が、脚本や演出の良さなのか、日本を代表する名優たちの演技の成果なのか、絶妙に表現されていました。昭和天皇が最後の最後まで登場しないことも、そういう日本の奥ゆかしさだったり「空気」が作る社会構造だったり、というのを実にうまく表しています。だからこそ、ラストのマッカーサーの態度や昭和天皇の台詞が、重い。こういう映画をアメリカが作り得るのだ、ということに(原作は日本のノンフィクションであり、製作にも日本人スタッフが多数関わっているものの)驚かされました。
映画で追加されたエピソードである、ボナー・フェラーズ准将(マシュー・フォックス)と島田あや(初音映莉子)の恋愛関係、というフィクションは、やや蛇足的というか...結果的に物語には大きな影響を与えずに終わってしまったのが残念ではありましたが、戦時下の恋物語としては、ああいう結末こそが戦争の無情さを表しているのかもしれません。

心に残る演技や名台詞が多い映画でしたが、トミー・リー・ジョーンズの存在感はやはり圧巻。『リンカーン』でのスティーヴンス役もそうでしたが、彼が演じると教科書でしか知らないような歴史上の人物も、実に人間くさくなる。まあ、それは「トミー・リー・ジョーンズ的な人間くささ」ではありますが(笑。

いい映画でした。日本人なら観て損はしないのではないでしょうか。

投稿者 B : 00:27 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/06/27 (Thu.)

レ・ミゼラブル ブルーレイ・コレクターズ BOX

レ・ミゼラブル ブルーレイ・コレクターズ BOX

B00C9Z469U

『レ・ミゼラブル』の BD が発売。劇場公開時に二度観に行った私ですから、当然満を持して買いました。BD の発売が待ちきれなかったのでサントラも購入したところ、その翌月に二枚組化して収録曲を増やした「デラックス・エディション」が発売されるというあくどい商売(´д`)。BD/DVD はたくさんのエディションがあってどれを買うか迷ったんですが、この「デラックス・エディション」相当のサントラ CD が同梱されている「ブルーレイ・コレクターズ BOX」にしました。

BD 発売にあたり、この作品はできる限りいい視聴環境で堪能したい!と思い、子どもが生まれて以来お蔵入りしていたサラウンドスピーカ(最近はフロント 3.1ch しか使っていなかった)を引っ張り出してきて設置しました。まあ、子どもにスピーカを落とされてしまう危険性がすごく高いので当面サラウンドスピーカは常設できませんが、数年ぶりに自宅でバーチャルじゃない 5.1ch サラウンドを堪能するいいきっかけになりました。やっぱり、この作品はクライマックスのコーラスの音圧に包み込まれてこその作品なので、2ch ステレオやバーチャルサラウンドヘッドホンでは物足りないんですよね。

歌劇の名作の中の名作がもとになった映画ですし、キャストもキャストなので良くないわけがないんですが、これは物語を完全に覚えていても、何度観ても強烈な感動に包まれますね。2 時間半を超える大作なので、通しで観る時間を取るのはなかなか大変ですが、パッケージメディアとして手元にあることで、好きなシーンだけを断片的に観たり繰り返し観たりできる、というのは、こういうミュージカル作品との相性がとても良いと思います。合唱の迫力につられて自分も歌い出したくなるほどで、これはちょっと楽譜まで欲しくなってきますね...。

投稿者 B : 00:36 | Foreign Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック

2013/05/11 (Sat.)

ショーシャンクの空に [Blu-ray]

ショーシャンクの空に [Blu-ray]

B003GQSYHQ

DVD から BD に買い換えたシリーズ。今さら説明するまでもない名作ですが、これは BD で持っておく価値はあるでしょう。

無実の罪で終身刑となった主人公アンディ(ティム・ロビンス)の塀の中での生活と、脱獄までを描いた物語。監獄での生活に絶望し、いつの間にかそれに馴染んでしまう受刑者たちの中で、常に希望を持ち続けたアンディの姿と、他の受刑者たち...中でも親友と言える仲になったレッド(モーガン・フリーマン)との交流が心に残ります。
アンディの、絶望の中でも決して折れず、したたかに生き、執念ともいえる周到な計画によって脱獄と復讐を成し遂げた瞬間に強烈なカタルシスが訪れるわけですが、個人的には、そのときの爽快感以上に、「刑務所の屋根の上で看守のおごりでビールを飲むシーン」のような、常に緊張で満たされた映像の中にふっと弛緩できる場面が紛れ込むところに、この映画の何とも言えない良さを感じます。

派手なアクションも VFX もありませんが、最近の私の好みとしてはこういう作品こそ「映画」。完全に脚本と役者の芝居で創り上げられた作品です。
アンディ役のティム・ロビンスは、こういう「コミュニティからちょっと浮いたキャラクター」をやらせたら右に出る者はいませんね。『ミスティック・リバー』のデイヴ・ボイル役とは対称的ながら、染まらない人物像、という部分では共通点が見いだせます。
そしてやっぱりこの映画はモーガン・フリーマンあってこそですね。この映画ではモーガン・フリーマンはあくまで語り部的なポジションにすぎませんが、この映画を思い出すときにまず浮かんでくるのがモーガン・フリーマンというくらい、核になるキャラであり、配役だと思います。個人的には、モーガン・フリーマンが出ている映画に今のところハズレなし。そのくらい、画面を引き締めてくれる役者ですね。

BD として見たときには、さすがに 20 年近く前の作品であることを差し引いても、リマスタリングやエンコードがイマイチなのか...ちょっとディテールが失われてしまった残念な画質だと感じました。もちろん DVD よりは明らかに解像度が高いのですが、1980 年代の映画でももっと高画質な BD はたくさんあることを考えると、これだけの名作なのにいかにももったいない。まあ、BD 化されたのが BD パッケージビジネスとしては比較的初期の頃だったので、リマスタリングのノウハウが今ほどなかった、ということかもしれませんが。とにかくそこだけが残念なので、再リマスター版とか発売されませんかね...。

ともあれ、観終わった後に「いやぁ、映画って本当にいいものですね」と懐かしい台詞のひとつも言いたくなるのは、この映画以上にはなかなかないんじゃないでしょうか。何度観ても心にじーんと来る名作だと思います。

投稿者 B : 22:55 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/05/07 (Tue.)

リンカーン @TOHO シネマズ 六本木ヒルズ

ここのところアカデミー賞受賞作品の鑑賞が続いてますが、こちらは最新のアカデミー賞受賞作品。そして、スピルバーグの最新監督作品。とはいっても、意識して観たわけじゃなくて、まるで本人にそっくりなキービジュアルに興味を引かれて、観てみたくなりました。

リンカーン

リンカーン

リンカーンと言えば奴隷解放と南北戦争。「人民の人民による人民のための政治」という演説はあまりにも有名ですが、この映画はリンカーンの人生の中でも最後の 2 ヶ月に絞って書かれています。私はリンカーンも南北戦争も世界史の教科書に書かれている程度の表面的な知識しか持ち合わせていないので、どこまでついていけるかな...?と若干不安になりながらも鑑賞しました。

こういう誰もが結末を知っている話を映像化する場合は、「どうなったか」よりも「どのようにそうなったか」あるいは「どういう想いでそうしたのか」がどう表現されているかが重要。リンカーンは人種平等を叫び奴隷解放を推進した聖人だったのか?と言われれば、それはどうも必ずしもそうとは言えないようです。南北戦争の原因はどちらかというと、産業の近代化を進めるにあたって労働力の流動性強化が必要になった北部と、綿花栽培などの労働集約的産業中心で「安い労働力」として奴隷が必要な南部、それぞれの経済の都合によるところが大きかった(もちろん、心情的なものも多分にあるでしょうが)ようですね。とはいえ、そういった側面は映画の中ではあまり多く語られることはなく、鑑賞後に改めて調べたわけですが。
ただ、リンカーンの意志と、それを実現するまでの苦悩や苦労について強く印象に残る描かれ方になっていて、そこはとても良かった。それはひとえに、リンカーンを演じるダニエル・デイ=ルイスと、党内のタカ派のリーダー、サディアス・スティーヴンスを演じるトミー・リー・ジョーンズの芝居が良かったことに尽きるでしょう。ともに、実現したい信念と、それを何としても実現したいという意志が強く感じられる芝居でした。

この作品は、リンカーンと南北戦争について描かれた映画でありながら、重要なのはそれらがどういう顛末を辿ったか、ではなく、「真に実現したいことを実現するためにはどうしたらいいか」を描いた映画だと思います。何かを実現するには強い信念が必要だけど、正論だけでは周囲の協力は得られず、却って実現から遠のいてしまうことだって少なくない。そうではなくて、絶対に譲れないものは何か、そのために譲歩できるのは何かの優先順位をつけて、譲歩できる部分で味方を増やしていくことで初めてその実現に近づくことができるのが人間社会なのだ、ということ。言葉を換えれば「何かを実現したかったら、清濁併せ飲める強さを持て」ということを表現したかったのでしょう。そのことについて、これまでの人生においていろいろと身につまされるところのある私には、とても心に深く刺さる映画でした。

また法廷劇好きな私としても、下院での議員たちの言葉の応酬や駆け引きの表現がとても心地よく、楽しめる内容でもありました。奴隷解放のための憲法改正に至る経緯については、おそらくそれなりの脚色が加えられてドラマチックに仕立てられているのだろうなとは思いますが、自分が議事堂の中央にいるかのようなサラウンドの演出も相まって、背筋がゾクゾクするものを感じました。音響という点では、リンカーン大統領本人が使用していた懐中時計の音を使用したシーンなどもあり、映像が比較的おとなしめだったのに対して効果的な音響がとても印象的だった、ということも付け加えておきます。

日本でも、政権交代の後に憲法改正であったり消費税増税であったり、政治的な「決めごと」が今後続きそうな状況です。日本での政治というとどうしても政局報道先行で政策の本質に関する議論がなかなか伝わってこないのが実情ですが、与野党それぞれが実現しようとしていることは何で、何を譲歩することで実現に近づこうとしているのか...といった観点で見てみようと思います。そして、自分の人生においても、今まで以上にそういう意識を持つことで、信念がより研ぎ澄まされる...ということもあるのではないでしょうか。

そういえば、スピルバーグの社会派作品は今までなんだか食わず嫌いで、ほとんどまともに観ていなかったなあ。この映画はとても良かったので、他の作品も改めて観てみようかな。

投稿者 B : 22:22 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/05/01 (Wed.)

ロード・オブ・ザ・リング エクステンデッド・エディション トリロジー BOX [Blu-ray]

ホビット』の BD を観たら、改めて LOTR の三部作を観たくなって...結局 BD-BOX を買ってしまいました(ぉ

ロード・オブ・ザ・リング エクステンデッド・エディション トリロジー BOX [Blu-ray]

B005HMQSGG

LOTR のパッケージメディアは、DVD の通常版(コレクターズ・エディション)とその後に出たスペシャル・エクステンデッド・エディションも買ったので、パッケージとして買ったのはこれで 3 回目(ちなみに通常版は去年引っ越したときにさすがに手放しました)。BD-BOX は 2010 年に一度出たんですがこれが通常版の BOX(トリロジー BOX セット)。その後、2011 年末にエクステンデッド・エディション(DVD のスペシャル・エクステンデッド・エディション)の BD-BOX が出ていましたが、けっこういい値段するのでなかなか手を出せずにいました。それが今回、『ホビット』がきっかけになって、観念して購入。

ロード・オブ・ザ・リング エクステンデッド・エディション トリロジー BOX

届いた BD-BOX。金ピカのボックスに入っていて、けっこう高級感あります。厚みもあるし、何より「力の指輪」がどどんとデザインされた装丁がカッコイイ。

ロード・オブ・ザ・リング エクステンデッド・エディション トリロジー BOX

中には、かなり厚みのある BD 用プラスチックケースが 3 箱入っていました。いずれバラ売りすることも装丁したパッケージングなのかもしれませんが、そこはプラケースじゃなくてデジパックにしてほしかったところです。高いんだし...。

ロード・オブ・ザ・リング エクステンデッド・エディション トリロジー BOX

BD ケースの中身。説明書(物語の世界観とかではなくて、単純にディスクの仕様やナビゲーションマップが書かれている)と本編ディスク 2 枚、特典ディスク 3 枚という、一部につき 5 枚構成になっています。本編を 2 枚に分けるというのは DVD 版のスペシャル・エクステンデッド・エディションと同じですが、2D の BD で本編 2 枚って...。まあ長いし、英語と日本語の音声を DTS-HD Master Audio で収録、さらにオーディオコメンタリーも入っていたらそうなるということでしょう。
しかも特典映像は BD ではなく DVD。さすがに 10 年前の映画なので、特典映像の HD マスターまで残っていないということなのかもしれませんが、ここはちょっと残念。DVD の SEE 版の特典ディスクとも大半がかぶっているんだろうし。

ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・エクステンデッド・エディション

ちなみに DVD の SEE 版のパッケージはこんな感じでした。当時はボックスセットではなくそれぞれ単品だった、ということもありますが、まるで上製本のような装丁だけでも所有感がありました。デジパックの仕様も凝ってたし...。この作品に限ったことではありませんが、旧作の BD 化にあたってはいかな大作といえど DVD に比べて見劣りするパッケージになってしまうことがほとんど、というのは、映画ファンとしては悲しい。もっと愛を注いでほしいなあ。

ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・エクステンデッド・エディション

ともあれ、画質を比較してみましょう。こちらは DVD(SEE 版)。これでも当時としては高ビットレートで収録された DVD で(通常版よりも高ビットレートだった)、高画質に感激したものでしたが、今の HDTV で観るとさすがに DVD フォーマットの限界が見えてしまっています。輪郭は甘いし、字幕はガタガタ。上の写真のシーンはアップだから比較的マシなほうですが、戦闘シーンなど、引きのカットではさすがに見るに堪えません。

ロード・オブ・ザ・リング エクステンデッド・エディション トリロジー BOX

対して BD。サムネイルサイズの画像では違いが分かりにくいかもしれませんが(クリックで拡大表示できます)、輪郭がくっきりとしたのに加えて、画面全体のコントラストが大幅に向上して、キリッとした画になっているのが分かると思います。とはいえさすがに 10 年前の作品なので、『ホビット』を観た直後だと「あれ?BD といってもこの程度の画質なんだっけ?」と思ったものでしたが、DVD と比較すると差は一目瞭然。暗いシーンや動きの激しいシーンが多い本作では、やっぱり情報量は多ければ多いほど良いわけで。

とりあえず『旅の仲間』だけ観てみましたが、敵といってもせいぜいオークが魔狼(ワーグ)に乗って追っかけてくるだけの『ホビット』に比べると、いつどこから何が出てくるか分からない『LOTR』のほうがスリリングだし、展開も速くて引き込まれますね。『ホビット』を観た後だと、「ああ、『ホビット』のあのシーンがここにつながるわけか」ということに改めて納得できて、より楽しめます。
本編だけでも三部すべて観ると合計 12 時間コースの長丁場ですが(;´Д`)、GW 後半戦のおたのしみ、ということで、満喫したいと思います。

投稿者 B : 21:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/04/29 (Mon.)

ホビット 思いがけない冒険 [Blu-ray]

ホビット 思いがけない冒険 3D&2D [Blu-ray]

B00BFNXO7M

昨年末に劇場公開されたばかりの本作がサクッと BD 化されてしまったので、サクッと確保。

「3D&2D BD セット」「BD&DVD セット」「DVD 単品」という悩ましいパッケージラインアップでしたが、(どうせ DVD メディアであっても観ないだろうし)将来的に 3D 視聴環境を揃えたときのことを考慮して 3D&2D BD セットを購入。3D にすると収録する情報量が増えるせいか、本編だけで 3D 版が 2 枚組、加えて 2D 版の本編ディスクと特典ディスク、という 4 枚構成になっていました。

劇場では 3D で鑑賞しましたが、物語序盤はかなり 3D 化を意識したカメラワークだったものの、全体としては特に 3D で観なくてもいいんじゃね?とは思っていました。が、改めて自宅の 2D 環境で視聴すると、特に暗くて画面内の情報量が増える戦闘シーンなんかでは 3D で奥行き方向の視覚情報として「何がどこにあるか」が見えるので、2D よりも状況が把握しやすい、というのは比べてみて初めて解りました。2D だと「なんかわちゃっとした画」にしか見えないシーンもいくつかあって、ああ、これは確かに 3D で観る価値はあるわ。

ストーリーに関しては、ホビットとたくさんのドワーフたちが登場するということで LOTR の本編に比べると全体的にコミカル。ではあるんですが、ほぼ全員ドワーフだとさすがにキャラのバリエーションが狭いのと、最初の「旅に出るまでのいきさつ」がちょっと冗長かなあ、という気はします。このあたりのスピード感と凝縮感は LOTR のほうが上かも。とはいっても、『ホビット』が LOTR のスピンアウトというわけではなくて、原作の出版時期では『ホビットの冒険』が先にあって、その続編として『指輪物語』が作られたんですよね。

映画のほうは、第二部『スマウグの荒らし場』が今年末、第三部『ゆきて帰りし物語』が来年末、ということで順調に公開されていくようなので、そちらも楽しみです。でも、改めて LOTR 三部作のほうも観なおしたくなりました...ということで、続きます(ぉ

投稿者 B : 23:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/04/15 (Mon.)

アルゴ [Blu-ray]

アルゴ [Blu-ray]

B009YA8EVE

アカデミー賞受賞作品。『グッド・ウィル・ハンティング』からの流れで、ベン・アフレック監督兼主演のこの映画が BD 化されたのを思い出して鑑賞しました。

1979 年のイランアメリカ大使館人質事件を題材にしたドキュメンタリー映画。イラン国内で人質となる難を逃れカナダ大使館に保護された 6 人の救出のために『アルゴ』という架空の映画を製作発表し、CIA が実行した救出作戦の話です。私の年齢的には中東情勢の最初の記憶はイラン・イラク戦争なので、この事件は物心つく前の出来事なのですが、こんなことがあったんですね...。「架空の映画をでっち上げて救出作戦を実行する」とか、並の映画よりも映画っぽいというか、荒唐無稽すぎる。だからこそ、実際の映画の題材になり得るという話なんでしょうが。

CIA の人質救出作戦を題材にしたハリウッド映画というと、いかにも派手なスパイ映画を想像しがちですが、この映画はそんなこともなく。爆発はおろか銃による発砲もほとんどありません。作戦は比較的淡々と進んでいきますが、荒唐無稽な作戦を上司に納得させるくだりや映画関係者を巻き込んでいくくだりは、なかなか皮肉が効いていて面白かったです。特に映画人たちの非常識な振る舞いに関する描写がなかったら、2 時間の本編の中で緊張の連続で、見終わった後にもっとどっと疲れていたことでしょう。
肝心の救出作戦についても、ハリウッドでこういう精神系のハラハラ感が作れるのか!と目から鱗が落ちる勢い(笑。映像的な派手さはあまりありませんが、なかなか手に汗握る展開でした。まあちょっと脚色過多なきらいはあるし、クライマックスにムリヤリ画面を派手にしようとする演出があってそれはどうなの、と思いはしましたが、全体的にはなかなか面白かった。最近、ハリウッド映画を食わず嫌いしすぎていたかもしれないな、とちょっと反省しました。
まあ、こういう題材の映画はどうしてもアメリカのプロパガンダっぽく見えてしまうのは宿命だし、そもそもこの事件だって原因を作ったのはアメリカの独善だよね?というツッコミはあるのですが...。

それにしてもベン・アフレック、なかなか良いなあ。ここのところイーストウッド漬けでしたが、ちょっとベン・アフレックの他の監督作品も観てみたくなりました。

投稿者 B : 23:40 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/04/06 (Sat.)

ヒューゴの不思議な発明 [Blu-ray]

ヒューゴの不思議な発明 [Blu-ray]

B00AXVNI0U

スター・チャンネルの宣伝番組でたまたま見かけて映像の美しさに魅了され、観てみようと思った映画です。

父の形見である機械人形を修理することを生きがいとする、パリのある駅の時計台にひっそりと暮らす少年ヒューゴが、ある老人と少女に出会って...というお話。少年少女が主人公で、どことなく『ハリー・ポッター』シリーズを彷彿とさせる画で、時計台の歯車の動きの描写が圧巻で、映像を見ているだけでワクワクさせられるものがありました。

(メカオタ的に)思わずドキッとしてしまうデザインの機械人形と、謎のハート型の鍵穴。父が残した、修復のヒントが描き込まれた手帳。ハート型の鍵を持つ少女と、老人の過去に秘められた謎...これはどんな冒険が待っているんだろう?と思ったところで、舞台としてはそれ以上の広がりは特になく。駅だからエキストラ(駄洒落じゃないよ)はたくさんいるけど、主要な登場人物は 5 人程度、と広がりもなく終わってしまって、ちょっと肩透かしでした。
話としては「映画史に捧げる映画」とでも言えば良いのでしょうか?制作陣の映画に対する愛が伝わってきて、それはそれで良いと思いましたが、観る前に期待していたものとはちょっと違ったので、やや残念。『ハリー・ポッター』のつもりで観たら『ニュー・シネマ・パラダイス』だったとでも言えば良いのか...どちらも好きなんだけど、カレーを食べようと思ったら天ぷらそばが出てきた、的なもにょり感は何とも。何となく伏線っぽいネタがちりばめられているのに実際は特に伏線でもなく、という部分も多かったので、余計に肩透かしを食らったのだと思います。

でも、やっぱり駅の時計台の映像的なギミックはメカ好きならたまらないと思います。我が家には 2D の視聴環境しかありませんが、これは 3D ならもっと楽しかっただろうなー。

投稿者 B : 22:43 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/03/30 (Sat.)

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち [Blu-ray]

私の映画の趣味の一部分は、DVD の全盛期に受けたむっちーさんの影響が強く残っています(笑)。この映画もそのひとつで、DVD から BD へのメディアチェンジをして時折見返す価値があると思った作品。

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち [Blu-ray]

B006OQ0IFQ

MIT で清掃の仕事をするウィル(マット・デイモン)は、仲間とつるんではよくケンカや窃盗などの問題を起こす孤児。しかし実は数学をはじめとした学問に天才的な能力を秘めていたことを MIT のランボー教授に見出される。しかし彼は幼少期に受けた虐待が原因で自分の殻に閉じ籠もっており、いち学者として彼の才能をなんとしても開花させたいランボー教授はかつての同僚、心理学者でセラピストのショーン・マグワイア(ロビン・ウィリアムズ)のもとにウィルを連れて行く。はじめのうちは心を閉ざし、ショーンを傷つけるような態度ばかりを取ったウィルも、ショーンが自分と同じような心の傷を負っていることを知り――。

私が好きな「生まれも育ちも全く違う二人が出会うことで始まる物語」の原点のような作品です。最初はロビン・ウィリアムズが出ているから観たようなものでしたが、見終わった後に深く心に残るものがある映画だと思います。それぞれのトラウマに悶えるマット・デイモンとロビン・ウィリアムズの芝居や二人の心の交流に、初見のときには心を打たれましたが、今改めて見返すと、むしろウィルの親友チャッキー(ベン・アフレック)の芝居が最高に良い。途中まではその日暮らしの単なる悪友にしか見えないのに、終盤で「お前は俺たちとは違って『当たりくじ』を持っている人間だ。それを換金しないなんてことは俺が許さない。ある朝俺がお前を迎えに行ったら、何も言わずにお前が旅立って、いなくなっていてくれたらいいと思ってる」という台詞と、ラストシーンの満足げな、それでいてどこか少し寂しそうなあの表情が、マット・デイモンとロビン・ウィリアムズの芝居を喰ってしまうくらいに良い。初見当時この映画よりも先に『アルマゲドン』『トータル・フィアーズ』あたりを観て、よくいるハリウッドのイケメン俳優だと思っていましたが、この映画を観てその印象を訂正することになりました。

出会いと別れが交錯する、この季節になると決まって見返したくなる映画です。

投稿者 B : 23:07 | Foreign Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック

2013/02/20 (Wed.)

『ヱヴァ Q』『ホビット』が早くも Blu-ray 化へ

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」BD/DVDを4月24日に発売 -AV Watch
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO. [Blu-ray]

B00BHO0FK8

なんと!『Q』の BD が早くもリリースとは。例によって 1 年くらい待たされるものだとばかり思っていましたが、半年も経たずに出てくるとは。

『Q』は最終的に劇場には 3 回足を運びましたが、まだまだ消化不良な部分がたくさんあって、改めて好きなときにじっくり観たいと思っていただけに、早期の BD リリースは大歓迎です。初見ではどういう話なのかよく解らずにお口があんぐりしてしまいましたが、2 度目、3 度目と観るうちに深まっていって、すっかりハマってしまったという。『破』までの展開が、旧作の流れを踏襲しながら明快なストーリー展開で見せてくれていただけに、最後までこの流れで秀逸なエンタテインメント作品として結んでくれるんだろう、という予測を見事に打ち砕いてくれたのが『Q』。震災後の社会の変化を受けて、という側面も少なからずあるのでしょうが、真っ当な期待を裏切ってこその庵野秀明ということなのでしょう。BD 版では特典映像で『破』からのミッシングリンクを繋いでほしいところですが、そういうことをしないのが庵野秀明という監督です(笑。

なんにせよ、早く BD が欲しいなあ。ずっと先だと思っていたものが、ほんの 2 ヶ月後に出てくると判った途端、逆に待ちきれなくなってしまうのが人の性でしょうか(^^;;。

「ホビット 思いがけない冒険」が4月17日にBD化 -AV Watch
ホビット 思いがけない冒険 3D&2D [Blu-ray]

B00BFNXO7M

こっちももう BD 化!ヱヴァよりもさらに短くて、劇場公開されてから 4 ヶ月ですよ...。最近はパッケージ収入での投資回収までを前提として映画やアニメが製作されているという話はよく聞きますが、このクラスの大作でも興行収入だけでは成り立たないということなんですかね。映画ファンとしては早期のパッケージ化は嬉しいところではありますが、あまりにスパンが短すぎると劇場に足を運ぶ意義自体が薄れてしまうとも思うので、悩ましいところではあります。

これも BD を買うつもりではいますが、迷うのがどのパッケージで買うか。3D&2D BD セット、BD&DVD セット、DVD 単品という形態での販売になります。BD&DVD を買ってもどうせ DVD を観ることはないし、今後 3D 環境を手に入れたときのことを考えて 3D&2D BD を買っておくべきか...。2D BD 単品で十分な気はするんですけどね。それから、このシリーズの常として「後からスペシャル・エクステンデッド・エディションが出る」という可能性も否定できないので、すぐに買うといずれ後悔するハメになりそうな気もします(;´Д`)ヾ。

そういえば、LOTR のエクステンデッド・エディション トリロジー BOX も買おうと思いつつまだ買っていないし、『ホビット』と併せてゴールデンウィークのお楽しみにする、というのも悪くないかもしれません。UC6 といい、ここ 2~3 ヶ月欲しい映像パッケージ作品のリリースが続くので、お財布的にはなかなか厳しいモノがありますが(^^;;。

投稿者 B : 00:33 | Anime | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/01/25 (Fri.)

ミリオンダラー・ベイビー

ミリオンダラー・ベイビー

B000AC8OV0

ここののころのクリント・イーストウッドの流れで。これアカデミー賞受賞作品なのに日本ではまだ BD 化されていないんですよね...。

遅咲きの女子ボクサー・マギーと老年トレーナー・フランキーの二人三脚によるサクセス・ストーリー。未見の私でも概要くらいは知っていたくらい有名な作品ですが、さすがに結末までは知りませんでした。
ほぼ必ずといっていいほど、作品のテーマに「死」が関わっているのがイーストウッド作品(いち俳優としての出演作は違いますが)。でもこの映画はストーリー的にそういうのはなさそうだし、そこまで覚悟しなくても観れるかな...?と思いながら鑑賞しましたが、おおお...そういう結末でしたか...。

ちょうど、政治がらみで安楽死にまつわる発言が話題になったタイミングだけに、その是非について考えさせられた部分もありましたが、この映画に関して言えば本質はそこではく、近年のイーストウッド作品が常に扱っている「人は、死ぬ瞬間に『満足だった、幸せな人生だった』と胸を張れるか」というテーマを、他のどの作品よりも強く刻んでいる映画だと思います。そういう意味では、どうにもマギーに最近の自分の悩みを投影してしまって、複雑な思いで鑑賞していました。って、最近映画を観るとそういう見方ばかりしている気がしますが...。

それにしてもイーストウッド映画の鑑賞後の手触りには、独特のものがあります。感想をうまく言葉にできない、というのが最も的確な表現かもしれません(笑。そして、俳優としてのイーストウッドはやっぱりどの作品に出てもイーストウッドなんですねえ。まあ、本人の監督・プロデュース作品では自分のキャラや持ち味を自分自身がよく知っているからこそ、そういう作品を映画化している、というのはあるにせよ。ある種、イーストウッド自身がスター・システムになっている、という見方もできるのかもしれません。

いい映画でした。さあ、次はどれを観ますかね...。

投稿者 B : 01:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/01/16 (Wed.)

ミスティック・リバー [Blu-ray]

ミスティック・リバー [Blu-ray]

B003GQSXIQ

秋からの流れで鑑賞したクリント・イーストウッド作品。こちらは出演作ではなく監督作ですが、劇場公開当時から非常に評価の高い映画だったので(アカデミー賞を受賞していれば当然か)、観てみたいと思っていたのでした。

ある殺人事件をきっかけに 25 年ぶりに再会した幼なじみの 3 人。事件の犯人は誰なのか?そして、真相究明に絡んでくる 25 年前の別の事件...そんなストーリー。そして、とても重たいストーリーです。
救いのなさで言えば同監督の『許されざる者』に並ぶくらい、登場人物の誰も浮かばれない話じゃないでしょうか。人間が背負った罪と、逃れられない生き方、結末、世の中の無情。ここまで数作を鑑賞してきて、それらこそがイーストウッド監督作品の真骨頂なんだろうな、と思います。正直言って、エンドロールの後にスッキリした気持ちになれる作品ではありません。子を持つ親として「登場人物の子が殺人事件の被害者になる」という物語を観るのが精神的につらい、というのもありますが。

「もしあのとき●●●たのが自分でなかったら」というような、偶然と選択の積み重ね。それが人生。
かつて同じ場所にいて同じことをやっていた幼馴染みと 25 年ぶりに再会してみたら、今の自分とはあまりにも生きている世界が違いすぎて愕然とした、という経験は、ある程度の年齢を重ねた人であれば一度は経験したことがあるんじゃないでしょうか。それぞれの偶然や選択を悔やんでもしょうがないけど、その積み重ねが結果としてこのギャップを生み出したわけで、その違う偶然や選択の先を空想してみたくなるのも、また人間です。この映画は、そうではない現実、最終的に誰も幸せにしないことで...強い者はそのまま強く、弱い者はさらに弱く、という結末を描くことで、現実の冷酷さを淡々と描いています。

もともとこの作品は小説の映画化ということですが、回収しきらない伏線だったり説明不足だったり、かなり余白の多い作品だと感じました。でも、その余白があることで、何とも言えない複雑な後味を残しています。正直言って、あのとってつけたラストシーンはある意味残酷だと思うし、見終わった後になんだか気持ちが沈み込んでしまいました。逆に言えば、静かだけどそれだけ強い力を持った作品、ということでしょうね。

でも、繰り返し観たいかと言われればしばらくいいや(笑)。次は、もっと優しくて暖かい気持ちになれる映画が何か観たくなりました。

投稿者 B : 00:43 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/01/07 (Mon.)

マネーボール [Blu-ray]

マネーボール [Blu-ray]

B008MTEPIO

先日『人生の特等席』を観てから、冬休みの間にクリント・イーストウッドの他の作品も観よう、と思っていたんですが、松井秀喜引退のニュースを見たら、そういえばこの映画も観たいと思ってたんだった、というのを思い出して、BD で鑑賞。
ブラッド・ピットの主演映画は派手なばかりで内容が薄い(と思われる)作品が多く、意識的に避けていたんですが、これは観たいと思って『トロイ』以来の視聴となりました。

2001~2002 年頃のメジャーリーグ:オークランド・アスレチックスを題材にした同名のノンフィクション書籍に基づいた映画化で、2002 年のア・リーグ新記録となる 20 連勝達成は、普段 MLB を観戦しない私でもまだ記憶に新しいところです。これを成し遂げたチーム作りが、大物選手の獲得でも有名監督の起用でもなく、確率と統計に基づいたチーム作りと運営、というのがこの物語のキモ。データ中心のスカウトよりも経験と勘に基づいたスカウトを、というのが『人生の特等席』の物語の起点となっていましたが、この『マネーボール』とはまさに対極にある考え方と言えるでしょう。実際、本作に登場したアスレチックスのスカウトマン達は、『人生の特等席』に登場したスカウトマン達とそっくりだったと言っても過言ではありません。まあ、『人生の特等席』のほうはその理論の正しさは要点ではありませんでしたが、本作はノンフィクションだけに「そういう考え方で作られたチームがどうなったか」の結果まで見せているという点で、そもそもの話の作りが全然違うわけですが。

この映画、前半はけっこう淡々としているし、新しいチームができてもなかなか勝てないし...で正直半分ほどはつまらなかったのですが(ぉ)、1 時間を過ぎたあたりからだんだん面白くなってきました(笑。GM のビリー・ビーン(ブラッド・ピット)がチームに対するある決断をし、チームが機能し始めてからの変わりっぷりに引き込まれたというか。むしろ、その落差をつけるために前半はあえて抑えていたんじゃないかと思えるくらい、後半が面白かった。単なる理論ではなくて、もと選手としての情熱を呼び覚まされ、自らが積極的に選手たちに関わるようになっていくくだりがあってこそ、観る側としても感情移入できたのでしょうが。

観ていて感じたのは、この映画のテーマはプロ野球チームの運営をどうするか?という狭い世界の話ではなくて、経営やマーケティングに一般化できる話を描いているんだろうな、ということです。扱っているデータは野球における各選手のデータや確率論ですが、扱っているデータが違うだけ。経験と勘に基づく企業経営やマーケティングではなくて(もちろんそれがうまく機能する場合も少なくないけど)、理論とデータに基づいた科学的なマネジメントを行うことで、中長期的な勝率を高めていくことができる、ということです。それと、経営においては部下のモチベーション・マネジメントが目標達成のためのパフォーマンスを発揮させる上でいかに重要か、ということ。最近私自身が抱えているモヤモヤを晴らしてくれる話だったので、そういう意味でも共感が持てる作品でした。
個人的には、映画の話そのものよりもむしろ「では具体的にどういうロジックでチームが作られ、運営されているのか」ということのほうに興味を持ったので、これは原著のほうを一度読んでみても面白いかもしれません。私が野球チームを経営することはないでしょうが(笑)、勝率を高めるための考え方・組み立て方、というのは参考になりそうな気がします。

投稿者 B : 01:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック

2013/01/03 (Thu.)

レ・ミゼラブル @TOHO シネマズ日劇

レ・ミゼラブル

レ・ミゼラブル

ミュージカルの金字塔『レ・ミゼラブル』の映画化。ミュージカル映画好きな私としては、この冬休みに向けて数多く公開された映画の中でも、最も楽しみにしていたのがこの作品ではないでしょうか。この映画だけはいつものシネコンじゃなくて日劇で観たい、と思って、わざわざ有楽町まで足を延ばしました。

英国王のスピーチ』でアカデミー賞に輝いたトム・フーパーが監督を務め、メインキャスト陣も非常に豪華ということで前評判も高かったんですが、主人公ジャン・バルジャン役が『X-MEN(ウルヴァリン)』や『ヴァン・ヘルシング』など典型的なハリウッド映画のイメージが強いヒュー・ジャックマンなので、その点をちょっと不安に感じていました。が、まったく問題はないどころか鑑賞後の印象としてはもう他に適役はいないんじゃないかというほどのハマりっぷり。調べてみたら、ハリウッド進出以前からミュージカルを中心に舞台で活躍していた経歴を持っているようで、納得です。

『レ・ミゼラブル』というミュージカル自体、ユゴーの同名の大河小説(当初の邦題『あゝ無情』)をもとにした戯曲なので、物語としてはかなり端折られています。が、それでも 2 時間半を超える大作映画。でも、途中で飽きたり疲れたりすることなく最後まで映画に集中できました。それは映像や芝居もさることながら、音楽によるところが大きいでしょう。基本的に単なる台詞はなく、ほとんどの台詞が歌で表現されていますが、そのどれもが素晴らしく、一つ一つに聴き入ってしまいました。ミュージカルの経験豊富な俳優陣が唄うことで、単純な台詞回しよりも感情表現がダイナミックになり、心を打つ。ジャン・バルジャンが天に召されるフィナーレはまさに合唱の波に感情が圧し流されるようなイメージで、まさにこういうのを「カタルシス」というのだろうな...と思いました。今までに観てきた数多くの映画の中で、これだけ感情を揺さぶられた作品もないかもしれません。

これは Blu-ray が発売されたら間違いなく買います。でも、これだけの厚みのある音を出すことはホームシアターではそう簡単ではないので、上映期間中にもう一度劇場に足を運びたいくらい。近いうちにまた時間を取りたいところです。

投稿者 B : 10:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック

2012/12/27 (Thu.)

ホビット 思いがけない冒険 @新宿ピカデリー

ホビット 思いがけない冒険

ホビット 思いがけない冒険

ロード・オブ・ザ・リング』三部作から 10 年経って、指輪の仲間の旅よりも昔、ビルボ・バギンズが旅をしたときの物語が映画化。それも三部作と同じくピーター・ジャクソンが監督、ということで、楽しみにしていました。ただ、今回も 3 時間コースの長丁場ということで(汗)、ちゃんと時間を取って気合いを入れて鑑賞(笑。

私は原作を読んでいないので特にストーリーは知らなかったのですが、今回も三部作の序編ということで、キャラクター紹介的なところから始まります。新キャラも多く...特に旅をともにするドワーフの人数が多く、顔と名前が一致するまではなかなか旧三部作(作中の時間軸としては後ですが)ほどには入り込めない印象でしたが、旧作の登場人物が出てくるとぐっと親近感が湧きますね。そして、今回もやっぱりアラゴルン・レゴラス・ギムリ的な位置づけのキャラはいるんだなと(笑。

LOTR のときから、このシリーズは基本的に映像が暗く、いつどこからどんな敵が襲ってくるか分からないお化け屋敷的な映画なので、そういう意味ではかなりハラハラドキドキしながら鑑賞しました。3 時間という長丁場でしたが、長くて疲れはしたものの飽きるようなところはなかったですね。特に最後の 1 時間を切ったところで物語の核心に迫り始めるので、飽きている暇がなかったというか。あとはやっぱりニュージーランドロケの壮大な映像は今作も健在、どころか 3D 化でさらに臨場感が増していて、引き込まれました。

で、その 3D。今回も川崎の IMAX で観ようかな、と思っていたところ、本作は「HFR 3D」で上映されるというじゃないですか。

『ホビット 思いがけない冒険』最新の3D技術【HFR3D】上映決定!|映画館・シネコンの【ムービックス-MOVIX】

最近ではテレビ製品での 3D の話題もすっかり下火で、あまり 3D の技術動向をチェックしていなかったんですが、「HFR 3D」って初めて聞く単語。「ハイ・フレーム・レート 3D」の略で、通常なら秒間 24 コマで撮影/再生するところを倍の 48 コマで撮影/再生することで、より肉眼で見るのに近い映像を楽しめる、というものだとか。まあフレームレートを上げれば動きが滑らかになってリアリティが増すのは当然ですが、60p じゃなくて 48p なのが映画ならでは、といったところでしょうか。

劇場で配布された 3D メガネはこんなものでした。

ホビット 思いがけない冒険

フレームの前面に受光部があって、ボタン電池で駆動するフレームシーケンシャル方式用の 3D メガネ。側面を見ると...、

ホビット 思いがけない冒険

「XpanD」のロゴが。そう、『AVATAR』で初めて 3D 映画を視聴したときにうんざりして、もう二度と利用するか!と思っていた XpanD 方式の 3D メガネでした。これを受け取ったときに一瞬げぇ、と思いましたが、メガネをかけてみると以前のものに比べてずいぶん明るいし、変な色かぶりも少ないし、軽くなっているし、まるっきり印象が違う。まあ、同じフレームシーケンシャル方式を使う各社の 3DTV 用のメガネの現在のレベルを考えるとこれくらいは不思議ではないんですが、ちゃんと機材が更新されていることに驚きました。

実際の映像も、それほど暗くないし色味もおかしくなく、(同じ作品で見比べたわけではないので厳密ではありませんが)これなら RealD 系と遜色ないクオリティと快適さと言っていいんじゃない?という感想です。この映画自体が暗所のシーンが多く、本来なら明るいはずのところが暗くて不快に感じるというシーンがほぼなかったことに救われている可能性はありますが。
あえて不満を言うとすると、映画の作りとして(3D の効果でインパクトを狙っているのか)序盤に妙にカメラを振るシーンが多く、ちょっと疲れてしまったことでしょうか。中盤からは LOTR らしいカメラワークに戻って、サラウンドを絡めた巧妙な立体映像が楽しめましたが...。

もし他の XpanD 系の劇場もこの設備に入れ替えられているようなら、今後は XpanD をそれほど避けなくてもいいかな、と思います。まあ、当初 XpanD だった劇場の多くは既に RealD なり MasterImage 3D なりに入れ替え済みのようですが。
ちなみに、HFR 3D 自体に関する技術的な情報が少なく、劇場に行くまでは HFR 3D には専用の設備じゃないとダメなのかと思っていたのですが、どうやら IMAX でも HFR 3D 上映をやっているようで。まあ、確かにフレームレートを倍にするのが HFR 3D の要点ならば、プロジェクタが 48p にさえ対応していればいいわけで、XpanD でなくてはならないことはありませんね...。

ここは IMAX 3D あたりと比較鑑賞してみたいところではありますが、さすがに 3 時間の映画を見比べるモチベーションはないなあ(´д`)。この際、3 年ぶりにやってみませんか?>某氏(ぉ

投稿者 B : 18:30 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2012/12/24 (Mon.)

34 丁目の奇跡 [Blu-ray]

34 丁目の奇跡 [Blu-ray]

B005HGCQG8

毎年クリスマスに必ず観ている映画。もちろん DVD は持っていたんですが、BD 版が出ているというコメントをいただいたので、慌てて買ってきました(笑。

サンタクロースは実在するか?という問いに対して法廷で争う、というちょっと荒唐無稽な話ながら、じんわり温かい気持ちになれる感動作です。非現実的な事柄を大真面目に法廷に持ち込む、という意味では三谷映画『ステキな金縛り』が好きな人なら気に入るのではないでしょうか。私の法廷劇好きは、たぶんこの映画にルーツがあると思います。

DVD から BD へのメディアチェンジという意味では、DVD 版も当時の DVD としてはそれほど悪い画質ではなかったと思いますが、BD になったことで一段階スッキリ、シャッキリして見えます。サンタクロースことクリス・クリングルの髭や皺、やサンタ衣装の白い毛皮といった質感は DVD では見られなかったもの。音声も DVD より抜けが良くなったことがテレビのスピーカを通しても分かります。ただ、解像感に関しては同時代の映画でももっと高画質なものも少なくないので、細部のディテールを見ると物足りないし、人物の輪郭も BD にしては甘い印象があります。まあ、レーベル側も旧作の BD 化の全てに手間をかけていられないということなのでしょうが、もうちょっとやりようはあったのでは?というのが正直なところ。まあ、2 枚で ¥2,500 で買える旧作 BD に贅沢を言うべきところではないのですが。

「経済的にすごく良かった時代のアメリカ」を象徴するような舞台で、登場人物もどこかステレオタイプなキャラクターばかり。だからこそ子どもにも分かりやすく、果てしなく優しく愛にあふれる映画です。独身時代には字幕でしか観ていませんでしたが、子どもが生まれてから吹替版を観るようになって、本作の主役の一人である弁護士ブライアンの声が故・鈴置洋孝氏(ブライト・ノア役があまりにも有名)ということに気づき、そういう意味でも深く味わえる作品。

大作ではないのであまり知られていませんが、クリスマスにはぜひ観てほしい作品です。
メリークリスマス。

投稿者 B : 22:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (1) | トラックバック

2012/12/07 (Fri.)

007 スカイフォール

話題になっているこの映画を、私も観ました。

007 スカイフォール

私は 007 シリーズにはそれほど思い入れがない、どころか『カジノ・ロワイヤル』が初めてまともに観た 007 だったりします。前作『慰めの報酬』はスルーしたんですが、今回は前評判が高かったので、観てみることにしました。

冒頭。いきなりカーチェイスから始まるハイテンションなオープニング。と思ったら、バイクチェイス→列車の屋根の上での捕り物という、アクション映画の見せ場のフルコースのような展開で、観てるこちらがアドレナリン分泌しまくり。むしろクライマックスでやることなくなるんじゃないのと心配になったほど(笑)、派手なアクション続きで圧倒されてしまいました。
まだ封切りからあまり時間が経っていないのでストーリー的なネタバレは避けますが、さらにカジノあり、エレベーターアクションあり、地下鉄での追跡劇あり、もうアクション映画の要素で網羅してないものはないんじゃないかというくらい、見せ場がみっちり詰まっています。舞台もトルコ→ロンドン→上海→マカオ→ロンドン→スコットランドと移り変わり、映像面でも楽しませてくれます。上海の、まるで 007 で現代の『ブレードランナー』を撮ったかのようなきらびやかなネオン、マカオの豪奢なカジノ、重厚なロンドン、そして...。本作は 4K デジタルで上映している映画館も少なくないですが、この映像美は 4K でこそ本領を発揮すると思います。

オープニングからフルスロットルでアクションを見せる作りになっていたので、ラストはどうなるのかと思っていましたが...こう来ましたか。これは、確かに 007 シリーズ製作 50 周年記念作品に相応しい内容で、おそらく古くからのファンをも唸らせるような演出まで仕込まれています。最近、ハリウッド系の超大作には食傷気味で少し距離を置いていましたが、これは久しぶりに満足できる「これぞ、エンタテインメント」だったんじゃないでしょうか。この流れで『慰めの報酬』の BD でも借りてこようかなあ。

投稿者 B : 00:07 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2012/12/04 (Tue.)

人生の特等席 @渋谷 HUMAX シネマ

人生の特等席

人生の特等席

グラン・トリノ』で引退したんじゃなかったんかい!という名優クリント・イーストウッドの最新主演作品を、劇場まで観に行ってきました。

年齢的な問題でチームから引退を勧告され、本人も視力を失いつつあるメジャーリーグのかつての名スカウトマンが、長らく疎遠だった娘を連れて最後のスカウトの旅に出る...というお話。日本だと野球はなかなか映画の題材になりませんが、こういう作品が出てくるところに、アメリカという国では野球が文化として根付いているんだなあ、ということを実感します。

イーストウッドの監督作品、というと近年はとても重い内容の作品が続いていますが、今回は監督ではなく俳優としての出演ということで、ストーリーや演出はちょっと軽め。でも、『グラン・トリノ』でも見せたがんこじじいっぷりは今作でも健在で、すっかりこういうキャラクターが板についちゃったなあ、と思います。まあ、昔気質の映画人、という意味では、本人の素に近いところで演技している部分もあるのかもしれません。

物語の争点は、イーストウッド演じるガスの目と耳、経験と勘に頼った昔ながらのスカウト手法と、データ中心の現代的なスカウト手法のどちらが勝つのか?というところなのですが、実際にはそこはそれほど重要なわけではなく。妻を亡くし、男手一つで娘を育てようとしてできなかった父と、捨てられたと思った娘の、お互いに対する思いや葛藤、を中心に回ります。個人的にはイーストウッドの芝居を観に行ったつもりでしたが、むしろ娘のミッキー(エイミー・アダムス)の視点で映画に入り込んでしまっていました。自分のできることと実現したいこと、認めてもらいたいこと、年齢、置かれた境遇、両親から与えられた能力、親と自分のそれぞれの人生、面と向かうと言えなくなってしまうこととか...どうにも客観的に観ることができませんでした。

助演のエイミー・アダムス、ってディズニーの『魔法にかけられて』でヒロインのジゼルを演じていた人ですが、ジゼルとは全く違うキャラクターで、映画を観ている間は気づかなかったほど。童話の世界から出てきたお姫様、ではなく、父親とのコミュニケーションがうまくできなくて悩んでいる三十代のキャリアウーマンという役どころで、私から見るとまさに等身大の生々しさがあり、イーストウッドに引けを取らない名演だったと思います。
いっぽうで、かつてガスに見出された投手であり、現在は引退してライバルチームのスカウトマンをやっているジョニー役のジャスティン・ティンバーレイク。この人は相変わらずどうにも薄っぺらくて、脚本のせいもあるかもしれませんが、なぜガスの信頼を得て、ミッキーと恋に落ちるのかが芝居からは理解できませんでした(´д`)。

抑揚が少なくてしんみりする映画ですが、たまにはこういうのもいいものですね。クリント・イーストウッドには失礼かもしれませんが、最近イーストウッドを見ると昨年他界した母方の祖父(イーストウッドとは一歳違い)を思い出します(笑。冬休みにはイーストウッドの過去作も観てみようかな。

投稿者 B : 00:21 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2012/11/28 (Wed.)

スペース カウボーイ [Blu-ray]

スペース カウボーイ [Blu-ray]

B003GQSXKY

秋の夜長に。

月がきれいな季節になると、決まって観たくなる映画のひとつです。今年は特にヱヴァ Q からの連想(テレビ版エンディングの "Fly Me to the Moon" や冒頭の宇宙戦)やちょうどクリント・イーストウッド主演の新作映画が公開されるタイミングだったり、で、改めて観てみたいと思って。もともと DVD は持っていたんですが、BD で 10 年ぶりくらいに観ました。
久しぶりに観ると、以前観たときにはカッコイイ爺ちゃんに見えていたトミー・リー・ジョーンズに、この 10 年の間に缶コーヒー「BOSS」の宇宙人ジョーンズのイメージがつきすぎていて、シリアスなシーンでも何故か可笑しい、というのはちょっと困りものですね(笑。

ストーリーは、宇宙から迫ってくる地球の危機を救う、そして最後にはお涙頂戴な誰かの自己犠牲つき...という、1990 年代後半にたくさん作られたハリウッド系 SF 映画によくある話、といえばそれ以上でもそれ以下でもありません。ただ、使われている技術が古すぎて現代の技術者の手に負えず、かつての技術者たちが招集される、というあたりは、IT 業界にいる人であれば何かしら似た経験があるのではないでしょうか(笑。
SF 軸で見てしまうとまさにありきたりな話ではあるんですが、個人的にこの映画が好きなのは、SF の枠を外して見たときに「お爺ちゃんたちが、諦めきれなかったかつての夢を再び叶えに行く物語」であるところに心打たれるからだと思います。現実の生活がありながらも、捨てきれない熱い想いを胸に抱いている、みたいなのにグッときます。
そして、この手の映画にありがちな「みんなの努力と主役(または準主役級)の自己犠牲で地球は救われた!結果ハッピー!でラストにエアロスミスでも流しておけばみんな感動するんでしょ?」といういかにもハリウッドな作りではなくて、ラストシーンの美しい映像からフランク・シナトラの "Fly me to the moon" に繋いでしっとりと終わっていくのにとてもじんわりします。

映像に関しても、DVD では見えなかったディテール、特に宇宙空間のクリアさが実感できる画質になっているのが良かったです。ラストの真空だからはっきりと見える宇宙服と、そのバイザーに映る青い地球が美麗な画質で視聴できただけでも、DVD からメディアチェンジした甲斐はあったと思いました。

この冬は、またイーストウッド映画にどっぷり浸かってみるのもいいかなあ。

投稿者 B : 23:59 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2012/08/21 (Tue.)

ブルース・ブラザース [Blu-ray]

Blu-ray Disc というメディアが出たときに、ああこれは我が家のラックに収められた大量の DVD もメディアチェンジしていく必要があるのだな・・・と思ったものでしたが、BD 視聴環境を整えて数年経った今、改めてラックを整理してみると、意外なほど BD に買い換えたタイトルは少ないことに気がつきました。私の中の映画の金字塔たる 2001 年スター・ウォーズBTTF あたりは当然買い換えましたが、それ以外はそこまでのモチベーションに至らなかったのだなあ、と。まあ私が DVD を収集していた当時は映画の内容よりもホームシアターの映像や音響を楽しみたくて、新しい音声フォーマットやハイビットレート映像が収録された作品から買う、という感じだったので、映画そのものに思い入れがない DVD もたくさんあるからなんですが。

最近では BD も一時期の DVD のように、旧作の廉価盤がどんどん出てきていますが、そんな中でもこれは BD で持っておきたいと思って珍しくメディアチェンジした映画がこれ。

ブルース・ブラザース [Blu-ray]

B006QJT5DC

この映画、大好きなんですよね。ミュージカル系の映画が好きということもあるんですが、コメディ好き、R&B 好きなど私のツボの至るところを刺激してくれる作品です。ちょうどホームシアターにハマり始めた時期に DVD を買ったので、当時はもう毎晩のようにライヴシーンを観ていたなあ。

旧作の BD 化にはあまり工数をかけずにがっかりする画音質のものも珍しくない中、この BD は古い映画の割に画質・音質ともに満足できるクオリティで、これなら DVD からメディアチェンジする価値は十分あったな、と思えます。ただ、DVD とは収録エディションが異なる(DVD:ディレクターズカット版、BD:劇場公開版)ので、DVD で見覚えのあるシーンがところどころカットされていたのはちょっと残念。

とはいえ、それがこの映画の楽しさ自体を妨げるものではないので、テンション上げたくなったらこの BD のライヴシーンを観て盛り上がりたいと思います。♪Everybody needs somebody....

投稿者 B : 23:48 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2012/07/07 (Sat.)

アメイジング・スパイダーマン @TOHO シネマズ渋谷

観に行ってきました。

アメイジング・スパイダーマン

アメイジング・スパイダーマン

3D 上映だったので、まずは 3D の話を。

東宝系の初期の 3D 上映は XpanD 方式だったので、『AVATAR』を観てそのクオリティの低さに落胆して以来敬遠してきましたが、いつの間にか別方式を採用していたことを、今回初めて知りました。私以外にも、3D 上映だとまず東宝は外すという人は少なくないと思うので(笑)、その認識は改めた方がよさそうです。
東宝が最近導入している 3D 方式は映画館によって異なるようですが、大半の劇場では MasterImage 3D、一部の劇場で Sony Digital Cinema 3D、および期間限定で RealD という内訳になっていて、いずれも円偏光方式の設備に切り替えてきている模様。当初は 3D を一挙に多館展開するために設備投資の少ない XpanD を採用したのでしょうが、やはり画質面で失ったもの(客も含む)が大きかったのか、1 年ちょっと前に方針を転換したようです。

まあ画質ならばやはり IMAX 3D が最高なのでしょうが、今回は私の未見だった MasterImage 3D か Sony Digital Cinema 3D で観てみようと思い、東宝系に行ってみることにしました。で、せっかくなので元祖 3D 大王がまだレビューしていない Sony Digital Cinema 3D を採用している TOHO シネマズ渋谷(旧渋東シネタワー)に行ってきました。調べてみたところ、この Sony Digital Cinema 3D で使用されているプロジェクタは、4K 上映にも対応した SRC-R320 を使っているようですね。4K を 2 分割してフル HD の左右チャンネル用映像を投影する仕組みで、3D 方式そのものは RealD の派生形という位置づけのようです。

Sony Digital Cinema 3D

これが劇場で渡された 3D メガネ。ソニーロゴも RealD ロゴも入っていない無印メガネですが、仕組み自体は RealD と同じ。なので、RealD のメガネを持って行けばそのまま使える(そして、メガネ分の ¥100 だけ値引きされる)ようです。

3D の感想としては、原理を同じくする RealD とさすがにほぼ同じようなものだと感じました。『ファントム・メナス 3D』を RealD で観たときのように、IMAX 3D に比べると少し明るさが落ちて微妙に青みが強くなるものの、画質としてはまあ許容範囲。解像感もじゅうぶんで、没入できる画質だと感じました。実は本編の前に挟まれた『アベンジャーズ』予告編の 3D がキツすぎて、これは長時間見るに堪えない・・・と思ったのですが、本編が始まってしまえばごく自然なレベルの立体視になったので、一安心。映画の作りとしては、基本的に人間ドラマの部分は立体視をあまり多用せず(メガネをときどき外しながら観ていましたが、字幕以外 3D になっていなかったシーンも多かった)、アクションシーンで効果的に使うというメリハリの効いた使用法で、むしろそれが有効だったんじゃないかと思います。
アクションシーンについては、スパイダーマンがターザンのように飛び回るシーン、スパイダーウェブを発射するシーン、そして当然リザードとのバトルシーンではこれでもかというくらいに多用。私は高所恐怖症なので、スパイダーマンが飛び回るシーンは背筋が凍るんじゃないかとしんぱいしていましたが、立体視の見せ方がうまいのか、落下シーン以外はとても心地良い浮遊感をおぼえたほどで、むしろ楽しめました。

正直なところ、自宅のテレビはそうそう買い換えられるものでもないので、3D はハレの日(映画館)のお楽しみということにして、自宅は別に 2D でもいいよね・・・と思っていたんですが、これの 3D BD が観られるなら自宅に 3D 環境を導入したいかも、とちょっと真剣に考えてしまいました。テレビの買い換えは難しいので、せめて HMZ-T1 の入手性が改善したら、検討してみようかなあ・・・。

さて、映画そのものの感想はネタバレを避けるため軽めにしておきますが、主人公ピーター・パーカー/スパイダーマン役は今回からアンドリュー・ガーフィールドになりました(今回から、というより、前回の三部作と今回のシリーズはパラレルワールド的な位置づけ)。彼は最近だと『ソーシャル・ネットワーク』で Facebook の共同創始者エドゥアルド・サベリンを演じていましたね。その印象がまだ強いのか、正直ちょっと「ピーター・パーカー」として見るのは無理があるような・・・。個人的には、前回のトビー・マグワイアの垢抜けないとっちゃん坊やっぷりがハマりすぎていたので、こんなモテそうなピーター・パーカーはちょっと違う。まあ、映画自体別物ですし、今までのピーター・パーカーとは別物として見れば、これはこれでアリだとも思えるんですが、ちょっといろんなところがスマートすぎるんだよなあ。

また、映画全体を通してのつくりも、従来のアメコミをそのまんま実写化したかのようなサム・ライミ節とは全く違って、なんかすっかり洗練されちゃったというか(笑。同じ原作を土台にして、基本的なストーリーは似ていながらも、観終わった後の感覚はダークヒーローものの代名詞としてのスパイダーマンではなく、王道ヒーローもののそれに近くて、良い意味で裏切られました。確かにちょっと洗練されすぎていて、スパイダーマンとして見るとそれが鼻につく部分もあるんですが(笑)、いかにもアメリカ映画らしい伏線/回収とクライマックスの盛り上げや、スピード感と爽快感のあるカメラワークが効いています。あとは、スパイダーマンならば、ラストシーンは一件落着、だけどなんだか心が痛む・・・みたいなのがあっても良かったような気はします。
あと、原作のスタン・リーがあんなところでカメオ出演していたとは!(笑)。観に行こうという方は、ぜひスタン・リーがどこにどう出てくるか、刮目したほうがいいと思います。

賛否両論ありつつも、個人的には、もしかしたら旧三部作よりこっちのほうが好きかもしれません。ただ、あの日本版エンドロールはいただけないでしょう(´д`)・・・。基本的に私はエンドロールはいかに長くても最後まで席を立たず、暗い劇場内でキャストやスタッフの名前を眺めながら余韻に浸りたいのですが、あのエンドロールは完全にぶち壊してくれました。BD リリースの際にはエンドロールは選択式にさせてほしい(´д`)。

投稿者 B : 23:53 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2012/03/31 (Sat.)

ウォール街 [DVD]

ウォール街 [DVD]

B0047CPJI0

昨年末に『ウォール・ストリート』を観たら、オリジナル版のほうも観たくなったので、DVD で視聴。

若手証券マンが「カリスマ投資家」ゴードン・ゲッコーに弟子入りして成功し、でも最後にゲッコーに裏切られて全てを失い、そこに残ったものは・・・というのは両作品に共通するストーリーですが、時代背景が違うのでメッセージ性が微妙に違いますね。『ウォール街』は株式投資を軸に価値や経済の捉え方、そして生き方を鋭く描いた作品でしたが、続編の『ウォール・ストリート』のほうは、投資や企業経営の話よりも親子や恋人といった人間関係のほうに少しフォーカスが移っていて、本筋の部分が表面的になってしまった印象。
というか、本作のほうはゲッコーが使ってる携帯電話が巨大すぎて懐かしい(笑)さすが 25 年前の作品・・・。

この映画は完全にマイケル・ダグラス演じるゴードン・ゲッコーの存在感が圧倒的で、当時ゲッコーに憧れて証券マンを目指したり、クレリックシャツ+サスペンダースタイルに身を包む若者が増えたというのも理解ができる気がします。
また、主演のチャーリー・シーンがやや向こう見ずで虚栄心が強い、この時代の典型的なアメリカの若者を演じているのが見事にハマッていますが、それに比べて続編のほうではシャイア・ラブーフの存在感が薄っぺらなのも、いい対比かと(笑。

『ウォール街』といえば、いまだに語り草になっている、あまりにも有名なこの台詞。

言葉は悪いかもしれませんが、"欲" は善です。
"欲" は正しい。
"欲" は導く。
"欲" は物事を明確にし、道を開き、
発展の精神を磨き上げます。
"欲" には、いろいろあります。
生命欲、金銭欲、愛欲、知識欲。
人類進歩の推進力です。
"欲" こそ・・・見ててください、
テルダー製紙だけでなく、
"株式会社 USA" を立て直す力です。
もしかすると、原語の "Greed is good." というフレーズの方が有名かもしれないくらいです。実際の映像を見たのは初めてでしたが、確かに心に響きますね・・・。

「必要は発明の母」という言葉もありますが、現状に満足せず、発展し続けることに対する渇望こそが人間の成長の源泉だと思います。世界の共産主義国家崩壊の例を見るまでもなく、もっと言えば近年の日本国内を見渡すだけでも分かることですが、成長に対する正当なインセンティブが与えられない環境は、人間のモチベーションを萎縮させ、社会が衰退していくのみ。じゃあ未来永劫無限の成長を前提とできるのか?といえばそれは別の話だと思いますが、少なくとも「今日の努力により、明日報われる可能性」を私は肯定したい。そう思っているので、ゲッコーのこの言葉は私を勇気づけてくれます。
だってこの台詞の「株式会社 USA」を「株式会社ニッポン」に置き換えたら、まさに今の日本のことを言っているわけじゃないですか。30 年前の米国と日本の関係は、現在の日本と中韓の関係に重なるわけで。

このあたりは、最近私がよく考えている「未来のこの国のカタチをどうしたいか」という話と根っこが同じなので、もし心が折れそうになったときには、この言葉がよりどころになってくれそうな気がします。

ともあれ、この台詞自体は真理だと思うのですが、それでもゲッコーにとっては株主に対する欺瞞にすぎないんですよね。"欲" そのものには実は善悪はなくて、それを何に転化するかで善にも悪にもなるというのが本質だと思います。資本主義を自分の利益を最大化するためのマネーゲームと捉えるか、その裏に個々の経済活動、人生を見るか。
もし、"欲" という単語のもつ負のイメージが強すぎるのであれば、かつてホンダが掲げた企業メッセージ「夢こそが、私たちのエンジンだ。」に置き換えても良いかもしれません。

ゴードン・ゲッコーの存在感ばかりが印象に残ったこの映画ですが、劇中で、ゲッコーとは正反対の人物として描かれている主人公の父、カール・フォックスの台詞もまた心に残ります。

安易な金より身のある人生だ。
他人の売り買いではなく、自分で創れ。
人間の、無限の "欲" を肯定して、それを成長の源泉とすること。でも、形のない「虚」を商売にするのではなく、自分で価値を創造すること。それは別に「額に汗して」とか「ものづくり」とかそういった表面的な意味ではなくて、自分の "欲" を正しく認識した上で、いかに価値のある仕事をして、自分と他人に有形無形の価値を分配していくか。今の時代は、ゴードン・ゲッコーだけでも、カール・フォックスだけでもなく、この二面性を併せ持った価値観で生きていかなくてはならないのではないか、と思います。

投稿者 B : 23:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2012/03/22 (Thu.)

スター・ウォーズ エピソード I 3D @ユナイテッド・シネマ豊洲

先週末公開されたところですが、スター・ウォーズファンとしては観に行っておかないといけないでしょう、ということで、行ってきました。

スター・ウォーズ エピソード I ファントム・メナス 3D

スター・ウォーズ・サーガは劇場版からテレビ放映、レンタルビデオやディスクメディアまで含めるともう何度観たか憶えていないくらい観ています。特に EP4~6 は代表的な台詞を英語で暗記してしまうくらい。
とはいえ、新三部作が完結して 5 年あまりが経ち、コンプリート・サーガ BD-BOX の発売をもって、私の中でも一区切りがついてしまった感がありました。でも、ホームシアターのせいぜい 80inch 程度の画面じゃなくて、劇場のスクリーンと音響で、さらに 3D で鑑賞できるなら、行っておかなきゃならないじゃないですか。

STAR WARS ep.I 3D

今回の EP1 3D では IMAX 3D での上映はなく、RealD、MasterImage 3D、Dolby 3D、XpanD の 4 方式から選択することになります。正直 XpanD で観る気はしないので(´д`)、それ以外の方式で観たかったのですが、XpanD 以外の方式を導入している劇場はそれなりに限られます。

最終的に私が選んだ劇場は、某 3D 大王のおすすめに従って、RealD 方式を採用しているユナイテッド・シネマ豊洲の 10 番スクリーン。3D 対応スクリーンとしては国内最大級となる 9.29×22.6m の巨大スクリーンで、こういう SF 映画を観るには最適ではないでしょうか。実際、私も中に入ってみてそのスクリーンの広大さに圧倒されました。私が今までに見た劇場のスクリーンの中でも間違いなく最大でしょう。
ちなみに、この劇場でも日程や時間帯によって小さめのスクリーンで上映される回もあるので、注意が必要です。

STAR WARS ep.I 3D

なお、RealD 方式の劇場では、自前の RealD 対応 3D メガネを持ち込むと、メガネ代¥100 が差し引かれて安くなります(大人一人¥2,000→¥1,900 に)。私はなぜか RealD メガネを一本持っていたので(ぉ、持ち込みました。電池駆動する XpanD あたりと違ってパッシブ方式でメガネのコストが低い RealD ならではだと思います。

STAR WARS ep.I 3D

ちなみに、劇場ではグッズとして EP1 でアナキンがポッドレースのときに掛けていたゴーグルを模した 3D メガネも販売されていました。まあ、メガネ部のデザインを似せただけで、微妙だったのでスルー(ぉ

STAR WARS ep.I 3D

劇場グッズといえば、あのライトセーバー箸も販売されていました。実物は初めて見ましたが、ダース・モール箸の柄が長かったり、ドゥークー伯爵箸の柄が曲がっていたり、なにげに芸が細かい(笑
類似品のビームサーベル箸と並んで、特に家庭持ちには買ってもどうしようもないものの筆頭なのでスルーしましたが(´д`)、独身だったら大人買いしていたかもしれません(^^;;

話を映画に戻しましょう。私はチケットをオンライン予約したので、ど真ん中ちょい前寄りのシートを確保できました。久しぶりの 3D 映画だったので最初は少し違和感がありましたが、15 分も観ていると慣れてきました。

もともとが 3D を想定せずに撮影された映画を、後加工で 3D 化していることもあって、良く言えばそれほど違和感のない自然な、悪く言えば立体感のやや乏しい映像になっています。効果のかけ方はシーンによって差があり、宇宙船の中など狭い空間のシーンではいわゆる「平面の書き割りを重ねたような映像」に見えることもありましたが、宇宙空間や広原での戦闘シーンなどでは奥行き感がありつつも不自然ではない程度の立体感のつけ方で、好感が持てました。メイキングなどを見ていても、今回の 3D 化では「飛び出す 3D よりも、奥行き感をもった 3D を目指した」ということなので、スクリーンの奥に向かって広がっていく画作りなのが、違和感の少ない 3D に仕上がった要因と言えそうです。
ただ、最近の 3D 前提で制作された作品では、3D を意識したカメラワークでうまく演出効果を出しているものが多い(やり過ぎて映画を見せたいのか映像を見せたいのか分からなくなっているものもありますが)ので、比較するとやはり少し物足りなさは感じますね。

でも、初見時は良かったけど何度か観るうちに冗長に感じるようになってしまったポッドレースやグンガン族対ドロイド大隊の戦闘シーンあたりが、3D による映像的な演出のおかげで再び観る価値のあるシーンに復活してきたのは、なかなかの収穫だと思います(笑。
あとは、最大の見せ場であるライトセーバーによる殺陣のシーン(個人的には、シリーズ全作を通してこの EP1 のクワイ=ガン&オビ=ワン師弟対ダース・モールのライトセーバー戦が殺陣としては最も燃える)にもっと立体感をつけてほしかったのですが、元が 2D だとここらが限界でしょうか。悪役としてはいいキャラを持ちつつもすぐに退場してしまったダース・モールの数少ない見せ場なので、もっと気合い入れてほしかったなあ。

RealD の画質面の話をすると、メガネを掛けることで少し明るさが下がってしまうのはまあ許容範囲としても、色味が少し青っぽくなってしまうのが気になりました。まあ完全に緑になってしまう XpanD に比べれば遥かにマシなレベルですが、タトゥイーンの赤茶けた砂の色とか、ダース・モールの瞳の禍々しい色とか、そういうのが微妙にくすんだ色味に見えてしまったのはもったいないです。メガネによって色味が変わってしまう 3D 方式では、メガネを掛けた状態でできるだけ制作者の意図に近い色味に見えるよう、あらかじめガンマ補正をかけてほしいくらいです。
また、RealD 方式の弱点なのか、この劇場のスクリーン固有の問題なのか分かりませんが、ポッドレース等で素早く横にパンするようなシーンでは、画面内に偏光方式特有の縦縞が少し見えるのは気になりました。

といった感じで、一度 IMAX 3D の映像を見てしまうとさすがに分が悪いですが、とはいえ RealD の映像も及第点をあげていいレベルではあると思います。個人的に、今まで見た 3 方式を比較するなら、IMAX 3D>>RealD>>>>>XpanD かな。

ちなみに、私が観に行ったのは平日夜という客の入りにくいスケジュールではありましたが、それでも 413 席あるこの 10 番スクリーンで、観客が私を含め 15 人程度しかいないという興行状況で、さすがに心配になりました。横一列私しかいないという大スクリーン貸し切り状態を満喫できたのは良いんですが、さすがに封切り後 1 週間経っていない作品で 400 席近い空席というのは異常ですよ。まあスター・ウォーズ自体がコンテンツとしては終わってしまったものではありますが、今回は明らかに国内向けのプロモーションが足りていませんし、配給元からしてやる気があるのかないのか分かりません。この調子だと、EP2 以降の 3D 化が中止されるのではないか、という心配すら出てきます。
しかし逆に言えば、慌てなくても今から良い席で観れるということでもあります(笑。EP4~6 に比べると EP1~3 は微妙、というファンも少なくないでしょうが、この 3D バージョンはちゃんとした劇場を選べば過去最高画質・音質でスター・ウォーズを鑑賞できる最後のチャンスかもしれません。スターウォーズ好きで 3D や AV に興味があるなら、一度観ておいても損はしないのではないでしょうか。

投稿者 B : 23:13 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2012/01/18 (Wed.)

英国王のスピーチ [DVD]

英国王のスピーチ コレクターズ・エディション

B00507W4SO

前から気になっていた映画ですが、DVD で視聴しました。

第二次世界大戦直前のイギリスで、吃音症に悩む皇太子アルバート(後のジョージ 6 世)が治療のために言語聴覚士であるライオネル・ローグと出会い、その治療の過程で育まれる二人の心の交流を描いた物語。実話がもととなった映画です。

何かの映画を観に行ったときの、劇場での予告を観てから興味を持っていた作品でした。予告からしてこれはけっこう感動系の映画だろうなと思っていましたが、まあ予想通り。でも、吃音症治療のプロセスだったり、プライドの高いアルバートと我が道を行くライオネルとのズレたやりとりだったり、ところどころに笑いの要素が散りばめられていて、感動一辺倒ではなく観終わったあとに爽やかで愉しい感情が残る、良い映画でした。私は基本的にギャグではなくロジックで笑わせる笑いが好きなので、ツボにハマりましたね。

内容もさることながら、この映画の見どころのひとつは豪華なキャスト。ジョージ 6 世を支える妻役にヘレナ・ボナム=カーター(ベラトリックス役)、父ジョージ 5 世にマイケル・ガンボン(2 代目ダンブルドア校長役)、首相チャーチル役にティモシー・スポール(ペティグリュー役)というように、『ハリー・ポッター』シリーズの主要キャラとして登場した俳優陣が脇を固めていて物語の重厚感を増すと同時に、イギリス映画をほとんど観たことがない私でも入っていきやすい映像に仕上がっていたように思います。でも他の二人はともかくヘレナ・ボナム=カーターはベラトリックスとは顔つきが違いすぎて、エンドクレジットを観るまで確証が持てなかったほどでしたが(;´Д`)ヾ。
つか、Wikipedia を見て気づいたんですが、ライオネル役のジェフリー・ラッシュも『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの海賊バルボッサじゃん・・・。

この映画を観て自覚したんですが、私はきっと「生まれも育ちも現在の立場も違う二人が出会って心の交流をすることで、人間的に成長する」という内容の映画がとても好きなんだと思います。そういえば『ニュー・シネマ・パラダイス』『グラン・トリノ』『ショーシャンクの空に』『グッド・ウィル・ハンティング』などなど、SF やファンタジー以外で好きな映画といえばこんな話ばかり。私にこの手の映画をいろいろと奨めてくれる某氏の影響も少なからずあるとは思いますが(笑)、この映画も、それらと並びとても心に残る作品でした。

DVD でホームシアターを構築した当時は、サラウンドを楽しむ目的でアクションや CG バリバリのいわゆる「ハリウッド大作」的な映画ばかり観ていましたが、最近はそういうのもすっかり見飽きてしまいました。かといってカンヌやヴェネツィアで受賞するようなじとっとした感触の映画も苦手。こういう、派手すぎないけどじーんと心に残る、大人の男が楽しめそうな映画を他にも探しています。

投稿者 B : 00:30 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2011/12/04 (Sun.)

ウォール・ストリート [Blu-ray]

ウォール・ストリート [Blu-ray]

B005NFMCMG

以前、劇場で予告編を見て興味を持っていた作品でしたが、観に行く時間が取れないまま劇場公開が終わってしまったので、BD で視聴しました。

名作との呼び声が高いオリバー・ストーン監督の『ウォール街』の続編で、サブプライム問題発生前後の米国証券市場が舞台。私は金融関係のお話は苦手ですが(^^;;、最近社会人として企業価値と責任について興味が出てきていたり、今さらながら財務会計をちょっと勉強していたりすることもあって、観てみたいと思った次第。

ライバル会社の風説の流布によって自社株が暴落、破綻した証券会社に勤める若き証券マン(シャイア・ラブーフ)が、その事件がきっかけで自殺した師でもある社長の復讐を果たすべく、相手方の社長の誘いを受ける。彼のアドバイザーとして登場したのが、恋人の絶縁状態にあった父であり、伝説の投資家ゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)。それぞれの野望と陰謀に、米国全体の欲望の暴走がもたらしたサブプライムショックが襲いかかり・・・というストーリー。基本的には会話劇なのであまり派手さはありませんが、その分緊迫感のある演出で魅せてくれる映画です。
主演は『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』でインディ・ジョーンズの息子役を演じたシャイア・ラブーフ。『クリスタル~』ではインディを受け継ぐ新世代の役どころだったにも関わらず、脚本的にも演技的にも美味しいところを全てハリソン・フォードに持って行かれてしまっていましたが(笑)、今作では主演らしくビシッと決めてくれていました。が、今回も存在感では前作の主役であるマイケル・ダグラスにやっぱり敵わず(´д`)。この人は損な役回りが多いなあ・・・。

この映画のテーマは「モラル・ハザード」(よく誤用される「倫理観の欠如」のことではなく、金融機関がいざというときの公的資金注入を念頭に置くことで、自律を失った状態)に尽きるでしょう。これをベースとした 2000 年代アメリカの不動産バブルを描くことで、欲望がもたらすものが何かを視聴者に問いかけているのだと思います。それも、登場人物の誰かの視点に偏りすぎず、欲望の権化であるゴードン・ゲッコーさえも客観的に描写していることに、強いメッセージ性を感じました。

単独の作品としても面白い映画だとは思いますが、根本的なテーマとしてはやはりオリジナルの『ウォール街』から続いている作品なんだろうな、というのを観ていて強く感じました。これは旧作のほうも観ないといけないなあ。

投稿者 B : 00:35 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2011/11/19 (Sat.)

ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 2 [Blu-ray]

ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 2 Blu-ray & DVD セット スペシャル・エディション

B005JQV71Q

劇場公開から約 4 ヶ月での BD 発売はちょっと早すぎませんか?という気はしつつも、やはり楽しみにしていた BD 化。早速視聴しました。

劇場公開時には IMAX 3D シアターで視聴したので、それに比べると 2D での視聴は臨場感や迫力が半分くらいに落ちてしまう印象で、劇場で観たイメージからするとこんなもんだっけ?と思ってしまったのは事実だったりします。逆に、これを IMAX 3D の画質で観られたのは良かったかな。今なら BRAVIA や HMZ-T1 を買えばこれの Blu-ray 3D がもらえるようですが、今のところ買う予定はナシ(´д`)。

画質の話をすると、シリーズを通して(特に 3 作目以降は)暗いシーンが多い作品ではありますが、今作はその中でも群を抜いて暗い。BRAVIA のシネマモードでは、部屋の照明をつけた状態では暗いシーンはほとんど映像が判別できず、部屋をほぼ真っ暗にしてようやく暗部の階調まで確認できる、といった状態。私は夜に Blu-ray を観るときには部屋をかなり暗くして観るようにしていますが、ここまで真っ暗にしないと厳しい映画というのも珍しいですね。BD の精細感が非常に高いこともあって、これならいっそプロジェクタで観たいかも、と久々に思いました。しかし我が家のプロジェクタはフル HD 非対応・・・(´д`)。

ストーリーの方は最終話ということでラストには大団円を迎えるわけですが、物語の鍵を握る「ニワトコの杖の所有権」に関する描写が分かりづらい、というかどう見ても説明不足で、モヤッとした状態のままエンディングを迎えてしまう部分があります。最終章を二部に分けてもやはり時間が足りていないと思われる描写はほかにもちらほら見受けられ、これはやっぱり原作を読むしかないかなあ、ということを痛感。原作は電子書籍版が 10 月に Sony Reader で読めるようになる予定だったのが、どうも来年に延期されたようで。気長に待ちますかね・・・。

投稿者 B : 23:21 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2011/09/23 (Fri.)

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ BD-BOX

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイ BOX [Blu-ray]

B004HB2KF6

首を長くして待っていたスター・ウォーズの BD-BOX がようやく発売されました。相変わらず忙しくてちゃんと観れていませんが、気に入っているシーンだけ何箇所かかいつまんで視聴。

去年の BS hi での一挙放送では HD 放送ながらソースのクオリティやビットレートの割り当て等の問題で満足できる画質ではありませんでしたが、今回の BD はさすがにリマスターし直されているだけあって、超絶画質と言って良いレベル。旧三部作が「フィルムってこんなに情報量多かったんだ!」と思わせられるほどの高画質に仕上がっているのもさることながら、新三部作も今まではまともな HD ソースがなかった EP1 もようやく HD クオリティになったし、EP2/3 も今までに観たどのソースよりも高画質。実写と CG の境目は旧三部作では DVD 版でも気になるレベルでしたが、BD になると EP1/2 あたりでも十分に気になりますね。だってもう 10 年も前の作品なんだもの・・・。

などなど、画質面での評価についてはいつもの「買っとけ! Blu-ray/DVD」にまだレビューが掲載されていないのですが、Phile-web のほうにこれでもかというほど詳細な記事がアップされていたので、こちら↓で。

発売直前最速レポート!『スター・ウォーズ』BD-BOXのクオリティ&見どころを総力検証 (1/8) - Phile-web

発売前に議論を呼んでいた、EP6 クライマックスでのダース・ベイダーが「NOOOOO!!」と叫ぶという新編集については、個人的にはそれほど違和感はなし。ただ、旧三部作に関しては 1997 年の「特別篇」のときに追加されたシーンが冗長だったり、EP6 のラストに出てくるアナキンの亡霊が DVD 版以降はセバスチャン・ショウ(中年アナキン)からヘイデン・クリステンセン(青年アナキン)に差し替えられているのが気に入らなかったり、ファンとしては不満もあります。BD なんだから好きなエディションを観られる機能くらい入れておいてほしいんですが、そういうのはまた得意の「オリジナル BD-BOX」商法ですかね(´д`)。

ともあれ、11 月くらいになれば、ようやくまともに土日休める生活に戻れる見込みなので、時間を見つけてじっくり鑑賞したいと思います。そういえば、私が DVD 時代にホームシアターを構築したのは「大画面でスター・ウォーズの DVD が観たい!」が原点でしたが、BD がリリースされたことでひさびさにここに手を入れたい欲求がふつふつと沸いてきました。ただ、サラウンドスピーカを再設置するのは、次女がもう少し大きくなる 1 年後くらいかなあ・・・。

投稿者 B : 22:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2011/08/08 (Mon.)

ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 2 @109 シネマズ川崎

ようやく観に行けました。

ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 2

ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 2

2001 年の『賢者の石』から実に 10 年の月日が流れ、主人公の 3 人もすっかり大人になりました。もはや半分彼らの親の目線で見ているような部分もありますが(笑)、原作を読んでいない私としてはこの物語がどういう結末を迎えるのか、そして映像的にはどのような表現で我々を驚かせ、ドキドキワクワクさせてくれるのか。それをずっと楽しみにしていました。

昨年秋に公開された『Part 1』が、シリーズの中では最も重たい作品だったのに対して、この完結編は重たいながらも、やはり最期には大団円を迎えることもあってか、鑑賞後の印象としては非常にスッキリ。「良かったねえ」と彼らに声をかけてあげたくなるような結末。2 時間半近い上映時間がありながらも数多くのエピソードを含んでいるため展開は速めでしたが、その分おなかいっぱいにさせてもらいました。

まだ「これから夏休みに観に行く予定」という人も多そうなのでネタバレ的な話は避けておくことにして、ここからはシリーズ初の上映となった 3D の話など。

今回は初の IMAX 3D シアターでの鑑賞となりました。今やもう伝説(?)となったあこすたむさんの『アバター』3D 全方式完全制覇レビュー(続編といえる『アリス・イン・ワンダーランド』の 3D レビューも必読)を読んで以来、次に 3D 上映を観るなら絶対 IMAX 3D と思っていたんですが(しかも川崎ならウチからけっこう近いし)、そもそも 3D で観たい映画がそれ以来ほとんどなく(笑)、今まで機会がありませんでした。

ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 2

これが IMAX の 3D メガネ。パッシブ方式なので XpanD のメガネより全然軽く、かけ心地も悪くないです。アラレちゃんかよというくらい(ぉ)レンズが大きくフレームも太いですが、むしろレンズはこれくらい大きい方が視野が広くていいですね。かけた姿がカッコ悪いのは、同じシアターに入っている人は全員この状態なんだし、気にしない(笑。

このメガネをかけて 3D 上映が始まってみると、その映像に驚愕しました。偏光方式なので当然ですが、輝度・コントラスト低下はほとんど気にならないし、立体感も文句なし。XpanD で観た『アバター』のあの映像はいったい何だったのか、とすら言いたくなります(´д`)。フレームシーケンシャル方式でも最近の液晶テレビの 3D は十分に高画質だと感じるレベルになっているとは思いますが、それでも IMAX 3D のほうが全然美しいと感じます。さすがは設備そのものを専用に導入しているだけのことはある。

この映画における 3D は、序盤から中盤まではアクションシーンを除きおとなしめ。3D の立体感を体験するシーンは一部アクションシーンくらいでそれほど多くありませんが、むしろ立体感というよりは「自分が自然に各シーンの一員としている」ようなリアリティを目指しているように感じました。あざとく作り込んだ立体感がないので、疲れにくいと思います。が、中盤を過ぎてクライマックスに入るあたりでは 3D を効果的に使った演出も多く、物語の最大の見せ場をうまく盛り上げていましたね。「魔法」というファンタジーだからこそ 3D 表現が活きる部分もあるんだなあ・・・と感心しました。
自然かつ効果的な 3D 立体視もさることながら、今回良かったのは音響ではないでしょうか。音質やサラウンド感も良かったんですが、ダイナミックレンジの広さに圧倒されました。戦闘シーン等では自分が座っているシートが震えるほどの大音量(栃木には本当にギミックチェアを「一次元」と定義した 4D シアターがあるらしいですが)で、圧倒的な迫力を感じられました。最近、家庭用の映像機器のクオリティ向上が著しくて、半端な施設の映画館で観るくらいなら BD の発売を待って自宅で観たほうが堪能できることも少なくないですが、今回は映像と音響ともに一般家庭では実現し得ないクオリティを実現していて、すごく久しぶりに「劇場で観て良かった」と感じられる映画でした。

ちなみに 3D 上映だと字幕が他の映像と違って手前のレイヤーに表示されるため焦点の移動が多く疲れる、だから洋画の 3D は吹き替え版がいい、という話をよく聞きますが、これまで 10 年付き合ってきたからには最後まで本人たちの声を聞きたい、と思い字幕版で強行しました。小学生の頃からドラクエのメッセージスピード最速設定でプレイし続け、字幕程度の情報量なら一瞬で把握できるよう瞬間視力を鍛えてきた私に死角はなかった(ぉ

とにかくキャスト、スタッフの皆さんともにお疲れさまでした。これも間違いなく BD を買うことになると思いますが、我が家にはまだ 3D 環境がないので、どうしようかなあ。3D で得られた感動が、2D だとなんか半分くらいになってしまいそうで(^^;;

投稿者 B : 23:07 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2011/08/02 (Tue.)

ソーシャル・ネットワーク [Blu-ray]

ソーシャル・ネットワーク デラックス・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

B004T8BV84

ちょっと興味はあったけど BD 買うほどじゃないなーと思っていた本作、たまたま人から借りられたので、観てみました。

あちこちで何度も言っていますが、私はネット上では匿名で何でもすればいいと思っているわけではないけどコテハンくらいの匿名度合いで良く、なおかつオープンな場で意見交換してこそのオンラインコミュニケーションだと思っているので、実名かつある程度クローズドな Facebook という場はあまり好きではなかったりします。かつ、最近背後に大手広告代理店の影が見え隠れする国内の Facebook 人気に関しては余計に懐疑的。アカウントを持っていてある程度知人関係のコネクションも繋がってはいますが、それほど積極的に利用しているわけではありません。
でも、ハリウッドで映画化されるに至った Facebook 人気の秘密がどこにあるか?マーク・ザッカーバーグという人のモチベーションはどこから来るのか?といったところに興味があったので、機会があれば観たいな、でもお金出すほどじゃないな(ぉ、とは思っていました。

(日本ではまだその印象は薄いけど)今や Google を超えたと言われている Facebook の若き創業者、マーク・ザッカーバーグ。自分の興味がないことには全くと言っていいほど興味を示さないが、自分が好きなことにはとにかく早口でまくし立てるように(しかしあくまで正確に)しゃべる。アメリカではいわゆる "geek" や "nerd" と表現されるそんな人間性は、学生時代の自分にも少なからず似たような部分があったので、むしろ共感すら覚えました(笑。

ただ、この映画自体はザッカーバーグの人間性や肝心の Facebook の中身について直接言及されることはほとんどなく、Facebook 誕生からビジネスとしての規模拡大の流れと、それによって生まれる人間関係の亀裂を「半ばフィクションとして」映像化した作品に過ぎませんでした。言ってみれば、Facebook を題材としてはいるが、Facebook の映画ではないと言っても良いかもしれません。観終わった後の感想も、「ザッカーバーグすげえ」でも「Facebook 面白そう」でもなく、「シリコンバレーってなんかすごいけど、ちょっと怖い」というのが最も近いかも。つまり、そういう映画です。
でも、それもこの映画の製作背景を知って納得しました。この映画自体はザッカーバーグ本人には取材を拒否され、Facebook の共同創設者兼 CFO であり後にザッカーバーグを提訴するエドゥアルド・サベリンをはじめとした関係者への取材から成り立っているとのこと。映画自体が主に関係者の視点で描かれ、主役であるはずのザッカーバーグ本人が何を考えているのかがイマイチ分からないことは、作品に群像劇的性格を与え、なおかつ主役に対する解釈の幅を許容するという意味で、確かに作品としての面白さに繋がってはいると思います。ただ、これを映画という形で映像化する必要があったかどうかは疑問(笑。まあ、日本と違って米国では、映画というメディアをいわゆる「映画」だけでなく、ドキュメンタリー作品などを中心としてテレビ代わりの媒体として利用する文化があるので、本作もそういう位置づけなのかもしれませんが。

個人的には、この映画を観たことで逆にザッカーバーグと Facebook について消化不良気味になってしまったので(´д`)、やや今さらではあるけど本人への取材に基づいて書かれたというドキュメンタリー書籍のほうをちょっと読みたくなりました。

デビッド・カークパトリック / フェイスブック 若き天才の野望 5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた

4822248372

そういえば、この映画に出ていた Napster の創業者であり Facebook の出資者であるショーン・パーカー役、どこかで見た顔だと思ったらシンガーのジャスティン・ティンバーレイクじゃないか(笑。俳優もやってたのね・・・。

投稿者 B : 00:26 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2011/05/06 (Fri.)

ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 1 [Blu-ray]

ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 1 Blu-ray & DVD セット スペシャル・エディション

B002UHJ9FI

先月発売になっていた BD。尺が長くて時間に余裕がないと観れない映画なので、GW に観ました。本当は、どうせ Part1/2 の BD-BOX が出るだろうからそれまで待つか、と思っていたんですが、ウチの奥さんが観たいと言ったので(劇場公開時には私一人で観に行った)買ってきました。BD と DVD がセットになってますが、私はもう DVD メディアはほぼ使ってないので要らないんだよねえ・・・。

感想は劇場公開時に書いたので省略しますが、やっぱり原作を読んでいないと映画だけ 2 度観てもイマイチ理解できない部分が散見され、そろそろ原作読まないといけないかもなあ、と思いました。ただあの分厚い本を買うのも躊躇われるので、電子書籍化希望。
ひとつだけ、BD で改めて観て思ったのは、時間の都合でいろいろ端折られている代わりに、主人公 3 人の関係性についてはかなり丁寧に描かれていて、この Part 1 はそこにフォーカスすることでクライマックスへの伏線にしているのかも、ということです(私は結末を知らないので、あくまで想像ですが)。そうだとすれば、あれやこれやの描写が略されていることにも、ある程度納得です。

あと、この BD/DVD にも膨大な特典映像が収録されていて、さすがに全部は観きれないので少しだけ観たんですが、1 作目が公開されてからもう 10 年経つんですね。新作が公開されるたびに「この映画は主人公 3 人の(登場人物としてだけでなく、俳優・人間としての)成長を見守るお話なんだなあ」と思いながら観てはいましたが、10 年前の映像を改めて観ると、3 人の成長には本当に目を見張らされてしまいます。あんなに可愛い子どもたちだったのに、ハリーは立派な俳優だし、ハーマイオニーは美しい大人の女性だし、ロンはすっかりおっさんだし!(ぉ

そして気がつけば Part 2、つまり完結編の公開まであと 2 ヶ月あまりじゃないですか。ついに終わっちゃうのかー、と思うと、楽しみであり、寂しくもあり。

投稿者 B : 23:09 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2011/05/01 (Sun.)

アイルトン・セナ ~音速の彼方へ [Blu-ray]

今日は「あの日」からちょうど 17 年目にあたる日。アイルトン・セナの命日です。3 月 21 日、セナの 51 回目の誕生日に発売されたこの BD をしばらく買いそびれていたんですが、ようやく買って鑑賞しました。

アイルトン・セナ ~音速の彼方へ コレクターズ・エディション [Blu-ray]

B004JF5GHO

一度劇場に観に行った映画なので、内容はよく分かっているんですが、それでもやっぱり「あの日」の映像は何度観ても本当に辛い。
ちなみに BD ではありますが、ソースのクオリティが DVD 以下(ほとんどがテレビ放送された 4:3 の映像(マスターでないテープもかなり混ざっていると思われる)を、さらに上下を切って 16:9 の画角に合わせている)なので、正直 DVD 版でも画質はそんなに変わらないと思います。劇場のスクリーンで観たときはかなり厳しい画だと感じましたが、家庭用のテレビで観る分にはまだ何とか観られるかな。内容的にはドキュメンタリーで、映画館で上映する必然性をさほど感じなかったので、むしろこういったパッケージメディア向きの作品なんじゃないかと思います。

なお、この映画の公式 Twitter によると、この BD/DVD の売上の一部は東日本大震災の被災地への義援金として寄付されるそうです。

セナ財団ヴィヴィアーニ・セナさんからのメッセージです。 この度の震災で被災された皆様に対し、「アイルトン・セナ~音速の彼方へ」ブルーレイ、DVDの売上の一部を寄付させていただくことに致しました。現在、皆様が日々示されている母国愛に対し、心からの尊敬の念を表したいと思います。
アイルトンは、いつも日本の皆様をとても称賛していましたし、皆様と同じように困難を乗り越える決意と強さを、生涯を通じて追求していました。アイルトンが人生を懸けて勝利を重ね、3度のワールドチャンピオンを決することができた日本、アイルトンをいつも愛し気に掛けてくださっていた日本の復興に今回のブルーレイ、DVDが少しでもお役に立てればと思います。 ヴィヴィアーニ・セナ(アイルトン・セナの姉/アイルトン・セナ財団代表)より

私のセナへの思い出が、巡り巡って東北の復興に少しでも貢献できるのであれば、こんなに嬉しいことはありません。

気がつけば、私もあと 2 ヶ月足らずでセナが亡くなった年齢と同じ歳になってしまいます。ロッカー 27 歳寿命説でもないのでだからどうということはないんですが(笑)、この歳にしてセナが達していた境地を思うと、自分はまだまだだなあ・・・と思いつつ、それでも日々自分にできることを精一杯尽くし、それが世界を未来に進めるためのほんのひとつまみの力になれれば、と改めて決意しました。

投稿者 B : 23:48 | F1 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2011/01/07 (Fri.)

『スター・ウォーズ』BD-BOX 発売決定

「スター・ウォーズ」が9月にBlu-ray-BOX化 -AV Watch

やっとキタ!発売は秋ですが、この日をどんなに待ち望んだことか。
購入はもちろんコンプリート BOX 一択でしょう。

ただ、気になるのは EP6 のラストシーン。WOWOW で一挙放送されたときのように、大団円に登場するアナキンがセバスチャン・ショウ(中年時代のベイダー役)ではなくヘイデン・クリステンセン(青年時代のアナキン役)に差し替えられているバージョンだったらやだな(´д`)。せっかく BD なんだから、好きなバージョンで再生できるように作っておいてほしいところですが。

さておき、発売が今から楽しみです!

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイ BOX [Blu-ray]

B004HB2KF6

投稿者 B : 23:06 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2010/12/16 (Thu.)

許されざる者

許されざる者

B003GQSXKE

グラン・トリノ』に始まるマイイーストウッドブーム、まだ続いています。といってもこの映画は 5 月に BS で硫黄島シリーズといっしょに放送されていたものの録画ですが、いかにも重たそうなタイトルからしてなかなか観る気合いが出せずに半年放置してしまってました(;´Д`)ヾ。

この映画の舞台は 1960 年代の西部。いわゆる西部劇スタイルを採っていますが、カウボーイがバーで悪党に絡まれて決闘したり、保安官に追い回されたりするような映画ではありません。いや、実際にはそれに相当するシーンはあるものの、一般的な西部劇とはかなり異なるタッチで描かれています。
また、俳優陣がイーストウッドにモーガン・フリーマン、ジーン・ハックマン、故リチャード・ハリス(ハリポタの初代ダンブルドアの人)、という超豪華な顔ぶれなので、そういう取っかかりで観るという楽しみもあるかもしれません。重いだけでなくところどころにユーモアもまぶされているので、肩肘張らずに早く観ておくべきだった、と後悔しました。

西部のある街の娼館で荒くれ者に顔を傷つけられた娼婦の仲間が、犯人に対する保安官の甘い処分を不服とし、犯人に賞金をかける。その話を持ちかけられたのが、かつて「動くものは何でも殺した」と言われる伝説的な殺し屋だったが、今の彼は実は・・・という話。
かつての殺しや戦争の罪の意識に苛まれる老人が、他人の復讐のために再び銃を取る・・・という話のつくりと、エンドロールが流れた後に何とも言えない余韻が残るあたりは『グラン・トリノ』との共通点と言えそうです。ただ、本作がタイトルにもあるとおりどうにも救いのない、日本的な表現をすれば「無常」とでもいうべき余韻を残しているのに対して、『グラン・トリノ』のほうはよく似た感触ながらも最後に強烈なカタルシスを残しているのは、対照的なラストシーンだけでなく、イーストウッド自身が歳を取り、人生の終焉に近づきつつある証拠なのかもしれません。

確実にヒットすることが条件で、大きなハズレはないけどどれも金太郎飴みたいな最近のハリウッド映画とは、イーストウッド作品は一線を画していますね。他のハリウッド映画はハイビジョン撮影+CG で高精細な映像も楽しめますが、季節や天候まで選んで時間をかけて撮影されたであろう、本作における西部の夕景にはまったく敵わないと思います。

投稿者 B : 23:45 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2010/11/22 (Mon.)

ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 1 @TOHO シネマズ川崎

ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 1

ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 1

今日は飛び石連休の中日、ということで、有休消化がてら休暇を取って朝から映画を観てきました。先週末に封切られたばかりの話題作、といっても、平日の朝 8:45 からの回はガラガラ。余裕を通り越して半貸し切り状態というちょっと寂しい状況でした(笑。

現時点ではネタバレを避けたほうが良いと思うので詳細は割愛しますが、前作までの流れに輪をかけるように暗く重いストーリー展開になっています。今までならばそんな中でも細かいユーモアを散りばめて「ほっとする一瞬」が用意されていましたが、本作ではそういう箇所もほとんどなく、最後まで緊張しっぱなし。ハリー自身が追われる身なので、最後までいつ何が出てくるか分からない、ある種お化け屋敷のような映画と言えるかもしれません。

今作はハリー・ポッターシリーズの最終章、でも 2.5 時間の枠じゃ収まらないから前後編でやりますという二部作構成になっており(そういう意味では 5・6 作目も二部作にしても良かった気が・・・)、あくまでクライマックスに向けて盛り上げていくための序章的な位置づけにあります。そう思って観ると盛り上がり的には少し食い足りない感はありますが、その分ほのぼのパートがなく全編にわたって緊迫感のある脚本になっているので、見終わったときの感想は(悪い意味ではなく)「疲れたー!」というもの。1 年と 4 ヶ月待たされただけの価値はあると思います。

強いて不満を挙げるとするならば、そろそろ登場人物が多くなりすぎていて、事前に前作までの復習をしていないと「顔は覚えてるけどあの人誰だっけ?」となりがちなのと、結末に向けて登場人物が多数死んでしまうため、一人ひとりの死の描写が軽すぎで、「あれ?今この人死んだの?」という展開があったり、ひどい場合にはけっこう重要なキャラにも関わらず話の中で「死んだことになっている」場合もあって、お気に入りのキャラだったりしたらひどい!と思ってしまいそうなところ。『炎のゴブレット』で 1 話しか登場しないにも関わらず主要キャラで初の死亡者になったセドリックの扱いの大きさを思うと泣けてきます(´д`)。

あと、このシリーズは主人公三人(の中の人)の成長を見守る映画でもあるよなあ、とは思っていましたが、そろそろみんな大人になって(そりゃそうだ、もう成人してしまっていて劇中の 17 歳という年齢を超えてしまってるわけで)「見守る」という表現が正しくないほど立派な俳優になってしまいました。ハリーにはヒゲが生えてきたし、ロンは見るからにおっさん寸前(´д`)。撮影が長期にわたるので実年齢に合わせるのが難しいのは分かりますが、映像的にはそろそろ苦しいかな・・・8 作目以降がなくて良かった(笑。

ちなみに、この『死の秘宝 Part 1』は当初 3D バージョンも公開される予定だったのが、公開 1 ヶ月前になって「クオリティ上の理由で」2D のみの公開に変更されました(来夏の『Part 2』は 3D 上映対応の予定)。が、この変更が直前すぎたためか、あるいは 3D を推したい映画館側の事情かは分かりませんが、私が行ったシネコンでは「本編放送前の CM のみ 3D 上映」というよく分からない上映方法に(;´Д`)ヾ。CM の途中から 3D メガネをかけて、本編直前にまた外すということをする羽目になりました。ちなみに 3D で上映された CM は『ナルニア国物語』の最新作と、最近あちこちで PR している『トロン:レガシー』の 2 本。『トロン:レガシー』のほうは 5 分くらいあったかな?かなり長いトレーラーを見せられて、配給側の力の入れようが伝わってきました。

で、今回行ったのは東宝系なので 1 年前に『アバター』を観たときと同じ XpanD 方式でしたが、あの重いしサイズが合わなくてずり落ちてくるメガネに工夫が施されていました。

ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 1

メガネにストラップとアジャスターをつけて調整可能にしただけ、という簡易的なものではありますが、これでストラップを頭周にぴったり合うように留めれば、少なくとも「視聴中にずり下がってきて何度もメガネを直さなくてはならず映像に集中できない」という問題はとりあえず解決されます。そもそも顔の幅がメガネより広い人向けの解決にはなっていないのと(ぉ)、画面が暗いなどの XpanD 方式自体の欠点はありますが、視聴の快適さが改善されただけでも良かったと思います。まあ、今回はあくまで CM だったから良かっただけで、自分でお金を払って 3D 映画を観るなら他方式を選ぶと思いますが。

ということで、来夏公開の『Part 2』は IMAX シアターに行くつもり。近いし。

投稿者 B : 23:17 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2010/11/07 (Sun.)

バック・トゥ・ザ・フューチャー 25th アニバーサリー BD-BOX

バック・トゥ・ザ・フューチャー 25th アニバーサリー Blu-ray BOX

B003WJDWC4

ちょっと遅ればせながらという感じですが。

普通に買えるだろうと思って発売日に量販店に行ったらなんと売り切れ。しかも一店舗だけじゃなくて大手家電量販店系は軒並み在庫切れという状況で、慌てて Amazon に発注しました(Amazon でも一時在庫切れ状態だった)。

この作品は DVD-BOX も持っているんですが、BD で久々に視聴したら改めてこの映画の面白さを噛みしめました。もう何回も観た作品なので、ストーリーも結末も分かっているにも関わらず、クライマックスになると必ずハラハラドキドキさせられてしまうのは、脚本だけじゃなく演出も良いからでしょうか。『スター・ウォーズ』はもう台詞もある程度暗記してしまうくらい観たのでドキドキは少ないですが(笑)、『インディ・ジョーンズ』シリーズなんかも同じように今観てもドキドキしますね。最近のハリウッド映画はどうも先が読めてしまうというか、こういう類のシンプルなドキドキ感を味わえる作品に久しく出会えていないように思います。

この BD-BOX は映画の 25 周年を記念して発売されたので、それ相応の楽しみ方というものがあると思います。劇中では 1985 年、1955 年、2015 年、1885 年の 4 つの時代を行き来することになりますが、その「未来」である 2015 年は、現実ではもう 5 年先に迫ってきています。
ということで 5 年後の未来を想像するとスケートボードにはタイヤはついたままだろうし、クルマだって空は飛びそうにないし、靴のサイズ自動アジャスト機能っぽいものは実現してるけど服のサイズは合わせてくれないだろうし自動乾燥機能もつかなさそう(笑)。でも壁掛けの大画面テレビや一画面マルチチャンネル表示は現時点でも実現できているし、テレビ電話も 5 年後ならもっと普及していそう。"YOU'RE FIRED!"を大量に送りつけてきた FAX は残念ながらかなり廃れていますが、指紋センサーのドアロックは技術的にはもう実現できていて、あとは商用としてどれくらい一般化するかというレベルに来ています。
そう考えると、機械工学系は 25 年前の予想に到達できていないけど、電気・情報工学系はかなり良いセン行ってるんじゃないですかね?技術の進歩と同時に陳腐化や技術流出も激しい世界なので、1955 年の場面で「粗悪品」というネタで扱われた "MADE IN JAPAN" は、もしこの映画が今作られていたら "MADE IN KOREA" か "MADE IN CHINA" あたりに取って代わられているような気がします(笑。

あと、Part I の「魅惑の深海パーティー」で、1955 年にビフの舎弟がアナグリフ式(赤青)の 3D メガネをかけている映像は、今観ると妙に感慨深い(笑。

さて、BD-BOX ということで画質が気になるところだと思いますが、正直びっくりしました。HD がなかった時代の映画の BD 化というと「大作であれば、過大な期待を持たずに観れば十分高画質だと思える」程度のものが多いように思います。が、この BD-BOX に関しては、当時のフィルムにこれだけの情報量が記録されていたのか!と軽く感動してしまう高精細さです。解像感がありすぎて、SFX で合成されたシーンが昔よりもショボく見えてしまうほど(ぉ。というのはむしろ誉め言葉で、DVD-BOX を持ってる作品をまた買い直すのもなあ・・・と少し躊躇したのは間違いだった、と言っていいほどの満足感です。

まあ「5 年後」にセル BD の市場が生き残っていたら、さらに豪華仕様で「30 周年記念 BD-BOX」がまた出そうな気がしますが、それはそのときになったら考えよう(´д`)。

投稿者 B : 22:25 | Foreign Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック

2010/10/22 (Fri.)

アイルトン・セナ ~音速の彼方へ @TOHO シネマズ 六本木ヒルズ

あまり話題にもなっていないというか、F1 ファンでもなければ公開されていることすら知らないかもしれない映画ですが、観に行ってきました。

アイルトン・セナ ~音速の彼方へ

アイルトン・セナ ~音速の彼方へ

昔書いたとおり、私の思春期における最高のヒーローはセナであり、間違いなく私がテクノロジー志向の人生を選んだ最初のきっかけのひとつです。セナの記録のほとんどはミハエル・シューマッハーに破られ、現代ではアロンソやヴェッテルといった若い才能が新たな時代を創っていますが、私にとっての史上最高のレーシングドライバーはセナ。これはたぶん一生変わらないと思います。

HD や 3D といった今の映画のトレンドとは全く無関係な、古くは 30 年近く前の映像の蔵出し。テレビで放映された映像の録画と思われるソースも多数使われており、画質なんて望むべくもありません。ある意味淡々とセナのレーシングドライバー人生を綴っただけの映像で、ほとんどがセナの映像と実際にセナに関わった人々へのインタビューで構成されるため、変に作ったようなストーリー性もなし。果たしてこれが「映画」という体をとる必要があったかどうかわかりませんし、セナの偉業と人物像を知らなければ、何が面白いのか理解できないかもしれません。
でも、ナファンであれば、最近ではあまり観ることも少なくなったセナの写真以外の映像やその走りを改めて観ることができるだけでも、高い価値がある映画だ、と私は感じました。

内容はセナファンであれば知らないエピソードはほとんどないというくらい、よく知られた話ばかりで構成されていますが、元恋人シューシャとの映像をはじめ、ブラジル国内のテレビ番組(?)の映像は未見でしたし、F1 参戦初年度、雨のモナコを一人異次元のスピードで駆け抜けるセナのトールマン・ハートの凄まじさは、当時まだ F1 を見ていなかった私(私が知っているのはマクラーレン時代から)にとっては新鮮なものでした。
また、全般的にセナ・プロの確執と F1 の政治的側面に関するセナの苦悩を軸に描かれていて、逆にそれ以外の要素は大幅にカットされています。ホンダとのエピソードや、できれば観たいと思っていた 1992 年のモンテカルロでのマンセルとの激闘なんかも完全スルーだったのは、日本のファンとしては少し残念ではあります。

実は、私は 1994 年のイモラ(サンマリノ GP)の映像は正直、今まで観ることができませんでした。どうしても勇気が出なかったから・・・なのですが、この映画を観る以上は「その映像」は避けては通れないので、意を決しました。
なんというかもう、あの年のサンマリノの映像はそれだけで重苦しい空気が漂っていて、胸が締め付けられそうな、耐え難いものを感じます。金曜日のバリチェロの大クラッシュ、土曜日のラッツェンバーガーの事故死、それだけでも胸が苦しくなるのですが、この映画で初めて「その瞬間」をまじまじと観て、本当に涙が止まらなくなりました・・・。

・・・さておき。

久しぶりに目にした 1980 年代後半~1990 年代前半の F1 の映像は、改めて見ると現代の F1 とは大きく異なっていますね。オンボードカメラの映像は現代よりも振動が大きく、コックピットもドライバーの肩が剥き出さんばかり。スピードは今のほうが明らかに高いにも関わらず、当時の映像のほうが明らかにスピードの恐怖を疑似体験することができ、またドライバー自身が奮闘する様子が強く伝わってきます。今の F1 が「クルマをコントロールする」という感覚に見えることに比べれば、まさに「クルマをねじ伏せ、従えて走る」という形容が相応しい。いかに現代の F1 がレギュレーションで様々なハイテク装備が禁止されても、実体は電子制御の塊であることがよく分かります。
時代が違うから直接比較できないとは思いますが、あえて言うならば現代の F1 はドライバーさえも F1 マシンを構成する部品の一つにすぎないのに対して、当時の F1 はドライバーが暴れ馬のようなマシンを支配し、一体化することで異次元のスピードを実現していたような気がします。その中でもストイックに速さを追求し、勝つこと以上に「誰よりも速く走る」ことにこだわり続けたセナの姿は、今でも尊敬に値すると思う。

この映画はドキュメンタリー形式の語り口もあって、何か教訓とかメッセージが込められているわけではありませんが、アイルトン・セナという偉大なレーサーの足跡を記し、我々の幼い頃の憧れをまた呼び起こしてくれるという意味で、非常に深い意義があると思います。BD が出たら映像のアーカイブ目的で買ってみようかな、と思っています。

投稿者 B : 23:12 | F1 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2010/08/21 (Sat.)

硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙

B003GQSXJA

父親たちの星条旗』に引き続き、日本側の視点で描かれたこの作品を鑑賞。

この手の映画って、双方の視点から描かれると決まって敗けたほうの作品のほうが重い内容になりがちだと思いますが、予想どおりこの映画もなかなかに重い内容でした。『父親たちの~』のほうは何だかんだで半分ほどはアメリカ本土での人間ドラマでしたが、こちらの映画は最初から最後まで硫黄島の戦場。重いし、凄惨な映像も多いし、観るのに体力使いました。

『父親たちの~』を観たときにも感じたとおり、戦場の兵士にとって戦争の中で最も重要なのは「自分と仲間の生命を守ること」である、というのがやはりこの 2 作品のテーマなのでしょうか。戦争の当事者に「されてしまった」兵士にしてみれば、戦争の大義や目的はそんなに重要じゃなくて、結局は目の前の敵を倒して自分が生き延びることが全てなのだろうと思います。
私は「万歳!」と叫びながら特攻していく兵士の気持ちはちょっと理解できないし、米兵にしてみればそれは気味が悪いことなのだろうと思います。でも、守るべき対象を「皇国」ではなく「家族や同胞」と読み替えれば、私もその気持ちは解る気がします。たぶんこの映画の登場人物たちも、同じような思いで戦場に立っていたんじゃないでしょうか。

内容が重いので正直何度も観ようとは思いませんが、心に残る作品でした。日本人だからかもしれませんが、『父親たちの~』より良かった。

投稿者 B : 00:57 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2010/08/16 (Mon.)

『スター・ウォーズ』BD-BOX 発売へ

スター・ウォーズのBlu-ray BOXが2011年秋に米国発売 (AV Watch)

おお!ようやくスター・ウォーズの BD-BOX の発売に関する情報が。といっても現時点では米国での話で、しかも一年後ですが、日本向けもこれとそう遠くない時期に発売になる可能性は高いでしょう。

こないだの BS hi での放送が画質的にあまり満足できるものではありませんでしたが、今回は「最高画質/音質で収録するという」ことなので、改めて高画質な HD マスターが作られることを期待。
未公開シーンが追加になる、という情報もありますが、未公開シーンも良いけどせっかく BD なんだから、EP4~6 は劇場公開版・特別篇・DVD バージョンのそれぞれで再生できるようにしておいてほしいところです。特に EP6 のラスト、アナキンの霊体が DVD 版で差し替えられてしまったのが個人的には納得いってないので・・・。

でもその前に『ロード・オブ・ザ・リング』の BD-BOX もまだ買ってないし、10 月には『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の BD-BOX も出るし、一年後までに買う BD はまだまだいろいろあります。全部数年前に DVD を買い揃えたものばかりなので、またメディアチェンジで映画会社に搾取されるのかよー、とも思いますが(´д`)。

投稿者 B : 23:45 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2010/08/14 (Sat.)

父親たちの星条旗

父親たちの星条旗

B003GQSXJK

帰省の電車の中で観ました。といっても 5 月に BS で放送していたものの録画ですが。

私は学生の頃までは「戦争はいけないこと」という当たり前のことを文字通りに受け止めすぎていて、どちらかというと戦争に関する物事を見聞きすることすらタブーに近い感覚で忌避してきました。が、社会に出てから、(「戦争はいけないこと」という前提は持ちつつも)戦争が起こる背景やいち経済人として経済に与えるさまざまな影響を知っておきたい、そして日本人の尊厳が問われる近年では一人の日本人として「自分なりの歴史観」を持っておく必要がある、という考えから、戦争にまつわる書物や情報、芸術に目を逸らさないでおこうと意識しています。

この映画も先日『グラン・トリノ』を観てからイーストウッド作品に興味を持ったのがきっかけでしたが、昔の私ならば避けていた類の作品だったかもしれません。特にアメリカ映画は戦争を肯定するような内容のものが多く、それが私が戦争映画を避ける理由の一つでもあったのですが、この映画はそんなアメリカの戦争映画とは一線を画していると感じました。
結局、戦争に大義が必要なのは戦争を始めよう/続けようとする層の人に過ぎず、多くの兵士にとっては「自分と仲間の生命を守ること」こそが戦争の中で目的とすることである。正義なんて主観の問題に過ぎない・・・ということを、この映画は静かに、雄弁に語ってくれています。イーストウッドらしく重い語り口ではありますが、確かに観て良かった。

このままの流れで『硫黄島からの手紙』も観ようと思います。

投稿者 B : 23:12 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2010/07/20 (Tue.)

『スター・ウォーズ』一挙放送中

Twitter ではここ数日の私のタイムラインがスター・ウォーズ TL と化していますが(笑、連日放送中のこれを観ています。

映画「スター・ウォーズ」一挙放送

実は、4 年前に WOWOW で一挙放送されたときにエアチェックした EP1~3 の Blu-ray Disc を持っているので、せっかくだから比較してみました。
一応検証画像なんかも撮ってみたのですが、載せると画像が一人歩きしてしまいそうなので(一連の動画で見ていると気にならないアラでも、静止画で 1 コマを切り出して見ると気になることがあり、それをもってダメだという話になりがちなので)掲載はしませんが、とりあえず比べてみての感想。

これたぶんマスターは WOWOW のときと同じものですよね?で映像に割り当てているビットレートの違い(データ放送にビットレートを取られるとその分画質が落ちる)なのか局によって使っているエンコーダの性能の違いなのかそのエンコーダを扱っているエンジニアの腕の違いなのか分かりませんが、厳密に比べると 4 年前の WOWOW の放送のほうが全般的な画質は高いように感じました。

コマ単位で比較してみると、動きの速い部分では BS hi は明らかにビットレートが足りておらず、ブロックノイズが多発していて、それが全体的な画質の「甘い」印象に繋がっているんだと思います。WOWOW でも破綻する部分では破綻しますが、よりそれが少ない印象。このへんはやっぱり NHK と WOWOW で放送に対する考え方の差みたいなものが出ているのではないでしょうか。

「最新 HD マスター」という売り文句にすっかり乗せられてしまいましたが、仮に WOWOW と同じマスターを使っていたとして、4 年前の放送以来新しいマスターが作られていなければそりゃ「最新」には違いないのですが、改めてリマスタリングされたのかと期待したのは私だけじゃないはず(´д`)。

まあ EP1 は現存のマスター自体がイマイチっぽくて WOWOW でも今回の BS hi でも DVD のアップコンに毛が生えた程度の画質だったし、EP2・3 は(WOWOW を知らなければ、そして粗探しをしなければ)BS hi でも少なくとも DVD を大きく上回る高画質を堪能できるので、BS hi での放送がダメとは言いませんが、若干腑に落ちない感はありますね。
とはいえ WOWOW のときは録画機器の都合で放送の前後をカット編集できていないし、チャプターもつけられていないので、きっちり本編のみに編集してチャプターもついてる今回の録画のほうが使い勝手は良いので、これはこれで残しておくつもりですが。

ということで、一日も早い BD ダブル・トリロジー BOX の発売楽しみにしています>FOX さん。

投稿者 B : 00:55 | Foreign Movie | Movie | コメント (5) | トラックバック

2010/05/13 (Thu.)

『スター・ウォーズ』シリーズが NHK BS hi で一挙放送

映画「スター・ウォーズ」一挙放送

スター・ウォーズ エピソード I~VI が NHK BS hi で全作一挙放送、しかも最新 HD マスター 5.1ch サラウンドとか。これは録画して BD で永久保存せねばなるまい!!!

今までも WOWOW とかで放送されたことはありましたが、ノンスクランブル放送で HD マスターの全作が放送されるのは国内初じゃないでしょうか。逆にこれは BD-Video パッケージは当分出ないよってことなのかもしれませんが、とりあえず録画する。
そういえば今まさに docomo もダースベイダーを起用してキャンペーンやってますが、今年って何か SW の記念イヤーでしたっけ??

さておき、放送は 7 月。ちょっと先なので忘れそうなのが怖いですが、たぶんそのころまた誰かが Twitter でつぶやいてくれることを期待します(笑。

投稿者 B : 01:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック

2010/05/06 (Thu.)

グラン・トリノ [Blu-ray]

映画評に関しては私が強い信頼を抱いている人が奨めてくれた映画の BD、だいぶ前に買ってあったのですが、GW の最終日を利用してようやく鑑賞できました。

グラン・トリノ [Blu-ray]

B002HQOGZA

クリント・イーストウッドの俳優としての引退作にあたる映画。もちろん監督兼主演です。

予備知識ほとんど無しで観たのですが、これは素晴らしい作品。最近のアメリカ映画にはシンプルな娯楽性しか期待していないこともあって(笑)、見終わった後に余韻に浸ってしまった映画もかなり久しぶりかもしれません。

ギスギスした印象の序盤、じんわりと暖かい気持ちになれる中盤、そしてどういう「決着」をつけるのか(結末はある程度見えてはいるものの・・・)祈るような気持ちで見入ってしまうクライマックス、と緩急のつけかたが絶妙。お金も人も(最近のアメリカ映画にしては)ほとんどかかっていないにもかかわらず、これだけの作品を撮れてしまうイーストウッドの手腕に脱帽です。こないだ観た『2012』あたりとは全く対照的で、いったいアレは何だったんだろうと思ってしまったほど(´д`)。

戦争を経験した世代の老人の頑固さや天邪鬼さ、逆に心を開いたときの柔らかさについ亡くなった父方の/健在な母方の祖父を思い出してしまいました。あと、話は全然違うけど、老人と若者の心の交流という点では、私の好きな映画の一つである『グッド・ウィル・ハンティング』に通じるものを感じましたね。そして、作中の「事件」を経てラストシーンに登場するフォードの「グラン・トリノ」の姿がカッコよすぎる・・・。

けっこう重い作品ではありますが、これはときどき見直す価値のある映画だと思いました。イーストウッド映画って他には『スペース カウボーイ』(これも良い映画。ラストの "Fly Me To The Moon" のシナトラの声で泣ける)くらいしか観たことがなかったけど、他の作品も遡って観る必要があるな、と強く思いました。こういう映画好きだわー。

投稿者 B : 01:28 | Foreign Movie | Movie | コメント (4) | トラックバック

2010/04/16 (Fri.)

2012 [Blu-ray]

2012 ブルーレイ&DVD セット

B002M3UEO0

ディザスタームービーとか、地球滅亡ものとか、あまり好きじゃないんですが、割と周囲で観てる人が多かったので、私も観てみました。

ストーリーについては・・・うーん・・・多くを語るまい(笑。
良くも悪くもハリウッドのディザスタームービーで、ひととおり登場人物が出揃った時点で誰が生き残るか予想できてしまう、分かりやすい映画です(ぉ。

物語はマヤ文明の記録を根拠とした「2012 年人類滅亡説」を題材にしていますが、とりあえず地球に大災害が起きればきっかけは何でも良かったんじゃないかと思わせるアメリカらしさで(笑、個人的にはもっとマヤ文明周りを深掘りしてほしかったところ。まあ、そのへんは劇場公開前後にテレビでさんざん特集されてましたが・・・。

この手の映画は得てして群像劇になりがちですが(実際そうなってますが)、登場人物は多いもののこの映画の主役はなんだかんだ言って壮大な CG ですね。噴火や地割れといった災害、巨大な方舟といった CG 表現はいかにもハリウッド的な迫力にあふれています。

まあでも見終わった後に残るものもあんまりないんですけどねー(´д`)。脳みそ空っぽにして映像と音響を楽しむが吉だと思います。

投稿者 B : 23:59 | Foreign Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック

2010/02/02 (Tue.)

THIS IS IT [Blu-ray]

やっぱりこれは買っとかんといかんでしょう。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT [Blu-ray]

B002UHJ9EO

まあ、私は別に昔ムーンウォークの練習をしたクチじゃないし(ぉ、世代的にはちょっと下なんですが・・・。"Thriller" なんて幼稚園の頃だし、セールス的なピークはたぶん私が小学生くらいの頃までだったかと。でも、とんねるずあたりがよくパロディやってたこともあって、幼心に印象に残っている曲も多いです。というかこの音楽映画に収録されている楽曲のほとんどが知ってる曲、というのはある意味すごいことかと。

私は大学の頃からもっぱら R&B/ソウルしか聴かない人ですが、マイケル・ジャクソンについては「白人になりたい黒人」は私の趣味の本流じゃないと思ってあえて避けてました。でも彼の没後、数え切れないほど放送された追悼番組で改めて楽曲を耳にして、彼の楽曲の良さや R&B というジャンルの普及に与えた影響(国内では、当時の久保田利伸あたりはかなり強く影響を受けていたはず)は本当に大きかったことを再認識。劇場公開には都合がつかず行けませんでしたが、BD は絶対買おうと思っていました。

この映画はマイケル最後のワールドツアーになるはずだった "THIS IS IT" ツアーのリハーサルおよびメイキング映像を整理したもの。ドキュメンタリー的にまとめつつ、楽曲についてはリハーサルステージの映像なので、あたかもライヴ会場で観ているような感覚を味わえます。いろんなソースの映像をかき集めてきているので、HD と SD の映像が混在したりして見づらく、画質的にイマイチな部分もありますが、それでもやはり映像でこれだけグルーヴ感が伝わってくるアーティストというのもやはり稀ですね。自宅で一人で観るのも良いですが、映画館で他のお客さんとの一体感を味わいながらパフォーマンスを堪能したかったなー、と改めて思いました。
また、ドキュメンタリーの部分からは、今までの映像からはなかなか窺い知れなかった、彼の優しさと純粋さ、そして「人を楽しませる・驚かせることにとにかくこだわる」姿勢がとても深く伝わってきました。やはりそういう本質あってこそ、世界最高のパフォーマーたり得たんでしょうね。

まだ本編を観ただけですが、この映画を芯まで楽しむには本編よりも長い特典映像を全て観るべきらしいです。私はあまり特典映像までじっくり観ないほうですが、この作品はその価値あるかも。本編のほうも繰り返し楽しんで良し、BGM/BGV 的に流して良し、なので、モトが取れるくらい堪能できる BD だと思います。私は今も "Smooth Criminal" の無限ループが頭から離れません(笑。

投稿者 B : 00:55 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2010/01/03 (Sun.)

2010 年 [Blu-ray]

2010 年の正月休みに絶対観るつもりだった BD を鑑賞しました。

2010 年 [Blu-ray]

B001U54KPU

言わずと知れた『2001 年宇宙の旅』の続編にあたる作品です。DVD も持っているのですが、繰り返し観ている『2001 年~』と違い、最後に観たのが 7~8 年前なので、正直断片的にしか記憶になく、新鮮な気持ちで再鑑賞しました。

本作は前作『2001 年~』で置かれた謎のいくつかの解決編という位置づけをとっているので、『2001 年~』だけでは分からなかった部分が明らかにされ、また希望をもたせてくれるラストのおかげで鑑賞後はある程度スッキリした気分になれます。が、肝心のモノリスの正体が不明であったり(小説版では描かれているようですが)、映画そのものが説明的なつくりで『2001 年~』が持っていた神秘的な要素に欠けているのがちょっと残念なところ。SF 映画のありようとしてはこれで良いのだと思いますが、映画表現の素晴らしさという点では『2001 年~』より地味な印象は否めません。でも原作のアーサー・C・クラークが『2010 年』の映画化にあたりキューブリック以外の監督を要望したとのことなので、クラークが表現したかったのはこういう方向性なのだろうと思います。

BD 的観点では、画質はこれよりもはるかにオリジナルマスターが古いはずの『2001 年~』に比べても明らかに精細さに欠け、BD の画質としては物足りないものです。もちろん DVD のアップコンに比べれば全然きれいなのですが、マスタリングに愛がないなあ・・・と言わざるを得ません。まあ『2001 年~』に比べると地味で知名度も低い映画なので、あまり予算を割いてもらえていないのでしょうが、それにしても残念です。

舞台となった 2010 年(劇中では年単位での航行という設定なので、実際の木星圏での出来事は 2012 年頃だと思われますが)を現実の今と見比べてみると、劇中ではソ連が健在で米ソの冷戦構造がまだ続いていたり、パンナム航空が存続していたり、当時では考えられもしなかったような変化が起きていることが確認できます。小道具に目を向けても、コンピュータの UI は劇的に変わっていますし、そもそも劇中ではブラウン管モニタがまだ主流だったり、やはり「時代だなあ」と思わせる表現が多数見られます。
でも、HAL 9000 の主記憶装置であるホログラムメモリはまだ実用化されておらず、それ以前に有人の木星探査船が飛ばせるところまで宇宙開発が進んでもいません。そういう意味では、まだまだ人類は 40 年前に我々が想像したレベルを超えられていないのかもしれません。

劇中では匂わす程度で説明もほとんどありませんが、小説版では衛星エウロパに生命体がいる設定がはっきりと描写されているらしいですね。木星というロケーション、2010 年というタイミングから考えても、今年公開予定のあの映画で描かれる「来るべき対話」は、クラークの小説にかなりのインスパイアを得ているものと推測されます。作中にはオマージュ的な表現がいくつか見られるので、改めて探してみるのも面白いかも。

投稿者 B : 20:10 | Foreign Movie | Movie | コメント (1) | トラックバック

2009/12/30 (Wed.)

AVATAR @TOHO シネマズ 六本木ヒルズ

話題の 3D 映画を私も観てきました。

AVATAR

AVATAR

正直なところ、あらすじを知った時点ではさほど興味が湧かなかったのですが、今年は 3D 映画元年、来年は 3DTV 市場も立ち上がってくるとあって、今年の 3D 映画の決定版ともいえる本作は観ておかねばならないだろうと思い、劇場に足を運んでみました。

ストーリーは最初の 30 分でオチまで読めてしまったくらい、「いかにもハリウッド」な展開。主人公ジェイク・サリーの下半身不随という設定が、アバターとしての彼との対比という演出に生きているなー、と感心した程度でした。
でも映像表現や惑星パンドラの設定、クリーチャーやメカの設定など、ディテールの作り込みや背景設定が素晴らしく、それがこの物語の舞台となる「パンドラ」のリアリティであり、この映画の見どころのすべてじゃないかと思います。『ナウシカ』~『もののけ姫』あたりのジブリ映画と 90 年代以降の SF 映画や日本のアニメ作品の影響を受けているような描写も散見されましたが、逆にそれらが 3D で表現されるとこうなるのか、という点では興味深いものでした。

肝心の 3D に関しては、私が行った六本木ヒルズは東宝系なので、「XpanD」という方式を採用していました。

XpanD 方式の 3D メガネ

これがその 3D メガネ。3D 映画には XpanD・RealD・IMAX・Dolby 3D の 4 方式がありますが、XpanD は今のところ最大手のようです。
このメガネがまた重くて・・・しかもアメリカ人仕様なのか、鼻あてが低くて、日本人としては標準的な鼻の高さだと思われる私でも、しょっちゅうメガネの位置を直していないとずり落ちてくるという有様でした。なるべく落ちてこないように、と頭の角度に気を遣っていたら、肩が凝って仕方がない(´д`)。重さに関しては時間(に伴う技術の進歩)が解決してくれるとして、メガネの形状についてはもう少し日本人に最適化するなり、バリエーションを用意するなりすべきじゃないかと。
ちなみにこのメガネですが、左右のレンズにシャッターが内蔵されていて、映像に連動して左右のシャッターが交互に高速で開閉することで視差を作り出し、立体感を見せているようです。その動作のための受光部が眉間のところにあるので、メガネの位置を直そうとして指でメガネの中央部を押すと、受光できなくなって一瞬映像がブレるという・・・。ちなみにこの方式ではどうしても映像が暗くなりがちなのも、欠点と言えば欠点ですかね。

私は CEATEC などの展示会を除けば、作品としての 3D 体験は今回が初めて。映画が始まってしばらくは 3D の映像に慣れず、少し違和感があったのですが、ものの 10 分もすれば目が見方を覚えたのか、だんだん分かってきました。この作品自体が 3D を分かりやすく見せるための演出をしてくれているせいもありますが、確かに 3D は面白いですね。物が手前方向に飛んでくるときはつい避けそうになってしまいますし、滝から落ちるシーンでは身体の丹田のあたりの重力がすっと抜けるような不快感を覚えました。周りを見てもそういうシーンで声を上げたり、体をつい動かしてしまう人が少なくないようで、それだけのリアリティと没入感があるということなのだと思います。
ただし欠点もあって、上記のメガネの問題や映像の暗さの問題だけでなく、前方の座席(私は前から 5 列目中央の席でした)ではスクリーン両端での視差が大きくなるのか、画面の左右では映像がブレて見えるという問題がありました。おそらく後ろのほうの席では軽減されるでしょうが、立体感は前方の席のほうが感じられると思うので、3D 上映では今まで以上に座席のポジション取りが重要になる気がします。

六本木ヒルズの TOHO シネマズには今回初めて入ったのですが、やはり外国人やカップル客がかなり多いですね。本作は 3D 上映の話題性で来ている人が多いと思いますが、照明が落ちてから最前列でデジカメのフラッシュを焚いて自分撮り(おそらく 3D メガネをかけている姿を撮っていたと思われる)している外国人客がいて、かなりゲンナリしました(´д`)。

あ、ちなみに東宝系の映画館限定で、本編直前の宣伝で FFXIII の 3D 版トレーラーが上映されます。もともと 3D 映像のために作られた映像ではないものを無理矢理 3D 化しているようで、映画本編と比較すると 3D 映像表現としては今一歩な感もありますが、今まさにプレイしている見覚えのある映像が 3D で観られるというのはちょっと感動モノです。FFXIII プレイヤーであれば、この映像を観るために東宝に行く価値があるかもしれません。

投稿者 B : 18:20 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2009/12/22 (Tue.)

ハリー・ポッターと謎のプリンス [Blu-ray]

ハリー・ポッターと謎のプリンス [Blu-ray]

B002PCPJ8E

ハリー・ポッターシリーズ最新作の BD。劇場にも足を運びましたが、お約束ということで買って観てみました。

回を重ねるごとに暗く重くなり、ファンタジー活劇というより物語の核心や登場人物の内面に迫る展開になってきているので、初期のシリーズとは異なり子どもと一緒に楽しめるような作品にはなっていないと思います。また、連作の完結編一歩手前にありがちな展開として、内容的にはやや「つなぎ」の側面が強いことも確か。長い映画なので、ちょっと気合いを入れないと観れない点は否めません。
また、原作のほうは巻を重ねるほど長くなっているにも関わらず、映画のほうは基本的に尺が変わらないので(最終話は前後編になるので時間的に長くなりますが)、ストーリーのまとめかたにややムリヤリ感が出てきているような気がします。登場人物の行動の動機が描ききれておらず、ラブストーリーの要素が強まってきた本作では「えっ、何でそこでそうなるの?」と思ってしまった場面もちらほら。うーん、これはやはり原作読まないといけないかなあ・・・。

今作は全般的にアクションシーンが少ないので、そういう向きには物足りないかもしれませんが、そのぶんクライマックスでのダンブルドア校長の見せ場にはグッとくるものがありました。最終章はたくさんの登場人物が死にそうなので、その点ちゃんとした見せ場のあったダンブルドア校長は幸せかもしれません(笑。

画質的にはおそらくシリーズの中で最も暗く、色あいの少ない画だと思うので、ディスプレイの調整が難しいところ。あまりコントラストを強めすぎないで階調を残しつつ、でも暗部の表現が特に難しいので、やっぱり通常の液晶テレビだと辛いものがありますね。手持ちの BRAVIA X5050 ではスタンダードモードベースだと黒浮きが気になり、シネマモードベースだと逆に黒が潰れてしまってディテールがつかめない。プラズマか DLP プロジェクタ、あるいは部分制御 LED バックライトの液晶テレビ(BRAVIA XR1 シリーズとか)で鑑賞したいものです。

投稿者 B : 23:06 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2009/08/01 (Sat.)

2001 年宇宙の旅 [Blu-ray]

2001 年宇宙の旅 [Blu-ray]

B001CUUMFU

高価な BOX セットしか発売されていなかったのが、最近になってようやく単品販売が開始されたので、買いました。以前 BS hi で放送していたときにエアチェックしていなかったので、ずっと楽しみにしていました。

ストーリーに関しては今さら言うこともありませんが、やっぱり HD 画質で観る『2001 年』は感動が一枚上。40 年も前の作品なので、HD といっても限界があり、最近の CG ベースの作品に比べればディテールは甘めだったり、逆に映像処理でエッジを少しきつめにしすぎかな?と感じる部分もありますが、この作品を HD で観られる幸せに比べれば、些細なこと。ただ、音はダイナミックレンジ、S/N ともに今一歩かな、といったところで、それだけがちょっと残念。

でもそれよりも気に入らないのは売り方やパッケージングで、単品売りがここまで遅れたことに加えて、なんでジャケット絵がスターチャイルドなんだ!『2001 年』のジャケットといえば宇宙ステーションからシャトルが発射されているあのイメージイラストと相場は決まっているし、スターチャイルドが出てくるとネタバレもいいとこ(´д`)。こればっかりはちょっと興ざめですね・・・。

そういえばあと半年でこの映画の続編の舞台となった 2010 年ですねえ。Blu-ray はもうリリースされているので、来年には必ず観ようと思っています。

投稿者 B : 20:01 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2009/07/18 (Sat.)

ハリー・ポッターと謎のプリンス @TOHO シネマズ ファボーレ富山

さっそく観に行ってきました!

ハリー・ポッターと謎のプリンス

原作は完結したとはいえ、公開直後はネタバレを考えるとあまり突っ込んだことが書けない(^^;

毎回楽しみにしているこのシリーズですが(ちなみに原作は読まずに映画で楽しんでる)、今回も期待を裏切らず。ストーリーについては触れませんが、シリーズを重ねるごとに暗く重くなるこの話、今回も輪をかけて暗くなってました(笑。毎回、クライマックスには派手な魔法によるアクションシーンがあるのですが、今回はおとなしめ。でもダンブルドア校長の大きな見せ場がありましたよ!
ダンブルドア校長、初代のリチャード・ハリスが亡くなって 3 作目『アズカバンの囚人』から代わったマイケル・ガンボンは悪くないけどリチャード・ハリスに比べるとちょっと・・・と思っていましたが、『不死鳥の騎士団』と本作のダンブルドアはとても良かったです。

事前調査なしで観に行ったのですが、エンディング直後に『ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 1・Part 2』の告知(タイトルと公開時期だけ)が。あとはついに最終話かー、と思っていたら、二部構成ですか(;´Д`)ヾ。この作品をもうしばらく楽しめる時間が延びたわけだし、だんだん複雑になるストーリーを 3 時間弱の上映時間にまとめるのも大変そうだとは思ってましたが、それはそれで複雑な気持ち。
まあそれでも楽しみにしますけど!あと、たぶん年内には出るであろう BD 版も。

投稿者 B : 23:59 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2009/05/01 (Fri.)

『2001 年宇宙の旅』単品版 BD 発売決定

やっっっと出ます。

「2001年宇宙の旅」などキューブリック監督作が単品BD化 (AV Watch)
2001 年宇宙の旅 [Blu-ray]

B001CUUMFU

個人的には『スター・ウォーズ』シリーズと並んで BD 化してほしいタイトルの最上位がこれでした。一応、BD 化自体は昨年末にされていたんですが、入手方法が馬鹿高いキューブリック コレクション BD-BOX しかないというボッタクリ商法だったのでスルーしていました(´д`)。

6 月発売ということで、これは買うぞー。というか私の誕生日直前なんですが、誰かプレz(ry

投稿者 B : 20:01 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2009/03/19 (Thu.)

ブレードランナー ファイナル・カット [Blu-ray]

買ったのいつだっけ・・・というくらい前に買っておいた BD を、ようやく観れました。

ブレードランナー ファイナル・カット [Blu-ray]

B000VNST5Y

この作品は DVD も持っていて、何度か観ているのですが、最後に観たのはたぶん 8~9 年前。当時は原作『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』も読んだくらいハマった作品でしたが、今や印象的な歓楽街の映像とラストシーン以外はかなり忘れてしまっていました。なので、再び新鮮な気持ちで観ることができました。
しかし DVD 版は DVD-Video のかなり初期の頃に出たものなので、今観るとお世辞にも画質が良いとは言えませんが、この BD 版はすごいですね。最近の HD 制作の作品ほど隅々までカリカリした高画質、ということはないものの、とても 27 年前に撮られたフィルムとは思えないほど解像感が高く、発色も良いです。冒頭のロサンゼルスの夜景の作りの細かさとか、歓楽街のネオンの鮮やかさとか、DVD 版以上に鮮烈な印象を残してくれますし、ごちゃっとした街並みの細部はこうなっていたのか!というところまで、ハッキリと見て取れます。

もちろん映像だけでなく、単なる悪役ではないレプリカントたちの悲哀とか、主人公デッカードの苦悩とか、ストーリーや演出も深いのがこの映画の良さ。『スター・ウォーズ』の爽快感の逆を行く、当時の SF 映画とは一線を画す作品ですが、何度も繰り返し観る価値がある作品だと改めて思いました。それをするためのヒントを画面にいくつも浮かび上がらせてくれる BD の情報量は、やはりこの映画には必要だったのだと思います。そういう意味では、改めて BD で観るだけの価値はありましたね。

投稿者 B : 22:27 | Foreign Movie | Movie | コメント (3) | トラックバック

2009/01/16 (Fri.)

COWBOY BEBOP 実写映画化

キアヌ・リーブス主演の実写版「カウボーイビバップ」企画が始動 (eiga.com)

実写版ドラゴンボールといい、最近日本製アニメの実写映画化づいているハリウッドから、次は COWBOY BEBOP だそうです。

主演はキアヌ・リーブス・・・ってなんかイメージと違うな(っていうか、スパイクは山寺宏一の声のイメージがつきすぎていて、誰が適役かと言われても難しいところ。体型と髪型的には大泉洋でも悪くない?キャラが全然違うけど・・・)。他のキャストは明らかになっていませんが、ジェットがローレンス・フィッシュバーン、フェイがキャリー=アン・モスでビバップ号の名前が「ネブカドネザル」だったりしそうなイメージが強すぎて、なんとも(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 23:57 | Foreign Movie | Movie | コメント (1) | トラックバック

2008/12/26 (Fri.)

魔法にかけられて [Blu-ray]

魔法にかけられて [Blu-ray]

B0019BE31Q

娘へのクリスマスプレゼントのつもりで買ったら、大人がけっこう楽しんでしまった作品。最近の我が娘は「お姫様になりたい」時期らしく、そういうものにすぐ反応するんですよね。で、『美女と野獣』とか『34 丁目の奇跡』の DVD を見せたら良い感じでツボにはまっていたので、これも行けるんじゃないかなと。

昨年公開されたディズニーの実写×アニメ映画ですが、これが意外と面白い。ファンタジーの世界の住人が現実のニューヨークに現れたらどうなるか・・・という作品で、確かにディズニー映画やミュージカルでよくある光景って現実世界でやったら異常だよなあ、というのをコミカルに描いています。主人公(男性のほう)が弁護士だったり、設定や話の展開が『34 丁目の奇跡』に近いですが、でもこういう話がアメリカらしいんだろうな、と思います。あと、いろんな映画(ディズニー映画以外も)へのオマージュ的な演出が見られたり、いろんなおとぎ話(シンデレラや眠れる森の美女など)がごちゃごちゃになったような展開とか、作り手が楽しんで作っているんだろうなというのがよく分かる映画。でもって、アラン・メンケンの楽曲が相変わらず良い。

音質も良いのでシアターシステムのリファレンスにも使えそうだし、案外買って良かった作品だと思いました。

投稿者 B : 23:59 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2008/12/03 (Wed.)

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 [Blu-ray]

こないだ劇場で観たところだと思ったのに、もう BD 発売なんて。

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

B001G9U55Y

ということで、さっそく買って観てみました。

こないだ観たばかりなので、基本的な感想は変わらず。クライマックスはいかにも B 級くさいというかクオリティが高いだけでやってることは B 級そのもの?という感じですが、その分ルーカスとスピルバーグが作りたいものを作ったんだろうな、というのがよく伝わってきました。でも、個人的にはあのクライマックスはないわー・・・。
あと、謎解きやトラップ系が少なく、謎解きがあってもインディがあっさり解いてしまうので、緊迫感は薄いですね。逆にアクション映画お決まりのカーチェイス(2 度も)に始まって、アクションや迫力ある映像のオンパレードなので、昔に比べるとライト感覚のアクション映画になっています。

劇場に比べると、BD 版は(少なくとも渋東シネタワーに比べると)高精細感があって HD 映像を楽しめたのですが、画質面ではナスカ(ペルー)の乾いた空気感みたいなものは、劇場(フィルム上映ですかね?)のほうが出ていたような気がします。

ファンサービス的な部分が多く、そういう点では楽しめる映画ですが、繰り返し鑑賞するなら旧 3 作のほうが、やっぱり良いかな。

投稿者 B : 21:34 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2008/11/26 (Wed.)

ドリームガールズ [Blu-ray]

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

B000PHX4OW

劇場公開当時から観たいと思っていた映画。ジェイミー・フォックス、エディ・マーフィ、ビヨンセ・ノウルズ主演というだけでもう観ないわけにはいかないでしょう。
でも何となく忙しくて行きそびれているうちに DVD・BD が発売になり、買おう買おうと思っているうちに発売元のパラマウントが「HD DVD のみ」サポートの方針を打ち出して BD 版が販売終了、慌てて店頭在庫を確保しに行ったが時すでに遅し・・・という状況で、次世代 DVD 戦争の終結でようやく再リリースされたのを入手できました(´д`)。

そんな数奇な運命をたどったタイトルではありますが、映画として/ハイビジョン作品としては非常に良い出来。画も音も満足できるクオリティだし、何より聴いているだけでワクワクしてくるグルーヴ感が素晴らしい!ミュージカル系(といっても『シカゴ』とか『プロデューサーズ』、『ブルース・ブラザース』といったジャズやソウル系)映画が好きな私にはかなりツボでした。特に今回はソウル/R&B 方面なだけに・・・。
内容的にはこの手のミュージカル映画にありがちなサクセスストーリーで、イマイチ山もなければオチもない微妙な物語ではあるんですが(まあ、アメリカの音楽業界を描いた客観的なサクセスストーリーとしては、これはこれであり)、やはり中で使われる音楽と歌声が素晴らしい。ビヨンセ(Destiny's Child のリードヴォーカルというよりももう「ビヨンセ」個人としてのほうが有名か)って歌がうまいのは知ってるけどこんなに美人だったっけ?というのもあるんですが、途中でメンバーとトラブルを起こして脱退する当初のリード、エフィ役のジェニファー・ハドソンの歌声が素晴らしい。劇中の The Dreams デビューのシーンには、本当に鳥肌が立ちました。

この映画ですが、Diana Ross & The Supremes をモデルとしたブロードウェイ・ミュージカルがベースらしいですね。The Supremes というと '60 年代なので遡るにしてもちょっと気合いが必要なのですが、とりあえずこの映画のサントラくらいは買ってみるかなー。

投稿者 B : 22:54 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2008/10/08 (Wed.)

ニュー・シネマ・パラダイス [Blu-ray]

ニュー・シネマ・パラダイス [Blu-ray]

B000YL90DI

BD で観ようと思っていた映画のひとつ。今さら紹介するまでもない名作だと思いますが、実は今まで観たことがなかったのですよ。あらすじは知ってましたが・・・。映画好きを自称する割に、『2001 年宇宙の旅』を初めて観たのは 2001 年になってからだったし、意外と「名作」と呼ばれるものをちゃんと観ていないので、我ながら反省。

約 20 年前の映画ですが、BD のおかげか古さをほとんど感じさせないくらい鮮明な画質。フィルムの画なのでビデオ撮りのものほどディティールの精細さはありませんが、それでもこの古い作品がフィルムの質感を残しつつよくここまで高画質にできたなあと・・・それだけマスターの画質が良かったということなのでしょう。どうもこの BD のマスター自体は 5 年ほど前の DVD リリース時に作られたものっぽいので、なるほど、という感じですが。

個人的にはカンヌで評価される系の映画ってあまり得意ではないんですよ。フランスというお国柄かもしれませんが、緩急なく淡々とした作風が多く、ちょっと苦手。でもこの映画は途中ユーモアも交えつつメリハリある展開なせいか、だれることなく没入できました。
ストーリー、というか、演出も良いですね。途中で語られるおとぎ話とか、アルフレードがそれを語った意味とか、各々のエピソードの間の空白とか、ラストシーンに込められた想いとか、受け取り手のほうで自分なりに解釈する余地を与えてくれているのも良い。説明しすぎず、かといって突き放しすぎず、という制作者との距離感が。

なんでこんなに良い映画を今まで観ていなかったのだろう、とちょっと後悔。空気感として『グッド・ウィル・ハンティング』にも通じるものを感じました。今まで自覚してませんでしたが、意外とこういう映画、好きなのかもしれません。定期的にまた観たいと思える映画。

投稿者 B : 01:20 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2008/09/21 (Sun.)

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド [Blu-ray]

この夏で三部作の BD を観てしまおう、と思っていたのを、ようやく完了。長いのでなかなか時間が取れなかったんですよね・・・暦上はぼちぼち秋ですが、涼しくなる前になんとか観きりました。

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド [Blu-ray]

B000VBH9AM

デッドマンズ・チェスト』の続編、三部作の完結編ということですが、キャストから何からさすがに豪華。最近のハリウッドでアジア関連というとチョウ・ユンファかジェット・リーばかりなのが気になりますが、〆に相応しい盛り上がりでした。
前二作と同じく、このシリーズは展開が急すぎ(尺は長いけどそれでも詰めこみすぎ?)でストーリー展開にちょっと置いてけぼり感があるものの、最新の映像表現や散りばめられたユーモア、不思議なジャック・スパロウのキャラクターで十分に楽しめる内容になっています。最後が必ずしもハッピーエンドでないあたりはちょっとディズニーらしくないですが、当初の設定がそういう伏線になっているのね・・・という。

ディズニーとかジョニー・デップとかいうネームバリューに関係なく、面白い作品だったと思います。次は何を観ようかなあ。

投稿者 B : 21:02 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2008/08/08 (Fri.)

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 @渋東シネタワー

最近映画づいてますが。

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国

B0015U3N5S
(↑は旧作の DVD-BOX)

この夏楽しみにしていた映画のひとつ。これもそろそろ上映期間終了ですが、何とか間に合いました。もちろん、DVD-BOX(初版の発売日に買ったのに、まだ観てなかった)を観て復習していきました。

19 年ぶりの映画化にも関わらず、相変わらずのジェットコースターっぷりで、2 時間あまりの時間があっという間。前半は本編とはあまり脈絡のない話だったり、後半のオチもそっちに行くかー!みたいな感じでツッコミどころは満載でしたが、やっぱりあまり深く考えずに楽しんでしまうのが、このシリーズの楽しみ方だと思います(誰でも知っているような神話やオカルトを万人受けのエンタテインメントにまとめた分、深い考証を始めると矛盾が目立ってきてしまうので・・・)。

しかしハリソン・フォードももう 66 歳。アメリカ大統領役まで経験した、もう老齢の大スターだと思いますが、まだまだアクションがんばってますねー。さすがにダイナミックなスタントはマット役のシャイア・ラブーフに譲ってますが、それでも自身が演じているアクションは私の父親より年上の人とは思えない(笑。

インディ・ジョーンズシリーズには昔から細かなファンサービスが多いですが(冒頭のパラマウントロゴからオーバーラップするイントロとか、毎度決まってあるカウボーイハットの演出とか、『魔宮の伝説』に出てきた「クラブ オビ=ワン」とか)、今回も父親役のショーン・コネリーが写真だけ出演していたり、ファンならニヤリとさせられるネタがこまごま仕込んでありました。
ラストのカウボーイハットの演出は、むしろ「もう一作やるよ」という無言の宣言かとも思いましたが(実際、パラマウントとは当初から 5 作分の契約があるらしい)、今から準備しても公開できる頃にはハリソンももう 70 歳近く?さすがに、ないかなあ・・・。

さておき、BD のリリースが楽しみな映画の一つです。

投稿者 B : 23:12 | Foreign Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック

2008/07/15 (Tue.)

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト [Blu-ray]

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト [Blu-ray]

B000NOKEGS

呪われた海賊たち』に続き。

2 作目を観て改めてよく分かったんですが、ジャック・スパロウってヒーローというよりは三枚目ですね。ハッタリと度胸で生きてるキャラだということがよーく分かりました。そのキャラクター設定とジョニー・デップのクネクネした動き(笑)が、CGI や SFX 以上にこの作品をエンタテインメントに仕上げているんだと思います。

物語の中盤くらいまではどちらかというとコメディ色が強く、アクションというよりはドタバタ劇かジャッキー・チェンのような展開(『101』などのディズニー系実写映画も同じような演出でしたが、今回はけっこう極端)。正直ストーリーなんかどうでもよく笑い転げてしまいましたが(ぉ)、内心ちょっとベタすぎてくどいとも感じていたため、それだけなら 1 作目のほうが作品として面白かったな-、と感じていたところ、終盤になって急展開。
この手のシリーズものではよくある、大筋ではストーリーが繋がっているものの一話完結だと思ってましたが、えーそんなところで続くの!しかもそこでそいつが出てくるの!というラストにすっかりしてやられました。

ああたぶんちゃんと三部作で完結するようにできてるのね、というのが予想される展開ではありますが、早く続きが観たい!と思わせるうまい演出。実は 3 作目の BD も既に買ってあります(ぉ。

投稿者 B : 23:59 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2008/06/08 (Sun.)

プロデューサーズ [Blu-ray]

ブロードウェイ系のミュージカル映画、けっこう好き。

プロデューサーズ [Blu-ray]

B000HDZ94M

頭カラッポにして楽しめる映画です。冒頭から登場する主役二人がいきなり濃いキャラで衝撃を受けるんですが、その後に出てくるキャラがみんなさらに強烈(笑。
作中の笑いは正直言ってあまり品のあるものとは言えないし、劇中劇(ブロードウェイのプロデューサーがわざと失敗作を上演して不正な利益を上げることを目的に、最悪の台本・演出・役者を集めるというストーリーで、その劇中劇)は悪趣味ですが、それでもゲラゲラ笑わせてもらいました。同系統の映画だと『シカゴ』も面白かったですが、笑えるという点ではこの作品は『シカゴ』を超えているかも。

ミュージカル映画が嫌いでなければ一度観てみる価値ありだと思います。おすすめ。

投稿者 B : 19:36 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2008/05/25 (Sun.)

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち [Blu-ray]

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち [Blu-ray]

B000I2IQ1A

劇場公開時から観たいと思いつつ機会がなかった作品ですが、やっと鑑賞。
DVD 発売→BD まで待つか→BD 発売→トリロジー BOX まで待つか→『ワールド・エンド』発売→トリロジー BOX なしかよ!どっちにしても冬に観る映画じゃないし、夏まで待つか→やっと購入 という順序でようやく買いました。

ディズニーということであまり難しく考えずに楽しめる作品です。殺陣の持って行き方なんて特にディズニーらしく、ニヤリとさせられる演出が盛りだくさん。弓矢装備してないオーランド・ブルームはやっぱりイマイチですが(ぉ、ジョニー・デップ扮するジャック・スパロウ船長の演技はやっぱりすごい。どんなキレたキャラにでもなれる俳優って彼を置いて他にいないんじゃないかと思います(ゲイリー・オールドマンもキレた役が多いけど、比較的似た傾向のキャラが多い)。

月並みな感想ではあるけど、やっぱりディズニーランドのアトラクションがそのままスケールアップして映画化されたような作品、というのが最も適切な表現じゃないですかね。画質もかなり高いし、繰り返し楽しめそうな作品です。

投稿者 B : 20:46 | Foreign Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック

2008/03/21 (Fri.)

2001 年宇宙の旅

残念なことに、アーサー・C・クラーク死去のニュースが。・・・ならば、週末は改めてこの DVD を観るしかないなあ。

2001 年宇宙の旅

B000IU4MYC

今なおあらゆる SF 作品に影響を与え続けるほど世界の SF 映画史に燦然と輝く、誰もが少なくとも名前くらいは知っている作品でしょう。私も大好きな映画ですが、初めて観たときには、終盤の展開が理解できず、観終わった後に悶々とした気持ちを抱えたものでした。
でも、とても 30 年以上前に公開された作品とは思えない宇宙表現のリアルさや、映像とクラシック音楽のシンクロに深い感動を覚えたのは事実で、序盤のやや冗長とも感じるヒトザルのシーンや抽象的世界観に至る後半はさておき(ぉ)『青く美しきドナウ』が演出する宇宙旅行のシーンはそれはもう繰り返し観たものです。というか、(長いのでなかなか通しで観る時間が取れないことを除けば)苦痛を感じずに最後まで観られるようになったのは実は比較的最近のことだったりしますが。

あのモノリスの正体は何なのか?HAL9000 が暴走した原因は?終盤のシーンは何を意味しているのか?など、多くの謎が説明もなくちりばめられた作品であり、確かに難解で、見方によっては主題が全然違うものに読み取れるのですが、逆にそのことによって今でも観るたびに新しい解釈や感動が生まれてくる、稀有な作品だと思います。クラークの書いた小説版ではもっと説明的な内容になっているようですが、私はあえてあのキューブリックの映像表現こそがこの作品の醍醐味だと思っています。

私が持っている DVD は、入手困難になってからたまたま(富山に住んでいた頃)近所のレンタル DVD 店のセルコーナーで売れ残っていたのを見つけ、狂喜して買った初回限定版(カットフィルムつき)。我が家の DVD コレクションの中でも宝物のひとつです。
実は少し前に BS hi で HD マスターでオンエアしていたのをオンエア後半に気づいて愕然とした経緯があり・・・本当にチェックしておけば良かった・・・。BD が出たら必ず欲しい(米国盤は発売済みだけど、国内版は未発売)と思っていますが、これだけの作品であれば発売されないわけがないので、その日を楽しみにしていようと思います。BS hi で観た限り、HD に十分堪えうる画質を保っているようですし。

いろんな意味で、40 年も前にこの作品が生まれたことに尊敬します。合掌。

投稿者 B : 01:45 | Foreign Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック

2007/12/09 (Sun.)

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [Blu-ray]

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [Blu-ray]

B000WGUSTK

リリース時に BD が出るものはもう DVD じゃなくて BD で買うでしょうということで。『炎のゴブレット』の BD 版もついでに購入。初期の 3 作品は発売が遅れているようですが、5 作まとめて買ったらさすがに財布がもたないので、遅れてくれて助かったかも(´д`)。それにしても、劇場公開から半年足らずで BD が出てしまうなんて、良い時代になったものです。『賢者の石』が出た頃は DVD ブームの真っ最中だったことを考えると、時代の流れを感じますね。

感想としては劇場で観たときと基本的には変わらず、面白いもののだんだん尺が足りなくなってきているのが明らかに分かる感じではあるんですが、改めて観ることで初見よりディテールがよく分かって深まった感じがします。
画質は今までの作品に比べると全体的に青みがかった画作りになっていて、ヴォルデモート卿の復活による恐怖や不安をうまく表現している印象。暗いシーンが多いので、液晶テレビでは黒浮きがけっこう苦しいですね。BRAVIA の画質設定ももっと追い込む価値があるかもしれません。有機 EL で観てみたい気もしますが、 40 インチクラスのものが商品化されるのはまだ先だろうし・・・。さておき、精細感に限って言うと BD 版ならではの緻密さで、もしかしたらヘタな劇場で観るくらいなら BD 版を HDTV で観たほうが良いくらいかもしれません。

『謎のプリンス』はもう来年 11 月劇場公開(全米ですが)らしいので、こっちも楽しみです。ただ、旧作をこれだけの画質で観られる状況が整ってくると、劇場もいい画と音で観られるところでないと満足できなさそうで、怖いなあ。

投稿者 B : 23:53 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2007/10/24 (Wed.)

スパイダーマン トリロジー BOX [Blu-ray]

やっと HD で堪能できる環境が整ったので、もちろん BD-BOX で購入したスパイダーマン 3。

スパイダーマン トリロジー BOX [Blu-ray]

B000UWZMR4

買った直後に単品販売の発表というあこぎな商売やってますが(´д`)、どうせ BOX 買うつもりだったからそんなの関係ねぇ!(ぉ

1・2 はとりあえず置いておいて、3 を PS3 で視聴。子どもが寝静まってからでないと好きな映画なんて観られないので、久々に MDR-DS8000 を引っ張り出してきました。しかし、今さら赤外線伝送のワイヤレスヘッドホンもないよなあ・・・と、電波式のが欲しくなる始末(´д`)。
映画自体は劇場で観たときと大して感想に違いはないですが、視聴距離の違いもあってか HD の解像感は劇場よりも感じましたね。実写部分と CG 部分の継ぎ目をさほど感じなかったのにも、技術の進歩を感じます。でもやっぱり HD の底力を感じるのはサンドマンの誕生シーンじゃないでしょうか。砂の一粒一粒まで描き込まれた映像は圧巻としか言いようがないです。

ただ「3」は従来以上に暗いシーンが多く、さらにブラック・スパイダーマンまで登場するので、ディスプレイの黒の階調表現力を試すようなソースであることも事実。BRAVIA の「シネマ」モードで視聴しましたが、暗部の階調表現についてはもっと設定を煮詰めてやりたい気がしましたね。シンボルカラーである赤と青の鮮やかさも含め、当面のリファレンスディスクになりそうな予感。

投稿者 B : 23:54 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2007/10/19 (Fri.)

スパイダーマン 3 BD 単品販売へ

SPE、Blu-ray版「スパイダーマン3」を12月に単品販売 (AV Watch)

ちょっと!発売日に BD-BOX 買ったユーザーに対してその仕打ちはないんじゃないの。

まあ、単品が最初から出てもどうせ BOX で買うつもりだったからいいけどさ(´д`)。

投稿者 B : 23:02 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2007/08/14 (Tue.)

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 @高岡 TOHO プレックス

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

久々に劇場で映画。帰省中のほうが子どもを両親に預けて出かけやすかったりします。
ハリー・ポッターは最近はどちらかというと原作の最終巻の発売のほうが話題になっていますし、今作も公開からしばらく経ったので今さらという感じですが、私はむしろこの機会に観るためにあえて我慢していたのでした。

原作のほうは巻を重ねるに従ってどんどん長くなるのにも関わらず、映画は尺が決まっているのでだんだん消化不良になっている印象は否めませんね。がんばっている感じは伝わってきながらも、どうしてもストーリーを追うのに終始している感覚はところどころに出てきてしまっています。そろそろ映画も一作を二回に分けるとか、LOTR のように DVD で SEE を出すかしないと食い足りない感じ。重要キャラの死ですらも、けっこうあっさりと描かれてしまっているし。
でもエンタテインメント作品としては相変わらずの良い出来で、長いながらも飽きさせない演出や、年々成長する三人をはじめとしたキャストの芝居はさすがとしか言いようがないですね。メインの三人の芝居はもう「見守る」というより「見入る」芝居になっているし、今回の主要キャラであるドローレス・アンブリッジの腹の立つそぶりといったら!

もう残り 2 作となってしまったのが既に寂しい感じもありますが、このシリーズは回を重ねてもクオリティの下がらない珍しい良作ですねやっぱり。年明け~春くらいにはこれが BD で堪能できるようになるのでしょうか?良い時代になったものです。

投稿者 B : 22:33 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2007/07/18 (Wed.)

ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション

なんだかものすごーーーーーく今さらって感じですが。

ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション

B000HWY2JQ

劇場にも結局行けずじまい、DVD 発売時には BD 版のリリースも予告されていたので「待ち」状態だったんですが、最近ふと思い立ってリリーススケジュールを確認してみたら、いつの間にか「発売日未定」の欄にすら載ってないんですけどε=(~Д~;)。こりゃダメだ、と思ってとりあえず DVD でガマンすることにしました。

このテの大作って原作を先に読んだら映画を観てもがっかりするだけなので、原作読むのもガマンしてました。ほとんど予備知識がない状態で映画を観たんですが、正直それほどでも・・・。
さんざん既出なのでざっくりとしたあらすじは知っていたものの、やっぱりタイトルからしてダ・ヴィンチの作品にキリストの真実に繋がる数々の謎が秘められていると思うじゃないですか。でも実際にはダ・ヴィンチ作品が登場するのは序盤だけで、あとはキリストと教会と聖杯にまつわるお話。キリスト教に限らず信仰心が限りなく薄い私としては、キリストが神ではなく人で、妻子までいたと言われても「ふーん」という感じなんですよね・・・。仮に現実にキリストの子孫という人物が現れて「キリストは人間だった」と言い張ったとしても、よほどのことがない限り変人扱いされるだけなのが関の山だろうし。そう考えると、どうしてもストーリーが上滑りして最後まで入り込めなかったのでした。
まあ、映画の尺では原作 2 冊分のストーリーを深く描ききれるはずもなく、とにかくストーリーをなぞりつつルーブル美術館や教会の美麗な映像を見せる、に終始したせいもあるかもしれません。聞くところによると、原作ではもっと謎解きや人物描写に深みがあるらしいので、原作を読んだほうがよっぽどいいのかも。あの脚本じゃシラスは単なる狂信者だし、マヌエル司教はただの小悪党だし、リーは変なキリスト教マニアの爺さんにしか見えませんよ(´д`)。ちょっと乱暴な例えだけど、アメリカの TV ドラマあたりでじっくり時間をかけて映像化したほうが深みが出たんじゃないですかね。

期待が大きすぎたせいか、自分が日本人だからか、正直期待したわりには・・・という感じ。これなら BD 買うほどじゃないかな(´д`)。

投稿者 B : 23:47 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2007/05/02 (Wed.)

スパイダーマン 3 @チネチッタ

昨日、公開当日でしたがほかに行けそうな日も当分なかったので、仕事帰りの遅めの上映を鑑賞。毎月 1 日は「映画の日」なので、¥1,000 で観れました(^^;

スパイダーマン 3

以下、なるべくネタバレないように書きますが、観るつもりの方はご注意を。







まず、一言で言って今作は 3 作の中で一番面白かった!と言える内容に仕上がっていると思います。ストーリーの持っていきかたなんかはけっこうストレートではあるものの、芝居の良さとアクションシーンのスピード感で、2.5 時間という上映時間を短いとすら感じました。

正直なところ、ハリー以外のヴィラン(悪役)が悪事をはたらく理由にちょっと無理があったり、最終的にはオチをムリヤリまとめてしまった感は残るものの、このシリーズに限っては「戦闘シーンはむしろアクションと SFX を楽しむためのもので、キモは主人公ピーター・パーカーの成長と青春の物語」として見ればいずれも重箱の隅みたいなもの。
そういえば、AV Watch の「帰ってきた買っとけ! DVD」でも、第 1 作を評して

公開時のコピーから受ける印象は「製作費166億円のVFX超大作」や、「ついに実写化した最後のアメコミヒーロー」なのだが、実は異色の青春ドラマだったのだ。
としていますが、そのとおりにピーターと MJ、ハリーの青春映画である、という観かたをすれば、周辺はあくまでエンタテインメントなんだろうなあ、と思います。

今やハリウッド随一となった悲鳴系女優(ぉ)キルスティン・ダンストも、「2」まではアメリカ人好みのヒロイン像という感じで、日本人の私にはあまり響かなかったんですが、今作では華やかなばかりではない役どころだったせいか様々な表情が見えてキレイになった印象を受けました。そしてピーター役のトビー・マグワイアの演技がいい!もともとダークヒーロー的な側面を持つ「スパイダーマン」というキャラクターですが、ダークサイドに堕ちていくに至る機微とか表情みたいなものを(演出はベタすぎてイマイチな部分もあったものの)よく表現していて、感心してしまいました。

でも今作で個人的に最も良かったのは、ベンおじさんやメイおばさん、オズボーン家の執事バーナードなどの存在ですかね。今までのシリーズでは、老人は示唆や教訓の象徴だったと思うのですが、今作では主人公(たち)がダークサイドに堕ちるというストーリーだからか、彼らが救いの象徴として描かれているのが非常に印象的でした。観ていてやきもき、イライラ、ハラハラする展開になってくると、必ず彼らが救いの手をさしのべてくれる。観ている側もそこで救われたような気持ちになったのは、それだけ感情移入させられてしまった証拠でしょうか(笑。

全体のストーリーとかをみてしまうとアメリカ的な単純さを感じてしまってイマイチかもしれませんが、そういうポイントを抑えて観るとすごく良い映画だと思います。スパイダーマンマニアではない私ですが、もう一回観に行っても良いくらい。

投稿者 B : 23:58 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2007/04/27 (Fri.)

三銃士

こないだ、たまたま NHK BS2 で放送していた『仮面の男』(の最後のほうだけ)を観たら、急に三銃士モノが観たくなって、ライブラリから引っ張りだしてきて鑑賞。

三銃士

B000BKDREA

ディズニー(の実写)映画だけあって、ものすごく分かりやすいシナリオです。配役というかキャストの演技も明快で、主人公は主人公らしく、悪役は悪役らしく振る舞っているのがとても好ましい(笑。とはいえ、アニメばりに分かりやすい演技のメインキャストとは対照的に、ルイ 13 世や悪女ミレディなんかはけっこう微妙な役どころ(でも名台詞満載)をうまく演じているなーという印象。
比較的初期に DVD 化されたタイトルなので、480i のブラウン管テレビで観ても微妙にアラが目立ったりしますが、短めのストーリーでシンプルかつ痛快な内容なので、見終わった後にけっこう爽快感があるのはやっぱりディズニー映画だからでしょうか。ただ、アニメ三銃士世代としてはアラミスが男なのが物足りない(ぉ。調べてみたらアニメ三銃士も DVD-BOX が出てるのね・・・買うほどではないけど、20 年ぶりくらいにちょっと観てみたいような。

投稿者 B : 23:49 | Foreign Movie | Movie | コメント (1) | トラックバック

2007/02/07 (Wed.)

天使にラブ・ソングを・・・

久々に少し時間に余裕ができたので、映画でも。ライブラリの中から気負わずコンパクトに観れる作品のひとつです。

天使にラブ・ソングを・・・

B000BKDRB8

音楽・ミュージカル系の映画好きなんですが、やっぱりこの映画は特に好きな作品ですね。もともとゴスペル好きというのもあるけど。
途中、シスターたちがいきなりうまくなりすぎるのがちょっと違和感で、本当はデロリスが下手な連中を苦労しながら指導していく様子とかもちょっと見たかったので(その様子『2』ではちゃんと描かれてますが)そこはちょっと物足りないかなー。地域に奉仕するシーンを半分にしても描く価値があったと思うんですが。

客観的にみて、この作品の音楽(というよりゴスペルという音楽がそうなんだろうけど)ってやっぱり仏教というか無信仰な現代の日本人にはなかなか理解されないんじゃないかな、と思います。"Lord" の意味がちゃんと分かっていないと(まあ、私も日本人なので頭でしか分かってないですが)客観的にみると新興宗教団体の教義となんら変わらないように見えそうというか・・・。でも、アメリカという社会に生きている彼女たちにとって、"Lord" に向けて歌うことこそが救いなのかもしれない、むしろ歌うこと自体が彼女たちにとっての "Lord" なのかもしれない、と思います。我々が彼らの歌を聴いて感動するのは、単にグルーブが心地良いからではなくて、人間が根源的に持っているそういう感覚が成せる業だと信じたい。

ちなみに、たぶんこれを前に観たのは『ハリー・ポッター』シリーズを観る前くらいに昔なのですっかり忘れてましたが、修道院長って『ハリー・ポッター』でマクゴナガル先生を演じているマギー・スミスなんですね。彼女はやっぱりこういう生真面目なキャラをやらせるとハマるなあ。

ともあれ、みんな気持ちよく歌っている様子がとてもうらやましくなってくる作品です。

投稿者 B : 23:05 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2006/12/30 (Sat.)

ブルース・ブラザース

ブルース・ブラザース

B0006HBLWI

なんかここ 1~2 年、R&B/ソウルのビッグネームの訃報が続いていますが・・・ソウル/ファンクの父、ジェームス・ブラウンの訃報が・・・。2004 年にはレイ・チャールズも亡くなっているし、本当にこれで一時代が終焉を迎えたという感じです。

この『ブルース・ブラザース』は、音楽映画好きな私が最も好きな音楽映画のひとつ。ある意味めちゃくちゃな、極限まで突き抜けたコメディですが、その作風も音楽性も現代に多大なる影響を与えている作品です。アタマをカラッポにして音楽と笑いに身を委ねる気持ちよさのあまり、一時期は週に何度かはかならず観ていたほど。
ジョン・ベルーシ、ジェームス・ブラウン、レイ・チャールズという、主要キャストであり、同時にアメリカの音楽シーンに多大なる影響を与えたアーティストがもう軒並み他界してしまった作品となってしまいましたが、しんみりするよりもむしろ音楽を楽しみ、あちこちに散りばめられた笑いに素直に反応してあげるのが、彼らに対する何よりの感謝になるのではないでしょうか。

投稿者 B : 23:53 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2006/12/25 (Mon.)

三十四丁目の奇跡

三十四丁目の奇跡

B000LZ6FMG

去年のクリスマスに『34 丁目の奇跡』のエントリーを上げましたが、あれはリメイク。あの作品は大好きなんですが、今年はそのオリジナル版の DVD が売っているのを見つけたので、買ってみました。ビックで値段見ずにレジに行ったら¥500 と言われてビビりました(ぉ。

もう 60 年も前の作品なので、画質とかとやかくは言えませんが、1994 年のリメイク版の後に観ての感想。基本的なあらすじはだいたい同じですが、展開や演出、最後のオチはけっこう違いました。アメリカの政治や経済の違いが作品にも影響を与えているようで、そういう観点で見ると面白いですね。
オリジナルのほうは古いせいか、比較的淡々とストーリーが進みながらも冗長な感じは否めませんが、リメイク版は物語をうまく解釈して独自の味付けをしていてメリハリもあり、今あえて観るならリメイク版のほうが共感できる部分(ちょっと感動させようというのが見えるフシもあるけど)が多い気がします。まあ、でもこれで¥500 なら、クリスマスの余興には良いんじゃないでしょうか。メリークリスマス。

投稿者 B : 23:45 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2006/12/01 (Fri.)

007 カジノ・ロワイヤル

たまたまタダでチケットが手に入ってしまったので、日本公開されたばかりの『007』最新作を鑑賞。

007 カジノ・ロワイヤル

007 シリーズって実は今までほとんど観たことないんですけどね。

ジェームズ・ボンドが「007」になった直後の物語。007 はこうして 007 になった、というお話。

(以下、軽くネタバレあり)

若きボンドということで、派手なアクションを期待していたんですが、意外とアクションは控えめ。ボンドカー(アストンマーティン DBS)もほとんど活躍らしい活躍をしなかったし・・・。ただ、イメージ通りの完璧なボンドではなく、若さゆえ先走ってしまうところなんかは、うまく表現できていた気がします。

個人的に残念だったのは、タイトルでもあり最大の見せ場であるはずのカジノでのゲームのシーンが単純で、カジノならではの深い駆け引きもないままボンドが逆転勝ちしてしまうのが物足りず。承太郎一行とダニエル・J・ダービーのバトルのような読み合いを期待していたのに(←マニアックすぎ)。
ただ、カジノ・ロワイヤルでの戦いの後、誰が敵で誰が味方か判らなくなる展開にはスリリングな面白さがあり、そういう点では作品全体をもって『カジノ・ロワイヤル』の真の面白さを測らなくてはならないのかもしれません。単なるカードゲームを超えて、最後までポーカーフェイスでいられるのは誰だ?みたいな。
富豪が集まるカジノを舞台とするだけあってお金がかかっている映画でしたが、派手なアクションシーンを求めるか、純粋に原作の映像化を求めるかで評価が 180°変わる映画化もしれません。

しかし、ヒロインのエヴァ・グリーンは『キングダム・オブ・ヘブン』でも思いましたが、本当に美人ですね。それでいて、ヴェスパーの序盤~中盤~終盤にいたる変わりぶりを見事に演じていて、実にいい女優さんだと思いました。

投稿者 B : 23:41 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2006/11/14 (Tue.)

カッコーの巣の上で

カッコーの巣の上で

B00005HC7Y

『ショーシャンクの空に』を観て思い出した、ジャック・ニコルソン主演のアカデミー賞受賞作。

こちらも監獄(正確には精神病院ですが、テーマの捉えかたや時代背景的に)で生きる希望とか、人間らしさとは何?ということに真正面から立ち向かった作品です。
精神病を装って刑を逃れ、精神病院にやってきた主人公(ジャック・ニコルソン)が病院の「規律」を乱し、他の患者にも様々な変化をもたらすというストーリー。『ショーシャンクの空に』の主人公の人物像とは対照的ですが、根底に流れるテーマには共通するところがあります。
クライマックスはかなり衝撃的というか・・・観ているほうも精神的ダメージを受けてしまいそうで、『ショーシャンクの空に』とはストーリー的には正反対な展開なのですが、最終的に迎える解放と浄化は、やはり相通ずるもの。軽い気持ちで観ると後悔してしまいそうな重いストーリーで、複雑な気持ちにはなるものの、心にずっしりと問いかけてくる作品です。

私はこの作品、最初は舞台で観たんです。学生時代、ごく短期間ながら芝居に熱中していた時期があって、その頃に片っ端から舞台を観ていたときに出会った作品でした。当時は小劇場系で、コメディ路線の芝居ばかり好んで観ていたところ、何となく観たこの作品にかなり衝撃を受けました。当時観た喜劇は内容なんてどれもほとんど覚えていないんですが、この作品だけは一度観ただけなのに役者の身振りから照明までしっかりと脳裏に焼きついているんですよね・・・。重いドラマが嫌いでなければ、一度観てみてほしい作品。

投稿者 B : 21:38 | Foreign Movie | Movie | コメント (1) | トラックバック

2006/11/13 (Mon.)

ショーシャンクの空に

出張の新幹線の中、VAIO type T で鑑賞した DVD。

ショーシャンクの空に

B000DZJJKE

最近自宅じゃゆっくり映画も観られません(;´Д`)ヾ。この作品はずっと前から観たいと思ってたんですが、DVD がなかなか再販されず、今年初めにようやく買ったものの、観られないままそのまま 10 ヶ月近く経っちゃいました。出張の移動時間に観ようと思ってキャリングケースに入れっぱなしになっている作品がいくつかあるものの、なんだかんだで移動中も仕事だったり不足がちな睡眠時間に充ててしまったりで、意外と観られないんですよね・・・。

私はモーガン・フリーマンとかサミュエル・L・ジャクソンとか、シブめの黒人俳優が好きなんです。ジェイミー・フォックスあたりも今のまま味を増していってくれないかな、と思ったり。

この作品はずっと評判だけ聞いていて、ストーリーもよく知らなかったんですが、冤罪により終身刑を受けた男(ティム・ロビンス)の物語。ハリウッドで冤罪・刑務所モノというと、どうしても派手な脱獄劇とか真犯人捜しとか法廷劇になりがちですが、そのどれにも属さないものでした。単純なヒューマンドラマではなく、実はたくさんの要素が散りばめられているのに、首尾一貫して全くブレのないメッセージが届いてきたのは、「希望」というストレートながらなかなか映画では真正面から扱われることのないテーマが根底に流れているからではないでしょうか。

本当は、終盤まではもっと不条理なラストを想像していたのですが、あの嵐の夜からクライマックスに至るカタルシスには、本当にグッときてしまいました。大どんでん返しでスッキリした、とか、何か教訓めいたものがあった、とか、そういう明確なものはないですが、エンドクレジットを観ながら「いい映画だった」と呆然とできる映画には、初めて出会ったかも。

ちなみに、レッド(モーガン・フリーマン)が自分のことを「アイルランド系」と言っていたのに違和感があったんですが、調べてみたら原作がそういう設定だったみたいですね。そのあたりは、映画では違った味付け(アフリカン・アメリカン的な名前にするとか)でも良かったような。

投稿者 B : 19:30 | Foreign Movie | Movie | コメント (1) | トラックバック

2006/10/03 (Tue.)

HERO ~英雄~ スペシャル・エディション

HERO ~英雄~ スペシャル・エディション

B00009RG46

何度か観てるディスクですが、RDZ-D87 を入れたのを機に DVD プレイヤーとしての実力をみるため再鑑賞。
やっぱりこの映画は芝居が良いですね。始皇帝と三人の刺客の演技がシブい、というか、ホントにウマい。ジェット・リーとチャン・ツィイーの演技が微妙に思えてしまうけど(ぉ。最近中国映画も大作づいてますが、『グリーン・デスティニー』も『LOVERS』もアクションや映像・音響以外はイマイチなんですよね。
最終的に始皇帝と残剣、そして無名がたどり着く境地は東洋独特の美学というか哲学的で、男っぽいところがありなかなか女性や欧米人には理解できないかもしれませんが、私は好きだなあ。

RDZ-D87 の画質に関しては、やはりプロジェクタ(VPL-HS10)に繋いで DVD を観ても根本的には今まで使っていた DVD プレイヤーと大差ない感じ。DVD プレイヤー自体は 4~5 年前のものなので、DAC の性能なんかは明らかに上がっているはずだけど、プレイヤーのほうも安物じゃなかったから画質的には悪くないんですよね。D87 は多少シャープネスを上げてやると少しはシャキッとするものの、最近の HDTV やプロジェクタと違って DRC-MF が入っているわけじゃないから根本的な解像感不足は否めません。D87 のデジタル放送をプロジェクタで映すと明らかに画の見通しが良くなるので、この辺が現行 DVD の限界なのかな、と。
逆に、デジタル放送をプロジェクタで映すと確かにかなりキレイには見えるんですが、最近仕事で HD 映像を観る機会が多くなってきているせいか、もう HS10 の画じゃ満足できない体になってしまった模様(´д`)。パネルも 720p 止まりだし、コントラストや中間調も物足りない(特に HERO みたいな作品だと顕著)し、とにかく黒浮きが気になる・・・。今のマンションに引っ越してからプロジェクタの設定を追い込んでないせいもありますが、早く SXRD のプロジェクタが欲しくなってきました。VW50 が早く¥50万を切ってくれないかな・・・。

投稿者 B : 13:48 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2006/05/11 (Thu.)

『スター・ウォーズ』オリジナル版が DVD 化

「スター・ウォーズ」旧3部作のオリジナル版がDVD化 -CGなどを追加しない劇場公開版。日本リリースも予定 (AV Watch)

うー、オリジナル版が出るのか。旧三部作はスター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX を持っているけど、特別篇 DVD は EP6 のラストがセバスチャン・ショウからヘイデン・クリステンセンに差し替えられていたのがどうしても納得できなかったので、新旧作画の差分チェックも含めて押さえておきたいところ。

でも今からだと Blu-ray 版六部作完全セットとかで出そうな気もするので、悩ましいけな(´д`)。値段次第かなあ。

投稿者 B : 12:59 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2006/04/27 (Thu.)

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版

B000AR94DW

まあ、一応、お約束・・・。

劇場で観たときも思ったけど、シリーズを重ねるごとに深みが増していて(ストーリーが徐々に佳境に入りつつあるというのもあるけど、もちろん役者の演技も)だんだん入り込める作品になっていっているなあと。
今のところ原作には手を出さないでいるけど、そろそろ映画じゃ登場人物の心の動きの描写が物足りなくなりつつあるので、そろそろ読んでみたい気も。

投稿者 B : 23:46 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2006/03/11 (Sat.)

ナルニア国物語 第 1 章: ライオンと魔女 @シネマメディアージュ

ナルニア国物語 第 1 章: ライオンと魔女

LOTR のヒットにディズニーが乗っかったファンタジー大作(ぉ。

ほとんど予備知識もなく LOTR のノリを期待して劇場に足を運んだんですが、いろんな意味で期待を裏切ってくれた作品でした。

クリーチャーや動物たちの動きにはかなり凝っているのは良い。残酷なシーンをあえて隠しているのも、ディズニーなので仕方のないところ。全体的に暗くなりがちなストーリーの中で、ところどころホッとするシーンが散りばめられているのも、ディズニーらしくて良いんだけど、半分演出意図だろうけど、主人公の 4 人の兄弟姉妹が(末っ子を除いて)やたらかわいげがないのが、序盤なかなか作品に入り込めなかった原因かもしれません。
意識してる割には LOTR を超えられてないというか、この尺の中でナルニア国年代記の 1 章をも収めるのはちょっと厳しかったかも。特に少年少女の心の機微があっさりしすぎていたり、時間の経過がやけに簡単に省略されていたり、という点でやけにスピーディに物語が進むな、という印象でした。特に兄妹を裏切る次男はもうちょっとちゃんと描いて良いんじゃないかなあ。
逆に悪役(この物語は LOTR と同様に、というより LOTR 以上にかなり単純な勧善懲悪)の描き方がある意味ストレートで、なまじ生身で演技をする分、「白の魔女」のほうが LOTR の冥王サウロンより全然怖いんですけど(;´Д`)ヾ。

しかし、ライオンの王・アスランの声を演じたリーアム・ニーソンは、SW のクワイ=ガンといい、KOH のゴッドフリーといい、なんか悟りの境地に達した指導者の役がすっかりハマッているようで・・・。

全体を通して、いろいろと描写のしがらみの多いディズニーなりには良く出来たエンタテインメントではあると思います。とはいえ単品でナルニア国の世界観を描ききるにはちょっと尺が足りなすぎる感があるので、7 章まであるエピソードを通じて全体的な世界観をどこまで創り上げられるか、が決め手になるんじゃないかな、と思いました。

投稿者 B : 22:58 | Foreign Movie | Movie | コメント (1) | トラックバック

2006/03/05 (Sun.)

コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション

コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション

B000BV7RP4

『Ray』を観て以来ずっと観たかった作品が、キャンペーンで安くなってたので、出張のお供に新幹線内で鑑賞。

生きていく上での「一歩」が踏み出せない、うだつの上がらないタクシードライバーと、そんなドライバーの運転するタクシーを捕まえてしまった殺し屋の物語。
噂には聞いていたけど、やっぱりあの『Ray』を奇跡のように演じたジェイミー・フォックスが、トム・クルーズを半ば喰ってしまってますね。全く別の世界に生きてきた二人が、タクシーという「密室」を通じて互いに少しずつ影響を与え合っていく、その機微が完璧に描かれてました。おそらく最後はどちらかが××ことになるんだろうな、という展開は読めたけど、最初の伏線をああいう形で使うかー。そして、××××××が事切れる間際の科白・・・このように「完成された」作品を観たのは久しぶりな気がしました。

トム・クルーズが初めての悪役(『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』のレスタトは悪役じゃなかったんだろうか?)ということで派手なアクションシーンを想像しがちなのとは裏腹に、かなり淡々と進むストーリーだけど、男なら何となく分かる気がするんじゃないかな、という作品でした。

投稿者 B : 23:59 | Foreign Movie | Movie | コメント (1) | トラックバック

2006/01/31 (Tue.)

クローサー

クローサー

B0007TW7WI

劇場公開時からちょっと観たいと思っていた作品。
スター・ウォーズ』新三部作のパドメや、今春公開の新作『V フォー・ヴェンデッタ』など、キャラクターとしての個性が強すぎてロマンスから離れている印象があった(個人的には SWEP2/3 はロマンスとは言えないと思っている)ナタリー・ポートマンが最近では珍しく「女性らしい」キャラクターを演じているので、気になっていました。

タイトルやポスター、ジャケットのイメージから、しっとりとしたラブロマンスを想像していたんですが、正直見事に裏切られました。4 人の男女がくっついたり離れたりする様子を、キーとなるシーンだけ切り出して組み立てた作品で、まず心の動きを中抜きしたフレームワークを理解するまで映画に入り込めず・・・。
最後まで自分の気持ちを素直に持ち続けた女たちと、最後まで独占欲と嫉妬に駆られてお互いを試し、騙すばかりだった情けない男たち、が全てだったのかなー。映画のつくりが解った上で見返せば、それぞれのダイアログに込められた意味など新たな発見があるのかもしれないけど。

結局私はこのテの映画が苦手なのかも、というのが鑑賞後の印象でした。逆にもう少し地味なキャストで単館系の興行だったほうが合っていたんじゃないかと。
でも、ここまで自分の愛に対してストレートなナタリー・ポートマンって、きっと『レオン』以来くらいだと思うので、そういう意味では観た価値はあったのかな。

投稿者 B : 22:40 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2006/01/24 (Tue.)

キングダム・オブ・ヘブン 特別編

やっと観れた(;´Д`)ヾ。

キングダム・オブ・ヘブン 特別編

B0007D3NIQ

またしてもオーランド・ブルームが人の嫁さんに手を出す話(´д`)。でも今度は弓矢使わないのね(ぉ。

主人公バリアンの行動の動機が理解し難かったり(妻子を亡くして自棄になっているところへ、「私はお前の父親だ」といって現れた騎士に連れられてエルサレムに向かい、そのままエルサレムの騎士になってしまう)とか、エルサレムを巡るキリスト教圏とイスラム教圏の宗教戦争がなかなか理解できなかったり(サラディンなんて高校の世界史で聞き覚えがある程度だし)、と日本人的にはイマイチ入り込めない部分も散見。
後者はクライマックスの「エルサレムの価値とは?」 「無だ。──だが、全てだ。」 で、なんとなく理解できたような気になったけど、前者は最後まで理解できずじまいだったな。

歴史スペクタクルも大規模な攻城戦もそろそろ見飽きた感はあるけど、今作の映像表現はその中でもかなりクオリティが高く(実写と CG の境界線のなさは近年の大作の中でも特に秀でていた)、映像・音響のリファレンスになりそうな作品ですね。十字軍時代の中近東情勢を勉強してから観直すと、またいろいろな発見がありそうな気もします。先に特典ディスクを観ておけば良かったかな。

同じ「キングなんとか」でも、『キング・アーサー』よりは面白かった(´ー`)。

投稿者 B : 22:38 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2006/01/18 (Wed.)

十二人の怒れる男

十二人の怒れる男

B00005TOGV

17 歳の少年による殺人事件の裁判に、12 人の陪審員が招集された――。

自分が blog で映画ネタをやるとしたら、ぜひ紹介したいと思っていた作品です。
米国での裁判の方式として採用されている陪審員制をテーマにした、法廷劇(というか陪審員室だけど)の名作中の名作。日本でも 3 年以内に裁判員制度が施行されるようですが、そういう意味でも一度観ておきたい作品だと思います。

作品はほぼ完全に陪審員室のみ(プラス、化粧室のシーンくらいはあるけど)の密室劇。シーンの切り替えもほとんどなく、12 人の議論のみでドラマが展開していく緊迫感がたまりません。そして、アメリカ人男性を無作為に 12 人一カ所に集めたらこうなりそう、というステレオタイプな登場人物たちが、客観的なつもりで実はごくごく主観的に審議している事件の真相。徐々に明かされていく真実と、一人ひとり覆されていく主張・・・淡々と進むストーリーながら、ここまで引き込まれる映画もなかなかないんじゃないかな。

モノクロで画質も期待できない古い作品だけど、映画の面白さは画質やサラウンドじゃないことを改めて認識させてくれる作品だと思います。

投稿者 B : 23:22 | Foreign Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック

2006/01/02 (Mon.)

『ダ・ヴィンチ・コード』映画化

TVCF でやってて気づいたんですが、『ダ・ヴィンチ・コード』が映画化(5/20 公開)されるんですね。

「今世紀最高のスリラー」ついに映画化! 『ダ・ヴィンチ・コード』2006 (All About)

話題作の映画化というだけでも注目なのに、トム・ハンクスとジャン・レノの競演というおまけつき。長編スリラーを映画の時間枠の中でどこまで消化できるかという疑問はあるけど、ルーブル美術館ロケもやってるらしく、映像のクオリティは期待できます。

今年は劇場に見に行きたい作品がけっこう公開されるんですが、これはその中でも筆頭かも。
とはいえ原作をまだ読んでないので、読んでから行くべきか、映像を見てから読むべきか、悩ましいところではあるけど。

投稿者 B : 10:18 | Foreign Movie | Movie | コメント (1) | トラックバック

2005/12/24 (Sat.)

34 丁目の奇跡

34 丁目の奇跡

B00006YXXU

ここ数年、クリスマスになると必ず観ている DVD。

元々は、高校時代にとある理由で通っていた英会話スクールの先生(黒人女性で、ほとんど日本語のできない人だった)に勧められた作品だったんだけど、DVD が気軽に買えるようになってようやく観ることができた作品でした。

子どもでも大人でも楽しめる作品、というだけでなく、個人的には法廷劇ってけっこう好きなので、そういう意味でもかなりツボにはまる作品なんです。素で観てもじんわりくるけど、クリスマスのシャンパンやらワインやらが入った状態で観ると、優しすぎてついつい泣けてしまう・・・(;´д`)ヾ。

投稿者 B : 21:34 | Foreign Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック

2005/11/30 (Wed.)

五線譜のラブレター 特別編

五線譜のラブレター 特別編

B0008EMLG4

私にしては珍しく単館系の作品ですが、劇場にまで行った昨年公開の音楽映画の DVD 化。買ったのは半年も前だけど、劇場で観たからと安心して買いっぱなしにしてた(´д`)。

アメリカで最も有名な作曲家の一人、コール・ポーターとその妻リンダの人生を描いた作品。映画は二人を軸に、ポーターが数々のミュージカルや映画のために作った名曲に彩られて語られます。アメリカの音楽史ではもはや「クラシック」といってもいいほどスタンダードなナンバーが多いだけに、聞き覚えのあるメロディもちらほら。しかも、ロビー・ウィリアムズ、エルヴィス・コステロ、アラニス・モリセット、シェリル・クロウ、ナタリー・コールといった豪華な面々が出演し、歌っているという、単純に音楽ファンとしても楽しめる作品になってます。

バイ・セクシュアル(というよりは、女性として愛したのはリンダくらいで、ほとんどが同性愛)だったポーターの奔放な生き様や夫婦の愛とすれ違いが、華やかな映像や音楽とは裏腹にどこか儚く、ポーターが憐れにすら見える場面がところどころにありながらも、最後はハッピーエンドの人生だったのかな、としみじみ思える、何とも言えない作品です。
たまには、ハリウッド大作以外のこういう作品(これも制作は MGM だけど)も観ないとね。まあ、公開当時は劇場は中高年のお客さんばっかりだったけど(;´Д`)ヾ。

あまりに音楽が良かったのでサントラまで買っちゃいました。

投稿者 B : 22:53 | Foreign Movie | Movie | コメント (0)

2005/11/26 (Sat.)

ハリー・ポッターと炎のゴブレット @シネマメディアージュ

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

公開初日に観てきました。ちょっと高いけど e+ でプレミアシートを取っておいたので、並ばずにラクラク(´ー`)。

年々、スクリーンを通して主役 3 人の成長を見守る映画になりつつある今シリーズですが(ぉ、ディズニーランドでパレードでも観てるような感じで・・・といったらなんか陳腐な印象になっちゃいますが(;´д`)ヾ、今回も期待を裏切らず面白かったですね。

1・2 作目のクリス・コロンバスから 3 作目でアルフォンソ・クアロンに監督が代わり、前作は急に前編通して暗いイメージのサスペンスになっちゃっていましたが、今作のマイク・ニューウェル監督はイメージが大きく変わった前作の反省に立ってか(?)序盤はかなり派手なシーンの連続。クィディッチ・ワールドカップ、ドラゴンとの戦い、舞踏会といったイベント目白押しで、気がついたらクライマックスだった感じ。が、一転クライマックスは前作以上にヘビーな展開で、緩急が激しかったせいか長さを感じませんでした(長さを忘れさせてくれたのは、旧 3 作も同じだけど)。

難点を挙げるとすれば終盤に登場するあの人が思いのほか強くなく人間的なイメージだったので、本当はもっと圧倒的で強くあってほしかったな、というところですが、毎回一話完結型だったシリーズの中で初めて「次」が気になる終わり方になっていたのは特筆すべきかも。原作を読んでいないので、続編(『不死鳥の騎士団』)が早く観たくなりました。

投稿者 B : 23:51 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2005/11/23 (Wed.)

スター・ウォーズ エピソード III シスの復讐

スター・ウォーズ エピソード III シスの復讐

B0000AIRN3

ファンとしては、もう義務というか、買うのが当然になった作品の完結編。
もう劇場で 2 度観た作品だけど、特典ディスクに入っていた「削除されたシーン」では、主に EP4 以降で登場する反乱軍ができた経緯やオーガナ家との関係が大まかに描かれていて、ようやくこれで欠けていた重要なピースのひとつが埋められた感じ。その一方で、描かれ方がシンプルに過ぎるアナキンの心の動きや、グリーバス将軍弱すぎ(´д`)といったポイントについては劇場公開時とさして変わらず。

でもやっぱりこの映画の醍醐味はライトセーバーバトルに代表されるスピード感とワクワク感のある SF の表現に尽きる、というのはラストのオビ=ワン vs アナキンのライトセーバー戦に集約されていて、この EP1~3 が(それ自体が EP4~6 の魅力を超えられているかは別問題として)EP4~6 のバックグラウンドを広げる役割を担っているところは疑いようのない事実だと思います。EP3 のラストを観て、改めて EP4 から観直したくなったのは、まんまとルーカスの術中にはまっている証拠なんでしょうね。

これ Blu-ray のパッケージタイトルとして登場したらキラーコンテンツになり得ると思うというか私はスターウォーズのためだけに HD 環境を整えたいくらいなんですが(正直、ホームシアターを構築し始めたときの目的は「自宅シアターで SW を観る!」だったし)、マジで早く出ないかな・・・。

投稿者 B : 23:17 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2005/10/24 (Mon.)

ブラス!

ブラス!

B00005V1CP

これ買ったの、いつだっけ・・・というくらい前に買ってそのままラックに並べっぱなしだったのを、ようやく観ました。ユアン・マクレガー、若っ。

閉鎖寸前の炭坑で、自分たちが働く炭坑と音楽(ブラスバンド)を誇りに生きる労働者たちの物語。登場人物は皆青年から老人までの大人ですが、立派な青春物語です。

ストーリーはだいたい先が読めるというか、ひねくれたところのないストレートにメッセージを伝えてくるタイプの映画なんですが、それぞれの登場人物にちゃんとストーリーが感じられるし、何より役者の演技がうまい。中でも、ダニー(バンドのリーダー)のラストの演説シーンにはグッとくるものがありました。
ただ、バンドの実力は最初からかなり高かったという設定で、バンドの壁となるのは炭坑や労働、経済の問題ばかり。音楽的な苦労がほとんど無しにコンテストをどんどん勝ち上がっていくのには、物足りなさを感じました。また、バンドの活躍が炭坑の生活に何のフィードバックも与えない終わり方には、妙にあっさりしているというか冷たいなあ・・・という印象も。せっかくダニーが "music matter" ではなく "people matter" だという演説をしたのに、優勝したところでおしまいなの?という感じでした。
とはいえ、全体を通してハリウッド映画にはない種類の演技と感動がある良作であることは確かです。

映画自体が最近のものではない(1996 年作品)というのもありますが、DVD 化されてから時間が経っているせいか、今の作品を見慣れた目には画も音も古くさい感は否めません。作品の時代背景(1980 年代)から画作りには多少目を瞑るとしても、音はヌケが悪く、せっかくのバンド演奏が腰の入っていない音で再生されてしまい、感動も半減。特典映像削ってもいいから DTS 音声収録してよ・・・という感じですが、初 DVD 化が 1998 年だから、こんなもんか(´д`)。

投稿者 B : 18:40 | Foreign Movie | Movie | コメント (1) | トラックバック

2005/10/10 (Mon.)

『スター・ウォーズ エピソード III』 DVD 発売決定

FOX、「スターウォーズ・エピソード3」を11月23日DVD化 (AV Watch)

B0000AIRN3

劇場公開から 5 ヶ月経たずに DVD 化ですかー。デジタル撮影で DVD 化までのプロセスがだいぶ楽になっているとはいえ、それにしても早いですね。まだまだ二番館、三番館あたりでは上映中のところもあるんじゃないかな?まあ、最近では場末の映画館よりもホームシアターのほうが画も音も良かったりしますが・・・。
とりあえず、購入予定リストに追加、と・・・。

同時にクラシック三部作の低価格 BOX 化も発表されています。

FOX、「スター・ウォーズ トリロジー」を5,695円で発売 (AV Watch)

B000BNFIAI

昨年秋に発売されたトリロジー DVD-BOX から、特典ディスクを省いた低価格バージョン。去年の BOX を持っているから、特に買わないかな。
ただ、去年のバージョンは待ちに待ったオリジナルの BOX セットだったにもかかわらず、ぺらぺらの紙箱で高級感ゼロだったので、そのへんの仕様がどうなっているのか気になります。
個人的には、Blu-ray で豪華装丁コンプリート BOX とか作ってほしいんですけど。EPVI のエンディングは、もちろんヘイデンじゃなくてセバスチャン・ショウ版で・・・。

あと、なんか Amazon でこんなの出すらしいですが・・・。

スター・ウォーズ コンプリート・パック

490332690X

エピソード I~III と上記 IV~VI の低価格版、それに『クローン対戦』のアニメ DVD 2 枚をセットにしたパッケージ。まあ、『クローン対戦』は観るのも苦痛なので要らないかと(´д`)。

投稿者 B : 18:02 | Foreign Movie | Movie | コメント (1) | トラックバック

2005/09/28 (Wed.)

キング・アーサー ディレクターズ・カット

キング・アーサー ディレクターズ・カット

B0002U8NOS

『ロード・オブ・ザ・リング』以来増えている古代スペクタクルもののひとつ。観なきゃ観なきゃと思いつつ、ようやく観ました。

いわゆるアーサー王と円卓の騎士の物語で、FF などのファンタジー系 RPG での引用も多く、そういうのが好きな人にはヒキが強いんじゃないでしょうか。
まあ、ディレクターズ・カット版のジャケット写真の中央がアーサーでもランスロットでもなくヒロインのグウィネヴィア(キーラ・ナイトレイ)な時点でなんとなく予感していましたが、実際に観てみてああ、なるほど、と(´д`)。

アーサー王物語ということで聖剣エクスカリバーの逸話やそれぞれの騎士の個性が見えるエピソードを語ってくれることを期待していたんですが、そういうのはほとんどナシ。円卓の騎士たちの名前と顔が一致しないうちに死んでいってしまうので、泣くに泣けない。ストーリーが淡々と進むのに、戦闘シーンがちょっとだらだらしているせいもあって、なんか不完全燃焼のままエンディング・・・みたいな感じでした。
円卓の騎士たちの個性に限らず、ローマとの摩擦とか、魔術師マーリンとの駆け引きとか、アーサーとグウィネヴィアとランスロットの三角関係とか、スポットを当てればいくらでも深められそうなネタはあるのに、どれもうわべだけなぞっておしまいなのは、アーサー王伝説があまりに壮大すぎて映画の枠内でまとめきれなかったのか(それでも幼少期や青年期のエピソードはばっさり省略されている)、脚本の問題なのか・・・。ディレクターズ・カットでこれなんだから、さらにカットされている劇場版を観に行かなくて正解でした(ぉ。

画や音はそれなりに見どころがあって、全体的に夜や冬の暗く無彩色なシーンがベースにある、液晶プロジェクタの性能を試すような厳しい画作りながらも、要所要所で見せる炎や血の鮮やかさ(とはいっても、血は赤黒い「生々しい」描写だった)や『ロード・オブ・ザ・リング』と見紛うような雄大な景色に目を奪われました。音も、剣戟の金属音や斬撃の流血音が生々しい印象。逆に、マルチチャンネル的なダイナミックさはクライマックスでの多数の矢が飛び交う音くらいしかなく、やや物足りない感覚もありました。

物語の深みやキャラの立ち具合では近い時期に制作された『トロイ』の比較にもならず、なんかブームに乗って作られただけのダメ映画のお手本みたいな作品でした(´д`)。
ラックの待ち行列には『アレキサンダー』もあるんですけど、観るの怖くなってきたな(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 22:43 | Foreign Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック

2005/09/21 (Wed.)

Ray / レイ 追悼記念 BOX

Ray / レイ 追悼記念 BOX

B0007TW7WS

発売日に買ったまま放置していたのを、ようやく観たシリーズ。今月、来月は 3 連休が続くので、今のうちに消化していこうかと。

内容は伝記モノで、「ソウルの神様」レイ・チャールズの人生を伝説的に語るのか、と思いきや、これがまた。幼少の頃背負ったトラウマと、盲目というハンデ、そして人種差別という困難に人生を通して苛まれながらも、自らの欲求や感性にあくまで忠実に行動し、その成果物としての音楽が多くの人々に感動を与えていく、という人生をストレートに綴ったものでした。幾多の女性問題や麻薬常習者という側面を描いたシーンにはレイに対する嫌悪感すら抱いてしまうほど、レイという人物像をぼかさずに描写してはいたものの、それがあってこそ彼が抱えるトラウマやその後の麻薬克服というエピソード、反差別への取り組みが心に響いてきました。でも、そうはいっても 12 人の子どもと 20 人の孫、5 人のひ孫がいるってなんなのよ(;´Д`)ヾ。

もはや語り尽くされた感もありますが、この映画における主演のジェイミー・フォックスの演技が本当に素晴らしい。ちょっとしたしぐさやしゃべり方までそっくりで、映画を観ている間じゅうレイ・チャールズ本人が演じているような錯覚に陥ってしまったほど。だてに本作で昨年のアカデミー賞主演男優賞とってないなー。この作品の前に公開された出演作『コラテラル』も観てみたくなりました。

そして、音楽が大きくフィーチャーされた作品では大きなポイントとなる楽曲も、ほとんどをレイ・チャールズ本人がこの映画のために新録したというだけあって、それぞれのシーンを彩るに十分すぎる内容。脚本や演技も素晴らしいのですが、やはりレイ本人の楽曲と歌声が、この映画では最も雄弁に語りかけていた気がします。

画質面でいうと、ややダイナミックレンジを圧縮したような、ノイズも多く高画質とは言い難い画ではありましたが、これは演出意図なんでしょうね。レイに視力があった頃の回想シーンの方が色鮮やかに描かれていたのも含めて。先日の『オペラ座の怪人』も現在進行形のシーンは無彩色で回想シーンは極彩色でしたが、映画の組み立てとしては全く逆でありながら、見せ方としてはけっこう似ているのが興味深かったです。
ただ、ひどかったのはエクステンデッド・エディションの内容。本編ディスクは再生方法として劇場公開版と未公開シーンを追加したエクステンデッド・エディションの 2 通りから選べるのですが、エクステンデッド・エディションの方は劇場公開版のチャプター間に未公開シーンの映像を挟み込んだだけ(チャプター順でそう見せているだけ)で、未公開シーンだけ画質は下がるしレターボックス(劇場版はスクィーズ)だし、しかもチャプターの切り替わりで一瞬動きは止まるし、でとても鑑賞に堪えるものではありませんでした。最初、エクステンデッド・エディションで再生したのですが、未公開シーンを 2~3 通ったところで堪えかねて劇場公開版に切り替えてしまいました。

劇場公開版に切り替えてからの内容には全く不満はなく、冗談抜きで衝撃と感動の繰り返しだった感じです。ゴスペルとブルースが融合して生まれた「ソウル」という音楽ジャンルが、最初は敬虔なクリスチャンから「悪魔の音楽」と批判されながらも、最終的にはゴスペルやブルースに並ぶアフリカン・アメリカン達の魂の音楽となっていくさまが、長くブラックミュージックに傾倒する私には強く心に残りました。やっぱり、ブラックミュージックを突き詰めていく人たちが、最終的に現代のブラックではなく 60~70 年代ソウルに行き着くのは、レイに代表されるような深い苦しみや悲しみと信仰、そしてそれらからの逃避が音楽の深いところに刻み込まれているからなんだろうなあ。今のブラックミュージックが軽薄なのは、かつて、いわば "Religion" = "Sex" だったソウルミュージックの "Religion" の部分が薄れているからなのかもしれません。ましてや、その現代のブラックミュージックの様式だけを模倣している日本の J-R&B と呼ばれる音楽は、言わずもがなでしょうか。


ともあれ、自分が R&B・ソウルミュージックフリークであることを差し引いても、本当に見応えある作品だったと思います。特典ディスクまでじっくり観たいと思った DVD は、久々じゃないかな。

投稿者 B : 22:03 | Foreign Movie | Movie | コメント (4) | トラックバック

2005/09/19 (Mon.)

オペラ座の怪人 コレクターズ・エディション

オペラ座の怪人 コレクターズ・エディション (初回限定生産)

B0007D3NK4

発売日に買ったまま放置していたのを、ようやく鑑賞。プロジェクタの電源をひさびさに入れたんだけど、他にもここ数ヶ月分の未見 DVD が(;´Д`)ヾ。早く観ないと・・・。

ミュージカルの代名詞的作品の映画化。本当は劇場に観に行きたかったんだけど都合が合わず、DVD 化を心待ちにしていた作品でした。1 月末に劇場公開されたのが 7 ヶ月後には DVD 化されているんだから、今の映画のライフサイクルってすごいです。でも劇場行くの面倒だから DVD 出るの待てばいいじゃん・・・という作品も最近は多いような(;´Д`)ヾ。

モノクロで描かれる、現在の年老いたラウルのシーンと、極彩色で描かれる回想シーン(こちらが本作のメイン)との対比がものすごく鮮やかで、それだけで引き込まれていく感じなんですが、映像だけじゃなくて音楽があってこそ黄金や真紅が真の輝きを発揮しているというか、まさに「豪華」な映画。
キャストはネームバリューではなく歌唱力で選ばれたというだけあって、主役 3 人の歌は吹き替え無しでも全然問題ない、というかみんな驚くほど上手いですね(ファントム役のジェラルド・バトラーはときどき惜しいところもあったけど)。

演出も手を抜いているところがなくて、ほぼ完璧といっていい出来映え。原作や舞台と違うのは、ファントムが超越的な存在ではなく、かなり人間味溢れる存在として(新たなバックストーリーも用意して)描かれているところ。普通ならクリスティーヌが主役でファントムが対役というところだろうけど、これでファントムの人間的な存在感がぐっと大きくなっているように思います。
でも中盤以降(伏線という意味では、冒頭からか)のファントムの心境の変化をあからさまに見せようとしている演出がミエミエなところがあって、ちょっと萎え。でも、それ以外はあまりツッコミを入れたくなるようなところもなく(キレイに演出されすぎてて突っ込みたくなるところはけっこうあったけど)、完成度の高い作品だと思いました。音楽が良いので、部分的にでも繰り返し視聴したいですねー。

しかしこの作品、音響的には爆発音とか効果音が少ない代わりに音楽のダイナミックレンジがかなり広いので、プロジェクタの動作音が逆に気になってしまいました(p の音が聞き取りづらくなる)。プロジェクタもそろそろ買って 3 年経つし、買い換えないまでもファンの換装くらい考えてみようかなあ・・・。

投稿者 B : 21:33 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2005/09/11 (Sun.)

スター・ウォーズ エピソード III シスの復讐 @シネマメディアージュ

スター・ウォーズ エピソード III シスの復讐

7/2 の先行上映で一度観たんですけど。そろそろ終了する劇場も出てきたので、終わる前にもう一度観ておこうかと。エピソード I 以降は必ず複数回劇場で観ているし。
初回は川崎チネチッタで観たんですが、初見の興奮と感動はありつつも、スクリーン周辺部のフォーカスが甘くなっていたのが気になり、二度目はもう少し画質の良いハコで観たいと思っていました。で、ちょうどエピソード III 公開に合わせて「DLP Cinema」プロジェクタやデジタル上映システム「Dolby Digital Cinema」といったデジタル上映環境が整っているという話ならぜひ対応の劇場で、と調べてみたところ、DLP の画質を活かしきれている劇場が少なかったり、そもそも DLP 対応劇場の大半でシステムの不具合などで途中からフィルム上映に切り替えてしまっていたり、なんか今まともに DLP で EP3 を観れる劇場自体がほとんどないっぽい(´д`)。しょうがないからいつも行ってるシネマメディアージュに行きましたよ。

さすがに公開 2 ヶ月経った作品だけあって、もう空席の方が多い状態になってますね。というか、お台場はジョニー・デップ以外ガラガラっぽかったですが(´_ゝ`)。チネチッタのようにピンボケっぽくなっている部分もなく、音響のバランスも良かったので満足でした。DLP はまだまだ発展途上のシステムっぽいし、がんばって DLP のある日劇とかに行くよりもシネコンの方がいいのかも。

映画そのものは一度観てるので改めて言うこともないんですが、アナキンの心の動きをもう少し丁寧に描いてほしかったとか、グリーバス将軍弱すぎ(´д`)とか不満はあるものの、新三部作の完結編として、映画史上最大のシリーズ作品の完結編としてやっぱりよくできている作品ですね。ベイダーがあのマスクを被る瞬間とか、ラストのタトゥイーンの二つの夕日とか、何度観てもグッとくる。

早くも DVD 化が待ち遠しい今作ですが、次世代 DVD でのリリースが最も待ち遠しい作品の一つでもあります。

投稿者 B : 19:33 | Foreign Movie | Movie | コメント (1) | トラックバック