b's mono-log

2013/05/04 (Sat.)

国立新美術館『貴婦人と一角獣』展

国立新美術館

豚組 [しゃぶ庵]の隣にある(というより、しゃぶ庵が隣にあると言うべきか)国立新美術館に行ってきました。

写真展ならまだしも、美術展には滅多に行かない私がここに来た目的は、これ。

貴婦人と一角獣展 | 国立新美術館(東京・六本木)

貴婦人と一角獣展

『機動戦士ガンダム UC』の作中で重要な意味を持っているのがこの『貴婦人と一角獣』のタピスリー(タペストリー)。これの実物を初めて日本国内で展示するということで、これは見に行かないわけにはいきません。
このタペストリーはフランスのクリュニー中世美術館に展示されており、フランス国外に持ち出されるのはこれが史上 2 回目(前回は約 40 年前のアメリカ)という、非常に貴重な機会となっています。クリュニー美術館の改修に伴い、その期間中貸し出されることになった、とのことですが、あえて日本に来ることになったのは現在『ガンダム UC』の映像化が進んでいることと無関係ではないでしょう。美術業界に作品のファン、もしくは関係者がいた可能性は、UC のいちファンとしてはなんだか嬉しいものがあります。

貴婦人と一角獣

※館内は当然撮影禁止なので、写真は先日の「FILM&NIGHT MUSEUM」イベントで展示されていたレプリカです。

展示内容は、タピスリー『貴婦人と一角獣』の 6 連作(触覚・味覚・嗅覚・聴覚・視覚の五感に加えて『我が唯一の望み』)全作品に加えて、プロジェクタ(エプソンの EH-TW8000 系の機種と思われる)× 6 台を用いたタピスリーの解説映像の上映、タピスリーの分析に基づいたこの時代の文化や自然に関する解説、クリュニー美術館収蔵の他のコレクションの展示、といったところ。「見るのではない、感じるのだ」的な展示ではないので、美術に興味がない人でも堪能できるのではないかと思います。

このタピスリーを作らせたのがフランスのル・ヴィスト(Le Viste)家だということもこの展覧会で初めて知りました。UC の作中で重要な役割を果たすビスト(Vist)財団の名前はこれに因んでいるようです。「一角獣と獅子」というモチーフだけでなく、作品の世界観自体がこのタピスリーを起点に作られている、ということでしょうね。宇宙世紀ものという既に完成された物語世界に後付けで包含的な設定を付加できるというだけでも大変だったと思いますが、その過程でこのタピスリーやユニコーンガンダムの設定を計算ずくで当てはめていく作業はどのようなものだったのか、福井晴敏氏に一度じっくり聞いてみたいところです。知り合いじゃないけど(笑

貴婦人と一角獣

人間の身長よりもはるかに大きなタピスリーは、おそらく『ガンダム UC』という作品を知らなくても、現物を前にすると立ち尽くしてしまうほどの存在感があります。修復作業を経ているとはいえ、500 年も前に作られた作品がこれだけの状態で保存されているというのもすごい。タピスリーなので、絵画ではなく織物で表現されているため、その質感を実感するには実物を見るしかありません。6 枚でそれぞれ大きさや縦横比が少しずつ違う、というのも、実物を見て初めて知りました。ただ、美術館なので照明は薄暗い白熱灯系で、見え方は UC の映像に登場した極彩色ではなく、もっとぐっと落ち着いたものでした。
この巨大なタピスリーは、当時のヴィスト家の結婚祝いとして製作されたものらしい、ということですが、クマデジさんによると「石造りの城に住んでいると、こういうのを掛けておかないと音が反響しすぎて生活しづらいのでは」とのこと。なるほど、美観と実益を兼ねているということですね。

これは本当に見に行った甲斐がありました。私と同じように、普段は美術館になんて来なさそうな三十~四十代男性の姿はけっこうな割合で見受けられましたが、おそらく同じ気持ちだったんじゃないでしょうか。この展示は 7 月まで新国立美術館で、その後 10 月まで大阪で実施されるとのことですが、今回を逃すと日本で展示される機会はもうない可能性もあります。UC のファンでなくとも、一見の価値はあると思います。

個人的に、私のたった一つの心残りは...「有料の音声ガイドのナレーションがフル・フロンタル」だったのに借りなかったということでしょうか(;´Д`)ヾ。展示にはどこにもガンダムを連想させるようなものがなかったので、こういう仕込みがされているとは全く考えていませんでした...orz。これは、会期中にもう一度見に行くしかないか。

投稿者 B : 11:00 | GUNDAM | Movie | Soliloquy | コメント (0) | トラックバック

2013/03/21 (Thu.)

ファーストガンダム BD-BOX 発売日決定

「機動戦士ガンダム Blu-ray BOX」が8月28日に発売 -AV Watch
機動戦士ガンダム Blu-ray メモリアルボックス

B00BUCDF2M

UC6 のイベント上映で発売が告知されていた、ファーストガンダム TV シリーズの BD-BOX の発売日が 8/28(水)に決定。ガンダムシリーズの中で、ファーストの TV シリーズ/劇場版はそのパッケージメディアの最後の成熟期に満を持して発売される、というサイクルを守ってきましたが、BD もいよいよその段階に入ったということでしょうか。

私はファーストガンダムは劇場版 DVD-BOX を購入したものの、TV 版の DVD-BOX は高価いし BD が普及期にさしかかろうというタイミングで買うのもなあ、と思ってスルーしていましたが、パッケージメディアとしてファーストガンダムの TV シリーズが出るのはさすがに Blu-ray が最後かもしれないし、今回は買おうかなと思っています。
でも発売日が毎年最も忙しくなる頃なので、観る時間が取れるのかどうか(;´Д`)ヾ。まあ台詞を暗唱できるほど観た作品なので、急いで観る必要もないんですが、せめて夏休み前に発売してほしかった...。

投稿者 B : 23:29 | GUNDAM | Movie | コメント (1) | トラックバック

2013/03/03 (Sun.)

機動戦士ガンダム UC episode 6 イベント上映 @チネチッタ

世界最速上映会で一度観はしましたが、やっぱりもうちょっとまともな音響の映画館でちゃんと観ようと思い、初日朝イチでイベント上映に行ってきました。

機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]

機動戦士ガンダム UC

イベント上映の実施館は回を追うごとに増えており、今回からは川崎のチネチッタも加わりました。よく行く劇場なので、これは助かる。まあ、チネチッタは音響はともかく画質がイマイチ(サウンドスクリーンのモアレがけっこう気になる)なので、世界最速上映会に当選していなければ六本木か新宿に行っていたと思います。

今回もやはり濃厚な 60 分で、あの長い小説の内容をよくここまで圧縮したな、というのが正直な感想。ですが、今回はシリーズ全体を通しても最も人間ドラマに重きを置いているパートだけに、もうちょっと深掘りしてほしいところも少なくなく。特に、メインであるジンネマンとマリーダのやりとりや、かなりあっさり扱われてしまったミネバとミコットのやりとりは、アニメから UC に入った人には変節が速すぎてちょっとついていけないんじゃないかと感じました。私は小説をひととおり読んでいるのでクライマックスでのジンネマンとマリーダの会話には号泣してしまいましたが、あと 10 分延びてもいいからそのあたりの描写を丁寧にしてほしかったと思います。まあ、BD 特典映像のメイキングを見てしまうと、これでさらに「あと 10 分延ばして」とはさすがに言えないな、とも思いましたが(;´Д`)。

そんな感じで今回は全体的に緊張感のあるストーリーパートが中心、MS 戦闘は ep5 のラストから続くゼネラル・レビル戦と終盤に少しあった程度でしたが、どちらも短時間ながら内容が濃くて見応え十分。ep1 の冒頭よろしく、ジェガンやリゼルの渋いやられっぷりこそ UC 最大の醍醐味だなあ、というのを改めて感じました。

BD は Amazon で予約してあったんですが、この作品だけはどうしても一般発売が待ちきれず(笑)、劇場限定版を買ってきました。

機動戦士ガンダム UC episode 6 『宇宙と地球と』 [Blu-ray]

B009SF7GL4

通常販売に比べると ¥3,000 くらい高いのが痛いところですが、BD 発売までに三回以上観ればモトは取れるかな(笑

内容物はこんなところで、

機動戦士ガンダム UC

本編ディスク、メイキング映像と昨年開催されたイベント『機動戦士ガンダム UC FILM&LIVE 2012』の映像を収録した特典ディスク、本作の特製シナリオ冊子、『FILM&LIVE 2012』の台本、あと生フィルム。BD の「初回限定版」の内容にシナリオ冊子と生フィルムを足した内容になっていますが、個人的には一般発売から 2 週間早く観られる、というのだけがメリットかな(笑。
特典ディスクはまだメイキングしか観ていませんが、なかなか見応えがありました。特にファーストガンダムの流れを強く感じさせる SE(サウンドエフェクト)がどこでどのように作られているか、という話はとても興味深かったですね。

機動戦士ガンダム UC

生フィルムはアンジェロ・ザウパー。今回の BD ジャケットはアンジェロなので、そういう意味では当たりですが、表情といい、ちょっと微妙かも(´д`)。まあいいんですが...。

最終回『虹の彼方に』の公開は 2014 年春、ということで実に一年後。あまりにも待ち遠しいですが、少なくとも 70 分以上の尺になることは既に見えている、ということなので、最終回に相応しい大作になりそうです。さらに今回は、ファーストガンダム TV シリーズのリマスター BD-BOX が今夏発売ということも発表されました。TV シリーズは結局 DVD-BOX をスルーしたので、BD-BOX は買っても良いかなと思っていますが、どれくらいのクオリティで出てくるんでしょうね...。

投稿者 B : 23:29 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/02/28 (Thu.)

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM episode 6 世界最速上映会 (2)

「私のたった一つの望み。可能性の獣、希望の象徴...」

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

というわけで、「機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM episode 6 世界最速上映会」のイベントレポートの続きです。

イベントは上野の国立科学博物館で開催されました。会場に入るなり、本作品において重要な意味を持つタペストリー『貴婦人と一角獣』が、4 月から国立美術館で開催される展覧会に先駆けて展示されていた...わけではなくて、これは単なるレプリカというか、プリント(笑)。それでも、これで出迎えてもらえるというのは嬉しいじゃないですか。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

開演時間を迎えたところで、このタペストリーの前でフル・フロンタルから映像での挨拶。撮影禁止だったので写真はありませんが、「我々の記録映像の鑑賞によく来てくれた」とのこと。「趣向を凝らしてこの小惑星ジュラク(聚楽(笑))に、かつて地球にあった極東の国ニッポンの、ウエーノという場所にあった博物館を精巧に再現してみた」そう(笑)。こういう演出、嫌いじゃないです(^^;;

ここで、イベント上映のお約束・これまでのダイジェスト(BD には特典映像として収録)の上映。エントランスホールでのスタンディングでの鑑賞でした。その後、博物館内の展示物の閲覧タイムとなりました。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

振り返ると、ホールの吹き抜けの上階の欄干に、このタペストリーの残りの 3 枚が吊るされていました。単なるプリントでもけっこう感銘を受けるくらいなんだから、六本木での展覧会が始まったら必ず見に行こう、と心に決めました。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

1F のタペストリーの脇にはビスト一族の肖像画。これは言わずと知れたバナージの父、ビスト家当主のカーディアス・ビストですね。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

こちらはビスト財団の創始者、サイアム・ビスト。劇中では死の床に臥せっていますが、最終話『虹の彼方に』では、ついに(以下自粛

このサイアムの声をファーストガンダムのナレーション、永井一郎氏が演じている...つまり、あれは宇宙世紀の歴史の目撃者の回想だった、という解釈が与えられているのが、アニメ版 UC の何とも憎いところです。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

2F に上がると、いきなり首相官邸〈ラプラス〉の 1/1,000 スケールモデルが展示されていました。今までイラストやアニメで見てきたこの構造物も、立体で見ると迫力があると同時に、ここはこんなになっていたのか、という発見もあります。
なにしろ中央の居住区(円環の部分)だけでもモビルスーツがすっぽり入る高さがあるわけですからね。巨大です。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

このフロアには、それぞれの展示物についての設定や、設定考証の小倉信也氏の詳細な解説が添えられていました。上映開始まで 45 分ほどしかないのに、これらの展示パネルに含まれている情報量が多すぎて、とても読み切れない(;´Д`)ヾ。とにかく時間内に写真を撮れるだけ撮って、帰ってから PC の画面でじっくり読むことにしましたが、写真を撮るのでさえ時間ぎりぎりだったという。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

UC の展示物に混じって、なぜかファーストガンダムのコアファイターの 1/16 スケールモデルも。これは最終話『脱出』におけるアムロ機の再現ですね。UC には直接関係ありませんが、これはこれでカッコイイ。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

あと、ジャブロー攻めをイメージしたアッガイもこんなところに(笑)。アッガイ、愛されてるなあ...。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

こちらは劇中に登場したモニターグラフィックの展示。戦艦やモビルスーツのモニターに表示されていた UI ですね。画面の片隅に表示されているだけで、多くの視聴者はその内容を気にも留めないだろうけど、よく見るとかなり凝ってるんだよなあ...と注目していただけに、これは個人的にかなり嬉しい。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

例えば、これは ep3『ラプラスの亡霊』で、バナージが資源衛星パラオから脱出するときに使ったマップ(それ自体も、折り曲げられる有機 EL ディスプレイのようなデバイスに表示されていた)のグラフィック。パラオ内の地理がちゃんと設定されていることももちろんなのですが、文字情報周りの設定がアツイ。『機動戦士ガンダム UC メカニック&ワールド ep1-3』によると、これは袖付きから入手したデータを連邦側のフォーマットに強引に変換したために文字化けが発生していて、なおかつ重要な情報は文字データではなく連邦のクルーによって手書き入力されている、というところまで考えて作られているというのが胸熱。ここにあるモニターグラフィックのひとつひとつにちゃんと考えられた跡があって、私はここだけでかなりの時間を費やしてしまいました(笑。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

これはネェル・アーガマの後方モニターのグラフィック。

他にもユニコーンガンダムやリゼルの MS 内グラフィックなんかが展示されていました。MS も開発された系統や世代などを考慮して微妙に UI が変えてあったり、細かいんですよね...。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

次は 3F。主にキャラクター関連の展示が集められています。バナージとミネバ(オードリー)の肖像画が迎えてくれました。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

我らが主人公、バナージ・リンクス。歴代の宇宙世紀ガンダムの主人公の中では珍しく芯の通ったキャラクターですが(笑)、それでもこの肖像画は劇中のイメージよりもさらに凜々しく描かれています。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

ミネバ・ラオ・ザビ。ミネバはお父さん(ドズル)似ではなくお母さん(ゼナ)似で良かったね、お父さん似だったら UC のストーリーは成立していなかったに違いない(ぉ)と思っていたんですが(笑)、こうやって肖像画で見ると確かにガルマの姪っ子っぽいなあ、という気もします。ちょっと、こちらも劇中のイメージより強く描かれすぎているような気もしますが。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

キャラクターの設定資料集。劇中の名シーンとともに。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

ミネバ姫の生い立ちとその親族(笑

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

ミネバの設定画。アニメだといろいろ省略されたり作画が崩れたりしがちなものですが、UC のキャラクターはかなり丁寧に描かれているんだなあ、というのがこうやって見比べると分かります。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

おおう、これは...フル・フロンタルの仮面ですね。想像していたより大きかったんですが、フル・フロンタルって実は顔デカだったのか(笑

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

裏側はなんとこうなっていました。ep2『赤い彗星』の中でもこの裏面がちらっと見えていて、どういう構造になっているんだろう、と BD を一時停止してまじまじ見たりしていましたが(笑)、こうなっていたんですねえ。なんというか、表よりも裏のほうが禍々しい。つか、これずっとかぶってたら顔に跡がつくんじゃないだろうか(笑

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

MS もある意味キャラクター、ということで、MS 関連の設定画も多数並べられていました。これはおそらく、袖付きがアナハイムから強奪した「シナンジュ・スタイン」を袖付き仕様に外装交換した際の設計図、といったところでしょうか。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

なんか黒く塗りつぶされた「TOP SECRET」という画稿も意味深に並べられていますね。これはもしかしてこの ep6 劇中にちらっと登場したアレ...アニメ版のオリジナル MS である可能性が限りなく高いですが、劇中のフラグ的にはやっぱりあの人が乗るんだろうなあ...。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

あと、連邦軍のキャラクター展示の中にはこんなのも。ラー・カイラムの艦長室に掛けられていた、アムロ・レイの遺影。ブライトよろしく「...笑うなよ。あの子の直感に賭けてみるさ」とでもつぶやきたくなります(笑

その隣に掛かっているのは、ネオ・ジオンによるアクシズ落としから地球を守ったことに対する、ローナン・マーセナス議長名義によるブライトへの表彰状のようです。劇中でも遺影の隣にありましたが、こういう内容だったとは。そして、劇中とはサイズ感が逆転していますね(笑

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

その下には...おお、懐かしい。マチルダ中尉との記念写真じゃないですか。こういうのが展示されているのも嬉しいですね。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

ここで紹介したのは展示品のごく一部。かなりのボリュームがあり、正直 45 分ではとても見きれません。せっかくだから、ep6 祭りが一段落したら、ガンダムフロント東京あたりに移設してじっくり見れるようにしてほしいなあ...。

ともあれ、ep6『宇宙と惑星と』の一般公開はいよいよこれから。改めて、楽しみましょうか。

機動戦士ガンダム UC episode 6 『宇宙と地球と』 [Blu-ray]

B009SF7GL4

投稿者 B : 23:06 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM episode 6 世界最速上映会 (1)

「追加席抽選に回されて早々に当選に出会うか。私は運がいい...」

機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

というわけで、一般公開に先駆けて『ガンダム UC』ep6 の世界最速上映会に行ってきました!

チケットの販売開始を待ち構えてアクセスしたにも関わらず、イープラスのサーバがパンク状態になって買えず、そのままチケットは販売終了。「か、完売...?4 日分のチケットが、完売??10 分もたたずにか!」と頭を抱えたものの、抽選で追加席の販売があるとのこと。これで当たれば、おめでとうってところだな!という気持ちで応募したところ、なんと当たってしまいました。私はこういう抽選モノにはよくよく運のない男なんですが...神様がいるって信じたくなったよ!(ぉ

まだまだ一般公開前なのでネタバレは避けますが、ep5 のラストでのローゼン・ズール無双から繋がるゼネラル・レビルとの戦闘シーンから始まり、シナンジュ無双に続くという迫力のオープニング。その後はバトルよりも会話と駆け引きが中心ですが、原作においても戦艦モノや潜水艦モノを得意とする福井晴敏節が最も炸裂していたのがこの『宇宙と惑星と』の回でした。展開も福井晴敏っぽいというか、これ『終戦のローレライ』をガンダムの登場人物に置き換えただけだよね...という気はしなくもない(^^;;
ちなみにサブタイトルの『宇宙と地球と』は、小説版では『宇宙と惑星と』でしたが、アニメ版では改められたようですね。おそらく小説版では惑い悩む登場人物たちの様子を惑星になぞらえたのでしょうが、アニメ版ではそこまで細かく描く余裕がないためか、ある主要人物一人を除いてみんなの立場が明確(笑。それで、直接ストーリーに絡める形で「地球」としたのかな、と。

2 時間ものを 1 時間に凝縮したような内容の濃さ、展開の早さは今回も変わらず、一瞬たりとも目の離せない濃密な作品に仕上がっていると思います。そして今回もものすごく良いところで終わるという...最終話『虹の彼方に』の公開時期はまだ明言されていませんが、おそらく早くても 1 年後?とても待ち切れそうにありません。

この世界最速上映会の会場は国立科学博物館の講堂。どのような機材が使われていたかはよく分かりませんでしたが、おそらく運営側の持ち込み機材でしょう。プロジェクタの画質は満足できるクオリティでしたが、常設のスピーカでも、音響を考慮したホールでもないせいで、さすがにサラウンドや音質は厳しいものがありました。音はたぶん 2ch または 2.1ch ステレオだったんじゃないですかね?まあ、今回はクオリティよりも「誰よりも早く、特別な場所で観られる」のが大事だったわけですが、追加席ということでかなり端っこの席だったし、これは改めてイベント上映に足を運びたいな、と思いました。

そして上映終了後には原作の福井晴敏氏と特別ゲストによるトークセッション。ゲストは日替わりで、ガンダム UC の世界観にまつわる話をその道のプロが語る、というもの。3 日目は ANA 総研と前田建設の方が、宇宙世紀の航空(航宙?)管制やコロニー建設を考証する、という内容でした。

テーマだけ聞くとなんだか難しそうな話ですが、本職の人が大真面目に検証するというのがとても興味深く、面白い。そしてゲストのお三方の「ガンダム愛」が感じられる 45 分でもあり、たくさん笑わせていただきました。あまりに楽しくて別日の内容にも興味が出てきたんですが、どこかで内容公開されたりしませんかね...。
原作の福井晴敏氏はご本人を初めて見ましたが、あんなオトボケキャラでボソッ、ボソッと的確なツッコミを入れる人だとは、文体からはとても想像できませんでした(笑)。福井氏からのメッセージは「UC の BD は昨年、アニメカテゴリだけでなく総合で売り上げナンバーワンを記録したけど、今年は『ヱヴァンゲリオン:Q』があるから負ける気マンマンです(笑)。みなさんはもちろん BD を買ってくださると思いますが(笑)、せめて良い負け方ができるように、周りの方々にもすすめてください(笑)」とのこと(笑

UC 本編に負けず劣らず楽しいトークセッションでした。
で、このイベントは世界最速上映とトークセッションだけでなく、展示物もありました。それに関しては、次回に続きます。

機動戦士ガンダム UC episode 6 『宇宙と地球と』 [Blu-ray]

B009SF7GL4

投稿者 B : 01:06 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2012/06/10 (Sun.)

機動戦士ガンダム UC episode 5 『黒いユニコーン』 [Blu-ray]

機動戦士ガンダム UC episode 5 『黒いユニコーン』 [Blu-ray]

B006ZTJOVQ

ようやく BD の一般販売が始まりました。イベント上映で一度観たとはいえ、BD で自分の環境で好きなときに観られることをとても楽しみにしているシリーズなので、待ち遠しかったです。

今回、久々に原作を読んでみたんですが、内容がずいぶん端折られていることに改めて気がつきました。まあ、ストーリーの中心であるユニコーン(バナージ)対バンシィ(マリーダ)の対決を濃密に描いてくれたことについては良かったし、尺を考えるとこの構成でなければ主題がぼやけてしまっていたことは必至だったでしょうが、ep4 でしっかり描かれたジンネマンはともかく、アルベルトとリディの心理に関する描写はもう少しあっても良かったかなとは思います。「連邦でもジオンでもない」バナージの立場を前面に出した展開は軸がハッキリしていて良いですが、ともすると厨二っぽい狭い世界観に収まりかねないので。
ただ、主人公とヒロインの描写に限って言えば、個人的にはここまでのエピソードの中でこの ep5 が最も良いと思います。ブライト司令にガンダムのパイロットとして認められるシーンや、あの「受け止めなさい!」のシーンは鳥肌もの。小説版ではイマイチ感情移入しきれなかったバナージとオードリーというキャラクターに、表情と人間の声が当てられることで、ここまで想い入れられるものかと考えさせられます。そういう意味では、ep5 は 2 機のユニコーンガンダムの対決を描きながら、バナージとオードリー以外は実はわりとどうでも良くて、真のテーマはこの二人の再びのボーイミーツガールストーリーを描くことだったんだろうな、と考えると、いろいろと合点がいきます。ワタシ内「守ってあげたいヒロイン」ナンバーワンは、もう圧倒的大差でオードリー。これはガチ(ぉ

ひとつだけ残念な点を挙げるとすると、せっかく新登場した可変 MS・アンクシャの扱いがただのやられメカになっていたことでしょうか(´д`)。アンクシャと言えば Ζ ガンダムに登場した強力な可変 MA・アッシマーの後継機。Ζ ガンダムではテレビ版でクワトロの片腕であるロベルトを撃破したり、劇場版では第一部のラスボスにまで昇格したというのに、その後継機がジェガン以下のやられメカというのは、いささか寂しすぎます。せめて ep1 冒頭のジェガンのように立派な散り際を一瞬だけでも用意してほしかった(ぉ。

さて、さらに楽しみになった ep6 は来年春。あと 9~10 ヶ月程度待たなくてはならないと思うととても先は長いですが、クライマックスに向かう宇宙戦をこれまで以上のクオリティで描いてくれることに期待して、おとなしく待ちたいと思います。その間、『おおかみこども』とか『Q』といった楽しみな大作もいくつか挟まっていることだし。

投稿者 B : 00:05 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2012/05/23 (Wed.)

機動戦士ガンダム UC episode 5 イベント上映 @新宿ピカデリー

なんだかみなさん週末に早速劇場に足を運ばれているようで。すっかり周回遅れ感はありますが、私もようやくイベント上映を観に行ってきました。

機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]

機動戦士ガンダム UC

劇場は UC の鑑賞としては ep1 以来となるピカデリー。画音質的には六本木に行きたかったんですが、ちょうど良い時間帯の上映がなかったので、新宿に。DLP プロジェクタでの上映で、クッキリかつ濃厚な画質、かつ十分な音質で楽しめました。ep1 のときは若干動きのなめらかさに欠けて見えるシーンがありましたが、今回は特に気にならず。六本木に勝るとも劣らない満足度でしたね。

内容的には前作から続く重い展開。ep4『重力の井戸の底で』とストーリーの前後関係が小説版とは若干入れ替わっていたりしますが、OVA の尺にまとめるという点ではうまくいっていると言えるでしょう。個人的には、本エピソードにおけるガルダでの戦いが全体を通してもハイライトの一つであると思っているので、そこを丁寧に描写してくれたことは嬉しかったですね。逆に、ここの描写がおろそかだと、クライマックスに向けて話が締まっていかないというか・・・。
今回の話は旧作での懐かしいキャラクターや演出が複数登場するため、「オマージュが多くてお腹いっぱい」的な感想もけっこう見かけますが、なんのなんの小説版のこのへんのエピソードはクドくてうんざりするくらいオマージュ描写が出てくるので、それに比べれば OVA ではストーリー上必要なものしか使われておらず、逆に少ないと思ったほど。でもこれくらいのほうが鼻につかなくてちょうど良かったと思います(笑。

今回のポイントはやっぱりオードリー(=ミネバ・ザビ)ですかね。前回は前半はいい見せ場があったものの後半の出番がなく、ヒロインなのに存在感が微妙に薄れていたように感じましたが、今回はオードリーが主役と言っても良いんじゃないかというくらい、見せ場たっぷり。というか、あのオードリーに惚れるなというほうが無理というくらい、グッとくる行動、台詞、表情を見せてくれます。個人的に、ボーイミーツガールもののヒロインは『ラピュタ』のシータが王道だと思っていたんですが、それを超えるヒロインぶりを見せられたかも。だってシータを超える二回も(以下略

あと印象的だったのは、主人公バナージの戦い方とか、ユニコーンガンダムの扱い方が前作あたりから徐々に変わってきていたのが、今回でよりその傾向がハッキリとしたことでしょうか。ep4 でシャンブロに止めを刺したキャラが小説版とは違っていましたが、バナージに人殺しをさせない脚本のおかげで、バナージの立ち位置が明確になったように思います。原作では状況に流されるばかりで本人の意志が感じられず、連邦側についたり袖付き側についたりフラフラしている印象しか受けませんでしたが、このアニメ版では「殺さない覚悟」を決めさせることで、連邦でも袖付きでもないバナージの考え方が明確になってきて、終盤でのネェル・アーガマとガランシェールの共闘に説得力が生まれたように見えました。
まあ、それも(原作通りの展開になるとしたら)ep6 でひっくり返されてしまうんですけどね。あと、バナージのスタンスが明確になったことで、対照的にリディ・マーセナスのダークサイドへの堕ちっぷりが際立ってきて、これはこれでいい(ぉ

ちなみに ep4 のときに話題になっていた終わらせ方についても、今回の封切りで結局 ep7 まで作ることが明らかになりました。まあ誰もが予想していた選択肢の範囲内なので驚きはありませんが、これのおかげで今回のガルダ戦および次の宇宙戦がじっくり描けるようになったことと、ep6 のサブタイトルに私の気に入っている『宇宙(そら)と惑星(ほし)と』が採用されたことは嬉しかったですね(ep7 のサブタイトルはまず間違いなく『虹の彼方に』)。正直言って、UC のラストはそれほど驚きがある内容でもないのですが(だからこそのガンダム、という気もしますが)、むしろ ep4~6 あたりの中身の濃さこそが UC の最大の見所だと思っているので、ep6 にも期待です。でも来春は遠いなあ・・・。

ともあれ、今回も BD の劇場先行販売は売り切れてしまっていたので(´д`)、BD の一般発売まで、あと 2 週間あまり楽しみに待ちたいと思います。

機動戦士ガンダム UC episode 5 『黒いユニコーン』 [Blu-ray]

B006ZTJOVQ

投稿者 B : 01:05 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2012/02/01 (Wed.)

機動戦士ガンダム 0083 -ジオンの残光- [Blu-ray]

機動戦士ガンダム 0083 -ジオンの残光- [Blu-ray]

B004TJE3AQ

UC4 を観たら、なんか改めて 0083 のトリントン砂漠戦のシーンを BD で観たくなったので。

歴代のガンダム作品の中でも根強いファンが多いのが 0083 ではないでしょうか。宇宙世紀ものということもありますが、やはり河森正治/カトキハジメデザインのオリジナル試作ガンダムを中心とした、ミリタリー色の強いメカニックの魅力が光るのがこの 0083。逆に言えば、脚本はイマイチということでもあります(ぉ。

実は私はこの作品、レンタルの VHS か ANIMAX(ビットレートが上がる以前の)でしか視聴したことがなく、この BD が初めての HD ソースであることはもちろんのこと、DVD クオリティ以上の映像で観るのもこれが初めて(笑。VHS で観たときで既に作画のクオリティの片鱗は感じていましたが、BD 版の画質はさらにちょっとした驚きでした。
オリジナルはもはや 20 年も前の作品で、OVA が先に制作されて後から映画化されたこともあり、アスペクト比は 4:3。その時点で萎えそうなものですが、収録されている映像の画質は「オリジナルのセル画にはこれだけのポテンシャルがあったのか」と驚嘆させられるほどの高画質で、作画の良さが堪能できるクオリティに仕上がっていると思います。さすがに昨今のデジタル制作のアニメと勝負できるものではありませんが、先行してリリースされていた逆シャアの BD あたりと比べてもこっちのほうが高画質なんじゃないかと思うくらい。

まあ OVA をダイジェストにした劇場版なので、戦闘シーンは終盤戦以外は食い足りない感じだし、正直なところ主人公にもヒロインにも感情移入できない脚本なので(´д`)その点は物足りなさがあるんですが、0083 のメカニックを堪能できるソースとしてはなかなか秀逸なディスクだと感じました。

ただ、再生開始してから思い出したんですが、劇場版って私が観たかったトリントン砂漠戦がほとんどカットされてるんですよね(´д`)。これは OVA の DVD も観るべきということでしょうか・・・。

投稿者 B : 00:38 | GUNDAM | Movie | コメント (2) | トラックバック

2011/12/06 (Tue.)

機動戦士ガンダム UC episode 4 『重力の井戸の底で』 [Blu-ray]

機動戦士ガンダム UC episode 4 『重力の井戸の底で』 [Blu-ray]

B005DJEBI0

イベント上映で観ていた作品ではありますが、BD の一般発売を心待ちにしていました。どのくらい心待ちにしていたかというと、勢いで MG デルタプラスを組み上げてしまったくらいには(笑。しかし、Amazon に発注してしまったので、大阪物流センターから日本郵便のゆうメール扱いで発送されてしまい、発売前日に出荷されていたにも関わらず、発売当日時点でまだ「お近くの配達店まで輸送中です」。しかも、届け先を職場にしていたので、週末は受け取れずという、残念すぎる状況に(´д`)。結局週末ガマンせざるを得なかったというorz。

で、本題。往年のモビルスーツ大集合な胸熱映像であることはイベント上映のときに書いたとおりなので割愛しますが、個人的には今回の見どころはむしろ人間ドラマ中心で展開する前半の 30 分にあると感じています。ep3 までは最初から緊迫感あるバトルシーンや人間同士の駆け引きが目白押しで息つく間もなく、終盤に登場人物の誰かが死ぬなりしてバナージが悲しみに暮れるシーンが演出的にも心情的にもクライマックス、という展開ですが、ep4 はクライマックスの熱さもさることながら(とはいえ、映像化にあたって省略された設定やリディの立ち位置によって醒まされてしまうのも一部ありますが)、序盤のオードリー(=ミネバ)中心のエピソードや、バナージがジンネマンと砂漠を旅するシーンが重い台詞のオンパレード。相対的に後半のバトルシーンで出てくる台詞が軽くすら感じてしまうほどでした。やはり UC は大人向けの作品だけあって、宇宙世紀ガンダムの中では最も人間と戦争の本質に切り込んだ台詞が多い。
中でも深みのあるやりとりが行われる、ミネバが訪れた地球のダイナーのマスターの声がかつてガルマ・ザビを演じた森功至氏という配役(キャストを見るまで気がつかなかった・・・)というのが憎い。だってその人がミネバ・ザビと宇宙移民政策について語り合うんですよ・・・。

余談ついでの話をすると、小説版では今作に登場する MA「シャンブロ」の連邦内でのニックネームが「シーゴースト」という『終戦のローレライ』にちなんだ呼び名だったり、特殊部隊エコーズの小隊名が『亡国のイージス』内の設定にちなんでいたり、と同氏の他作品とのクロスオーバーが一部行われているので、それぞれの原作や映画を知っている人であれば、UC も原作を読んでみる価値はあると思います。まあ、そういう遊びの要素がただでさえ長い福井作品を冗長にしている元凶の一つでもあるのですが(´д`)。

最後に画音質について。イベント上映に行った横浜ブルク 13 のシアターは本当にひどい音響で、低音がブワンブワンなるだけでとても聴けたものではない音質でした。スピーカ自体が悪いわけではないと思うので、調整の問題だと思いますが、それに比べて我が家の MDR-DS7000 の聴きやすさと言ったら。まあ、いいアンプとスピーカからリアルマルチ ch で出すのとは比べようもありませんが、深夜に一人で楽しむならこれくらいのバランスでも十分かも。ようやく ep4 をまともに楽しめたような気がしました。
画質については、こちらは逆にブルク 13 の画質にさほど不満を感じなかったこともあって、やはり大スクリーンで楽しめるイベント上映は一度は観ておいて正解だと思います。逆に、我が家の BRAVIA(KDL-X5050)では、モーションエンハンサーの逆効果で動きの速いシーンで輪郭が崩壊してしまうシーンが何箇所かあり、それがちょっと気になったかな。フル HD がドットバイドットで表示できる直視型ディスプレイならではのパリッとした画質はアニメを観ていて気持ちが良いものですが、そろそろ限界を感じ始めたのも事実です。

ep5 は来年 5 月公開ということですが、それまで ep1~4 を何度か繰り返し観そうな予感。やっぱり UC は良い作品です。

投稿者 B : 01:04 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2011/11/16 (Wed.)

機動戦士ガンダム UC episode 4 イベント上映 @横浜ブルク 13

若干出遅れ感はありますが、観てきました。

機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]

機動戦士ガンダム UC

前作までの宇宙空間やコロニーとは打って変わって、今回は地球の話。『重力の井戸の底で』という重たーいタイトルが示すとおり、内容的にも非常に重くなっています。というか、物語の本筋である「ラプラスの箱」の謎解きに関する話からは少し離れ、主要キャラそれぞれが抱える悩みや苦しみを描写し、物語に懐の深さを持たせるための回と言って良いでしょう。

今回はフル・フロンタルを中心とする「袖付き」の出番は少なく、地球にいるジオン残党軍と地球連邦軍との戦いがメイン。ジオン残党軍の旗艦 MA は「シャンブロ」という水陸両用の巨大 MA ですが、アニメーション的にはむしろ脇役として出てくる旧ジオン/ネオジオン製 MS の活躍が胸熱。ジュアッグやゾゴッグ、イフリートといった従来 MSV でしか登場してこなかった MS(おそらく映像化としても初?)が画面狭しと動き回る様子は、半分ファンサービスであることが判っていても燃えるものがありました。
というか、やっぱりガンダムはビーム兵器じゃなくて白兵戦や実体弾を絡めた殺陣があってこそですよ!この作画でファーストガンダムのジャブロー戦や 0083 冒頭のガンダム強奪作戦を描いてほしいくらいです。あ、今度始まるという『THE ORIGIN』のアニメ化プロジェクトが、まさにそれになるのか・・・。

ただ、時代考証的には(地球で細々と生きながらえてきたジオン残党軍と、連邦軍にとって戦略的に重要ではなくなったトリントン基地の配備、ということを考慮しても)あの旧 MS の万国博覧会状態は無理があるでしょ、というツッコミを入れたくもなりますが、それにしてもバイアランがあんなにカッコイイ MS だったとは今回初めて気づきました(ぉ

そんな感じで映像的には相変わらずお腹いっぱいだし、登場人物それぞれの台詞も重みがあって良いのですが、ep3 までは何とか破綻なくまとめてきていた脚本も、いよいよストーリーに対して尺が足りなくなってきた感が強くなってきました。本来別のエピソードだったはずのシャンブロ戦(ダカール)とトリントン戦がひとまとめにされたのはまだ良いとしても、シャンブロのパイロットであるロニのキャラクター設定が変わりすぎ。シャンブロのエピソードは人種問題やイスラム圏の問題も絡んだ複雑な話だったのが、まあ事前に危惧していたとおり簡略化され、単なる父の敵に対する怨念晴らしの話に矮小化されてしまっていました。これでは物語のカタルシスもないし、ラストだってただでさえ小者なリディ少尉をさらに小さいキャラにしてしまう展開だし(ぉ)、原作の重力に根を張ったような重々しさが削がれてしまっているのは残念だなあと。
しかしこの調子で、終盤に行けば行くほど延びていく原作をあと 2 話でまとめきれるのか本当に心配です。今回のように大幅な設定変更でいびつな脚本にはしてほしくないなあ。原作者の福井晴敏曰く「終わらせる"いい方法"を思いつきまして」とのことですが、順当にいって ep6 は映画化か 2 部構成くらいしか考えられない(´д`)。

そういえば今回から登場したブライト司令、鈴置洋孝氏亡き今、誰が声を当てるのかが注目されてきました。今回抜擢された成田剣さんという方については私は残念ながら知らなかったのですが、先行公開された冒頭映像の声を聞いて衝撃を受けました。どう聞いても三十代半ばになったブライトさんの声。まあ鈴置さんの声と比べると少し低音の響きがふくよかになったような声色ですが、それがまた年齢設定と合っていて良い感じです。より出番の増える ep5 以降がさらに楽しみになりました。

ちなみに今回観に行った劇場は ep2 以来の横浜ブルク 13。ep2 のときより狭いシアターでの上映でしたが、画質はおそらく DLP によるデジタル上映で文句なしの精細感だったものの、音質がひどい。音圧が高いばかりで聴きづらく、これなら自宅でアンプなりサラウンドヘッドホンなりで聴いた方が楽しめるんじゃないの、と思いました。
まあ、それでもこの重厚な作品を大画面で楽しめるのはイベント上映ならではなので堪能してきましたが、12 月の BD 発売が楽しみです。ええ、横浜では劇場先行販売は完売していましたよ(´д`)。

機動戦士ガンダム UC episode 4 『重力の井戸の底で』 [Blu-ray]

B005DJEBI0

投稿者 B : 23:04 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック