b's mono-log

2012/02/01 (Wed.)

機動戦士ガンダム 0083 -ジオンの残光- [Blu-ray]

機動戦士ガンダム 0083 -ジオンの残光- [Blu-ray]

B004TJE3AQ

UC4 を観たら、なんか改めて 0083 のトリントン砂漠戦のシーンを BD で観たくなったので。

歴代のガンダム作品の中でも根強いファンが多いのが 0083 ではないでしょうか。宇宙世紀ものということもありますが、やはり河森正治/カトキハジメデザインのオリジナル試作ガンダムを中心とした、ミリタリー色の強いメカニックの魅力が光るのがこの 0083。逆に言えば、脚本はイマイチということでもあります(ぉ。

実は私はこの作品、レンタルの VHS か ANIMAX(ビットレートが上がる以前の)でしか視聴したことがなく、この BD が初めての HD ソースであることはもちろんのこと、DVD クオリティ以上の映像で観るのもこれが初めて(笑。VHS で観たときで既に作画のクオリティの片鱗は感じていましたが、BD 版の画質はさらにちょっとした驚きでした。
オリジナルはもはや 20 年も前の作品で、OVA が先に制作されて後から映画化されたこともあり、アスペクト比は 4:3。その時点で萎えそうなものですが、収録されている映像の画質は「オリジナルのセル画にはこれだけのポテンシャルがあったのか」と驚嘆させられるほどの高画質で、作画の良さが堪能できるクオリティに仕上がっていると思います。さすがに昨今のデジタル制作のアニメと勝負できるものではありませんが、先行してリリースされていた逆シャアの BD あたりと比べてもこっちのほうが高画質なんじゃないかと思うくらい。

まあ OVA をダイジェストにした劇場版なので、戦闘シーンは終盤戦以外は食い足りない感じだし、正直なところ主人公にもヒロインにも感情移入できない脚本なので(´д`)その点は物足りなさがあるんですが、0083 のメカニックを堪能できるソースとしてはなかなか秀逸なディスクだと感じました。

ただ、再生開始してから思い出したんですが、劇場版って私が観たかったトリントン砂漠戦がほとんどカットされてるんですよね(´д`)。これは OVA の DVD も観るべきということでしょうか・・・。

投稿者 B : 00:38 | GUNDAM | Movie | コメント (2) | トラックバック

2011/12/06 (Tue.)

機動戦士ガンダム UC episode 4 『重力の井戸の底で』 [Blu-ray]

機動戦士ガンダム UC episode 4 『重力の井戸の底で』 [Blu-ray]

B005DJEBI0

イベント上映で観ていた作品ではありますが、BD の一般発売を心待ちにしていました。どのくらい心待ちにしていたかというと、勢いで MG デルタプラスを組み上げてしまったくらいには(笑。しかし、Amazon に発注してしまったので、大阪物流センターから日本郵便のゆうメール扱いで発送されてしまい、発売前日に出荷されていたにも関わらず、発売当日時点でまだ「お近くの配達店まで輸送中です」。しかも、届け先を職場にしていたので、週末は受け取れずという、残念すぎる状況に(´д`)。結局週末ガマンせざるを得なかったというorz。

で、本題。往年のモビルスーツ大集合な胸熱映像であることはイベント上映のときに書いたとおりなので割愛しますが、個人的には今回の見どころはむしろ人間ドラマ中心で展開する前半の 30 分にあると感じています。ep3 までは最初から緊迫感あるバトルシーンや人間同士の駆け引きが目白押しで息つく間もなく、終盤に登場人物の誰かが死ぬなりしてバナージが悲しみに暮れるシーンが演出的にも心情的にもクライマックス、という展開ですが、ep4 はクライマックスの熱さもさることながら(とはいえ、映像化にあたって省略された設定やリディの立ち位置によって醒まされてしまうのも一部ありますが)、序盤のオードリー(=ミネバ)中心のエピソードや、バナージがジンネマンと砂漠を旅するシーンが重い台詞のオンパレード。相対的に後半のバトルシーンで出てくる台詞が軽くすら感じてしまうほどでした。やはり UC は大人向けの作品だけあって、宇宙世紀ガンダムの中では最も人間と戦争の本質に切り込んだ台詞が多い。
中でも深みのあるやりとりが行われる、ミネバが訪れた地球のダイナーのマスターの声がかつてガルマ・ザビを演じた森功至氏という配役(キャストを見るまで気がつかなかった・・・)というのが憎い。だってその人がミネバ・ザビと宇宙移民政策について語り合うんですよ・・・。

余談ついでの話をすると、小説版では今作に登場する MA「シャンブロ」の連邦内でのニックネームが「シーゴースト」という『終戦のローレライ』にちなんだ呼び名だったり、特殊部隊エコーズの小隊名が『亡国のイージス』内の設定にちなんでいたり、と同氏の他作品とのクロスオーバーが一部行われているので、それぞれの原作や映画を知っている人であれば、UC も原作を読んでみる価値はあると思います。まあ、そういう遊びの要素がただでさえ長い福井作品を冗長にしている元凶の一つでもあるのですが(´д`)。

最後に画音質について。イベント上映に行った横浜ブルク 13 のシアターは本当にひどい音響で、低音がブワンブワンなるだけでとても聴けたものではない音質でした。スピーカ自体が悪いわけではないと思うので、調整の問題だと思いますが、それに比べて我が家の MDR-DS7000 の聴きやすさと言ったら。まあ、いいアンプとスピーカからリアルマルチ ch で出すのとは比べようもありませんが、深夜に一人で楽しむならこれくらいのバランスでも十分かも。ようやく ep4 をまともに楽しめたような気がしました。
画質については、こちらは逆にブルク 13 の画質にさほど不満を感じなかったこともあって、やはり大スクリーンで楽しめるイベント上映は一度は観ておいて正解だと思います。逆に、我が家の BRAVIA(KDL-X5050)では、モーションエンハンサーの逆効果で動きの速いシーンで輪郭が崩壊してしまうシーンが何箇所かあり、それがちょっと気になったかな。フル HD がドットバイドットで表示できる直視型ディスプレイならではのパリッとした画質はアニメを観ていて気持ちが良いものですが、そろそろ限界を感じ始めたのも事実です。

ep5 は来年 5 月公開ということですが、それまで ep1~4 を何度か繰り返し観そうな予感。やっぱり UC は良い作品です。

投稿者 B : 01:04 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2011/11/16 (Wed.)

機動戦士ガンダム UC episode 4 イベント上映 @横浜ブルク 13

若干出遅れ感はありますが、観てきました。

機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]

機動戦士ガンダム UC

前作までの宇宙空間やコロニーとは打って変わって、今回は地球の話。『重力の井戸の底で』という重たーいタイトルが示すとおり、内容的にも非常に重くなっています。というか、物語の本筋である「ラプラスの箱」の謎解きに関する話からは少し離れ、主要キャラそれぞれが抱える悩みや苦しみを描写し、物語に懐の深さを持たせるための回と言って良いでしょう。

今回はフル・フロンタルを中心とする「袖付き」の出番は少なく、地球にいるジオン残党軍と地球連邦軍との戦いがメイン。ジオン残党軍の旗艦 MA は「シャンブロ」という水陸両用の巨大 MA ですが、アニメーション的にはむしろ脇役として出てくる旧ジオン/ネオジオン製 MS の活躍が胸熱。ジュアッグやゾゴッグ、イフリートといった従来 MSV でしか登場してこなかった MS(おそらく映像化としても初?)が画面狭しと動き回る様子は、半分ファンサービスであることが判っていても燃えるものがありました。
というか、やっぱりガンダムはビーム兵器じゃなくて白兵戦や実体弾を絡めた殺陣があってこそですよ!この作画でファーストガンダムのジャブロー戦や 0083 冒頭のガンダム強奪作戦を描いてほしいくらいです。あ、今度始まるという『THE ORIGIN』のアニメ化プロジェクトが、まさにそれになるのか・・・。

ただ、時代考証的には(地球で細々と生きながらえてきたジオン残党軍と、連邦軍にとって戦略的に重要ではなくなったトリントン基地の配備、ということを考慮しても)あの旧 MS の万国博覧会状態は無理があるでしょ、というツッコミを入れたくもなりますが、それにしてもバイアランがあんなにカッコイイ MS だったとは今回初めて気づきました(ぉ

そんな感じで映像的には相変わらずお腹いっぱいだし、登場人物それぞれの台詞も重みがあって良いのですが、ep3 までは何とか破綻なくまとめてきていた脚本も、いよいよストーリーに対して尺が足りなくなってきた感が強くなってきました。本来別のエピソードだったはずのシャンブロ戦(ダカール)とトリントン戦がひとまとめにされたのはまだ良いとしても、シャンブロのパイロットであるロニのキャラクター設定が変わりすぎ。シャンブロのエピソードは人種問題やイスラム圏の問題も絡んだ複雑な話だったのが、まあ事前に危惧していたとおり簡略化され、単なる父の敵に対する怨念晴らしの話に矮小化されてしまっていました。これでは物語のカタルシスもないし、ラストだってただでさえ小者なリディ少尉をさらに小さいキャラにしてしまう展開だし(ぉ)、原作の重力に根を張ったような重々しさが削がれてしまっているのは残念だなあと。
しかしこの調子で、終盤に行けば行くほど延びていく原作をあと 2 話でまとめきれるのか本当に心配です。今回のように大幅な設定変更でいびつな脚本にはしてほしくないなあ。原作者の福井晴敏曰く「終わらせる"いい方法"を思いつきまして」とのことですが、順当にいって ep6 は映画化か 2 部構成くらいしか考えられない(´д`)。

そういえば今回から登場したブライト司令、鈴置洋孝氏亡き今、誰が声を当てるのかが注目されてきました。今回抜擢された成田剣さんという方については私は残念ながら知らなかったのですが、先行公開された冒頭映像の声を聞いて衝撃を受けました。どう聞いても三十代半ばになったブライトさんの声。まあ鈴置さんの声と比べると少し低音の響きがふくよかになったような声色ですが、それがまた年齢設定と合っていて良い感じです。より出番の増える ep5 以降がさらに楽しみになりました。

ちなみに今回観に行った劇場は ep2 以来の横浜ブルク 13。ep2 のときより狭いシアターでの上映でしたが、画質はおそらく DLP によるデジタル上映で文句なしの精細感だったものの、音質がひどい。音圧が高いばかりで聴きづらく、これなら自宅でアンプなりサラウンドヘッドホンなりで聴いた方が楽しめるんじゃないの、と思いました。
まあ、それでもこの重厚な作品を大画面で楽しめるのはイベント上映ならではなので堪能してきましたが、12 月の BD 発売が楽しみです。ええ、横浜では劇場先行販売は完売していましたよ(´д`)。

機動戦士ガンダム UC episode 4 『重力の井戸の底で』 [Blu-ray]

B005DJEBI0

投稿者 B : 23:04 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2011/08/12 (Fri.)

∀ガンダム I 地球光&II 月光蝶 [Blu-ray]

∀ガンダム I 地球光&II 月光蝶 [Blu-ray]

B004TJE3BK

ガンダムである必要がないガンダム・・・と言われながらも、私の中ではガンダム作品の上位にランキングされているこの作品。DVD 版も持っていますが、BD の発売を待っていました。時間のない昨今ではありますが、何とか時間を作って視聴。

以前買った DVD 版には正直なところ画質面で不満が強く、この BD 版でどの程度改善されているか、気になっていました。というか改善されてなかったら金返せよコノヤロー!と言おうと思ってた(´д`)。

その DVD 版の画質はこんな感じ。

まあ再生画面をデジカメ撮影しているので、写真では細部まではちょっとわかりにくいですが、DVD だとしても全体的にエッジが甘く、動きの大きい場面ではすぐ精細感が失われるし、何よりも『地球光』『月光蝶』両方で全体の半分以上のシーンで画面の右側に白いノイズが出ています。
この白いノイズはずっと同じ位置に出ていて、シーンによって出ていない部分もあるので、フィルム側の問題というよりもテレシネ時に使ったフィルムスキャナ?の問題でしょう。

オーサリング技術の進歩や高ビットレートの割り当て、あるいはプレイヤー/テレビ側の補完技術によって、最近の DVD パッケージ(特にアニメ系)は HDTV で観てもけっこう鑑賞に堪えるクオリティになってきていると思いますが、この DVD はもう 9 年も前の発売。最近の DVD とは明らかに画質が違うのは仕方ないですが、それにしても画面右端の白ノイズは許し難いレベル(技術の進歩云々以前の問題)ですし、このクオリティで 1 本あたりの定価¥6,300 はないだろとずっと思っていました(´д`)。

それが今回の BD 版でどの程度良くなったかというと、

∀ガンダム

エッジはくっきり、コントラストはっきり、変なノイズもなくなってクリアな画質で楽しめるようになりました。まあ HD を前提に作られた作品でもないのでそのへんは割り引いて観る必要がありますが、BD パッケージとしては及第点をあげていいレベルじゃないでしょうか。
35mm フィルムの HD テレシネからやり直しているようで、コマ単位での画質はとても良いと思いますが、コマ揺れが修整されていないのでけっこうガタガタが気になる。そこまで手間をかけてほしかったというのはちょっと贅沢すぎるでしょうか・・・。ただ、DVD があの状態だったので、相対的な満足度としてはかなり高いです。

今回は初回生産限定の『地球光』『月光蝶』の 2 本パックを購入しましたが、キャラデザの安田朗氏(ストリートファイターの人ですね)描き下ろしのスリーブをはじめ、いろいろと購入特典がついてきました。私はこういう特典にはあまり興味がないほうですが、つい懐かしかったので。

∀ガンダム

まずは劇場公開時に販売されたパンフレットの縮刷復刻版。私はこの映画をリアルタイムで劇場に観に行ったので(1 年だけ富山で働いていたときに、高岡ピカデリーまで車を飛ばして観に行った)、そのときに買ったオリジナルのパンフレットを引っ張り出してきてみました。印刷色の微妙な違いはあれど(オリジナルの方が色褪せている可能性もありますが)、ほぼそのまま縮刷されていて、ちょっと感激。
そういえばこの映画も劇場公開されて 9 年半経つんですね・・・私も歳を取るわけだ。

ほかについてきた特典は生フィルム。

∀ガンダム

『地球光』のほうに入っていたのは、キエルに扮したディアナが飛行船に乗り込むシーン(だと思われる)。これはまあ当たりの部類でしょう。

∀ガンダム

で、『月光蝶』のほうは、コレン・ナンダーが最後の特攻をかけるシーンかな。こっちは当たりなのかハズレなのか判断が分かれそう(笑。

ともあれ、やっぱり∀はいい作品だわー。ただやっぱり劇場版だとその醍醐味の半分も味わえないので、この作品はテレビシリーズで観るべきですね。ということで、TSUTAYA でテレビシリーズの DVD を 1 巻から順に借りてきているのは内緒です(ぉ。

投稿者 B : 00:29 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2011/04/08 (Fri.)

機動戦士ガンダム UC episode 3 『ラプラスの亡霊』 [Blu-ray]

機動戦士ガンダム UC episode 3 『ラプラスの亡霊』 [Blu-ray]

B003YUBDPE

発売日を迎えたのに Amazon から一向に発送メールが送られてこないので、キャンセルして量販店で買いました(´д`)。

イベント上映で一度観ている映像なので内容については多くを語りませんが、やっぱり前半のクライマックスだけあって最も密度が高く、作り手のメッセージも伝わってくる回ですね。戦闘シーンの迫力や緊迫感もさることながら、痺れる台詞・泣ける演出が多い。繰り返し観ようと思ったところで大規模な余震(っていうレベルじゃねーぞ!)のおかげでそれどころではなくなりました(;´Д`)ヾ。

映像のクオリティに関しては、今回は六本木ヒルズの TOHO でのイベント上映が十分高画質だったので自宅のテレビで観ても新たな発見はないかな・・・?と思ったら、戦艦やがアップになったときの表面処理(よく見るとベタ塗りじゃなくて汚しのようなテクスチャを入れてあるように見える)なんかも描き込まれていて、非常に手が込んでいることに改めて気づかされました。でもやっぱり作画はフル HD のディスプレイで見ると線がちょっと太い(というか一本調子)ので、もうちょっと繊細に表現してほしいところ。まあ、全体的に非常にクオリティが高いので、重箱の隅をつつくようなツッコミではありますが。

次回はこの秋。あと半年の辛抱といったところでしょうか?次回はシリーズで初めて地球が舞台。政治的な動きも含め、さらに深く重くなっていく作品を制作陣がどう描くのか非常に楽しみです。

投稿者 B : 01:03 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2011/03/08 (Tue.)

機動戦士ガンダム UC episode 3 イベント上映 @TOHO シネマズ 六本木ヒルズ

PlayStation Store での配信も始まっていますが、やっぱり毎エピソード一度ずつは劇場の大画面で堪能しておきたいと思い、観に行ってきました。

機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]

機動戦士ガンダム UC

ネタバレになるので詳細は避けますが、今回のエピソードで全体の折り返し地点にあたるということで、非常に密度が濃い!冒頭からパラオ攻略戦の緊迫したバトルシーンで始まりますが、最後まで断続的に戦闘シーンなので、なかなか息がつけません。ちょっと詰め込みすぎ感があるくらいなので、もう少し尺をとってじっくり見せてほしかったような気すらします。
原作者の福井晴敏氏自ら「後半は前半の 1.5 倍くらいずつある」と言っているくらいなので、今後もっと重く濃くなっていく残りのエピソードがあと 3 回で収まるのか微妙に不安(;´Д`)ヾ。まあ変にダイジェストになるくらいなら、時間を使って最後まで良い作品に仕上げてほしいので、ハリポタみたいに最終話が前後編になったりしても許します(`・ω・´)。

という感じで見どころが多い本作ですが、今回はエコーズのダグザとガランシェール隊のギルボアのカッコ良さがキモのひとつだったんじゃないでしょうか。個人的には、ガンダムはオッサンが活躍してナンボだと思ってるので(笑)この描かれ方はかなりツボ。ところでギルボアの中の人って教育テレビ『いないいないばあっ!』のワンワン(古い話では『たんけんぼくのまち』のチョーさん)の人ですよ・・・もう明日から朝の『いないいないばあっ!』を見る目が変わりそう(;´Д`)ヾ。
ほかにも、マリーダの過去(小説読んでる人ならネタバレ済みですが、映像化するには際どい設定。まあこのあたりがギリギリのラインか、という描き方になっています)とか、前 2 作以上にアツさを増す戦闘シーンとか、ようやくアクションシーンが出てきたデルタプラスとか、小説版には出てこなかった新モビルスーツとか、懐かしい MS とか、非常に濃密な 1 時間。結局劇場先行販売の BD は買えずじまいだったんですが、BD の一般発売が待てずに PS Store でダウンロードしてしまいそうな自分がここにいます(´д`)。

映画館は今回は六本木ヒルズの TOHO シネマズ(SCREEN5)に行ったんですが、ここが画音質ともにかなり良かったです。この劇場は今までダメダメな XpanD の 3D を初体験した『AVATAR』とソースがあまりにも古いセナの映画しか観たことがなかったので、本来の実力を知りませんでした(´д`)。
この映画館での上映はおそらくデジタルソースを DLP プロジェクタで再生していますね。直視型ディスプレイの画質に慣れきってしまった身としては、最近ではフィルム上映の映画館に行って画質に満足することはもうなくなってしまったのですが、ここの画質は(少なくとも本作に関しては)自宅の BRAVIA で観るのと変わらないほどシャキッとした鮮明さでコントラストも高く、HD ソースのアニメーション作品としては初めて劇場の画質に満足したように思います。逆に、12.7×5.3m のスクリーンでは作画の輪郭線が太くて一本調子なのが気になってしまい、もっと細かく描き込みが欲しくなってしまったほど。余談ですが、ここのプロジェクタについて調べていて SCREEN7 が 4K SXRD というあこすたむさんのエントリーにヒットしてしまい軽く吹きました(笑。
ちなみに音については音楽がメインじゃないので部分的な評価になりますが、JBL のスピーカを使っているようで、映画の BGM・SE の範囲では音質・ヌケ・各チャンネルのつながりともに十分良いように感じました。時間を作ってここでもう一度サヨナラノツバサを観たいと思ったくらい。今後、画音質重視の作品はできるだけこの映画館を使うようにしようと思いました。

episode 4 は今秋公開とのこと。また半年のブランクになりますが、まずは来月発売の BD を楽しみに待ちたいと思います。先行販売分が買えなかったけど、一般販売分が Amazon なら¥2,500 も安く買えるからいいんだい(´・ω・`)。

機動戦士ガンダム UC episode 3 『ラプラスの亡霊』 [Blu-ray]

B003YUBDPE

投稿者 B : 00:20 | GUNDAM | Movie | コメント (2) | トラックバック

2010/12/25 (Sat.)

劇場版 機動戦士ガンダム 00 -A wakening of the Trailblazer- [Blu-ray]

劇場版 機動戦士ガンダム 00 -A wakening of the Trailblazer- [Blu-ray]

B003YUBDP4

劇場で観てとても微妙な気持ちになった本作ですが、とりあえず BD を確保しました。
最初、Amazon での価格差も思ったほど大きくないし、と思ってよく調べもせずに COMPLETE EDITION のほうを発注していたら、某氏に「そんな分厚いパッケージで大丈夫か?」と言われ、見てみたらあり得ないほど厚かったので、慌てて通常版をオーダーし直し(´д`)。特典はそんなに要らないし・・・。まあ、サマーウォーズと違って発売当初から廉価版パッケージも用意されているのは、よしとしましょう。

賛否両論あるこの映画ですが、未知との遭遇ものの SF ホラーとしては(どっかで観たようなシーンが多いものの)よくできていると思います。ただ、個人的にはラストシーンでぶち壊されてしまったという印象が強い。同じような結末でも、違う表現ならばもう少し納得感もあったというもの・・・と思うと、なんだか悔しいですね。
ぶち壊しという点では、当初は現実の延長線上にある世界観と「戦争根絶」という重いテーマの組み合わせで、今までにない「大人のガンダム」を作り上げてくれるかと思いきや、セカンドシーズンでは単純な勧善懲悪系の話にすり替えられ、トランザムライザーの高濃度圧縮粒子という超ご都合主義的設定で万事解決・・・みたいな子供騙しで強引にまとめられてしまったときにも感じたので、この映画もその意味では「イオリア計画の範囲内」だったのかもしれません(ぉ。

他にも、ストーリー上イマイチ活かし切れていないキャラ(マリナとかグラハムとかアンドレイとか新キャラのデカルトとか)とか伏線が多くてなんだかもったいないですね。映画の尺の都合上、SF ホラーの部分にフォーカスしなければさらに散漫になっていたのでしょうが、それならば設定自体をもう少しシンプルにしておいたほうが良かったはず。

今回は BD の話なので BD について語ると、画質は素晴らしいの一言。映画館のプロジェクタでは追い切れなかった細かな描写やモビルスーツの動きは、やはり直写型ディスプレイでこそ実感できます。本作に出てくるモビルスーツはギミックが凝ったものが多いのですが、劇場での初見時には気づかなかった動作やギミックが「ああ、これはこうなってたのか」とじっくり鑑賞することができたのは良かったです。むしろ、最初から劇場に行かずに BD だけ買った方が幸せになれたかも(´д`)。

とりあえず 00 はこれでパッケージメディアまで含めて完結したので、これで心置きなく UC の episode 3 を待てます(笑。

投稿者 B : 23:59 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2010/11/19 (Fri.)

機動戦士ガンダム UC episode 2 『赤い彗星』 [Blu-ray]

機動戦士ガンダム UC episode 2 『赤い彗星』 [Blu-ray]

B003WJDWCO

最近なんだかんだやることが多くて、届いてから 1 週間近く放置してしまっていましたが、ようやく鑑賞しました。

イベント上映で既に一度観ているので、内容に関しては割愛しますが、やっぱりこの作品は直視型ディスプレイで観たほうが堪能できますね!横浜ブルク 13 も良いハコでしたが、君の父上がいけないのだよ映像の凝縮感とか、素速い動きについていける画面のレスポンスとか、画質面では自宅の環境のほうが満足感が高いです。映像や音の細かな作り込み、ファーストガンダムへのオマージュ的な演出(台詞だけでなく映像面でも)、そして迫力のモビルスーツ戦など、2 回目の視聴というのもあるのでしょうが、劇場よりも BD のほうがより細かいところに目が届きやすいと感じました。

今回のエピソードは序盤から中盤への橋渡しであり、いろいろと設定や状況の説明をしなくてはならない回でもあるので、全体的に台詞が多め。見せ場の MS 戦はシナンジュの圧倒的な強さを際立たせる必要もあってか伯仲とはいかず、一方的ですらあります。「ジェガンの美学」を見せつけられた episode 1 に比べると、派手さはあるもののやっぱり緊迫感には欠けるかなあ・・・そのあたりは episode 3 に期待ということで。

次回 episode 3 の公開は思ったより早く、来年 3 月とのこと。想像以上のクオリティで仕上がってきている本作だけに、今から楽しみですねー。

投稿者 B : 23:52 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2010/10/31 (Sun.)

機動戦士ガンダム UC episode 2 イベント上映 @横浜ブルク 13

昨日から劇場公開されているのをさっそく観てきました。

機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]

機動戦士ガンダム UC

episode 1 の出来が非常に良かったので、半年間ずっと楽しみにしていました。テレビシリーズの開始当初は骨太のストーリーを予感させたのに最終的に微妙な方向に行ってしまった某映画の後だけに、口直しには最適だと思います(ぉ。

ストーリーはネタバレのない範囲で説明すると、「赤い彗星の再来」と通称されるフル・フロンタルが登場し、愛機シナンジュとともにユニコーンガンダムと対峙する・・・という、フロンタル対バナージの初対決を中心に描かれています。あと、episode 1 の最後で期待を持たせるだけ持たせておいてぶった切られたユニコーンガンダムの初戦闘シーンもちゃんと収録されているので、ご安心を(笑。
モビルスーツ戦はほぼ初めてなバナージと熟練したフロンタルの対比を際立たせた演出なのでバトルの「手に汗握る感」はもう少し食い足りないところはありますが、戦闘シーン自体は episode 1 よりも遙かにパワーアップしていると思います。もちろん、あの名台詞も出てきます。

全体的にハマり役の声優揃い、特にサイアム・ビストの声をファーストガンダムでナレーションを務めた永井一郎が当てている時点でグッと来てしまう本シリーズにありながらも、やはり池田秀一演じるフル・フロンタルの声が流れてくると、映像がさらに締まる印象がありますね。また、原作でも過去のシリーズを彷彿とさせる台詞や演出がいくつも登場していますが、そういうシーンが映像でどのように再現されるか?という楽しみ方もありだと思います。

また、劇場でのイベント上映では冒頭に episode 1 のダイジェスト映像が 10 分ほど挿入されています。しかもナレーションは池田秀一。ダイジェストは内容的によく編集されているので、これはこれで必見。おそらく BD/DVD 版にも映像特典として同じものが収録されているはずです。

横浜(桜木町)のブルク 13 というシネコンには初めて行きましたが、キャパが小さいながらも悪くないですね。施設が新しいせいもあってか(UC を観たスクリーンは DLP プロジェクタでした)画質が比較的良く、音響も悪くない。ただハコが小さくて試聴距離が近いので、席によってはサウンドスクリーンの孔がモアレっぽく見えて少し気になるかもしれません。中央の通路より少し後ろのほうの席を指定するのが良いかなと思いました。でも、そこさえクリアできれば、HD 画質をそれなりに楽しめるシネコンとして積極的に通ってみたいと感じました。

episode 1 のときは劇場で確保できた BD の先行発売は、今回は見事に売り切れ。2 日目だったからでしょうが、限定数とはいえ少なすぎでしょ・・・。先行販売は定価売りだし安く買えるほうがいいんだからねっ!と自分に言い訳しつつ(ぉ)とりあえずその場で Amazon にオーダーしましたが、届くまでの 2 週間近く、PlayStation Store でのレンタル配信をガマンしきれる自信がない(汗。

機動戦士ガンダム UC episode 2 『赤い彗星』 [Blu-ray]

B003WJDWCO

投稿者 B : 21:44 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2010/09/23 (Thu.)

劇場版 機動戦士ガンダム 00 @チネチッタ

観てきました。

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-

機動戦士ガンダム 00 -A wakening of the Trailbrazer-

まだ公開から日が浅く、しかもこの映画について語ることはネタバレを避けて通れないので、念のためネタバレ防止策を入れておきます。










2 期にわたったテレビシリーズは、最初のうちはあまり期待していなかったんですが、なんだかんだでハマってしまい、トランザムのバーゲンセール状態(笑)から始まった戦力の異常インフレとか、戦術予報という名の力押しによる戦闘(ぉ)とか、脳量子波交信による裸祭り(ぉ)とか、いろいろとツッコミどころはありながらも、全体としてみるとけっこうおもしろいと感じていたのは事実です。概念というか理想そのものになろうとする主人公・刹那の言動に共感するところもあり。なので、テレビシリーズで散々張り巡らされた伏線にどうオチをつけるのか?という興味もあって、劇場公開はけっこう楽しみにしていました。

この作品はテレビシリーズの頃からアーサー・C・クラークとの『2001 年宇宙の旅』や『2010 年』の影響を色濃く受けており、SF ファン的な面でもいろいろと刺激される部分はありました。が、劇場のスクリーンに映し出されるにあたり、これらの映画へのオマージュと言えるような映像がふんだんに盛り込まれており、かなり狙ってるなー、と感じます。また、『逆シャア』へのオマージュと思われる箇所もいくつか紛れていて、SF とガンダムを愛するクリエイター達が自分たちの好きな映像を作りたかったんだろうな、というのが画面の隅々から伝わってきました。

しかし、この映画は、いわゆる「ガンダム」のフォーマットではなく、むしろ SF 映画、中でも宇宙人とのファーストコンタクトものの典型的な手法で描かれています。未知の異星体「ELS」の恐怖を描いた前半なんかは、特に SF ホラー的な要素が強い。
「ガンダム」の名がつく作品の中でこういった表現を行うこと自体には挑戦を感じましたが、『2001 年』『2010 年』をベースにあのアニメやあのアニメ、あの映画・あの映画・あの映画あたりを掛け合わせてガンダムで割ったような感じの「なんか見覚えのある」設定や映像も多く、そこまでの新規性は感じませんでした。

ストーリーに関しては、「戦争根絶と相互理解」をずっと掲げてきた『ガンダム 00』というシリーズなら、完結編はこういう結末しかあり得ないんだろうな、という至極真っ当なまとめ方になっています。が、ちょっと唐突すぎるというか、「本当にこれで良かったの?」と感じるところもあり、同じ余韻を持たせた終わり方をするのであれば『逆シャア』のようなまとめ方もあったんじゃないか・・・と思います。でも、今までのどのガンダムでも描けなかった結末を、制作陣は描きたかったんだろうな、というのは理解できる。
でも、私の他にも観終わった後になんか複雑な顔をしているお客さんが多かったので、これはきっと賛否両論が分かれる作品であることは、間違いないと思います。結末だけでなく、途中にも「えっ?」という場面がいくつもあって、多少のことでは呆れないつもりで臨んだ私ですら、4~5 回はお口があんぐりしてしまったのは事実。幕引き後の気分としては、『まごころを、君に』を見終わった瞬間の気分に通じるものがありました(あそこまでひどくはないにしろ)。

戦闘シーンの描写は非常に派手でスピード感もあり、速すぎてちょっとついていけなくなりそうなくらい気合いが入っています。といってもマクロス的なミサイルとビームの世界なので、逆シャアのような白兵戦の醍醐味がないのが、私にはちょっと物足りないですが。

総じて、演出や映像はとても良かったけど、肝心の脚本がちょっと・・・。なんというか、「劇場版ガンダム」として見た場合には、こういう作風はサイドストーリーや外伝ならアリだろうけど、本流の完結編としてはもっとスッキリしたものが求められているんじゃないかな?と思います。

まあ作品に納得いってなくても映像的にもう少しじっくり観たい部分もあるから、BD 出たら買うと思いますけどねー(笑。

投稿者 B : 00:00 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック