b's mono-log

2013/03/21 (Thu.)

ファーストガンダム BD-BOX 発売日決定

「機動戦士ガンダム Blu-ray BOX」が8月28日に発売 -AV Watch
機動戦士ガンダム Blu-ray メモリアルボックス

B00BUCDF2M

UC6 のイベント上映で発売が告知されていた、ファーストガンダム TV シリーズの BD-BOX の発売日が 8/28(水)に決定。ガンダムシリーズの中で、ファーストの TV シリーズ/劇場版はそのパッケージメディアの最後の成熟期に満を持して発売される、というサイクルを守ってきましたが、BD もいよいよその段階に入ったということでしょうか。

私はファーストガンダムは劇場版 DVD-BOX を購入したものの、TV 版の DVD-BOX は高価いし BD が普及期にさしかかろうというタイミングで買うのもなあ、と思ってスルーしていましたが、パッケージメディアとしてファーストガンダムの TV シリーズが出るのはさすがに Blu-ray が最後かもしれないし、今回は買おうかなと思っています。
でも発売日が毎年最も忙しくなる頃なので、観る時間が取れるのかどうか(;´Д`)ヾ。まあ台詞を暗唱できるほど観た作品なので、急いで観る必要もないんですが、せめて夏休み前に発売してほしかった...。

投稿者 B : 23:29 | GUNDAM | Movie | コメント (1) | トラックバック

2013/03/09 (Sat.)

TOHO シネマズの 3D 方式

上映期間中にもう一度劇場で観ておきたい、と思っていた『レ・ミゼラブル』を観に、六本木ヒルズの TOHO シネマズに足を運んできました。
やっぱりこの映画は何度観ても良い。BD は間違いなく買って損はないけど、やっぱり劇場の音響の包囲感に包まれてこそだよなあ、と余韻に浸っていたら、館内でこんな掲示を見つけました。

TOHO シネマズオリジナル 3D メガネ

へええ、3D 方式が変更になったのか。そういえば六本木ヒルズでの 3D 映画といえば XpanD 方式で観た『AVATAR』が今のところ最初で最後で、それ以来六本木で 3D 映画を観ようなんて全く思わなくなったなあ(2D 映画については画音質ともに満足できるクオリティなのでよく利用するけど)...と内心呟いていましたが、待てよ、オリジナル 3D メガネって何の方式なんだ?というのが気になり始めました。
掲示の内容によると「MasterImage と RealD のメガネの使用は推奨しない」ということで、「使えない」ではなく「推奨しない」ということは円偏光方式なんでしょう。とすると、可能性として高いのは残る円偏光方式である Sony Digital Cinema 3D でしょうか。

このあたりの話を調べてみようにも、ググってもなかなかそのものズバリの答えには辿り着かなかったのですが、いくつかの状況証拠からある程度確信が持てました。

まず、私が昨年夏に『アメイジング スパイダーマン』を鑑賞した TOHO シネマズ渋谷では、Sony Digital Cinema 3D を採用していたこと。そして、TOHO シネマズの Web サイト中の 3D 方式に関する記述で、当の TOHO シネマズ渋谷が「TOHO シネマズ 3D メガネ導入劇場」となっていること。

デジタル3D上映について || TOHOシネマズ

最後に、2 年前の TOHO シネマズ甲府における Sony Digital Cinema 3D 世界初導入のプレスリリース文で

Sony Digital Cinema™ 3Dで更に快適な3D鑑賞を ~4Kデジタルシネマプロジェクターによる、なめらかで自然な高画質3D上映~ 3月17日(木)グランドオープンの"TOHOシネマズ 甲府"で世界初導入 (PDF)

「今後、TOHOシネマズが新しくオープンする劇場にはSony Digital Cinema™ 3Dを採用していく予定です。」と明記されていること。
TOHO シネマズの中で上田(長野県)だけが「ソニーデジタルシネマ 3D 導入劇場」と書かれているのが不可解ですが、TOHO シネマズは基本的に MasterImage/RealD 方式から Sony Digital Cinema 3D 方式への設備転換を進めており、Sony Digital Cinema 3D 導入劇場では原則としてオリジナル 3D メガネを配布している、ということではないかと推測します。
あえてオリジナルメガネを採用している理由としては、メガネの上から掛けられるようにすることで別途クリップオンタイプを用意するコストを省けることと、オリジナルメガネの説明文に「TOHO シネマズの 3D 上映であれば、どの劇場でもご利用頂けます」と記載されていることから、もしかすると 3D 効果や画質よりも MasterImage/RealD にも対応できる汎用的な特性で作られている可能性が考えられるんじゃないでしょうか。どの劇場にどの方式の 3D システムが導入されているかは明記されていないので、オリジナルメガネ導入劇場でも機材は MasterImage 3D、ということもあるかもしれませんが。

3D が注目されていた 2~3 年前とは異なり、今は検索してみてもなかなか 3D 方式に関する詳細情報にヒットしないくらい、3D は注目されなくなったというか、逆に言えば映画館にとってみれば当たり前の技術になってきたということなのかもしれません。クオリティに関しても、昨年末に観た『ホビット』で XpanD 方式の画質の大幅な改善は確認できましたし、現在主要な映画館で採用されている 3D 方式であればどれも画質面で大きな不満は感じないのではないかと思います。まあ、私は最近ハリウッド映画に食傷気味なので、3D 作品も年にせいぜい 2~3 本しか観ていませんけどね...。

3D かどうかはさておき、楽しみにして観に行ったのに映画館の画音質に満足できなくてがっかり、ということも少なくありません。多くの映画館では席数とスクリーンサイズ、スピーカのチャンネル数くらいは公開されていますが、できればもう少し細かい設備情報まで公開してほしいところです。ま、設備として新しくてもセッティングがひどい横浜ブルク 13 のような例もあるので、実際には行ってみないと分からない、というのが残念ながら現実でしょうが...。

投稿者 B : 23:07 | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/03/03 (Sun.)

機動戦士ガンダム UC episode 6 イベント上映 @チネチッタ

世界最速上映会で一度観はしましたが、やっぱりもうちょっとまともな音響の映画館でちゃんと観ようと思い、初日朝イチでイベント上映に行ってきました。

機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]

機動戦士ガンダム UC

イベント上映の実施館は回を追うごとに増えており、今回からは川崎のチネチッタも加わりました。よく行く劇場なので、これは助かる。まあ、チネチッタは音響はともかく画質がイマイチ(サウンドスクリーンのモアレがけっこう気になる)なので、世界最速上映会に当選していなければ六本木か新宿に行っていたと思います。

今回もやはり濃厚な 60 分で、あの長い小説の内容をよくここまで圧縮したな、というのが正直な感想。ですが、今回はシリーズ全体を通しても最も人間ドラマに重きを置いているパートだけに、もうちょっと深掘りしてほしいところも少なくなく。特に、メインであるジンネマンとマリーダのやりとりや、かなりあっさり扱われてしまったミネバとミコットのやりとりは、アニメから UC に入った人には変節が速すぎてちょっとついていけないんじゃないかと感じました。私は小説をひととおり読んでいるのでクライマックスでのジンネマンとマリーダの会話には号泣してしまいましたが、あと 10 分延びてもいいからそのあたりの描写を丁寧にしてほしかったと思います。まあ、BD 特典映像のメイキングを見てしまうと、これでさらに「あと 10 分延ばして」とはさすがに言えないな、とも思いましたが(;´Д`)。

そんな感じで今回は全体的に緊張感のあるストーリーパートが中心、MS 戦闘は ep5 のラストから続くゼネラル・レビル戦と終盤に少しあった程度でしたが、どちらも短時間ながら内容が濃くて見応え十分。ep1 の冒頭よろしく、ジェガンやリゼルの渋いやられっぷりこそ UC 最大の醍醐味だなあ、というのを改めて感じました。

BD は Amazon で予約してあったんですが、この作品だけはどうしても一般発売が待ちきれず(笑)、劇場限定版を買ってきました。

機動戦士ガンダム UC episode 6 『宇宙と地球と』 [Blu-ray]

B009SF7GL4

通常販売に比べると ¥3,000 くらい高いのが痛いところですが、BD 発売までに三回以上観ればモトは取れるかな(笑

内容物はこんなところで、

機動戦士ガンダム UC

本編ディスク、メイキング映像と昨年開催されたイベント『機動戦士ガンダム UC FILM&LIVE 2012』の映像を収録した特典ディスク、本作の特製シナリオ冊子、『FILM&LIVE 2012』の台本、あと生フィルム。BD の「初回限定版」の内容にシナリオ冊子と生フィルムを足した内容になっていますが、個人的には一般発売から 2 週間早く観られる、というのだけがメリットかな(笑。
特典ディスクはまだメイキングしか観ていませんが、なかなか見応えがありました。特にファーストガンダムの流れを強く感じさせる SE(サウンドエフェクト)がどこでどのように作られているか、という話はとても興味深かったですね。

機動戦士ガンダム UC

生フィルムはアンジェロ・ザウパー。今回の BD ジャケットはアンジェロなので、そういう意味では当たりですが、表情といい、ちょっと微妙かも(´д`)。まあいいんですが...。

最終回『虹の彼方に』の公開は 2014 年春、ということで実に一年後。あまりにも待ち遠しいですが、少なくとも 70 分以上の尺になることは既に見えている、ということなので、最終回に相応しい大作になりそうです。さらに今回は、ファーストガンダム TV シリーズのリマスター BD-BOX が今夏発売ということも発表されました。TV シリーズは結局 DVD-BOX をスルーしたので、BD-BOX は買っても良いかなと思っていますが、どれくらいのクオリティで出てくるんでしょうね...。

投稿者 B : 23:29 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/02/28 (Thu.)

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM episode 6 世界最速上映会 (2)

「私のたった一つの望み。可能性の獣、希望の象徴...」

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

というわけで、「機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM episode 6 世界最速上映会」のイベントレポートの続きです。

イベントは上野の国立科学博物館で開催されました。会場に入るなり、本作品において重要な意味を持つタペストリー『貴婦人と一角獣』が、4 月から国立美術館で開催される展覧会に先駆けて展示されていた...わけではなくて、これは単なるレプリカというか、プリント(笑)。それでも、これで出迎えてもらえるというのは嬉しいじゃないですか。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

開演時間を迎えたところで、このタペストリーの前でフル・フロンタルから映像での挨拶。撮影禁止だったので写真はありませんが、「我々の記録映像の鑑賞によく来てくれた」とのこと。「趣向を凝らしてこの小惑星ジュラク(聚楽(笑))に、かつて地球にあった極東の国ニッポンの、ウエーノという場所にあった博物館を精巧に再現してみた」そう(笑)。こういう演出、嫌いじゃないです(^^;;

ここで、イベント上映のお約束・これまでのダイジェスト(BD には特典映像として収録)の上映。エントランスホールでのスタンディングでの鑑賞でした。その後、博物館内の展示物の閲覧タイムとなりました。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

振り返ると、ホールの吹き抜けの上階の欄干に、このタペストリーの残りの 3 枚が吊るされていました。単なるプリントでもけっこう感銘を受けるくらいなんだから、六本木での展覧会が始まったら必ず見に行こう、と心に決めました。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

1F のタペストリーの脇にはビスト一族の肖像画。これは言わずと知れたバナージの父、ビスト家当主のカーディアス・ビストですね。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

こちらはビスト財団の創始者、サイアム・ビスト。劇中では死の床に臥せっていますが、最終話『虹の彼方に』では、ついに(以下自粛

このサイアムの声をファーストガンダムのナレーション、永井一郎氏が演じている...つまり、あれは宇宙世紀の歴史の目撃者の回想だった、という解釈が与えられているのが、アニメ版 UC の何とも憎いところです。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

2F に上がると、いきなり首相官邸〈ラプラス〉の 1/1,000 スケールモデルが展示されていました。今までイラストやアニメで見てきたこの構造物も、立体で見ると迫力があると同時に、ここはこんなになっていたのか、という発見もあります。
なにしろ中央の居住区(円環の部分)だけでもモビルスーツがすっぽり入る高さがあるわけですからね。巨大です。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

このフロアには、それぞれの展示物についての設定や、設定考証の小倉信也氏の詳細な解説が添えられていました。上映開始まで 45 分ほどしかないのに、これらの展示パネルに含まれている情報量が多すぎて、とても読み切れない(;´Д`)ヾ。とにかく時間内に写真を撮れるだけ撮って、帰ってから PC の画面でじっくり読むことにしましたが、写真を撮るのでさえ時間ぎりぎりだったという。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

UC の展示物に混じって、なぜかファーストガンダムのコアファイターの 1/16 スケールモデルも。これは最終話『脱出』におけるアムロ機の再現ですね。UC には直接関係ありませんが、これはこれでカッコイイ。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

あと、ジャブロー攻めをイメージしたアッガイもこんなところに(笑)。アッガイ、愛されてるなあ...。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

こちらは劇中に登場したモニターグラフィックの展示。戦艦やモビルスーツのモニターに表示されていた UI ですね。画面の片隅に表示されているだけで、多くの視聴者はその内容を気にも留めないだろうけど、よく見るとかなり凝ってるんだよなあ...と注目していただけに、これは個人的にかなり嬉しい。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

例えば、これは ep3『ラプラスの亡霊』で、バナージが資源衛星パラオから脱出するときに使ったマップ(それ自体も、折り曲げられる有機 EL ディスプレイのようなデバイスに表示されていた)のグラフィック。パラオ内の地理がちゃんと設定されていることももちろんなのですが、文字情報周りの設定がアツイ。『機動戦士ガンダム UC メカニック&ワールド ep1-3』によると、これは袖付きから入手したデータを連邦側のフォーマットに強引に変換したために文字化けが発生していて、なおかつ重要な情報は文字データではなく連邦のクルーによって手書き入力されている、というところまで考えて作られているというのが胸熱。ここにあるモニターグラフィックのひとつひとつにちゃんと考えられた跡があって、私はここだけでかなりの時間を費やしてしまいました(笑。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

これはネェル・アーガマの後方モニターのグラフィック。

他にもユニコーンガンダムやリゼルの MS 内グラフィックなんかが展示されていました。MS も開発された系統や世代などを考慮して微妙に UI が変えてあったり、細かいんですよね...。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

次は 3F。主にキャラクター関連の展示が集められています。バナージとミネバ(オードリー)の肖像画が迎えてくれました。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

我らが主人公、バナージ・リンクス。歴代の宇宙世紀ガンダムの主人公の中では珍しく芯の通ったキャラクターですが(笑)、それでもこの肖像画は劇中のイメージよりもさらに凜々しく描かれています。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

ミネバ・ラオ・ザビ。ミネバはお父さん(ドズル)似ではなくお母さん(ゼナ)似で良かったね、お父さん似だったら UC のストーリーは成立していなかったに違いない(ぉ)と思っていたんですが(笑)、こうやって肖像画で見ると確かにガルマの姪っ子っぽいなあ、という気もします。ちょっと、こちらも劇中のイメージより強く描かれすぎているような気もしますが。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

キャラクターの設定資料集。劇中の名シーンとともに。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

ミネバ姫の生い立ちとその親族(笑

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

ミネバの設定画。アニメだといろいろ省略されたり作画が崩れたりしがちなものですが、UC のキャラクターはかなり丁寧に描かれているんだなあ、というのがこうやって見比べると分かります。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

おおう、これは...フル・フロンタルの仮面ですね。想像していたより大きかったんですが、フル・フロンタルって実は顔デカだったのか(笑

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

裏側はなんとこうなっていました。ep2『赤い彗星』の中でもこの裏面がちらっと見えていて、どういう構造になっているんだろう、と BD を一時停止してまじまじ見たりしていましたが(笑)、こうなっていたんですねえ。なんというか、表よりも裏のほうが禍々しい。つか、これずっとかぶってたら顔に跡がつくんじゃないだろうか(笑

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

MS もある意味キャラクター、ということで、MS 関連の設定画も多数並べられていました。これはおそらく、袖付きがアナハイムから強奪した「シナンジュ・スタイン」を袖付き仕様に外装交換した際の設計図、といったところでしょうか。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

なんか黒く塗りつぶされた「TOP SECRET」という画稿も意味深に並べられていますね。これはもしかしてこの ep6 劇中にちらっと登場したアレ...アニメ版のオリジナル MS である可能性が限りなく高いですが、劇中のフラグ的にはやっぱりあの人が乗るんだろうなあ...。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

あと、連邦軍のキャラクター展示の中にはこんなのも。ラー・カイラムの艦長室に掛けられていた、アムロ・レイの遺影。ブライトよろしく「...笑うなよ。あの子の直感に賭けてみるさ」とでもつぶやきたくなります(笑

その隣に掛かっているのは、ネオ・ジオンによるアクシズ落としから地球を守ったことに対する、ローナン・マーセナス議長名義によるブライトへの表彰状のようです。劇中でも遺影の隣にありましたが、こういう内容だったとは。そして、劇中とはサイズ感が逆転していますね(笑

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

その下には...おお、懐かしい。マチルダ中尉との記念写真じゃないですか。こういうのが展示されているのも嬉しいですね。

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

ここで紹介したのは展示品のごく一部。かなりのボリュームがあり、正直 45 分ではとても見きれません。せっかくだから、ep6 祭りが一段落したら、ガンダムフロント東京あたりに移設してじっくり見れるようにしてほしいなあ...。

ともあれ、ep6『宇宙と惑星と』の一般公開はいよいよこれから。改めて、楽しみましょうか。

機動戦士ガンダム UC episode 6 『宇宙と地球と』 [Blu-ray]

B009SF7GL4

投稿者 B : 23:06 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM episode 6 世界最速上映会 (1)

「追加席抽選に回されて早々に当選に出会うか。私は運がいい...」

機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]

機動戦士ガンダム UC FILM&NIGHT MUSEUM

というわけで、一般公開に先駆けて『ガンダム UC』ep6 の世界最速上映会に行ってきました!

チケットの販売開始を待ち構えてアクセスしたにも関わらず、イープラスのサーバがパンク状態になって買えず、そのままチケットは販売終了。「か、完売...?4 日分のチケットが、完売??10 分もたたずにか!」と頭を抱えたものの、抽選で追加席の販売があるとのこと。これで当たれば、おめでとうってところだな!という気持ちで応募したところ、なんと当たってしまいました。私はこういう抽選モノにはよくよく運のない男なんですが...神様がいるって信じたくなったよ!(ぉ

まだまだ一般公開前なのでネタバレは避けますが、ep5 のラストでのローゼン・ズール無双から繋がるゼネラル・レビルとの戦闘シーンから始まり、シナンジュ無双に続くという迫力のオープニング。その後はバトルよりも会話と駆け引きが中心ですが、原作においても戦艦モノや潜水艦モノを得意とする福井晴敏節が最も炸裂していたのがこの『宇宙と惑星と』の回でした。展開も福井晴敏っぽいというか、これ『終戦のローレライ』をガンダムの登場人物に置き換えただけだよね...という気はしなくもない(^^;;
ちなみにサブタイトルの『宇宙と地球と』は、小説版では『宇宙と惑星と』でしたが、アニメ版では改められたようですね。おそらく小説版では惑い悩む登場人物たちの様子を惑星になぞらえたのでしょうが、アニメ版ではそこまで細かく描く余裕がないためか、ある主要人物一人を除いてみんなの立場が明確(笑。それで、直接ストーリーに絡める形で「地球」としたのかな、と。

2 時間ものを 1 時間に凝縮したような内容の濃さ、展開の早さは今回も変わらず、一瞬たりとも目の離せない濃密な作品に仕上がっていると思います。そして今回もものすごく良いところで終わるという...最終話『虹の彼方に』の公開時期はまだ明言されていませんが、おそらく早くても 1 年後?とても待ち切れそうにありません。

この世界最速上映会の会場は国立科学博物館の講堂。どのような機材が使われていたかはよく分かりませんでしたが、おそらく運営側の持ち込み機材でしょう。プロジェクタの画質は満足できるクオリティでしたが、常設のスピーカでも、音響を考慮したホールでもないせいで、さすがにサラウンドや音質は厳しいものがありました。音はたぶん 2ch または 2.1ch ステレオだったんじゃないですかね?まあ、今回はクオリティよりも「誰よりも早く、特別な場所で観られる」のが大事だったわけですが、追加席ということでかなり端っこの席だったし、これは改めてイベント上映に足を運びたいな、と思いました。

そして上映終了後には原作の福井晴敏氏と特別ゲストによるトークセッション。ゲストは日替わりで、ガンダム UC の世界観にまつわる話をその道のプロが語る、というもの。3 日目は ANA 総研と前田建設の方が、宇宙世紀の航空(航宙?)管制やコロニー建設を考証する、という内容でした。

テーマだけ聞くとなんだか難しそうな話ですが、本職の人が大真面目に検証するというのがとても興味深く、面白い。そしてゲストのお三方の「ガンダム愛」が感じられる 45 分でもあり、たくさん笑わせていただきました。あまりに楽しくて別日の内容にも興味が出てきたんですが、どこかで内容公開されたりしませんかね...。
原作の福井晴敏氏はご本人を初めて見ましたが、あんなオトボケキャラでボソッ、ボソッと的確なツッコミを入れる人だとは、文体からはとても想像できませんでした(笑)。福井氏からのメッセージは「UC の BD は昨年、アニメカテゴリだけでなく総合で売り上げナンバーワンを記録したけど、今年は『ヱヴァンゲリオン:Q』があるから負ける気マンマンです(笑)。みなさんはもちろん BD を買ってくださると思いますが(笑)、せめて良い負け方ができるように、周りの方々にもすすめてください(笑)」とのこと(笑

UC 本編に負けず劣らず楽しいトークセッションでした。
で、このイベントは世界最速上映とトークセッションだけでなく、展示物もありました。それに関しては、次回に続きます。

機動戦士ガンダム UC episode 6 『宇宙と地球と』 [Blu-ray]

B009SF7GL4

投稿者 B : 01:06 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/02/27 (Wed.)

おおかみこどもの雨と雪 [Blu-ray]

おおかみこどもの雨と雪 [Blu-ray]

B00AHSQRBQ

買いました。この映画は去年劇場に観に行ってとても心に残ったので、BD が出たら真っ先に買おうと思っていました。何より細田守ファンだし、故郷の風景が美しく描かれているし、それに「人の親」としていろいろと感じるところのある作品です。

一度観たからには、もう冒頭の楽曲が流れてきたところで早くも条件反射的にうるうる来てしまうわけですが(笑)、この映画はいい。「狼と人間の間に生まれた子ども」という題材ではありながら、その本質は「子どもを育てるとはどういうことか」を親の視点から描いた作品であると思います。子どもは、親の知らないところで、いろんなものを見て、感じて、吸収して、自分なりに少しずつ大人になっていく。人の親になってほんの 7 年の私でさえそれを実感する瞬間は少なくないのだから、子どもが自分から巣立っていくのを寂しく感じつつも「しっかり生きて!」と見送った、あの台詞と表情には心を打たれるものがありました。果たして自分は「そのとき」に、素直にそれを受け止めることができるのか。

おおかみこどもの雨と雪

BD の初回封入特典のフィルムブックマーカーは、台風直撃のときの体育館で、主要キャラが写っていないシーンという微妙なところでした(´д`)。まあ、私はこういうおまけはあまり気にしないほうですし、『サマーウォーズ』のときのように余計なものをたくさんつけて高く売り、後から廉価版を出すような商売は好きじゃないので、今回くらいシンプルなパッケージのほうがありがたいですが。

細田守作品では『時かけ』『サマウォ』は夏になると決まって観たくなりますが、この映画はむしろ人生の、子育ての節目節目で見返したくなりそうな気がします。

投稿者 B : 23:23 | Anime | Movie | コメント (2) | トラックバック

2013/02/23 (Sat.)

孤独のグルメ Blu-ray BOX

「Blu-ray BOX!そういうのもあるのか」

孤独のグルメ Blu-ray BOX

B00AMTXWTA

というわけで、昨年末に予告されていた Season1 の Blu-ray BOX が発売されたので、着実に確保しました。DVD-BOX は、放送より画質的が劣るものはさすがに買う気がしなかったけど、BD-BOX が出るのか、そうかそうかそうなれば話は違う。これまで、Season1&2 に登場した 24 店のうち 22 店まで制覇した私としては買わないわけにはいかないだろう、という妙な責任感(ぉ)で購入。

孤独のグルメ Blu-ray BOX

もうね、パッケージデザインなんかは予想通りすぎてスタッフの愛が感じられまくりなわけですが、

孤独のグルメ Blu-ray BOX

Le Gourmet solitaire(フランス語)!そうきましたか!!(笑

フランス語になるだけで、なんか急に高級感。まあ、フランスといっても劇中ではどう見ても浦安ロケだったけどな(ぉ

孤独のグルメ Blu-ray BOX

パッケージを開くと、ディスクは劇中に登場した料理写真を使ったピクチャーレーベル仕様。このパンチのあるニンニクだれは目にしただけでまた唾液が分泌されてきます。

そして、「輸入雑貨 井之頭 五郎」の名刺(笑

孤独のグルメ Blu-ray BOX

各話タイトル、後半の一部に「大盛り」の文字が。しかも、Season1 の中でも特にうまそうだった名店(実際、うち二店は私もリピートしたくらい)についている、というのが、分かってるなあ。ゴローちゃんの食べっぷりをさらにノーカット版で見せてくれるのか!と期待が高まるわけですが、

孤独のグルメ Blu-ray BOX

ちょwww本編じゃなく「ふらっと QUSUMI」大盛りwww

まあタイムライン上では「ふらっと QUSUMI」が始まると「本編キター」というツイートが飛び交っていたくらいだし、これはこれでアリか。観てみたところ、「ふらっと QUSUMI」がいつもの緩くダラダラした雰囲気のまま尺が長くなっていました(笑。でも、久住さんのあのうまそうに綻んだ表情と、くだらないコメントは癖になるんだよなあ。

その他の映像特典は、スクリーントーンズによるテーマ曲『STAY ALONE』のライヴ映像と、公式 MAD「GORO'S ネ申セリフ集」、あと本編には登場しない、久住さんお気に入りの店で収録された「ふらっと QUSUMI 特別編 @吉祥寺」の三本。公式 MAD は冒頭にちょっとしたメイキング的なシーンが入っていましたが、クランクアップ時の松重豊さんのコメントが開口一番「おつかれさまでした」でも「ありがとうございました」でもなく「ごちそうさまでした」だったのが、このドラマの本質を表しているなと(笑。ただ、メイキングはもっと見たかったので、特典映像のボリュームは、本放送を BD-R にダビングしてある身としては、もっと腹にドスンとくるくらいでも良かった気はします。

孤独のグルメ Blu-ray BOX

こちらは初回限定の特別ふろく「井之頭五郎の手帳風 孤独のグルメ BOOK」。ドラマに登場したお店がひととおり、写真と地図つきで紹介されていました(静岡おでんの「ロコディッシュ」のみ閉店済みのため、姉妹店の「NEO」を掲載)。

全てのお店にひととおり行ったなあ、食べたなあ、店内はこんな感じだったよなあ...と感慨にふけりながらドラマを再視聴し、特典を楽しむ、というのはなかなか悪くないですね。残念ながら画質的には地上波放送時のものと大差ないように感じましたが、もともと低予算ドラマで機材や照明にお金をかけられていないのは映像を見れば分かったことだし、そこは高望みできないでしょう。でも、ファンならば保存版として持っておきたい BOX じゃないかと思います。

投稿者 B : 23:09 | Japanese Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/02/20 (Wed.)

『ヱヴァ Q』『ホビット』が早くも Blu-ray 化へ

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」BD/DVDを4月24日に発売 -AV Watch
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO. [Blu-ray]

B00BHO0FK8

なんと!『Q』の BD が早くもリリースとは。例によって 1 年くらい待たされるものだとばかり思っていましたが、半年も経たずに出てくるとは。

『Q』は最終的に劇場には 3 回足を運びましたが、まだまだ消化不良な部分がたくさんあって、改めて好きなときにじっくり観たいと思っていただけに、早期の BD リリースは大歓迎です。初見ではどういう話なのかよく解らずにお口があんぐりしてしまいましたが、2 度目、3 度目と観るうちに深まっていって、すっかりハマってしまったという。『破』までの展開が、旧作の流れを踏襲しながら明快なストーリー展開で見せてくれていただけに、最後までこの流れで秀逸なエンタテインメント作品として結んでくれるんだろう、という予測を見事に打ち砕いてくれたのが『Q』。震災後の社会の変化を受けて、という側面も少なからずあるのでしょうが、真っ当な期待を裏切ってこその庵野秀明ということなのでしょう。BD 版では特典映像で『破』からのミッシングリンクを繋いでほしいところですが、そういうことをしないのが庵野秀明という監督です(笑。

なんにせよ、早く BD が欲しいなあ。ずっと先だと思っていたものが、ほんの 2 ヶ月後に出てくると判った途端、逆に待ちきれなくなってしまうのが人の性でしょうか(^^;;。

「ホビット 思いがけない冒険」が4月17日にBD化 -AV Watch
ホビット 思いがけない冒険 3D&2D [Blu-ray]

B00BFNXO7M

こっちももう BD 化!ヱヴァよりもさらに短くて、劇場公開されてから 4 ヶ月ですよ...。最近はパッケージ収入での投資回収までを前提として映画やアニメが製作されているという話はよく聞きますが、このクラスの大作でも興行収入だけでは成り立たないということなんですかね。映画ファンとしては早期のパッケージ化は嬉しいところではありますが、あまりにスパンが短すぎると劇場に足を運ぶ意義自体が薄れてしまうとも思うので、悩ましいところではあります。

これも BD を買うつもりではいますが、迷うのがどのパッケージで買うか。3D&2D BD セット、BD&DVD セット、DVD 単品という形態での販売になります。BD&DVD を買ってもどうせ DVD を観ることはないし、今後 3D 環境を手に入れたときのことを考えて 3D&2D BD を買っておくべきか...。2D BD 単品で十分な気はするんですけどね。それから、このシリーズの常として「後からスペシャル・エクステンデッド・エディションが出る」という可能性も否定できないので、すぐに買うといずれ後悔するハメになりそうな気もします(;´Д`)ヾ。

そういえば、LOTR のエクステンデッド・エディション トリロジー BOX も買おうと思いつつまだ買っていないし、『ホビット』と併せてゴールデンウィークのお楽しみにする、というのも悪くないかもしれません。UC6 といい、ここ 2~3 ヶ月欲しい映像パッケージ作品のリリースが続くので、お財布的にはなかなか厳しいモノがありますが(^^;;。

投稿者 B : 00:33 | Anime | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/01/25 (Fri.)

ミリオンダラー・ベイビー

ミリオンダラー・ベイビー

B000AC8OV0

ここののころのクリント・イーストウッドの流れで。これアカデミー賞受賞作品なのに日本ではまだ BD 化されていないんですよね...。

遅咲きの女子ボクサー・マギーと老年トレーナー・フランキーの二人三脚によるサクセス・ストーリー。未見の私でも概要くらいは知っていたくらい有名な作品ですが、さすがに結末までは知りませんでした。
ほぼ必ずといっていいほど、作品のテーマに「死」が関わっているのがイーストウッド作品(いち俳優としての出演作は違いますが)。でもこの映画はストーリー的にそういうのはなさそうだし、そこまで覚悟しなくても観れるかな...?と思いながら鑑賞しましたが、おおお...そういう結末でしたか...。

ちょうど、政治がらみで安楽死にまつわる発言が話題になったタイミングだけに、その是非について考えさせられた部分もありましたが、この映画に関して言えば本質はそこではく、近年のイーストウッド作品が常に扱っている「人は、死ぬ瞬間に『満足だった、幸せな人生だった』と胸を張れるか」というテーマを、他のどの作品よりも強く刻んでいる映画だと思います。そういう意味では、どうにもマギーに最近の自分の悩みを投影してしまって、複雑な思いで鑑賞していました。って、最近映画を観るとそういう見方ばかりしている気がしますが...。

それにしてもイーストウッド映画の鑑賞後の手触りには、独特のものがあります。感想をうまく言葉にできない、というのが最も的確な表現かもしれません(笑。そして、俳優としてのイーストウッドはやっぱりどの作品に出てもイーストウッドなんですねえ。まあ、本人の監督・プロデュース作品では自分のキャラや持ち味を自分自身がよく知っているからこそ、そういう作品を映画化している、というのはあるにせよ。ある種、イーストウッド自身がスター・システムになっている、という見方もできるのかもしれません。

いい映画でした。さあ、次はどれを観ますかね...。

投稿者 B : 01:00 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/01/16 (Wed.)

ミスティック・リバー [Blu-ray]

ミスティック・リバー [Blu-ray]

B003GQSXIQ

秋からの流れで鑑賞したクリント・イーストウッド作品。こちらは出演作ではなく監督作ですが、劇場公開当時から非常に評価の高い映画だったので(アカデミー賞を受賞していれば当然か)、観てみたいと思っていたのでした。

ある殺人事件をきっかけに 25 年ぶりに再会した幼なじみの 3 人。事件の犯人は誰なのか?そして、真相究明に絡んでくる 25 年前の別の事件...そんなストーリー。そして、とても重たいストーリーです。
救いのなさで言えば同監督の『許されざる者』に並ぶくらい、登場人物の誰も浮かばれない話じゃないでしょうか。人間が背負った罪と、逃れられない生き方、結末、世の中の無情。ここまで数作を鑑賞してきて、それらこそがイーストウッド監督作品の真骨頂なんだろうな、と思います。正直言って、エンドロールの後にスッキリした気持ちになれる作品ではありません。子を持つ親として「登場人物の子が殺人事件の被害者になる」という物語を観るのが精神的につらい、というのもありますが。

「もしあのとき●●●たのが自分でなかったら」というような、偶然と選択の積み重ね。それが人生。
かつて同じ場所にいて同じことをやっていた幼馴染みと 25 年ぶりに再会してみたら、今の自分とはあまりにも生きている世界が違いすぎて愕然とした、という経験は、ある程度の年齢を重ねた人であれば一度は経験したことがあるんじゃないでしょうか。それぞれの偶然や選択を悔やんでもしょうがないけど、その積み重ねが結果としてこのギャップを生み出したわけで、その違う偶然や選択の先を空想してみたくなるのも、また人間です。この映画は、そうではない現実、最終的に誰も幸せにしないことで...強い者はそのまま強く、弱い者はさらに弱く、という結末を描くことで、現実の冷酷さを淡々と描いています。

もともとこの作品は小説の映画化ということですが、回収しきらない伏線だったり説明不足だったり、かなり余白の多い作品だと感じました。でも、その余白があることで、何とも言えない複雑な後味を残しています。正直言って、あのとってつけたラストシーンはある意味残酷だと思うし、見終わった後になんだか気持ちが沈み込んでしまいました。逆に言えば、静かだけどそれだけ強い力を持った作品、ということでしょうね。

でも、繰り返し観たいかと言われればしばらくいいや(笑)。次は、もっと優しくて暖かい気持ちになれる映画が何か観たくなりました。

投稿者 B : 00:43 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック