b's mono-log

2012/11/23 (Fri.)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q @109 シネマズ川崎

観てきました。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

実際には上映 2 日目の朝イチで川崎の 109 シネマズに観に行ってたんですが、微妙に消化不良気味だったので、池袋の HUMAX シネマズで 2 回目を(笑。

私の周囲の人々はこの 1 週間であらかた観に行っているようですが、まだ観ていない人もいると思うので、とりあえずネタバレ防止策を入れておきます。











直前の『金曜ロード SHOW!』で冒頭の 6 分半を観ていたとはいえ、オープニングから 30 分くらいはぽかーんとしてしまいました。なんというか、エヴァというよりはエヴァ的なものにガンダムと最近のアニメ...エウレカセブンとか(って断片的にしか観たことないけど)を混ぜたような感じ、とでも言えば良いのかな?葛城ミサト艦長だって、声と絵面だけだとむしろアークエンジェル(ガンダム SEED)だし。しかも『破』のクライマックスで「行きなさいシンジ君、誰かのためじゃない、あなた自身の願いのために!」と言っていたミサトさんが今回は「あなたは何もしないで」だし。
テレビ版とも、旧劇場版とも全然違うどころか、『破』までの新劇場版とも大幅にテイストが違ってしまって、でも新たな謎もたくさん追加されて、初見の直後は若干の置いてけぼり感がありました。

『破』までを見たところでは、『序』はテレビ版序盤のけっこう忠実なリメイク(でも一部設定は違っている)だったのに対して、『破』でサードインパクトが始まってしまうというサプライズがあり、「序破急」で考えるならば確かにこの作品は『破』だと思っていました。が、『Q』で『破』以上の変化があるということは、むしろこれは「序破急」じゃなくて「起承転結」であり、『破』はむしろ『承』に過ぎなかったのか。純粋に『破』の続きとして始まる物語を想像していた身としては、いきなり横から頭を鈍器で殴られたような衝撃でした。
ネット上では既にさまざまな考察がなされていて、かなり真実味のありそうなセンもいくつかあります。『序』『破』にさかのぼって伏線を検証してみるのも楽しいものです。が、こうやってああでもないこうでもないと検証したりファン同士で議論したりする状況それ自体が、もう庵野監督の思うツボといったところ(笑。そういう意味では、この『Q』もその先に続く物語も初見では「コレジャナイ」と感じても、紛れもない『エヴァ』そのものなんでしょう。これはエヴァとしてアリかナシか、という議論になりがちですが、私としては間違いなく「アリ」です。

そして発表になった次回作のタイトルは『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』。タイトル自体『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』ではなく『シン・エヴァンゲリオン劇場版』だし、記号はコロンを含めるかどうかで楽譜の反復記号にも終始線にもなるという、いつものダブルミーニングの遊びです。もうテレビ版も旧劇場版も新劇場版もループしている説がほぼ確定的になりましたが、この広げた風呂敷をどう畳むのか。というか、次回で終わらせる気さえないんじゃないの?と心配になってしまうくらいですが(笑)、今からとても楽しみです。

この『Q』も、時間さえあればあと 1~2 回くらい観に行っても良いかなあ。

投稿者 B : 23:17 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2012/11/12 (Mon.)

のぼうの城 @TOHO シネマズ スカラ座

のぼうの城

のぼうの城

ここ一年ほど邦画づいている私ですが、これもまた楽しみにしていた作品のひとつ。時間を作って観に行ってきました。
史実に基づいた同名のベストセラー小説の映画化で、犬童一心・樋口真嗣のダブル監督。でもそれ以上に野村萬斎主演というのが心に響いて、期待していました。

狂言師・野村萬斎という人は、それほど頻繁にテレビに出てくる人ではないながらも、個人的には NHK・E テレの『にほんごであそぼ』を見て感銘を受けていました。従来の狂言師の枠にとらわれず、日本の伝統芸能を多くの人に伝えるイノベーター(革新者ではなく「優れたものを普及させる者」という意味で)なのだろうな...と思っていたので、その人がこの荒唐無稽な物語の中心にどう据わるのか、に興味がありました。
そして脇を固める俳優陣がまた実に良い。佐藤浩市、山口智充、平泉成、西村雅彦、市村正親、上地雄輔、山田孝之...という曲者揃いの配役が、実に活き活きと芝居をしていたのも印象的でしたね。

この映画の見せ場のひとつはストーリー上も最も重要な意味を持つ「水攻め」。樋口監督の起用もまさにそこを狙ったもので、先日「特撮博物館」を見てきたところでもあり、「らしい」映像に仕上げられていました。まあいくらなんでもやりすぎ感のある演出ではありましたが(笑)、このあたりはリアリティよりもスペクタクル重視でいいんじゃないでしょうか。戦闘シーンも、けっこう残虐な描写もありましたが、それぞれのキャラクターの見せ場がしっかり用意されていて楽しめました。日本の時代劇というよりはむしろ『ロード・オブ・ザ・リング』や中国映画の戦闘シーンを見ているような爽快さ、と言えば良いでしょうか。

でも、この映画の見どころはそれらの殺陣や特撮表現よりも、むしろ人間ドラマのほうにあると言って良いでしょう。主人公「のぼう」の戦いは荒唐無稽な戦略でも緻密な戦術でもなく、人心掌握がすべてと言っても良いもので、そこに至る人々の触れあいと心の動きを丁寧に描写しているのが印象的でした。のぼうの飄々とした、それでいて腹の底の読めないキャラクターに見事にマッチした野村萬斎の芝居と、のぼうに翻弄され、あるいは惚れ込む各キャラクターの芝居がとても良かった。芝居が良いことが、この映画の完成度をここまで高めているのだと思います。

要所要所に仕込まれた笑いもあり、グッとくるシーンや印象的な台詞もあり。男なら意気に感じるところがあるのではないでしょうか。今年観た邦画は全般的にどれも良かったですが、この作品はその中でも白眉の出来だと思います。BD が出たら買っても良いかな。

和田 竜 / のぼうの城

409386196X

投稿者 B : 00:00 | Japanese Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2012/10/31 (Wed.)

麒麟の翼 ~劇場版・新参者~ [Blu-ray]

麒麟の翼 ~劇場版・新参者~ [Blu-ray]

B007VBPF7O

劇場で観た映画ではありますが、先日人形町に写真散歩に行ったら、そういえば BD が出ていたのを思い出して、もう一度観てみました。
自分でこの界隈を散策してから観ると、この作品の味わいがまた一段と深まりますね。それぞれのロケーションの位置関係とか、ああこれはここからこうやって撮ったのねとか、映画とはいえこの画はよく撮れたな...と感心させられるカットとか、そういうのがとても印象に残ります。特に、背景がごちゃっとしがちな街並みなのが、抑揚をつけつつ印象的にまとまっている画作りが良い。
そして、要所要所で登場する井之頭五郎松重豊を見るにつけ、ああこどグル Season2 で人形町が舞台になったのはもしかして映画とも関係があるのか?と思ったり(ありません

このシリーズを観ていて思うのは、世の中にはトリックを暴いたり、犯人との駆け引きを描いたり、犯人の心理に焦点を当てたり、刑事の熱い心を表現したり、警察組織の歪みをあぶり出したり、そういう刑事ドラマやミステリー映画は多いですが、被害者の叶えられなかった願いを描写する作品、それも直接的にではなく捜査という周辺から徐々に確信に迫っていく作品は、かなり珍しいのではないかということです。それが、このシリーズを「泣けるミステリー」に昇華させていると思います。中井貴一演じる被害者・青柳武明の役どころが実に深くて、話の筋が分かっていても泣ける。

映画を観ていて、ああそういえばこのロケーションはカメラに収めていないな、とか、ここってこういうアングルから撮ったらもっとおもしろいのか、とか、改めて人形町・日本橋エリアを撮影したい欲求がふつふつと。また時間を作って撮りに行きたいですね。

投稿者 B : 00:15 | Japanese Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2012/10/29 (Mon.)

マクロス FB7 @シネマサンシャイン池袋

マクロス FB7 銀河流魂 オレノウタヲキケ!

マクロス FB7

観に行ってきました。劇場版マクロス F の出来が良かったし、今年の春から続いているマクロス 30 周年記念企画の流れで。マクロス F とマクロス 7 のコラボレーションとか、7 のほうを未見でも気になるじゃないですか。私の周囲で 7 を観たことがある人には、7 はそれなりに好評だし。

本当は事前に TSUTAYA で 7 の DVD を借りてきたりもして、予習してから行こうと思ってたんですが、忙しすぎて再生する余裕すらなく(´д`)。結局、7 の予備知識については皆無(「俺の歌をきけ!」の台詞くらいは知ってる)、ぶっつけ本番で観ることになりました。

観てみたら...お、おおぅ、これ F と 7 のコラボというよりもほぼ 7 の総集編じゃないですか。90% 近くが 7 の内容と言って良く、F のキャラクターや設定は客寄せのために付け足されたと言って良い内容。これ、エンディングのアレがなければ F ファンは石を投げてもおかしくない内容なんじゃないですかね。7 の内容に関しても、あらすじは理解できましたが、7 ファンの人が「良い」と言っている理由にあたるエピソードや話の流れはぶった切られているように見えました。
まあ、同じ総集編商法だとしても今月の劇場版『まどマギ』が良かっただけに、どうしても比べてしまうのは FB7 に対してアンフェアなのかもしれませんが、こっちの総集編にはあまりにも愛がないように感じました。F 関連のシーンについては新規カットでしたが、7 関連のシーンは見た限りすべて使い回しだったし(´д`)。

うーん、やっぱり今年のマクロス 30 周年企画は当たり外れが多いというか。もうちょっとなんとかならなかったものですかね...。

投稿者 B : 02:00 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2012/10/17 (Wed.)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語 @横浜ブルク 13

先週の[前編]に引き続き、観に行ってきました。

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語

[前編]がテレビ版の 1~8 話、後編が 9~12 話を再構成したお話、ということで尺に余裕のある[後編]は何か新しいエピソードが追加されているのか、と期待不安半々で劇場に足を運びました。

が、特に新しいエピソードの追加はなし。

全編に渡って作画の修整を行い、かつ重要なシーンのいくつかでは演出や作画そのものをやり直すことで物語に密度と厚みを増してこそいたものの、おそらく台詞単位でさえ追加された要素はほとんどなかったようです。テレビ版を 2 回以上観ていれば「あ、ここが追加された作画か」と気づけるシーンはいくつもありますが。
結果的に 9~12 話の内容をほぼノーカット、+新しい演出で尺が延びた分+[新編]の予告で 120 分になった、というのが実際でしょう。上映が終わって席を立ったときに、他のお客さんの満足げな声に混じって「これなら[新編]だけ見ればよかったよな」と話す声もちらほら聞こえたほどでしたが、まあストーリーを追っかけるだけならそれでもじゅうぶん、というのは一理あるでしょう。

[後編]でここまでテレビ版からの変化がなかったことには私もさすがに驚きましたが、パンフレットの中で新房監督自身が語っている

テレビで放映されたときの元々の構成はなにひとつ崩せない、ちょっと変えただけで全てがくるってしまう、そんな絶妙なバランスで組み上がっているんだと、改めて虚淵さんの脚本に驚かされました。
というコメントが全てだよなあ...と思います。それだけ、テレビ版の構成そのものがこの物語にとって事実上唯一の解だったのではないかと思うわけです。

[前編]のときに、劇場版では「スタッフのそれぞれの魔法少女たちに対する愛がストレートに表現されている」と書きましたが、[後編]でもそれは健在どころか、より明確な形でそれが描かれています。魔法少女たちの苦しみや遂げられなかった想いに対する弔いというか...おそらくこれは単なるスタッフ側のキャラクターへの愛ではなくて、視聴者側の少女たちに対する想い入れを汲んで、ちょっとあざといくらいに表現した結果ではないかとさえ思います。

そして映画の最後に予告編が挿入され『[新編]叛逆の物語』が用意されていることが明らかになるわけですが。テレビ版のストーリーは、ラストに多少解釈の余地があるとはいえ広げた風呂敷をきれいに畳みすぎていて、これ以上どんなエピソードを足しても蛇足にしかならないのでは、と思えるだけに、期待と同じくらいに不安があります。特に劇場版前後編として[新編]に繋がりそうな新たな伏線が張られていたわけでもなかったので、余計に。

ともあれ、個人的には劇場に足を運んで良かったと思います。テレビ版はさすがに BD 買い揃える気にはなりませんでしたが(主に予算的な意味で)、この劇場版は BD 買ってもいいかも。

ちなみに今回鑑賞した横浜のブルク 13。ガンダム UC ep4 のときに音響のひどさに辟易して以来敬遠してきましたが、今回は行きがかり上利用しました。視聴したのはシアター 7 で、なんとこの劇場で最大の部屋(488 席)が割り当てられているじゃないですか(!)。人気ぶりに驚いたと同時に、相変わらずの音響にがっかりしました(´д`)。部屋そのものの音響特性がライヴすぎるのに加えて、スピーカのボリューム上げすぎ。いろんな音がぐわんぐわん響きすぎて、台詞の機微を聞き取るとか、サラウンドを楽しむとか言えるレベルではありません。セッティングである程度は改善できそうなものですが、そこにコストをかける気が劇場側にないのか、それともここの音響さんの好みと私の好みが根本的に合わないのか。画質がいいだけに惜しいですが、ここはやっぱりできるだけ利用したくない劇場ですね...まあ、チネチッタも誉められた画音質とは言い難いですが(´д`)。

あ、特典のフィルムコマ引き替えはとっくに終了していてもらえませんでした(´д`)。土曜封切りにも関わらず、早いところでは日曜日の午後にはもう完了していたらしいので期待はしていませんでしたが、ちょっと早すぎるような...。

投稿者 B : 00:51 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2012/10/11 (Thu.)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語 @チネチッタ

レイトショーで観てきました。

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語

単なる総集編なら用はないなあ...と思っていたんですが、先に観に行った方々の評価が比較的高かったので、観ておこうと思って。

先に結論から言ってしまうと、少なくとも今回の[前編]はテレビ版の総集編にすぎませんでした。全 12 話ある中の 1~8 話を約 2 時間の尺で再編集したストーリーで、新たなエピソードは特にありません。なので、ストーリー重視な人であれば、特に観る意味はないかと。ただ、作画は全編にわたって描き直されていて、映画館のスクリーンで観ても十分すぎるほどの密度のある画で、圧倒されたのは間違いありません。テレビ版は毎週放送というスケジュール的なものもあってかスカスカな作画で、BD/DVD リリースにあたっては大幅な修整が加えられたというのは有名な話ですが(ただ私は BD/DVD 版は未視聴)、Web 上に散らばっているそれら TV/BD 版の比較検証画像とも違うレベルでの修正が施されています。
あとは、単なる作画修整にとどまらず、「テレビ版からさらに 1~2 回ループした時間軸の物語」というコンセプトで、設定が少しずつ変わっている(さやかの髪飾りだったり、杏子が口にする食べ物だったり)のも、ディテールをチェックしたがるファン心理を突いていると言えます。

ただ、改めてつなぎ合わされたストーリーを観てみると、テレビ版は「正味 20 分×12 週」というフォーマットを計算し尽くした上で作られた脚本と演出だったのだな、ということを改めて感じました。毎回、時間いっぱいのところで新たな事実が明らかにされ、次回が気になる...という構成は、エアチェック BD で一気見した私でも、OP/ED が挟まることで緊張感を駆り立てられたので、リアルタイムで観ていた視聴者にはどれほどだったか。その点、この劇場版は一定のテンションが続くので、テレビ版よりも凝縮されたストーリーながら、気分的に中だるみを感じるところはありました。
ただ、既にネタバレしていることを逆手に取ってか、テレビ版で重きを置いていた「謎を少しずつ明らかにしていくこと」にこだわる必要がなくなったぶん、この物語の主人公たる少女たちの心理面がフォーカスされるようになったのが劇場版のポイントだと感じました。少女たちの基本的な台詞はテレビ版から変わっていないにも関わらず、映像や音楽の演出によってそれぞれの心境の変化や悩み、喜び、悲しみがより強く表現されています。言い方を変えれば、スタッフのそれぞれの魔法少女たちに対する愛がストレートに表現されているというか(笑。

今週末に封切られる『[後編]永遠の物語』は、残り 4 話分のストーリーを 2 時間で再構成するということで、[前編]ではほとんどなかった新たなシーンがいくつか追加されていることが考えられます。テレビ版を観ているなら、人によっては[後編]だけ観れば十分、ということもあるでしょう。まあテレビ版が「何も足せない、何も引けない」完成度だったので、むしろ何かが足されてしまうことに対する恐怖感はありますが、同時に楽しみでもあります。

投稿者 B : 23:59 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2012/09/30 (Sun.)

鍵泥棒のメソッド @品川プリンスシネマ

最近邦画づいている私ですが、今回は以前から気になっていたこの作品を見てきました。

鍵泥棒のメソッド

鍵泥棒のメソッド

そんなに大量の広告を投下している作品でもありませんが、堺雅人と香川照之という二人が共演していて、しかもコメディという、私の好きな要素しかないような作品なので、面白くないわけがないじゃないですか。どちらかというと『踊る THE FINAL』よりも楽しみにしていたと言っても過言ではないかもしれません。

ストーリーは、自殺願望の売れない俳優が、記憶を失った凄腕の殺し屋と入れ替わって...というお話。『コラテラル』だったり『ザ・マジックアワー』だったり、殺し屋とカタギが出会って始まる作品には個人的にハズレはないと思っています。片方が殺し屋であることによる緊張感と、心温まるストーリーや笑いとのコントラストが気持ちを盛り上げるのでしょうか。

香川照之といえば、こないだ『るろ剣』でも悪役をやっていたばかりでしたが(というか、これもまだ上映中ですよ)、今回も悪役(まあ、二重の意味でこれが悪役と言えるのかどうか...)。これまでは深みのある善人の役として引っ張りだこだった印象が強いですが、意外にも悪役は悪役でハマる。何とも引き出しの多い役者さんだと思います。むしろ善人役のときよりも活き活きとした「キレた演技」がこれまた面白くて、つい見入ってしまいます。
対する堺雅人も、舞台っぽい芝居がこの喜劇にこの上なくマッチしていて、笑いどころでしっかり笑わせてくれました。この人も、舞台俳優出身だけあって、こういうコメディのほうが本当は合っていますね。

ストーリーのほうは、終盤でのどんでん返しで大前提を覆されたあたりはすっかりやられてしまいましたが、基本的に誰も不幸にならない、コメディらしい良いオチだったのではないかと。最後まで緊張感がありつつ、笑いもふんだんにあり、とても楽しかったです。
三谷幸喜の次々と追い打ちをかけるような笑いとはちょっと方向性が違いますが、コメディ好きならば楽しめるんじゃないでしょうか。個人的には、今年観た映画の中でも上位に加えたくなる作品でした。

投稿者 B : 23:00 | Japanese Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2012/09/15 (Sat.)

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 @チネチッタ

長く引っ張った『踊る大捜査線』シリーズも、いよいよ今回が最後。ここまで 15 年付き合ったからには最後まで見届けるよ!と、劇場に足を運んできました。

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

『踊る大捜査線』は、ある意味サラリーマンのバイブルだと今でも思ってます。「ゲンバ至上主義」みたいなものは一つ間違えると目先の戦術論に陥り、戦略を立てる役回りを否定することにもなりかねない(つまり、小事は救えても大事に敗れる)ので、自分に都合の良い解釈をするのは危険だと思いますが、室井と青島両方のバランス感覚を身につければ、組織を良き方向に導くこともできるのでは、と思ったり。私も個別最適の積み上げが全体最適になるわけではないことを実感するようになってからは、はむしろ室井視点で観ることのほうが多くなったかなあ。そういう意味で、このシリーズは基本的にサラリーマン論なのだろうと理解しています。

前作『ヤツらを解放せよ!』は、劇場で観ている間は楽しかったんですが、後から反芻すると結局犯人像がそれまでの劇場版と大差なかったり、脚本的にイマイチだな...と感じる部分も多く、BD 買うほどじゃないなあ、という感想になっていました。それに青島俊作ももう 45 歳(!)だし、そろそろアツく走り回る役どころも厳しかろう、そして今回も劇場版パターンの犯人像だったら萎えるなあ、と過大な期待を抱かずに観に行きました。

そしたら今回は今までとはずいぶんストーリーが違うじゃないですか。まあ本庁と所轄の力関係だったり、組織のルールだったり、腐敗した上層部だったり、そういう構造は同じなんですが、犯人像とその動機がずいぶん違う。最後だからこそ今までのエピソードの多くで障壁となっていた上層部の腐敗にメスを入れられたということでしょうが、今までのシリーズを見続けてきた者にとっては溜飲の下がる思いでした。

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

突っ込みどころを言えば、SW リスペクト的なサブタイトルが蛇足っぽく見えたり、実行犯の配役はちょっとあり得ないと思ったり、クライマックスでのあのオチの付け方にはさすがに引くわ、という感じだったり、そもそも和久さん(いかりや長介)が出ないと締まらないよなあ、だったり、まあいろいろとあるんですが、最終的には「これで本当に終わり」という大団円が描かれていて、15 年の締めとしてはこれで良かったんじゃないかと。

そして和久さんの代わりに今回の作品を締めてくれた室井の言葉が、グッと胸に響きました。

「組織の中に生きる人間にこそ、信念が必要だ」

やっぱり、『踊る大捜査線』はサラリーマン讃歌なんだなあ。

投稿者 B : 21:53 | Japanese Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2012/09/04 (Tue.)

るろうに剣心 @109 シネマズ川崎

るろうに剣心

るろうに剣心

「週刊少年ジャンプ」の黄金期を支えた作品のひとつで、高校~大学にかけてコミック全巻揃えていた私としては、実写化と言われるとどうしても気になってしまうわけで。この手のコミックやアニメの実写映画化は、言い換えれば死屍累々の歴と言っても良いわけで(ぉ)、半ば怖いもの見たさ的な部分はありました。でも、予告ポスターを見ていたら、主要な脇役陣の多くを私が好きな俳優さんたちが固めているじゃないですか。で、先に観てきた人たちの感想を聞くと、「これはアリ」的なポジティブな意見が多く。ならば観に行くしかあるまい、と思って時間を作って行ってきました。

ストーリー的には、原作コミックの序盤を中心に、いろいろなエピソードを混ぜ合わせて再構成したような感じ。黒幕は武田観柳ですが、その手下が鵜堂刃衛だったり外印だったり戌亥番神だったり、ごちゃ混ぜです(しかも外印と戌亥番神は設定が違いすぎて映像見ただけじゃ判らなかったし)。誰かが「ドラゴンボールでいえばピラフの手下にベジータ、セル、ピッコロ etc. がいる感じ」と表現していましたが、まさにそんな感じ(笑

そんな感じなので、ストーリーや設定上の細かい突っ込みどころを挙げていけばキリがないんですが、それを補って余りあるほど芝居と演出が良かった。監督の大友啓史氏って誰かと思ったら、NHK の大河ドラマ『龍馬伝』の人じゃないですか(って龍馬伝観てないけど!)。

そして脇を固める俳優陣の演技が良くて、中でも白眉だったのは武田観柳役の香川照之。今まで悪役のイメージがあまりない人ですが、今までに見たこともないような「キレた演技」で存在感を示してくれました。憎たらしいけどどこか憎めない役どころで、クライマックスのガトリングガンをぶっ放すシーンなんかはまさに「怪演」という形容がぴったりじゃないでしょうか(笑
高荷恵役が蒼井優というのには最初驚きましたが、これまた珍しい役どころにも関わらず、妖艶な恵になり切っていたのは見事。ただ、脚本上「したたかな女狐」的なエピソードがほとんどなくて、最初から最後まで「ちょっと小ずるいけどいい人」のポジションになってしまったのはもったいなかったですが。
あと、斉藤一役の江口洋介。ハマり役といえばハマり役なんですが、今の江口洋介が演じるには、彼は役者として深みが出すぎているというか。斉藤一にしては親しみやすすぎるキャラクターで、もっと研ぎ澄まされた厳しさと鋭さが出ている若手の俳優さんのほうが良かったのでは...と思いましたね。

演出に関して言えば、最大の見所は殺陣。技を出すたびに「飛天御剣流・龍槌閃!」とか言われたらドン引きだなあと思っていたらさすがにそれはなくて(笑、比較的静かな、だけどものすごいスピード感のある殺陣で「飛天御剣流らしさ」が表現されていたのは良かったです。寄りめの構図やカメラワーク、カット割り、暗めの画づくりあたりで誤魔化されているような気がしなくもなかったですが(笑)全体的に見応えがありました。ただ、動きが速すぎていつ何の技を出しているのかよく判らなかったので、改めてスローで観たいかも。

主役の佐藤健に関しては、CM くらいでしか観たことがなかったので(テレビ観ない人なので...)キャストを知ったときには「どうなの」と思いましたが、この配役はアリ。ただ、実写で「おろっ」と言われた瞬間にはさすがに身悶えてしまいましたが(笑、「おろっ」「ござる」は当然繰り返し出てくるので、すぐに慣れました(ぉ

全体として、純粋に剣客ものの映画としてみるとちょっと辛い部分もあるでしょうが、「『るろ剣』の実写映画化」として観るぶんにはなかなかよくできた作品じゃないかと思います。続編が作られることを意識した作品なんだろうなと思いますが、続編が見たいかと言われると見たい。特に御庭番衆編と人誅編あたりは見たいですね。要するに、けっこう面白かったということです。

投稿者 B : 23:56 | Japanese Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2012/08/30 (Thu.)

孤独のグルメ Season2

「孤独のグルメ」ドラマ2期決定!放送時間拡大&繰上げ | ホビー | マイナビニュース

なんというグッドニュース!!!俺歓喜。

テレビ東京のドラマ『孤独のグルメ』の Season2 の放送が決定。テレ東的には好評だったようなので続編の企画は上がってるだろうな、と思っていましたが、どんなに早くても年明け 1 月からのクールだろうと予想していたので、1 年経たずの Season2 放送は本当に驚きましたが嬉しいです。初回放送前には松重豊さんの井之頭五郎は悪くないけどちょっとイメージ違うよなあ、と感じていたのに、今やゴロー役はこの人しかいない、というくらいに定着してしまいましたからね。
久住昌之氏原作コミックのドラマ化は TBS の『花のズボラ飯』に続き、同じクールでの放送というのも驚き。ちょっとした久住昌之ブームと言えるのかもしれません。

ただちょっと心配なのは、同じ深夜枠とはいえ放送時間が拡大されるらしいというところ。同じスタッフなので大丈夫だとは思いますが、尺が延びることで変に蛇足的なつくりにならないか、という不安はありますね。

ちなみに第 1 回は、山手線の北側が舞台になることが多いこの作品にしては珍しい、新丸子(神奈川県川崎市)。今までドラマに登場したお店の中で、最も私の家から近い(というか他の店が遠すぎる)ので、ここは間違いなく聖地巡礼しなくてはなりますまい。

でもその前に、Season1 の聖地巡礼があと 1 ヶ所だけ残っているので、Season2 が始まる前にコンプリートしに行かないと。

孤独のグルメ DVD-BOX

B007JSTFH0

投稿者 B : 23:20 | Japanese Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック