b's mono-log

2014/04/04 (Fri.)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語 [Blu-ray]

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語 (完全生産限定版) [Blu-ray]

B00I9YNB4Q

Amazon で予約するとフライングで届くこともあったらしいですが、ヨドバシドットコムではきっちり発売日に届いたので、エイプリルフールネタに違いないと思っていました(ぉ。

満を持しての BD 化ということで、劇場公開版からは半分以上のシーンにわたって修正が加えられているとのこと。でも、もともとクオリティが高かったこともあって、見比べながらじゃないと違いが判らないレベルだと感じました。作画をやり直したというよりは、ディテールを足したレベルの修正なんでしょうかね?いずれにしても、繰り返し視聴して細部に至るこだわりを堪能したい仕上がりです。

完全生産限定版の特典ディスクは、サウンドトラックの CD と、暁美ほむらのセリフのファーストテイクを収録した特典ディスク。本編ディスクの副音声じゃなくて別ディスクで用意するというこだわりに驚愕しました。

作品の感想についてはここであえて語るまでもありませんが、劇場公開時から繰り返し観て思うのは、やはりテレビシリーズを終えて劇場版に至った製作陣の、魔法少女たちに対する「愛」がこの作品を創らせたんだろうな、ということです。少女たちにこういう活躍をさせたかったからこその序盤だろうし、その序盤の活躍シーンや意味深なオープニング映像は、別に悲しいシーンなわけでもないのに、こみ上げるものがあります。そして、賛否両論ある物語ではありますが、この[新編]があって良かった、公開前の不安は杞憂に過ぎなかった、と今にして思います。ラストはいろんな解釈のできる終わり方でしたが、欲を出してさらなる続編を作らずに、この解釈の広さのまま完結させておいたほうが良いのだろうな、とも個人的には思います。

序盤の魔法少女たちの日常に繰り返し浸るも良し、映像のディテールとそれぞれの意味をチェックするも良し、ラストの解釈のために何度でも観るも良し、思いのままにいろんな楽しみ方ができるのがパッケージメディアの良いところ。作品のファンなら必携のディスクだと思います。

投稿者 B : 00:40 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2014/04/02 (Wed.)

『風立ちぬ』 Blu-ray 発売へ

宮崎駿監督、最後の長編アニメ「風立ちぬ」。6月18日BD化 - AV Watch
風立ちぬ [Blu-ray]

B00J2NX8NW

宮崎駿氏の最後(本当か?)の監督作品、『風立ちぬ』がいよいよ BD 化されます。劇場公開後半年でパッケージ化されるのがほぼ当たり前になりつつある映画業界において、1 年はけっこう待たされたなあ、という印象になるのが怖いところですが、そこはいつもの PHL(パナソニックハリウッド研究所)クオリティで圧縮チューニングされているんでしょうから、期待できるというもの。私がこの映画の BD 化を心待ちにしていたのは、内容云々よりもあの映像美をまた堪能したい、という部分が大きいので、クオリティにはとても期待をしています。

それよりも、今回驚いたのはこの話。

「カリオストロの城」が最新HDマスター使用でディズニーから再BD化 - AV Watch
「カリ城」から「風立ちぬ」まで、宮崎監督の全11作収録BD-BOX発売。全作MGVC対応に - AV Watch

『カリ城』が再 BD 化ですか。まあバップから以前の BD が発売されたのは、BD というパッケージメディア自体の黎明期と言って差し支えない時期なので、今の BD と比べるとクオリティ的に見劣りするようになっているのは事実。マスタリングからやり直し、他のジブリ BD と同様に MGVC(マスターグレードビデオコーディング)による高階調記録と PHL による圧縮を経ているというのだから、これは期待が持てます。既に持っている BD を買い換えるのは微妙に抵抗があるところではありますが...。
そしてこの『カリ城』を含めて宮崎監督作品を全作収録した BD-BOX も発売。こればかりはニュースが出たのが 4/1 だったので、さすがにエイプリルフールネタだろうと思ってしまったのですが(ぉ、どうやら本当らしいです。しかも既存作品も全て MGVC 化され、既存ディスクよりもハイビットレートで収録されているというのだから恐ろしい(;´Д`)ヾ。

そうそう買える値段の BOX でもないので、『カリ城』だけ買い換えますかね...。

ルパン三世 カリオストロの城 [Blu-ray]

B00J7HENT6

投稿者 B : 01:30 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2014/03/24 (Mon.)

ホビット 竜に奪われた王国 @109 シネマズ木場

ホビット 竜に奪われた王国

ホビット 竜に奪われた王国

公開を楽しみにしていた作品を、ようやく観に行ってきました。

ファンタジー世界に登場するさまざまな種族が活躍する LOTR 本編に比べると、ホビットとドワーフの冒険といういかにも地味な映像になってしまうのが『ホビット』三部作の傾向なんだろうな、というのは前作を観て感じていました。戦闘シーンもシリアスというよりコミカルな描き方になりがちで(『スター・ウォーズ』でいう C-3PO や R2-D2 の戦闘シーンに近い、と言えば分かるかな)単調な映画になるんじゃないかという懸念を抱いていましたが、とんでもない!今作は LOTR も含めたシリーズ中で最も戦闘シーンが白熱する(実際に灼熱するわけですが)映画ではないでしょうか。

今回の主な舞台はエルフの森からはなれ山まで。というわけで、エルフが登場する戦闘シーンもふんだんにあるわけですが、なんかコンセプトアートにレゴラス(オーランド・ブルーム)に似たエルフがいるな、と思っていたら、本当に本人じゃないですか(笑。原作(私は未読)には登場していないようですが、設定上はこの時代にも生きているはずで、ストーリーの解釈次第ではビルボ・バギンズの冒険に絡んでいても不思議はない。まあ、映像的にむさ苦しくてイケメン成分の足りない本シリーズに女性ファンを呼び込むためのサービス的な位置づけでしょうが、それにしてもレゴラス無双すぎる(笑。LOTR でもここまでの獅子奮迅ぶりではなかったはずで、しかもオーランド・ブルーム自身が当時より 10 年分の歳を取ったことも相まって、むしろ LOTR の後の時代の話に見えてしまったほど。おかげでアクションシーンは見応えがありましたが、レゴラスについてはファンをニヤリとさせる程度の扱いで十分だったのではないかと思います(笑。

でも、個人的にはアクションシーンはクライマックスの火竜(スマウグ)とのバトルが最も燃えました(いろんな意味で)。LOTR の戦闘シーンは基本的に多対多の混戦が多く、スピード感ある殺陣はそれはそれで魅力的なのですが、巨大なクリーチャーとの一対多のバトルは初。ドワーフたちの小ささを実感するような圧倒的な迫力と、「この炎に包まれたらもうダメだ」と思わせるファイアブレスの CG に圧倒されました。だからバトルはガチンコ勝負ではなく『ゼルダの伝説』的な頭脳戦になるのも目新しく、とても楽しめました。
ラストは三部作の二作目によくある「そこで終わるのかよ!」という食い足りなさでしたが、逆にそれがいい。三作目も楽しみになりました。

劇場は、前回が XpanD X103 を導入した HFR 3D で観たので、今回は IMAX 3D で観ようと思って木場まで足を運びました。ただ、前回観たのが 1 年以上前なので、正直比較のしようがない(笑。でも、やはり IMAX 3D らしい安定した明るさ・コントラスト・解像度。XpanD X103 も十分なクオリティだと感じましたが、IMAX はやはり安心感がありますね。そして、HFR(ハイフレームレート) 3D は通常の 24p が主流の映画館において、気持ち悪いくらい生々しい動きがスクリーン上に映し出されていて、今までの映画との世代の違いが感じられました。
映像的にも、前作同様に序盤で 3D らしいインパクトのある画作りをしておいて、徐々に馴染み感のある(自然な感じでありながら、効果的に 3D 表現を取り入れた)3D にしていっているのが印象的でした。

ちなみに、本作は劇場公開中であるにも関わらず、発売日未定ながらもう BD/DVD の予約が始まっているという...ここまで来るとちょっと異常とも思える状況になっています。自宅でじっくり鑑賞もいいですが、これは HFR 3D と劇場の迫力ある音響で堪能してこその映画でしょう。シリーズのファンのみならず、映画ファンであれば劇場で体感すべき作品だと思います。

ホビット 竜に奪われた王国 3D&2D [Blu-ray]

B00IN21YXE

投稿者 B : 01:24 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2014/03/20 (Thu.)

ガンダム 35 周年で新作二作発表

富野監督新作「ガンダム Gのレコンギスタ」2014年秋公開。「THE ORIGIN」は2015年春 - AV Watch

『機動戦士ガンダム』シリーズの 35 周年を記念して、新しいアニメ化プロジェクトが 2 本発表されました。

  • 富野由悠季監督によるガンダムシリーズの続編『ガンダム G のレコンギスタ』:2014 年秋公開
  • 安彦良和氏原作『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』からシャア・セイラ編をアニメ化した『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 碧い瞳のキャスバル』:2015 年春公開

『G のレコンギスタ』は、新作という意味ではターンエー以来、リメイクを含めても新訳 Ζ 以来の富野監督の手によるガンダム作品ということになります。キャラクターデザインのせいでガンダムというよりエウレカセブン的な印象の方が強いですね...。過去に幾度となく自らの手でガンダムを壊そうとしてきた、そしてターンエーあたりでついに達観の域に入ったように見える富野氏が創る新作がどのようなものになるか、期待半分、不安半分ながら楽しみなところ。見せてもらおうか、新しいガンダムシリーズの映像とやらを!

そして『THE ORIGIN』。てっきり安彦版ガンダムを改めて一から映像化するものとばかり思っていたら、作品におけるひとつのハイライトである「シャア・セイラ編」だけを抜き出す形でのアニメ化。確かに、既に一度アニメ化され、劇場版としてリメイクもされている本編をそのまま再アニメ化することは、賛否両論含めていろいろありそうだし、それが許されるのは 50 周年のような大きな区切りか、サンライズが本当に行き詰まったときのどちらかのような気もします。
全 4 話構成とのことなので、これはシャア・セイラ編から開戦編、ルウム編(つまり『THE ORIGIN』の中でまだ映像化されていない時間軸の物語)くらいまでやるんでしょうか。プロモーション映像を見る限り、『UC』のスタッフがそのままスライドして製作しているように見えるので、クオリティは期待して良いでしょう。あとは、シャアとセイラの声を誰が当てるかが気になります。公開形式は「イベント上映」としか明らかになっていませんが、UC と同様にネット配信や BD/DVD 販売もセットで年に 1~2 本ペースなんだろうなあ。

まあ、その前に『UC』の最終話があるので、まずはそれを正座して待ちたいと思います!

安彦 良和 / 愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN V -シャア・セイラ編-

4048543393

投稿者 B : 23:35 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2014/02/24 (Mon.)

劇場版 機動戦士ガンダム Blu-ray トリロジーボックス

「劇場版 機動戦士ガンダム」3部作がBD-BOX化。5.1chアフレコ特別版同梱のプレミアム版も - AV Watch

ファーストガンダム劇場版三部作の BD-BOX のリリースが発表されました。ガンダム劇場版はこれまで、各パッケージメディアがライフサイクルを追える間際になってようやくリリースされる印象がありましたが、テレビシリーズの Blu-ray メモリアルボックスの発売から一年足らずのリリースというのは、ちょっと予想より早い、早いよスレッガーさん!でも BD/DVD を含めたセルメディア市場が縮小し始めたので、商売的には今が最後のチャンス...ということなのかもしれません。

私は DVD の劇場版メモリアルボックスは持っているし、テレビシリーズの BD-BOX もまだ全然観れていないけれど、これは買っておくかなあ。DVD-BOX もかなりの高画質でしたが、戦い(画質)は数(情報量)だよ、兄貴!というわけで、買い換えようかと。
特典満載のプレミアムエディションもあるけど、5.1ch サラウンド+新規アフレコの悪評高い「特別版」特典ディスクは要らないので、通常版で十分かな...。

劇場版 機動戦士ガンダム Blu-ray トリロジーボックス

B00IIEERNG

投稿者 B : 23:35 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

ラッシュ/プライドと友情 @新宿ピカデリー

ラッシュ/プライドと友情

ラッシュ/プライドと友情

封切りのだいぶ前から楽しみにしていた映画を観てきました。F1 ってもう日本じゃすっかりマイナースポーツだし...と思っていたら、けっこうな量の TVCM も投下されていて、配給元的にはかなり力を入れているのか、それともバーニー・エクレストンあたりがプロモーションのバックアップをしているのか。

舞台は 1970 年代の F1。F1 がレース好きの集まりだった牧歌的な時代から、エクレストンが運営の実権を握って巨大な興行に変遷していこうとする時代です。私が生まれる前の話なので、私も文献で流れを知っているだけで、細かい部分はこの映画を通じて初めて知りました。

物語はこの時代の最高のライバル関係と言われた、ニキ・ラウダとジェームス・ハントのライバル関係を軸に描かれます。ラウダは現在でもメルセデス F1 の重役としてパドックに顔を見せていますし、ハントはキミ・ライコネンが一昨年の復帰以来モナコ GP でヘルメットのデザインにオマージュを入れており、ともにここ数年、再び名前が出てくるようになりました。ラウダのメディアへの発言などを見ると、晩節を汚しているような気がしなくもないですが(笑)、それだけ現代でも F1 での存在感、影響力を保っている証拠でしょう。

映画ということで多少の演出や脚色は入っているようですが、映像はまるでドキュメンタリーのようにリアリティがあり、ラウダとハントのライバル関係、と同時に結ばれた強い友情が明確に描かれています。レースシーンはあまり多くはないものの、レプリカを使ったリアルな、かつエキサイティングな実写で、しびれます。安全性が低かった時代の F1 だけに、現代の F1 レースよりも手に汗を握る緊迫感があります。エンジン音の再現にもこだわりが感じられ、これは BD ではなく劇場のサラウンドで堪能すべきだと思いました。

F1 に限らず、スポーツというものは刺激し合えるライバルの存在によって、互いに高め合っていけるもの。思えばラウダ・ハント以後の F1 も、そういったライバル関係がレースを面白くしてきたと思います。現在の F1 は、ヴェッテルが勝ちすぎで退屈に思える瞬間もありますが、それでもチャンピオン経験者 5 人がしのぎを削るという状況は、これまでの F1 でもほとんどなかった(セナ・プロスト・マンセル・ピケ時代以来?)群雄割拠。特に今年は車体レギュレーション改定で戦況がリセットされていますし、フェラーリのアロンソ・ライコネン体制がどういった結末を迎えるのか、など注目に事欠きません。この映画を観て、現代の F1 をリアルタイムに観られる世代で良かったな、と再確認しました。

投稿者 B : 00:11 | Foreign Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック

2014/02/22 (Sat.)

機動戦士ガンダム UC episode 7 続報

しばらく沈黙を守ってきた『機動戦士ガンダム UC』の最終話、episode 7 の続報が久しぶりに公開されました。前夜祭や舞台挨拶はある程度予想通りで、前回の世界最速上映会のようなイベントの開催はまだ明らかになっていませんが、最終話だし前夜祭か舞台挨拶かイベントのどれかには参加したいところ。

それよりも新情報はモビルスーツですよ。ep6 でティザー的な映像が一瞬だけ差し込まれていましたが、フル・フロンタルの最後の乗機は「ネオ・ジオング」になるそうです(;´Д`)ヾ。
シナンジュをコアユニットとした巨大 MA、とのことですが、『0083』のデンドロビウム的な発想の MA ですね。個人的には大艦巨砲主義的な重 MS/MA はあまり好きではないので、微妙な感じ。ただ、旧作オマージュの積み重ねの上に成り立っているのが UC という作品なので、「シャアの再来」が乗る最後の MS としてはある意味当然の帰結と言えるでしょう。まあ、小説版では「ネオ・ジオング」は登場せず、最後までシナンジュでしたが、決着のつき方がランバ・ラルでなくても「しかし小僧、自分の力で勝ったのではないぞ!」と言いたくなるような最期だったので、これで映像的に迫力のあるラストバトルに仕上がることを期待しましょう。

さすがに MG でプラモ化されたりしないですよね(ぉ。

機動戦士ガンダム UC episode 7 『虹の彼方に』 [Blu-ray]

B00GM9EC1G

投稿者 B : 01:07 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2014/02/04 (Tue.)

秒速 5 センチメートル [iTunes Store]

森の木の代弁者に期限切れを知らされた人のエントリーを読んで、私もダウンロードだけして放置していたのを思い出したので、期限切れギリギリに視聴しました。

秒速 5 センチメートル

B0013K6DL6

映像に対する評価が高い作品、という話は聞いていたので、以前から気にはなっていましたが、なんとなくそこまで観たいというモチベーションに至らず(笑)今まで観たことがありませんでした。年明けの iTunes Store のキャンペーンでレンタル無料になっていたのでなんとなくダウンロードして、そのまま忙しくて忘れていたという。映像の美しさが評価される作品って、私の中ではどうしてもそういう扱いになりがちです。
物語は、主人公と二人のヒロインにまつわる短いエピソード三本をまとめたものでした。それならそうと、分割してでも早めに観ておくんだった。

「リア充のアニメ」と言われる本作ですが、キャッキャウフフとは縁遠い青春を送った私みたいな元少年からすると、例え片想いでも女の子と二人っきりで話したり一緒に帰ったりするだけでぐぬぬ、と感じなくもありませんが(ぉ)、『耳すま』のようなド青春恋愛ものが好きな私としては、こういう話もナシではないと思います。ただ、なんだろうな...『耳すま』が青春してる乙女の視点で描かれた作品だとすれば、『秒速』は大人になった男の未練がましい回想、という視点で描かれているように見えて、自分にも思い当たるところがあるというか、同じ男の目で見て妙に痛々しい気持ちになるというか。解りますかね、この気持ち(笑
私は身の回りで「幼馴染み時代の恋の相手と結ばれるなんてこと」が 2、3 あったりするのですが、確かにそういう物語を描いても多くの人にはファンタジーにしかならないので、ラストシーンはああいう切なさで良かったんでしょう。

映像は確かに美麗で、リアリティが高く、それだけに「これを実写でなくアニメで表現する意味があるのか」と言われるのは、解る気がしました。でも、個人的には、特に空や桜吹雪、緑などの描き方が水彩画のようで、まるで動く絵画を見ているようだなあ、と感じました。あと、豪徳寺から岩舟に電車で向かうシーンで、路線図や風景を見ながら以前グンマーのブラジルに聖地巡礼に行ったときのことを思い出しました(ぉ。ちなみに、天候不良や人身事故で電車内に 2 時間閉じ込められるというのは、例え意中の人に会いに行く道中でなくても、絶望したい気持ちになるものです。
そんなわけで(どんなわけだ)、この美しい映像と切ない物語を観て、ついうっかり少女漫画を読んでしまったときや、何かの間違いで銀色夏生の詩集を読んでしまったときのような、何とも言えない気持ちになりました(笑。

ちなみに視聴したのは iTunes Store の HD 映像(1080p)でした。画質的には、レンタルであれば十分満足できるレベル。今後、あと何回か利用してみて、気に入ったら Apple TV を買ってきてもいいかな...。

投稿者 B : 01:05 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2014/01/21 (Tue.)

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [DVD]

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [DVD]

B003EVW5OG

年末年始にいろいろ観た映画のひとつ。すごく観たかったわけではないですが、TSUTAYA に行ったついでに何となくレンタル(笑。

劇場公開時にけっこう話題になっていた作品です。ブラッド・ピット主演の「生まれながらにして老人、そして加齢とともに若返っていく特異体質の男の一生」の映画。ブラピの演技は『マネーボール』でちょっと見直したので、アクションものよりもこういうドラマ系ならば私の好みなのかな、と。
そう思って観てみたんですが...、正直、微妙...。他者と同じ時間を過ごせない者の苦悩を描きたかったのだろうし、それはそれで分かるんですが、主人公ベンジャミン・バトンが生まれながらにいろいろなことを受け容れすぎていて悩む描写がなく、淡々と時間だけが過ぎていく。そんな話。苦悩するのはむしろ、普通の人間としての時間を過ごすが故にベンジャミンとすれ違ってしまうヒロイン、デイジー(ケイト・ブランシェット)のほうだという。 ケイト・ブランシェットは『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズにおけるガラドリエル様のイメージが強すぎて、それを払拭できたという意味では良い芝居だったのですが(笑)...脚本自体に抑揚がなさすぎて、あまり心に引っかからない映画でした。設定が活かせてなくてもったいない。なんか、別に映像が美しいわけでもないフランス映画を見せられているような、そんな感覚。

ブラピやケイト・ブランシェットを若々しくも老人にも見せた特殊メイクの技術には感心しましたが、個人的にはそれだけの印象しか残らなかったなあ...。

投稿者 B : 01:27 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2014/01/17 (Fri.)

トリック劇場版 ラストステージ @イオンシネマみなとみらい

トリック劇場版 ラストステージ

劇場版 2』を観たときに、そろそろこのシリーズも限界かなあ...とは感じていたのですが、「これで完結」と言われるとここまで来たらもう最後まで付き合ってやろうじゃないの、と思って劇場に向かいました。

舞台はシリーズ初の海外、東南アジア。ロケはマレーシアで行われたようですね。ある企業がレアアース採掘のために東南アジアに進出しようとしたら現地民の抵抗に遭い、その現地民をまとめているのが呪術師で...という話。話の構造としては同シリーズで今までにもあったような話ですが、海外ロケと言うだけで少し雰囲気が違って見えますね。

ストーリー的には比較的分かりやすい伏線が張られているので、ミステリーとしてはそれほど難解ではないと思います。それよりも、あまりにもギャグ要素を詰め込みすぎで、途中でちょっと白けてしまった部分はありました。テレビシリーズの『トリック 3』あたりから、笑いに走りすぎている傾向はあったんですが、その傾向がさらに強まっているというか。懐古主義ではありませんが、初期の頃は「何が出てくるか分からない恐怖感」の合間に細かいネタが散りばめられていることで一息つける、そのバランスが良かったのになあ...とは思いますね。これでは、せっかくのクライマックスもタネ明かしも緊張感がなさすぎて台無し。
まあ、北村一輝をああいう役どころで起用するのか...!という新しい発見があったのは、良かったですが(笑

というわけで、鑑賞前に抱いていた予感が見事に的中してしまったなあ...と軽く残念に思っていたのですが、ラストでやられました。エンドロールに流れる『月光』、そして最後にここに戻ってくるのか、という驚き。最初から観てきた身としては、このラストが観られただけでも、映画館に足を運んだ甲斐があったというもの。『トリック』が始まった頃は、自分の人生的にもいろいろあった時期だったので、『月光』を聴きながら複雑な思いが去来しました。13 年半、という数字を改めて見せられると、時間が経ったんだなあ、と実感しますね。
時間が経ったと言えば、このシリーズが始まってから今までの主役二人の変遷も対照的。本シリーズで徹底した三枚目を演じ、その後の芝居の幅を大きく広げた阿部寛に対して、仲間由紀恵は「山田奈緒子」に囚われてしまったのかもしれないなあ、と感じます。ラストでああいう映像を見せられてしまうと、特に。

ともかく、良くも悪くも『トリック』らしい、大団円と言っていい結びだったんじゃないでしょうか。長い間、お疲れさまでした。

投稿者 B : 01:02 | Japanese Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック