b's mono-log

2006/02/11 (Sat.)

ラヂオの時間

ラヂオの時間

B000BN9ADO

というわけで、昨日に引き続き先週の録画(´д`)。

ラジオ局のスタジオという密室にほぼ限定されたシチュエーションで繰り広げられるドタバタ劇。オチへ持って行くまでの強引なまでの飛躍っぷりは映画というより舞台っぽいなー、と思っていたら、もともと東京サンシャインボーイズの舞台用に作られた脚本だったのね。でも、三谷作品にしてはメッセージ性の強かった『みんなのいえ』に比べると、「らしさ」が出ていてこちらのほうが好み。個人的に、多少無理のある展開でも舞台的な演出が好き、というのもあるんだけど。

『THE 有頂天ホテル』よりも限られた密室という意味では、こちらのほうが持ち味が出ているような。改めて廉価版 DVD を買ってもいいかな、と思える作品でした。

余談だけど、この作品と『みんなのいえ』の共通のテーマでもある「ものをつくるということは、得てしていろんなこととの折り合いをつけた妥協の末に成り立っているものだけど、つくり手はみんな本当に目指すものづくりを一度はしたいと思っている」というところ、最近とみに共感できる気がします。

投稿者 B : 23:55 | Japanese Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2006/02/10 (Fri.)

みんなのいえ

みんなのいえ

B000BN9ADY

三谷映画って密かに『THE 有頂天ホテル』まで観たことがなかったので、映画の発売に合わせて廉価版が発売になった過去作品の DVD でも買ってみようかな、と思っていたら先週フジでオンエアやってたので、録画でいいか、と(ぉ。

「いえ」という「場」がテーマではあるけど、舞台は特にクローズドな場所でもないし、笑いも得意の計算し尽くされたドタバタじゃなくて細かい笑いが中心だったりするので、持ち味が活かせていない感じ。それぞれの俳優の使い方は巧いし、内容も万人向けのほのぼのした作品だけど、もうちょっと惜しいかな。

投稿者 B : 23:51 | Japanese Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2006/01/31 (Tue.)

クローサー

クローサー

B0007TW7WI

劇場公開時からちょっと観たいと思っていた作品。
スター・ウォーズ』新三部作のパドメや、今春公開の新作『V フォー・ヴェンデッタ』など、キャラクターとしての個性が強すぎてロマンスから離れている印象があった(個人的には SWEP2/3 はロマンスとは言えないと思っている)ナタリー・ポートマンが最近では珍しく「女性らしい」キャラクターを演じているので、気になっていました。

タイトルやポスター、ジャケットのイメージから、しっとりとしたラブロマンスを想像していたんですが、正直見事に裏切られました。4 人の男女がくっついたり離れたりする様子を、キーとなるシーンだけ切り出して組み立てた作品で、まず心の動きを中抜きしたフレームワークを理解するまで映画に入り込めず・・・。
最後まで自分の気持ちを素直に持ち続けた女たちと、最後まで独占欲と嫉妬に駆られてお互いを試し、騙すばかりだった情けない男たち、が全てだったのかなー。映画のつくりが解った上で見返せば、それぞれのダイアログに込められた意味など新たな発見があるのかもしれないけど。

結局私はこのテの映画が苦手なのかも、というのが鑑賞後の印象でした。逆にもう少し地味なキャストで単館系の興行だったほうが合っていたんじゃないかと。
でも、ここまで自分の愛に対してストレートなナタリー・ポートマンって、きっと『レオン』以来くらいだと思うので、そういう意味では観た価値はあったのかな。

投稿者 B : 22:40 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2006/01/24 (Tue.)

キングダム・オブ・ヘブン 特別編

やっと観れた(;´Д`)ヾ。

キングダム・オブ・ヘブン 特別編

B0007D3NIQ

またしてもオーランド・ブルームが人の嫁さんに手を出す話(´д`)。でも今度は弓矢使わないのね(ぉ。

主人公バリアンの行動の動機が理解し難かったり(妻子を亡くして自棄になっているところへ、「私はお前の父親だ」といって現れた騎士に連れられてエルサレムに向かい、そのままエルサレムの騎士になってしまう)とか、エルサレムを巡るキリスト教圏とイスラム教圏の宗教戦争がなかなか理解できなかったり(サラディンなんて高校の世界史で聞き覚えがある程度だし)、と日本人的にはイマイチ入り込めない部分も散見。
後者はクライマックスの「エルサレムの価値とは?」 「無だ。──だが、全てだ。」 で、なんとなく理解できたような気になったけど、前者は最後まで理解できずじまいだったな。

歴史スペクタクルも大規模な攻城戦もそろそろ見飽きた感はあるけど、今作の映像表現はその中でもかなりクオリティが高く(実写と CG の境界線のなさは近年の大作の中でも特に秀でていた)、映像・音響のリファレンスになりそうな作品ですね。十字軍時代の中近東情勢を勉強してから観直すと、またいろいろな発見がありそうな気もします。先に特典ディスクを観ておけば良かったかな。

同じ「キングなんとか」でも、『キング・アーサー』よりは面白かった(´ー`)。

投稿者 B : 22:38 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2006/01/20 (Fri.)

12 人の優しい日本人

12 人の優しい日本人

B00005HNT4

ある女性による殺人事件の裁判に、12 人の陪審員が招集された――。

前回紹介した『十二人の怒れる男』のパロディ。個人的には知ったのは元祖よりもこちらのほうが先だったりします。昔ちょっとだけ芝居をやっていた頃、とある友人から「演劇やるなら『12 人の優しい日本人』を演ってほしいなー」と言われたのが、この作品の存在を知ったきっかけでした。

その後、この作品に関わることなく演劇の世界から遠ざかってしまったのですが、DVD の時代になって再会した『12 人の優しい日本人』。邦画 DVD って安くないんですが、これは迷うことなく買ってしまいました。

実はこれ、東京サンシャインボーイズ時代の三谷幸喜の脚本なんです。
確かに密室、群像、特定シチュエーションといえば三谷脚本の代名詞。三谷作品の原点といえる作品かもしれません。

『怒れる男』以上にステレオタイプな 12 人の男女と、もし日本に陪審員制度があったら・・・という設定で繰り広げられるコメディ。しかしオリジナルと最も異なる設定は、被告人が若くて美しい女性だった、ということ。それだけではなく、オリジナルにはないあともう一転がある(それも最も三谷幸喜らしい展開で)、オリジナルを知っている人にも先が読めない展開が、『怒れる男』のパロディでありながら全く別の作品として楽しませてくれる脚本に仕上げています。
キャストも最近悪役の多い相島一之が真面目なサラリーマン役だったり、若かりし頃の豊川悦司が謎の自称弁護士として登場していたりと見どころ多し。

オリジナルとは違って見終わった後に残るものもさしてないんですが、むしろそれが三谷作品のエンタテインメント性なんでしょうね。


ところでつい最近知ったんですが、現在この『優しい日本人』を久々に再演しているらしいですね。

パルコプロデュース公演 12 人の優しい日本人

って東京公演は年末に終わってるしorz 今回のキャストも面白そうな顔ぶれだし、もっと早く知ってればチケット取ったのになー・・・。

投稿者 B : 20:52 | Japanese Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック

2006/01/18 (Wed.)

十二人の怒れる男

十二人の怒れる男

B00005TOGV

17 歳の少年による殺人事件の裁判に、12 人の陪審員が招集された――。

自分が blog で映画ネタをやるとしたら、ぜひ紹介したいと思っていた作品です。
米国での裁判の方式として採用されている陪審員制をテーマにした、法廷劇(というか陪審員室だけど)の名作中の名作。日本でも 3 年以内に裁判員制度が施行されるようですが、そういう意味でも一度観ておきたい作品だと思います。

作品はほぼ完全に陪審員室のみ(プラス、化粧室のシーンくらいはあるけど)の密室劇。シーンの切り替えもほとんどなく、12 人の議論のみでドラマが展開していく緊迫感がたまりません。そして、アメリカ人男性を無作為に 12 人一カ所に集めたらこうなりそう、というステレオタイプな登場人物たちが、客観的なつもりで実はごくごく主観的に審議している事件の真相。徐々に明かされていく真実と、一人ひとり覆されていく主張・・・淡々と進むストーリーながら、ここまで引き込まれる映画もなかなかないんじゃないかな。

モノクロで画質も期待できない古い作品だけど、映画の面白さは画質やサラウンドじゃないことを改めて認識させてくれる作品だと思います。

投稿者 B : 23:22 | Foreign Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック

2006/01/14 (Sat.)

THE 有頂天ホテル @チネチッタ

THE 有頂天ホテル

三谷作品好きなんです。

とはいっても、三谷映画を劇場で観たのは今回が初めてだけど・・・。


三谷ファミリー勢揃いで、三谷幸喜お得意の密室劇(密室、というかホテル内という限定シチュエーション)かつ群像劇。全ての役どころと伏線がちゃんと結末に必要な意味をもっているという、計算し尽くされた脚本で、最後は大団円という三谷脚本のお手本みたいな作品でした。
演出が他の三谷ドラマや映画と比べても舞台的だったので、個人的には 3 階建てくらいの凝ったセットを使った舞台版で観てみたいような気もします。

劇場で心おきなく笑ったのって久しぶりかも。『笑の大学』とか『オケピ!』の DVD も観てみるかなー。

投稿者 B : 20:27 | Japanese Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2006/01/02 (Mon.)

『ダ・ヴィンチ・コード』映画化

TVCF でやってて気づいたんですが、『ダ・ヴィンチ・コード』が映画化(5/20 公開)されるんですね。

「今世紀最高のスリラー」ついに映画化! 『ダ・ヴィンチ・コード』2006 (All About)

話題作の映画化というだけでも注目なのに、トム・ハンクスとジャン・レノの競演というおまけつき。長編スリラーを映画の時間枠の中でどこまで消化できるかという疑問はあるけど、ルーブル美術館ロケもやってるらしく、映像のクオリティは期待できます。

今年は劇場に見に行きたい作品がけっこう公開されるんですが、これはその中でも筆頭かも。
とはいえ原作をまだ読んでないので、読んでから行くべきか、映像を見てから読むべきか、悩ましいところではあるけど。

投稿者 B : 10:18 | Foreign Movie | Movie | コメント (1) | トラックバック

2005/12/24 (Sat.)

34 丁目の奇跡

34 丁目の奇跡

B00006YXXU

ここ数年、クリスマスになると必ず観ている DVD。

元々は、高校時代にとある理由で通っていた英会話スクールの先生(黒人女性で、ほとんど日本語のできない人だった)に勧められた作品だったんだけど、DVD が気軽に買えるようになってようやく観ることができた作品でした。

子どもでも大人でも楽しめる作品、というだけでなく、個人的には法廷劇ってけっこう好きなので、そういう意味でもかなりツボにはまる作品なんです。素で観てもじんわりくるけど、クリスマスのシャンパンやらワインやらが入った状態で観ると、優しすぎてついつい泣けてしまう・・・(;´д`)ヾ。

投稿者 B : 21:34 | Foreign Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック

2005/11/30 (Wed.)

五線譜のラブレター 特別編

五線譜のラブレター 特別編

B0008EMLG4

私にしては珍しく単館系の作品ですが、劇場にまで行った昨年公開の音楽映画の DVD 化。買ったのは半年も前だけど、劇場で観たからと安心して買いっぱなしにしてた(´д`)。

アメリカで最も有名な作曲家の一人、コール・ポーターとその妻リンダの人生を描いた作品。映画は二人を軸に、ポーターが数々のミュージカルや映画のために作った名曲に彩られて語られます。アメリカの音楽史ではもはや「クラシック」といってもいいほどスタンダードなナンバーが多いだけに、聞き覚えのあるメロディもちらほら。しかも、ロビー・ウィリアムズ、エルヴィス・コステロ、アラニス・モリセット、シェリル・クロウ、ナタリー・コールといった豪華な面々が出演し、歌っているという、単純に音楽ファンとしても楽しめる作品になってます。

バイ・セクシュアル(というよりは、女性として愛したのはリンダくらいで、ほとんどが同性愛)だったポーターの奔放な生き様や夫婦の愛とすれ違いが、華やかな映像や音楽とは裏腹にどこか儚く、ポーターが憐れにすら見える場面がところどころにありながらも、最後はハッピーエンドの人生だったのかな、としみじみ思える、何とも言えない作品です。
たまには、ハリウッド大作以外のこういう作品(これも制作は MGM だけど)も観ないとね。まあ、公開当時は劇場は中高年のお客さんばっかりだったけど(;´Д`)ヾ。

あまりに音楽が良かったのでサントラまで買っちゃいました。

投稿者 B : 22:53 | Foreign Movie | Movie | コメント (0)