b's mono-log

2015/10/06 (Tue.)

ドラマ『BAR レモン・ハート』

昨日の放送当日になって初めて知ったんですが、あの有名なバー漫画『BAR レモン・ハート』が BS フジでドラマ化されてるんですね。

BSフジ開局15周年記念ドラマ『BARレモン・ハート』 - BSフジ

これもおそらくドラマ『孤独のグルメ』ヒットの影響ということなんでしょうが...、もはやどんなグルメマンガがドラマ化されても驚かないほどグルメドラマ全盛の昨今とはいえ、この作品がまだドラマ化されていなかった、というのは確かに盲点でした。
30 年ほど前から連載が続いている長寿作品のひとつで、歴史の長さで言えば『孤独のグルメ』よりも全然長いくらいですが、一般的なグルメマンガとは違ってグルメ要素は薄く、酒に関する蘊蓄とその酒を巡るエピソードが主役。だからこそ、この作品が今ドラマに取り上げられるとは思っていませんでした。

主役の「マスター」は中村梅雀さん。柔和でお客に酒の蘊蓄を語るのが好きなマスター役によくハマっています。個人的にはマスターのイメージは蟹江敬三さんのような、頬骨と顎が張っていて、昔は荒っぽい役もけっこうやっていたような役者さんが合うと思っていたんですが、残念なことに去年亡くなっちゃいましたからね。梅雀さんのマスターはこれはこれで、ドラマの世界観には合っていると思います。
メガネさんと松ちゃんはなんだかドラマというよりは演劇みたいな芝居で、テレビ画面を通して見るとちょっと違和感はありますが、酒の蘊蓄みたいな説明調のセリフが多いコミックの映像化としては、そういう演出意図なのかもしれません。個人的に、メガネさんがトレンチコートに帽子という出で立ちの時点でもう本郷播にしか見えなくなっているのは、完全に久住昌之脳に違いない(ぉ。

本編の後に「今すぐ行きたい BAR 情報」といって原作者の古谷三敏が登場するあたりが、いくらなんでもこどグルを意識しすぎだろ!と思わずテレビ画面にツッコミを入れてしまいました(笑

まあ、いろいろとツッコミどころはありますが、原作の「読み終わった後になんだか優しい気持ちになれる」トーンを最大限に尊重して映像化されたドラマだと思います。そういう意味では、中村梅雀さんのマスター役で良かったのかもしれませんね。今季は『孤独のグルメ Season5』に加えて、これも観てみることにします。

コミックの方は今でも執筆が続けられていて、最新巻の一つ前までは電子化もされています。そうとう久しぶりに、電子版で最初から読み直してみようかな...。


古谷 三敏 / BAR レモン・ハート (1) [Kindle]

B00C0SEQHI

投稿者 B : 22:00 | Japanese Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2015/09/14 (Mon.)

ピクセル @TOHO シネマズ日本橋

以前たまたま映画館で予告編を見てから密かに楽しみにしていた映画を、観に行ってきました。日本橋の TCX/3D にて鑑賞。

ピクセル

ピクセル

映画の長い歴史上、異星人が地球を侵略しに来た映画は数あれど、その異星人がギャラガ(それもドット絵の)という作品なんて聞いたことがありません(笑。ファミコンど真ん中世代としては、トレーラーを見せられた時点でもう観に来ること確定でした。

1980 年代、NASA が地球外生命体へのメッセージとしてアーケードゲームを含む当時の地球の映像を宇宙に送ったところ、それを宣戦布告と誤解した異星人がゲームのキャラクターを模した兵器を地球に送り込んできた...というお話。この設定からして B 級映画くさいわけですが(笑、それをハリウッドが本気で作ったらここまでエンタテインメントになるのか、という驚きがありました。
実写映像の中にドット絵のゲームキャラが立体化されて登場し、しかも動きがギャラガのゲームそのまま、加えて音まで当時の FM 音源のままついている...という異星人の登場シーンを見た瞬間に、もう難しいことを考えるのやめようと思いました(笑

登場するゲームはギャラガのほかにもパックマン、ドンキーコングなど、ファミコン世代には懐かしいものばかり。私は当時年齢的にアーケードゲームとは縁がなかったので、よく知らないものもありましたが、おそらく三十代後半~四十代くらいのファミコンやゲームセンター、喫茶店ゲーム世代にはストライクじゃないでしょうか。他にもテトリスがビルを「消して」いたり、チョイ役としてマリオがちらっと映っていたり、あとから BD でコマ送りしてネタチェックしたくなるほどに細かい仕込みがたくさん。これら登場するゲームのほとんどはナムコや任天堂といった日本のゲームメーカーが生み出したものですが、あるゲームの開発者ご本人の役柄の人物も登場するなど、'80 年代ビデオゲームへの愛とリスペクトに溢れた作品です。
映画としてみると、ストーリーは 2015 年の映画というよりは '80 年代のハリウッド製アクションコメディのような、少し懐かしくもシンプルでわかりやすいもの。設定とゲームキャラが最大のギミックと言える作品なので、他の部分をややこしくする必要はないということでしょうが、それが逆にこの '80 年代ゲームの世界観とマッチしています。世界が滅びそうなのに全然悲壮感がないところも含め、この映画そのものがゲームの世界観を隠喩しているのかもしれません。

とにかくくだらないけどそれが面白い映画です。私も精神年齢を三十歳くらい巻き戻して、見入ってしまいました。
かつてゲームに心奪われた時代をもつ人であれば、一度観て損はない映画だと思います。楽しかった!

投稿者 B : 23:59 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2015/09/07 (Mon.)

劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス [PS Video]

劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス

B00XTKJ91Y

後楽園のカフェに行ったり飯能の公園に行ったりと昨年からまだ続いている我が家のムーミンブームですが、この春に上映された劇場版のパッケージ販売/VOD 配信が始まったので、観てみました。
DVD を借りに行くより手っ取り早いので、PS4 を使って PlayStation Video からストリーミング視聴。最近 VOD サービスが各社出揃っていますが、テレビ自体がちょっと古い我が家だと、PS4 から使えるのが操作的にも課金的にもラクです。ただ、滅多に起動しないので使いたいときに限ってファームアップが必要になるのは何とかなりませんかね(´д`)。

この映画、昨年のトーベ・ヤンソン生誕 100 年を記念して製作されたものです。『ムーミン』は日本国内でも何度かアニメ化されていますが、この劇場版は本国フィンランドでの製作。そのため作画の雰囲気は日本で慣れ親しんだアニメらしい『ムーミン』とは大きく違い、まるで絵本の挿絵がそのまま動いているかのような質感に仕上がっています。中間色を多用した色遣いもそうですが、この時代に全手描き、という製作手法によるところも大きいでしょう。
ただ、吹き替え版のキャストは 1990 年の日本版『楽しいムーミン一家』と同一で、高山みなみ(ムーミン)、大塚明夫(ムーミンパパ)、かないみか(フローレン)、佐久間レイ(ミイ)、子安武人(スナフキン)など、今となっては超大御所と言える面々。彼らの安定した演技が、この作品が我々が慣れ親しんだ『ムーミン』と地続きであることを実感させてくれます。原語音声で観ると全く雰囲気が違っていて、それはそれで面白いのですが(笑。

物語は、おなじみムーミン一家が南国のリゾート地へ旅行に行く、というお話。ムーミンはムーミン谷あってこそなのに、その舞台を変えちゃうのってどうなの、という不安もありましたが、いつもとはシチュエーションが変わった方が劇場版らしさは感じられますね。これも原作に存在するエピソードを映画化したものではありますが、いくつかのエピソードを強引にまとめて映画化したせいか(ムーミン一家がミイに出会うエピソードなんかも混ぜられている)、ストーリーの軸が通っていないというか、ややちぐはぐな印象も受けます。

『ムーミン』の通常のエピソードでは、登場人物のほとんどが独特の価値観を持ち、かつマイペースに行動しているので、視聴者(といっても大人の)は滑稽な世界を外から眺めているような感覚で観ることになります。それが今回はムーミン一家のほうが人間社会の価値観に近い世界に飛び出してくるため、自分たちの社会の中に特異なキャラクターが紛れ込んだ感覚で観ることになり、その違和感そのものを楽しむ、と言ったらいいでしょうか。たとえば、普段は何も着ていないフローレンがプールに入るために水着を欲しがり、その試着した姿に対してムーミンが「まるで裸みたい」と突っ込むくだりとか、そういう爆笑するほどではないけどシュールな笑いが全編にわたって散りばめられています。『ムーミン』ってキャラクターのかわいさが取り上げられがちですが、このシュールな笑いと、でも各キャラクターが身の回りにいる誰かのデフォルメにしか思えないリアリティこそが醍醐味だと思うわけです。

そんな感じで「楽しいバカンス」という意味では確かに各キャラクターがおのおのに「楽しいバカンス」を過ごす話ながら、視聴者の視点では「ムーミン一家がリゾート地をハチャメチャにする話」と言った方が正確でしょう(笑。
残されたリゾート地の人々にとってはたまったものではありませんが、ムーミン一家にとっては最後にはムーミン谷に帰って「めでたしめでたし」。ムーミンワールドに浸り、シュールで細かい笑いを堪能するという点では、なかなか面白い映画でした。個人的には、スナフキンの出番がほとんどなかったのが、ちょっと残念かな。

投稿者 B : 23:39 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2015/08/25 (Tue.)

『孤独のグルメ Season5』放送決定

孤独のグルメ

「孤独のグルメ」18年ぶりの新刊が9月に発売!10月からはドラマ新シーズン - コミックナタリー

お盆前からリーク情報が出回っていましたが、ドラマ『孤独のグルメ Season5』の放送が正式発表されました。今回は、いつもの水曜深夜から金曜深夜(土曜 0:12)にお引っ越し。土曜日は一般的に休日なので、ドラマを観た翌日に聖地巡礼、ということができてしまうことになります(汗。これ土曜日の聖地はとんでもないことになるんだろうな...。

このシリーズは事前のロケハンやお店への撮影許諾にもかなりの時間を使っているそうで、この春には同じ撮影チームで『食の軍師』をやっていたところだったので、もしかしたら今年はこどグルはないのかも...と考えていましたが、がんばりますねえ。

孤独のグルメ

事前情報によると今回はついに海外ロケ回もあるとのこと。海外といっても日間賀島や博多ではなく、「パリという設定だけどどう見ても浦安ロケ」でもなく(ぉ、今度こそ本当に海外なのだと思われます。さすがの私も今回こそは聖地巡礼しきれる自信がありませんが、せめて台湾とか香港とか、行きやすい場所だと良いなあ。テレ東の制作費なんだし、欧米ロケはさすがにないですよね(震え声
とりあえず、私はずっと昔に期限切れを迎えているパスポートを取り直すところから始めようと思います(汗

孤独のグルメ

また、Season5 の放送開始に合わせてか、コミック 2 巻『孤独のグルメ 2』の発売も 9/29(火)に決定。当初は昨年の発売と言われていたものが何度かの延期の末ようやく出てくることになります。
新刊に収録されるはずの聖地のうち、「SPA!」に収録済みの回は私も鳥取とパリを除き巡礼済み。とはいえ単行本のボリュームを考慮すると残り半分くらいは現時点で未発表のエピソードになるでしょうから(描き下ろしなのか、今後 9 月までの SPA! に収録されるのか)、そちらも今から楽しみです。

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 2

4594073379

投稿者 B : 20:56 | Japanese Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2015/08/17 (Mon.)

メカニックデザイナー 大河原邦男展

上野の森美術館で開催中の「メカニックデザイナー 大河原邦男展」に行ってきました。

メカニックデザイナー 大河原邦男展 | 上野の森美術館

メカニックデザイナー 大河原邦男展

六本木のガンダム展と併せて、この夏押さえておくべきガンダムイベントでしょう。

ほぼ全域が撮影 NG だったため写真はありませんが、1970 年代のデビューから現代までの大河原邦男氏のメカニックデザイナーとしての仕事を一同に会した展示会だけあって、かなりのボリューム。
客層は私より少し上の四十代男性が中心でしたが、ビルドファイターズ世代の子連れだったり、お年寄りだったり、意外と女性も多かったり、かなり幅広かったのが印象的でした。ただ、人混みが集中する展示はガンダム関連とダグラム、ボトムズ、レイズナーあたりという感じで、人気には偏りがある模様。やっぱり客層的には大人向けの作品に注目が集まっているようです。

私はというと、幼少期に田舎に民放が 2 局しかなかったこともあり、そもそもリアルタイムで観ている大河原作品って限られているんですよね。ファーストガンダムも再放送世代だし、タイムボカンもちょっとだけ観た記憶がある程度だし、リアルタイムでまともに観たのはボトムズと Ζ 以降の宇宙世紀ガンダムくらい。なので思い入れのない作品に関しては「ふうん...」という状態ではありました。
でも、改めて大河原作品を時系列に並べて見てみると、メカデザインにも「流れ」みたいなものがあるんだなあというのを実感します。例えばファーストガンダムに登場した「アッグシリーズ」に漂うそこはかとないタツノコプロ臭も、一連の流れで見ると理解しやすい。その後のガンダムシリーズは次第にリアルロボットまたはヒーロー路線が強くなってしまい、コミカルな MS ってほとんど出てきていませんが、今でも多くのファンに愛されるアッガイや『UC』で感涙の映像化を果たしたジュアッグ/ゾゴッグのような MS が登場したのは、タイムボカンシリーズ等もふまえた大河原氏の功績と言って良いでしょう(もちろん「ガンダム」のデザインそのものを生み出した、のが最大の功績であることに疑いの余地はありませんが)。

それにしても、リアルロボット/ヒーローロボット/ビックリドッキリメカという全くベクトルの異なるデザインが一人の脳内で共存できる、というのがすごいなあ。まあ近年ではゼロベースでメインのデザインを手がけたのが『ガンダム SEED』シリーズあたりが最後で、既に第一線を退きつつある印象ですが、日本のロボットアニメの歴史を作ってきた第一人者としての仕事を改めて見ることができ、なかなか心に残りました。

まあ一部の展示はガンダム展と共通(どちらかの会場に原画が展示されており、もう一方はコピーでの展示)だったりしますし、ガンダム以外興味がないような人だと微妙かもしれませんが。それでもガンダム展の入場券を持って行けば 200 円引きになるサービス(逆も可)があるので、セットで見れると考えれば、お得感はあります。

投稿者 B : 22:02 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2015/08/06 (Thu.)

ガンダム新聞

今朝から話題になっていた「ガンダム新聞」を私も買ってきました。

一年戦争終結の日にもし朝日新聞が発行されたら...「朝日新聞 機動戦士ガンダム版」8月6日発売! | GUNDAM.INFO | 公式ガンダム情報ポータルサイト

ガンダム新聞

普段は偏向的な報道も少なくない朝日新聞が、広島平和記念日に架空とはいえ終戦ネタで商売をするなんていい根性してるじゃないか...と思ったら、朝日新聞主導の企画というよりは六本木で開催中の「ガンダム展」とのコラボ企画なんですね。

俗に言う「一年戦争」が終結した宇宙世紀 0080 年 1 月 1 日にもし朝日新聞が発行されていたら...という設定で作られた、架空の新聞です。1 面は一般的な新聞同様に報道的な表現で書かれているので、ネタ要素は薄め。というか 1 面の写真、ミノフスキー粒子散布下の戦場でよくここまで鮮明な写真が撮影できたな(ぉ
個人的には、見出しだけ読んだときには「一年戦争って後の時代につけられた呼称なんだから、この時点で見出しについてるのっておかしいんじゃないの?」と思ったんですが、

ガンダム新聞

1 面の末尾でちゃんとそのあたりの解説が入れてあるあたり、芸が細かい。少なくとも素人が書いた記事でないことが判ります。

ガンダム新聞

16 面は架空のテレビ欄。いきなり GHK(NHK のパロディ)の朝イチの番組『おはよう地球圏』でフイタw。

ちなみに私はテレビやレコーダメーカーのカタログに掲載されている架空番組表に仕込まれた細かいネタを探すのに無上の喜びをおぼえる派なんですが(例:torne)。そういうのに比べると全体的なパンチ力は薄いかなあ。もうちょっと悪ノリが欲しかったところ。

創作系のネタページは 1 面と 16 面のみで、中身はガンダムワールドの解説や富野監督のインタビュー記事、ガンダム展の広告やガンプラの宣伝、といったところ。全編ネタ記事でところどころに広告、くらいのバランスで良かったのに...。

ガンダム新聞

つか富野監督のインタビュー、『G-レコ』について

テレビ放映されたものがひどいものだった、ということは自認しています。
テレビ放映されたものがひどいものだった、ということは自認しています。
テレビ放映されたものがひどいものだった、ということは自認しています。

(大事なことなので三回引用(ぉ)

内心うんざりしながらも最終回まで付き合った挙げ句、製作者自らこう言い放たれては救われないんですけど(´д`)。いや、でも富野由悠季って確かに昔からこういうクリエイターでしたね...。

内容的にこれで 400 円、というのはちょっと高い気もしますが、普通の新聞とは発行部数が文字通り桁違いだろうから仕方ないのかな。
ちなみに流通経路は限定されているようで、地方によってはそもそも売ってないところもあるようです。私は夜に通勤圏のキオスク/NewDays では見つけられず、ローソンを覗いてみたら数部残っていた、という状況でした。たくさん出回っているわけでもなく、かつ店頭からの撤去も早いと思うので、欲しい方はお早めに。

投稿者 B : 23:59 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2015/08/04 (Tue.)

星を追う子ども

星を追う子ども

B005GNQKHS

なんとなく手に取ってみました。

新海誠作品は去年『秒速 5 センチメートル』を無料配信で観て以来。『秒速~』は残念ながら私の心にはあまり刺さらない作品でしたが、他のならどうか、と思って手に取った次第。

ざっくり解説すると「ラピュタともののけ姫とナウシカを足して 5 で割ったような作品」とでも言えば良いんですかね。ジブリ映画で見覚えのあるような映像がたくさん出てくる、どこかで見たような話でした。この「ジブリっぽさ」はあえて狙ってやっているものなんでしょうが、映像の美しさは確かに新海誠ワールドではあるものの、やっていること自体はオマージュどころか二次創作の域を出ていないなあ...というのが率直な感想。
ストーリーに関しても、行動に終始一貫性があるのは森崎の「死んだ妻を甦らせたい」という思いだけで、主人公であるはずの明日菜にも、対役であるところのシンにも個々の行動に対する動機がどうも乏しく、脚本に都合良く動かされてるだけだなあ...という印象。最近では細田守作品のヒロインにも似たような批評をよく見かけますが、それ以上に「なんでそこで状況に流されるのか」と突っ込みたくなるような行動が多く、どうにも最後まで感情移入できませんでした。ボーイミーツガールものならばそれらしく、一目惚れで命かけるくらいのことはやってくれよ!と思います。森崎について行くなら森崎との関係を深掘りすべきだし、シンへの恋心を描くならばそういう流れがあるべきなのに、どっちもないから物語に置き去りにされている感覚でした。

ストーリー自体は神話に着想を得ているので、女子中学生受けが良さそうだなとは思ったし、ジブリを知らなかったらもっと面白いと思えたのかもしれません。でも新海誠という監督はやっぱり私には合わないかなあ。映像はとても美しいので、別の人が脚本を書けばもっと素晴らしい作品が作れるような気もしますが...。

投稿者 B : 23:59 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2015/07/29 (Wed.)

マッドマックス 怒りのデス・ロード @丸の内ピカデリー

遅ればせながら、この夏の話題作を観てきました。

マッドマックス 怒りのデス・ロード

マッドマックス 怒りのデス・ロード

私はオリジナルをリアルタイムで観た世代じゃないし、そもそもバイオレンス系の映画はそんなに好きじゃないのでスルーしてたんですが、私の中では理知的な人と位置づけていた人々までもが、観てきた挙げ句「ヒャッハー!」「V8!V8!V8!V8!」と煽ってくるので(ぉ、ついに観念して劇場へ。
これは絶対 3D か 4DX で観た方がいいよなあ、と思ったんですが、さすがに公開から一ヶ月も経つと 4DX 上映は終了しており、3D でやっている劇場も限定的。残っていた映画館の中で規模が大きめな丸の内ピカデリーに行ってきました。

ストーリーに対する感想とか、そういう次元の映画じゃないですね。Twitter か何かで「これは映画じゃなくてある種の体験だ」という論評を見かけましたが、まさにそんな感じ。だって、予告編のトレーラーって普通、映像的に盛り上がるシーンを切り貼りして作るじゃないですか?でも、この映画は最初から最後までトレーラー並みのテンションの映像が途切れないんだぜ?

とにかく全編を通して改造車で爆走しまくり、銃を撃ちまくり、武器を振り回しまくり。おいお前ら資源が足りなくて困ってるはずなのになんで無駄にクルマとか楽器から火を噴いてガソリン無駄遣いしてるんだよ、とかそういうツッコミどころ満載な部分まで含めて、究極に馬鹿なことをやりきった映画です(褒め言葉)。
バイオレンスなので目を背けたくなるような痛いシーンも随所にありますが、監督自ら「映像だけで理解できる作品を目指した」と言っているとおり、セリフを聞いてなくても字幕をちゃんと観てなくても、映像と演技だけで各キャラクターの人生観まで見えてくる気がしました。個人的には、ニュークス役のニコラス・ホルトの芝居がとても良かった。

先に観ていた某氏が「映画館を出るときに『あーすごく良かった!でもディスクは買わないな』と思った」そうですが、確かにその通り(笑。これは大画面と大音響で観てナンボ、BD が出てから家で観たってしゃーない、と思います。字幕を読み込む必要もないのでこれは 3D 上映推奨。気になっててまだ観てない、という人は今からでも観に行くことをお勧めします。頭カラッポになれるよ(笑。

投稿者 B : 22:22 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2015/07/20 (Mon.)

海がきこえる [Blu-ray]

海がきこえる [Blu-ray]

B00WFNV9VO

ジブリ作品で最後の BD 化となった『海がきこえる』がようやく発売されたので購入。

これ、ジブリの中でも異色中の異色、といってもいい作品ですが、高校時代にリアルタイムで観て以来、ずっと好きな作品です。ジブリで青春ものと言えばこれか『耳すま』でしょうし、どちらも大好きな作品ながら、『海きこ』のほうがリアリティがあって心に刺さるかな。『耳すま』はあくまでファンタジー、『海きこ』はリアルな青春、そんな印象があります。主人公が中学生か高校~大学生か、という違いによるところも大きいと思いますが。

絵柄、登場人物のファッション、音楽のセンス、セリフ回し、といった作品のあちこちに 1990 年代初頭のバブルの残り香が醸し出されており、時代を感じます。逆にジブリ作品でこれだけ時代性を感じる作風のものも珍しいと思いますが、私がこの作品に共感をおぼえるのは、まさにこの時代に自分自身が思春期にあったからなのかもしれません。今の十代が観たら「なんだこれ」になるのかもしれないなあ。

青春恋愛もの、なのに劇中では特に主人公・森崎拓とヒロイン・武藤里伽子の間には直接的な恋愛感情の表現はほとんどありません。語られるエピソードも、むしろ辛かったり切なかったりする話ばかりで、決して恋愛ものとしてドキドキするものでは(表面的には)ない。それなのに心に刺さるのは、自分の思春期のやりとりもそんな感じだったんだろうという実感があるからだろうし、何よりも全てのエピソードがラストシーンの拓のモノローグに繋がっていて、すべての想いが最後の一言に凝縮されているから、なんだろうなあ。
久しぶりに十代後半の頃の気持ちを思いだしたような感覚に陥りました。

これでジブリ作品は前作 BD が発売されたわけですが、私も主だったところは DVD からのメディアチェンジを完了。ヒット作であっても BD を買うほどではない作品もちらほらあるので(案外、2000 年以降の宮崎監督作品は DVD 止まりだったりする)、前作揃えてはないけどいったんは打ち止めかな。今後ジブリから長編の新作が出てくることもないと考えると少し寂しくもありますが、これも時代か。そういえばジブリでのストレートな青春ものって『海きこ』と『耳すま』だけだったなあ。でも、ジブリがあったから現在の日本の長編アニメがあると言っても過言ではないので、ジブリが輩出したクリエイターが今後、もっと素晴らしい青春ものを映像化してくれることを、今後は期待しようと思います。

投稿者 B : 22:56 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2015/07/19 (Sun.)

機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM

昨日から始まったばかりの「機動戦士ガンダム展」を見に行ってきました。

「機動戦士ガンダム展」THE ART OF GUNDAM

機動戦士ガンダム展

この展示会自体は去年大阪先行でやっていたのが、ようやく東京展が開催されました。でも展示内容は一部刷新されているようですね。

3F のチケットカウンターまでは全然空いていて、こりゃ余裕だな...と思っていたら、エレベーターで 51F に上がったところがものすごい行列で、入れるまで小一時間並ぶ羽目に(´д`)。チケットまで買わせて後戻りできなくなってから並ばせる、というのはちょっとあくどいんじゃないかと。せめてチケット買う前に混雑状況を知らせてくれても良いように思います。

機動戦士ガンダム展

音声ガイドは三種類。当然(?)シャアの声で解説してくれる「赤の章」を借りてみました。それほど大ボリュームというわけでもありませんが、やはりキャラクターの声で解説してくれるのは気分が盛り上がります。

機動戦士ガンダム展

展示はほとんど撮影 NG だったため写真があまりありませんが、富野喜幸(現・由悠季)監督による企画書やコンテ、安彦良和氏によるキャラクター設定画や原画、大河原邦夫氏によるメカ設定画やポスター、中村光毅氏による美術ボード等の展示がメイン。立体物の展示に乏しいので地味と言えば地味、かつ今までのイベントで見たことがある資料も多数。でも過去にないレベルの物量が展示されていて、まずはそれに圧倒されました。
そして、中でも特に安彦良和氏直筆の原画に目を奪われます。マンガ版『THE ORIGIN』の全て筆で描かれた絵も美しいけど、鉛筆書きの原画からは、それとはまた違ったエネルギーを感じます。

機動戦士ガンダム展

また、会場入ってすぐのところにあるオープニングシアター「大気圏突入」は、ホワイトベースのブリッジを模したスクリーンで、テレビ版第 5 話「大気圏突入」のシーンをホワイトベース視点で観ることができます。ちょっとした映像ではありますが、ブリッジ内のモニター表示なんかも含めて凝っていて、なかなか楽しい。

機動戦士ガンダム展

立体物の展示がほとんどない展示会ですが、最後のところにちょっと変わったジオラマ展示が。劇中の名シーンを再現したジオラマをレンズ越しにのぞき込むような展示で、限られたスペース内でジオラマの奥行き感やモビルスーツの巨大感をうまく表現したものになっていました。

機動戦士ガンダム展

あとは、純金とプラチナで作られたガンダムのフィギュア(これいくらするんだ...)に目を奪われたり。

機動戦士ガンダム展

ラストを締めてくれたのは、半壊したガンダムヘッドのジオラマ。実寸大のガンダムヘッドは何度か見たことがありますが、こういうのは初めてで、ちょっと痺れました。

とにかく物量が多くて、じっくり見て回るとあっという間に 2~3 時間は経ってしまいそうな内容になっています。始まったばかりで混雑しており、しばらくは落ち着いて回れないでしょうが、私は夏休み後半くらいに改めて時間を取って来たいかも、と思っています。

ちなみに『THE ORIGIN II』ですが、このガンダム展の開催に合わせて新トレーラーが公開されていますね。

声が入るといよいよ公開が近づいている実感が湧いてきます。こちらはあと 3 ヶ月ありますが、今から楽しみです。

投稿者 B : 21:58 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック