b's mono-log

2008/08/18 (Mon.)

WZR-AGL300NH/E

ねんがんの .11n ルータをてにいれたぞ!

バッファロー / AirStation NFINITI GIGA WZR-AGL300NH/E

B0017ZI3PG

ということで、以前から狙っていたバッファローの WZR-AGL300NH/E を購入しました。ルータの WZR-AGL300NH に、.11n ワイヤレス LAN コンバータである WLI-TX4-AG300N をセットにした商品です。コンバータのほうはテレビ周りの機器をまとめて WLAN 化(PS3 は WLAN 内蔵だけど .11b/g で遅いので、Ethernet をこれに繋いで .11n 化)しました。
ワイヤレス LAN のアクセスポイントはソニーの PCWA-A520・A320 をずっと使っていたので、(途中で購入したけど最近使っていない AirMac Express を除けば)かれこれ 5~6 年ぶりの購入。隔世の感があります。

バッファローの WLAN 製品を個人で購入するのは初めてなんですが、けっこうクセがありますね。ルータの設定画面は何か設定するたびにルータ自体を再起動(30 秒~1 分くらいかかる)ため、初期設定にはけっこう時間がかかったし(もしかしたらやり方次第でまとめて設定して再起動することができたかもしれませんが)。
この製品のセールスポイントの一つである「マルチセキュリティ」も、実際に使ってみると AOSS モードじゃないと複数の SSID を設定できないみたいだし、微妙・・・(´д`)。しかも、いったん指定したワイヤレス LAN の環境が、子機(WLI-TX4-AG300N)をつなぐために後から AOSS を有効にしたら、前に指定した SSID が無効になって自動設定の SSID に強制設定されるし。AOSS って何も考えずに繋ぐには便利かもしれないけど、手動設定したい人には分かりにくくてしょうがないですね。とりあえず AOSS ベースでネットワークを再構築しちゃいましたが、気持ち悪いので全部手動設定にしてしまおうかな・・・。

さておき、ひととおりネットワークが設定できたので、どのくらい速くなったか iperf を使って計測してみました。自作機(Marvell Yukon 88E8056 PIC-E GbE)をサーバ、VAIO TZ91S(Marvell Yukon 88E8055 PCI-E GbE/Intel Wireless WiFi Link 4965AGN)をクライアントとして、以下の経路で速度を計測しました。

  • .11n ... AP:WZR-AGL300NH、Client:WLI-TX4-AG300N(40MHz 幅有効)
  • .11n ... AP:WZR-AGL300NH、Client:Intel 4965AGN(40MHz 幅有効)
  • .11a ... AP:PCWA-A520、Client:Intel 4965AGN
  • .11g ... AP:WZR-AGL300NH、Client:Intel 4965AGN
  • 1000BASE-T ... 2 台の PC を Ethernet 接続

ネットワークアップロードダウンロード
.11n(WZR-AGL300NH 5GHz+WLI-TX4-AG300N)16.0Mbps26.1Mbps
.11n(WZR-AGL300NH 5GHz+Intel 4965AGN)37.2Mbps35.9Mbps
.11a(PCWA-A520+Intel 4965AGN)22.9Mbps22.6Mbps
.11g(WZR-AGL300NH 2.4GHz+Intel 4965AGN)19.3Mbps18.4Mbps
1000BASE-T105Mbps152Mbps

なんか本体セットの WLAN コンバータ(WLI-TX4-AG300N)はそれほど速度が出ていないみたいですが、VAIO 本体内蔵の Intel 製コントローラのほうは確かにスピードアップしていますね。とはいえ、.11a の理論速度と .11n の理論速度の差ほどは向上していませんが、体感で分かるくらいに速くなっています。特に、WLAN 経由での NAS へのアクセスが目に見えて速くなりました。
また、WLI-TX4-AG300N のほうも、ベンチ上は .11a とそれほど差が出ていないというかアップロード方向はむしろ遅くなっているように見えますが、NAS からの HD 動画再生で .11a ではコマ落ちが顕著だったのが、WLI-TX4-AG300N 経由だとコマ落ちなく再生できたので、アプリケーションレイヤーまで含めると必要十分な速度が出ているのだと思われます。

設定周りが微妙な製品ではありますが、とりあえず、最近ときどき不安定になっていた PCWA-A520・A320 と違って(当然だけど)安定しているし、速くもなったので、満足。来年と言われている .11n の正式版がリリースされたら 450Mbps 対応の製品も出てくるでしょうが、当面はこれを使い続けるつもり。

投稿者 B : 23:58 | Home Network | PC | コメント (0) | トラックバック

2008/05/18 (Sun.)

LSW3-GT-5NS

無線 LAN を .11n にするかなと考えていたんですが、とりあえず自作機は有線 LAN で繋ぐことにしました。メインで使う PC はやっぱり NAS と可能な限り高速に繋いであげないと、もったいない。
ということで、HUB を買ってきました。

バッファロー / LSW3-GT-5NS

B0012SCZ2K

有線の HUB なんて買うのもかなり久々だなー。前に買ったのは確か 2000 年頃(笑。
GbE・Jumbo Frame 対応・8 ポートは持て余すので 5 ポートで、ってそんなに選択肢多くないんですかね?とりあえず、最も無難そうだったバッファローのを買ってみました。使わないポートの消費電力を抑える機能も持っているようだったし。

自宅のネットワーク環境は、今まではルータに LinkStation mini を直接ぶら下げ、PC からは .11a 経由で繋いでいたのに対し、今度はルータから自宅まで長い Ethernet ケーブルを引っ張ってきて、HUB の下に PC と LinkStation mini を繋ぐ形に。リンク速度が「1.0 Gbps」と表示されるのって、気持ちいいですね(笑。

これでどのくらい NAS へのアクセスが高速化されるか。最近ベンチばっかり取ってる気がしますが(笑、CrystalDiskMark で測ってみました。
Jumbo Frame の効果のほども見てみるため、デフォルト(1.5KB)・4KB・9KB それぞれのフレームサイズに設定して計測。PC 側(Marvell 製 Ethernet コントローラ)と LinkStation mini で厳密にはフレームサイズが一致しませんが、最も近い値に設定。

ネットワーク1000BASE-T
(1.5KB)
1000BASE-T
(4KB)
1000BASE-T
(9KB)
.11aSATA HDD
(ST3320620AS)
Sequential Read16.772MB/s26.681MB/s33.689MB/s2.145MB/s69.936MB/s
Sequential Write19.313MB/s24.488MB/s25.102MB/s2.633MB/s64.978MB/s
Random Read 512KB16.918MB/s26.421MB/s32.612MB/s2.081MB/s35.677MB/s
Random Write 512KB19.834MB/s24.564MB/s24.295MB/s2.505MB/s37.554MB/s
Random Read 4KB6.701MB/s4.837MB/s6.112MB/s1.357MB/s0.525MB/s
Random Write 4KB4.483MB/s3.741MB/s4.622MB/s1.328MB/s1.133MB/s

こうして見ると、PC Watch のレポートにほぼ準ずる結果に。デフォルトのフレームサイズではイマイチパッとしませんが、Jumbo Frame にするとけっこういいパフォーマンスになりますね。シーケンシャルリード 33MB/s というのはもう少し速くてもいい気がしますが、3.5inch SATA HDD の約半分なら健闘しているほうでしょうか。これならちょっと遅い HDD くらいの感覚で、内蔵 HDD とさほど変わらない感覚で使えそうです。
逆にワイヤレス LAN 経由がいかに遅く、NAS 本来のパフォーマンスを無駄にしていたかというのがよく分かりました。ワイヤレス LAN 側も早めに .11n に替えたいところ。

ついでにインターネット接続の速度向上も計測してみました。ひかり電話を導入してから機器の関係で Super A/G が使えなくなってしまい、B フレッツの回線速度を引き出し切れていなかったんですが、有線なら 100% 使い切れます。
speed.rbbtoday.com で計測してみたところ、

■IEEE 802.11a:
下り(ISP→PC): 14.85Mbps
上り(PC→ISP): 21.49Mbps

■1000BASE-T:
下り(ISP→PC): 42.78Mbps
上り(PC→ISP): 18.9Mbps

おー。というか、B フレッツ開通当時と同じ回線速度が出るようになっただけだけど、画像多めのサイトだと表示のレスポンスが確かに違う感じ。サーバ側のネットワーク性能や通信経路の回線の太さにもよるので全般的にとは言いませんが、インターネットが自前のボトルネックなしで繋がっているというのは少なくとも精神衛生上は良いですね(´ー`)。

いずれ持ち家に住むときには、各部屋に Ethernet を引こうと決意しました(ぉ。

投稿者 B : 21:21 | Home Network | PC | コメント (0) | トラックバック

2008/05/16 (Fri.)

やっぱりそろそろワイヤレスルータを買うかなあ

LinkStation mini を買って、ワイヤレス LAN でのパフォーマンスが非常に悪いことに気づき、なおかつ Ramdisk や 3.5inch HDD とパフォーマンスを比較して悲しくなったので(;´Д`)ヾ、いよいよワイヤレス LAN 環境のリプレースをマジメに検討中。

今買うなら 2.4GHz/5GHz 同時使用で .11n 対応は最低条件なので、マルチセキュリティとかの付加価値も考えると選択肢はここかなあと。

バッファロー / AirStation NFINITI GIGA WZR-AGL300NH/E

B0017ZI3PG

.11n は 2.4GHz か 5GHz のどちらかでしか使えませんが、それ以外は特に弱点なし。ついでだからテレビ周りの機器もまとめて繋いでしまいたいので、ブリッジつきのこれかなー。
子機セットは発売まであと少し、で親機単体のほうもまだあまり買った人のクチコミが出揃ってないので、様子を見ながら買ってみようかと考えてます。

投稿者 B : 23:59 | Home Network | PC | コメント (0) | トラックバック

2008/05/04 (Sun.)

LS-WS1.0TGL/R1 とりあえずインプレ

LinkStation mini を購入して一週間あまり、正直まだ使い込めているとは言えませんが、多少使ってみた時点でのインプレを。

バッファロー / LinkStation mini LS-WS1.0TGL/R1

B0015B9J96

2.5inch HDD 搭載でファンレスなだけあって、音は本当に静かです。ウチは今のところ LDK のルータの脇に置いてあるんですが、冷蔵庫の音のほうが遙かに大きくて NAS を置いていることを忘れるくらい気になりません。プリントサーバ機能も使いたいのでいずれ自室に移すかもしれませんが、そしたらもう少し気になるようになるのかも。

とりあえず自作機の My Pictures に入っていた過去のデジカメ画像全てと、昔から書き溜めてきた Web や blog の記事/素材周りを一通り NAS 側に移しました。全部で 150GB あまり、既に総容量(ミラーリングモードで)の 1/3 を使っている計算になりますが、ウチのネットワークはほとんど全ての PC で IEEE 802.11a ベースだから遅いのなんの。ネットワーク越しのファイルコピーでほぼ一晩かかりました(;´Д`)ヾ。

じゃあ実際どれだけ転送速度が出てるの?ということで、FTP ベースで計測してみました。FTP クライアントは VGN-TX90PS で、IEEE 802.11a と Ethernet(100BASE-TX)での比較。α700 で撮った RAW 画像を TIFF で現像した約 12.1MB のデータの PUT と GET を調べました。

ネットワークPUTGET
WLAN(IEEE 802.11a)2.59MB/s2.27MB/s
Ethernet(100BASE-TX)11.08MB/s11.23MB/s

おそぉ・・・(´д`)。100BASE-TX での結果は PC Watch のレビューに載っていた 1000BASE-T(非 Jumbo Frame 時)のデータからすると悪くない値ですが、やっぱり無線 LAN が遅すぎですね。これを IEEE 802.11n ドラフト(300Mbps)に置き換えたら実効で 100BASE-TX と同じくらいになるんでしょうか。それでも正直速いとは言えないので、自作機だけでも GbE にしたいところ。体感的には、画像 1 枚を開くのに一呼吸待つ程度で大きなストレスは感じないんですが、スライドショーや大量のファイルコピーではさすがにイライラしますね。

あと、DLNA サーバ機能も使ってみましたが、こちらも IEEE 802.11a/g ベースなので非常に遅いです。しかも、一眼レフで撮った画像をそのまま BRAVIA の DLNA クライアント機能で見ようとしたら、レンダリングにやたら時間がかかった挙げ句、VGA くらいのサイズで画面中央に小さく表示されるシマツ(;´Д`)ヾ。これじゃ使い物になりませんが、どんな DLNA サーバ/クライアントでもこうなんですかね・・・?設定次第で何とかなるんでしょうか。

それほど広くない家ですが、それでも宅内に Ethernet ケーブルを這わすのがイヤだったので今まではワイヤレス LAN でガマンしてきましたが、少なくとも自室の自作機とリビングのテレビ周りだけでも GbE に変更するかなあ・・・。

投稿者 B : 21:42 | Home Network | PC | コメント (0) | トラックバック

2008/04/26 (Sat.)

LinkStation mini を購入

買ったー。

バッファロー / LinkStation mini LS-WS1.0TGL/R1

B0015B9J96

結局これにしました。Amazon で¥55,000 前後と格安だったし、3.5inch HDD タイプに対する割高感も年間電気代¥10,000 ダウンという触れ込みが本当ならば 1 年使えばモトは取れるし。RAID 1、低消費電力、静音(ファンレス)、DLNA サーバ、iTunes サーバという機能面での個人的な要件を満たしていてかつコンパクトという付加価値まであるので、現時点ではこれが最も理想の製品でした。RAID 1 にしてしまうと記憶容量が 500GB になってしまうのは残念だけど、冗長性には代えられない。

「手のひらサイズ」ってどれくらいコンパクトかというと、実際にはこれくらい。

厚みは通常の文庫本の 2 倍強ありますが・・・。

まだ使い始めたところなので、使用感等は追い追い。ウチは自作機まで含めてほぼ全てワイヤレス LAN 環境なので、NAS はさすがにけっこう重いですね。有線にするか早く .11n を導入したいところ。

投稿者 B : 22:58 | Home Network | PC | コメント (0) | トラックバック

2008/04/16 (Wed.)

WZR-AGL300NH

バッファロー、11a/b/gの同時利用が可能な11n ドラフト2.0ルータ (BB Watch)

ワイヤレスルータの買い換えに決め手を欠いていますが、ぼちぼち今年の新製品も出始めました。上記は、ある意味本命といえるバッファローから .11n 対応の新製品。
.11a と .11b/g の同時使用可能というのが私の要件を満たしていますが、.11n は 2.4GHz/5GHz 同時使用できないというのが非常に残念。.11a/b/g 同時使用対応の .11n ルータとしては比較的安価だし、今のところ手元には 2.4GHz 限定の .11n 機器はないので、5GHz→.11n、2.4GHz→.11b/g で使うので問題はないんですが、将来性を考えるとどちらも .11n で使いたいなあ。

とはいえ .11n も間もなく 450Mbps の足音が聞こえてきそうなので、もう少し待った方が良いのかなあ。

投稿者 B : 23:59 | Home Network | PC | コメント (0) | トラックバック

2008/04/02 (Wed.)

LS-WS1.0TGL/R1 に傾き中

ここのところ悩んでいる NAS ですが、バッファローの手のひらサイズ NAS「LS-WS1.0TGL/R1」に俄然傾き中。最近少しずつレビュー記事も上がり始めました。

第287回:2.5インチHDD採用で「手の平サイズ」を実現 小型ながらも多機能なバッファローの新型NAS「LinkStation Mini」 (BB Watch:清水理史の「イニシャルB」)
バッファロー「LinkStation Mini」を試す ~手のひらに載るテラバイトNAS (PC Watch:槻ノ木隆のPC実験室)

メディアの記事だから悪いことが書いてないだけかもしれませんが、それにしてもよさげ。基本的にバッファローの HDD×2 型 LinkStation でできることはほぼできて、小型・省電力・低騒音。パフォーマンスはそれほど期待できないようですが、それは 2.5inch HDD だからというよりもコントローラの性能によるもののよう。Jumbo Frame に設定すればそこそこのスピードは出るようですし、そもそも NAS なのでローカル HDD ほどのレスポンスは最初から期待できないわけだし、許容範囲かと。なんたってファンレスなのがイイ。ネックと言えば故障時は自分で HDD を買ってきて・・・というわけにはいかず修理に出すしかなさそうなのが、ちょっと心配。

とりあえずこれを買ってミラーリングで運用するかなあ。ミラーリングだと 500GB になるのがちょっと物足りないけど、今の容量消費ペースなら 2 年はもつ見込み。DLNA サーバを別途立てるかどうかは別に考えよう(DLNA 用と割り切るなら RAID でなくても良いので、さほどコストはかからないはず)。いつの間にか Amazon ではさらに安くなって¥55,800 になっているので、ついポチッと逝ってしまいそう(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 22:20 | Home Network | PC | コメント (0) | トラックバック

2008/03/30 (Sun.)

LS-WS1.0TGL/R1

バッファロー、手のひらサイズの1TB NASを発売と同時に値下げ (PC Watch)
手のひらサイズ、容量1TBのNASが登場 (AKIBA PC Hotline!)

最近悩ましい NAS の新製品、バッファローの「LS-WS1.0TGL/R1」が発売に。発売と同時に値下げされて実売¥69,800 とけっこう良い値段になっています。これに搭載されていると思われる HDD「HTS545050KTA300」が実売¥32,000 前後であることを考えると、かなりお買い得。
スペック的にも RAID 0 or 1、DLNA サーバ機能、iTunes サーバ機能と個人的に欲しい機能は網羅していて、かつコンパクトで低消費電力なのが良い。消費電力は年間換算したら 3.5inch HDD タイプの NAS を買うよりコストパフォーマンス良くなっちゃうんじゃないでしょうか。残念なのは、ミラーリングモードで使うと 500GB しかなくなってしまうところですかね。でも(絶対に残しておきたいデータだけを入れる運用にして)消費ペースを計算して 2~3 年使えそうならこの選択肢はアリ。

しかもなんか Amazon で¥58,000 とかやけに安くなってるんですけど(;´Д`)ヾ。思わずポチりそうになりましたが、もう少しだけ悩んでから決めたい。

投稿者 B : 22:40 | Home Network | PC | コメント (0) | トラックバック

2008/03/26 (Wed.)

HDL4-G1.0/2D

アイ・オー、NAS「LANDISK Home」でHDD2台を内蔵した低価格モデル (Broadband Watch)

今年の春モデルが出たらいよいよ NAS を買おうと思っていましたが、アイ・オーの NAS の新製品が登場。と思ったら、従来の HDL4 のマイナーチェンジですか。2 ドライブ仕様の 1TB 版 HDL4 自体は今までも ioPLAZA 限定で売ってましたが、これを(微妙に型番を変えて)通常販路でも扱うようになるということですかね。今までの ioPLAZA では特価販売時で最安値¥49,800 でしたが、今後はこれがほぼ通常価格となるようです。
容量は 1TB ですが、4 本あるベイのうち 2 本が空いていて 2TB まで増設可能。500GB HDD はもうアキバで¥8,000 を切ってきているし、自前で 500GB×2 を増設して 2TB(RAID 5 で運用して実質 1.5TB)なら当面使えるな-。

自作機の HDD に溢れかえっている写真データ(といくらかの HD カムコーダの動画)の保存先+HDTV での閲覧用として、1TB 以上の容量に RAID 5、DLNA サーバ対応はマストと考えています。アイ・オーやバッファローでこれ以外の(RAID 5+DLNA 対応)はいくつか出ていますが、他のはホットスワップ対応で高いものばかりで(家庭用で HDD 換装時に電源が落とせないシチュエーションは考えにくいのでそこまでは不要)、価格容量比では HDL4 シリーズが群を抜いてコストパフォーマンスが良いと思っています。
ただ、シロッコファン 2 基内蔵でそれなりにうるさいらしい、筐体はけっこう熱くなるらしい、設定周りの動作がけっこうもっさりしているらしい、という話も聞くので、多少高くても高級なもののほうが信頼性は高そうですが、コンパクトでリビングの片隅に置いておいても違和感がない NAS ってほかにあまり選択肢がないんですよねー。

もうけっこう買うつもりでいるんですが、実際のところどうなんでしょ。

投稿者 B : 00:32 | Home Network | PC | コメント (7) | トラックバック

2008/01/30 (Wed.)

ワイヤレスルータの買い換え検討中

どうも少し前から自宅の IEEE 802.11g アクセスポイントの調子が良くない気がするので、そろそろルータの買い換えを検討中。自宅の PC はすべて .11a で繋いでいるので .11g の使用頻度は高くないんですが、ゲーム機やロケフリ等の機器は .11g 経由なので、.11g が不安定だと不便なことがあります。
昨年末に発売された NEC の AtermWR8500N が、スペック・サイズ・デザイン的に本命っぽいのでチェックしてたんですが、最近レビューが出そろってきました。

802.11nドラフト2.0無線LANルータの本命か!?――「AtermWR8500N」実力診断(前編) (ITmedia)
802.11nドラフト2.0無線LANルータの本命か!?――「AtermWR8500N」実力診断(後編) (ITmedia)
第273回:コンパクトになったIEEE 802.11n ドラフト2.0無線LANルータ 有線LANもギガ化したNECアクセステクニカの「AtermWR8500N」 (Broadband Watch:清水理史の「イニシャルB」)

小さくなってアンテナの出っ張りもなくなったので感度が落ちてるんじゃないかと心配していたんですが、全然そんなことはないどころかむしろ性能は上がってるみたいですね。とりあえず安心。
ただ、最近気づいたんですが、2.4GHz/5GHz は切り替え使用なのかorz。.11n は 5GHz 帯で使いたいけど調子が悪いのは 2.4GHz 帯なので、これじゃ用を足しません(´д`)。.11a を WR8500N で置き換えつつ、.11g 用に別のアクセスポイントを買い直すのも本末転倒な気がするし、どうしたものか。
その点バッファローの WZR-AMPG300NH は両周波数帯の同時使用ができて最強っぽいけど、高価い・デカい・ゴツいの三重苦だからなあ(´д`)。かといってこの 2 社以外の製品だと何かしら不満が出てきそうだし、悩みどころ。WZR-AMPG300NH はまだ出て半年だから、もうしばらくモデルチェンジしなさそうだし・・・。

ホームネットワーク系で言えば NAS もそろそろいよいよ導入したいけど、本命視している Landisk Home が時期的にあと 2~3 ヶ月の間にモデルチェンジしそうな気がするので、こちらも待ち状態。NAS を入れると無線 LAN も高速化したくなりそうなので、併せて考えます。

投稿者 B : 23:05 | Home Network | PC | コメント (3) | トラックバック