b's mono-log

2009/06/24 (Wed.)

Royale Noir Theme

最近、某モバイル PC を WinXP に入れ替えました。
当初はちょっとカスタマイズすれば Vista でもそれなりに快適じゃん、と思っていたんですが、試しに XP にしてみたら、OS 自体が老朽化していることを除けばやっぱり XP のほうが全然軽いですね・・・。

ただ、UI はさすがに古くささは否めず、というか XP の画面配色のセンスのなさっぷりには当時から辟易してたんですが、落ち着いた Vista の配色に慣れるとどうも XP のデフォルト配色は厳しい、ということでカスタマイズしてみました。

その昔は Style XP というカスタマイズツールを使ってスキン変更していたんですが、システムファイルをハックするのでセキュリティパッチを当てると無効化されて・・・ということがあったのですが、改めて調べてみたら OS 標準のテーマファイル形式でもいろいろ提供されているみたいですね。

Download Royale Noir on CrystalXP.net - Visual Styles

Royale Noir

当ててみたのがこのテーマ。MS 自身が配布している「Royale Noir」というテーマで、Vista の標準テーマを意識した黒ベースの配色になっていて、とても落ち着いています。今回検索してみるまで知らなかったんですが、これけっこうメジャーなスキンみたいですね。

黒系のテーマなので、某 PC のダーク系カラバリに入れるととても似合ってます。というか、Vista っぽいので Vista プリインストールマシンを XP 化する際には、このテーマを当てたい感じ。

でも、ダーク系のテーマだとちょっと重くて・・・という場合には、同じテーマファイルの中にブルー系の「Royale」というテーマも入っているので、こっちも良いかも。

Royale

XP のデフォルトテーマに似た色味ですが、なぜかこっちのほうが遙かにマシに感じるのは何故でしょうか(;´Д`)ヾ。

最近は OS の GUI カスタマイズなんてめっきりやらなくなりましたが、CrystalXP.net の Gallery にはまだまだいろんな素材があるので、他にも試してみたいです。

投稿者 B : 20:44 | PC | Software | コメント (2) | トラックバック

2009/06/18 (Thu.)

uberOptions

ロジクールのマウスユーティリティ「SetPoint」のカスタマイズツールを見つけたので、試してみました。

uberOptions
UberOptions日本語化のページ
記録係の記録帳 : File : SetPoint - uberOptionsの日本語化

SetPoint って、痒いところに手が届くようで届かない微妙なユーティリティなんですよね(´д`)。各ボタンのアサイン変更で、「このボタンにあの機能を割り当てたいのに!」というときに割り当てたい機能が選択肢に出てこないことがままあります。

たとえば、標準の SetPoint だと、MX Revolution では

Logicool SetPoint

ホイールの後ろにある「Quick Search」ボタンをマウスの「中央ボタン」に割り当てたいのに、それができません。

それが、

uberOptions

uberOptions を入れると、SetPoint の機能が全解放されて、SetPoint で設定可能な項目が全てのボタンに割り当てられるようになります。他製品専用の機能も全てプルダウンリストに表示されてしまうので探すのが面倒ですが、選択できないことに比べれば微々たる問題。
ちなみに当然ですが、さすがに VX Nano のホイールクリックはアサイン変更できないようです(ハードスイッチで切り替えているため)。

今までは、MX Revolution ではホイールクリックを中央ボタンとして使っていましたが、VX Nano ではそれができないので、VX Nano 側に合わせてホイールクリックでホイールモードの切り替え、Quick Search ボタンを中央ボタンとして使うようにしました。デスクトップでもモバイルでも同じ使い勝手が得られるというのは、やっぱり快適ですね。

投稿者 B : 22:42 | PC | Software | コメント (0) | トラックバック

2009/06/12 (Fri.)

Abee smart 330T

自作機のケース買い換えの件、Abee の smart 430T にしようと半分心を決めてましたが、2 週間ほど前にこれの MicroATX 版が出ていたようです。

アビー、高拡張タイプの静音microATXケース「smart 330T」 (ITmedia)
アビー smart 330T(SC330T-BK/S)の概要 (AKIBA PC Hotline!)
Abee / smart 330T

Abee smart 330T

基本仕様が同一で MicroATX なら、こっちだなー。アルミ+スチールのハイブリッドタイプで静音性も高そうだし。以前狙っていた AS Enclosure S1R に比べるとデザインが素っ気なさすぎてちょっと寂しいですが、価格帯もだいぶ違うので、贅沢は言えないか。このご時世、PC ケースに¥3 万とかはちょっとあり得ないし。

ということで心はほぼ決まったので、あとは資金繰りか・・・。

投稿者 B : 23:30 | PC | PC DIY | コメント (0) | トラックバック

2009/06/02 (Tue.)

Logicool VX Nano

仕事用のモバイルマウスを新調しました。

ロジクール / VX Nano

Logicool VX Nano

今までは Bluetooth 接続の VGP-BMS33 を愛用していたんですが、最近仕事柄複数のノート PC をとっかえひっかえすることが増えたら、PC と一対一でしかペアリングできない Bluetooth がやたら不便に感じるようになったので、それなら物理的にレシーバを付け替えるタイプにしてしまえ!と。

私は職場自宅でそれぞれ MX Revolution を愛用していて、フリースピンホイールの虜になっているので、VX Nano は前から気になっていました。
これ自体はもう発売から 2 年が経とうとしているものなので、特に新しいわけではありませんが、なかなか値段が下がりません(´д`)。そんな中 Amazon だけが妙に格安の値段をつけていたので、Amazon で発注しました。

そのホイールはソフトウェア的に「フリースピン」モードと「クリック・トゥ・クリック」モードを切り替えられた MX Revolution と違い、VX Nano では機械式スイッチになっていて、ホイールを押下するごとにモードが切り替わるようになっています。なので、SetPoint を使ってもホイールクリックのアサインは変更できません。

本体サイズは以前使っていた V500 あたりと比べるとちょっと大きめですが、モバイルマウスとしては許容範囲。ただ、最近の私はすっかり「かぶせ持ち」派になってしまったので、そういう持ち方だとマウスのお尻のほうの高さがちょっと物足りません。つまみ持ちならちょうど良さそうなサイズなんですが。まあ、かぶせ持ちでもかなりしっかりめにかぶせれば安定する形状なので、ちょっと持ち方を意識して使ってみるうちに慣れるかと。

Logicool VX Nano

このマウスの最大のウリである「ナノレシーバー」はマウス本体に収納することも可能です。レシーバを収納すると物理的に電源が切れ、赤いボタンを押し込むことでレシーバが取り出せるという凝ったつくり。こういう細かいこだわりは好きなんですが、電池ボックスのフタが完全に取れてしまうのが残念すぎ。レシーバや電池の出し入れの際に落としそうなので、ポリカーボネートか何かのオビで繋いでしまって落下しないような配慮が欲しかったところです。

Logicool VX Nano

キャリングポーチも付属。エアメッシュ系の素材で多少の耐衝撃性はありそうです。また、赤いタブがついているので、カバンの中で見失いにくいのもポイント。ただ、マウスは左右対称な形状なのに、ポーチの形状が非対称なのはどういうこと?何か別のマウスの付属品と共通にしているのでしょうか。まあいいけど。

ということで気に入ったわけですが、自宅用にも欲しくなりました。同じものをいくつも買うのもアレなので、ナノレシーバー+フリースピン対応の下位機種 V550 でも良いんですが。

投稿者 B : 01:15 | PC | PC Peripheral | コメント (3) | トラックバック

2009/05/28 (Thu.)

Windows Vista SP2

【NEWS】Microsoft、Windows Vista/Sever 2008のService Pack 2正式版を公開 (窓の杜)

Windows Vista の Service Pack 2 が正式リリースされました。もう世の中の視線は Win7 に移ってきている中、微妙なタイミングではありますが、それでも Vista ユーザーにとっては Vista の改善は死活問題。私もさっそくインストールしてみました。

Windows Vista SP2

VAIO type T にインストールしてみたところ。システムのプロパティ画面上では「Service Pack 2」の表示があるのみで、その他 UI についてはこれといって変更に気づきません。それもそのはず、SP2 と言っても基本的には SP1 以降のパッチをまとめたもの+αにすぎないから。SP1 のときもそうでしたが、Vista での SP は機能追加ではなくバグフィクスのパッケージという位置づけみたいですね。
私がさっそく SP2 を当てたのは、修正項目の中に「スリープモード復帰時における無線 LAN パフォーマンスの改善」があったから。Vista になってから、どうもスリープ/ハイバネ復帰時のワイヤレス LAN への接続性が悪くて、OS 上からネットワークデバイスをいっったん無効→有効にしてやらないと繋がらないようなことが少なからずありました。これがどのくらい改善されたかは、しばらくいろんな環境で使い込んでみないと分かりませんが、治ってるといいなあ。
あとは Bluetooth 2.1 の標準サポートもありがたいですね。今までは Bluetooth 2.1 だとスタックによってはスリープ/ハイバネ復帰時にペアリング済みの Bluetooth マウスを認識しなくてペアリングをやり直さなくてはならないことがままあったので、それが解決したかも試してみたいと思います。

あとなんかエクスプローラの挙動も改善していて、従来よりもレスポンスが良くなっているらしい?という話もあるみたいですが、最近評価目的とかいろんな理由で XP・Vista・7 という 3 種類の OS と、いろんなスペックのハードをいじっているので、果たして今までと比べて速くなったかどうかが分からない(;´Д`)ヾ。つまりは劇的に良くなったわけではないということでしょうし、Win7 RC のレスポンスの良さの前に霞んでいるということなのでしょうが。

もう少し使ってみて不具合が出ないようなら、手持ちの Vista 機にひととおり適用して、どの程度快適になるものか見てみたいと思います。

投稿者 B : 23:59 | PC | Software | コメント (0) | トラックバック

2009/05/08 (Fri.)

Windows 7 RC

日本語版の一般公開が始まったので、私もさっそく Windows 7 RC をインストールしてみました。

Windows 7 RC日本語版が本日より公開 (PC Watch)
Windows 7、RC準備完了 (PC Watch:山田祥平のWindows 7カウントダウン)

インストールしたのは前回パブリックベータを入れたのと同じ VAIO type T(TZ)。今回はクリーンインストールだけ試してみました。Sony Notebook Control、タッチパッド、ワンセグチューナ、FeliCa ポートのドライバといくつかのオリジナルアプリを手動でインストールしただけで、他のデバイスは RC をインストールして Windows Update をかけたらほぼ動作してしまう快適さ。

RC の目玉はなんと言っても「Windows XP モード」を使って Win7 上で WinXP の仮想環境が動かせること。私の場合はあまりこれが必要になるシチュエーションは思いつかないのですが、ぜひ試してみたいと思い。・・・が、スタートメニュー内をいくら探しても見つからない。ググってみたら、最初から入っているわけではなくて、MS のサイトから Windows Virtual PC と Windows XP Mode をダウンロードする必要があったみたいですね(´д`)。騒がれてるから、プリインストールだと思ってたよ・・・。

ということで、インストールして動かしてみました。

Windows 7 RC

って、えー(´д`)。
VT(Intel Virtualization Technology)が有効になっていないと使えないんだって・・・。言われてみれば Windows XP モードといっても仮想化技術だから VT が必要なのは分かるんですが、VAIO type T(TZ)は VT 非対応(´д`)。ウチで VT が使えそうなマシンといえば自作機しかないですが、自作機にはまだ入れたくないしなあ・・・。

ということで、RC を試す気持ちが半分萎えたのですがorz、RC になっただけあってパブリックベータよりも完成度は明らかに上がってますね。ところどころ出ていた英語のメッセージがちゃんと日本語に変わっているし、変なエラーも減っているので、ブラウザや普段使いのアプリを動かしているぶんには RC というよりも RTM を触っているような感触です。製品版でもいまだにベータか RC くらいに怪しい挙動を繰り返す Vista より、遙かにマシな気が。
まあアプリによっては管理者権限の扱いでちょっと変な動きをするものもありますが、割と順調に開発が進んでいるのかなという雰囲気はよく分かりました。パフォーマンス面はパブリックベータと大きく変わったところはなく、軽くなっても重くなってもいないと思いますが、PC OEM にプリロードアプリ(特にセキュリティ系)をいろいろ乗っけられたときにどの程度重くなるかがキモですかね。

Windows Vista は結局このままリテールパッケージを買わずに終わりそうですが、Windows 7 は SP1 を待たずに一本買ってみたいかもと思っています。まずは Vista と訣別したい TZ に先に入れて、SP1 が出たら自作機にも入れるという感じかなあ。

投稿者 B : 00:17 | PC | Software | コメント (3) | トラックバック

2009/05/04 (Mon.)

最近狙ってる PC ケース

かれこれ 1 年くらい前から買い換えたいと思っている自作機のケースを、そろそろ具体的に検討し始めています。今使っている Varius EX700R はコンパクトで良いんですがその小ささ故にメンテナンス性が悪すぎるのと、使い始めてそろそろ 5 年経つ(発売から数えれば 6 年半)ので、最近の設計のものが欲しいなあと。
でも調べてみたら最近は MicroATX のケースはほぼ絶滅に近いようで、小型ケース好きな私としては寂しい限り。さらに悪いことに、一昔前に比べると PC ケースもデザインがひどいものや作りが安いものばかりになっていて、今のケースから買い換えたいと思えるものがかなり少ないんです。

そんな中でまだ買いたいと思えるのはせいぜい Abee と Antec くらいなのですが、前から目をつけていた Abee の AS Enclosure S1R がいつの間にか販売終了に(;´Д`)ヾ。買えないものは仕方がないので、代案として現時点での最有力候補はこのケース。

アビー製のシンプルPCケース「smart 430T」が明日から販売 (ASCII.jp)
Abee / smart 430T

Abee smart 430T

一ヶ月ほど前に出た Abee の新型です。MicroATX でなく通常の ATX タイプですが、アルミ+スチールのハイブリッドで作りが良さそう、かつ Abee にしては安いのがポイント。この際 MicroATX は諦めて ATX でなるべくコンパクトに・・・という路線に乗り換えるしかないのかなと思っています。最近はマザーも MicroATX で良いのがあまり多くないようですし。
コイツが良さそうなのはアルミ+スチールに加えて側板に吸音材があてがわれていて、静音性が期待できること。EX700R はフルアルミなのが裏目に出てけっこう筐体のビビり音が気になるので・・・。デザインもシンプルで嫌いじゃないし、最有力候補。

第二候補は同じく Abee の直販サイトで見つけたこちら。

Abee / AS Enclosure D1 AbeeSTORE EDITION

Abee AS Enclosure D1

販売終了した AS Enclosure D1 のコストダウン版で、MicroATX ケースなのでこっちの方が微妙にコンパクト。フルアルミなのは(前述のようなビビりが出そうなので)逆にどうかなと思いつつ、コンパクトさがポイントです。
こっちは D1 の余剰パーツ在庫処分的な雰囲気なので、早く買わないとなくなってしまいそうなのですが、いざ買うというときにまだあればこっちにしようかなあ。

もう一方の雄 Antec も気になるんですが、大きめのケースが多いのが残念なところ。NSK3480 が販売終了してなければなあ・・・。

とりあえず夏~秋を目標に買い換え予定です。それまでにもっと気に入ったケースが出るかどうか。

投稿者 B : 20:58 | PC | PC DIY | コメント (0) | トラックバック

2009/04/30 (Thu.)

WACOM Intuos3

ペンタブレットを入手しました。

ワコム / Intuos3 PTZ-430 (クリスタルグレー)

B0002ZCK3I

こないだ Intuos4 が出たところですが、お絵かきではなくフォトレタッチ時のクイックマスクに使う程度という私の用途ならば、従来機種の Intuos3 でも十分かと(もっと言えば Bamboo か FAVO でも十分かも)。いや、でも本当は Intuos4 が欲しかったんですが、魅力的だと思った有機 EL ディスプレイが中サイズ以上でないと搭載されておらず、机上スペースの都合上最小サイズのものしか使えない私の環境では、3 だろうと 4 だろうと筆圧検知の細かさ以外は一緒だなと(´д`)。

なにげにペンタブをまともに使うのは初めてなので、かなり戸惑いがあります。タブレット上の絶対座標が画面上のピクセルに対応しているというのは、マウスやタッチパッドに慣れた感覚にはかなりカルチャーショック(;´Д`)ヾ。ディスプレイがワイドなのにタブレットがスクエアだから、余計に変な感じなのかもしれませんが。
あと、机が狭いので付属マウスは必要ないかも・・・マウスは MX-R があるし。

ちゃんと使いこなせばレタッチ時のマスク操作以外にも、特に Adobe 系アプリでは作業効率が上がりそうなので、ちょっといじりつつ勉強してみます。

投稿者 B : 23:59 | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2009/03/24 (Tue.)

Realforce 87U

ダイヤテック、"逆輸入レアモデル"のテンキーレス/英字配列キーボード「Realforce87U」を発売 (ITmedia)

うわーーーーー、来たー。

テンキーレスコンパクト、英字(かつまともな)配列、ブラックという私の好みを完璧に押さえたキーボードが出てしまいました。今までありそうでほとんどなかった(私の知る限り Majestouch Tenkeyless くらい)のに、決定版とも言えるのが出てしまった。しかも東プレ製・・・。

こないだ見つけた Realforce 91UDK-G と悩むなー。配列は英字が良いけど、押下圧は 45g 統一のほうが良い。カラダ的にはもう英字でも日本語でもどちらでも対応できる体質になってしまったので、そういう意味では押下圧重視で 91UDK-G だけど・・・。

87U の配列で 45g 統一バージョンが出たら間違いなく買います、とかさらに注文つけてみるテスト(ぉ。その前に 91UDK-G 買っちゃいそうですが。

投稿者 B : 00:09 | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2009/03/20 (Fri.)

Internet Explorer 8

IE8 の正式版がリリースされたので、入れてみました。

Microsoft、高速化したWebブラウザ「IE8」の正式版を公開 (PC Watch)

Internet Explorer 8

UI のパッと見は IE7 と大差ないですが、タブに色がついています。意味が分からなかったので調べてみたら、タブの親子関係(どのタブから派生したか)を表しているもよう。実用上はそれほど役に立たないでしょうが、セキュリティ上は意味があるかも。

個人的には素の IE を使うことは滅多にない(仕事上、業務用の Web アプリを使うときくらい)のですが、メインブラウザが Sleipnir なので、コアとなる IE の機能・性能向上の恩恵には与れます。売り文句になっている性能向上は、昨今の Chrome や Firefox などの高速さからするとさして目新しいところはないですが、IE7 に比べて確実に速くなっているのは体感できます。

今のところ不具合とかは見つけていませんが、ぼちぼち触ってみます。

投稿者 B : 23:39 | PC | Software | コメント (3) | トラックバック