b's mono-log

2008/01/21 (Mon.)

Wolfdale 発売

Wolfdaleこと45nm製造のCore 2 Duo登場、深夜販売も (AKIBA PC Hotline!)
メインストリーム向け45nmデュアルコア「Core 2 Duo E8500」 (PC Watch:多和田新也のニューアイテム診断室)

Wolfdale(45nm 版デスクトップ向け Core 2 Duo)がいよいよ発売に。恒例の深夜販売も今回は盛り上がったみたいですね。早くもレビュー記事が上がり始めていますが、付属の CPU クーラーは銅コアなしの小型版らしく、見た感じ私が使っている Pentium Dual-Core に付属のものと同じっぽい。それだけ低発熱だと思われるので、静音 or 小型 PC を作るにもオーバークロックにも向いていそうです。
価格はほぼ予想通り E8500 が¥35,000 前後、E8400 が¥25,000 前後。私も時間があるときに秋葉原に買いに行く予定。

あと Celeron Dual-Core も発売になっていますね。1.6GHz で 2 次キャッシュこそ 512KB ですが、Pentium Dual-Core 同様にオーバークロック耐性も高そうなので、人気が出そうな予感。Yorkfield(Core 2 Quad)のほうは 2008/1Q 発売ということなので、こちらはあと 1~2 ヶ月待ちといったところでしょうか。

投稿者 B : 00:20 | PC | PC DIY | コメント (0) | トラックバック

2008/01/17 (Thu.)

MX1000 故障?

なんか年末くらいから自作機のマウス MX1000 の調子が悪く、ホイールクリックが反応しなくなりました。SetPoint の設定を変更しても反応がなく、もしかして自作機をリニューアルした際に入れたバージョンのドライバが悪いのかな、と思い LogiWiki 経由で旧バージョンの SetPoint を試しても変わらず。ホイールスクロールやチルト(横スクロール)は問題がなく、ホイールクリックだけ動かないんですよね・・・。ホイールクリックはいつも中央ボタンに割り当ててタブブラウザの「新しいタブで開く」に使っているので、これが使えないと大変都合が悪い(;´Д`)ヾ。

試しに MX610 を繋いでみたら問題なくホイールクリックを認識。で、念のためもう一度 MX1000 を繋ぎ直してみたら、なぜかホイールクリックが復活(;´Д`)ヾ。意味が分かりませんが、直ったので良しとします。
ただ、やはり以前と比べると感度が落ちているのか、クリックを長めにしてやらないと認識しないような感じです。さすがに 3 年近く使ってきたので、限界というか、スイッチが劣化しているんですかね。

ということで、これはそろそろ自宅用にも MX Revolution を買え、という神のお告げなのかと(´д`)。職場と自宅の入力環境が全く同じになるので、操作性という面ではそれもアリだと思うけど、MX-R はなかなか安くならないからなあ・・・。MX Revolution が出てからもう 1 年半くらい経っているし、(MX Air がリビングルーム PC 市場を狙った別系統の製品であるとするならば)そろそろ MX Revolution 系の新機種が出ても良い頃。しかしこないだの CES でもそれらしいものは出ていなかったみたいだし、そこんとこどうなんですかね、Logitech さん・・・。

投稿者 B : 00:32 | PC | PC DIY | PC Peripheral | コメント (0)

2008/01/16 (Wed.)

MacBook Air

Macworld 2008 にて、本格的なモバイルとしては久々となる MacBook Air が発表に。

アップル、2cmを切る超薄型モバイル「MacBook Air」 (PC Watch)
Macworld速報。ジョブズCEOがMacBook Airを披露 (PC Watch)
“Something in the air.”の正体は:「MacBook Air」から「Time Capsule」まで、4つのテーマで語られたスティーブ・ジョブズ氏基調講演 (ITmedia)
MacBook Airは買うべきか買わざるべきか (PC Watch:元麻布春男の週刊PCホットライン)

スペックは既にあちこちで書かれているので省略しますが、4~19.4mm の極薄 MacBook。ただ、13.3 ワイド液晶というサイズもあって主さは 1.36kg と「そこそこ軽い」程度に留まっています(まあ、13.3 ワイドサイズにしないとあの薄さにならなかったのもおそらく確か)。

Apple らしいサプライズといえば iPhone/iPod touch ライクなマルチタッチトラックパッド搭載くらいでしょうか?公称約 5h というバッテリライフにもかかわらず、iPod 同様にバッテリがはめ殺しというのもある意味サプライズですかね(;´Д`)ヾ。まあ、リチウムポリマーバッテリを使ってもはめ殺しにしなければあれだけの薄さを実現できなかったのも事実だと思いますが・・・。

拡張性でいうと USB ポートは 1 基のみ、外部ディスプレイ出力(DVI/VGA に対応)や Ethernet(USB から変換)もドングル経由での接続など、こちらもかなり割り切っています。まあ WLAN と Bluetooth があって USB が 1 ポートあれば極端に困るケースもないでしょうが、仕事で使うには辛いかも。
最近の国内メーカー製のモバイル PC は、高性能に振るかモビリティに振るかの味付けの違いこそあれ、拡張性とモビリティ、ユーザビリティをどこでバランスさせるかという考え方に基づいて作られているように見えるので、ここまで極端に割り切って薄さにこだわった MacBook Air はその対極にあるものづくりだと言えます。
ただ、目の肥えた日本のユーザーから見ればこれが却って「中途半端」な印象を受けるのもまた事実なわけで、私の感想としては上の元麻布氏のコラムにある以下のコメントにかなり共感するところがあります。

もともと、この主の軽量・薄型サブノートPCというのは、米国ではあまり市場が大きくない。だからこそ、ここしばらくはこのジャンルに製品を投入してこなかったハズだ。この主の製品が最も渇望されていたのは日本市場だと思われるが、バッテリ駆動時間より性能重視のCPUや、WiFi前提のコネクティビティなど、どうも日本の市場で求められているものと少し違うものがでてきてしまったという感が否めない。
MacBook Air は最近の Apple 製品にしては価格も高めなので「大ヒット」というわけにはいかないでしょうが、逆にこういう極端なものづくりが許される Apple の現状を端的に表す製品ではあると思います。また、Mac mini の投入→Intel プラットフォームの採用・Boot Camp の提供→Leopard の発売とストーリーを繋ぎ、着実に成果を上げつつある「Switch」戦略を次のステージに進めるためには、こういう象徴的な製品が必要だということなのかもしれません。そういう意味では MacBook Air は、Mac というコンピュータのラインアップ的にはマイルストーン的な製品のひとつになるような気がします。

MacBook Air 以外の製品/サービスとしては、「Time Capsule」という NAS も出ましたが、.11n ルータ機能を内蔵しつつ Leopard の Time Machine との連動機能を持った単純な NAS という印象で、RAID による冗長化と DLNA に対応したホームサーバ的 NAS を求めている私のニーズとは合わないっぽい。
あとは iTunes Store でのビデオレンタルサービス(HD コンテンツ含む)が開始されていますが、日本は対象外かつ最近の状況を考えると当面国内展開はなさそうなので、軽くスルー。まあ、収拾がつかなくなりつつある指摘録音補償金やダビング 10 の問題の横で、録画やダビングという概念をぶっこ抜く VOD へのパラダイムシフトを促してほしいという願望もあったりしますが、またそれは別の話。

投稿者 B : 20:57 | Mac | PC | コメント (0)

2008/01/10 (Thu.)

ELECOM U2H-FC014SBK

年末にセルフパワー HUB を買ったんですが、これ PC の電源が入っていないとポートに通電しないんですね。セルフパワーは主に AC アダプタ代わりの充電用途(PSP とか DS とか)で必要だったのに、これじゃ意味がありません(´д`)。まあ、ポートへの通電は PC とのリンクが必須、というのは USB の仕様上正しくて、以前使っていたセルフパワー HUB の動作のほうが本来は正しくなかったんだと思いますが・・・。

とはいえ昨今の USB 給電/充電機器の増加に応えてか、ちゃんと(?)PC の電源が入っていなくても給電できるセルフパワー HUB が出ているので、買ってきました。

エレコム / U2H-FC014SBK(ブラック)

B000SSLRLA

デザインは、可もなく不可もなく。スイッチ付き電源タップみたいなスイッチがついていて、電源として使わないときは切っておくことができます。
これでやっと本来の目的を達成できました。が、接続する機器よりも明らかに HUB のポート数のほうが多い状態に・・・。

投稿者 B : 19:46 | PC | PC DIY | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2008/01/08 (Tue.)

Penryn launched

Intel、PenrynコアのCore 2ラインナップを拡大 (PC Watch)

CES 2008 にて、Intel から Penryn ファミリーの CPU が一斉に発表。アキバでは 1/20(土)0:00 から深夜販売が開始されるようです。

自作機をとりあえず Pentium DC で組んで Penryn 待ちだった身としては、待ってました!という感じ。Yorkfield(Extreme じゃないほうの Core 2 Quad)は 1Q 中の発売ということでちょっと先になりましたが、これで Duo にするか欲目を出して Quad にするか迷わなくて済むので助かりました(笑。
早ければ今月下旬にも CPU を買ってきて換装しようと思います。E8400 か E8500 かでちょっと悩むところだけど、コストパフォーマンス的には E8400 がベストっぽいですね。初値は従来の傾向からして E8500 が¥37,000 前後、E8400 が¥26,000前後というところでしょうか。

CPU クーラーをどうするか迷うところ。

投稿者 B : 23:04 | PC | PC DIY | コメント (0) | トラックバック

2008/01/06 (Sun.)

東プレ Realforce 91UBK(2 本目)

2008 年のモノは、まずコレから。

東プレ / Realforce 91UBK (NG01B0)

2 年前に職場用に買って以来大変気に入っている Realforce 91UBK を自宅用にも購入。先月自作機をリニューアルしたら、マザーボードに PS/2 マウスポートがなくて Space Saver II のトラックポイントが使えなくなってしまったため、どうせならと思い買い換えることにしました。職場と全く同じのを使うのも芸がないので、最後まで Majestouch Mini と迷ったんですが、Majestouch Mini は変則的な [Del] キーの配列はキーアサイン変更で何とかするにしても、タイプ音がうるさいのは深夜に使うことの多い自作 PC には向かないと思い、最終的に Realforce を選びました。

もう職場で 2 年、毎日少なくとも 5~6 時間以上は使っているだけあってキータッチは手に馴染んでいます。やはり [A][S] キーあたりはもう少し重めでも良いかなとは思うものの、キーの軋みが気になっていた Space Saver II よりは遙かにマシ。これで自宅でも静かでタッチの良いタイピング環境が手に入りました。

しかしキーボードを換えるとマウスも MX Revolution あたりに換えたくなりますね(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 19:40 | PC | PC DIY | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2007/12/23 (Sun.)

VGN-TX90PS 修理上がり

DC ジャックの故障で修理に出していた VGN-TX90PS が、昨日戻ってきました。ソニスタ 3 年保証でもちろん無償修理。

中二日ってむちゃくちゃ速くないですか(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 11:06 | PC | VAIO | コメント (0) | トラックバック

2007/12/19 (Wed.)

VGN-TX90PS 修理

いわゆる「マーフィーの法則」みたいなのはあるもので、VGN-TZ91S が届く前後から VGN-TX90PS の調子が悪くなり・・・。

具体的には、1 ヶ月ほど前から TX90PS の DC ジャックの接触が不安定になってきて、AC アダプタを繋いでいてもバッテリ駆動してしまうことが頻発してきました。とりあえず騙し騙し使ってきたんですが、先週末ついに全く通電しなくなり、バッテリの残量を使い切ったらもう起動すらできなくなるという状況に(;´Д`)ヾ。
パワーインジケータが点滅して、あと数分で終了というところで(´д`)なんとかデータを退避させて、修理準備 OK。VCL に電話したら、何とか年内に修理完了できる見込みとのこと。

まあ、ソニスタ 3 年保証の期間内だし、TZ91S があるので実質困っていませんが、久々に VCL のお世話になることになりました。

投稿者 B : 23:43 | PC | VAIO | コメント (0) | トラックバック

2007/12/18 (Tue.)

玄人志向 GW3.5MM-U2/S

自作機をリニューアルした際に古い PATA の HDD を外しちゃって SATA の 320GB のみにしたんですが、いきなり容量不足に(;´Д`)ヾ。ほとんど使い切ってデフラグすらできない状態になりました・・・。まあ、DSLR を買ってから年間数十 GB 単位で写真ファイルが増えていっているので、さもありなん、という感じですが。近々テラバイトクラスの NAS を導入しようとは思いつつ、とりあえずのつなぎで PATA のドライブを外付けにしてデータを分散させることにしました。
前に買った 1 分 BOX の進化版は会社で使ってるので、外付けケースを追加購入。ちょうど USB HUB も欲しかったので、ロジテックの LHR-DS01U2 とかも考えたんですが、SATA 専用(´д`)。で、これにしました。

玄人志向 / GW3.5MM-U2/S

B000LV6N72

Mac mini 風のケース。特にこだわりはなかったので SATA/PATA 両対応かつデザインが悪くないもの、くらいの観点で店頭で決めました。素人苦労玄人指向の製品って実は初めてかも。

とりあえず繋がって以上、ではあるんですが、作り悪いですねこのケース(´д`)。Mac mini 風の筐体はシルバー塗装しただけのプラスチックだし、HDD のマウント部分までプラスチック製だし、筐体の側板と天板のつなぎ目からは微妙に接着剤がはみ出ているし(´д`)。これならいつも使っているセンチュリー製品から適当に選べば良かった・・・。

作りの悪さが目立たないように、とりあえず Mac mini(最近通電してない)の下にスタックして終了(´д`)。

投稿者 B : 23:50 | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2007/12/16 (Sun.)

深海魚フィルター for Becky!

こないだ Movable Type のスパム対策をしたら、年末だし(?)なんか徹底的にやりたくなってきて、スパムメール対策を見直してみました。
今までは定番の BkASPil をリリース以来愛用していたんですが、どうも最近効果が薄くなってきている(フィルタをすり抜けてくるスパムメールが増えてきた)ような気がするので、別のフィルタを探してみたところ、こんなのを発見。

シーラカンスソフト: 深海魚フィルター for Becky!

早速入れて数日使ってみたところ、受信トレイに入ってくるスパムメールが激減。BkASPil よりこっちのほうが強力っぽいですね。
以前のサイトでメールアドレスを公開していた(今も変更していない)ので、毎日数百通のスパムメールが送られてくるのにさんざん嫌気がさしていたんですが、これでスッキリ。BkASPil と深海魚フィルターでは得手不得手があるようなので、とりあえず今のところ BkASPil と併用していますが、様子を見て問題なさそうなら深海魚フィルターに一本化しても良いかなと思っています。

投稿者 B : 16:42 | PC | Software | コメント (0) | トラックバック