b's mono-log

2007/11/28 (Wed.)

SP+メーカー

いよいよ自作機のリニューアルに手をつけるにあたり、Windows XP の Service Pack 適用済みディスクを作成。

【今日のお気に入り】インストールCDをSP適用済みに「SP+メーカー」v0.15 (窓の杜)

定番のツールではありますが、なにげに私自身は最近ほとんど OS の再セットアップをする機会がなかったので、このツールを使うのも実は初めて。簡単な設定だけで自動的に SP や Hotfix のダウンロードまでやってくれるのでラクですね。

VAIO type T で使ってみた感覚からすると、Windows Vista も安定性/互換性向上パックが出てから少しずつ落ち着き始めた感じがあるけど、メインマシンを Vista 化するのは SP1 とその後のパッチが一段落した頃(来夏くらい?)でも良いやと思ってます。それまではまだしばらく XP と付き合うつもり。

投稿者 B : 00:05 | PC | Software | コメント (0) | トラックバック

2007/11/23 (Fri.)

WN-G54/R3 ファームアップ

今回は購入後初めての遠出ということで、VAIO TZ91S を持ってきてみたんですが、いきなり実家のワイヤレス LAN 環境にまともにつながらない(;´Д`)ヾ。Vista のネットワーク設定って XP から画面構成が変わりすぎていていまだに馴染まないので、どこか見落としがあるんじゃないかと疑ってみたんですが、どうも間違っていないようす。.11a と .11g の違いがあるとはいえ、東京の自宅で問題なく繋がっていたので、もしかしたらルータ側の問題?と疑ってみることに。

ワイヤレスルータは夏休みに実家に設置したアイ・オーの WN-G54/R3 で、XP のノートとは問題なく繋がっていたので問題はないような気もしたんですが、更新版ファームウェアが出ていたので念のため当ててみました。そしたら、更新履歴にはそれらしい内容が全く書かれていなかったにも関わらず、ファームウェアを最新版に変えたとたんスカッと安定して接続・・・。もしかしたら Vista 系あるいは Intel 4965AGN との接続に難ありだったのが最新ファームウェアで解決されたのかもしれませんが、これで一安心。

投稿者 B : 20:51 | Home Network | PC | コメント (0) | トラックバック

2007/11/20 (Tue.)

VGN-TZ91S のパフォーマンス

TZ91S のセットアップ完了、ということで常用を開始しました。

本体の超くわしいレビューはここなんかよりも遙かに素晴らしいあこすたむさんとこで(最近こればっか。
限定モノなので使うのがちょっともったいない気がしつつ、基本的にこういうのはとことん使う派なのでしっかり使わせていただきます。

まずは新 PC を買ったらお約束ということで、ベンチ比較をしてみました。さすがにそろそろ HDBENCH の時代じゃないだろうということで、今後は同系統でも新しめの CrystalMark 2004R2 を使っていきたいと思います。これならバージョンが違ってもスコアに互換性があるから比較しやすいし。

ちなみに、常用環境での体感速度に近づける意味で解像度は TX・TZ が本体ディスプレイの最大解像度である WXGA(1,366×768)、参考までの比較対象に自作機が SDM-S204 の解像度である UXGA(1,600×1,200)でベンチを取りました。また、TZ のメモリクロックは 533MHz/400MHz で設定可能(デフォルトは 400MHz)なので、パフォーマンスを重視して 533MHz に変更しています。

機種VGN-TZ91SVGN-TX90PS自作機
Mark413432347950857
ALU1019145218316
FPU1045155588286
MEM634734097867
HDD852323468551
GDI360239298084
D2D163625303006
OGL59311866747

わずか 2 年前の TX90PS の倍近いパフォーマンスが出てるんですけど(;´Д`)ヾ。CPU(Pentium M→Core 2 Duo)、RAM(DDR→DDR2)、ディスク(1.8inch HDD→SSD)がそれぞれ世代交代しているとはいえ、ここまで違うとは。グラフィック系のスコアが XP と比べて明らかに落ちているのは、Vista で描画周りの処理が大幅に変わったことに起因するものでしょうが、それを補って余りあるパフォーマンスは明らかに体感できます。タブブラウザで同時に複数ページを開くときのレスポンスが TX90PS より圧倒的に良いことだけをとっても快適になったと感じるので、Photoshop や RAW 現像ソフトを使うときなんかはもっと違いが出るはず。

ちなみに自作機と比較するとさらに愕然とします。超低電圧版の CPU を使ったシステムが、3 年落ちとはいえデスクトップ機の 20% 落ちでしかないとは。しかも CPU のスコアは Pen4 より高いし、HDD(SSD)のスコアも 3.5inch と遜色ないですよ(それも 1 年ちょっと前に買ったばかりの SATA のディスクなのに・・・)。さすがに Vista なので起動終了にはちょっと時間がかかりますが、起ち上がってしまえば XP の自作機とそんなに変わらない快適さで使えていたりします。グラフィック周りを除けば、あと大きな違いといったらキーボード・マウス・ディスプレイといった UI 周りくらいですが、その気になればそれも外付けすれば済むし・・・。もしかしたらモバイル PC を買い換えたつもりで、メインマシンの位置づけすら危うくしてしまったのかも(´д`)。

そんなわけで、逆に自作機を一刻も早く何とかしたくなってきてしまいました。

投稿者 B : 23:40 | PC | VAIO | コメント (0) | トラックバック

2007/11/19 (Mon.)

AMD Phenom

"ネイティブ?"と挑発するクアッドコア「Phenom」登場 (ITmedia +D)

AMD から新 CPU ブランド「Phenom」が正式発表に。そういえばフェラーリのドライバーのヘルメットでブランドネームのティザー広告が張られたりしてましたよね。
CPU ブランド的には 2 年前の Intel の「Core」ブランド以来、久々の新ブランドという格好になります。クアッドコア CPU としては既に Intel の Core 2 Quad/Extreme があるけど、これはかつての Pentium D のように 2 つの Core 2 Duo コアを 1 つのプロセッサパッケージに押しこんだだけなので、ある意味「真のクアッドコア」としてはこの Phenom が初めてという形。

かつては AMD 派で Athlon の初期の頃はいろいろ遊ばせてもらったし、ちょうど自作機のリニューアルを考えているところなので興味はあるんですが、今の使い方だとデュアルコアで十分なんですよね。ということで無難に Intel 路線で行くつもりですが、技術的にはやっぱり気になります。

投稿者 B : 23:25 | PC | PC DIY | コメント (0) | トラックバック

2007/11/18 (Sun.)

VGN-TZ91S セットアップ完了

ようやくセットアップ完了。初期セットアップが済んだらリカバリディスクを作成して、リカバリ領域を削除するためにいったんリカバリして・・・とかやってると一日がかりになっちゃいますね(´д`)。
ちなみにこんな感じのスペックにしてみました。

  • Windows Vista Home Premium
  • Core 2 Duo U7600 (1.20 GHz)
  • 2GB RAM
  • 64GB SSD+DVD スーパーマルチドライブ
  • ワンセグ
  • 英字配列キーボード
このカラーリングのノートを見ると、なんだか「帰ってきた」という感情になりますね。いろんな意味で未完成で、CPU をオーバークロックしたり HDD を換装したり、PC 自体がワクワクの対象だった当時の気持ちを思い出します。改めて初代 505(私が買ったのは PCG-505EX/64)と並べてみると、10 年経ったんだな・・・ということがしみじみ。私も歳をとるわけだ。

2 年前に買った TX90PS はリビング用 PC として奥さんと兼用していたので、自分専用のモバイルノートとしては X505/SP 以来、かなり久々の購入。なにげに Vista もデュアルコア CPU も個人用では今回が初めてだったりします。
昔と違って PC で「あれこれやってみよう」という感覚もあまりないんですが、懐かしいこのカラーを見ているとまたなんかやりたくなりますね。

投稿者 B : 22:25 | PC | VAIO | コメント (3) | トラックバック

2007/11/17 (Sat.)

VAIO VGN-TZ91S 505 Limited Edition

ソニー / VAIO type T バイオノート 505 10th Anniversary Limited Edition

届きました。

投稿者 B : 21:36 | PC | VAIO | コメント (0) | トラックバック

2007/11/10 (Sat.)

自作機のリニューアルをそろそろマジメに検討

待てど暮らせどまともな Santa Rosa マザーが出てこないので、普通に LGA775 系で作っちゃおうかと思ってるんですが、Intel のデスクトップ向けチップセットが 3 シリーズになってから微妙に各チップセットの違いが分からなくなり(;´Д`)ヾ、、悩み中。

とりあえずこんな感じで組むのが無難かなと。

  • マザー: Intel DQ35JOE
  • RAM: 3GB(1GB×2+512MB×2)
  • ビデオカード: NVIDIA GeForce 8600GT 系のファンレス
Intel のマザーは最近特に似たような感じのが複数出ているので分かりにくいんですが、一見よさげと思った DG33TL は ATAPI 接続の DVD ドライブから WinXP をインストールする際の手順が面倒そうなので、必要ない vPro に対応しているけど安定していそうな DQ35JOE が最も安牌っぽいかなと。ビデオカードは今のより性能が高くて静かで HDCP に対応していれば比較的何でも。メモリは 32bit Windows だと 3GB 以上積んでもあまり意味がないので・・・。

で、CPU は今買うなら Core 2 Duo E6850 あたりがコストパフォーマンス高そうなんですが、年明けに Penryn ファミリーが一斉登場するのは分かっているので、敢えて Pentium Dual-Core の最低ランクをまず使っておいて年明けに Wolfdale の E8400 あたりに入れ替えるのが良いかななんて考えています。どうせあと 2 ヶ月なんで待ったら、という気もするんですが、どうも今のマザーは USB 周りが安定しないので、早く換えたいという気持ちもあり。

まあ、もうちょい悩んでみますが。

投稿者 B : 23:03 | PC | PC DIY | コメント (3) | トラックバック

2007/11/06 (Tue.)

AOpen i965GMT-LA

もうすぐ出そうな主な新製品 (AKIBA PC Hotline!)
2007年11月2日に秋葉原で発見したPCパーツ新製品 (アキバ総研)

AOpen から Santa Rosa マザー登場の予感。Napa マザーの決定版だった i945GTm-VHL の後継的な位置づけでしょうか。価格的にはこれまでの特定市場向け Santa Rosa マザーよりは安価なので比較的手を出しやすいですが、これも Mini-ITX プラットフォームなんですよね。オールインワンマザーなので基本性能には問題ないんですが、PCI Express x16 スロットが一本もないのがネック・・・。

これだけ待ってようやく出てきたのがまた Mini-ITX マザーだったので、そろそろ Santa Rosa は諦めて通常の 3 シリーズマザーにしといたほうが無難な気がしてきました(´д`)。あと 2 ヶ月もすれば Penryn が出てくるだろうし、悩みどころ。

投稿者 B : 23:24 | PC | PC DIY | コメント (0) | トラックバック

2007/11/03 (Sat.)

ノート PC 車載アーム

エバーグリーン、自動車向けのノートPC用アーム (PC Watch)

ノート PC の車載用アームだって。その昔ノート PC を車載してカーナビ代わりに使っていた身としては興味あるところですが、カーナビがこれだけ発達した今あえて PC を車載する意味もさほどないのが残念なんですよね。あと 7~8 年早く出ていれば絶対買ったんだけどなあ。

投稿者 B : 18:15 | PC | コメント (0) | トラックバック

2007/10/28 (Sun.)

COMMELL PMSA

モバイルCore Duo/Core Solo向け(Socket P)マザーボードの新製品(2007年10月27日) (AKIBA PC Hotline!)

これ、もしかして MicroATX 初の Santa Rosa マザーでは?チップセットリリースから半年経ってもまともな製品が出てこないので半分諦めていましたが、これは福音かも。

ただ、マザーだけで¥50,000 もするので、ヘタをすると普通の LGA775 系のマザーと Core 2 Duo を買っておつりがくると考えるとなかなか手が出ません。やっぱり一般的なマザーと CPU で組むべきか・・・。あまり悩むと Montevina が出てきてしまうので、とりあえず年内いっぱい様子を見て、出てこなさそうなら普通に組むか(´д`)。

投稿者 B : 16:11 | PC | PC DIY | コメント (0) | トラックバック