b's mono-log

2007/01/13 (Sat.)

POCKETBIT MINI

マウスと一緒に、USB メモリも新調。

ソニー / POCKETBIT MINI USM1GH

一年半ほど前に買った USM256D を使ってたんですが、いろいろ突っこむと 256MB じゃちょっと物足りなくなったので。この超ちいちゃい新型を使ってみたくもあったし。容量は大きいに越したことはないけど、価格と容量のバランスが良かった 1GB 版を選択。

メモリースティック Duo よりも小さい(厚みは少しあるけど)このサイズ。小さいことは良いことだと思っていたんですが、本体が極端に小さいので、却って使い勝手はあまり良くないかも。USB ポートへの抜き差しはもう少しドングル部が大きいほうがグリップになって良いですね。あと、これだけ小さいと絶対に無くせる自信があります(ぉ。

一応ベンチマーク(FDBENCH)も取ってみました。

ModelReadWriteReadWriteRndReadRndWriteDrive
USM1GH797113427426913399791F:\ 100MB
USM256D7236106035558104842301G:\ 100MB
MSX-M1GN669010939519292291401S:\ 100MB
Extreme III CF 2GB121371638112023163393805R:\ 100MB

USB メモリは自作機の USB ポート直挿し、メモステ Duo と CF は PRD-122XU 経由です。
さすがに Extreme III のスピードが抜きん出てますが、USM1GH もけっこう高速。Random Write の速度がやたら遅いのが気になりますが、USB メモリで Random Write ってあまり使わないはずなので、Windows Vista の ReadyBoost 機能でも使わない限りはあまり問題なさそうです。また、関係ないけどメモステ PRO Duo が高速版にも関わらずスコアが振るっていないのが気になります。

1GB あれば当分事足りると思うので、とりあえず無くさないように気をつけて使おうと思います。

投稿者 B : 23:03 | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2007/01/12 (Fri.)

Logicool MX Revolution

新年の仕事を新しい気分で快適に迎えようと思い、仕事用のマウスを買い換え。

ロジクール / MX Revolution

ずっと狙ってたんです。というか、本当は MX610 のポインタの反応が悪くなって買い換えたんですが、MX610 のほうは単に電池切れだったらしい(ぉ。まあ、どっちにしろいずれ試してみたいと思ってたマウスなんで、良いんですが。

マウスとしてはかなり大ぶりなほうで、個人的に形状が気に入っている MX1000 ともまた違うため、最初は違和感があったんですが一日で慣れました。側面のラバーが滑り止めの効果を果たしつつ、触感もけっこう気持ちいいのが気に入りました。

で、このマウス最大の特長ともいえる「フリースピン」を実現しているホイール。設定でアプリケーションごとにフリースピン/ノーマルスクロールを切り替えられるほか、ホイール自体をクリックすると手動でも切り替えが可能。さらにはノーマルスクロール時にも一定以上の加速度をつけて回すとホイールスピンに切り替わる(閾値は設定可能)など、かなりインテリジェントです。ホイールのモード切り替えには若干のラグ(ホイールの回し始め時)があるものの、賢く切り替わるので使っていて面白いですね。さらに、高速にスクロールできるだけでなく、ホイール自体の程よい重さとあいまったフリースピンの気持ちよさといったら。
また、ホイール後方には、テキストを選択してクリックすると自動的に Web 検索(検索サイトも設定可能)が可能な機能もついていて、これはこれで便利。

側面には、いつもの「進む」「戻る」ボタンと「ドキュメントフリップ」(アクティブウィンドウの切り替え)が可能なジョグホイール。
私はドキュメントフリップは [Alt]+[Tab] を使うのが癖になっているし、「進む」「戻る」もタブブラウザ(unDonut)のマウスジェスチャを使っているので、このへんの機能はあまり使いでがありません。「進む」「戻る」ボタンを「クルーズアップ」「クルーズダウン」に割り当ててみたけど、フリースピンで快適にスクロールができるので、これもあまり使わず・・・。
本当は、中央ホイールのクリックをセンターボタンに割り当てられなくなってしまったので、中央ボタンの機能をどれかのボタンに割り当てたいんですが、SetPoint(ユーティリティ)はイマイチ自由度が高くないんですよね。まあ、MX610 の全く使えないメール/メッセージ着信機能よりはマシだけど(´д`)。

本当はもう少し柔軟に設定ができると嬉しいけど、とりあえずフリースピンのカルチャーショックを感じるためだけにでも使う価値があるマウスかもしれません。これになれると普通のホイールマウスは使えなくなりそうなので、自宅用にももう一本買おうかとすら思っているくらい。

またマウス買ったの?このマウス馬鹿!と言われても平気です(´・ω:;.:...

投稿者 B : 22:54 | PC | PC Peripheral | コメント (10) | トラックバック

2007/01/10 (Wed.)

AirMac Extreme

アップル、IEEE 802.11nドラフトに準拠した「AirMac Extreme」 (Broadband Watch)

なんだか同時開催されている CES の陰をすっかり薄くしてしまった今年の MacWorld ですが、とどめの新製品はドラフト版 .11n に対応した AirMac Extreme。私も .11n の正式版が発行されたらいち早く導入しようかと思っているので、非常に気になっていたところです。
同時発表の Apple TV がメインアプリケーションかと思いきや、なんと現行のほぼ全ての Intel Mac がアップデータにより .11n に対応するという仕込みの周到さ。むー、やられました・・・。

ドラフト版といってもいずれアップデータで正式版にも対応できるだろうから、先行投資してみても良いんですが、最もよく使う自作機のネットワーク(現在は Ethernet-.11a コンバータで無線接続している)に使いたいので、Ethernet コンバータが出てくるまでは、少なくとも待ちかな。

投稿者 B : 23:49 | Home Network | Mac | PC | コメント (0) | トラックバック

2006/12/27 (Wed.)

LocationFree LF-PK20

自宅にロケーションフリーを導入してみました。

ソニー / ロケーションフリーベースステーション LF-PK20
ソニー / ロケーションフリープレーヤー PC 用 LFA-PC20

B000ICM45E B000ICM45Y

ロケフリを入れてまで観たいほどテレビっこじゃないんですが、リビングのテレビは最近ずっと子どもに占領されていて、ほとんど一日じゅうと言っていいくらい NHK 教育テレビの録画が流れている感じで、自分としてはちょっとノイローゼになりそう(´д`)。テレビ自体はいつもあまり真剣に観ないんで良いんですが、せめて朝くらいはニュースを見てから出勤しないと世の中で何が起こってるか全然分からなくなりそう。ということで、ダイニングで PC+ロケフリを使ってトーストをかじりながらニュースを見る、というのが朝の日課になりました。

旧型ロケフリ(LF-PK1)は使ったことがあるのでだいたい知ってるんですが、PK20 は画質や使い勝手(ワイヤレスは Ad Hoc かサーバにはなれるけど、ルータには有線で繋がないといけないとか、外部機器を 2 台繋ぐときには AV マウスは分岐ケーブルが別途必要とか)が確実に向上してかなり使いやすくなっています。画質は AVC に対応しただけでなく、表示される色味もだいぶくっきりはっきりチューニングされている感じ。まあ、ソースがアナログ放送なので元の画質がアマいのは避けようもないけど、ニュースを見るくらいならこれで十分。本当は外部入力にスゴ録を繋いでデジタル放送を観たり録画番組を観たりもできるんですが、あいにくスゴ録は子どもに占領されているので無理orz。

せっかくのロケフリを自宅内だけで使うのももったいないので、外出先で楽しめるようにしてみたりもしたいですが、あいにくそこまでしてテレビを観たいシチュエーションもないので、追い追い。

投稿者 B : 22:26 | Home Network | PC | コメント (0) | トラックバック

2006/11/20 (Mon.)

ひかり電話

引っ越しのタイミングで B フレッツに切り替えたせいで、 So-net フォンが使えなくなってたんですが、しばらく検討の結果 NTT のひかり電話を導入。固定電話自体はあまり使わないんですが、実家との連絡はやっぱり固定電話だし、基本料金は安くなるし。今なら 050 番号は使わなくても良いんですね。

ただ、NTT から届いたルータを見て閉口。

RT-200NE という機種で、どうやら NEC 製らしいんですが、イマドキこのデカい・安っぽいルータはないでしょ・・・。NEC 製のルータは今までいくつか使ったことがありますが、リテール販売されている製品や So-net からレンタルされるルータは多機能かつスリムな筐体で信頼のおけるルータのひとつだったのに、これはいかにも NTT からコスト優先で OEM させた感がにじみ出てます。今使っている B フレッツの VDSL モデムとか、昔使っていたフレッツ ADSL のモデムもそうでしたが、これに年額数千円もレンタル料を払うのか・・・と思うと悲しくなります。
今のところ特に不具合は発生していなくて、スループットもそこそこ出ているので問題はないものの、調べてみるとやっぱりダメダメな仕様らしく、このルータをブリッジモードにして PC ネットワークには別途ルータを噛ませている人も少なくないみたい。まあ、もうちょっと使ってみますが、そろそろ IEEE 802.11n ドラフト対応の無線ルータも出てきていることだし、そのうちルータ機能だけ別のルータを使うことにするかもしれません。

投稿者 B : 23:44 | Home Network | PC | コメント (3) | トラックバック

2006/10/11 (Wed.)

ELECOM MR-GU2T15BK

レンズ以外で、鈴鹿用に揃えたものその 2。

エレコム / MR-GU2T15BK (ブラック)

カードリーダはおそらく現行で最速の部類に入ると思われるプリンストンの PRD-122XU を愛用しているんですが、USB HUB 内蔵で自作機に繋いで据え置きで使っているので、旅行用にコンパクトなリーダが前々から欲しかったのでした。最近はメモステや SD のスロットがついた PC が一般的ですが、高速に CF が読める PC ってないので・・・。カメラを直接 USB 接続してもいいんですが、リーダを使ったほうが傍らでデータを PC に移しながら撮影続行できますからね。
CF 専用のリーダは最近ではほとんど製品化されていないため、これもマルチリーダではありますが、ほぼ CF 専用として使います。

でもって、FDBENCH 1.01 で比べてみました。

ModelReadWriteReadWriteRndReadRndWrite
MR-GU2T15+Extreme III CF 2GB115711617910270158663971
PRD-122XU+Extreme III CF 2GB135351697614725168445596
UA20-MLT II+Extreme III CF 2GB69948380791482843400

ベンチスコア的にはやはり PRD-122XU に譲る形ですが、MR-GU2T15 も Write が若干遅いだけで Read はほぼ遜色ない結果に。デジカメのデータを PC に吸い上げるのが主用途なので、この結果には十分すぎるほど満足です。

ちなみに、鈴鹿で撮った写真は 8GB オーバーで、結局 2GB の CF 2 枚を 2 回ずつ回して足りなかった計算。RAW+JPEG で撮っているからとはいえ、さすがに撮りすぎたかな(´д`)。でも、帰省のときなんかも 2GB×2 で足りないくらい撮ってしまう(自分の子どもに加えて姪っ子までいるので・・・)から、そろそろもう一枚買い足したほうが良いかなと思ってます。Lexar は時々相性問題も耳にするので、最近評判の ATP かな・・・?SanDisk から Extreme IV も近々国内発売しそうですが。

投稿者 B : 23:08 | Camera | Camera Accessory | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2006/10/05 (Thu.)

Logitech diNovo Edge

Logitech、スタイリッシュデザインの充電式Bluetoothキーボード ~タッチセンサー、バックライトアイコン搭載 (PC Watch)

うわーうわー。テンキー無しコンパクト、英字配列、Bluetooth ワイヤレスって私のニーズをほぼことごとく満たしたキーボードだ。MCE を想定(というか、Vista を意識)していろいろな機能がついているのが私にとっては無駄だけど、タッチさえ良ければ今使っている Space Saver II の代替になりそう。Space Saver II も長らく使ってきて、キー押下時の軋みが気になり始めたので、仕事用に使っている Realforce 91UBK を自宅用にもう一本買おうか、と思っていたところでもあり。というか、これと MX Revolution を組み合わせたら、今の PC 用入力インターフェースとしては最強じゃないかな。

ただ価格が日本で出たら¥25K は下らなさそうなのが悩みどころ。国内発売(国内版が出たとしても日本語配列になるだろうから、買うなら並行輸入品か)を見て考えたいと思います。

投稿者 B : 00:14 | PC | PC Peripheral | コメント (1) | トラックバック

2006/09/21 (Thu.)

メイリオ

仕事関係で Windows XP に「メイリオ」(Windows Vista 標準の日本語フォント)を使っている人がいて、画面だけ見た感じではけっこう使いやすそうだったので私も導入してみました。

メイリオ自体は MS からはまだ提供されていないけど、Web をちょっと検索するだけで入手できてしまうので、ここでは割愛。

軽くデスクトップはこんな感じ。
Windows XP も ClearType の機能を持っているけど、日本語フォントでは制限が多すぎてほとんど使い物にならなかったので、まともに使うのはこれが初めてに近い。

ちなみに、アプリケーションではこんな感じ。

こっちのほうがより実際の使用感が分かりやすいかな。
Web なんかは(サイトのフォント指定にもよるけど)ページの表示フォントが滑らかになってかなり見やすくなります。Mac OS X で Web 表示させたときに近いですね(というか、おそらく Vista が Mac OS X を真似てるだけなんだろうけど)。
アプリケーションによってはフォント指定が有効にならないのも多いけど、これだけで OS のルック&フィールがだいぶ変わりますね。Windows Vista も、WinFS がドロップしてしまってもう XP の焼き直し以外の何物でもなくなってしまったので、OS の安定性を考えれば XP+メイリオで当分は良いような。

ただ、メイリオ自体は若干横長のフォントなので、ドキュメント作成にはあまり向いてないような気はします。

投稿者 B : 23:50 | PC | Software | トラックバック

2006/09/04 (Mon.)

Revolution

エキスパートユースを追求したロジクール「Revolution」シリーズ (PC Watch:本田雅一の「週刊モバイル通信」)

ひさびさに本気で欲しいマウスの登場。以前買った MX610 はどちらかというと仕事用に「レーザーでワイヤレスで安いの」という観点で、必要に迫られて買ったものだからなあ。今回の MX Revolution と VX Revolution は、純粋に入力機器マニアの自分として欲しい。ホイールにクリック感のないマウスは以前 MS のマウスで体験済みだけど(結局内蔵のチップが発すると思われる高周波ノイズが気になって使わなくなった)、あの感触は一度慣れるとやみつきになるんですよね。しかも、フリースピンで Web や Excel をグリングリン回せるのは仕事で役に立ちそうだし、新しい親指ホイール(MX Revolution のみ)も個人的には垂涎モノ。以前はシンプルなマウスのほうが好みだったんですが、MX1000 以降多機能マウス(まあ、そのうち半分の機能も使ってないけど)に惹かれるのです。

マウスとしてはさすがにちょっと高すぎるけど、いずれどっちか買ってしまいそうな予感。

投稿者 B : 23:52 | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2006/08/25 (Fri.)

EssentialPIM

ふっちゃんを参考に、某 PC(ぉ)に PIM アプリをインストールしてみました。今まで Palm Desktop をスタンドアロンで使っていたんですが、今は CLIE と Sync してないので専用でもう少し使いやすいのがあるだろうと思って。
選んだのはふっちゃん同様「EssentialPIM」のポータブル版。

Palm Desktop や Outlook なんかとほぼ同等の使い勝手で、見た目も良くそこそこ軽いので使いやすいです。できれば母艦とモバイル PC をネットワーク接続して Sync する機能があれば良かったけど、Portable 版ならデータベースファイルをコピーするだけで同期(片方向だけど)するのと同義なので、あまり問題ない感じ。頻繁に Sync するようなら、ネットワーク越しに一発でコピーするバッチファイルか何かを作ってやれば良いし。

一時期 CLIE の Sync に失敗してデータベースが壊れてから CLIE は使わなくなってしまい、スケジュール管理は会社のグループウェアでやってたんですが、会社にいないと見られなくて不便だったんですよね。二重管理にはなるけど、こちらの PIM アプリにもスケジュールを入れるようにして、今後は某 PC(ぉ)を CLIE 代わりとして使ってやるかな、と。

投稿者 B : 13:03 | PC | Software | コメント (0) | トラックバック