b's mono-log

2005/10/17 (Mon.)

OpenOffice.org 2.0 RC3

プライベートで使っているオフィススィート、OpenOffice.org のバージョン 2.0 RC3 がリリースされていたので、さっそく試してみました。

OpenOffice.org

RC 版ということで正式リリースに向けて急ピッチでビルドが進んでいるらしく、9/29 からわずか 3 週間の間に RC1~RC3 を矢継ぎ早にリリースしています。
期待してセットアップしてみたところ、確かに完成度がさらに上がっている模様。基本的にこれまでのベータ版であった不具合(主に MS Office とのファイル互換性に関して)があらかた修正されている様子で、個人的に気になったのは OpenOffice.org Impress(PowerPoint 互換アプリ)で PowerPoint の一部オートシェイプが正しく再現できない(Impress がサポートしていない立体矢印シェイプなど)ことくらいで、私が最近仕事で扱っているファイルを読み込ませてみたところ、実使用上問題になる互換性問題はほぼなくなっているように感じました。
あとは、Excel マクロの互換性は割り切るしかないとして、ユニバーサルスクロールの動作が完全じゃないことを除けば、あくまでプライベートマシンやサブマシンで使う上では MS Office の代替品として申し分ない仕上がりではないでしょうか。

この様子だと正式版も間もなくでしょうから、リリースが楽しみです。

投稿者 B : 23:37 | PC | Software | トラックバック

2005/10/12 (Wed.)

PCG-X505/SP キーボード換装

ひょんなことから 505 EXTREME 用の英語キーボードが手に入ったので、換装してみました。

私がここに換装の詳細な手順を公開してしまうのは何かと問題があるので敢えては書きませんし基本的に質問も受けませんが、ぶっちゃけ、今まで何十度と歴代の VAIO(中でも実装のキツいモバイルノートばかり)を分解・改造してきた私でも、この X505 の分解は別次元の難易度。Y ネジのドライバー入手から始まって、ネジ頭は浅くてナメそうになるわ、テープや咬み合わせで固定しているパーツはあるわ、ネジの点数は多いわ、コネクタは細かいわ、フラットケーブルは多いわで本当に大変でした。できるならば、二度とやりたくない・・・。

よくメモも写真も撮らずに作業して、ネジを一本も残さずに作業完了した・・・と思ったら、ワッシャーが一個だけ余ってるorz
またバラすのもつらいし、とりあえずこれはひとまず残しておいて、HDD 換装の口実にするかな、と・・・(ぉ

投稿者 B : 23:49 | PC | VAIO | コメント (1) | トラックバック

2005/10/07 (Fri.)

SDM-S204 修理その後

修理に出していた SDM-S204 が戻ってきました。一週間かからなかったな。

診断症状: 画ノイズ
交換部品: A MOUNT / 不良

ほうほう。

・・・。

・・・・・・。


・・・って、直ってないんですけど(;´Д`)ヾ。むしろ前よりノイズが多くなっているような・・・(´д`)。


しかも、DVI で接続しなおしたら、ブートロゴまでは出るけど Windows のログイン画面以降が表示されなくなったorz。ドライバ再インストールしたりしてもダメ。どうしたら・・・。

投稿者 B : 22:29 | PC | PC DIY | コメント (1) | トラックバック

2005/10/02 (Sun.)

SDM-S204 修理

自作 PC のディスプレイとして使っているソニーの SDM-S204 の調子が悪いので、修理へ。

実はだいぶ前(半年くらい前)から気づいてたんですが、なんとなくほったらかしにしていました。その症状というのは、ディスプレイがスタンバイから復帰すると、ほぼ必ず画面に緑や赤のノイズが乗るというもの。

こんな感じ↑で、バックが黒や青の部分ではかなり目立ちます(緑と赤の点滅が生じてるんだから当然か)。
手動で電源を入れ直すか、しばらく(数分)放っておくと自動的に画面がフラッシュしてもとに戻るんですが、面倒だし、いつ壊れるかも分からない。結局堪えかねてサポートに電話しちゃいました。で、本日お引き取り。

修理中の代替機にはちょっと古い液晶ディスプレイ SDM-M81 が来ました。さすがに 4 年前のディスプレイと去年のディスプレイを比べると、かなり画質が違いますね。黒浮きがひどいというか、ブラックアウトしてるはずの画面がグレーにしか見えないし(;´Д`)ヾ。それに、ずっと UXGA を使っていると、SXGA でも狭くて・・・。まあ、しばらくの辛抱か。
ちなみに M81 は画面サイズが小さい(18.1 型)のに額縁が厚いんで、設置面積が S204(20.1 型)と変わらないんですけど(´д`)。

投稿者 B : 22:43 | PC | PC DIY | コメント (3) | トラックバック

2005/09/28 (Wed.)

VGN-TX90PS のパフォーマンス

セットアップも終わって快適に使い始めている新 type T ですが、実際のところパフォーマンスってどうなのよ、と思い、ちょっとベンチを取ってみました。今や枯れたベンチマークではありますが、HDBENCH Ver3.30 です。
参考までに私の所有する他モデルとの比較も載せておきます。

機種ALLIntegerFloatMemRMemWMemRWDirectDraw
VGN-TX90PS23109730565739846674392537574559
PCG-X505/SP15762432384098636399255914995629
PCG-U101/P12579275212781023548130024453919
ThinkPad T40p25239740307478258463279005334450

機種RectangleTextEllipseBitBltReadWriteCopyDrive
VGN-TX90PS2396414311509121018826155641836C:\100MB
PCG-X505/SP187771594873741901034811160794C:\100MB
PCG-U101/P13783871146691071286094391229C:\100MB
ThinkPad T40p4539012778925361219699186551926C:\100MB

・・・正直びっくりしました。Pentium M 1GHz 搭載の X505/SP、Celeon 600A MHz 搭載の U101/P とは(ベンチマークベースでは)比較にならないくらいパフォーマンスアップしているだけでなく、2 年前のハイエンドノートである ThinkPad T40p(Pentium M 1.6GHz 搭載)に匹敵するベンチマーク結果を叩き出しています。
さすがにグラフィック性能は MOBILITY FireGL に敵いませんが、システムバス/メモリバスが高速化し 2 次キャッシュが倍増(Dothan コア)している分、CPU 動作周波数で勝る T40p にプロセッサ/メモリ性能で拮抗し、遅いと言われている 1.8inch HDD も 2 年前の 2.5inch HDD(しかも 5,400rpm)に遜色ないアクセススピードを達成。まさか、ここまでとは。

実は、一度デフォルト設定でベンチを取ったところ X505 はおろか U101 にも劣るくらいの結果しか出なかったので、調べてみたら省電力設定(「バイオの設定」→「VAIO 省電力ビューア」)が AC 接続時でも処理速度よりも静かさ優先の設定になっていました。そこで、パフォーマンス優先にしてみたところ、この驚くべきベンチ結果が。
確かにデフォルト設定では普通に Windows を使っていてもときどき動作がモタつくなー、という感覚があっておかしいと思っていたんですよね。で、じゃあこの状態で 3D ベンチを取ってみたらどうなるの?ということで、測ってみました。

ベンチマークVGN-TX90PS
FFXIBench 3-L2007
(おなつよ)
FFXIBench 3-H1275
(楽)

Vana'diel Bench 3 です。デフォルトの静かさ優先設定ではまともに実行しようと思えないくらいフレームレートが低かったのが、フルパワーで走らせたら普通に動くじゃないですか(;´Д`)ヾ。で、結果的に低解像度で 2,000 超え。
X505 や U101 ではせいぜい 800 そこそこ(練習相手)で、2,000 超えというと FFXI 開始当初の私の自作マシン(Athlon 1.2GHz+RADEON 9200)に迫るパフォーマンスということになります(いずれも Vana'diel Bench 2 での結果なので直接比較はできませんが)。これなら、ジュノの競売所前やボヤーダさえ避ければ普通にプレイできそうな予感・・・。
高解像度でのスコアの落ち具合がディスクリートチップに比べて大きいあたりが内蔵グラフィックゆえの泣きどころですが、それでも 10 インチクラスのモバイルノートで FFXI 級の 3D がそこそこ快適に動いてしまうというのは、特筆に値するといえそうです。確かに Intel 915G シリーズの内蔵グラフィックは FFXI を正式サポートしていますが、まさか FSB も低く DDR も非サポートのモバイル系プラットフォームでここまでいけるとは、嬉しい誤算でした。

まあフルパワーで動かすとけっこううるさい、というデメリットもありますが、うーん、インストールしてみるかな・・・。

投稿者 B : 00:46 | PC | VAIO | コメント (0) | トラックバック

2005/09/24 (Sat.)

VAIO VGN-TX90PS

・・・というわけで、久々に新しい PC を購入しました。新しい VAIO type T です。

ソニー / VAIO type T VGN-TX90PS (プレミアムブルー)

といっても私専用じゃないんですけどね。ウチの奥さんが結婚前から使っていた DELL のノートがちょっと古く、さすがに遅いし大きいし重いしということで最近の小さいノートに切り替えたかったのが目的です。あと、私のモバイル(X505)をとりあえず仕事用にしているので、奥さんのメイン機兼私のサブ(モバイル)機という感じで使おうかと。まあ、スペックは完全に私の好みで選んだけど。
以前の type T の頃から買い換え時を思案していたんですが、今回の type T は本当に死角がないくらい完成度が高まっていたのでほぼ即決でした。デザイン的にはそこまで強烈なインパクトこそないものの、旧型より好みだし、オーソドックスで飽きのこないデザインだと思うし。

カラーはやっぱりカーボン地が見えるプレミアムブルー。1,000 台限定(うちソニスタ扱いは 800 台)という狭き門でしたが、Star が十分すぎるくらい貯まっているので問題なく購入できました。聞けば当日夕方には 800 台分の受付が終了していたとか・・・。

他のスペックはこんな感じ。

まあ、妥当・・・かな?バッテリライフを考えると PenM は譲れないところだろうし、メモリは費用対効果が今のところ一番良い 1GB。光学ドライブはコンボでも良かったけど、帰省したときなんかに姪っ子のビデオを撮ってそのままざっくりカット編集して DVD に焼いて両親にあげる・・・みたいなニーズが出てきそうな気がしたので記録型に。キーボードは自分メインだったら英字にするところだけど、とりあえず日本語 KB にしました。

半日くらいかけてようやくセットアップ完了。最近のモバイルノートは Norton も ATOK もプリインストールだから楽ですね。1.8inch HDD が若干モタつく感触があるものの、今まで使っていたモバイル機(X505、U101)より全ての面でパワーアップしているだけあって、モバイルマシンとしてはかなり快適な部類に入るかも。あ、でも Vana'diel Bench 3 はカクカクでまともに動きませんでした(´д`)。

ともあれ、自宅用のノートはこれで Longhorn が落ち着くくらいまでは買い換えを考える必要はないかな、という感じ。デスクトップは、そろそろ HDV 編集とかもやりたいので、少し何とかしたいかな。

投稿者 B : 22:04 | PC | VAIO | コメント (1) | トラックバック

2005/09/23 (Fri.)

The Saga Continues

キタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!

投稿者 B : 23:55 | PC | VAIO | コメント (0) | トラックバック

2005/09/04 (Sun.)

自作機

そういえば、ちょっと前に自作機をパワーアップしてたんでした。

マザーボードを Intel D865GLCK に変更。例によって、ななちゃんのおさがり(ぉ。
以前の i845 マザーから少しアップデートされたとはいえ、3 年落ちだったアーキテクチャが 2 年落ちになった程度だけど・・・。
これに合わせて CPU を Pentium 4 3.20GHz(Socket478、Northwood コア)に、メモリを PC3200 の 2GB(1GB×2)に強化。FSB が上がって Hyper-Threading に対応しました。
CPU は Prescott コアという選択肢もあったんですが、同クロックで比較すると Northwood よりもずいぶん TDP が上がってしまうので却下しました。ケースの放熱性が低いので・・・。ちょうど私が買った直後くらいにアキバから Northwood コアの在庫が消えてしまったようなので、ギリギリの時期に買えたかな。

というわけで今の自作機の構成は以下のとおり。

ケースSOLDAM WiNDy EX700R WPM
電源SOLDAM WiNDy Varius EX350
CPUIntel Pentium 4 3.20GHz
M/BIntel D865GLCLK
RAMHynix PC3200 DDR SDRAM 2.0GB (Dual Channel)
HDDHGST HDS722516VLAT80
ODDPioneer DVR-A08-J
ビデオCanopus MTVGA 9600XT SE
ビデオキャプチャCanopus MTVX2005
サウンドCreative Professional E-MU 0404
ディスプレイSony SDM-S204
スピーカYAMAHA MSP3
キーボードIBM Space Saver Keyboard II
マウスLogicool MX1000 Laser Cordless Mouse

で、ベンチマーク結果は以下の通り。
今回は最近公開された UniversalCentury.net BENCHMARK でもベンチを取ってみました。

ベンチマークPen4 2.40BPen4 3.20
3DMark2001 SE1092412896
3DMark0337153857
3DMark0516041902
FFXIBench 3-L4371
(とてとて)
5284
(とてとて)
FFXIBench 3-H2757
(つよ)
3316
(とてつよ)
UC.net BENCH-2990

やっぱり 3D ベンチマークとして枯れた 3DMark 2001 SE とか FFXI Benchmark あたりは CPU クロックにリニアに反応してきますね。逆に、まだまだグラフィックチップ性能への依存度の高い 3DMark03、05 は CPU を換えても大してスコアが上がりません。ま、私は今のところ FFXI くらいしかやらないのでこれで十分だけど(その FFXI も最近あまり真剣にやってないし・・・)。
ちなみに以前使っていた冷却ファン(CPU ファン:山洋の 15mm 厚・2,000rpm、ケースファン:WiNDy SF80)だと動作が安定しなかったので両方とも山洋の 25mm 厚、2,000rpm のものに変更しました。それでも 8 月はエアコンをしっかり効かせておかないと FF やってる途中に熱で落ちてたけど(;´Д`)ヾ。

最近はむしろゲームよりも MPEG エンコードとかで CPU パワーが必要なケースの方が多いので、実クロックや FSB の向上、HT 対応などで全体的なパフォーマンスの底上げができたかなと。
あとは、ぼちぼちビデオ編集とかもやりたいので、HDD を RAID0 化したいところです。

投稿者 B : 14:38 | PC | PC DIY | トラックバック

2005/09/03 (Sat.)

OpenOffice.org 2.0 Beta2

いつの間にか OpenOffice.org 2.0 の Beta2 がリリースされていたので、さっそく試してみました。

OpenOffice.org

自宅のマシンには MS Office を入れておらず、OpenOffice.org と一太郎でまかなっているので、2.0 の正式リリースには期待している一人です。Beta1 ではまだまだ未完成な部分が多く、仕事のファイルを開くと表示がおかしい部分もあったので、Beta2 が待ち遠しかったです。

いくつかのファイルを試してみたところ、Beta1 よりも全般的に MS Office との互換性が向上している感じで、かなり違和感なく MS Office のファイルが扱えるようになっています。
が、一部、Impress(プレゼンテーションソフト)のスライド内の表が正しく表示されないなど、Beta1 より退化してしまった部分も(;´Д`)ヾ。
とはいえ、全体的な感触は良好。正式リリースが楽しみですね。

投稿者 B : 23:58 | PC | Software | コメント (0) | トラックバック

NuPad 2

仕事用に新調したものシリーズその 3。

id east end / NuPad 2

前からとても気になっていたマウスパッドです。本革製。
以前の仕事では ThinkPad だったので(TrackPoint に慣れていたため)マウスは不要だったのですが、新しい仕事で使っている PC(VAIO type F)は私が苦手なタッチパッド。なので、マウス必須、マウスパッドも必須というわけです。

昨日書いた V500 はモバイル時の X505 用で、メイン機の方には以前から愛用している PCGA-UMS3/R [SS RED] を引っ張り出して使っています。味のある光沢を放つ黒い革製マウスパッドに、真っ赤なマウスが映えてかなりいい感じ。

ただ、UMS3 標準のソール(というよりも樹脂のパーツがソールを兼ねているだけ)では滑りが悪く、マウスの動きが引っかかるような感じがあったので、自宅で使っているエアーパッドソールのサイズ違いのやつを取り寄せてみました。

POWER SUPPORT / エアーパッドソール AS-43

円形の一番薄いタイプ。まるであつらえたかのように標準のソールにぴったりでした。
エアーパッドソールをつけてみると、まるで革製マウスパッドではなくエアーパッドを使っているかのように滑らか。ソールだけでこれだけ滑るなら、エアーパッド要らないじゃん(´д`)。
ただ、マウス自体の感度があまりよくないのか、黒一色のパッドではときどき動きを検出してくれないことがある模様。V500 では問題ないので、マウス固有の問題かなあ。別のマウスも試してみるか・・・。

投稿者 B : 11:39 | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック