b's mono-log

2005/09/24 (Sat.)

VAIO VGN-TX90PS

・・・というわけで、久々に新しい PC を購入しました。新しい VAIO type T です。

ソニー / VAIO type T VGN-TX90PS (プレミアムブルー)

といっても私専用じゃないんですけどね。ウチの奥さんが結婚前から使っていた DELL のノートがちょっと古く、さすがに遅いし大きいし重いしということで最近の小さいノートに切り替えたかったのが目的です。あと、私のモバイル(X505)をとりあえず仕事用にしているので、奥さんのメイン機兼私のサブ(モバイル)機という感じで使おうかと。まあ、スペックは完全に私の好みで選んだけど。
以前の type T の頃から買い換え時を思案していたんですが、今回の type T は本当に死角がないくらい完成度が高まっていたのでほぼ即決でした。デザイン的にはそこまで強烈なインパクトこそないものの、旧型より好みだし、オーソドックスで飽きのこないデザインだと思うし。

カラーはやっぱりカーボン地が見えるプレミアムブルー。1,000 台限定(うちソニスタ扱いは 800 台)という狭き門でしたが、Star が十分すぎるくらい貯まっているので問題なく購入できました。聞けば当日夕方には 800 台分の受付が終了していたとか・・・。

他のスペックはこんな感じ。

まあ、妥当・・・かな?バッテリライフを考えると PenM は譲れないところだろうし、メモリは費用対効果が今のところ一番良い 1GB。光学ドライブはコンボでも良かったけど、帰省したときなんかに姪っ子のビデオを撮ってそのままざっくりカット編集して DVD に焼いて両親にあげる・・・みたいなニーズが出てきそうな気がしたので記録型に。キーボードは自分メインだったら英字にするところだけど、とりあえず日本語 KB にしました。

半日くらいかけてようやくセットアップ完了。最近のモバイルノートは Norton も ATOK もプリインストールだから楽ですね。1.8inch HDD が若干モタつく感触があるものの、今まで使っていたモバイル機(X505、U101)より全ての面でパワーアップしているだけあって、モバイルマシンとしてはかなり快適な部類に入るかも。あ、でも Vana'diel Bench 3 はカクカクでまともに動きませんでした(´д`)。

ともあれ、自宅用のノートはこれで Longhorn が落ち着くくらいまでは買い換えを考える必要はないかな、という感じ。デスクトップは、そろそろ HDV 編集とかもやりたいので、少し何とかしたいかな。

投稿者 B : 22:04 | PC | VAIO | コメント (1) | トラックバック

2005/09/23 (Fri.)

The Saga Continues

キタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!

投稿者 B : 23:55 | PC | VAIO | コメント (0) | トラックバック

2005/09/04 (Sun.)

自作機

そういえば、ちょっと前に自作機をパワーアップしてたんでした。

マザーボードを Intel D865GLCK に変更。例によって、ななちゃんのおさがり(ぉ。
以前の i845 マザーから少しアップデートされたとはいえ、3 年落ちだったアーキテクチャが 2 年落ちになった程度だけど・・・。
これに合わせて CPU を Pentium 4 3.20GHz(Socket478、Northwood コア)に、メモリを PC3200 の 2GB(1GB×2)に強化。FSB が上がって Hyper-Threading に対応しました。
CPU は Prescott コアという選択肢もあったんですが、同クロックで比較すると Northwood よりもずいぶん TDP が上がってしまうので却下しました。ケースの放熱性が低いので・・・。ちょうど私が買った直後くらいにアキバから Northwood コアの在庫が消えてしまったようなので、ギリギリの時期に買えたかな。

というわけで今の自作機の構成は以下のとおり。

ケースSOLDAM WiNDy EX700R WPM
電源SOLDAM WiNDy Varius EX350
CPUIntel Pentium 4 3.20GHz
M/BIntel D865GLCLK
RAMHynix PC3200 DDR SDRAM 2.0GB (Dual Channel)
HDDHGST HDS722516VLAT80
ODDPioneer DVR-A08-J
ビデオCanopus MTVGA 9600XT SE
ビデオキャプチャCanopus MTVX2005
サウンドCreative Professional E-MU 0404
ディスプレイSony SDM-S204
スピーカYAMAHA MSP3
キーボードIBM Space Saver Keyboard II
マウスLogicool MX1000 Laser Cordless Mouse

で、ベンチマーク結果は以下の通り。
今回は最近公開された UniversalCentury.net BENCHMARK でもベンチを取ってみました。

ベンチマークPen4 2.40BPen4 3.20
3DMark2001 SE1092412896
3DMark0337153857
3DMark0516041902
FFXIBench 3-L4371
(とてとて)
5284
(とてとて)
FFXIBench 3-H2757
(つよ)
3316
(とてつよ)
UC.net BENCH-2990

やっぱり 3D ベンチマークとして枯れた 3DMark 2001 SE とか FFXI Benchmark あたりは CPU クロックにリニアに反応してきますね。逆に、まだまだグラフィックチップ性能への依存度の高い 3DMark03、05 は CPU を換えても大してスコアが上がりません。ま、私は今のところ FFXI くらいしかやらないのでこれで十分だけど(その FFXI も最近あまり真剣にやってないし・・・)。
ちなみに以前使っていた冷却ファン(CPU ファン:山洋の 15mm 厚・2,000rpm、ケースファン:WiNDy SF80)だと動作が安定しなかったので両方とも山洋の 25mm 厚、2,000rpm のものに変更しました。それでも 8 月はエアコンをしっかり効かせておかないと FF やってる途中に熱で落ちてたけど(;´Д`)ヾ。

最近はむしろゲームよりも MPEG エンコードとかで CPU パワーが必要なケースの方が多いので、実クロックや FSB の向上、HT 対応などで全体的なパフォーマンスの底上げができたかなと。
あとは、ぼちぼちビデオ編集とかもやりたいので、HDD を RAID0 化したいところです。

投稿者 B : 14:38 | PC | PC DIY | トラックバック

2005/09/03 (Sat.)

OpenOffice.org 2.0 Beta2

いつの間にか OpenOffice.org 2.0 の Beta2 がリリースされていたので、さっそく試してみました。

OpenOffice.org

自宅のマシンには MS Office を入れておらず、OpenOffice.org と一太郎でまかなっているので、2.0 の正式リリースには期待している一人です。Beta1 ではまだまだ未完成な部分が多く、仕事のファイルを開くと表示がおかしい部分もあったので、Beta2 が待ち遠しかったです。

いくつかのファイルを試してみたところ、Beta1 よりも全般的に MS Office との互換性が向上している感じで、かなり違和感なく MS Office のファイルが扱えるようになっています。
が、一部、Impress(プレゼンテーションソフト)のスライド内の表が正しく表示されないなど、Beta1 より退化してしまった部分も(;´Д`)ヾ。
とはいえ、全体的な感触は良好。正式リリースが楽しみですね。

投稿者 B : 23:58 | PC | Software | コメント (0) | トラックバック

NuPad 2

仕事用に新調したものシリーズその 3。

id east end / NuPad 2

前からとても気になっていたマウスパッドです。本革製。
以前の仕事では ThinkPad だったので(TrackPoint に慣れていたため)マウスは不要だったのですが、新しい仕事で使っている PC(VAIO type F)は私が苦手なタッチパッド。なので、マウス必須、マウスパッドも必須というわけです。

昨日書いた V500 はモバイル時の X505 用で、メイン機の方には以前から愛用している PCGA-UMS3/R [SS RED] を引っ張り出して使っています。味のある光沢を放つ黒い革製マウスパッドに、真っ赤なマウスが映えてかなりいい感じ。

ただ、UMS3 標準のソール(というよりも樹脂のパーツがソールを兼ねているだけ)では滑りが悪く、マウスの動きが引っかかるような感じがあったので、自宅で使っているエアーパッドソールのサイズ違いのやつを取り寄せてみました。

POWER SUPPORT / エアーパッドソール AS-43

円形の一番薄いタイプ。まるであつらえたかのように標準のソールにぴったりでした。
エアーパッドソールをつけてみると、まるで革製マウスパッドではなくエアーパッドを使っているかのように滑らか。ソールだけでこれだけ滑るなら、エアーパッド要らないじゃん(´д`)。
ただ、マウス自体の感度があまりよくないのか、黒一色のパッドではときどき動きを検出してくれないことがある模様。V500 では問題ないので、マウス固有の問題かなあ。別のマウスも試してみるか・・・。

投稿者 B : 11:39 | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2005/09/02 (Fri.)

Logicool V500

仕事用に新調したものシリーズその 2。

ロジクール / V500 Cordless Notebook Mouse (ガンメタルシルバー&マットブラック)

ロジクールのマウスです。このマウスは発売当初からずっと気になっていたんですが、明るめのカラーしかなかったのと、以前何かの記事で「カラバリを出す予定がある」というのを見かけたことがあったので、それを待っていました。で、いよいよ新色が出るということで、速攻購入した次第。仕事でとりあえず使っている X505(私物)に合わせてガンメタルシルバー&マットブラックを選択しました。ブラック系とはいっても思ったより風合いのあるカラーで、MX1000 Laser とほぼ同色のようです。でも、底面はアルミの素材色そのままなんですね。

このマウスはタッチセンサタイプの 2D スクロール機能だけでなく、レシーバ収納とか電源スイッチを兼ねたチルト機構とか、かなり気合の入った製品ですね。デザインも凝ってるし。ヨドバシ価格で¥7,480 とかしますが、そのくらいの価値はあると思います。
マウスってけっこう機能やデザインで語られることが多い気がしますが、安いだけの製品ではセンサの感度やカーソルの追従性が好ましくないことも少なくない。カタログにはなかなか表れない部分ではありますが、実はこういうところこそ重要だと思います。本当はレーザーセンサだともっと良いんだけど、このサイズのマウスにそれを求めるのはまだ酷ですかね。

スクロールパネルはその方向に触れている間だけスクロールを続けるタイプで、今までにない操作感にはちょっと慣れが必要な感じ。でも、スクロール中はマウス本体から「チチチチチ・・・」という微かな音が出るので、感覚はつかみやすいと思います。ただ、普通のホイールマウスにある「中クリック」という概念がないので、ユニバーサルスクロールやタブブラウザの「新しいタブで開く」が使えないのはちょっと残念。

あとは、今シーズンの VAIO で Bluetooth 搭載のラインアップが広がっていたりするので、このテの使い勝手のいいモバイルマウスが Bluetooth 対応になってくれるととてもありがたいんですけどね。

投稿者 B : 21:37 | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック