b's mono-log

2016/10/13 (Thu.)

スマホを PC 用 VR HMD 化する RiftCat/VRidge

今日はいよいよ PlayStation VR の発売日でしたね。私ももちろん買...えませんでした(号泣

本当は一日も早く遊びたいのですが、モノがないことにはしょうがない。先日買ったスマホ VR ゴーグルはあるけど、スマホ系の VR コンテンツは動画見るだけのものが多くてすぐに飽きるし、何かもっと楽しめる方法はないものかと試行錯誤していました。
そしたら、あるじゃないですか、Android スマホを HTC Vive 代わりの VR ゴーグルにして、PC 向け VR コンテンツを遊ぶための手段が!

3,000円でOculus体験! 簡易ゴーグル+RiftCatでスマホで本格VRを実現 | Game Deets

「RiftCat」というソフトウェアを使うことで、HTC Vive や Oculus Rift を持っていなくても PC 用 VR が簡易的に遊べる、とのこと。
さっそくインストールしてみました。

RiftCat

使うための手順は、

  1. PC に RiftCat をインストールする
  2. スマホ用 VR ゴーグルを用意する
  3. スマホに VRidge をインストールする
たったこれだけ。クオリティは犠牲になるとはいえ 10 万円する HTC Vive や Oculus Rift を買わなくてもいいというのはとても助かります。

RiftCat

スマホ側にもアプリをインストールして、同じネットワーク下でそれぞれ RiftCat/VRidge を起動すると、互いに認識して使えるようになります。
その際 PC のファイアウォール設定に RiftCat を例外設定してやらないと繋がらないので要注意。

RiftCat

RiftCat 上のスマホ設定画面では、表示のクオリティを変更することができます。
とはいえ 3D の演算は PC 側で行い、レンダリング結果をストリーミング動画としてスマホに送り込んでいるだけなので、スマホ側の処理性能はあまり気にする必要はありません(といってもさすがにローエンドスマホじゃ厳しいですが)。どちらかというとネットワークのスループットに依存するので、できるだけ 5GHz の .11ac などを使いたいところ。PC とスマホを USB 接続(テザリング接続)しても使えますが、少なくとも USB 2.0 のスマホでは Wi-Fi と有意なクオリティ差は見られませんでした。

VRidge

スマホ側は PC と接続完了すると、↑のような待機画面になって PC 側で VR アプリが起動するのを待ち受けます。

RiftCat

ここで PC 側の「PLAY STEAMVR GAMES」ボタンをクリックすると、SteamVR のサブウィンドウが表示され、スマホが HTC Vive として認識されます。最初にこの画面が出たときはちょっと感動。
ただしハンドコントローラもベースステーションもないので、それらは当然認識されません。

VRidge

スマホ側の画面では、VR ゲームが起動するまでの間は灰色の VR 空間が表示されます。
スマホ内蔵のジャイロセンサを使ってヘッドトラッキングもちゃんとできています。

しかし...SteamVR からいくつか Vive 対応 VR コンテンツの体験版をダウンロードしてみましたが、どのタイトルも起動すらできず。Oculus 用タイトルも同様でした。
おそらく、PC が各タイトルの要求スペックを満たしていないので起動自体ができない、ということのようですorz。まあ四年半前の Radeon HD 7850 だからなあ...。

RiftCat

残念ながら SteamVR のゲームタイトルは遊べませんでしたが、他にも RiftCat 自身が配布している VR コンテンツがあります。RiftCat が提供するライブラリから、負荷が低そうなタイトルをいくつかダウンロードしてみました。

VRidge

起動できなかったものもありましたが、↑の「Minformer」というゲームはプレイできました。見るからにシンプルな 3D ゲームで、クオリティは初代プレステ以下ではありますが(ぉ)、それでもちゃんと遊べることが確認できただけでも嬉しい。シンプルすぎてすぐに飽きてしまいますけどね...。

なお、RiftCat は無料版では 10 分の時間制限があり、時間いっぱいになると強制停止されてしまいます。アプリごと再起動すればまた遊べますが、動作確認するにしても 10 分程度じゃやってられないので、私はレジスト(日本円にして ¥1,600 程度)してしまいました。
PC のスペックさえ足りていれば(GeForce GTX 9xx 以上が求められるのが辛いところですが)、スマホ用 VR ゴーグル+RiftCat のレジスト料合わせて ¥3~4,000 程度で SteamVR の豊富な VR タイトルが簡易的に遊べる環境が得られるというのは安い買い物ではないでしょうか。かなり玉石混淆ながら、タイトル数だけでいえば PSVR よりも全然揃っています。しばらくはこれだけでも遊べそうですね。どうやら PlayStation Move を PC に繋いでハンドコントローラとして使うこともできるようなので、その気になれば Vive/Oculus がなくてもそれなりに遊べてしまう感じ。

とはいえ私はそもそも PC スペックが足りていなさすぎるので、そろそろグラフィックボードの更新を具体的に考えようと思います(´д`)。

TEPOINN / VR TEPOINN

B015E3WM4E

投稿者 B : 23:42 | Mobile | PC | Smartphone & Tablet | Software | コメント (0) | トラックバック

2016/08/22 (Mon.)

VAIO Fit 11A の Wi-Fi モジュール換装

VAIO Fit 11A

ウチの奥さん用 PC である VAIO Fit 11A ですが、以前から「無線が切れやすい」という相談を受けていました。
今までチマチマ設定を変更したりしながらダマシダマシ使っていたんですが、いろいろいじってもなかなか改善する気配がなく。ここで原因として考えられるのは、以下のどれかあるいは複数の組み合わせ。

  • 内蔵 Wi-Fi モジュールの性能が悪い
  • 内蔵 Wi-Fi アンテナの性能が悪い
  • PC のハードウェア的な問題(Wi-Fi 周りの電源制御がうまくできていない等)
  • Wi-Fi ルータの性能が悪い
  • Wi-Fi ルータと PC の相性が悪い
ルータ側はこまごまとした不満はあるものの、他の PC やスマホとの組み合わせでは特に問題が起きていないので、PC 側が原因だと思われます。メインボード側やアンテナには手を出せないので、とりあえず対処のしようがある内蔵 Wi-Fi モジュールを換装してみることにしました。

Broadcom BCM43142

デバイスマネージャでネットワークアダプタを確認すると、「BCM43142」という Wi-Fi+Bluetooth のコンボアダプタが内蔵されているようです。購入時のスペックだと確か IEEE 802.11b/g/n つまり 2.4GHz 帯のみに対応したアダプタのはず。
しかし調べてみると「BCM43142」というのはあくまでチップの名称であり、搭載されているモジュールの仕様が判りません。これでは換装用のモジュールも手配できないので(まあ十中八九 mini PCI-Express のハーフサイズカードなんだろうけど)、いったん分解して中身を確認。

VAIO Fit 11A

VAIO Fit 11A という機種自体、販売台数がかなり少ないようで、ググってみても分解記事は全く見つかりませんでした(泣。でも Fit A シリーズのサイズ違いの分解記事はいくつかあったので、それを参考にしながらバラしていきます。
シャシーを留めているネジは全て本体底面、中ほどの三本の黒いネジと、あとはヒンジ側およびパームレスト側のゴム脚の下に隠されています。

VAIO Fit 11A

三本の黒ネジに加えてパームレスト側のゴム脚下に四本、ヒンジ側のゴム脚の下に各一本のネジを外していきます。
これでもボトムカバーはキーボードユニットに張り付いたままですが、あとはツメで留まっているだけなので、ヘラのようなものを隙間にねじ込んで慎重に剥がしていくとボトムカバー全体がバカッと外れます。
なお、ボトムカバーには NFC モジュールが装着されていて、メインボードとボトムカバーがフレキシブルケーブルで接続されています。ボトムカバーを外す際には勢い余ってこのフレキケーブルにダメージを与えないよう注意が必要です。まあ Fit 11A で NFC 使ったことないですが(ぉ

ちなみにゴム脚は両面テープで貼られているだけなのですが、ゴム脚を剥がすと両面テープの粘着力はほぼなくなってしまうので、別途新品の両面テープを適当な形にカットして貼り直してやると良いでしょう。私は分解と再組み立てよりもこの両面テープを丁寧に切る作業のほうが時間かかりました(笑

VAIO Fit 11A

ボトムカバーが外れてメインボードが露わになりました。
近年のモバイル PC のギッチギチ基板を見慣れた目には、かなり余裕あるスカスカ基板に見えます(笑

目的の Wi-Fi モジュールは左側のスロットに装着されていました。
ちなみにその上にはカードタイプの SSD が装着されているので、SSD を換装したい場合もここから作業できます。

VAIO Fit 11A

案の定、mini PCI-Express ハーフサイズの Wi-Fi カードでした。
カード上のラベルを見ると、モジュールとしての製品名は「BCM943142HM」というようです。Dell や Lenovo の低価格モデルにも採用されているようですね。
固定用のネジ一本と二本のアンテナケーブルを外すと、スロットからカードが抜けます。

換装用に購入した Wi-Fi カードはこちら。

Intel / Dual Band Wireless-AC 7260 + Bluetooth

Intel Wireless-AC 7260

Intel の「Wireless-AC 7260」という Wi-Fi+Bluetooth のコンボカードです。
Wi-Fi は IEEE 802.11ac まで対応していて、この部分だけ私のプライベート PC である VAIO Duo 13 よりも世代が新しくなってしまった(笑

何かこだわりがあった、というよりはある程度実績があって価格も含めた入手性が良いモジュールを探した結果、これが最もコストパフォーマンスが良いと思ったので選択。
一昔前ならこういうパーツはアキバのモバイル系パーツショップに行くか eBay で入手するのが常道でしたが、今やこれも Amazon で探すのが一番手っ取り早いという。

Intel Wireless-AC 7260

バルク品ですが、パッケージには基板のほかに固定用の金具とネジがセットになっていました。
が、今回はこの金具とネジは使いません。

Intel Wireless-AC 7260

Wireless-AC 7260 を装着する前に、Intel のサポートサイトから対応する Wi-Fi と Bluetooth のドライバをダウンロードしてインストールしておきます。
他のデバイスと違ってネットワークアダプタなので、あらかじめダウンロードしておかないと後が面倒なので。

VAIO Fit 11A

ドライバをインストールしたら、Wi-Fi カードを差し替えてアンテナケーブルを挿し、分解時と逆の手順で元に戻していきます。

Intel Wireless-AC 7260

Windows を起動すると、デバイスマネージャ上では Wi-Fi と Bluetooth のアダプタがそれぞれ Intel のものに無事置き換えられています。

Intel Wireless-AC 7260

Wi-Fi ルータにも問題なく接続完了。Wireless-AC 7260 は 5GHz 帯にも対応したアダプタなので、5GHz 帯のアクセスポイントにも無事接続できています。Fit 11A にはもともと 5GHz 対応の Wi-Fi オプションが用意されていないため、5GHz 対応のアダプタに換装してもアンテナが対応していない(または性能が出ない)かもしれないと思いましたが、Windows のアンテナピクト表示を信用する限りは 2.4GHz 帯と同等以上の性能が出ているようです。

で、Wi-Fi が切れる症状が改善したかどうかですが...相変わらず切れるは切れるようです(´д`)。これは本体側が原因である可能性が高いですね。が、混信しづらい 5GHz 帯で繋ぐようにしたせいか、以前よりは多少マシになっているような気も。
設定をいじりながらもうしばらく様子を見てみますが、これでダメそうなら次はルータの方を買い換えてみるかなあ。

Intel / Dual Band Wireless-AC 7260 + Bluetooth

B00EQM8IHA

投稿者 B : 22:11 | PC | VAIO | コメント (0) | トラックバック

2016/08/04 (Thu.)

Windows 10 Anniversary Update

Windows 10 Anniversary Updateが提供開始 - PC Watch

Windows 10 の二度目の大規模アップデート、通称「Anniversary Update」が提供開始されました。
私も早速インストールしてみました。例によってサブ機にしている VAIO Duo 13 から。

Windows 10 の更新履歴

Windows 10 Anniversary Update

全ユーザーに一斉配信されているわけではないようで、Windows Update をかけてみても降ってこなかったので、私は MS のサイトから手動ダウンロードしました。
しかし「お祝いに参加しましょう」って...確かに Win10 のリリースから 1 年後のタイミングで提供されたアニバーサリーな更新だけどさ。

Windows 10 Anniversary Update

アップデータを手動ダウンロードすれば、Windows Update での配信がまだの PC であっても強制インストールすることができます。
ソニーの VAIO サポートページには、Anniversary Update に関する情報はまだ何も掲載されていませんが、まあ Win8.1→10 へのアップグレード時にも特に有用な情報は出てこなかったので、情報提供を待たずに当ててしまうこととします。何か問題があればロールバックもできますしね。

Windows 10 Anniversary Update

アップデート開始後、しばらく放置している間に再起動時の UEFI(BIOS)画面から先に進まないというトラブルが 1~2 度ありましたが(汗)、電源ボタン長押しによる強制リブートをかけると進めることができました。「16393.10」が Anniversary Update のビルド番号です。

Windows 10 Anniversary Update

一見して分かるのは、スタートメニューの構成が変更されたことでしょうか。今まではスタートメニューのトップには「よく使うアプリ」のみが表示され、その他のアプリにアクセスするには「すべてのアプリ」をクリックする必要があったのが、Anniversary Update では最初から「すべてのアプリ」の一部が表示され、スクロールすることで順番に表示されるようになりました。より Windows 7 ライクな UI に戻ったと言えます。

Windows 10 Anniversary Update

Anniversary Update の目玉機能である「Windows Ink」は、ショートカットキー [Win]+[W] で呼び出すことができます。画面右端に Windows Ink ワークスペースが表示され、付箋やスケッチパッド、画面スケッチ、Ink 対応アプリなどを起動することが可能。
使ってみようと思ったら、こういうときに限って Duo 13 のスタイラスの電池が切れているという(´д`)。しかも単六電池だから自宅に在庫なんてしてないという(;´Д`)ヾ。今まではスタイラスなんて Photoshop や Lightroom で写真レタッチするときくらいしか使わなかったので、電池がなくなっていることに気がつきませんでした...今度買ってこよう。

Windows 10 Anniversary Update

「設定」画面にも、「ペンと Windows Ink」の設定項目が追加されています。

「Anniversary Update」と大きく銘打った割には、目玉機能は Windows Ink くらい、あとは Cortana や Edge、Windows Hello(生体認証)の機能強化といった Windows 10 リリース当初は完成度が低かった機能の改善が中心といった印象です。自分で触っていても、従来からそれほど変わった感覚はありません。逆に言えば、業務アプリ等の対応に懸念がなければアップデートを躊躇する必要があまりない、と言えるかもしれません。
なにげに最大のメリットは、Windows Update による自動再起動を禁止する時間帯を設定できるようになった、ということかもしれません。今までは会議など重要なタイミングで勝手に再起動してしまう事故を何度となく目にしてきたので、これに遭遇したことがある人は真っ先にアップデートすべき案件(笑

個人的には、今回の Anniversary Update でライセンス認証の仕組みが改善され、ハードウェア構成を大きく変更して OS をインストールし直した際にもちゃんと認証が通るようになったことが大きいです。自作機を Win10 化する際にこの問題が気になっていたので。これで今後マザーボードを入れ替えても、このライセンスを移行できることになります。

Microsoft / Windows 10 Pro

B013HGWA6K

投稿者 B : 23:10 | PC | Software | コメント (0) | トラックバック

2016/06/30 (Thu.)

自作機をようやく Windows 10 化

無償アップグレード期間があと 1 ヶ月となったので、重い腰を上げてメインの自作機を Windows 10 にアップグレードしました。

Windows 10

私は自作機以外は自宅にある PC も仕事マシンも全て Windows 10 化済みなので、特にアレルギーがあったわけではありません。周辺機器やアプリで動かないものもほぼなかったんですが、アップグレードのためにメイン機が数時間使えなくなるのが面倒だったのと、この際パーツを一新するかどうかギリギリまで悩んでいたために、この時期になってしまいました。

というのも、無償アップグレードの場合はパーツ交換(特にマザー周り)後のライセンス認証がめんどくさそうなので、この際だから最新の Skylake 世代に入れ替えてしまおうかな、という考えがよぎったわけです。
でも、CPU 性能自体は 3 世代前にあたる Ivy Bridge でも今のところまだ大きな不満はなく。パーツ交換するにしても SSD か GPU を更新するだけで当分現役になりそうなので、とりあえず今の構成のままアップグレードしてしまうことにしました。今度マザー交換するときはライセンス買い直してもいいかな...。

Windows 10

アップグレード自体は何度も経験しているので、トラブルも特になくすんなり完了。
でもダウンロードからインストール完了まで、なんだかんだで 2~3 時間はかかりますね。

Windows は今後 10 をベースにマイナーチェンジが繰り返されていく方針で、これまでのような数年おきのメジャーアップデートではなく、iOS や macOS のような感覚になってしまうのかと思うとちょっと寂しいところ。
ま、今やもうそんな時代でもないんだろうし、そういうやり方をしないといつまでも WinXP や Win7 にしがみついてセキュリティリスクを増大させるユーザーが後を絶たないので、仕方がないとも思いますが...。

Windows 10

ついに手持ちの PC の中で稼動しているマシンが全て Windows 10 ベースになりました。
UI についてはもう使い慣れたものですが、タッチもマイクもついていないデスクトップ PC で、マウス+キーボードベースで Windows 10 を使うというのは、OS のポテンシャルを活かし切れていない感はありますね。まあ Win8 の時代と違って、Win10 はタッチなしでも Win7 に近い操作感なので、普通に使えてしまいますが。でもコントロールパネルと「設定」が別々の機能、というのだけは許せない(´д`)。

折しも、Windows 10 の二度目のメジャーアップデート「Anniversary Update」は 8/2 に提供開始されることが発表されました。機能面ではスタイラスペンや生体認証デバイスを持っていないと恩恵を受けられないものもありますが、どちらかというと中身のブラッシュアップでどの程度使い勝手が向上しているのかのほうに興味があります。提供開始されたら、とりあえずサブ機の VAIO Duo 13 あたりから順に試してみようと思います(笑。

Microsoft / Windows 10 Pro

B013HGWA6K

投稿者 B : 23:10 | PC | PC DIY | コメント (0) | トラックバック

2016/05/18 (Wed.)

Privacy Shield モンスター PC VAIO Z

仕事用 PC を、VAIO Pro 13 から VAIO Z に乗り換えました。

VAIO Z

Pro 13 だとちょっと力不足を感じる場面があったり、キーボードやタッチパッドのフィーリングがイマイチ気に入らなかったり(mk2 ではだいぶ良くなってるみたいですが)したので、思い切って Z に。
長年 1kg 前後のマシンばかり使ってきた身には 1.3kg を超える PC はさすがにちょっとズッシリきますが、それを補って余りあるパフォーマンスはいいですね。

で、私は基本的に仕事用のモバイルノートには必ずプライバシーフィルタをつけるようにしているので、これを買ってみました。

PDA 工房 / Privacy Shield モンスター PC VAIO Z

Privacy Shield モンスター PC VAIO Z

VAIO Z(フリップモデル)の液晶は段差のないタッチパネルなので、エレコム等から発売されている汎用品のプライバシーフィルタは装着すると不格好になってしまいます。
でもさすがに VAIO Z 専用タイプは出てないだろうなあ...とダメモトで探してみたら、なんとあったという(笑)。こういうマニアックなアクセサリーを探すとけっこうな頻度でヒットする PDA 工房さん、WorkPad や CLIE を使っていた頃から長年お世話になってます...。

Privacy Shield モンスター PC VAIO Z

さっそく貼ってみました。
汎用品のプライバシーフィルタは隅っこをテープで留めるものが一般的ですが、この VAIO Z 用のプライバシーフィルタは液晶保護シート方式で、液晶面にペタッと貼り込んでしまうタイプ。人に画面を見せるときにサッと外せないのがデメリットですが、まあ私は人に画面を直接見せる機会自体そんなにないので大丈夫です。

プライバシーフィルタの表面はアンチグレアなので、何も貼っていない状態に比べて外光の映り込みが気にならなくなるのもメリットかな。

Privacy Shield モンスター PC VAIO Z

サイズ感はミヤビックスの液晶保護シートほどじゃないけどそれなりにピッチリ作られています。
画面下の Windows ボタンと、画面上のカメラおよびセンサ類の部分だけがくり抜かれた形状。

タッチパネルの反応が悪くならないか不安でしたが、まあ多少は感度に影響はあるものの、普通に使えています。
ペンも問題なく使える模様。あまりハードにペンを使うとフィルタの表面に傷がつきそうなので、様子を見ながら使う必要がありますが。

Privacy Shield モンスター PC VAIO Z

のぞき見防止の度合いを見てみましょう。

画面輝度を 100% に設定して、右斜め 45° からのぞき込むとこんな感じ。
画面の右半分はけっこうしっかり見えてしまっています。

Privacy Shield モンスター PC VAIO Z

これを、画面輝度 25% まで落とすとかなり横からの視認性が悪くなり、そうとう大きなフォントサイズで作業していない限りは判読できない感じに。

Privacy Shield モンスター PC VAIO Z

左斜め 45° から。
画面輝度 100% だと、やっぱり左半分は読めてしまいます。が、右側から見たときに比べて画面は薄暗く見えます。

Privacy Shield モンスター PC VAIO Z

輝度 25%。
やはり完全に見えなくはなりませんが、かなり視認性は落ちてきます。
実際屋外でもない限り、輝度 25% でも実用上問題はないので、外で仕事するときはこのくらいが良いかな。

Privacy Shield モンスター PC VAIO Z

液晶のベゼルが出っ張っていないので、このプライバシーフィルタをつけると液晶側の厚みが増して本体が閉じにくくなるかな?と少し心配でしたが、干渉しないギリギリの厚さで作られているようで、問題なく閉じることができました。
言い換えればこれだけ薄いフィルタを使っているので、一般的なプライバシーフィルタに比べるとのぞき見防止効果がやや薄い、ということなのでしょう。それでもないよりは全然マシなので、あとは工夫で何とかします。

VAIO Z

やっぱり新しい PC は使っていて気持ちが良いですね。
仕事のほうも、このマシンに負けないような成果を出さないと。

VAIO / VAIO Z VJZ13B1icon

iconicon

投稿者 B : 23:13 | PC | VAIO | コメント (0) | トラックバック

2016/01/18 (Mon.)

SanDisk Extreme Portable SSD

サンディスク、IP55準拠の防滴・防塵ポータブルSSD ~USB 3.1でリード/ライト850MB/sec、容量約2TBの高速大容量モデルも - PC Watch
サンディスク、プロ向け外付けドライブでHDDからSSDへの置き換えを狙う ~耐久性・速度・持ち運びに特化した製品群を展開 - PC Watch

近年、SD や CF といったイメージング機器向けフラッシュメモリよりも SSD に注力しているように見える SanDisk が、ヘビーデューティ用途向けのポータブル SSD シリーズを発表しました。

防塵防滴かつ高速、という点では Western Digital による買収で兄弟ブランドになった G-Technology と同じ方向性。買収のタイミング的に今回の新製品は WD の意向というわけではないでしょうが、このことはポータブルストレージが置かれた状況を端的に表していると言えます。
パーソナルユースであれば既に USB メモリでも十分すぎる容量とスピードを実現しているし(しかも安い)、クラウドストレージの普及もあってポータブルストレージの需要自体が縮んでいるのではないでしょうか(裏は取ってませんが)。そうなると、引き続き大容量のデータを高速に転送する必要がある分野で、かつそういう用途となれば厳しい環境下でも使えるプロ用、というのはごく自然な選択と集中と言えます。特に、SanDisk も HGST(G-Technology)もプロ用途に強いブランドだった、ということも考えれば、そこに最大の強みがあります。

ま、かくいう私も最近は USB メモリすら使う機会が減ってきているんですが、仕事でもたまに動画ファイルや高解像度な画像ファイルをやりとりする機会はあるので、240GB くらいのやつを一つ買ってみてもいいかなあ。なんたって、長年 SanDisk の CF/SD を愛用してきている身としては、赤い SanDisk ロゴが入ったポータブル SSD、ってグッとくるじゃないですか(笑。

SanDisk / Extreme 500 120GB

B00ZTRY532

投稿者 B : 23:59 | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2015/12/15 (Tue.)

ノート PC 用ゴム足製作・販売の「NyankoPC」

ちょっと前の記事ですが、↑のツイートを見るまで見落としてました。

【やじうまPC Watch】ノートPCのゴム足が取れてお困りではございませんか? - PC Watch

ノート PC のゴム足の保守パーツをオーダーメイドで製作・販売してくれるサービスです。こんな商売があるんですね。

日常的にモバイル PC を使っている人であれば、底面のゴム足を紛失してしまった、という経験の一度や二度はあるんじゃないでしょうか。私もそうやって保守パーツを取り寄せた経験は数知れず。それも製品が現行品か、メーカーサポートに保守パーツが残っている間はいいですが、ちょっと古い PC の場合はそうもいかない。まあ、それくらいになると PC 自体が製品寿命的に限界を迎えることがほとんどなので、それから改めてゴム足を必要とする人もいないでしょうが、私のように昔愛用していた PC を今でも動態保存しているようなマニア(笑)にとっては、もう手に入らない機種のパーツがオーダーできるというのは貴重です。

個人的には VAIO のモバイルノート系はかなりの機種を自分でバラしてきたので、ゴム足の形状を見ただけでどの機種のものか判別できるのもいくつか(笑。でも VAIO に関しては、重要なのは紫色だった世代のゴム足が、ほぼ確実に経年とともに加水分解でベトベトに溶けてしまい、修復不可能になっていたのが交換できること。この溶けたゴム足のせいでいろんなものを汚しちゃったんだよなあ(しかも溶けたゴムだから拭いてもそう簡単に取れない)。
初代 505・N505 は今でも大事に取ってあるし、ここからゴム足を取り寄せて修理してみようかなあ。

投稿者 B : 23:52 | PC | コメント (0) | トラックバック

2015/12/08 (Tue.)

ThinkPad 701C(模型)

文具メーカーのキングジムがPC市場に参入。8型液晶で12型相当の変形キーボード搭載 - PC Watch

キングジムから、ポメラの後継製品とも言えるモバイル PC「ポータブック XMC10」が発表されました。

Windows タブレット系の 2in1 が主流になりつつある現在、久々にキーボードにこだわったアプローチで登場したモバイル PC で、マニアの間では賛否両論ありつつも、高い注目を浴びているようです。かくいう私も複雑な思いで眺めている一人なわけですが...。
モバイル PC の歴史は長らく快適なキーボードとモビリティの両立の歴史であった、と言っても過言ではないわけですが、このポータブックが発表された後、UMPC 系を中心にさまざまなモバイル PC を懐かしむ話題がタイムラインを埋め尽くしていきました。その中でも、古参 PC 勢にとって「元祖」と言える PC はこれではないでしょうか。

ThinkPad 701C(模型)

ThinkPad 701C。液晶の開閉に連動して展開する TrackWrite キーボード、通称「バタフライキーボード」のほうがモデル名よりも有名なほど。
この頃の ThinkPad はキーボードに強いこだわりを持っていて、私が社会人になりたての頃に会社から与えられたお下がりのノート、ThinkPad 760E も液晶を開くとキーボードが自動チルトするギミックを搭載していました(余談だけどこれ Pentium 150MHz 搭載で 3kg 近くという、当時個人で使っていた VAIO 505EX とほぼ同性能ながら二倍の重量で、持ち歩くのがとても辛かった)。当時はモバイル PC は 30~40 万円するのが普通だったので、凝ったギミックを積んだ製品が多かったですね。

さておき、これ↑はその ThinkPad 701C のスケールモデルです。2002 年の ThinkPad 10 周年のときに手に入れて以来、なんかもったいなくて組み立てられずに保管されていました(笑。

ThinkPad 701C(模型)

これが「バタフライキーボード」のギミック。キートップの形状に沿ってキーボードを階段状に二分割し、収納時には互い違いに噛み合わせることで横幅を詰めるという構造になっています。このコロンブスの卵的発想が今になっても色褪せず、多くの人の記憶に残っている理由でしょう。

ThinkPad 701C(模型)

中身。もったいなくてもうビニールすら開けていないというね(笑

当時の ThinkPad のデザインを精密にスケールダウンして作られていて、写真で見ると実物のパーツであるかのようです。
ちなみにこの模型に使われているプラスチックは ThinkPad のリサイクル素材を使用しており、これはある意味 ThinkPad そのものであるとも言えます。

ThinkPad 701C(模型)

キーボードの部品。ちゃんとキートップまで正確に印字されています。
そういえば、この頃の ThinkPad のキーボードは、機能キーが黄色っぽい印字でしたね(懐

ThinkPad 701C(模型)

アップで見ると、キーボードが段違いで組み合わせられているのがよく分かります。本来 [H] キーの隣にあるはずの [J] キーが、二段上の [4] キーの隣に来ているという。これによって、収納時にはキートップ 3 つ分の横幅を稼いでいることになります。

元 ThinkPad ユーザー的には、キートップのザラザラ感まで精巧に再現されているのがたまりません。

ThinkPad 701C(模型)

キーボードの開閉ギミックを司る可動部品たち。
TrackPoint の赤いキャップももちろん同梱されています。

ThinkPad 701C(模型)

模型といっても、ガンプラのようにランナーに繋がっているわけではないので、ビスで組み立てるだけ。それでも取説が付属しています。
液晶の開閉に使うラッチまでバネ入りで再現されているのがすごい。最近のノート PC はヒンジの力で閉じるので、ラッチがあるもの自体が珍しくなりました。

ThinkPad 701C(模型)

バタフライキーボードはこのような構造で、多数のギヤとアームの複雑な組み合わせによって成立しています。PC としての中身が入っていない模型ですが、この機構だけは実機のものをそのままスケールダウンして入れ込んだのでしょう。これが、あの滑らかな開閉ギミックを実現しているんですね。
この芸術的な構造の前では、ポータブックのキーボードギミックはまだまだ変態度が足りないと言えます(ぉ。薄さ軽さとのトレードオフなので、複雑でカッコ良ければいいというわけではありませんが。

改めてこういうのを見ると、やっぱり変形や合体のギミックは男のロマンなんだろうし、だからこそ定期的にこういう製品が世に問われるんだろうなあ、と思います。

投稿者 B : 23:45 | PC | コメント (0) | トラックバック

2015/11/24 (Tue.)

Windows 10 TH2

Windows 10「November Update」、フォントレンダリングや日本語IMEの改良などを実施 - クラウド Watch
【特別企画】Windows 10初のアップグレード版「Threshold 2」、その変更点を見る - クラウド Watch

Windows 10 TH2

開発コード「TH2(Threshold 2)」と呼ばれていた Windows 10 の大規模アップデート、正式名称「November Update」(11 月度アップデート、ってそのまんまじゃないか)が先日リリースされたので、私もさっそく適用してみました。まあ Windows 10 における Windows Update は原則として強制適用なので、Win10 ユーザーであれば使わざるを得ない、というのが正しいところですが。すぐにアップデートは適用していたものの平日は忙しかったので、この連休の間に少しいじってみました。

■GUI の改良
スタートメニューや右クリックメニュー等の表示が改善されました。ここは地味ながら確実に使いやすくなったところ。
あと、システムフォントである「Yu Gothic UI(游ゴシック UI)」のレンダリングが修正され、小さなフォントサイズでの表示時にも崩れにくくなりました。これまでは表示がガタガタしたり文字のベースラインがずれて見えたりして、これなら従来の Meiryo UI(メイリオ UI)のほうがまだマシだったと思える部分もあったので、これは嬉しい。ただ、iOS や Android 等のモバイル用 OS で美しいフォント表示に見慣れてしまうと、TH2 での改善も「これでようやくまとも」というレベル。MS は昔から日本語フォント(というより 2 バイト文字?)の扱いがおざなりだったので、もう少し力を入れてほしいところです。

■IME の改良
私は ATOK ユーザーなので、触ってみてもいません(ぉ

■Edge ブラウザの改良
Internet Explorer に代わる MS の新標準ブラウザですが、初期バージョンは動きは遅いし IE から機能的にデグレしているし挙動は怪しいし、でちょっと触っただけで使うのをやめてしまっていました。改めて触ってみると以前よりはマシになっているようですが、アドオンが使えないなど機能面で今一歩。ただ後述する Cortana のデフォルト動作に設定されてしまっているので、ぼちぼち慣れていこうと思います。

■メモリの利用効率向上
メモリの圧縮ストア機能に対応したことで、メモリの利用効率が向上=体感パフォーマンスが向上したとのこと。メモリ 8GB の VAIO Duo 13 では違いが分かりませんが、もう少し低スペックなマシンなら判るかな。別途 TransBook T90 Chi で試してみようと思います。

■Cortana
Windows 10 から登場した音声操作アシスタント「Cortana」。日本語環境向けには提供されていませんでしたが、TH2 に合わせて日本語対応しました。

Windows 10 TH2

これの起動は、Cortana アプリを手動で起動するか、PC に向かって「コルタナさん」と呼びかけること。Android の「OK, Google」よりはハードルが低いですが、PC に向かって「さん」付けはちょっと恥ずかしいので、何かしらカスタマイズさせてほしいところ。Windows Phone に向かって「ジュイス」とか呼びかけられたら最高なんだけど(ぉ

Windows 10 TH2

Cortana の音声入力はそのままでも使えますが、自分の声を使ってキャリブレーションすると精度が上がる、とのこと。でもキャリブレーションしてもイマイチで、iOS や Android のそれに比べるとまだまだ発展途上という印象です。でもこのあたりはデータベースの登録数がものを言う世界なので、おそらく急速に改善していくことでしょう。

Windows 10 TH2

PC に向かって「コルタナさん」と呼びかけて、知りたいことややりたいことを話しかけます。すると、話したそばから順に言語認識していくのがなかなか面白い。

Windows 10 TH2

↑別に「コルタナさんあのね」とかフレンドリーに話しかけたつもりはないんですが(´д`)、なんとかやりたいことは伝わって、Photoshop が自動起動。まあ PC ならば普通にマウス操作をしたほうが早いわけで、このへんは Windows 10 Phone が出てからが本番、といったところでしょうか。

ちなみにアプリ起動については、名称が似たアプリが複数インストールされている場合は音声認識後に選択肢が表示されるようになっています。

Windows 10 TH2

アプリ起動や Web 検索以外にも、例えば天気について訊いたらちゃんと答えてくれるなど、このへんも iOS や Android と同様ですね。「おみくじ」と言うと今日の運勢を表示してくれるのはネタ機能でしょう(笑。Siri と違って自然言語で訊いたことに対して気の利いた答えを返してくれるようなことは特にありませんし、規定の動作以外はすぐに Edge ブラウザでの Web 検索をキックする、というのもまだちょっとイケてない感じ。ここは今後の進化に期待ですかね。

Windows 10 自体もだいぶ使い慣れてきたことだし、年末の休みを利用して自作機も Win10 化しようかな、と考えています。

Microsoft / Windows 10 Home

B0161YPC42

投稿者 B : 22:10 | PC | Software | コメント (0) | トラックバック

2015/10/22 (Thu.)

Western Digital が SanDisk を買収

WDが2兆3千億円でSanDiskを買収 - PC Watch

昨夜のちょっと驚いたニュース。HDD メーカーの Western Digital が、フラッシュメモリメーカーの SanDisk を買収しました。買収金額も大きいですが、業界的にはとてもインパクトのあるニュース。

1990 年代には多数あった HDD メーカーも、度重なる買収劇で今や WD、Seagate、東芝の 3 社のみになってしっまいました。そこに、HDD メーカーによるフラッシュメモリ企業の買収が発表されたことで、HDD にとどまらないストレージ業界の再編が始まる可能性があります。
いい機会だから HDD メーカーの買収・合併の歴史をまとめてみようかと思ったら、PC Watch に一足早く、かつ詳細にまとめられていたので、私がまとめる必要もなくなりました(笑

【特集】PC Watchの記事で振り返るHDDメーカーの栄枯盛衰 - PC Watch

Maxtor とか Quantum とか、もはや懐かしい...かつては Quantum Bigfoot という 5inch HDD が存在した時代もあったんですよ(古

この手のキーデバイスはひたすらスケールメリットが効くし、その上付加価値を取るのが難しい市場でもあるので、あっという間に寡占化が進んでしまいました。かつて私が HDD では指名買いしていた IBM(最も信頼性が高いと言われていた)も日立に買収された挙げ句、今や WD 傘下の HGST/G-Technology ブランドになってしまっています。
しかし、スマホ/タブレット普及の影響もあって、PC も含め個人向け IT デバイスのストレージはほぼフラッシュメモリが主流になってしまい、HDD の主戦場はもはやエンタープライズ市場が中心。価格容量比ではまだまだ HDD に利があるとはいえ、個人ユースではフラッシュメモリ(SSD)の容量で十分になりつつあるし、記録密度の向上ペースは SSD のほうが高いので、数年先を見据えれば SSD の価格容量比が HDD を逆転する日もそう遠くない。SanDisk も SD カードをはじめとしたリムーバブルメディアでは高いブランド力を誇っているけど、SSD などの組み込み系では正直言ってあまり存在感がない。組み込みストレージにおける HDD→SSD への移行を軸に考えると、確かにこの買収劇は理に適っているように思えます。他の HDD メーカーでいうと東芝はフラッシュメモリも以前からやっているし、次は Seagate が Crucial あたりを買っても不思議はないですね...。

個人的には、HDD で最も信頼している HGST と、CF/SD で最も信頼している SanDisk が共に WD 傘下になったのはある意味安心感があります。Seagate は一時期あった不具合の影響で避けたい HDD ブランドになってしまったので...。そういう意味では、ブランドイメージって大事ですねえ。

投稿者 B : 22:18 | PC | コメント (0) | トラックバック