b's mono-log

2013/07/19 (Fri.)

フレッツ光に出戻り契約

昨年引っ越した後、e-mansion との速度比較をした結果、秋頃にフレッツ光を解約しました。自宅のネット回線は e-mansion に一本化して、電話はアナログ回線に戻し(!)自宅の電話番号を維持するためだけに最小限のコースで続けていました。
が、最近義父が病を患ったこともあり、田舎との電話連絡が増えて、毎月の電話代が ¥8,000~9,000 という規模になってしまいました。奥さんの実家にはネット回線もスマホもなく、IP 電話ベースの無料通話を利用することができません。ならばひかり電話あたりを導入して発信コストを下げれば、フレッツ光をひかり電話専用に契約しても、アナログ回線で通常の通話料を払うよりは安くなる、というのが試算の結果分かったので、結局フレッツ光に出戻り契約することにしました。

せっかく回線契約をするなら、So-net が最近提供開始した下り最大 2Gbps の FTTH サービス「NURO 光」を導入する...という案も考えたんですが、今の e-mansion で速度的に大きな不満はない(むしろインターネット側のスループットの問題で、ベンチ結果ほどのレスポンスが得られない場合がほとんど)こと、NURO 光では電柱から自宅への回線引き込み工事が発生して、壁のエアコン孔あたりからケーブルが這うという美観上の問題があること、月額のコストはアナログ回線で電話を使い続けたのと大差ないことから、今回は通話料の低減を主目的にフレッツ光を選択。

フレッツ光

届いたひかり電話ルータは RV-S340SE というモデル。以前使っていた RV-440NE よりも一つ古い型っぽいですが、まあひかり電話さえ使えれば困らないので。

フレッツ光

よく見るとリユース品のステッカーが貼ってありました。私が以前使っていたルータも、返却後は他の誰かの家で稼動しているのかなあ。

そういえば、去年は入居したてだったので e-mansion もかなり高速だったけど、今は状況が多少変わっているかな?と思い、久しぶりにスピードテストをやってみました。今回も speed.rbbtoday.comSpeedtest.net を使っています。rbbtoday のほうは近年バラツキが大きくなりすぎて信頼性が薄れてる気はしますが、Speedtest.net のほうはそれなりに信頼できる値かと。

環境フレッツ光e-mansion
speed.rbbtoday.com下り12.42Mbps95.77Mbps
上り1.51Mbps94.22Mbps
Speedtest.netPING41ms0ms
DOWNLOAD38.19Mbps92.13Mbps
UPLOAD22.20Mbps85.15Mbps

おおお、やっぱり e-mansion 速い。複数回計測した結果、フレッツは rbbtoday で下り 5~15Mbps、Speedtest.net でも下り 25~45Mbps という結果だったのが、e-mansion はどちらで測っても安定して下り 90Mbps 超えですからね。これは悩むまでもなく、今後もネット回線は e-mansion を使い続け、フレッツはひかり電話専用にする、という結論で良いでしょう。

本当は電話だけのためにフレッツを契約し続ける、というのはなんだかアホらしいので、もっとスマートな解決策があると良いんですが。e-mansion も IP フォンのサービスはやっているんですが、ナンバーポータビリティ非対応(050 始まりの番号になる)なのがちょっと。今の番号(03 始まり)、引っ越す前から使い続けているので、あれこれ切り替えるのが面倒なんですよね...。

投稿者 B : 00:33 | Home Network | PC | コメント (0) | トラックバック

2013/07/03 (Wed.)

VAIO Pro 11 のキャリングケース

VAIO Pro 11 のキャリングケース、純正品が存在しないから探し求めている人はけっこう多いようで。私は、これを引っ張り出してきてみました。

バズハウスデザイン / ハンドメイドフェルトケース for VAIO X シリーズ (オレンジ)

ハンドメイドフェルトケース for VAIO X シリーズ

以前使っていた VAIO X 用のケースです。VAIO X と VAIO Pro 11 は外形寸法がかなり近く、

VAIO X シリーズ:約 幅 278mm×高さ 13.9mm×奥行 185mm
VAIO Pro 11:約 幅 285mm×高さ 13.2-17.2mm×奥行 197 mm

と、縦横高さともに数ミリ単位での違い。ハンドメイドフェルトケースは VAIO X なら X バッテリをつけた状態でも入る程度の余裕はあったので、この差は吸収できるだろうと考えました。

試しに入れてみると、

ハンドメイドフェルトケース for VAIO X シリーズ

このとおり...

ハンドメイドフェルトケース for VAIO X シリーズ

じゃーん!まるで最初から専用品だったかのようにジャストサイズ。
Pro 11 はフルフラットではなく微妙にくさび形のデザインになっているので、封筒型のキャリングケースに入れたら不格好になるかなと思っていましたが、ほとんど気にならないレベルでした。これはいい。

Ultrabook の隆盛で 11~13inch クラスのキャリングケースはいろいろ出ていますが、ちょっとこだわろうと思ったらなかなか気に入ったものがないのが実情ではないかと思います。私は以前使っていたものを使い回せるので助かりましたが、バズハウスデザインがまだ現行製品として取り扱っているというのも驚き(笑。意外と狙い目ではないでしょうか。

バズハウスデザイン / ハンドメイドフェルトケース for VAIO X シリーズ (オレンジ)

B0031XWWJA

投稿者 B : 00:11 | PC | VAIO | コメント (0) | トラックバック

2013/07/02 (Tue.)

VAIO Pro 11 のリカバリ USB メモリ作成

VAIO Care

VAIO Pro 11 のセットアップをぼちぼちと進めています。メインマシンじゃないので急を要さないのと、Win8 の勝手がよく分からない部分もあるので、試行錯誤しながら。

で、買ったらまずはリカバリメディアを作成して、万が一メインストレージが飛んだときにでもリカバリできるようにしておく必要があります。

VAIO Care

VAIO のリカバリ/リカバリメディア作成なんて随分やっていませんでしたが、久しぶりに見たら DVD/BD だけでなく USB メモリもリカバリメディアとして使えるようになっているんですね。まあ、最近では光学ドライブを搭載した PC も随分廃れてきていて、外付けの光学ドライブを持っている人も減っていくでしょうから、それで正しいのでしょうが。

とはいえ、VAIO Pro 11 のリカバリメディアの作成には 16GB 以上の USB メモリが必要になる模様。さすがに手持ちの USB メモリでこのサイズのものはそんなに持っていないので、リカバリメディア専用として比較的安価なものを一つ買ってきました。

ソニー / POCKETBIT 16GB USM16GM (ホワイト)

USM16GM

リカバリ自体そんなに頻繁にするものでもないし、ここは速度よりもコストパフォーマンス重視で。ちなみに USB 3.0 のメモリを使おうとしてトラップにはまっている人もまま見かけますが、リカバリメディアは USB 2.0 のメモリにしか対応していないようです。

USM16GM

どちらかというと保管用途なので信頼性重視...と考えると、愛用しているノックスライド式よりも固定式のほうが良いかなと思って、このタイプにしました。何の変哲もない形状です。

USM16GM

データアクセス時には、外側の透明パーツの奥に埋め込まれた LED が黄色く光ります。

VAIO Care

リカバリツールの表示によると「15GB 以上の空き容量が必要」なのに対して、この USB メモリの実容量は 15.6GB。ギリギリです。

VAIO Care

リカバリメディアの作成にはけっこう時間がかかります。まあほぼ初回のみの作業なので、気長に待ちます。DVD/BD だとこれにメディア交換の手間がかかるので、いったんセットしたらあとは放っておけばいい分、USB メモリのほうがラクではあります。

USM16GM

ちょっと不安だったのが USB プラグの部分がプラスチックだということ。USB の通信はプラグ内部の接点で行っているので、外側は金属である必要はなく、極端な話かつてあった POCKETBIT MINI のように接点のついた基板だけでも USB メモリとしては成り立ってしまうのですが、端子の耐久性(プラグの上下や側面から圧力や衝撃が加わったときのための保護)という面では弱くなります。この USB メモリもプラグがプラスチックなので圧力や衝撃にはあまり強くなさそうな上に、1~2 回抜き差ししただけでプラグのプラスチック部分にあっさり擦り傷がついてしまって、これは頻繁に抜き差しする用途には使いづらそう。そういう意味では、プラグをスライド収納するタイプのほうがまだ信頼性は高かったでしょうね...。

まあ、リカバリメディアの作成が終わったら VAIO の製品カートンに入れて必要になるときまで保存しておくだけなので、とりあえず用は足りましたが。

ソニー / POCKETBIT 16GB USM16GM (ホワイト)

B0049XHRZA

投稿者 B : 01:11 | PC | VAIO | コメント (0) | トラックバック

2013/07/01 (Mon.)

VAIO Pro 11

VAIO

私が初めてノート PC を買ったのは、15 年前の 6 月 23 日。当時から自作派で、それほど PC を持ち歩く必要もなかった私はノート PC にはあまり興味がありませんでしたが、必要ないけどコレは欲しい、と思ってがんばって買った VAIO ノート 505。

そして、コイツの発売日は今年の 6 月 22 日。運命を感じます。

VAIO

途中、仕事で必要に迫られて 13~14inch クラスのパワフルなモバイルノートを使ったこともありましたが、基本的には 10~11inch クラスのサブノートを使い続けてきました。

そういう意味では、もっとも身体に馴染んだサイズ感です。性能や機能面で割り切った仕様の機種も多かったけど、逆にその潔さに惚れ込んだりもして。

VAIO

そういえば、VAIO は今日で国内発売 16 周年の記念日だったりもします。

思えば、PC も当時から見ればずいぶん遠い地点に来たものです。汎用性が高く、また汎用パーツの寄せ集めで組み立てられてしまうが故に、常に変わり続けることを宿命づけられているのが、PC というものだと思います。

VAIO

本当ならば、もっとタッチセントリックな製品を買うべきなんでしょうが、どうにも Windows 8 の操作感に馴染めない私は、最も馴染みの深いフォームファクタを選択しました。オールドタイプの PC ユーザーはクラムシェルタイプのノート PC とともに滅びてゆく運命なのかもしれませんが、当面はタブレットと使い分けるという選択肢もあるわけで、今はまだこれでいい。

ソニー / VAIO Pro 11 SVP1121A1Jicon

VAIO Pro 11

というわけで、数年ぶりにプライベート用のモバイル PC を購入しました。モバイル、といっても、プライベートの外出で使うデバイスはほぼスマートフォンと iPad mini で事足りてしまっているので、これを持ち歩くことはほとんどないと思いますが...。
特に必要としているわけでもないけど、これだけは私が買うことが義務とさえ思えるモデルだったので。まあ、考えてみれば最初に買った PCG-505EX/64 以来、仕事用以外でノート PC を必要に迫られて買ったことなんてないわけで、私にはそれで良いんです(笑

いろいろあって発注に出遅れてしまい、発売日には残念ながら届きませんでしたが、発売日から 1 週間以内には届きました。

VAIO Pro 11

スペックは、

  • ブラック+タッチパネルあり
  • Core i7-4500U
  • 英字配列キーボード
  • 液晶保護シート+貼付サービス
のみ変更して、あとはベーススペックのまま。 本当は最軽量モデルを狙いたかったんですが、カーボン厨としてはマットブラックになってしまうタッチなしモデルよりも、多少重くなってもカーボン目の見えるタッチありで。タッチありだと、ディスプレイとベゼルの間に段差がなくなる、というのもポイントでした。red edition は...物欲をそそられる仕上げではあったけど、そこまで赤好きなわけじゃないし、価格面もあってパス。violet edition だったら即死でした(ぉ

CPU は、たぶんそれなりに RAW 現像もやるだろうし、ピーク性能重視でここだけは奢りました。

VAIO Pro 11

液晶保護シート貼付サービスを頼んだので、液晶表面はアンチグレア系に。指紋ベタベタのディスプレイで画像処理なんてできないので、これは正解でした(タッチなしモデルなら最初からハーフグレア液晶だけど)。

ディスプレイ解像度はこのサイズでフル HD、1,920×1,080。なかなか向上してこなかったモバイル PC の液晶が、ここにきてようやく進歩し始めたのは、ディスプレイのドットなんて一日も早く視認できないサイズになるべき、と考えている高解像度派としては嬉しいところ。MacBook Air が Retina 化されなかったことも、背中を押しました。

VAIO Pro 11

スペックとサイズを兼ね備えたという点で、ようやく私が求め続けてきたモバイル PC に辿り着けたな、と思います。今まではプラットフォームの制約から、薄さ軽さか性能のどちらかを妥協するしかありませんでしたから。個人的には、最近の PC 業界全体があまりにも Ultrabook のプラットフォームに寄りすぎで、せっかく高まった自由度を自分で活かせていないように見えるのを危惧してはいますが、ことモバイルノートについてはこれで良いんです。

とか言いつつ、Windows 8 の操作性に慣れたらあっさり Duo 13 あたりが欲しくなってしまうのかもしれませんが(笑、当分の間はコイツを使い込んでやろうと思います。

ソニー / VAIO Pro 11 SVP1121A1Jicon

iconicon

投稿者 B : 05:05 | PC | VAIO | コメント (0) | トラックバック

2013/06/28 (Fri.)

Windows 8.1 Preview

ASCII.jp:【速報】Windows 8.1 Preview版のダウンロードが始まる
ASCII.jp:写真で見る、Windows 8.1 Preview──スタートボタンだけじゃないUIの進化
本田雅一のクロスオーバーデジタル:Windows 8.1はMicrosoftの課題にどう挑むか (1/2) - ITmedia PC USER

Windows 8.1 Preview

Microsoft が開発者向けカンファレンス「Build 2013」で、Windows 8.1 の発表と Preview 版のダウンロード提供を開始。

さっそくインストールしてみた人のコメントを見ると、「スタートボタンが復活したけどスタートメニューじゃなくてスタートスクリーンが出てきただけだった(´д`)」という話もちらほら目にしますが、Microsoft の「支持されなかった Windows の次のバージョンは良い」の法則(ぉ)からすると、今度は期待して良い、ということになります。少なくとも、スマートフォン/タブレット向け OS に引きずられすぎた UI/UX を改め、タッチ UI とレガシーデスクトップの共存を改めて図ろう、というのは(古い PC ユーザーの目線から見れば)多少なりとも安心して手が出せそう、と見えています。
まあスマートデバイス時代の PC 向け OS の UI 革新は今のタイミングをおいて他にない、とも思うわけで、変に Windows 8 からの揺り戻しでデスクトップアプリ偏重主義に陥っては Windows ごと PC がレガシーな存在になっていく可能性もあります。そういう意味では、Modern UI とデスクトップ UI のシームレスな共存を実現しつつ、じわじわとストアアプリを浸透させていかなくてはならない、という難しい舵取りを Windows 8.1 は迫られているとも言えます。

今回のバージョンアップは Windows Vista→7 への移行とは異なり、サービスパック的な位置づけで既存の Windows 8 にも提供されるようなので、これはある意味「だから Windows 8 PC を今買っても大丈夫ですよ」という Microsoft からのメッセージなのかもしれません。既存の Windows 8 マシンにも Preview 版をインストールすることはできるようなので、私も Windows 8 をインストールしたちょっと古い VAIO にセットアップして、どのくらい良くなったか試してみようかな。

投稿者 B : 01:08 | PC | Software | コメント (0) | トラックバック

2013/06/13 (Thu.)

Haswell MBA

アップル、Haswell搭載になったMacBook Air ~11インチは9時間、13インチは12時間駆動へ - PC Watch
【西田宗千佳のRandomTracking】WWDC2013基調講演詳報【OS X・新Mac編】 -AV Watch

MacBook Air

一昨日の WWDC で発表された Apple の新製品群。門外漢の私が今さら語ることもないんですが、いちモバイル PC マニアとしては MacBook Air が Haswell を積むとどうなるのか、というのはとても気になっていました。

GPU 性能の向上と省電力化が Haswell のメリット、であるならば、当然 MBA も Retina Display 化できるんでしょ?というのは誰もが期待するところです。そして、出てきたものが「単なるバッテリ駆動時間が伸びた MBA」だったことに落胆した人は多いでしょうが、当然私もその一人。MBA Retina が出ていたら、9 年ぶりに Mac を買っていたかもしれません。
Retina 化が見送られた理由としては、Haswell の内蔵 GPU では Retina Display を駆動するのに力不足なのか、と考えていました。GPU コアとしては十分な実力を持っていても、UMA(CPU 統合型 GPU でよく使われる、専用 VRAM ではなくメインメモリの一部を VRAM として共用するアーキテクチャ)のせいで VRAM のアクセススピードが足りないのではないかと。でも、よく考えたら現行の MacBook Pro Retina 13inch も CPU 内蔵グラフィックスなんですよね。ということは、現時点での Retina Display と Haswell、およびこの筐体に収まる容量のバッテリの組み合わせでは、旧型の MBA と比べてバッテリ駆動時間が短くなってしまうため、今回は Retina 化を見送ってバッテリ駆動時間を伸ばす製品パッケージを選択した、と。上記、西田さんの記事にも同じような内容が書かれていますが、そういうことなのでしょう。

記事中には「MacBook Airは、そういうコンサバな製品だ、ということが再確認できたともいえる」というくだりもありますが、この表現が MBA のありようを物語っていると言えます。決して悪い意味ではなく、薄さ・軽さ・性能・質感・価格、いずれもアフォーダブルなところでバランスさせることで、今までモバイルノートを買わなかった人にも使えるように、という考え方は、基本的に他の Apple 製品が目指すところと同じ。Intel が Ultrabook でコピーしたのも、そういう「モバイル PC を誰にでも使えるものにする」という部分だったわけで、そういう点では MBA は今のところ真っ当に進化してきている、と言えるでしょう。PC 向け Retina Display の消費電力が良い案配になってきたところで Retina 化はされるのでしょうが。

iMac や MacBook Pro のリニューアルは今回はありませんでしたが、出るとしたら秋以降でしょうか。でも、今回は性能向上がさほどでもなさそう(あっても SSD 周りの高速化くらい?)なので、Haswell 化されてもあまり大きな変化はなさそうな気がします。あるとすれば、Windows 陣営がホームノート系まで含めて軒並み Ultrabook ベースになってきているので、もしかして MacBook Pro もそっち方向に行っちゃうのか、逆張りでパワフルな商品性を目指すのか、という話はありそうですが...。

投稿者 B : 00:00 | Mac | PC | コメント (0) | トラックバック

2013/06/05 (Wed.)

Haswell

インテル、第4世代Coreプロセッサを正式発表 ~新省電力機能を搭載し、モバイル向けはチップセットも1チップ化 - PC Watch
【笠原一輝のユビキタス情報局】第4世代Coreプロセッサで始まるPC業界の大逆襲
【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】Intel CPUの大きなマイルストーンとなる「Haswell」が遂に登場
【特集】新世代デスクトップCPU「Core i7-4770K」をベンチマーク

Intel の新 CPU、コードネーム「Haswell」が正式発表されました。とはいえ自作市場向けには先週末から秋葉原で先行販売が始まっていたので、今回はその正式発表と、モバイル向け CPU の発表という形。

先代 Ivy Bridge は Sandy Bridge の実質的なマイナーチェンジ(プロセスシュリンク)版という位置づけだったので、Haswell では大幅な改良が加えられてくるのかと思いきや、今回はプロセスルールの変更もなく、マイクロアーキテクチャの小変更程度。CPU としては今回もマイナーチェンジではありますが、大幅な消費電力(待機電力)低減と GPU コアのアップデートというのが大きな変更点。どちらかというと、半導体の進化の方向性をピーク性能の向上ではなく電力効率の向上に振り向けた格好で、ARM 系 SoC に対抗し、タブレット/コンバーチブルタイプの PC や Ultrabook の商品力強化に繋げるのが狙いでしょう。

個人的にはちょっとそこまで Ultrabook に傾倒しちゃっていいの?という疑問を持たなくもないんですが、デスクトップ PC 向けにはプロセッサ性能なんておおむね飽和状態でもあるわけで、SoC の脅威にさらされているモバイル領域に注力するのは自然な流れでしょう。Windows RT が躓いているうちに流れを引き戻しておきたい、というのもあるんでしょうね。
私は 1 年前に Ivy Bridge ベースで自作機をリニューアルしたところで、CPU 性能には今のところ不満はないし GPU は外付けなので、Haswell で自作機をリニューアルすることはないかな。その代わり、Haswell によってモバイル PC の設計の自由度と省電力、およびグラフィック性能は大きく向上するはずで、魅力的な製品が各社から出てくることに期待。私は自宅ではすっかり自作機+タブレットの生活になってしまいましたが、数年ぶりにプライベート用のモバイル PC で買いたくなる製品が出てきてほしいなあ、と思っています。ハードルは、やっぱりどうも Windows 8 には馴染めそうもない、というところですが...。

Intel / Core i7-4770K

B00CO8TBQ0

投稿者 B : 00:00 | PC | PC DIY | コメント (0) | トラックバック

2013/02/12 (Tue.)

一太郎 2013 玄&ATOK 2013

体調崩しているので当面は省力エントリーでいきます。

ジャストシステム / 一太郎 2013 玄 バージョンアップ版

B00AHKIP3M

今年のお布施、払いました。
いや、ATOK この 5 年ほど目立った進化がないというか、むしろそれは余計なお世話じゃ、みたいな機能のほうが増えて逆に変換効率が落ちてきているような気がするので(´д`)、ここ数年はさすがに 1 年おきの更新になっていました。去年承太郎一太郎 2012 承に更新したところなので、今年はスキップかなあ、と思っていたのですが、OS 側が Windows 8 という大きな変化を迎えた年でもあるので、その対応を考えれば買っておいて損はないかな、と。Win8 の仕様により従来の日本語入力システムではストアアプリ環境(Modern UI)で使えない(それが ATOK 2013 では解決している)というのは、今後困ることも出てきそうなので。まあこないだ Win8 を入れたタッチ非対応の VAIO type T では、ストアアプリ環境で使うのは早くも諦めましたけどね!(´д`)。
ちなみに、旧来のデスクトップ環境で使う限りは、今のところ ATOK 2012 と比べて優位な変換効率の差を実感できてはいなかったりします(^^;;。

ただ、今回のバージョンアップのキモは Win8 対応だけではなくて、どちらかというとスマートフォン版の開発のフィードバックを入れ込んできているところかなと思います。このあたりのことは MAGon『西田宗千佳のRandom Analysis』のインタビュー記事で詳しく触れられていましたが、

【西田 19号】ジャストシステム・ATOK開発陣の考える「今時の日本語入力」 - MAGon ブログ

(↑上記 MAGon ブログで掲載されているのはあくまで抜粋版)
スマホの普及によって PC での日本語入力も従来とは違って短文節変換される傾向が強まってきたので、変換確定履歴などを参考に短文節での変換精度を高めたということと、無変換で確定されたひらがなの再変換にも対応した、というのが大きいでしょうか。個人的にも、ケータイ/スマホの影響か、最近は長文を入力してからではなく短い文節(2~3 文節)ごとに変換確定していくような入力方法になってきたことは実感しているので、この方向性については納得できるところです。ATOK 2013 がリリースされてからほんの 3 日という現時点でまだその効果を実感できた部分は少ないですが、使い込むうちに実感できるかどうか。

ストアアプリ環境も毛嫌いせずに慣れておいたほうが良いかなあ、とは思っているので、タッチ対応の PC も一台使っておきたいんですが...最近新しい PC をそれほど必要としていないし、どうしようかなあ。

投稿者 B : 00:13 | PC | Software | コメント (0) | トラックバック

2013/01/29 (Tue.)

ちょっと古い PC に Windows 8 をインストールしてみた

Windows 8 Proアップグレード版の価格が2月より3,300円から27,090円に ~新たにWindows 8アップグレード版を提供開始 - PC Watch

今月いっぱいで Windows 8 の優待アップグレード価格が終了するということで、安いうちに一本買っておくことにしました。
Windows 8 は Consumer Preview 版をしばらく自作機に入れて使っていたので、基本操作は把握しているつもりですが...あの UI をタッチ非対応 PC で使うメリットがどうにも見いだせず、結局自作機には Windows 7 をインストールし直して使っています。でも、Vista をスルーしてもそのうち 7 が出てきたのと違い、今回はもう OS の方向性が今後そっちに行ってしまうことがほぼ確定的なだけに、このまま旧いスタイルの OS しか使えないオールドタイプになってしまうのもいただけない。いずれ使うことになるなら余っているマシンに入れて、早いうちに慣れておこう、と考えて。

Windows 8

というわけで、ダウンロード版 Windows 8 Pro を購入して、VAIO type T(VGN-TT90S)にインストールしてみました。
このマシンは 2008 年の機種なのでスペック的にはさすがにちょっと古くさいですが、Montevina プラットフォーム、SSD-RAID に BD ドライブ搭載で、今でもそこそこ使えてしまうマシンではあります。むしろ Windows Vista のせいでもっさりしていた部分もあるので、最適化が進んだ Win8 ならむしろ軽快になるかも?という狙いもあり。今となっては WXGA という解像度は古くさいですが。

Windows 8

しかし...分かっていても Windows 8 の Modern UI を非タッチ PC で使うのはイライラしますね。タイルをスライドさせるのに画面下のスクロールバーをドラッグしないといけなかったり、チャームを呼び出すのにいちいち画面端にマウスカーソルを持っていかなくてはならないのは、一昔前の狭いタッチパッドの PC ではストレス溜まりまくりです。タッチスクリーン搭載機ならある程度直感的に使えますが、非タッチ PC で使うには、この従来の Windows にタッチ UI をムリヤリ載っけた感が、どうにも...。

Windows 8

ともあれショートカットキー [Win]+[D] でいつでもクラシックなデスクトップ UI を呼び出せるから、それほど困るわけでもありません。スタートボタンがなくなってしまったことに関しては、いくつか対処法がありますが、私は昔から使っているフリーのランチャ「Orchis」を使っています。これなら画面上のどこからでもランチャを呼び出せて便利。
これで困ることがあるとすれば、ついいつもの感覚でスタートメニューを呼び出そうと [Win] キーを押してしまって Modern UI が出てくる、という誤操作をやってしまい、ちゃぶ台をひっくり返したくなることが多い点でしょうか(´д`)。

とりあえず Vista に比べて起動終了が速くなって、全体的な動作も若干キビキビした印象になったので、それだけでも良しとしましょう。でも本来の目的は Windows 8 の UI に慣れることなので、ガマンして Modern UI も使ってやろうとは思っていますが、堪えきれるかな(´д`)...。耐えかねて VAIO Duo 11 を買うのが早いか、諦めて MacBook Pro を買うのが早いか(ぉ。

しばらくリビング PC として使ってみようと思います。

Microsoft / Windows 8 Pro 発売記念優待版

B008N6SO6U

投稿者 B : 00:38 | PC | Software | コメント (0) | トラックバック

2013/01/26 (Sat.)

ポータブル BD ドライブ BRP-U6XE

なんだか最近 Mac 対応ポータブル BD ドライブを選ぶのが流行しているらしいですが、私は VAIO ノート用のポータブル BD ドライブを買いました。

アイ・オー・データ機器 / BRP-U6XE

BRP-U6XE

さすがに最近は仕事で光学ドライブを使う機会も激減したのですが、それでもたまーに必要になる(BD メディアを扱うこともある)のと、これからまた出張が増える時期が来るので、溜まってるコンテンツを移動中に消化しようかな、という目論見もあり。仕事で使っている PC は VAIO Z21 なので Power Media Dock という選択肢もあるんですが、これは外部電源必須だから出張には持って行けないし。

機種選定はいつもならパイオニアかバッファローあたりからチョイスするところですが、今回は珍しく(?)アイ・オーを選択。というのも、単品売りのドライブで WinDVD BD をバンドルしてるのがアイ・オーだけだったからです。バンドル品としてはライバルの PowerDVD のほうが採用率が高いんですが、PowerDVD は以前買った BD-5300S の付属品が、バンドル版では AAC 音声の再生ができないとか、AACS キーの更新期間が有限なのでいずれ使えなくなるとか、微妙な制限に嫌気がさして、もうバンドルソフトウェアだけで選びました。WinDVD なら長年使っていて慣れているし、ひどい機能制限もないし。
ちなみにこの BPR-U6XE は既に型落ち品で、後継機種として nasne 等からの DTCP-IP ムーブに対応した製品が出ていたりもしますが、まあ nasne は観て消しでしか使っていないし、そのために ¥5,000 の差額はないよなあ...と思って、価格優先で。どうせこのドライブ自体、そうそう稼動率が高いものでもないし。

BRP-U6XE

一風変わったデザインのこのドライブですが、ひっくり返すと USB ケーブルを格納するための切り欠きがついています。まあこの切り欠きのために、単純にノート用内蔵 BD ドライブにガワをくっつけただけの機種に比べて横幅が出ちゃっているので、痛し痒しではありますが。まあそれほど気にするところでもありません。
本体には AC アダプタも付属していますが、基本的に USB バスパワーで駆動するので、よほど USB 給電の弱い PC でもない限り、AC アダプタなしで問題なく使えるでしょう。

BRP-U6XE

PC に接続して電源が入ると、本体の隅っこにあるリングが青色に点灯します。こういうの、あまり意味のないデザインなので私はそれほど好きじゃない(´д`)。

BRP-U6XE

デバイスマネージャを開いてみたところ、内蔵されているドライブはソニーオプティアークの「BD-5750H」という製品でした。オプティアークといえば今年 3 月に事業終了してしまうので、なくなってしまう前に一台確保できたのは記念になったと言えるのかも(^^;;。

BRP-U6XE

BD-Video の再生は当然つつがなくできました。BD レコーダでダビングした CPRM ディスクももちろん OK。USB バスパワーで問題なく再生できていますが、書き込みまで正常にできるかはまだ試してみていません(今後試す必要が出てくるかどうかも分かりませんが)。

ただ一点気に入らないのは、WinDVD BD 10 で BD を再生すると Windows 7 の Aero 視覚効果が無効(Windows ベーシック)になってしまうこと。これで実用上困ることはほとんどないんですが、イマドキその仕様はないんじゃないの(´д`)。

BRP-U6XE

とはいえ実用上過不足ないポータブル BD ドライブが ¥7,000 を切っている、というのは異様にお買い得ではないでしょうか。この価格帯のドライブでは BD/DVD 再生ソフトは省略されていることが多く、別途購入すると意外といい値段がしてしまうものなので、そう考えるととても安い。まあ Mac には非対応なので Windows ユーザー限定になりますが、Ultrabook のお供としても悪くないのではないかと思います。

アイ・オー・データ機器 / BRP-U6XE

B005OD1D3G

投稿者 B : 00:06 | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック