b's mono-log

2007/02/16 (Fri.)

自作機をそろそろリニューアルしたい

メモリ価格は大幅続落、1GBは続々と過去最安値を更新 (AKIBA PC Hotline!)

Windows Vista の発売前後から下がり始め、今週あたりでいったん底値をついたと思われるメモリ価格。仕入れ値はちょっと上がり始めているとのことですが、安値傾向は相変わらずしばらく続くんじゃないかと思います。
こうなってくると気になるのがずっと懸案にしていた自作機のリニューアル。Pentium 4 の消費電力の高さと絶対パフォーマンスの低さにずっと辟易していたので、Yonah が登場した頃から自作機も Yonah/Merom 系に切り替えたいな、と思ってました。ただ、今のシステムを入れ替えるには CPU もマザーボードもメモリもビデオカードも総取り替えになるので、半年ちょっと前に HDD を SATA 対応にしてとりあえずお茶を濁した程度でした。が、やっぱりメモリが底値な今は(Vista にするかどうかはともかく)替えどきなのかも。ただ、Mac mini あたりを買って Windows 化するほうがコストパフォーマンス的には良かったりするし、悩ましいところ。

・・・まあ、最近オモチャの買いすぎでお金ないんですけどね(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 22:55 | PC | PC DIY | コメント (0) | トラックバック

2006/06/24 (Sat.)

EDIROL UA-5

会社で使っていた(人からもらった)オーディオインターフェースを払い下げて自宅用に。

ローランド / EDIROL "AUDIO Capture" UA-5

今まで使っていた Creative Professional の E-MU 0404 は、S/N 比は良かったけど使い勝手が今ひとつでした。ハイバネーションから復帰すると FFXI の効果音が出なくなる(再起動すれば OK だけど・・・)という相性問題もあっったし・・・。
最近は夜に音を出すのにヘッドホンが必須になっているので、ヘッドホンに出せない(出せなくはないけどケーブルの変換とかを考えると面倒)な E-MU 0404 よりも、ボックスになっていて手許でボリュームの操作ができてヘッドホン出力もある UA-5 のほうが扱いやすいですね。かなり前の製品だからスペック的には E-MU 0404 のほうが高いけど、PC で音を出すくらいなら UA-5 でも十分すぎます。

まあ、ローランドのオーディオユニットにヤマハのスピーカ(MSP3)を繋ぐっていうのは、いろんな意味でちょっと微妙な気もするけど(´д`)。

投稿者 B : 23:59 | PC | PC DIY | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2006/06/01 (Thu.)

Seagate Barracuda 7200.10

自作機の HDD が 30D の写真でいっぱい(;´Д`)ヾになってしまったので、秋葉原で HDD を購入。

PC を始めて以来、デスクトップ PC の HDD は必ず(ノートも極力)日立 GST(旧 IBM)の製品を買っていたんだけど、もう HGST に義理立てする理由もなくなって久しいので(ぉ、性能がよさげでコストパフォーマンスの高かった Seagate の「ST3320620AS」を購入。320GB、16MB バッファ、SATA II というあたりのスペックは、HGST には選択肢がなかったし。

旧 HDD(HGST の PATA 160GB)は外して外付けケースに、と思ったけど、本体ケースの 3.5inch ベイが一つ空いていたので(若干排熱が気になりつつも)本体に 2 本入れて合計 480GB に。
というか、今使ってるマザーに SATA がついていることをすっかり忘れていて、当初 PATA で探してた(;´Д`)ヾ。本当は、この際だから静音化も狙ってマザーごと Core Duo 対応に切り替えるか、とも思ったけど、CPU とマザーだけじゃなくてメモリ(DDR2)もビデオカード(PCI Express)も買わないといけなくなって出費がでかいので、とりあえず今回は HDD でガマン。

一応、HDBENCH 3.30 でパフォーマンス比較を。

機種ReadWriteCopyDrive
Seagate ST3320620AS75293704252493C:\100MB
HGST HDS722516VLAT8044579339403546E:\100MB

おお、速い速い。旧 HDD の 2 倍近いスコアですよ。ディスクの記録密度も I/F のスピードも上がっているけど、バッファメモリが 2 倍になっているのが効いているもよう。体感的にも分かるくらいパフォーマンスが向上しました。 難を挙げるとすれば、アクセス音(カリカリ音)が HGST より高めなので若干気になるかな、というところだけど、全体的には CPU ファンとケースファンの音に比べると微々たるもの。

とりあえず、これで HDD 容量にある程度余裕ができたので安心。あとはデータの冗長化だけど、デジカメ写真などの重要なデータに関しては新 HDD→旧 HDD に手動でバックアップを取るようにして(ぉ、ぼちぼち NAS 化なんかも考えていこうかなと。

投稿者 B : 21:32 | PC | PC DIY | コメント (0) | トラックバック

2006/04/21 (Fri.)

PC 用 Blu-ray Disc ドライブ発売

松下、PC用Blu-ray Discドライブを6月10日発売 -2層 BD-R/REやDVDの書き込みも対応 (AV Watch)

6/10 発売。価格は 10 万円也。さすがに高いなー。
まあ、パイオニアの「BDR-101A」は BD/DVD にしか対応していなかったけど、こちらは BD/DVD/CD の 3 波長にちゃんと対応しているのでこちらのほうが現実的か。

確かに欲しいけど、まだ PC 以外の再生環境が整っていない(PC も 40Mbps AVC の再生の実現が見えていないので「整っている」とは言い難いけど)上に ROM コンテンツももう少し先なので、買うならそのあたりが揃ってくる今年末以降がいいのかなあ。1 年後ならドライブも安ければ¥30,000~40,000 くらいまで落ち着いてくるかもしれないし。
まあ、今買ってもメディアが BD-R で¥1,800 とかだし(´д`)。

投稿者 B : 15:06 | PC | PC DIY | コメント (0) | トラックバック

2005/11/21 (Mon.)

Mac mini より小さいベアボーン

ミニピーシー、超小型Pentium M対応ベアボーン (PC Watch)

minipc.jp ってどこの会社かと思ったら、どうもイーレッツの関連会社みたいですね。Web にはどこにも明記されてないけど、筐体デザインが酷似しているし、おなじ名古屋の会社だし、おそらくイーレッツの「Be Silent」を作っていた部署が小型ベアボーン専門の子会社として独立したってところでしょう。

テニスボール 4 個分の幅という Lenovo(旧 IBM)の ThinkCentre と真っ向勝負した表現の潔さとか、AOpen の Mini PC(おっと、こっちも「minipc」だ)のように Mac mini デザインのデザインをパクるみたいな安易な方向に走っていない(従来のイーレッツのデザインがアイデンティティになりつつある)のも良い。これ以上 PC が増えてもしょうがないけど、小型 PC が好きな私としては、つい欲しくなってしまうベアボーンです。

投稿者 B : 22:27 | PC | PC DIY | コメント (0) | トラックバック

2005/10/07 (Fri.)

SDM-S204 修理その後

修理に出していた SDM-S204 が戻ってきました。一週間かからなかったな。

診断症状: 画ノイズ
交換部品: A MOUNT / 不良

ほうほう。

・・・。

・・・・・・。


・・・って、直ってないんですけど(;´Д`)ヾ。むしろ前よりノイズが多くなっているような・・・(´д`)。


しかも、DVI で接続しなおしたら、ブートロゴまでは出るけど Windows のログイン画面以降が表示されなくなったorz。ドライバ再インストールしたりしてもダメ。どうしたら・・・。

投稿者 B : 22:29 | PC | PC DIY | コメント (1) | トラックバック

2005/10/02 (Sun.)

SDM-S204 修理

自作 PC のディスプレイとして使っているソニーの SDM-S204 の調子が悪いので、修理へ。

実はだいぶ前(半年くらい前)から気づいてたんですが、なんとなくほったらかしにしていました。その症状というのは、ディスプレイがスタンバイから復帰すると、ほぼ必ず画面に緑や赤のノイズが乗るというもの。

こんな感じ↑で、バックが黒や青の部分ではかなり目立ちます(緑と赤の点滅が生じてるんだから当然か)。
手動で電源を入れ直すか、しばらく(数分)放っておくと自動的に画面がフラッシュしてもとに戻るんですが、面倒だし、いつ壊れるかも分からない。結局堪えかねてサポートに電話しちゃいました。で、本日お引き取り。

修理中の代替機にはちょっと古い液晶ディスプレイ SDM-M81 が来ました。さすがに 4 年前のディスプレイと去年のディスプレイを比べると、かなり画質が違いますね。黒浮きがひどいというか、ブラックアウトしてるはずの画面がグレーにしか見えないし(;´Д`)ヾ。それに、ずっと UXGA を使っていると、SXGA でも狭くて・・・。まあ、しばらくの辛抱か。
ちなみに M81 は画面サイズが小さい(18.1 型)のに額縁が厚いんで、設置面積が S204(20.1 型)と変わらないんですけど(´д`)。

投稿者 B : 22:43 | PC | PC DIY | コメント (3) | トラックバック

2005/09/04 (Sun.)

自作機

そういえば、ちょっと前に自作機をパワーアップしてたんでした。

マザーボードを Intel D865GLCK に変更。例によって、ななちゃんのおさがり(ぉ。
以前の i845 マザーから少しアップデートされたとはいえ、3 年落ちだったアーキテクチャが 2 年落ちになった程度だけど・・・。
これに合わせて CPU を Pentium 4 3.20GHz(Socket478、Northwood コア)に、メモリを PC3200 の 2GB(1GB×2)に強化。FSB が上がって Hyper-Threading に対応しました。
CPU は Prescott コアという選択肢もあったんですが、同クロックで比較すると Northwood よりもずいぶん TDP が上がってしまうので却下しました。ケースの放熱性が低いので・・・。ちょうど私が買った直後くらいにアキバから Northwood コアの在庫が消えてしまったようなので、ギリギリの時期に買えたかな。

というわけで今の自作機の構成は以下のとおり。

ケースSOLDAM WiNDy EX700R WPM
電源SOLDAM WiNDy Varius EX350
CPUIntel Pentium 4 3.20GHz
M/BIntel D865GLCLK
RAMHynix PC3200 DDR SDRAM 2.0GB (Dual Channel)
HDDHGST HDS722516VLAT80
ODDPioneer DVR-A08-J
ビデオCanopus MTVGA 9600XT SE
ビデオキャプチャCanopus MTVX2005
サウンドCreative Professional E-MU 0404
ディスプレイSony SDM-S204
スピーカYAMAHA MSP3
キーボードIBM Space Saver Keyboard II
マウスLogicool MX1000 Laser Cordless Mouse

で、ベンチマーク結果は以下の通り。
今回は最近公開された UniversalCentury.net BENCHMARK でもベンチを取ってみました。

ベンチマークPen4 2.40BPen4 3.20
3DMark2001 SE1092412896
3DMark0337153857
3DMark0516041902
FFXIBench 3-L4371
(とてとて)
5284
(とてとて)
FFXIBench 3-H2757
(つよ)
3316
(とてつよ)
UC.net BENCH-2990

やっぱり 3D ベンチマークとして枯れた 3DMark 2001 SE とか FFXI Benchmark あたりは CPU クロックにリニアに反応してきますね。逆に、まだまだグラフィックチップ性能への依存度の高い 3DMark03、05 は CPU を換えても大してスコアが上がりません。ま、私は今のところ FFXI くらいしかやらないのでこれで十分だけど(その FFXI も最近あまり真剣にやってないし・・・)。
ちなみに以前使っていた冷却ファン(CPU ファン:山洋の 15mm 厚・2,000rpm、ケースファン:WiNDy SF80)だと動作が安定しなかったので両方とも山洋の 25mm 厚、2,000rpm のものに変更しました。それでも 8 月はエアコンをしっかり効かせておかないと FF やってる途中に熱で落ちてたけど(;´Д`)ヾ。

最近はむしろゲームよりも MPEG エンコードとかで CPU パワーが必要なケースの方が多いので、実クロックや FSB の向上、HT 対応などで全体的なパフォーマンスの底上げができたかなと。
あとは、ぼちぼちビデオ編集とかもやりたいので、HDD を RAID0 化したいところです。

投稿者 B : 14:38 | PC | PC DIY | トラックバック