b's mono-log

2005/09/04 (Sun.)

自作機

そういえば、ちょっと前に自作機をパワーアップしてたんでした。

マザーボードを Intel D865GLCK に変更。例によって、ななちゃんのおさがり(ぉ。
以前の i845 マザーから少しアップデートされたとはいえ、3 年落ちだったアーキテクチャが 2 年落ちになった程度だけど・・・。
これに合わせて CPU を Pentium 4 3.20GHz(Socket478、Northwood コア)に、メモリを PC3200 の 2GB(1GB×2)に強化。FSB が上がって Hyper-Threading に対応しました。
CPU は Prescott コアという選択肢もあったんですが、同クロックで比較すると Northwood よりもずいぶん TDP が上がってしまうので却下しました。ケースの放熱性が低いので・・・。ちょうど私が買った直後くらいにアキバから Northwood コアの在庫が消えてしまったようなので、ギリギリの時期に買えたかな。

というわけで今の自作機の構成は以下のとおり。

ケースSOLDAM WiNDy EX700R WPM
電源SOLDAM WiNDy Varius EX350
CPUIntel Pentium 4 3.20GHz
M/BIntel D865GLCLK
RAMHynix PC3200 DDR SDRAM 2.0GB (Dual Channel)
HDDHGST HDS722516VLAT80
ODDPioneer DVR-A08-J
ビデオCanopus MTVGA 9600XT SE
ビデオキャプチャCanopus MTVX2005
サウンドCreative Professional E-MU 0404
ディスプレイSony SDM-S204
スピーカYAMAHA MSP3
キーボードIBM Space Saver Keyboard II
マウスLogicool MX1000 Laser Cordless Mouse

で、ベンチマーク結果は以下の通り。
今回は最近公開された UniversalCentury.net BENCHMARK でもベンチを取ってみました。

ベンチマークPen4 2.40BPen4 3.20
3DMark2001 SE1092412896
3DMark0337153857
3DMark0516041902
FFXIBench 3-L4371
(とてとて)
5284
(とてとて)
FFXIBench 3-H2757
(つよ)
3316
(とてつよ)
UC.net BENCH-2990

やっぱり 3D ベンチマークとして枯れた 3DMark 2001 SE とか FFXI Benchmark あたりは CPU クロックにリニアに反応してきますね。逆に、まだまだグラフィックチップ性能への依存度の高い 3DMark03、05 は CPU を換えても大してスコアが上がりません。ま、私は今のところ FFXI くらいしかやらないのでこれで十分だけど(その FFXI も最近あまり真剣にやってないし・・・)。
ちなみに以前使っていた冷却ファン(CPU ファン:山洋の 15mm 厚・2,000rpm、ケースファン:WiNDy SF80)だと動作が安定しなかったので両方とも山洋の 25mm 厚、2,000rpm のものに変更しました。それでも 8 月はエアコンをしっかり効かせておかないと FF やってる途中に熱で落ちてたけど(;´Д`)ヾ。

最近はむしろゲームよりも MPEG エンコードとかで CPU パワーが必要なケースの方が多いので、実クロックや FSB の向上、HT 対応などで全体的なパフォーマンスの底上げができたかなと。
あとは、ぼちぼちビデオ編集とかもやりたいので、HDD を RAID0 化したいところです。

投稿者 B : 14:38 | PC | PC DIY | トラックバック