b's mono-log

2005/11/29 (Tue.)

Logicool MX610

仕事用のマウスを新調しました。

ロジクール / MX610 Laser Cordless Mouse (ブラック)

転職したときにモバイル用のマウスを V500 に買い換えましたが、こちらはメインマシン(A4 ノート)用のマウス。
それまで使っていたソニーの「PCGA-UMS3/R」が本革マウスパッド「NuPad 2」との相性があまり良くなく、マウスのスリープモード復帰時に反応が悪くてけっこうストレスでした。で、イマドキだしワイヤレスでレーザーなマウスを使ってみよう、と。
自宅のデスクトップでは初代レーザーマウス「MX1000」を使ってますが、せっかくだから違うマウスを、と思っていたら、廉価な新製品としてこの「MX610」が出たので早速買ってみたというわけ。光沢感ありありなデザインはあまり好みじゃないけど、他のレーザーセンサ系ではロジのゲーマー向け「G」シリーズは高すぎるし、MS のマウスは好きじゃないし、これが最もコストパフォーマンスに優れていました。

このマウス、形状は懐かしの「MouseMan」系統の左右非対称マウスなんですが、私がかつて仕事/プライベートともに愛用していた IBM の「ScrollPoint Pro」シリーズにそっくり。多少サイズは大きいものの、意外に使いやすいです(MX1000 を使って大きめのマウスに慣れたというのもあるだろうけど)。
レーザーセンサの感触は良好で、旧光学マウスのようなストレスもないし、心なしか PC のパフォーマンスも良くなったような(たぶん気のせい)。もう今後はレーザーじゃないマウスは買いたくないな、というくらい。

このマウスのもうひとつの特徴である 12 のボタンについては、大きさや配置が微妙なので(特に私は手が小さめなので、妙な位置にあるボタンは押しづらい)全部は使いきれないけど、進む/戻るボタンにクルーズコントロールを割り当てるだけでずいぶん使いやすくなりました(進む/戻るはタブブラウザのジェスチャー機能を使うので、ボタンになってる必要もない)。
あと、マウス自体に双方向通信機能を持っていて、メーラや IM の着信時に LED で知らせてくれるのがウリなんだけど、現時点では対応アプリが少なすぎる(おそらく Outlook と MSN Messenger くらいしか対応してない)ので、使いものになりません。写真の LED 点灯は、デモ用の隠しコマンド(左ボタンを押しながら電源ボタン押し→右クリック×5→左ボタン離す)で無理矢理点灯させたものです(´д`)。

まあ追加機能はおまけとして考えれば、普通のワイヤレスレーザーマウスとしては、けっこう気に入った。

投稿者 B : 23:45 | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2005/09/03 (Sat.)

NuPad 2

仕事用に新調したものシリーズその 3。

id east end / NuPad 2

前からとても気になっていたマウスパッドです。本革製。
以前の仕事では ThinkPad だったので(TrackPoint に慣れていたため)マウスは不要だったのですが、新しい仕事で使っている PC(VAIO type F)は私が苦手なタッチパッド。なので、マウス必須、マウスパッドも必須というわけです。

昨日書いた V500 はモバイル時の X505 用で、メイン機の方には以前から愛用している PCGA-UMS3/R [SS RED] を引っ張り出して使っています。味のある光沢を放つ黒い革製マウスパッドに、真っ赤なマウスが映えてかなりいい感じ。

ただ、UMS3 標準のソール(というよりも樹脂のパーツがソールを兼ねているだけ)では滑りが悪く、マウスの動きが引っかかるような感じがあったので、自宅で使っているエアーパッドソールのサイズ違いのやつを取り寄せてみました。

POWER SUPPORT / エアーパッドソール AS-43

円形の一番薄いタイプ。まるであつらえたかのように標準のソールにぴったりでした。
エアーパッドソールをつけてみると、まるで革製マウスパッドではなくエアーパッドを使っているかのように滑らか。ソールだけでこれだけ滑るなら、エアーパッド要らないじゃん(´д`)。
ただ、マウス自体の感度があまりよくないのか、黒一色のパッドではときどき動きを検出してくれないことがある模様。V500 では問題ないので、マウス固有の問題かなあ。別のマウスも試してみるか・・・。

投稿者 B : 11:39 | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2005/09/02 (Fri.)

Logicool V500

仕事用に新調したものシリーズその 2。

ロジクール / V500 Cordless Notebook Mouse (ガンメタルシルバー&マットブラック)

ロジクールのマウスです。このマウスは発売当初からずっと気になっていたんですが、明るめのカラーしかなかったのと、以前何かの記事で「カラバリを出す予定がある」というのを見かけたことがあったので、それを待っていました。で、いよいよ新色が出るということで、速攻購入した次第。仕事でとりあえず使っている X505(私物)に合わせてガンメタルシルバー&マットブラックを選択しました。ブラック系とはいっても思ったより風合いのあるカラーで、MX1000 Laser とほぼ同色のようです。でも、底面はアルミの素材色そのままなんですね。

このマウスはタッチセンサタイプの 2D スクロール機能だけでなく、レシーバ収納とか電源スイッチを兼ねたチルト機構とか、かなり気合の入った製品ですね。デザインも凝ってるし。ヨドバシ価格で¥7,480 とかしますが、そのくらいの価値はあると思います。
マウスってけっこう機能やデザインで語られることが多い気がしますが、安いだけの製品ではセンサの感度やカーソルの追従性が好ましくないことも少なくない。カタログにはなかなか表れない部分ではありますが、実はこういうところこそ重要だと思います。本当はレーザーセンサだともっと良いんだけど、このサイズのマウスにそれを求めるのはまだ酷ですかね。

スクロールパネルはその方向に触れている間だけスクロールを続けるタイプで、今までにない操作感にはちょっと慣れが必要な感じ。でも、スクロール中はマウス本体から「チチチチチ・・・」という微かな音が出るので、感覚はつかみやすいと思います。ただ、普通のホイールマウスにある「中クリック」という概念がないので、ユニバーサルスクロールやタブブラウザの「新しいタブで開く」が使えないのはちょっと残念。

あとは、今シーズンの VAIO で Bluetooth 搭載のラインアップが広がっていたりするので、このテの使い勝手のいいモバイルマウスが Bluetooth 対応になってくれるととてもありがたいんですけどね。

投稿者 B : 21:37 | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック