b's mono-log

2007/01/31 (Wed.)

Sony VGP-BMS33/B

自宅の VAIO type T 用にマウスを新調しました。

ソニー / Bluetooth レーザーマウス VGP-BMS33/B (ブラック)

本当は type T を買ったときに以前の Bluetooth マウス(VGP-BMS30)を買おうとしていたんですが、発売後しばらくはかなりの品薄でなかなか買えず、そのまま買いどきを逃していたんですよね。で、忘れていた頃にレーザーセンサ化された後継機種が出てきたので、すかさず確保。結局今まで有線マウス(PCGA-UMS3)を使い続けていたという・・・。最近子どもがテーブルの上に手が届くようになり、ケーブルを見つければとにかく引っぱるという状況だったので、マウスも早くワイヤレス化したかったのでした。
まあ、レーザーといってもロジクールのマウスを使い慣れているとあまり感動もないんですが、Bluetooth+レーザーという製品自体まだ他に選択肢もほとんどないので。本当は Bluetooth+レーザーでもっといろんな種類のマウスが出てきてくれるといいんですけどねー。

またマウス買ったの?このマウス馬k(ry

投稿者 B : 23:49 | PC | PC Peripheral | VAIO | コメント (4) | トラックバック

2007/01/13 (Sat.)

POCKETBIT MINI

マウスと一緒に、USB メモリも新調。

ソニー / POCKETBIT MINI USM1GH

一年半ほど前に買った USM256D を使ってたんですが、いろいろ突っこむと 256MB じゃちょっと物足りなくなったので。この超ちいちゃい新型を使ってみたくもあったし。容量は大きいに越したことはないけど、価格と容量のバランスが良かった 1GB 版を選択。

メモリースティック Duo よりも小さい(厚みは少しあるけど)このサイズ。小さいことは良いことだと思っていたんですが、本体が極端に小さいので、却って使い勝手はあまり良くないかも。USB ポートへの抜き差しはもう少しドングル部が大きいほうがグリップになって良いですね。あと、これだけ小さいと絶対に無くせる自信があります(ぉ。

一応ベンチマーク(FDBENCH)も取ってみました。

ModelReadWriteReadWriteRndReadRndWriteDrive
USM1GH797113427426913399791F:\ 100MB
USM256D7236106035558104842301G:\ 100MB
MSX-M1GN669010939519292291401S:\ 100MB
Extreme III CF 2GB121371638112023163393805R:\ 100MB

USB メモリは自作機の USB ポート直挿し、メモステ Duo と CF は PRD-122XU 経由です。
さすがに Extreme III のスピードが抜きん出てますが、USM1GH もけっこう高速。Random Write の速度がやたら遅いのが気になりますが、USB メモリで Random Write ってあまり使わないはずなので、Windows Vista の ReadyBoost 機能でも使わない限りはあまり問題なさそうです。また、関係ないけどメモステ PRO Duo が高速版にも関わらずスコアが振るっていないのが気になります。

1GB あれば当分事足りると思うので、とりあえず無くさないように気をつけて使おうと思います。

投稿者 B : 23:03 | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2007/01/12 (Fri.)

Logicool MX Revolution

新年の仕事を新しい気分で快適に迎えようと思い、仕事用のマウスを買い換え。

ロジクール / MX Revolution

ずっと狙ってたんです。というか、本当は MX610 のポインタの反応が悪くなって買い換えたんですが、MX610 のほうは単に電池切れだったらしい(ぉ。まあ、どっちにしろいずれ試してみたいと思ってたマウスなんで、良いんですが。

マウスとしてはかなり大ぶりなほうで、個人的に形状が気に入っている MX1000 ともまた違うため、最初は違和感があったんですが一日で慣れました。側面のラバーが滑り止めの効果を果たしつつ、触感もけっこう気持ちいいのが気に入りました。

で、このマウス最大の特長ともいえる「フリースピン」を実現しているホイール。設定でアプリケーションごとにフリースピン/ノーマルスクロールを切り替えられるほか、ホイール自体をクリックすると手動でも切り替えが可能。さらにはノーマルスクロール時にも一定以上の加速度をつけて回すとホイールスピンに切り替わる(閾値は設定可能)など、かなりインテリジェントです。ホイールのモード切り替えには若干のラグ(ホイールの回し始め時)があるものの、賢く切り替わるので使っていて面白いですね。さらに、高速にスクロールできるだけでなく、ホイール自体の程よい重さとあいまったフリースピンの気持ちよさといったら。
また、ホイール後方には、テキストを選択してクリックすると自動的に Web 検索(検索サイトも設定可能)が可能な機能もついていて、これはこれで便利。

側面には、いつもの「進む」「戻る」ボタンと「ドキュメントフリップ」(アクティブウィンドウの切り替え)が可能なジョグホイール。
私はドキュメントフリップは [Alt]+[Tab] を使うのが癖になっているし、「進む」「戻る」もタブブラウザ(unDonut)のマウスジェスチャを使っているので、このへんの機能はあまり使いでがありません。「進む」「戻る」ボタンを「クルーズアップ」「クルーズダウン」に割り当ててみたけど、フリースピンで快適にスクロールができるので、これもあまり使わず・・・。
本当は、中央ホイールのクリックをセンターボタンに割り当てられなくなってしまったので、中央ボタンの機能をどれかのボタンに割り当てたいんですが、SetPoint(ユーティリティ)はイマイチ自由度が高くないんですよね。まあ、MX610 の全く使えないメール/メッセージ着信機能よりはマシだけど(´д`)。

本当はもう少し柔軟に設定ができると嬉しいけど、とりあえずフリースピンのカルチャーショックを感じるためだけにでも使う価値があるマウスかもしれません。これになれると普通のホイールマウスは使えなくなりそうなので、自宅用にももう一本買おうかとすら思っているくらい。

またマウス買ったの?このマウス馬鹿!と言われても平気です(´・ω:;.:...

投稿者 B : 22:54 | PC | PC Peripheral | コメント (10) | トラックバック

2006/10/11 (Wed.)

ELECOM MR-GU2T15BK

レンズ以外で、鈴鹿用に揃えたものその 2。

エレコム / MR-GU2T15BK (ブラック)

カードリーダはおそらく現行で最速の部類に入ると思われるプリンストンの PRD-122XU を愛用しているんですが、USB HUB 内蔵で自作機に繋いで据え置きで使っているので、旅行用にコンパクトなリーダが前々から欲しかったのでした。最近はメモステや SD のスロットがついた PC が一般的ですが、高速に CF が読める PC ってないので・・・。カメラを直接 USB 接続してもいいんですが、リーダを使ったほうが傍らでデータを PC に移しながら撮影続行できますからね。
CF 専用のリーダは最近ではほとんど製品化されていないため、これもマルチリーダではありますが、ほぼ CF 専用として使います。

でもって、FDBENCH 1.01 で比べてみました。

ModelReadWriteReadWriteRndReadRndWrite
MR-GU2T15+Extreme III CF 2GB115711617910270158663971
PRD-122XU+Extreme III CF 2GB135351697614725168445596
UA20-MLT II+Extreme III CF 2GB69948380791482843400

ベンチスコア的にはやはり PRD-122XU に譲る形ですが、MR-GU2T15 も Write が若干遅いだけで Read はほぼ遜色ない結果に。デジカメのデータを PC に吸い上げるのが主用途なので、この結果には十分すぎるほど満足です。

ちなみに、鈴鹿で撮った写真は 8GB オーバーで、結局 2GB の CF 2 枚を 2 回ずつ回して足りなかった計算。RAW+JPEG で撮っているからとはいえ、さすがに撮りすぎたかな(´д`)。でも、帰省のときなんかも 2GB×2 で足りないくらい撮ってしまう(自分の子どもに加えて姪っ子までいるので・・・)から、そろそろもう一枚買い足したほうが良いかなと思ってます。Lexar は時々相性問題も耳にするので、最近評判の ATP かな・・・?SanDisk から Extreme IV も近々国内発売しそうですが。

投稿者 B : 23:08 | Camera | Camera Accessory | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2006/10/05 (Thu.)

Logitech diNovo Edge

Logitech、スタイリッシュデザインの充電式Bluetoothキーボード ~タッチセンサー、バックライトアイコン搭載 (PC Watch)

うわーうわー。テンキー無しコンパクト、英字配列、Bluetooth ワイヤレスって私のニーズをほぼことごとく満たしたキーボードだ。MCE を想定(というか、Vista を意識)していろいろな機能がついているのが私にとっては無駄だけど、タッチさえ良ければ今使っている Space Saver II の代替になりそう。Space Saver II も長らく使ってきて、キー押下時の軋みが気になり始めたので、仕事用に使っている Realforce 91UBK を自宅用にもう一本買おうか、と思っていたところでもあり。というか、これと MX Revolution を組み合わせたら、今の PC 用入力インターフェースとしては最強じゃないかな。

ただ価格が日本で出たら¥25K は下らなさそうなのが悩みどころ。国内発売(国内版が出たとしても日本語配列になるだろうから、買うなら並行輸入品か)を見て考えたいと思います。

投稿者 B : 00:14 | PC | PC Peripheral | コメント (1) | トラックバック

2006/09/04 (Mon.)

Revolution

エキスパートユースを追求したロジクール「Revolution」シリーズ (PC Watch:本田雅一の「週刊モバイル通信」)

ひさびさに本気で欲しいマウスの登場。以前買った MX610 はどちらかというと仕事用に「レーザーでワイヤレスで安いの」という観点で、必要に迫られて買ったものだからなあ。今回の MX Revolution と VX Revolution は、純粋に入力機器マニアの自分として欲しい。ホイールにクリック感のないマウスは以前 MS のマウスで体験済みだけど(結局内蔵のチップが発すると思われる高周波ノイズが気になって使わなくなった)、あの感触は一度慣れるとやみつきになるんですよね。しかも、フリースピンで Web や Excel をグリングリン回せるのは仕事で役に立ちそうだし、新しい親指ホイール(MX Revolution のみ)も個人的には垂涎モノ。以前はシンプルなマウスのほうが好みだったんですが、MX1000 以降多機能マウス(まあ、そのうち半分の機能も使ってないけど)に惹かれるのです。

マウスとしてはさすがにちょっと高すぎるけど、いずれどっちか買ってしまいそうな予感。

投稿者 B : 23:52 | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2006/08/18 (Fri.)

1.8inch USB HDD ケース

最近、1.8inch のノート用 HDD(東芝製)が余ることが増えてきたので、外付け HDD ケースをまた購入。1.8inch は完全に USB バスパワーで使えるので(2.5inch は給電用に USB を 2 ポート塞ぐのがほとんどであまり使い勝手がよろしくない)外付けで持ってると重宝するんですよね。

ビックで売ってたノーブランドのケースです。最近ようやくアキバに行かなくても量販店で(限定的ながら)買えるようになってきた模様。
以前、アキバで 1.8inch HDD ケースをひとつ買ってきましたが、デザインや質感はイマイチでした。今回もそれに輪をかけてショボいつくりのケースです(´д`)。

なんか購入時から IDE のピンが微妙に曲がってるんですが(;´Д`)ヾ。1.8inch のケースは需要が少ないとはいえ、このつくりで¥2,580 とかあり得ないんですけど。それでも他に選択肢がないから使いますが、せめてセンチュリーか玄人志向あたりから発売してくれないかな。

投稿者 B : 21:53 | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2006/08/16 (Wed.)

USB 扇風機

ここのところホントに蒸し暑いですね。私は引っ越してから駅までが遠くなったり、通勤電車が以前より混むルートになったりしたので、毎朝の通勤がけっこう憂鬱だったりします。それに加えて、職場の空調は 28℃に設定されているから、いくら涼しい格好で行ってもけっこう暑いし・・・自然と仕事中の飲み物も増えて、あまり身体には良くないだろうし。ってことで、前から買おうと思っていた USB 扇風機を購入。

ロアス / UA-019

使わないときはコンパクトにしまっておけるフレキシブルアームタイプで。なぜか LED ライトもついているけど、はっきり言って不要・・・とりあえずどの程度涼しいものか試したかったので、フレキシブルアームタイプで安いの、と思って適当に選びました。もう少し質感の高くて信頼できそうな Kensington のとかもあったけど、さすがに¥3,000 でハズレだったら痛いし。

風の出る面積は狭いけど、風量はまずまずでそれなりに涼しいです。けっこう勢いよく回るので騒音も大きいけど、職場で使うなら気にならないはず。問題は電源スイッチがないことで、使わないときは USB ポートから外さなくてはいけないんですが、まあ安いし・・・。
フレキシブルアームタイプでこれより涼しいのがあったら試してみたいけど、見たところどこも似たり寄ったりっぽい感じ。でも、エレコムの「FAN-U12SV」が電源スイッチつきでよさげなので、これも見かけたら買ってみようかな。

投稿者 B : 23:49 | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2006/07/09 (Sun.)

Stowaway Bluetooth Keyboard

某 PC(ぉ)用に、折りたたみ式の Bluetooth キーボードを購入。

Think Outside / Stowaway Bluetooth Keyboard

定番というか・・・機能とサイズとデザインで考えたらこれ以外にあまり選択肢もないので。アキバあたりを探してみたけどどこも在庫切れだったので、 eXpansys で取り寄せて 10 日ほどで到着。

昔 Palm 用で流行っていた TARGUS の Stowaway Keyboard の BT 版みたいな感じで、折りたたみのギミックがカッコイイキーボードです。一応ポータブルデバイス用の汎用スタンドもついていて、立てかけた状態で使えるあたりけっこう考えられています。

ただ、難点というか、

[Fn] が 2 系統あって(ブルーの [Fn] とグリーンの [Fn] がある)多くのキーを [Fn] との組み合わせで使わなくてはなりません。[F1]~[F12] キー程度ならまだしも、数字キーまで [Fn] と組み合わせて使わないといけないのはちょっとイケてないなあ。
キーピッチやキータッチは悪くないので、数字キーや一部記号キーなんかは本体のキーボードを使いつつ、通常の文字入力は Stowaway Keyboard からするといった使い分けをしているから何とかなってるけど、デザインはともかく使い勝手は HP の iPAQ 用 BT キーボードのほうが良かったかも。

投稿者 B : 23:55 | PC | PC Peripheral | VAIO | コメント (0) | トラックバック

2006/06/25 (Sun.)

Princeton PRD-122XU

最近 RAW で撮影することが増えて、PC に転送するデータ量が膨らんでいるせいで、今まで使っていたメモリカードリーダ(マクセルの UA20-MLT II)がかなり遅く感じるようになったので、買い換え。

プリンストンテクノロジー / PRD-122XUBK (ブラック)

速い代わりにバカ高い Lexar を除くと、現行製品で最速クラスはこのあたり。アイ・オーの USB2-W12RW も同チップで性能的にも同等、入手性はこちらのほうが上、という感じだけど、デザインでこちらに。で、店頭でさっぱり見あたらなかったので、Amazon で買いました。

でもって、FDBENCH 1.01 で比べてみました。

ModelReadWriteReadWriteRndReadRndWrite
PRD-122XU+Extreme III CF 2GB135351697614725168445596
PRD-122XU+Ultra II CF 2GB9045117229089115983770
UA20-MLT II+Extreme III CF 2GB69948380791482843400
UA20-MLT II+Ultra II CF 2GB66958243726582013073

なんかマクセルのより倍近く速いんですけど(;´Д`)ヾ。Extreme III の性能をちゃんと出し切っている感じで、Ultra II と比べて実測で 1.5 倍くらい速いというのが改めて分かりました。以前、マクセルのリーダで比較して誤差程度しか差がない・・・と思っていたのは、単にリーダの性能で頭打ちになってただけなのね(´д`)。

このリーダ、性能もさることながら 3 ポートの USB HUB 機能もついていて重宝します。これは良い買い物だったかと。
ただ、どのメディアも端子分の深さくらいしか挿さらないから、誤って上から圧力かけたら壊れそうなのが難点(´д`)。

投稿者 B : 23:08 | Camera | Camera Accessory | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック