b's mono-log

2009/01/23 (Fri.)

Win7 Public Beta を試す

やっと時間が(少しだけ)取れたので、遅ればせながら Windows 7 のパブリックベータを試してみました。

Windows 7 Public Beta (Build 7000)

インストールしてみたのは VAIO type T(TZ)。デュアルコアとはいえ ULV なので Vista は若干荷が重いかな、というくらいのスペックです。起動してしまえばそこそこ快適ですが、起動(特にハイバネ)や描画周りはやっぱり少しモタつくなーと前から思っていた機種。

まずはアップグレードインストール。Windows の起動は Vista よりも高速に感じます。実際に Vista よりもものすごく高速、というよりは(動作のしかたを見ている限り)描画系プロセスを極力早めに動かすことで「ちゃんと動いてますよ」とアピールすることによって、体感速度を上げているといった印象。
起動したあとも Vista よりも少しだけですがキビキビしたレスポンスだと思います。このあたりもエクスプローラ周りの描画が速くなったり、IE8 の動作が IE7 に比べて改善されているからだと思いますが。

次にクリーンインストール。こっちは余計なプリインストールや常駐がない分、アップグレードインストールに比べるとさすがに高速ですね。セットアップにかかった時間そのものも、アップグレードではなんだかんだで 3 時間くらいかかったのが、クリーンインストールでは 30~60 分もあれば済んでしまう感じです(とりあえずセットアップを走らせて席を離れたので、正確な時間は不明ですが、だいたいそのくらいの感覚)。
Windows 自体の起動時間やエクスプローラの反応も、アップグレードに比べるとすこぶる良いですね。もちろんアンチウィルスすら入っていないまっさらな環境なのでそのまま評価できる状態ではありませんが、重い印象しかない Aero Glass の GUI であまりストレスなく操作できるのは、いろんな意味でものすごい違和感(ぉ。試しにメモリを 1GB にしてみましたが、それでもモタつく感覚なくそこそこ使えてしまいました。親父が熱中するわけだ Netbook でも使いものになると言われるわけだ・・・。
Web 上の評判だと「Win7 は神」みたいな盛り上がりっぷりなので、あまり期待が大きすぎると万が一製品でダメになった場合のショックが大きいと思うので(笑)若干差し引いて考えるにしても、「爆速」というほどではないけど、Vista 比で確実に改善されていて「小気味よく動く」という印象です。起動速度やレスポンスの良さで言ったら、明らかに枯れている XP のほうが速いので。

あ、でもスタートメニューから選択できる終了メニュー(←Win95 の頃からだけど、書いてて既に矛盾している)が、デフォルトがスリープではなく「シャットダウン」に変更されていました。もしかしたら Vista でとてつもなく遅くなったハイバネ/レジュームの高速化を諦めたということなのかもしれませんが(笑、これはコールドブートを標準にしても使いものになるという MS の自信の表れではないかと思います。

Vista と比較してどうか、というのはもう既にあちこちのサイトで話題になっているのでこのへんにして、Win7 の UI そのものについての感想を。

GUI の基本デザインは Vista そのものなのでそれほど目新しさは感じませんが、ウィンドウをドラッグして画面上端に持って行けば全画面化されたり、右端や左端に持って行ったら画面のちょうど半分の大きさに自動リサイズされたり、ウィンドウ自体を左右にシェイクするようにドラッグしたらそれ以外のウィンドウが自動的に最小化されたり、かなりおもしろい動きをします。
これが単純に奇をてらっただけのものなら何の評価もしないのですが、マウスやタッチパッドではなくタッチスクリーンを前提に考えると、これまでとは全く違った UX(ユーザーエクスペリエンス)が見えてきます。iPhone のタッチインターフェースの後追いと言えなくもないですが、画面をさわりながら操作することを考えれば理にかなった動作だし、そういう視点で見ると画面下のタスクバーが従来よりも幅広になり、大きめのアイコンが並ぶ Mac OS X の Dock 風インターフェースになったのも、単なる後追いではなくタッチ操作のために施された改良であることがよく分かります。
そうは言ってもマウス操作が前提となる Windows OS なので、従来の GUI とタッチインターフェースの妥協点を見つけようとして中途半端な感じはまだまだありますが、少なくとも何らかの過渡期にあるのであろうことは伝わってきました。Windows 95 からのつぎはぎで 15 年近く続いてきた UI に、新たなパラダイムをもたらすことになるのか?それとも絵餅で終わってしまう構想なのか?は、来年以降明らかになっていくことでしょう。

ひとまず OS をセットアップしてひとしきり起動終了とエクスプローラ操作で遊んでみた程度なのでまだこの程度しかコメントできませんが、当面の日常的作業ができる程度までセットアップして、もう少しいじってみたいと思います。

投稿者 B : 23:57 | PC | Software | コメント (3) | トラックバック

2009/01/14 (Wed.)

Windows 7 Public Beta

【NEWS】マイクロソフト、次期Windows"Windows 7"の日本語ベータ版を一般向けに公開 (窓の杜)

Windows 7 のパブリックベータが(英語版から若干遅れて)いよいよ公開に。Windows 7 には(ベースが Vista であるにもかかわらず、なぜか)大きな期待を寄せている人が多いですが、実際にその感触を体験できる機会がやってきました。
実際にインストールしてみた記事も上がり始めていますが、パフォーマンス的には体感できるほど向上している、というものが多数。確かに、これは期待できそうです。

私もとりあえずダウンロードだけしてみました。今週末まではなかなか時間がとれないのですが、幸い空いているマシンはいくつかあるし、近いうちに試してみたいと思います。

投稿者 B : 23:07 | PC | Software | コメント (0) | トラックバック

2008/09/04 (Thu.)

Google Chrome

Googleが独自開発ブラウザ「Google Chrome」ベータ版をリリース (Internet Watch)
Googleが独自ブラウザを開発した理由、開発責任者が語る (Internet Watch)
画像で見る「Google Chrome」 (Internet Watch)

Google が独自開発の Web ブラウザ「Google Chrome」のベータ版をリリース。ブラウザ上で動作する Docs や Calendar、あるいは Web アルバムと連動する Picasa のようなローカルアプリならともかく、ブラウザそのものをリリースする狙いって何だろう・・・?というのがまだよく分からないのですが、とりあえず使ってみました。

Google Chrome

タブブラウザは今や無数にあり、PC 用としてはむしろタブじゃないブラウザを探すほうが難しいような状況になりつつありますが、Chrome はそれらとは違ったシンプルなデザインがいかにも Google らしく、印象的です。タブバーがタイトルバーと統合されていて、「タブバーがあるから画面が少し狭くなる」というタブブラウザにありがちな悩みもさらっと解消されてますね。↑のキャプチャはウィンドウモードにしていますが、全画面モードにするとタイトルバーがさらに一段分細くなります。
また、メジャーブラウザとしては初めてアドレスバーと検索バーが統合されたのも新しいところ。実に Google のブラウザらしい特長といえますが、私は昔から IE コンポーネントタブブラウザでこういう使い方をしてきたので、ようやくといったところ。

Chrome は高速性がウリということですが、最近の Firefox や Safari と比べて特に高速という感じはしませんでした。ブラウザエンジンが WebKit らしいので、通常の HTML の描画速度は Safari と同程度くらいかな?いずれにしても、どのブラウザも IE7 よりはかなり速いので、うーんそろそろメインブラウザを乗り換えようかな・・・という気になってきます。

また、独自の JavaScript エンジン「V8」の効果は高いようで、Google Maps や Gmail のような Ajax 系の Web サービスはかなり速いと思います。Web アプリを Windows のショートカットアイコンとして登録できてしまうため、まるでローカルアプリのように Gmail や Google Calendar などの Web サービスを扱えてしまう(もちろん Google 以外の Web サービスやサイトも登録可)ので、Google の Web サービスを使うためだけに Chrome をインストールしておいても良いかも、と思わせてくれます。あ、もしかしたらこれが Chrome 開発の新の狙いなのか。
Google 系 Web サービスのポータルという意味では、私は iGoogle をブラウザのホームページに設定しているんですが、都度タブを切り替えて Web サービスを呼び出して・・・というのも、けっこう面倒なんですよね。最近 iGoogle は単なる RSS リーダー代わりと化してしまっているので、Web サービス系はアイコンから直リンクで使うようにしようかな。

まだまだ出たばかりなので、周辺のツールが揃っていない分、総合的な使い勝手はカスタマイズ性の高い Firefox や Sleipnir あたりには見劣りしますが、Google 人気とオープンソースの強みでどんどん強化していってほしいところ。個人的には、マウスジェスチャーとショートカットキーのアサイン、タスクトレイへの格納さえサポートされれば、乗り換えを真剣に検討してもいいかも。最近、メインマシンはともかくモバイルで Sleipnir はちょっと荷が重く、軽めのブラウザをちょこちょこつまみ食いしていたので、これはけっこういい選択肢になりそうです。

投稿者 B : 22:00 | PC | Software | コメント (5) | トラックバック

2008/06/22 (Sun.)

ESET Smart Security

NOD32 アンチウイルスの更新期限が近づいてきたんですが、この際だからセキュリティスィートにしようとおもって上位バージョンである ESET Smart Security に切り替えてみました。

ESET Smart Security

B000XP98NM

私が買ったのはダウンロード版ですが、それにしてもパッケージ版のこのデザインひどいですね(;´Д`)ヾ。

セキュリティスィートにしたのは、ファイアウォールに使っている ZoneAlarm が定期的に出してくる有償版オススメのポップアップが鬱陶しくなってきたから(´д`)。あと、NOD32 並みの軽快さをファイアウォールにも求めたかったからでもあります。
ESET のファイアウォール設定は自動だとほぼ素通しにしてしまうようで心配なので、一応対話ベースで遮断/許可を求めさせて自分で設定するようにしています。これなら ZoneAlarm とほぼ同じ手順で設定できるので、安心。パフォーマンスや信頼性は今のところまだよく分かりませんが、とりあえず問題は出ていません。

むしろ ZoneAlarm をアンインストールようとしても、TrueVector という監視サービスを自動的にアンインストールしてくれず、削除に一手間かかった(ググってみた結果、セーフモードで再起動したらアンインストールできた)のが、一番のつまづきどころだったかも(´д`)。

投稿者 B : 21:07 | PC | Software | トラックバック

2008/06/19 (Thu.)

Auslogics Disk Defrag

リビングで夫婦共用 PC として使っている VAIO TX、CCleaner とかでメンテしながら使っているんですが、やっぱり HDD の遅さにイライラ。デフラグを定期的にかけたりしながら使ってはいるものの、HDD が遅いのでデフラグ自体も遅くてさらにイライラ(´д`)。
Windows XP 標準機能に代わるデフラグツールがなんかないかと思い、探してみました。

【NEWS】ハードディスクを高速に最適化できるデフラグソフト「Auslogics Disk Defrag」 (窓の杜)

とりあえず、Windows 98 の頃のデフラグみたいな細かいセルがちこちこ動く UI が気に入った(´ー`)。昔、あのデフラグの画面をぼーっと見ているのが好きだったのを思い出しました(笑。

このツールは他のデフラグツールに比べて高速なのがウリらしいですが、確かに速いです。ちゃんと測ったわけじゃないので感覚値ですが、VAIO TX の 1.8inch HDD で使った感じでは、通常のデフラグの 3 倍(ぉ。遅い HDD ほど恩恵を受けられるんじゃないでしょうか。

ちなみにこのツール、最適化後にちゃんと「どのくらい速くなったか」報告してくれるのも良い感じ。

Windows のデフラグツールと違って、Windows の起動に関わるファイルをディスクの外周に配置したりする機能はないようなので、高速化の効果はそこそこだと思いますが、とりあえず気分的には OS 標準のツールより高速にすっきりできるので、気に入りました。

ただ、デフラグよりもたまたま余っていたメモリを増設して 1GB→1.5GB にしてやったほうが体感的に速くなった気がしますが(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 23:57 | PC | Software | コメント (3) | トラックバック

2008/05/29 (Thu.)

ChatteringCanceler

自宅用に買い増したからか分かりませんが、職場で使ってるほうの MX Revolution がチャタリング発生気味。シングルクリックがダブルクリックと認識されてしまうことがしばしば、という状態に・・・。なんか対策ないのかな、と検索してみたら、良さそうなものを発見。

ヨン様と呼ばないで!: マウスボタンチャタリング対策(Windows限定)

っていうか一昨日リリースされたばかりじゃないですか。なんとタイムリーな・・・。
一日使ってみましたが、確かにチャタリングが緩和されてますね。今のところ特に問題も出ていないもよう。

マウスメーカーによらず使えるツールみたいなので、もし同様の症状で困っている人がいたら、試してみることをオススメします。

投稿者 B : 22:50 | PC | Software | コメント (0) | トラックバック

2008/05/11 (Sun.)

Jing

最近愛用しているフリーウェア。

【NEWS】手軽にデスクトップ上の操作を録画できる動画キャプチャーソフト「Jing」 (窓の杜)

画像キャプチャソフトなんですが、かなり高機能。キャプチャ時にあらかじめキャプチャ領域をピクセル単位で指定できるだけでなく、キャプチャ後の編集機能まで備えています。私はこの blog だけでなく、仕事でもけっこう画面キャプチャを取って PowerPoint や Acrobat に貼り付けて資料作りみたいなこともやるので、かなり重宝。Jing 上で枠線や矢印、テキストを入れることもできるので、むしろパワポなしでも説明っぽい資料は作れてしまいます。ファイルの保存は PNG、そのまま Flickr や FTP へのアップロードもできてしまう多機能さ。もちろんクリップボードへの取り込みもできます。
あと動画のキャプチャもできる(DirectDraw だろうとお構いなし)ので、使いようによってはいろんな使い方ができそうです。正直インターフェースが独特なので取っつきにくいんですが、それを差し置いても使ってみる価値はあるかも。今までこの手のツールは IrfanView のキャプチャ機能を使っていたんですが、職場で使っているデュアルディスプレイではうまく動作しないこともあり、キャプチャは完全にこのツールに移行してしまおうかと思っていたりします。

投稿者 B : 21:10 | PC | Software | トラックバック

2008/05/08 (Thu.)

Windows XP SP3

Microsoft、Windows XP SP3をWindows Updateで配布開始 (PC Watch)

私もさっそくインストール。

SP2 よりも高速化されているという話でしたが、CrystalMark 2004R3 で計測してみた限りでは誤差以上の違いは出ませんでした。使い込んでいくと体感的に違いが分かるのかもしれませんが、今のところそれも分からず。Vista SP1 以上に地味なアップデートではありますが、これでまだまだ XP を安心して使えるというものです。メイリオまで XP 向けに配布しちゃって本当に大丈夫なの?と、他人事ながら心配になってしまうほど(´д`)。SP1 が出て落ち着いたら自作機を Vista に移行するかな、と考えていましたが、やっぱりその必然性を感じません・・・。

投稿者 B : 23:59 | PC | Software | コメント (0) | トラックバック

2008/03/19 (Wed.)

Windows Vista SP1

マイクロソフト、Windows Vista SP1を一般公開 (PC Watch)

ようやく。

私も早速 type T にインストールしてみました。

今回は MS の Service Pack にしては珍しく(?)機能追加のないバグフィックスのみの SP なので、パッと見の違いがほとんどなく、あまり導入した実感がありません。

まだあまり長時間触れてませんが、これまであまり安定しなかったスタンバイ/ハイバネ(休止状態)前後の動作がまともになったような。今まではハイバネに入れなかったり(画面は消えるけど電源インジケータが消えない)、ハイバネ後にワイヤレス LAN に繋がらなくなったり Bluetooth を見失ったりする不具合が改善された気がします。
ただ、改善されたとされるパフォーマンスの問題は、KB938194 と KB938979 を適用済みのせいか、さほど変わったようにも感じられず。ファイルコピーと画像の読みこみ時間が短縮されたということなので、デジカメ写真の取りこみ→表示系の操作は改善されているかもしれません。

しばらく使ってみて使い物になるようなら、自作機への導入も検討してみようかと。まあ、それでもまだ Vista をインストールするメリットが見出せていないのは事実ですが(´д`)。

投稿者 B : 23:57 | PC | Software | コメント (0) | トラックバック

2008/02/28 (Thu.)

CCleaner

SSD 搭載ノートの性能になれてしまったせいか、リビングで使っている VAIO TX の遅さ(特に HDD アクセス)に耐えられなくなってきました。定期的にディスククリーンアップやデフラグはかけていたんですが、買って約 2 年半、一度も OS を入れ直すことなく使ってきたマシンなので、いろいろゴミが溜まってるんだろうなあと。とはいえ、家族との共用マシンなのでそうそうリカバリすることもできず、とりあえずクリーンアップツールを使ってみました。

【NEWS】各種ソフトやWebブラウザーの履歴、不要レジストリなどを一括削除「CCleaner」 (窓の杜)

Windows も 2000 あたりからはすっかり安定したもので、レジストリの掃除なんかもやらなくなって久しいです。なので、こうやって OS 環境の掃除をしてやるのなんてかなり久しぶり。レジストリやディスクのクリーンアップツールもいろいろあるものですが、その中でもこの CCleaner はもっともとっつきやすそうでした。

TX にかけてみると、それはもうレジストリのゴミが出るわ出るわ。HDD のゴミも併せてかなりキレイになりました。さらにデフラグをかけて気分すっきり。ただ、体感速度が上がったかというと、OS の起ち上げは確かに若干速くなったような気はするものの、通常動作でのパフォーマンスはあまり変化を感じられず。やっぱり根本的治療には、HDD をより新しい世代のものに換えるしかないかなあ・・・。
とはいえ、ディスクがキレイになるのは気持ちが良いもので、とりあえず手持ちの常用 PC 全てにかけてみました。中でも効果があったのは仕事に使っている Vista 機で、メモリダンプ数百 MB を含め合計 1GB 以上のゴミが(;´Д`)ヾ。仕事マシンは最近なんだか不調でよく落ちるので、これで定期的に掃除してやろうかなと。

投稿者 B : 23:54 | PC | Software | コメント (0) | トラックバック