b's mono-log

 1 |  2 |  3 |  4 |  5 | all

2006/07/28 (Fri.)

Tear Drop Stylus

某 PC(ぉ)用に、ストラップを購入。

pocketgames / ティアドロップスタイラス VAIO UX

スタイラス兼用のストラップ。旧 type U 用のを使おうと思ったら、紐が太すぎて入らなかったので・・・orz

重量のバランスとか、シルバーの質感(シルバー 925 の模様)は良いけど、肝心のストラップの質感がビミョー・・・。ストラップだけ本革に差し替えたい気分。

投稿者 B : 22:25 | PC | VAIO | コメント (0) | トラックバック

2006/07/09 (Sun.)

Stowaway Bluetooth Keyboard

某 PC(ぉ)用に、折りたたみ式の Bluetooth キーボードを購入。

Think Outside / Stowaway Bluetooth Keyboard

定番というか・・・機能とサイズとデザインで考えたらこれ以外にあまり選択肢もないので。アキバあたりを探してみたけどどこも在庫切れだったので、 eXpansys で取り寄せて 10 日ほどで到着。

昔 Palm 用で流行っていた TARGUS の Stowaway Keyboard の BT 版みたいな感じで、折りたたみのギミックがカッコイイキーボードです。一応ポータブルデバイス用の汎用スタンドもついていて、立てかけた状態で使えるあたりけっこう考えられています。

ただ、難点というか、

[Fn] が 2 系統あって(ブルーの [Fn] とグリーンの [Fn] がある)多くのキーを [Fn] との組み合わせで使わなくてはなりません。[F1]~[F12] キー程度ならまだしも、数字キーまで [Fn] と組み合わせて使わないといけないのはちょっとイケてないなあ。
キーピッチやキータッチは悪くないので、数字キーや一部記号キーなんかは本体のキーボードを使いつつ、通常の文字入力は Stowaway Keyboard からするといった使い分けをしているから何とかなってるけど、デザインはともかく使い勝手は HP の iPAQ 用 BT キーボードのほうが良かったかも。

投稿者 B : 23:55 | PC | PC Peripheral | VAIO | コメント (0) | トラックバック

2006/04/15 (Sat.)

U101 の HDD を換装

先日の X505/SP に引き続き、私のもう一つのサブマシン PCG-U101/P の HDD を行いました。もろもろ突っ込んでいるせいで容量が足りなくなってきたのと、もう間もなく購入後 3 年が経過してソニスタの保証も効かなくなるタイミングなので(ぉ
載せ替えるドライブは東芝の 60GB 品である「MK6008GAH」。1.8inch で現状手に入る最大容量は 80GB だけど、入手性が悪い上にまだまだ高価なので、60GB が最も現実的でしょう。それでも購入時の 30GB からすれば容量は 2 倍になるので悪くない選択肢だと思います。

実は U101 は買って以来一度も分解していなかったので、今回が初バラシ。しかも HDD 換装にはほぼ全バラにする必要があり、難易度的には X505 とほぼ同じくらい難しいんじゃないでしょうか。換装手順はおそらく Web のどこかに載っているのでここでは書きませんが、かなり面倒でした。

一応 HDD 換装後のお約束ということで、HDBENCH 3.30 でパフォーマンスを比較してみました。

機種ALLIntegerFloatMemRMemWMemRWDirectDraw
PCG-U101/P(換装後)15084275612784223595240564453919
PCG-U101/P(換装前)12579275212781023548130024453919
VGN-TX90PS23109730565739846674392537574559

機種RectangleTextEllipseBitBltReadWriteCopyDrive
PCG-U101/P(換装後)127148508429411720821160242137C:\100MB
PCG-U101/P(換装前)13783871146691071286094391229C:\100MB
VGN-TX90PS2396414311509121018826155641836C:\100MB

ディスクアクセス周りだけで約 60%、トータルでも約 20% のパフーマンスアップ。まあ、ドライブの世代で 2 年くらい、記録密度では 2 倍違うわけだからこれくらい速くなって当然かと。今までのディスクはフラグメンテーションがかなり進んでいた(なおかつ、空き容量不足でデフラグもまともにできなかった)のもあっていちいち「カリカリカリカリ・・・」とやっていたのと比べれば、そうとう快適になりました。 あとは CPU と無線 LAN はどうにもならないので諦めるとして、いじるところがあるとするとメモリくらいだけど、唯一使える Swissbit の 1GB モジュール「SMDN333-1024C」は実売で¥34,800~39,800 もするから、費用対効果を考えるとかなり躊躇してしまうところ。欲しいけど・・・。

で、例によって今回もネジが 1 本余っているわけだが(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 23:41 | PC | VAIO | コメント (0) | トラックバック

2006/01/07 (Sat.)

X505 の HDD を換装

VAIO 505 EXTREME の HDD が足りなくなってきたので換装を。

東芝の MK3006GAL に換装しました。20GB→30GB なのでさほど大幅なパワーアップでもないけど、MK3006GAL はアキバに行けば買えて値段もそこそこなのに対して 40GB の MK4007GAL はバルクではほとんど出回ってない(gigabeat とかを買ってバラすしかない)のでコストパフォーマンス重視で 30GB に。

手順とかはしかるべきサイトに書いてあるのでここでは省略しますが、キーボード換装で手順はわかっていたので比較的ラクでした。

というわけで、とりあえずパフォーマンス比較を。

機種ALLIntegerFloatMemRMemWMemRWDirectDraw
PCG-X505/SP(換装後)18171451594565036552239544983829
PCG-X505/SP(換装前)15762432384098636399255914995629
VGN-TX90PS23109730565739846674392537574559

機種RectangleTextEllipseBitBltReadWriteCopyDrive
PCG-X505/SP(換装後)1978611108551317619585143572458C:\100MB
PCG-X505/SP(換装前)187771594873741901034811160794C:\100MB
VGN-TX90PS2396414311509121018826155641836C:\100MB

HDBENCH 3.30 ベースではあるけど、HDD 自体のパフォーマンスが 1.5~2 倍近く、全体のパフォーマンスが 1.2 倍近くアップしているだけあって、体感的にもけっこう快適になりました。さすがに Sonoma ベースの VAIO type T と比べると見劣りするけど、X505 はファンレスな上に MK3006GAL が静かなので(最初から入っている MK2004GAL はボールベアリングだけど、MK3006GAL は流体軸受)、動作時でもほぼ無音に近い感覚に。

X505 は購入以来一度もリカバリ/クリーンインストールしていなかったので、実は今回が初リカバリでした。買って 2 年以上経って初めてリカバリ CD の封を切った私(ぉ。体感速度がアップしたのは、たぶん Windows の環境がキレイになったせいもあるんだろうな。

あと問題は、外した HDD を入れるケースがないこと。1.8inch HDD を外付けにするケースはそれなりにあるけど、ほとんどが HGST 方式なのでコネクタ形状が違う東芝は使えない(´д`)。東芝対応は私が知る限り 1~2 製品しかないので、探すのが大変そう・・・。とりあえず X505 がパワーアップしただけでも、よしとしておきますか。


ちなみに、キーボード換装時に入れ忘れたワッシャーを今回ようやく組み付けることができました(´д`)。

投稿者 B : 23:01 | PC | VAIO | コメント (2) | トラックバック

2005/11/05 (Sat.)

VAIO VGN-U50

ちょっとしたきっかけで最近 VAIO type U を入手。

ソニー / VAIO type U VGN-U50

初登場時、ちょっと欲しい・・・と思いつつ、キーボードがない(USB 外付け)ことがネックとなって最終的にスルーしてしまった type U。小さい、軽いことは何物にも代え難いメリットではあるんですが、U101・X505 がありキーボードがないと困った(当時の私のモバイル PC の使い方としては、外出先での Web 閲覧とサイト更新がメインだったので)わけなのですが、PC の使い方が少し変わった今となってはどうか、と思い、少しいじってみることにしました。

いそいそとセットアップし、そういえば以前買ったままほぼ放置していた Bluetooth GPS があったな、と、Navin'You(懐かしい)をインストール。が、Navin'You(5.0)がパッチを当ててもちゃんと起動しないんですけど(;´Д`)ヾ。WinXP SP1 の頃はパッチを当てれば動作させられたんだけど、どうも SP2 だと動かないっぽいです。んー、最大の用途に考えていた歩行ナビには使えないか、これじゃ。

しょうがないのでタブブラウザと iTunes をセットアップして、自宅でのどこでもブラウジング兼 AirTunes のリモコン(Mac mini のライブラリを type U で操作して、AirMac Express 経由で AV アンプから音を出す)に使うことにしましたが、せっかくの type U もこれじゃあね。なんかいい使い方はないものか・・・。

セットアップしていて気づいたのですが、やっぱりキーボードがないと使いづらいですね、これ。
キーボードがないと使いづらい(テキスト打ちに限らず、単純にググって Web ブラウズするだけのときでも)ということは分かりきっていたことですが、キーボード操作派な私にとってはそれ以上に「キーボードショートカットが使えない」ことがこれだけ不便を感じるとは思ってもみませんでした。コピペにしろ、アプリケーションの切り替えにしろ、Windows やアプリの基本操作にどれだけキーボードを使っているか、ということに改めて気づきました。初登場時に感じた「キーボードがないことの気持ち悪さ」ってこれだったのか。

というわけで type U を通じて改めて「W-ZERO3」の方に興味が湧いてきました。携帯電話のボタン並みのキーとはいえ、キーボードつきのハンドヘルド PC はどれだけ使い物になるのか。以前 CLIE NX80V を使っていたときにはほとんどキーボードは使いませんでしたが、PC と PDA の中間という微妙なフォームファクタではどうなのか。
・・・やっぱりだんだん欲しくなってきたよ(´д`)。

投稿者 B : 12:25 | PC | VAIO | コメント (0) | トラックバック

2005/10/12 (Wed.)

PCG-X505/SP キーボード換装

ひょんなことから 505 EXTREME 用の英語キーボードが手に入ったので、換装してみました。

私がここに換装の詳細な手順を公開してしまうのは何かと問題があるので敢えては書きませんし基本的に質問も受けませんが、ぶっちゃけ、今まで何十度と歴代の VAIO(中でも実装のキツいモバイルノートばかり)を分解・改造してきた私でも、この X505 の分解は別次元の難易度。Y ネジのドライバー入手から始まって、ネジ頭は浅くてナメそうになるわ、テープや咬み合わせで固定しているパーツはあるわ、ネジの点数は多いわ、コネクタは細かいわ、フラットケーブルは多いわで本当に大変でした。できるならば、二度とやりたくない・・・。

よくメモも写真も撮らずに作業して、ネジを一本も残さずに作業完了した・・・と思ったら、ワッシャーが一個だけ余ってるorz
またバラすのもつらいし、とりあえずこれはひとまず残しておいて、HDD 換装の口実にするかな、と・・・(ぉ

投稿者 B : 23:49 | PC | VAIO | コメント (1) | トラックバック

2005/09/28 (Wed.)

VGN-TX90PS のパフォーマンス

セットアップも終わって快適に使い始めている新 type T ですが、実際のところパフォーマンスってどうなのよ、と思い、ちょっとベンチを取ってみました。今や枯れたベンチマークではありますが、HDBENCH Ver3.30 です。
参考までに私の所有する他モデルとの比較も載せておきます。

機種ALLIntegerFloatMemRMemWMemRWDirectDraw
VGN-TX90PS23109730565739846674392537574559
PCG-X505/SP15762432384098636399255914995629
PCG-U101/P12579275212781023548130024453919
ThinkPad T40p25239740307478258463279005334450

機種RectangleTextEllipseBitBltReadWriteCopyDrive
VGN-TX90PS2396414311509121018826155641836C:\100MB
PCG-X505/SP187771594873741901034811160794C:\100MB
PCG-U101/P13783871146691071286094391229C:\100MB
ThinkPad T40p4539012778925361219699186551926C:\100MB

・・・正直びっくりしました。Pentium M 1GHz 搭載の X505/SP、Celeon 600A MHz 搭載の U101/P とは(ベンチマークベースでは)比較にならないくらいパフォーマンスアップしているだけでなく、2 年前のハイエンドノートである ThinkPad T40p(Pentium M 1.6GHz 搭載)に匹敵するベンチマーク結果を叩き出しています。
さすがにグラフィック性能は MOBILITY FireGL に敵いませんが、システムバス/メモリバスが高速化し 2 次キャッシュが倍増(Dothan コア)している分、CPU 動作周波数で勝る T40p にプロセッサ/メモリ性能で拮抗し、遅いと言われている 1.8inch HDD も 2 年前の 2.5inch HDD(しかも 5,400rpm)に遜色ないアクセススピードを達成。まさか、ここまでとは。

実は、一度デフォルト設定でベンチを取ったところ X505 はおろか U101 にも劣るくらいの結果しか出なかったので、調べてみたら省電力設定(「バイオの設定」→「VAIO 省電力ビューア」)が AC 接続時でも処理速度よりも静かさ優先の設定になっていました。そこで、パフォーマンス優先にしてみたところ、この驚くべきベンチ結果が。
確かにデフォルト設定では普通に Windows を使っていてもときどき動作がモタつくなー、という感覚があっておかしいと思っていたんですよね。で、じゃあこの状態で 3D ベンチを取ってみたらどうなるの?ということで、測ってみました。

ベンチマークVGN-TX90PS
FFXIBench 3-L2007
(おなつよ)
FFXIBench 3-H1275
(楽)

Vana'diel Bench 3 です。デフォルトの静かさ優先設定ではまともに実行しようと思えないくらいフレームレートが低かったのが、フルパワーで走らせたら普通に動くじゃないですか(;´Д`)ヾ。で、結果的に低解像度で 2,000 超え。
X505 や U101 ではせいぜい 800 そこそこ(練習相手)で、2,000 超えというと FFXI 開始当初の私の自作マシン(Athlon 1.2GHz+RADEON 9200)に迫るパフォーマンスということになります(いずれも Vana'diel Bench 2 での結果なので直接比較はできませんが)。これなら、ジュノの競売所前やボヤーダさえ避ければ普通にプレイできそうな予感・・・。
高解像度でのスコアの落ち具合がディスクリートチップに比べて大きいあたりが内蔵グラフィックゆえの泣きどころですが、それでも 10 インチクラスのモバイルノートで FFXI 級の 3D がそこそこ快適に動いてしまうというのは、特筆に値するといえそうです。確かに Intel 915G シリーズの内蔵グラフィックは FFXI を正式サポートしていますが、まさか FSB も低く DDR も非サポートのモバイル系プラットフォームでここまでいけるとは、嬉しい誤算でした。

まあフルパワーで動かすとけっこううるさい、というデメリットもありますが、うーん、インストールしてみるかな・・・。

投稿者 B : 00:46 | PC | VAIO | コメント (0) | トラックバック

2005/09/24 (Sat.)

VAIO VGN-TX90PS

・・・というわけで、久々に新しい PC を購入しました。新しい VAIO type T です。

ソニー / VAIO type T VGN-TX90PS (プレミアムブルー)

といっても私専用じゃないんですけどね。ウチの奥さんが結婚前から使っていた DELL のノートがちょっと古く、さすがに遅いし大きいし重いしということで最近の小さいノートに切り替えたかったのが目的です。あと、私のモバイル(X505)をとりあえず仕事用にしているので、奥さんのメイン機兼私のサブ(モバイル)機という感じで使おうかと。まあ、スペックは完全に私の好みで選んだけど。
以前の type T の頃から買い換え時を思案していたんですが、今回の type T は本当に死角がないくらい完成度が高まっていたのでほぼ即決でした。デザイン的にはそこまで強烈なインパクトこそないものの、旧型より好みだし、オーソドックスで飽きのこないデザインだと思うし。

カラーはやっぱりカーボン地が見えるプレミアムブルー。1,000 台限定(うちソニスタ扱いは 800 台)という狭き門でしたが、Star が十分すぎるくらい貯まっているので問題なく購入できました。聞けば当日夕方には 800 台分の受付が終了していたとか・・・。

他のスペックはこんな感じ。

まあ、妥当・・・かな?バッテリライフを考えると PenM は譲れないところだろうし、メモリは費用対効果が今のところ一番良い 1GB。光学ドライブはコンボでも良かったけど、帰省したときなんかに姪っ子のビデオを撮ってそのままざっくりカット編集して DVD に焼いて両親にあげる・・・みたいなニーズが出てきそうな気がしたので記録型に。キーボードは自分メインだったら英字にするところだけど、とりあえず日本語 KB にしました。

半日くらいかけてようやくセットアップ完了。最近のモバイルノートは Norton も ATOK もプリインストールだから楽ですね。1.8inch HDD が若干モタつく感触があるものの、今まで使っていたモバイル機(X505、U101)より全ての面でパワーアップしているだけあって、モバイルマシンとしてはかなり快適な部類に入るかも。あ、でも Vana'diel Bench 3 はカクカクでまともに動きませんでした(´д`)。

ともあれ、自宅用のノートはこれで Longhorn が落ち着くくらいまでは買い換えを考える必要はないかな、という感じ。デスクトップは、そろそろ HDV 編集とかもやりたいので、少し何とかしたいかな。

投稿者 B : 22:04 | PC | VAIO | コメント (1) | トラックバック

2005/09/23 (Fri.)

The Saga Continues

キタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!

投稿者 B : 23:55 | PC | VAIO | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 |  5 | all