b's mono-log

2019/01/06 (Sun.)

20190106 部分日食

Partial solar eclipse

[ Canon EOS 7D Mark II | SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM ]

本日は日本では三年ぶりに観測できる部分日食でした。休日に見られるとあっては撮影するしかないでしょう!ということで私も朝から準備して外に出てみました。七年前の金環日食の際に買った ND100000 フィルタと日食グラスが久しぶりに活躍の機会を与えられて良かった(笑
ちなみに私が持っている ND100000 はフィルタ径 58mm で今使っているレンズ径に合っていないので、レンズ前に手でセットして撮った上でトリミングしています。

Partial solar eclipse

[ Canon EOS 7D Mark II | Canon EF70-200mm F4L USM ]

我が家からは最大食の時間は薄曇りでしたが、ND100000 でもちょっと明るすぎるくらいだったから薄曇りくらいでちょうど良かったかな。最大食から三分も過ぎると雲が切れてきて輪郭がぼやけてきてしまったので、むしろ一番良い状況だったのかもしれません。

次の天体ショーは流星群を除けば 7 月の部分月食、12 月の部分日食があるようです。12 月は年末とはいえ平日だからちょっと難しいかなあ。7 月の月食はタイミングが合えば撮影したいところ。

投稿者 B : 22:00 | EF70-200/F4L USM | EOS 7D Mark II | Photograph | SIGMA APO 50-500/F4.5-6.3 DG OS HSM | コメント (0) | トラックバック

2019/01/04 (Fri.)

新春の東京

新春の東京

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA ]

年末年始の東京は珍しいくらいにずっと快晴が続いていました。外を歩いていても分かるくらいに空気が澄んでいて、自分の視力が上がったんじゃないかと錯覚するほど見通しがいい景色。こういう天気だと、写真を撮っていても気持ちが良い。
一週間近くもこんな天候が続くのは滅多にないことではないでしょうか。

新春の東京

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA ]

去年は 1 月の下旬に大雪が降りましたが、今年は暖冬ということで当面は雪が降りそうな気配もありません。まあ、年に一回程度は雪で電車が止まる日があるくらいがちょうどいい...と思っていたりしますが。

とか言っていると本当にまた大雪が来かねないので、ほどほどのでよろしくお願いします。

投稿者 B : 22:26 | Photograph | Sonnar FE 35/F2.8 ZA | α7 III | コメント (0) | トラックバック

2019/01/01 (Tue.)

くる年

20190101

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2.8 MM ]

新年あけましておめでとうございます。

いろんなことがあった 2018 年が終わり、新しい一年が始まりました。
私の周辺でありそうな変化は去年だいたい起こってしまったこともあり、今年はまたそこから積み上げていく地道な一年になりそうです。歯車でもいいから、目先のあれこれに振り回されない平穏な日々が送れればそれでいい、と今は思っています。
ただ新しい仕事は出張が多そうで、もしかすると今後この blog の更新頻度が下がってしまうかもしれません。と今までも何度か書いたこともある割に変わらなかったので、そこは変わらない可能性もありますが。いずれにしても書く内容は少し変わりそうな気もしています。

ともあれ、2019 年が自分や家族と、そしてこの blog の読者のみなさんにとって良い一年になりますように。
本年もよろしくお願いいたします。

投稿者 B : 12:00 | Distagon 35/F2.8 MM | Photograph | α7 III | コメント (0) | トラックバック

2018/12/31 (Mon.)

ゆく年

20181231

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZS ]

いろいろあった 2018 年も今日で終わり。

個人的には精神的にキツいこともいくつかあったけど、結果的には新しい一歩を踏み出せたことは良かったかな。これが最終的にどうなるか、はまだ自分にも予想がつきませんが。
家族のほうも奥さんが仕事を始めたり、長女が中学に進学したり、それぞれに変化のある年でした。数年後に振り返ったときに、あの年は大変だったね、という一年になるのかもしれません。

プライベートの方は割と大人しく過ごした一年ではあったけど、夏に韓国に行ったのはひとつのハイライトでした。久しぶりの遠出で、初めての国ということもあって新鮮な体験ばかり。来年もどこか旅に出たいと思っています。とりあえず国内は京都か名古屋か、四国かな(笑

さておき、本 blog の更新も年内はこれが最後。
今年もありがとうございました。皆様よいお年をお迎えください。

投稿者 B : 20:18 | Photograph | Planar 50/F1.4 ZS | α7 III | コメント (0) | トラックバック

2018/12/30 (Sun.)

過ぎゆく 2018 年

20181230

[ Sony RX100 III ]

2018 年も年の瀬を迎えています。
私も昨日から冬休みに入りました。が、今月から新しい仕事を始めたばかりでいろいろと立ち上げ中のため、あまり一年の終わりとか総括とかいう気分でもなかったりします。

みなさん今年買ったもののまとめエントリーを書かれているようですが、私は今年は大きな買い物をほとんどしておらず、めぼしいものといえば α7 III くらい。これはこれで、当分新しいボディは買わなくてもいいくらいに気に入っているんですが、一方でレンズを一本も買わなかったのは一眼レフを使い始めて以来初めてじゃないでしょうか。欲しいレンズはまだいくつかあるものの、だいたいの焦点距離のレンズを持っているから代用がきいてしまうため優先順位があまり高くないんですよね...。とはいえ、来年はこれを買おうと決めているレンズはあるので、それを狙っていきたいと思います。

20181230

[ Sony α7 III | Sony 70-400mm F4-5.6 G SSM ]

年末年始は特に予定を入れていないので、新年の準備などをしつつ静かに過ごしています。

三が日はカメラを持ってちょっとどこかに出かけたいかな。

投稿者 B : 22:00 | Photograph | Sony 70-400/F4-5.6 G SSM | Sony RX | α7 III | コメント (0) | トラックバック

2018/12/07 (Fri.)

佐竹商店街

佐竹商店街

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Biogon T* 21mm F2.8 G ]

鳥越に行った際に、佐竹商店街をブラブラして写真を撮ってきました。

都内には谷中銀座や戸越銀座、砂町銀座、中野サンモール、アメ横、武蔵小山など有名な商店街は数々ありますが、ここ佐竹商店街はあまり知られていないけど日本で二番目に古い商店街とのこと。ちなみに一番古いのは金沢の片町商店街だそうですが、金沢城~兼六園のすぐ側にあり石川県を代表する商店街である片町とは違い、佐竹商店街は都内にしても地味めの商店街。そこそこ活気がありつつも、ところどころに昭和感が残る何とも言えない雰囲気を醸し出しています。

佐竹商店街

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

「登録商標 ゼイタク煎餅」。ほらね、見れば見るほどジワジワと味が出てきます。こういう感じのお店が何軒も並んでいて、しかもちゃんと営業している。四十年前ならあちこちで見られたかもしれない光景ですが、それが今でも息づいているというのはさすが日本で二番目に古いだけのことはあります。

佐竹商店街

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Planar T* 35mm F2 G ]

ファミリースナック。現代の感覚だと、家族でスナックに行ったりしないじゃないですか(笑。ひとつひとつの意味を考え始めると奥深いセンスがある商店街です。
スナックなのに、ガラスケースに並ぶ(つか、アルコール出すスナックはガラスケース置かないだろ)食品サンプルはオレンジジュース、レモンスカッシュ、ソーダ水(!)、ハンバーグ、ナポリタン...なぜここが喫茶店ではなく「スナック」なのか。Wikipedia によると「1970年代前半頃までは敢えて今風に言うとカフェバー形態を指し、昼間はパフェなどのデザートメニューも展開していた」ということなので、むしろこういうのが本来のスナックの姿だったのでしょう。

入口に貼られた探偵のポスターからしても、ここがもし札幌だったらこの中で探偵がナポリタン啜りながらスーパーニッカでも飲んでいそうな気がしてきてしまいます。

佐竹商店街

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

見たことあるようで他にはなかなかない、本当に味のある商店街です。ここまでハマるとは思っていなかったけど、オールドレンズを持ってきて正解でした。

今度はこの商店街で飲み食い買い物するつもりでブラブラしてみても楽しそうです。

投稿者 B : 23:59 | Biogon 21/F2.8 G | Biogon 28/F2.8 G | Photograph | Planar 35/F2 G | α7 III | コメント (0) | トラックバック

2018/12/05 (Wed.)

暮れせまる浅草

暮れせまる浅草

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Planar T* 45mm F2 G ]

浅草寺へ写真を撮りに行ってきました。

鎌倉も良かったけど、もうちょっとベタなところをカメラ片手にほっつき歩いてみたくなったので、浅草へ。
浅草ってここ数年ずっとそうだけど、平日とか休日とか関係なく外国人旅行者や修学旅行客でごった返していて、何もない日なのにお祭りのような賑わい。

暮れせまる浅草

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Planar T* 45mm F2 G ]

これだけカオスな状況になると、せっかくの浅草なのに風情の欠片もないという感じではあるけど、「日本のようで日本でないどこか」という雰囲気もあってこれはこれで面白い。

東京に暮らしているはずの自分の方がむしろ異邦人になったかのような気分があります。

暮れせまる浅草

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Planar T* 45mm F2 G ]

人が多くて撮りづらいし、あまりにも定番の名所すぎて撮らされてる感が強いのがもどかしい。シチュエーションや被写体の強さに引っ張られずに撮るには、自分なりにこの街を咀嚼できていないといけない、ということなのでしょう。

暮れせまる浅草

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Planar T* 45mm F2 G ]

うーん、やっぱり私はこの界隈なら浅草よりも日本橋や人形町の方が落ち着いていて好きかな。まあ、日本橋も最近はビルが増えすぎて風情が失われつつありますが。

それか同じ浅草でも、浅草寺周辺じゃなくてもう少し生活感のある路地裏とかの方が面白いんですかね。今度機会があったらそういう場所も探してみよう。

投稿者 B : 23:00 | Photograph | Planar 45/F2 G | α7 III | コメント (0) | トラックバック

2018/11/29 (Thu.)

晩秋 #2

晩秋

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZS ]

鎌倉写真の続きです。

都内の紅葉も見事なのはイチョウくらいで、モミジやその他の樹はまだあまり綺麗に色づいているとは言えませんが、鎌倉も同じような状況。塩害で傷んでいる葉が多い分、紅葉を愛でるには都内よりも厳しいかもしれません。それでも、緑と橙が入り交じった風景と都心にはちょっとない情景が、独特の雰囲気を醸し出しています。

晩秋

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZS ]

このへんの葉も一枚一枚を見るとけっこう傷んでますが、群で見ると悪くない。こういうとき、あまりカリカリしすぎていないレンズは逆にありがたい(笑。

晩秋

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZS ]

建物の屋根って、表側よりも裏側のほうがその時代や文化を表しているように思います。この飾り気のない、実用重視でストイックな感じがなんかいい。寺社というと京都もすごくいいんだけど、「禅」に通じる潔さがある点で私は鎌倉が好きかな。というとなんだか日本かぶれの外国人みたいですか(笑。

晩秋

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZS ]

鎌倉って本当に「彩度控えめアンダー」がよく似合う。いまどき SNS では「バエない」写真だけど、私はこういうのが好き。

晩秋

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZS ]

あちこち歩き回ってようやく紅葉らしい紅葉を見つけられた一枚。
都内も含めどこででもこういうのが見られるようになるには、あと 1~2 週間待つ必要があるでしょうか。

晩秋

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZS ]

夕暮れ。なんだかんだまる一日過ごしてしまいました。
カメラと自分だけで一日使ったのも本当に久しぶり。

晩秋

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZS ]

紅葉はイマイチだったけど、たくさん撮って満足。

でも本当はもっと紅葉撮りたかったなあ。来年以降、改めてここに来ようと心に決めました。

投稿者 B : 22:44 | Photograph | Planar 50/F1.4 ZS | α7 III | コメント (0) | トラックバック

2018/11/28 (Wed.)

晩秋 #1

晩秋

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZS ]

鎌倉へ一人旅に行ってきました。

鎌倉へはちょうど九年前に紅葉を撮りに来たことがあって、チャンスがあればもう一度行きたいと思っていましたが、ようやく時間を作ることができました。
一人旅でじっくり写真や自分と向き合いたい気分だったので、MF レンズ縛りで。誰かと一緒のときは AF でサクッと撮っておしまいにしがちという反省もあったし、古都はあまり端正に写りすぎない機材で雰囲気を切り取りたかったというのもあり。

晩秋

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2.8 MM ]

完全に外国人観光客と修学旅行のための場と化してしまった鎌倉駅前~鶴岡八幡宮はそこそこに、長谷寺から建長寺~円覚寺を中心に回ってきました。なにげに江ノ電に乗車したのもこれが初めて。一人気ままな鎌倉散策を楽しみました。北鎌倉や長谷あたりのあまり観光地化してない感じ、いいですね。

晩秋

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4 ZE ]

しかし鎌倉はまだ少し時期が早かったのか、さらに今年の台風による塩害で樹勢が衰えた影響もあるのか、以前来たときのような見事な紅葉という感じではありませんでした。くすんでいたり葉の一部が変色してしまったものも多く、典型的な紅葉写真というわけにはいかず。

晩秋

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZS ]

それでも探せば鮮やかに色づいている樹はあるし、むしろ少し控えめな紅葉のほうが禅寺のストイックな空気感には似つかわしいとさえ感じます。立派なだけの紅葉なら他にも見られるところはあるし、これはこれで良かったのかもしれません。

晩秋

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZS ]

夢の中にいるかのような柔らかい描写の中に、主題だけが急激に浮かび上がってくる Planar というレンズが、鎌倉の禅寺という神秘的な空間とは相性が良かったようで。何本かレンズを持って行ったのですが、結局ほとんど Planar 50/1.4 か Distagon 35/2.8 で撮っていたような。しかも、現代のレンズではこういう描写にはならないんですよね。

たくさん写真を撮ってきたので、もう少し続きます。

投稿者 B : 22:51 | Distagon 35/F2.8 MM | Photograph | Planar 50/F1.4 ZS | Planar 85/F1.4 ZE | α7 III | コメント (0) | トラックバック

2018/11/26 (Mon.)

DARKNESS AND LIGHT

DARKNESS AND LIGHT

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA ]

夜景が美しいシーズンになったので、ちょっと夜スナップ。

しかし本来夜に撮るつもりがない日の装備で急に思い立ったため、めぼしいレンズが Sonnar FE55/1.8 しかなかったのが悔やまれます。これ、コンパクトさと写りのバランスが素晴らしくて FE の中でも特に気に入っているレンズなんですが、点光源を撮ると滲むのだけが惜しいんですよね。むしろオールド Planar の一本でもカメラバッグに入れておけば良かった。

DARKNESS AND LIGHT

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA ]

でも点光源を少し飛ばし気味に撮ってやると滲みも緩和されてイイ感じに。個人的にはこれくらいならまあ許容範囲。

夜景やイルミネーションって撮り慣れてなくて、凡庸な写真になりがちなのが悩ましい。

DARKNESS AND LIGHT

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA ]

こちらは数寄屋橋交差点でこれから二年間限定で見られる光景。あのビルがなくなることで、こんなものが現れるとは。

手持ちでブレもなく、ノイズレスにこんな写真が撮れてしまうのはカメラの進歩さまさま。α7 III は本当に買って良かったと思います。

投稿者 B : 22:00 | Photograph | Sonnar FE 35/F2.8 ZA | Sonnar FE 55/F1.8 ZA | α7 III | コメント (0) | トラックバック