b's mono-log

 1 |  2 |  3 |  4 |  5 | all

2014/01/06 (Mon.)

On Your Mark

On Your Mark

[ Sony α7 | Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA ]

冬休みもこれで終わり。ちょっとユーウツですが、位置について、ヨーイドン。虚勢でもいい、荷物を載せて、春まで駆け抜けるしかない。

投稿者 B : 00:00 | Photograph | Sonnar FE 35/F2.8 ZA | α7 | コメント (0) | トラックバック

2014/01/02 (Thu.)

浅草詣で

浅草詣で

[ Sony α7 | Carl Zeiss Planar T* 45mm F2 G ]

ちょっと新年っぽい写真を撮りに行こう、と思って珍しく浅草に出てみました。このあたりでは、浅草よりもむしろ人形町のほうが生活感のある下町らしさという点では好きなんですが、新年はやっぱり浅草ですよね。撮りに行ったのは年末ですが、既に新年の準備が整っていて、一足先に正月感。

レンズは現代のレンズよりも少し味のある描写のほうがいいだろう、と思って CONTAX G レンズ群を持って臨みました。

浅草詣で

[ Sony α7 | Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G ]

浅草寺の中に入るのも、なんだかんだで数年ぶり。前にいつ来たのかさえ定かではないくらいに、この辺に来ることは少ないです。でも、都内のこんな近くに、いまだに昭和っぽさとか江戸っぽさが残っているという街も貴重ではないでしょうか。すっかり外国人観光客向けの街になってしまっているのが、少し寂しくはありますが。

浅草詣で

[ Sony α7 | Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G ]

APS-C ではイマイチ使いにくい画角だった Sonnar 90mm も、ようやく本来の画角で使えるようになりました。90mm F2.8 ならばポートレートにジャスト、「切り取る」ための中望遠としても使いやすい焦点距離です。なおかつ開放 F2.8 なのでクセがなく、撮りながらどんな上がりになるか感触が掴みやすいのもポイント。

浅草詣で

[ Sony α7 | Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

こちらは Biogon 28mm。周辺が流れてしまうのが難点ですが、そのぶん中央の主題が引き立ちます。こういう迫力は、なかなか現代のレンズでは得られないもの。

浅草詣で

[ Sony α7 | Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

最近、寺社を撮るときには、歴史に裏打ちされた重厚感、みたいなものを表現してみようと試みています。

浅草詣で

[ Sony α7 | Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G ]

こういうフォトジェニックなものがあちこちに、当たり前のようにあるのがうれしい。でも、ちゃんと考えないと「場の雰囲気に撮らされた」印象の写真になってしまうので、これはこれで難しいな、というのが初めてまともに浅草に撮りに行った感想だったりします。

浅草詣で

[ Sony α7 | Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G ]

こういう観光地で人力車を撮るのがけっこう好き。シャッターチャンスを待ちながらじっくり観察していると、浅草の人力車の車夫たちは、車を引いてくれるだけじゃなくて、浅草のランドマークや歴史にすごく詳しくて話を聞いているだけで面白いし、なによりイケメン揃いなんですね(笑。だからか知りませんが、外国人観光客だけでなく、若いカップルの利用が多いように見えたのも印象的でした。

浅草詣で

[ Sony α7 | Carl Zeiss Planar T* 45mm F2 G ]

今回は特に目的もなく浅草寺周辺をぶらぶらしながら撮っただけでしたが、ここはもっと攻め甲斐がありそう。もうちょっと見どころを調べてから、どういう写真が撮りたいかイメージトレーニングをしたら、また撮りに来たいと思います。

投稿者 B : 00:00 | Biogon 28/F2.8 G | Photograph | Planar 45/F2 G | Sonnar 90/F2.8 G | α7 | コメント (2) | トラックバック

2014/01/01 (Wed.)

2014 謹賀新年

謹賀新年

[ Sony α7 | Carl Zeiss Planar T* 45mm F2 G ]

あけましておめでとうございます。

心機一転、今年もよろしくお願いいたします。

投稿者 B : 07:00 | Photograph | Planar 45/F2 G | α7 | コメント (0) | トラックバック

2013/12/31 (Tue.)

2013 年の終わりに

2013 年の終わりに

[ Sony α7 / Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA ]

いろいろあった 2013 年もそろそろ終わろうとしています。

今年の買い物関連の話では、年初に「今年は自宅のオーディオ環境にお金をかけていきたい」と考えていましたが、いざ一年を終えてみれば、買ったものといえば故障した SACD プレイヤーの代替としての BD プレイヤーくらいのもの。他に買った主なものとしては、iPad miniウォークマンXperia くらいまでは自分でも予想していましたが、モバイルノート PCカメラはさすがに想定外。どちらも自分的に買わざるを得なかったので後悔はしていませんが、来年は改めてオーディオ&ビジュアルに回帰する年、にしたいところ。オーディオはハイレゾ、ビジュアルは 4K への移行が進んでいるところなので、買い時が難しい時期ではありますが、選択を間違わなければ長く使っていけるのではないかと思います。

生活のほうは、去年から続いている自分の心境の変化にまだ結論が出せずにいます。三十代も半ばを迎え、自分の中での優先順位が以前とは少し変わってきていることは自覚していて、今までと同じような生き方はそろそろできなくなってきたのではないか、とにかく前を見るだけじゃなく、落としどころを意識しながら生きていく必要があるんじゃないか、というようなことを考えるようになりました。来年は、もう少し肩の力を抜いて生きてみたいなあ。

さておき、今年も一年ありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。
良いお年をお迎えください。

投稿者 B : 19:15 | Photograph | Soliloquy | Sonnar FE 35/F2.8 ZA | α7 | コメント (1) | トラックバック

2013/12/16 (Mon.)

Magic Hour

Magic Hour

[ Sony α7 / Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA ]

最近、この時間帯に写真を撮るのがとても楽しい。

投稿者 B : 00:22 | Photograph | Sonnar FE 35/F2.8 ZA | α7 | コメント (2) | トラックバック

2013/11/27 (Wed.)

隣は何をする人ぞ

秋深し

[ Sony α7 / Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA ]

秋も深まってきまして。都内も紅葉は完全に見ごろですね。今週末が最盛期、という感じでしょうか。
ストラップも決まったことだし、嬉々として α7 を持ち出しています。

秋深し

[ Sony α7 / Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA ]

ちょっと前までは、構図に動きをつけることばかり考えていましたが、最近はちょっと写真に対する取り組み方が変わってきました。被写体に真っ直ぐ向き合って、ズドン、と撮る。そうすることで、今まで自分の写真に足りなかった力強さのようなものが出る気がします。

秋深し

[ Sony α7 / Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA ]

35mm という画角もかなり身体に馴染んできました。春と秋、日本の「色」を作る季節には、広角系レンズがよく似合います。

最近、広角レンズばかり使いすぎて、今まで得意だと思っていた中望遠レンズの画作りを忘れつつある自分がいます(汗。

秋深し

[ Sony α7 / Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA ]

うーん、もっと真っ赤に焼けた夕暮れが撮りたいんですが、最近私が写真を撮ろうとする日は快晴ばかりで、ちょっと爽やかに晴れすぎるんですよね...。西の方にもうちょっと雲が出ていてくれたほうが、ドラマチックに焼けるんだけどなあ。

だいぶ日が短くなって、明るい光で写真が撮れる時間が少なくなってきましたが、そのぶんマジックアワーやトワイライトが撮れるチャンスが増えました。この秋冬の間で、自分自身で手応えが感じられる夕景を一枚でもいいから撮りたいところ。

投稿者 B : 01:07 | Photograph | Sonnar FE 35/F2.8 ZA | α7 | コメント (0) | トラックバック

2013/11/25 (Mon.)

翡翠の季節

翡翠

[ Sony α7 / Sony 70-400mm F4-5.6 G SSM ]

今年もカワセミの季節になりました。とはいっても、カワセミ自体は留鳥なので一年中いるにはいるんですが、なかなか夏場は見かけることがありません。ここ数年、いつもの公園に望遠レンズを担いで通い詰め、このあたりでは 11~2 月くらいの間、朝夕であれば遭遇できる可能性が高いことが分かりました。というわけで、紅葉撮りがてら α7 と望遠レンズを持って歩いていたところ、あの甲高い鳴き声が聞こえてきました。

翡翠

[ Sony α7 / Sony 70-400mm F4-5.6 G SSM ]

いつもならば、カワセミよりも先にこのあたりによく出没する野鳥おじさん達の白い砲列を見つけ、近くにカワセミが出ていることに気づくことが多いのですが(笑)、今回は珍しくカワセミのほうを先に発見しました。ほかに撮っていたのは一人だけ。こんな日もあるんですね。

ただ、こればっかりは連写性能も画角も APS-C 中級機のほうが向いていますね。カワセミ撮るならもう一歩寄りたい。

翡翠

[ Sony α7 / Sony 70-400mm F4-5.6 G SSM ]

捕食シーンの激写を狙ってみましたが、残念ながら撮れず。というか、ほとんど水中にダイブせず、しばらく樹上で佇んでいたと思ったら、どこかに飛んでいってしまいました。

とはいえ、これからの季節は遭遇率が高まりそうなので、冬場の週末は 50-500mm を持って積極的に狙っていきたいところ。

投稿者 B : 00:07 | Photograph | α7 | コメント (2) | トラックバック

2013/11/19 (Tue.)

perspective

perspective

[ Sony α7 / Carl Zeiss Biogon T* 21mm F2.8 G ]

ようやく本来の画角で楽しめるようになった CONTAX G レンズ群で遊んでいます。

Hologon を除く主要レンズはひととおり揃えたけど、やっぱり広角系レンズが楽しい。広く感じる EVF の画を覗き込んでいると、今まで、いかにパースだけ広角のクセがついた、画角の狭い状態で撮っていたか、というのを痛感します。

perspective

[ Sony α7 / Carl Zeiss Biogon T* 21mm F2.8 G ]

私はもともと、中望遠系のレンズで空間を切り取る感覚が好きだったはずですが、1 年前に買った Sonnar E 24mm F1.8シグマ 35mm F1.4 DG あたりをきっかけに広角の面白さにすっかり取り憑かれてしまい、今年はほぼ 35mm 以下のレンズしか使っていないような状態(笑。

perspective

[ Sony α7 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

撮り慣れた場所でも、カメラやレンズが変わるとまた見え方が違ってくる、ということもあるように思います。

まだしばらく広角系レンズを重点的に使って、構図のセンスを磨いていきたいところ。

投稿者 B : 22:52 | Biogon 21/F2.8 G | Biogon 28/F2.8 G | Photograph | α7 | コメント (4) | トラックバック

2013/11/17 (Sun.)

濃いも薄いも数ある中に

濃いも薄いも数ある中に

[ Sony α7 / Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4 ZA ]

α7 が届いたので、嬉々として写真を撮りに...行きたいんですが、そんな週末に限ってなかなか時間が取れない(´д`)。でもなんとか時間を捻出して、慣熟撮影がてら写真散歩に行ってきました。

いつもはちゃんと RAW 現像した写真を載せているのですが、今回は画質チェックも兼ねて JPEG 撮って出し。Photoshop でリサイズのみかけています。

濃いも薄いも数ある中に

[ Sony α7 / Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA ]

α7 は高周波成分多めの画に強いようで、今までだとどうがんばってもなかなか精細感が出なかったこういう写真も積極的に撮ろうという気にさせてくれます。

濃いも薄いも数ある中に

[ Sony α7 / Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA ]

東京都内も、主だった公園の葉っぱはいい感じに色づき始めましたね。山の方は今週末が見ごろだったようですが、都心部は来週~再来週がピークでしょうか。

濃いも薄いも数ある中に

[ Sony α7 / Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA ]

最近のカメラの例に漏れず入っているレンズ補正機能は、個人的には歪曲収差補正と倍率色収差補正だけ「オート」設定にしておいて、周辺光量補正は「切」にしておくのがお気に入り。RX1 でも同様の設定にしていましたが、やっぱり周辺光量落ちは画作りに活かしていったほうが写真としてオイシイと思います。FE 35mm は、無補正だと開放ではけっこう周辺が落ちます。

濃いも薄いも数ある中に

[ Sony α7 / Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4 ZA ]

Planar 85mm のほうは、長年 APS-C で使ってきましたが、このレンズって本来こう見えるレンズだったんだ...と改めて噛み締めています。イマドキ AF はボディ内モーターを使うからジコジコ言うし遅いし、7 年前の設計のレンズだから収差もけっこうあるけど、ようやくこのレンズの本分を発揮してやれると思うと、感激もひとしお。

濃いも薄いも数ある中に

[ Sony α7 / Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA ]

本格始動は来週以降かなあ。まだ周辺を全く整えてやれていないので、それまでにいろいろ揃えてやりたいと思います。

投稿者 B : 23:44 | Photograph | Planar 85/F1.4 ZA | Sonnar FE 35/F2.8 ZA | α7 | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 |  5 | all