b's mono-log

 1 |  2 |  3 |  4 | all

2012/06/12 (Tue.)

高倍率ズーム機の逆襲

高倍率ズーム機の逆襲

[ Sony Cyber-shot DSC-HX9V ]

ここのところ、PowerShot S100 を買ったとか、DSC-HX9V を売っ払って RX100 を買うだとか、高級コンパクト機関連で景気がいい話題が豊富なようですが、私はほかに欲しいものがあるので当面は自粛。RX100 は正直欲しいんですけどね・・・。

ということで、こういうときだからこその高倍率ズーム機の逆襲。HX9V だってまだまだ戦える!というのを、改めていろいろ撮影してみて実感して自分を納得させているというお話です(ぉ。HX9V はコンパクト機にしては本当に寄れるし、手ブレ補正の効きも悪くないし、メカニカルシャッターの音を出すのが憚られる場所でも遠慮なく使えるし、で子ども学校・教育関係のイベントでは本当に重宝しています。しかも単なる便利ズーム機じゃなくて、画質だって案外しっかりしてるんだよ?というのを、普段一眼やミラーレスでデカいレンズばかり使っていると、つい忘れそうになります(笑

高倍率ズーム機の逆襲

[ Sony Cyber-shot DSC-HX9V ]

ただ、「撮ってて楽しいか?」と聞かれると、何でも無難に、でもハズレなく撮れすぎてツマラナイ、というのも事実だったりするんですよね。S100 とか RX100 にはコンパクトなりの「表現する楽しみ」みたいなものはあると思います。そういうオーラを発しているカメラを見ているとついウズウズしてしまう自分もいるのですが、ひとまずここは本当に欲しいもののためにグッとガマン・・・。

投稿者 B : 01:15 | ComDigi | Photograph | コメント (0) | トラックバック

2011/12/12 (Mon.)

赤や黄色の色さまざまに

赤や黄色の色さまざまに

[ RICOH GX200 ]

ものすごく久しぶりにカメラを持って散歩してきました。8 月から土日の多くが仕事で潰れてしまうようになり、10 月末に一段落してからも家のことで週末が自由にならず、12 月に入ってようやく土日に少し休めるようになりました。かと思えば娘たちが相次いで風邪を引いてしまい・・・で、結局年末までこのままの調子な気はしますが。
ともかく、軽くではあるけどメモ撮影用以外でカメラを持って出掛けたのは約 3 ヶ月ぶり。こんなに撮れない期間が続いたのはたぶん一眼レフを買って以来じゃないでしょうか・・・。

赤や黄色の色さまざまに

[ RICOH GX200 ]

都内の紅葉はまさに今が見頃といったところで、散ってしまう前に撮影に来ることができて良かったです。しかし田舎にいた頃は紅葉といえば 11 月頃の話だったような気がするのが、東京だと 12 月が本番といった感じですよね。イマイチ季節感がないなあ・・・。

赤や黄色の色さまざまに

[ RICOH GX200 ]

そろそろ久しぶりにどこかへガッツリ撮影に行きたいところではあります。そういえば今くらいから 2 月頃まではカワセミの撮影に適した時期でもあるので、50-500OS を持ってカワセミ撮影というのも良いかも。時間取ってみるかなあ。

投稿者 B : 00:00 | ComDigi | Photograph | コメント (0) | トラックバック

2011/09/25 (Sun.)

SUPER AGURI SA07

先日インディジャパン ザ ファイナルに行った際に、ツインリンクもてぎ内にあるホンダコレクションホールも覗いてきました。常設展示は去年も撮ってきたので割愛しますが、今年は琢磨凱旋を記念してか、スーパーアグリの SA07 の展示があったので、舐めるように撮影してきました(笑。

SUPER AGURI SA07

[ Sony Cyber-shot DSC-HX9V ]

コレクションホールには HRF1 チームの RA106(バトン車)が常設展示されているようですが、SA07 は今回特別展示だったもよう。SA07 は RA106 のマイナーチェンジ版にすぎないので、カラーリング以外はほぼ同じではありますが、私は SA07 の実車を間近で見るのはこれが初めて。RA106 は第三期ホンダでは最も好きなクルマですが、SA07 もそれと同じかそれ以上くらいに思い入れのあるクルマです。なんといってもカナダ GP で最速マクラーレンを駆る当時のチャンピオン・アロンソをぶち抜いたマシンですからね!

SUPER AGURI SA07

[ Sony Cyber-shot DSC-HX9V ]

コクピット。ここに琢磨が収まってたんですね・・・。年齢的におそらくもう F1 のシートに座ることはないだろうと思うと、感慨深いものがあります。

SUPER AGURI SA07

[ Sony Cyber-shot DSC-HX9V ]

フロントウィングは今見ると異様な形状。2009 年のレギュレーションからウィングの幅と最低地上高が変更になったので、当時のウィングは今よりも小さく、かつ中央部以外が妙に高くなっていて、奇妙なカタチをしていますね。また、現在のマシンはエンドプレートの外側に整流板が配置されたり、形状としてはさらに複雑になっていますし、より薄いハイノーズが主流になっています。

SUPER AGURI SA07

[ Sony Cyber-shot DSC-HX9V ]

サイドポンツーン周辺は現在の F1 マシンと最も形状が異なるところではないでしょうか。大型のチキンウィング、チムニー(閉じられていますが)、カウル後方からタイヤに向かって伸びるウィングなど、最もボディ後方の空力付加物が多かった時代のマシンです。このゴテゴテした状態は美しくないので個人的にはあまり好きではない(^^;;

SUPER AGURI SA07

[ Sony Cyber-shot DSC-HX9V ]

斜め後ろから。やっぱり今のマシンと違ってゴチャゴチャしてますね。そしてエキゾーストパイプが背中から出ているのがやっぱり時代を感じます(^^;; 今年のマシンは皆エキゾーストブローのためにディフューザー近く、あるいは前方/側方排気になってますからね・・・。

SUPER AGURI SA07

[ Sony Cyber-shot DSC-HX9V ]

リヤエンドも今とは全く違います。リヤウィングは現在のものに比べて幅が広く、全高も低め。そしてマルチディフューザーやエキゾーストブロー、プルロッド式サスペンションなどがない時代のものなので、メカ的な構造は今よりもシンプルです。これがほんの 4 年前(実質的には 5 年前)のマシンと考えると、レギュレーションの変化もさることながら、F1 の進化のスピードたるや恐るべし。

リヤウィングエンドプレート内側にはそれぞれ「挑戦」「闘志」の文字が。また、アッパーエレメントの「HONDA」ロゴももう見ることができないかと思うと・・・。

SUPER AGURI SA07

[ Sony Cyber-shot DSC-HX9V ]

コレクションホール自体、コースとの巡回バスの時間次第で混んでいたり空いていたりするようですが、この SA07 の展示にはさすがにずっと人だかりができていましたね。常設展示の RA106 にはそれほどではなかったので、やはり SAF1 と琢磨人気さまさま、といったところでしょうか。もてぎ自体にも去年に引き続き SAF1 や B・A・R ホンダのシャツやキャップをかぶっていた人がたくさんいました。琢磨のおかげでこれだけ F1 からファンを呼び込むことができたのに、インディジャパンが今年で最後とか、もったいなさすぎるでしょう・・・。

SUPER AGURI SA07

[ Sony Cyber-shot DSC-HX9V ]

SA07、およびそのベースとなった RA106 は極端に言うと B・A・R の初代 BAR001 から順当進化の積み重ねで開発されたようなマシンなので、かなりコンサバめのデザインをしています。今見ても、また 2007 年当時のマクラーレンやレッドブルあたりと比較しても面白味に欠けるデザインではありますが、曲面の使い方が素直で私は好きですね。特に、後継機である RA107(≒SA08)や RA108 が攻めすぎて不細工なデザインになってしまった(しかも遅かった)ので、特に RA106/SA07 は良いマシンだったと思います。SAF1 が参戦初年度を戦った SA05/SA06 も好きでしたけどね。

それにしてもブリヂストンすら撤退してしまった今となっては、POTENZA ブランドのグルーブドタイヤすら懐かしいですね・・・。

SUPER AGURI SA07

[ Sony Cyber-shot DSC-HX9V ]

琢磨のヘルメット、グローブ、レーシングシューズも展示されていました。実際にレースで使用されたものですが、なぜかこれだけ SAF1 出はなく 2005 年の B・A・R ホンダ時代のもの(笑。

SUPER AGURI SA07

[ Sony Cyber-shot DSC-HX9V ]

SAF1 は事実上 HRF1 のセカンドチーム(の割にニック・フライとの確執が取り沙汰されてましたが・・・)で、この SA07 も独自開発じゃないとか批判もされていましたが、それでもスペイン GP での初ポイント、アロンソをオーバーテイクしての 6 位入賞、親チームである HRF1 にもシーズン終盤の日本 GP まではポイントで上回るなど、非常に思い出深いマシン。実車を見られてとても感激しました。

投稿者 B : 20:45 | ComDigi | F1 | Photograph | コメント (0) | トラックバック

2010/04/10 (Sat.)

blossom

blossom

[ RICOH GX200 ]

今年の桜もそろそろ見納め。

うーん、先週の日曜がこれくらいの天気だったらなあ。

投稿者 B : 21:54 | ComDigi | Photograph | コメント (1) | トラックバック

2010/02/26 (Fri.)

Intercity Blues

Intercity Blues

[ Sony Cyber-shot DSC-WX1 ]

テレ側のレンズ性能がちょっとあんまりな WX1、いっそのこと処分してしまおうかとも思ったんですが、ワイド端の描写と裏面 CMOS のおかげでこういうシーンには滅法強い。「手持ち夜景」モードなら三脚ナシでもこれだけ撮れるんだから恐れ入ります。

そんなこんなで結局最近カバンに常に入ってるのは S90 と WX1。あれ?なんか以前よりも持ち物増えたような(´・ω:;.:...

投稿者 B : 00:51 | ComDigi | Photograph | コメント (0) | トラックバック

2010/01/05 (Tue.)

神田明神へ初詣

神田明神

[ RICOH Caplio GX100 ]

今日から仕事初め。夕方には今年の商売繁盛を願って神田明神へ初詣に行きました。乳飲み子がいると家族で外出できないので、実はプライベートではまだ初詣に行っておらず、実質的に神田明神が今年の本当の初詣と相成りました。
かれこれ 13~14 年も前から秋葉原に通い詰め、すぐ近くの鰻屋にまで行っているにもかかわらず、神田明神を訪れたのは今回が初めて。商売繁盛と縁結の神様らしいですが、確かにスーツ姿の参拝客だらけでどうも「初詣」という雰囲気じゃなかったのが印象的でした。あと、フジテレビ「とくダネ!」の取材が入っていたようで、大村リポーターをお見かけしました。

初詣後は少しだけ電気街を散策。最近はアキバに行くのもヨドバシが主目的になっていて、電気街を歩いたのはいつぶりだろう?もしかすると昨年の春先に研修で秋葉原付近に来たついでに少し覗いてみて以来かもしれません。アキバの新ランドマークとなったベルばら(ベルサール秋葉原)を見たのもたぶん初めてだし、年々勢いがなくなっていく PC パーツ街や未だに買い手も借り手もつかないラオックス ザ・コン館跡地と中央通りのカオス状態との対比を見るにつけ、PC の街、もっと言えば電気街としてのアキバはもうほぼ終了してしまったんだろうな、となんだか寂しくなりました。
かくいう私も最近は自作機に火を入れる頻度も落ち、たいていの用事はノート PC か iPhone で済ませてしまうようになってしまい、Nehalem のリリース直前だというのにノート PC はともかく自作魂はさほどワクワクしないのも、なんとも寂しいなあ・・・と思います。

うーん、ちょっと本気出して自作機のリニューアルでも検討してみるか。

投稿者 B : 22:22 | ComDigi | Photograph | Soliloquy | コメント (0) | トラックバック

2009/12/31 (Thu.)

2009 年の終わりに

六本木けやき通りのイルミネーション

[ Sony Cyber-shot DSC-WX1 ]

2009 年も暮れてゆきます。

秋に次女が生まれる前後、妻子がずっと実家に世話になっていて、私もちょくちょく帰省していたので、東京で静かに過ごすことにしました。家族 4 人になって初めて迎える新年です。
東京で新年を迎えるのは 5 年ぶり。5 年前は前職の最後の仕事で、大晦日の深夜に本番化という SIer にとっては最も哀しい類のプロジェクトだったので、マシンルームで年を越しました。あまり思い出したくない仕事の一つですが、常駐先の情シス部の次長さんに「緑のたぬき」をいただいて、プロジェクトルームで食べたのは、ある意味いい思い出です。

話が逸れましたが、今年は例年に比べれば節制した(せざるを得なかった)年で、大きな買い物は比較的少なかった気がします。単価高めなものといえば春先に買った 70-300G のレンズと、先日買った Handycam CX520V くらい。中古のα-7 とか、Jena のレンズとか、Cyber-shot とか、ウォークマンとかちびちび買ってはいますが、高単価なものはグッと減りました。
でも今年最も買って良かったのはやっぱり iPhone 3GS かなあ・・・。モバイルで、PC 未満の用途で今までやりたかった(けど、ハードウェア/ソフトウェア/サービスの制約でできなかった)ことがほぼできてしまっているので、もう手放せないデバイスになっています。来年は Android の年になりそうですが、iPhone をリプレースできるほどのものになり得るか、には注目しています。

来年欲しいものはまず EOS のボディ買い換えと、野鳥/モータースポーツ撮影用の超望遠レンズですね。AV アンプはもう少し子どもが大きくならないと活用できなさそうなので、余裕があればといったところ。テレビは買い換えの予定がないのですが、3D が立ち上がってきそうなので悩みどころ。フロントプロジェクタで 3D 対応のものが出てくれば、BRAVIA はそのままにしてプロジェクタ側で 3D を楽しむのはアリかなと思っていたりします。

いっぽうで仕事や私生活では、今年は経済状況もあって耐える年、いろいろなことを吸収し蓄える年にしようと思っていたのですが、蓋を開けてみると次々とアウトプットを要求される年になってしまいました。まあこのご時世で仕事があるのは良いことだとは思いますが、逆にあまり勉強する余裕が持てなかったのが残念でした。今年は仕事的にはちょっと一区切りついたつもりでいるので(まだまだやり残していることはたくさんありますが)、来年は次のステップを踏む年にしたいですね。今年いくつかあった貴重な出会いや再会が、そこに繋がっていってくれると信じています。

本年もみなさんお世話になりました。来年もまたよろしくお願いいたします。

投稿者 B : 20:09 | ComDigi | Photograph | Soliloquy | コメント (0) | トラックバック

2009/12/24 (Thu.)

Marché de Noël

Marché de Noël

[ Sony Cyber-shot DSC-WX1 ]

東京国際フォーラム前にて。DSC-WX1 の「手持ち夜景モード」で撮ってみました。

WX1 は、マクロっぽく撮るときはレンズ周辺部の画像の流れが気になってどうもなあ、と思うことも少なくないですが、やっぱりこういう夜景になるとコンデジでは裏面照射 CMOS の独壇場ですね。

投稿者 B : 23:28 | ComDigi | Photograph | コメント (3) | トラックバック

2009/10/29 (Thu.)

長野出張中

松本城

[ Sony Cyber-shot DSC-W170 ]

突然の出張で長野に来ています。

全く予定外の出張で、旅行セットをこないだ実家に置いてきてしまったので、いろいろと不便で・・・。
今回は、せっかくの新蕎麦の季節にも関わらず蕎麦を食べる機会はなさそうだけど(泣)、馬刺しにはありつけました。

ということで写真は前回の出張のときに立ち寄った松本城。たまたま予定外に時間が空いたから行ってみたのですが、一眼レフを持っていなかったのが悔やまれます。長野はいずれ仕事でなく旅行で来たいところです。

投稿者 B : 23:59 | ComDigi | Photograph | コメント (0) | トラックバック

2009/09/25 (Fri.)

大阪なう

大阪駅

[ Sony Cyber-shot DSC-WX1 ]

といっても今は帰りの新幹線で名古屋あたりまで戻ってきているわけですが。

出張で半年ぶりの大阪、いつの間にか大阪駅の増築工事(三越が入るらしい)が進行中で、駅舎はある種異様な雰囲気になっています。

今回の出張は往復ともに N700 系のぞみを利用できたおかげで大変快適だったわけですが、、詳しくはまた別途。

投稿者 B : 09:11 | ComDigi | Photograph | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all