b's mono-log

2013/04/01 (Mon.)

metropolitan bloom

metropolitan bloom

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA ]

今日から新年度。心機一転、とはいきませんが、新しい気持ちで臨みたいと思います。

桜も入学式を前にピークを過ぎてしまいましたが、まだしばらくは見ごろ。都会の夜景と絡めた桜をちょっと撮りたくなって、仕事帰りに軽くぶらついてみました。
夜桜を手持ちで、なら ISO25600 でもけっこういけてしまう EOS 5D Mark III で撮りたくなるところですが、さすがに普段から持ち歩いていないので(笑)NEX-5R で撮ってみました。NEX-5R も ISO1600 くらいはぜんぜん許容範囲な画質ですが、肉眼で見るよりも幻想的な雰囲気(露出補正を +2.0EV かけています)を手持ちで撮りつつ、ノイズも抑えたかったので、Camera Apps の「マルチショット NR」を使ってみました。ちなみにホワイトバランスはカラーフィルタ設定で少しピンクに振っています。

去年の夜桜撮影は手持ち夜景モードが重宝しましたが、あれはホワイトバランスがオート設定のみなので、微妙にグリーンに転ぶ傾向(薄ピンクの花弁を白と誤認している?)があったのがイマイチ、と思っていました。が、マルチショット NR なら絞り値も WB もいじれるのでより向いていると言えそうです。欠点は、どうやら MF アシストとの併用ができないようで、フォーカスの微調整が難しいことかな。

葉桜になる前にもう一度だけ撮りに行きたいところですが、さすがに今週末まではもってくれないかなあ...。

投稿者 B : 22:59 | NEX-5R | Photograph | Sonnar E 24/F1.8 ZA | コメント (0) | トラックバック

2013/03/31 (Sun.)

桜流し

130331a.jpg

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Planar T* 35mm F2 G ]

開いたばかりの花が散るのを
「今年も早いね」と
残念そうに見ていたあなたは
とてもきれいだった

130331b.jpg

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Planar T* 35mm F2 G ]

もし今の私を見れたなら
どう思うでしょう
あなた無しで生きている私を

Everybody finds love
In the end

宇多田 ヒカル 『桜流し』

投稿者 B : 22:53 | NEX-5R | Photograph | Planar 35/F2 G | コメント (0) | トラックバック

2013/03/30 (Sat.)

enoshima miniature

enoshima miniature

[ Sony NEX-5R / Sony E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ]

先日行った江ノ島の写真から一枚。私は普段エフェクトをかけた写真ってあまり撮らないんですが、いかにもミニチュア写真を撮ってくださいと言わんばかりの撮影スポットを見つけたので、NEX-5R のピクチャーエフェクト「ミニチュア」を使ってみました。

私の中で港町の風景といえば鉛色の日本海と漁船かタンカーのイメージなので、東京に住んでいてさえ青い海ってなんだか羨ましいなあ、と感じてしまいます(笑。

投稿者 B : 12:52 | NEX-5R | Photograph | Sony E PZ 16-50/F3.5-5.6 OSS | コメント (0) | トラックバック

2013/03/26 (Tue.)

江ノ島・鎌倉の桜

江ノ島

[ Canon EOS 5D Mark III / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 ]

江ノ島に行ったのはなにもこどグルツアーのためだけではありません。満開を迎えた江ノ島~鎌倉エリアの桜を撮影に行こう!という大義名分(ぉ)で、江ノ島丼を食べたついでに周辺の写真散歩もしてきました(←やっぱりついでかよ

先週末は木曜日くらいから一気に暖かくなって、この日は桜のピークということで、乱れ咲く桜を期待して行ってみましたが、江ノ島近辺は早い樹は少し葉が出始めていたり、逆に鎌倉ではまだこれから本番といった樹がまばらにあったり、で思ったほどではありませんでした。が、誰かと写真を撮りに行くという行為自体がけっこう久しぶりだったので、楽しみました。

江ノ島

[ Canon EOS 5D Mark III / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 ]

俺はカメラの露出に夢中だったけど
もしかしたらあの頃すでに彼女の心は
俺から離れつつあったのかもしれない

こどグル原作の名所キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
テンションが上がります(ぉ

江ノ島

[ Canon EOS 5D Mark III / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 ]

江ノ島といえば、ネコがたくさんいることでも有名。少し前にも某事件で江ノ島のネコが話題になっていましたが...、本当に多い。谷中に勝るとも劣らないくらいの頻度で出会いました。

江ノ島

[ Canon EOS 5D Mark III / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 ]

しかも、警戒心のないネコが多い(笑。
『孤独のグルメ』の劇中では、食堂の客の皿を狙うネコが描かれていましたが、確かにいそうな感じ。

江ノ島

[ Canon EOS 5D Mark III / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 ]

島の中でも特に見晴らしの良い高台に、これまた有名らしい「龍恋の鐘」というのがあります。ここには近隣のホテルで結婚式を挙げたカップルの名前が刻まれていたり、恋人たちの願いを込めた南京錠が大量にかけられていたり、なんというかリア充の香りしかしないわけですが(´д`)、被写体としてはこういうのも面白い。心を貝にしながら撮りまくります(ぉ

江ノ島

[ Canon EOS 5D Mark III / Canon EF24-70mm F4L IS USM ]

途中、クマデジさんの EF24-70mm F4L IS USM をお借りして試し撮りしてみました。実はこういう機会が想定されたからクマデジさんが EF24-70mm、私がシグマ 35mm と分担して買ったようなものです(笑

いやー、画面の隅々まで破綻のない、シャープで好ましい描写。現代の高性能標準ズームレンズのお手本のようなレンズで、このレンズに任せておけば間違いない、というような安心感がファインダ越しにも伝わってきます。

江ノ島

[ Canon EOS 5D Mark III / Canon EF24-70mm F4L IS USM ]

桜撮りはこのレンズのマクロ機能をいつ使うか?今でしょ!(ぉ)というくらいに活躍の場だと思います。
このレンズのマクロ機能の使い方は独特のものがありますが、慣れてくると MF レンズのような「カメラを操作している感」があってなかなか楽しい。ただ、「これ使ってると素直に 100mm マクロ買いたくなる」というクマデジさんの気持ちはよく分かります(笑

江ノ島

[ Canon EOS 5D Mark III / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 ]

江ノ島の撮影にある程度満足したので、次なる目的地・鎌倉へ。クマデジさんの Audi A3 で江ノ電と併走しつつ、助手席から流し撮り(笑。完全にパパラッチですどうもありg(ry
サーキットでそれなりに流し撮り慣れているつもりでも、この至近距離で相対速度を合わせながらの流し撮りはさすがにキビシイ(;´Д`)ヾ

鎌倉

[ Canon EOS 5D Mark III / Canon EF70-200mm F4L USM ]

鎌倉では、鶴岡八幡宮でまさに神前結婚式が執り行われていました。私はこれだけ大きな寺社での神前式を見たのは初めてだったので、とても興味深く見させていただきましたが、これだけ混む時季にオープンな状態での結婚式というのは、やる側の立場で考えると誇らしいような恥ずかしいような、失敗できないプレッシャーばかりが強いような複雑な気持ちでしょうね(笑。

鎌倉

[ Canon EOS 5D Mark III / Canon EF70-200mm F4L USM ]

その後、クマデジさんが「撮影にいい場所があるんですよ~」と言って連れて行ってくれたお堀は、工事のため見事に干上がっていたという(;´Д`)。なにもこの満開の時期にやらなくてもいいのに、と言いたくもなりますが、むしろ開花までに済ませようとしていたスケジュールが思ったより早い開花のせいでタイミングがズレたんでしょうね...。なんにせよ残念ですが、水面が写らないようにパチリ(笑。

湘南エリアはたまに仕事で行きますがプライベートでは初、鎌倉も三年半前に紅葉を撮りに行って以来でしたが、このあたりは地域全体がフォトジェニックな感じでいいですね。紅葉とか紫陽花とか、またいい時期を狙って撮影に来ようと思います。

投稿者 B : 23:57 | EF24-70/F4L IS USM | EF70-200/F4L USM | EOS 5D Mark III | Photograph | SIGMA 35/F1.4 DG HSM A012 | コメント (2) | トラックバック

2013/03/25 (Mon.)

桜 2013

桜 2013

[ Canon EOS 5D Mark III / Canon EF70-200mm F4L USM ]

今年の桜は例年より早いですね。入学式の頃にはすっかり散ってしまいそうですが、3 月の桜も悪くない。ということで、ちょっとお花見に行ってきました。

桜 2013

[ Canon EOS 5D Mark III / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 ]

私も写真を始めるまではそうでしたが、普段から自然や風景に全く興味がない人でも、この時季だけは外に出たくなる。それが日本人というやつなのでしょう。

桜 2013

[ Canon EOS 5D Mark III / Canon EF70-200mm F4L USM ]

冷たすぎず、かといって生温いわけでもない。この時季の風は心地よくて好きです。スギ花粉さえ運んでこなければ(ぉ

桜 2013

[ Canon EOS 5D Mark III / Canon EF70-200mm F4L USM ]

一眼カメラに限らず、スマートフォンやタブレット(!)でさえ桜の写真を撮る人が後を絶たないくらい、日本人にとって「写真を撮る」という行為は当たり前のことになってしまいましたが、だからこそ、ほかの人が見つけていない構図を見つけられた瞬間がうれしい。

桜 2013

[ Canon EOS 5D Mark III / Canon EF70-200mm F4L USM ]

長年愛用している EF70-200mm F4L USM も、EOS 5D Mark III という相棒を得て、まるで生まれ変わったかのような新しい発見を私に与えてくれます。

桜 2013

[ Canon EOS 5D Mark III / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 ]

もちろん、年末に買ったばかりのシグマ 35mm F1.4 も。見事に咲いた乙女椿を撮ってみましたが、ピント面の鋭さとボケの柔らかさの対比が心地良い。

桜 2013

[ Canon EOS 5D Mark III / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM A012 ]

今年は、花見のメッカをあえて避けて、ちょっとゆったりのんびり、桜を楽しんでみました。私の性格には、こっちのほうが合っているなあ。ただ、のんびりしすぎて、土日の休みだけじゃなく春休みが欲しくなってきたかも...。

投稿者 B : 23:38 | EF70-200/F4L USM | EOS 5D Mark III | Photograph | SIGMA 35/F1.4 DG HSM A012 | コメント (0) | トラックバック

2013/03/18 (Mon.)

林試の森公園 #3

林試の森公園

[ Sony NEX-5R / SIGMA 19mm F2.8 EX DN ]

最近すっかり気に入ってしまった林試の森公園に、また行ってきました。今回は野鳥目当てではなく、ここに植えられている多数の樹木をちゃんと撮ってみようと思い、広角レンズで臨んでみました。さすが、もと林業試験場だっただけのことはあって、ここは本当に樹木の種類が豊富。樹木と野鳥以外にはちょっとしたアスレチックくらいしかないだだっ広い公園ではありますが、私にとっては逆にそれが心地良い。

林試の森公園

[ Sony NEX-5R / SIGMA 19mm F2.8 EX DN ]

ここは背が高く樹勢の強い木が多くて、とても山手線の駅から歩いても行ける距離にある都心の公園とは思えません。あ、でも自然教育園も目黒だし、目黒界隈って意外と自然が豊富なのかな。

林試の森公園

[ Sony NEX-5R / SIGMA 19mm F2.8 EX DN ]

この幹の白いのは、すずかけの木。街中でも街路樹として植えられているのをよく見かけますが、これだけ立派なのは初めて見たかもしれません。青空と白い枝とのコントラストが美しい。

そういえば、東急田園都市線にすずかけ台という駅があったなあ。学生時代に一度行ったことがあるだけだから全然覚えていないけど、すずかけの木がたくさんあるんだろうな...と思ったら、Wikipedia によると元々すずかけの木がたくさんあったわけではなく、駅名が先に決まってその後にすずかけが植樹されたとのこと(笑。

林試の森公園

[ Sony NEX-5R / SIGMA 19mm F2.8 EX DN ]

これもまた立派な木。クスノキですが、うねりながら伸びている枝が美しいですね。

クスノキと言えば思い出すのは『となりのトトロ』。さんざん観たのでこの樹の前で主要なセリフをほぼ空で言える自信があります(笑

林試の森公園

[ Sony NEX-5R / SIGMA 19mm F2.8 EX DN ]

園内でも特に印象的なのがこの倒木。かなり大きなユーカリの木で、見ていたときに近所のおじさんらしき人が親切に解説してくれたんですが、昨年 9 月の台風のときに、周囲の木を巻き添えにしながら倒れたんだとか。通路を空けるために枝はかなり切り落とされていましたが、それでもこれだけ大きな幹が残っているということは、立っていた頃はさぞかし大きな樹だったんでしょうね。

林試の森公園

[ Sony NEX-5R / SIGMA 19mm F2.8 EX DN ]

めくれ上がった樹皮のようすが生々しいですね...。これこそ「自然の脅威」という感じです。

林試の森公園

[ Sony NEX-5R / SIGMA 19mm F2.8 EX DN ]

これだけ大きな樹なのに、根っこがこんなに浅くしか張っていなかったのだから、それは倒れるよなあ...とも思います。でも、倒れる前に一度見ておきたかったなあ。

林試の森公園

[ Sony NEX-5R / SIGMA 19mm F2.8 EX DN ]

こちらはニワトコの木。『ハリー・ポッター』で最強の杖として出てきた木なので、名前につい反応してしまいました(笑。最強の杖というからにはさぞかし稀少種なんだろうなあ、と思って調べてみたら、日本でもけっこう普通に生えているそうです(笑。ゴツゴツした枝ぶりが確かにあの杖のデザインに通じるところがありますね。民族によっては魔除けに使うことも多いようで、だからこそ魔法の杖の素材に使われたんですかね。

林試の森公園

[ Sony NEX-5R / SIGMA 19mm F2.8 EX DN ]

これは「ナナメノキ」だそうですが、どう見ても真っ直ぐ生えています本当にありがとうございました(ぉ

林試の森公園

[ Sony NEX-5R / SIGMA 19mm F2.8 EX DN ]

園内では河津桜が満開。そろそろ見頃を通り越して、緑の葉が出てきていました。河津桜は花の色が濃くて、ソメイヨシノの淡さのような「日本的な奥ゆかしさ」が感じられないのがちょっとイマイチではあります。まあ、有名な伊豆の河津桜は一度撮りに行きたいとは思っていますが。

林試の森公園に生えている樹木はまだまだたくさんあって、ここで紹介したのはごく一部。野鳥も含めゆっくり写真を撮って回ったら、2~3 時間はすぐに経ってしまうくらい、多様な生物が息づいています。私はここがとても気に入ったので、今後もちょくちょく足を運ぼうと思います。

投稿者 B : 23:56 | NEX-5R | Photograph | SIGMA 19/F2.8 DN A013 | コメント (0) | トラックバック

2013/03/17 (Sun.)

開花

開花

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G ]

例年より早いですが、この暖かさで桜が咲き始めましたね。この調子だと入学式シーズンにはもう見頃を過ぎてしまうんじゃないかと心配になるくらいですが、この冬は寒さが厳しかっただけに、春の訪れにひとつ安堵、といったところでしょうか。

写真は早咲きの枝垂れ桜。もうかなり開いていますが、ソメイヨシノはまだまだこれから。


開花

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G ]

こんな感じでまだまだ全然咲いていませんが、蕾はだいぶ膨らんできていて、遠目で見ると桜並木の枝々が薄くピンク色になってきているのが分かります。

開花

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G ]

おっ、咲いている花がありました。数本の樹に対して 2~3 輪という程度ですが、このところの暖かさを考えれば、来週末にはある程度見頃を迎えるんじゃないですかね。

開花

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G ]

私は通勤カバンには必ずカメラを入れていますが、そろそろ出勤時にはカバンから出して歩こうかな。

開花

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G ]

こちらは梅に続いて見頃を迎えた桃の花。梅や桜に比べると大ぶりですが、私はこの星形の花の形が好きです。ボリューム感があるので構図が作りやすいのもありがたい(笑

開花

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G ]

いつもの公園では冬の間から続いてきた工事もほぼ終わり、着々と屋台の準備が始められていました。桜の下でドンチャンやられるのはあまり好きではないですが、こういう様子を見ると、だんだんウキウキしてくるのが日本人なのでしょう。

来週はちょっと遠出して桜を撮ってこようかな。

投稿者 B : 14:41 | NEX-5R | Photograph | Sonnar 90/F2.8 G | コメント (0) | トラックバック

2013/03/11 (Mon.)

2 years later

松島

[ Sony α700 / Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM ]

「あの 3 月 11 日」から今日でまる 2 年が経過しました。

あの日起こったこと、そしてその後 1 週間くらいの生活や心境は今でも昨日のことのように思い出せます。覚悟のいっぽうでの諦観...と言えばいいのか、私の人生観にも大きな影響を与えた出来事。

松島

[ Sony α700 / Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM ]

首都圏に暮らす限りにおいては、最近はもうすっかり震災前の日常が戻ってきたように感じますが、産業や行政といった視点で見ると、やはりあの震災は今でも我々の国に大きな傷痕を残しています。喪ったものは残念ながらもう同じ形で戻ってくることはありませんが、少なくとも我々はあの震災とその前後の政治によって何をどう喪ったか、そしてそれを今後どう埋め合わせていくべきか、については、誰もが自覚的である必要があると思います。

松島

[ Sony α700 / Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM ]

写真は 5 年前に訪れた宮城県は松島・瑞巌寺。再訪したいと思いつつ、なかなか機会がありませんが、そろそろ娘たちを連れ回しても以前ほどは手間がかからなくなってきたし、1~2 年のうちには訪れたいなあ...と考えていたりします。

投稿者 B : 14:46 | Photograph | Soliloquy | α700 | コメント (0) | トラックバック

2013/03/10 (Sun.)

啓蟄を越えて

シジュウカラ

[ Canon EOS 7D / SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM ]

花粉だったり黄砂だったり煙霧だったりで大気がひどい状態だったこの週末ですが(´д`)、ちょっと気分転換がてら野鳥撮影に。まあ、対花粉メガネとマスクの完全防備体制ですが。気がつけばそろそろ 3 月も半ば、いろんな生物たちが活発に動き出す時季です。樹が茂っている場所に行くと、シジュウカラが盛んに春の囀りを聴かせてくれます。この時季のシジュウカラの啼き声は高く軽い響きで、まさに春という感じで私は大好き。これが 1 ヶ月前ならどこに行ってもヒヨドリやムクドリの殺伐とした啼き声ばかりだったので、もう本格的に春なんだなあ、というのを聴覚から実感します。

ヒガラ

[ Canon EOS 7D / SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM ]

こちらはシジュウカラによく似ていますが、ヒガラ。同じスズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属なのでよく似ていますが、シジュウカラが胸の真ん中に黒いネクタイのような紋様があるのに対して、ヒガラは黒い紋様が襟の部分で止まっているのが違いです。でもシジュウカラと群れていることも多いので、本人(本鳥?)たちにしてみれば親戚みたいな感覚なんでしょうね。

コゲラ

[ Canon EOS 7D / SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM ]

「ギー」という声に振り返り、音源を辿っていくとそこにはコゲラが幹をつついていました。こいつもなかなか可愛らしい野鳥で、人里の近くでもちょっと大きな公園レベルのところにはよくいます。耳の後ろに赤いワンポイントがあるのでこの子はオスですね。

コサギ

[ Canon EOS 7D / SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM ]

久しぶりにコサギも来ていました。写真だとスケール感が分かりにくいですが、カラスよりも一回り大きい程度で、サギの中では最も小さい部類です。散り始めの梅の花びらが漂う池の中で獲物を探していました。

コサギ

[ Canon EOS 7D / SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM ]

コサギが来るということはカワセミも出てくる可能性が高いな...と思ってしばらく待ち構えていたんですが、残念ながら出会えず。

これから、春の花たちが咲き乱れる季節が始まるので、野鳥撮影はちょっとお休みにして、風景と花マクロ中心に切り替えていこうかと思います。

投稿者 B : 20:38 | EOS 7D | Photograph | SIGMA APO 50-500/F4.5-6.3 DG OS HSM | コメント (6) | トラックバック

2013/03/02 (Sat.)

林試の森公園 #2

林試の森公園

[ Canon EOS 7D / SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM ]

武蔵小山にある林試の森公園に、また行ってきました。

ここは 1 月に行って、植物や野鳥のバリエーションの広さが歩いていて楽しく、とても気に入ってしまいました。前回来たときに撮りきれなかった野鳥も多かったので、改めて攻めてみようと思い再訪。というか、ここはたまに脚を伸ばしてきても良いくらいの場所だと思います。

林試の森公園

[ Canon EOS 7D / SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM ]

写真はツグミですね。公園のあちこちで、餌を求めて小走りに駆けていく姿が見られました。基本的には冬鳥のはずですが、真冬よりもこれくらい暖かくなり始めた時季のほうが、見かけることが増えてくる気がします。

林試の森公園

[ Canon EOS 7D / SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM ]

おっ...これは近所ではあまり見かけない野鳥。シロハラという名前ですが、久しぶりに見ました。

林試の森公園

[ Canon EOS 7D / SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM ]

背中は茶から黒へのグラデーション(保護色かと思われる)ですが、お腹だけ白いのでシロハラ。下嘴と目の周りだけが鮮やかな黄色で、なかなか精悍な顔つきをしています。これでもツグミの仲間なので、同じように地面の上を餌を求めてタタタタターッ、と駆けていました。

そして...

林試の森公園

[ Canon EOS 7D / SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM ]

いた!ある意味ここの名物ともいえる、野生化したホンセイインコです。前回も飛んでいるのを見かけたんですが、ちょっと遠くて撮れませんでした。この公園にいる野鳥の中でも大きい部類だし、この鮮やかな色のおかげで、とても目立ちます。

林試の森公園

[ Canon EOS 7D / SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM ]

どこからともなく仲間も出てきました。写真を撮っていると、いつもこの公園に来ているとおぼしきおばさんというかお婆さんが「天気が良いと、こうやって出てくるのよねえ」と話しかけてきてくださいました。それほど人を警戒するようすもなく、かつては飼鳥だった血がそうさせるのでしょうか(笑

林試の森公園

[ Canon EOS 7D / SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM ]

実はこのホンセイインコ、このあたりではそれほど珍しい鳥でもありません。というのも、ここからそう遠くない(東急目黒線で三駅)大岡山にある東工大キャンパス内の樹に、数百羽単位でねぐらを作っているから。帰巣する夕方になるとキュルキュルととても五月蠅く、むしろ害鳥と言えるレベルだったりします(´д`)。こうやって、二・三羽を眺めているぶんには綺麗で良いんですが、それでも日本の風景ではないよなあ...。

他にも、最近撮りすぎであまり撮らなくなりましたが囀りで春の訪れを告げるシジュウカラ、あとジョウビタキやオナガあたりも観測できました。本命はカワセミ、あと夏場はオオルリやサンコウチョウも見つけたい。でも多種多様な世界の樹木が植えられているのもこの公園の特徴なので、今度は 50-500mm だけでなく、広角レンズを持って風景目的で来てみたいところです。

投稿者 B : 23:27 | EOS 7D | Photograph | SIGMA APO 50-500/F4.5-6.3 DG OS HSM | コメント (0) | トラックバック