b's mono-log

 1 |  2 | all

2015/09/13 (Sun.)

赤と白と

赤と白と

[ Sony α7 | Carl Zeiss Planar T* 45mm F2 G ]

今年も彼岸花の季節になりました。

ほぼ毎年のように撮っている彼岸花ですが、身内でお悔やみごとがあった直後だけに、「彼岸」という言葉の響きがいつもとは違う重みを持って感じられます。

赤と白と

[ Sony α7 | Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G ]

いつもは彼岸花の季節は忙しくてなかなかゆっくり写真を撮りに出られないのですが、今年はちょうど白彼岸が咲いている時期に時間が取れたので、ゆっくり白彼岸を探してみました。

この可憐な白さが、赤い彼岸花とは違った感じでまたいい。

赤と白と

[ Sony α7 | Carl Zeiss Planar T* 45mm F2 G ]

今まで探してもなかなか見つからなかった薄紅の彼岸花とも、今回ようやく出会うことができました。いつもと少し違う心境で歩いていたのが良かったのでしょうか。

赤とも白とも違うこの優しい色。これもまた、いいですね。

こうやって、季節はだんだんと秋に向かっていくわけです。

投稿者 B : 21:00 | Photograph | Planar 45/F2 G | Sonnar 90/F2.8 G | α7 | コメント (0) | トラックバック

2014/01/02 (Thu.)

浅草詣で

浅草詣で

[ Sony α7 | Carl Zeiss Planar T* 45mm F2 G ]

ちょっと新年っぽい写真を撮りに行こう、と思って珍しく浅草に出てみました。このあたりでは、浅草よりもむしろ人形町のほうが生活感のある下町らしさという点では好きなんですが、新年はやっぱり浅草ですよね。撮りに行ったのは年末ですが、既に新年の準備が整っていて、一足先に正月感。

レンズは現代のレンズよりも少し味のある描写のほうがいいだろう、と思って CONTAX G レンズ群を持って臨みました。

浅草詣で

[ Sony α7 | Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G ]

浅草寺の中に入るのも、なんだかんだで数年ぶり。前にいつ来たのかさえ定かではないくらいに、この辺に来ることは少ないです。でも、都内のこんな近くに、いまだに昭和っぽさとか江戸っぽさが残っているという街も貴重ではないでしょうか。すっかり外国人観光客向けの街になってしまっているのが、少し寂しくはありますが。

浅草詣で

[ Sony α7 | Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G ]

APS-C ではイマイチ使いにくい画角だった Sonnar 90mm も、ようやく本来の画角で使えるようになりました。90mm F2.8 ならばポートレートにジャスト、「切り取る」ための中望遠としても使いやすい焦点距離です。なおかつ開放 F2.8 なのでクセがなく、撮りながらどんな上がりになるか感触が掴みやすいのもポイント。

浅草詣で

[ Sony α7 | Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

こちらは Biogon 28mm。周辺が流れてしまうのが難点ですが、そのぶん中央の主題が引き立ちます。こういう迫力は、なかなか現代のレンズでは得られないもの。

浅草詣で

[ Sony α7 | Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

最近、寺社を撮るときには、歴史に裏打ちされた重厚感、みたいなものを表現してみようと試みています。

浅草詣で

[ Sony α7 | Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G ]

こういうフォトジェニックなものがあちこちに、当たり前のようにあるのがうれしい。でも、ちゃんと考えないと「場の雰囲気に撮らされた」印象の写真になってしまうので、これはこれで難しいな、というのが初めてまともに浅草に撮りに行った感想だったりします。

浅草詣で

[ Sony α7 | Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G ]

こういう観光地で人力車を撮るのがけっこう好き。シャッターチャンスを待ちながらじっくり観察していると、浅草の人力車の車夫たちは、車を引いてくれるだけじゃなくて、浅草のランドマークや歴史にすごく詳しくて話を聞いているだけで面白いし、なによりイケメン揃いなんですね(笑。だからか知りませんが、外国人観光客だけでなく、若いカップルの利用が多いように見えたのも印象的でした。

浅草詣で

[ Sony α7 | Carl Zeiss Planar T* 45mm F2 G ]

今回は特に目的もなく浅草寺周辺をぶらぶらしながら撮っただけでしたが、ここはもっと攻め甲斐がありそう。もうちょっと見どころを調べてから、どういう写真が撮りたいかイメージトレーニングをしたら、また撮りに来たいと思います。

投稿者 B : 00:00 | Biogon 28/F2.8 G | Photograph | Planar 45/F2 G | Sonnar 90/F2.8 G | α7 | コメント (2) | トラックバック

2014/01/01 (Wed.)

2014 謹賀新年

謹賀新年

[ Sony α7 | Carl Zeiss Planar T* 45mm F2 G ]

あけましておめでとうございます。

心機一転、今年もよろしくお願いいたします。

投稿者 B : 07:00 | Photograph | Planar 45/F2 G | α7 | コメント (0) | トラックバック

2012/10/28 (Sun.)

人形町の新参者

「水天宮は...あっちだな」

121028a.jpg

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Planar T* 35mm F2 G ]

というわけで、先日行った人形町~水天宮~日本橋エリアで撮ってきた写真をいくつか載せていきたいと思います。最近あまりカメラを持ってうろうろできていませんでしが、今回はひさびさに CONTAX G レンズ群を持っての写真散歩。人形町周辺は、先日のドラマ『孤独のグルメ Season2』で登場したこともありますが、どちらかというとドラマ/映画『新参者』を観て以来、写真撮りに行きたいなあ、と思っていた場所だったので、ようやく念願かないました。

昔、この界隈で働いていた時期があるんですが、当時はまったく周辺を散策することもなく。今思えば、もう少しぶらついてみるべきだったかなあ、と悔やんでいます。

121028b.jpg

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

水天宮は安産と子宝の神様、として知られる神社。『孤独のグルメ』でも『新参者』でも、主要人物が安産を祈願するシーンに使われるほど有名です。この日もこんな時期なので、七五三のお参りに訪れた家族連れでごった返していました。

121028c.jpg

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G ]

なかなか気合いの入った着物の子もちらほら。いいですねえ。私もこのくらいの頃に着物で撮ってもらった記念写真が、まだ実家にあります。

121028d.jpg

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

千歳飴とか。風物詩です。

121028e.jpg

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Planar T* 35mm F2 G ]

水天宮からちょっとだけ歩いて人形町へ。江戸時代から続いていそうな、昔ながらのお店が軒を連ねています。ジャパニーズカルチャー。

121028f.jpg

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

甘酒横町...ぐっとくるじゃないか。

その名の通り甘酒を扱っているお店から、先日抹茶ぜんざいをいただいた森之園から、特に飲食店が多い通りです。しかもどのお店もいかにもうまそうな雰囲気を醸し出していて、中には行列ができているお店も少なくありません。TBS の『新参者』ロケ地マップによると、ロケに使われたお店のほとんどが人形町通りとこの甘酒横町にあるようです。

121028g.jpg

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

煎餅の「草加屋」の店先には、こんな貼り紙が。『新参者』の第一話「煎餅屋の娘」で、市原悦子が煎餅を焼いていたのがこの店です。手焼きの古い設備がいい味を出していて、いいじゃないか。

121028h.jpg

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

こちらは鯛焼きの「柳屋」。『新参者』の作中ではいつも行列ができていて、毎回加賀恭一郎の直前で売り切れる、という人気店でしたが、実際にもやっぱり行列ができていました。なんか見るからに美味しそうで食べてみたかったんですが、抹茶ぜんざいと抹茶ビールで満腹だったので見合わせ(笑。

121028i.jpg

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

手ぬぐいの「ちどり屋」。ジャパニーズレトロモダン、という感じで、いい雰囲気です。

121028j.jpg

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

甘酒横町にある駄菓子バー。周辺の老舗に比べるといかにも狙いすぎな感が強いですが、これはこれでアリか。

121028k.jpg

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Planar T* 35mm F2 G ]

刃物の「うぶけや」。「赤ちゃんの産毛まで剃れる」というのが店名の由来らしく、日本の職人のわざ、そのものと言いたくなるような商品が陳列されていて、つい見入ってしまいます。この刃物たちからはすごいオーラを感じます。

121028l.jpg

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

街角で見かけたポスト。新しいポストと古いポスト、赤と碧、古いほうが速達郵便とか、なんかいろいろなコントラストが効いていて面白いモチーフ。ここは街として古いものを大切にしているんだろうな、というのを象徴していますね。

121028m.jpg

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Planar T* 45mm F2 G ]

そして、ちょっと足を伸ばして日本橋の麒麟像まで来ました。これは映画『麒麟の翼』の起点、そして終点となった場所。五街道の起点、日本の道の始まりと言っても過言ではないこの地点のシンボルですが、実物は初めて見ました。ここから世に飛び立つという願いが込められた麒麟像ですが、何かに迷ったとき、自分の起点を思い出すために訪れてみるのも悪くない。

なんだか『新参者』と『孤独のグルメ』の聖地巡礼ツアーのようになってしまった写真散歩でしたが、これら以外にもフォトジェニックな場所やモノにあふれた街ですね。完全に観光地化している浅草あたりに比べると、名所と生活感が絶妙なバランスで混在しているのがいい。美味しそうなお店もたくさんあるし、定期的に訪れてお店を開拓しつつ、自分なりの被写体を見つけてみたいと思いました。

また来よう。

投稿者 B : 00:00 | Biogon 28/F2.8 G | NEX-5 | Photograph | Planar 35/F2 G | Planar 45/F2 G | Sonnar 90/F2.8 G | コメント (0) | トラックバック

2012/04/19 (Thu.)

信州の遅い春

信州の遅い春

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

3 泊で久しぶりに長野に出張してきました。

例によって、どころかいつも以上に時間的余裕のないスケジュールだったんですが、1 年以上ぶりに来たのでせっかくだから写真を撮ろう!と一念発起し、早起きして NEX と松本城周辺まで軽く写真散歩に行ってきました。なにげに、松本の街をゆっくり歩くのはこれが初めてな気がします。

信州の遅い春

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Planar T* 45mm F2 G ]

東京はもうすっかり桜も終わってしまいましたが、長野はまだまだ梅が見頃、桜はこれからといったところ。結果的に春を追いかけて長野まで来たような格好になりましたが、今年はあまり梅も桜もゆっくり愛でる余裕が無かったので、却って良かったかな。

信州の遅い春

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Planar T* 45mm F2 G ]

とはいえ、桜も日当たりの良い場所ではもう満開に近くて、梅と桜が一緒に楽しめる良いタイミングだったように思います。

早朝、朝 7 時前後だったにも関わらず、松本城周辺には首から一眼レフを提げたお爺さんが多数。三十代はたぶん私だけだったと思いますが、みなさん朝早いですね・・。

信州の遅い春

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

松本市の中心部、松本城のすぐ近くには女鳥羽川(めとばがわ)という小さいけれどきれいな川が流れていて、これがまたいい感じ。
この松本城~女鳥羽川周辺の雰囲気は、街並みまで含めて私が高校時代を過ごした富山市の中心部(富山城~松川周辺)をどことなく彷彿とさせて、和みます。だからといってこっちに転勤したいとは思わないのですが(笑。

信州の遅い春

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

新しすぎも、古すぎもせず、それほど規模が大きいわけでもないこの街で、たまにこういうレトロな風景に出会うのも、また富山の市街地と似ているような。

そういえば、最近こういうオーディオ専門店ってすっかり見なくなりましたね・・・。

信州の遅い春

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

女鳥羽川のすぐそばには「ナワテ通り」というこれまたフォトジェニックな雰囲気の通りがあって、ここのシンボルが何故かカエル。至る所にカエルが飾られています(笑。客観的に見てかなり滑稽な風景ではあるのですが、これはこれで和みます。

改めてこの界隈を散策してみて、もっとゆっくり写真を撮りながらこのあたりを歩いてみたくなりました。周辺には安曇野、穂高、白馬などこれまた撮影に向いた場所がたくさんあります。いつか仕事で直接関係することがなくなったら、休暇を取って観光に来てみたいと思っています。

投稿者 B : 00:12 | Biogon 28/F2.8 G | NEX-5 | Photograph | Planar 45/F2 G | コメント (0) | トラックバック

2012/04/13 (Fri.)

Full bloom

Full bloom

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

東京の桜も今年はほぼお終い、な感じですね。

結局、桜が満開のうちにじっくり写真を撮りに出ることができなかったのですが、NEX-5 を持ち歩いて、外に出ている時間に撮れるだけ撮っていました。
この半年くらいは、カメラを持って出かけるといえば EOS 7D+50-500OS だったり α77 だったり、一眼レフ(α77 はレフじゃないですが)に回帰していたので、飲み会とブツ撮り以外で NEX を使うのは久しぶり。

Full bloom

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Planar T* 45mm F2 G ]

やっぱり NEX と CONTAX G レンズの組み合わせは素晴らしく、撮っていて楽しいし、撮れる写真もなかなか。この時期は風が強いことが多いので、MF できっちり合わせるのが難しいことだけが難点でしょうか。MF アシスト時の拡大ポイントがタッチパネルのフリック操作でできればもう文句はないんですが、NEX-5N の後継機種に期待かな。

Full bloom

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Planar T* 45mm F2 G ]

こないだの日曜日に仕事で中目黒方面に行く用事があったので、帰りに目黒川沿いを歩いてみたのですが、ものすごい人出でゆっくり桜を楽しむ気分にはなれませんでした。私は桜の名所でどんちゃんやるのよりは、そのへんの桜並木の下を静かに歩くほうが好きかな。

投稿者 B : 00:30 | Biogon 28/F2.8 G | NEX-5 | Photograph | Planar 45/F2 G | コメント (0) | トラックバック

2011/12/24 (Sat.)

ゆめみる

ゆめみる

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Planar T* 45mm F2 G ]

みえないことで みえてくる世界
夢みるために
みえないでいる世界

ひとはこもり ひとり夢みる
栗鼠のように
蛙のように
時を孕んだ 石のように
歌をとざした 氷のように
ひとは夢みる 手をかざし
炎のなかに 土の器を
やがてくる 雪の白さが
悲哀を讃歌に変えるまで

伊藤 海彦 『ゆめみる』

投稿者 B : 23:55 | NEX-5 | Photograph | Planar 45/F2 G | コメント (0) | トラックバック

2011/06/16 (Thu.)

菖蒲園

菖蒲園

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Planar T* 45mm F2 G ]

6 月、って雨が多くて写真を撮るにもどうしても曇りがちですが、空気の色に透明感が出るので、Planar みたいな柔らかい描写のレンズと相性が良いように思います。

投稿者 B : 22:52 | NEX-5 | Photograph | Planar 45/F2 G | コメント (0) | トラックバック

2011/03/29 (Tue.)

ハクモクレン

白木蓮

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Planar T* 45mm F2 G ]

まだまだ波はあるものの、それでもここ数日はずいぶん暖かくなってきました。まだ桜は開きませんが、3 月もあと 2 日、本格的な春はもうすぐそこまで来ていますね。

この暖かさが少しでも、被災地にも届いていますように。

投稿者 B : 22:37 | NEX-5 | Photograph | Planar 45/F2 G | コメント (0) | トラックバック

2011/03/21 (Mon.)

RE-BIRTH

RE-BIRTH

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Planar T* 45mm F2 G ]

今回の帰省の主目的である、妹の三女の顔を見ることができました。生後 1 ヶ月弱、5kg にも満たない小さな身体ですが、しっかりと生きてる。抱き上げてみると、とうに 10kg を超えたウチの次女と比べてその軽さに驚きます(笑。

しかしこの大変な時期に生まれてきたというのも彼女らの宿命なのでしょうが、従来の社会システムを前提に生きてきた我々と違って、この子たちこそがこれから築かれる新しい日本の、世界の社会環境に適応していく存在なのかもしれないなあ、と思います。先日の震災を受けて日本の社会構造は今度こそ本当に変わらなくてはならないと感じましたが、その変革させていく作業こそが、子どもたちの世代のために我々の世代に課された使命なのだと思います。

震災に限らず、先行きの暗い話しか出てこないような今の日本。でも、「この世界は希望に満ちている」ことを子どもたちに示してあげることが、我々大人がやるべきこと。
永遠の経済成長を前提とした年功序列の社会システム(長く生き、働くことでインセンティブが得られる)がバブル崩壊と共に崩れ去り、若い世代が日本社会に希望を持てなくなった現在。でもそれは、老人が若者から搾取することで自分は逃げ切ろうとしているわけではなくて(そういう人も現実にはいるでしょうが)、既存の社会システムを「自分には変えられないルール」として恭順に受け容れているにすぎないのだと思います。震災が変革の契機というにはあまりにも悲しみが大きすぎますが、子どもたちのため、希望に満ちた未来を築くのが我々の役目。

今、自分が生きる意味、働く意義というものを根本的に見つめ直す時期が来ているのでしょう。子どもたちの顔を見ながら、そんなことを考えています。

投稿者 B : 00:01 | NEX-5 | Photograph | Planar 45/F2 G | Soliloquy | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 | all