b's mono-log

2011/01/31 (Mon.)

SIGMA APO 70-300mm DG MACRO を再評価する

レビュー用にお借りしていたシグマの 50-500OS はもう返却してしまいましたが、あのレンズはかなり欲しい。でも、欲しいからといって簡単に買える値段のものではないので、手に入るまでは手持ちのレンズで何とかしなくてはなりません。
手持ちの望遠レンズの中で最も長い玉は、何本か持っている 70-300mm。その中ではα用の 70-300G が一番よく撮れるのは分かっているんですが、EOS で使うのに APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO を改めて評価してみようと思い立ちました。もともとこのレンズ、安い割にけっこうシャープに撮れるんですが、手ブレ補正・超音波モーター無しというちょっと古いスペックのものなので、使用頻度が下がっていたんですよね・・・。

SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

[ Canon EOS 7D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ]

いきなりカワセミから。毎年この時期は遭遇率が高く、よく会えます。でもちょっと遠めだったので 300mm では結構厳しく、カワセミであることが判る程度の写真に過ぎませんね・・・こないだ 50-500OS で会心の一枚が撮れてしまったので、全然満足できる写りではありません。まるで初めてカワセミを撮ったときくらいの印象。

SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

[ Canon EOS 7D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ]

安定していつも撮れる野鳥の一種、コサギ。これは 50-500OS の画を知らなければ十分満足していたレベルでしょう。RAW 現像時に少しアンシャープマスクをかけてやるだけで、かなりシャープな画像を得ることができます。

ちなみに DPP は最近のバージョンからアンシャープマスクに対応しましたね(以前はシャープネスしかいじれなかった)。最近の DPP のバージョンアップは私的に嬉しい機能追加が多く、後処理で Photoshop に渡す必要性が減って助かってます。

SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

[ Canon EOS 7D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ]

獲物を探してうろついていたシロハラ(ツグミの仲間)。

被写体との距離がこれくらい近ければ十分な画質と言えそうです。

SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

[ Canon EOS 7D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ]

木の低いところに来てくれたコゲラ。一生懸命樹皮をつついていたので頭が微妙にブレ気味ですが、体はキレイに撮れました。
やっぱりこのレンズ、ある程度近くで撮る分には満足のいく画質ですが、遠くの被写体はちょっと苦手のような。

ただ EOS 30D との組み合わせで使っていたときにはそこまで不満を感じなかったので、もしかしたらボディとの相性があるのかもしれません。EOS-D-SLR.net の EOS 7D レビュー記事に「高級・高価格 L レンズのクォリティーを極限まで引き出すカメラ」だけど「普及価格レンズでは等倍がいまいちシャンとしない写りのカメラ」という表現がありましたが、まさにそんな感じ。7D では L レンズやツァイスを使うことが多いので、今まであまり気がついていませんでしたが、7D はけっこうレンズを選ぶカメラのようです。
それでも、どうもスキッと撮れない EF70-300mm F4-5.6 IS USM よりはシャープな描写ではありますが、EF70-200mm F4L USM をトリミングして使うのとどっちが良い?と言われると、微妙なところではあります。私は(70-200L を持っているので)70-300mm はテレ端で使うことが圧倒的に多いので、遠くの被写体をテレ端でバシッと撮れる、が超望遠レンズの要件なんですよね・・・。

なんか 50-500OS が余計に欲しくなってしまっただけの結果でした(´д`)。

投稿者 B : 00:37 | EOS 7D | Photograph | SIGMA APO 70-300/F4-5.6 DG MACRO | コメント (0) | トラックバック

2009/03/01 (Sun.)

花月

枝垂梅

[ Canon EOS Kiss Digital X / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ]

3 月になりましたね。
といっても東京は雨、最高気温も 10℃前後というところで肌寒いです。北陸より北では雪らしいし、全然春らしくないですが。

それでも昨日は多少季候が良かったので、散歩がてら写真を撮りに。やっぱりシグマの APO 70-300mm の描写は EF70-300mm IS より良い。静物限定になっちゃいますが、この時期になると出番が来ますね。

投稿者 B : 11:29 | EOS Kiss Digital X | Photograph | SIGMA APO 70-300/F4-5.6 DG MACRO | コメント (3) | トラックバック

2008/04/21 (Mon.)

Depth of Field

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ]

シグマの APO 70-300mm DG MACRO にて。
ほぼ同スペックで手ブレ補正つきの EF70-300mm F4-5.6 IS USM を買ってから出番が減ってしまったレンズですが、望遠マクロレンズとしての描写は EF70-300mm よりも高いことが最近認識し始めました。望遠レンズにしてはコンパクトで軽いし、無闇にテレ端に伸ばさなければブレもあまり気にならないし、良いレンズです。何より安いし。
ちょっと持て余し気味のレンズでしたが、手放さずに風景撮影時にもっと活用してやろうと思います。

投稿者 B : 23:47 | EOS 30D | Photograph | SIGMA APO 70-300/F4-5.6 DG MACRO | コメント (0) | トラックバック

2008/03/29 (Sat.)

JAPANESQUE

[ Canon EOS 30D / Canon EF70-200mm F4L USM ]


[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ]


[ Canon EOS 30D / Canon EF70-200mm F4L USM ]


[ Canon EOS 30D / Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZS ]

一年のうちで、最も「日本人に生まれて本当に良かった」と思うこの一週間。

投稿者 B : 22:22 | EF70-200/F4L USM | EOS 30D | Photograph | Planar 50/F1.4 ZS | SIGMA APO 70-300/F4-5.6 DG MACRO | コメント (4) | トラックバック

2008/02/18 (Mon.)

野鳥撮り

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ]

昨日、いつもの公園にて。野鳥撮りの人たちが群がっていたのでカワセミがいるのかと思ったら、カワセミがいなくなったところでこのヒタキを見つけたので撮っているのだとか。調べてみたらジョウビタキのメスのようです。ヒタキというと『ラピュタ』でロボット兵が巣を大事に守っていたことくらいしか知らず、どんな鳥かは知らなかったんですが(ぉ、こんな可愛らしい小鳥だったんですね。

昨日は少し綻び始めた梅の蕾でも撮れたら、と思ってシグマの APO 70-300 を持って行っていたんですが、小鳥を撮るなら EF70-300 IS のほうが良かったかなあ。こういうとき、IS の力強さを実感します。

投稿者 B : 23:33 | EOS 30D | Photograph | SIGMA APO 70-300/F4-5.6 DG MACRO | コメント (0) | トラックバック

2006/10/31 (Tue.)

SPEED STAR

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ]

鈴鹿で撮ってきた中でも、個人的に特に気に入っている一枚。トリミングなしです。

本当は SAF1 のマシンをもっと撮りたかったんですが、あのマシンって色合いがシンプルすぎる上に赤白のデザインは微妙にトヨタとかぶってたりするので、あまり撮り甲斐ないんですよね。今年のマシンで写真映えするのってやっぱり鮮やかなフェラーリとルノー、LUCKY STRIKE ロゴがインパクトある HRF1 くらいのもので、他は意外と地味なマシンばかり。マクラーレンも実物を見るとクロームメッキ風のデザインはすごくカッコイイんですが、写真になるとイマイチ質感が再現できない気がします。

来年はタバコロゴ禁止でホンダとルノーのカラーリングは一新されそうだし、マクラーレンも vodafone がメインスポンサーについて新デザインになりそうなので、今度はどんな色がサーキットを彩ってくれるのか、今から楽しみです。

投稿者 B : 23:18 | EOS 30D | Photograph | SIGMA APO 70-300/F4-5.6 DG MACRO | コメント (2) | トラックバック

2006/10/09 (Mon.)

F1 日本 GP 2006 観戦記

2 日間の鈴鹿で 8GB 以上の写真(もちろん RAW+JPEG で撮ってるからですが)を撮ってきたので、せっかくだからその中からいくつかご紹介しつつ、簡単な観戦記としたいと思います。
あ、さすがに容量が大きくなってしまうので、画像はいつもより若干小さめで。

[ Canon EOS 30D / SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO ]

トップチーム(というか私が確認した限りでは、レッドブルファミリーとスパイカー MF1 以外)はちゃんとチーム or スポンサーブースを構えていて、そこにショーカーが飾られていました。ホンダ RA106 やスーパーアグリの SA05(さすがに SA06 はなかった)、フェラーリ 248F1 が見られて感激したのはもちろんのこと、こういうところで見応えがあるのはやっぱりツヤツヤメッキのマクラーレン MP4-21 ですね。ひととおり撮影してきたんですが、ルノーブースだけは満員で行列ができており、撮影できず。

[ Canon EOS 30D / Canon EF70-200mm F4L USM ] ※トリミング有

土曜日の予選後、ゲートに向かう途中のホンダブースで遭遇したバトン&バリチェロのインタビューステージ。ものすごい人でかなり遠くからだったんですが、レンズをねじ込んで撮ってきました。右側の柱が邪魔・・・。
しかしバトンは本当に二枚目ですね。初優勝以後、表情に余裕が出てきたような気がします。

[ Canon EOS 30D / Canon EF70-200mm F4L USM ] ※トリミング有

で、ステージからハケる直前の一コマ。バトンをバッチリフレームに収めたつもりが、瞬間的にバリチェロがモロかぶりorz。この後、バリチェロが観客席にキャップを投げ込んだんですが、打ち合わせてなかったのか、その後バトンも「あれ、俺も投げなきゃダメなの?」みたいな空気になってキャップを投げてました(笑。

[ Canon EOS 30D / SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO ]

同じくホンダブースにあった、シビック Type R プロトタイプ。来春の発売を目標に開発しているようです。3 ナンバー化されてかなり大ぶりなシャシーになったせいか、インテグラ Type R の最終形にイメージがだいぶ近くなったような。この夏でインテグラ自体が生産終了してしまった影響というか、こちらに一本化されたという位置づけなんでしょうかね。
欧州ではちょっと前にハッチバックのシビック Type R コンセプトが発表されてましたが、日本ではセダンしか出さないんでしょうか。個人的には 4 ドアセダンで Type S が出たら、購入検討したいかなあ。

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ] ※トリミング有

決勝前のドライバーズパレード。ミハエルの日本最後の凱旋です。一方のアロンソは(少なくとも 1 コーナー~S 字あたりまでは)手も振らずにシートに座っていただけなのが対照的でした。

このパレードの前のエキシビションとして、G. ベルガーのマクラーレン(MP4/6)と I. カペリのレイトンハウス、鈴木亜久里のラルース・ランボルギーニの実車走行(もちろん本人たちのドライブ)があり、F1 に夢中だった少年時代のマシンの走りが実際に見られてまた感激。ベルガーがアレジ(来ていたけど走らず)に「(太りすぎて)もう乗れないんじゃないの?」と言っていたのが面白かったです(笑。しかも、亜久里はなぜかデモランにも関わらずダンロップあたりでリタイア(ぉ。

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ] ※トリミング有

オープニングラップの 2 コーナー。一つのフレームにこれだけ多くのマシンが捉えられる、唯一のシーン。

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ]

トロロッソをパスするバトン車。スピード感がそこそこ表現できた、数少ないショット。
IS なしレンズで手持ち撮影するには、シャッタースピードを上げざるを得ず、そうするとどうしてもスピード感が失われてしまうんですよね。次の機会があったら、一脚を用意してこようと思いました。
でも、300mm(実質 480mm 相当)ならマシンが自分から最短距離にさえ来ればフレームいっぱいに捉えられますね。ランオフエリアの広い富士じゃこうはいかないだろうなあ。

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ] ※トリミング有

レース序盤、図らずも編隊走行になった SAF1 の 2 台。
2 コーナー~S 字の中間くらいの席だったので、2 コーナーを撮ろうと思ったら 300mm じゃさすがに足りず、トリミングが必要になりますが、800 万画素あれば(プリントしなければ)トリミングにも十分堪えますね。

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ]

縦位置で流し撮り。案外うまくいきました。
今年は F1 でのタバコ広告最終年なせいか、タバコロゴで走る GP もすっかり少なくなって、こうして LUCKY STRIKE ロゴの入ったホンダを見るのもずいぶん久しぶり。

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ] ※トリミング有

ウィニングラン中のアロンソ。私がいたのは琢磨応援席(ということで大半が SAF1 と BS のファン)だったので、アロンソが勝ってもあまり盛り上がってませんでした(´д`)。
でもルノーってカラーリングが鮮やかだから、撮り甲斐ありますね。

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ] ※トリミング有

決勝後、ゲートに向かっていたら前日と同じくホンダブースにて T-SQUARE(安藤まさひろ、伊東たけし)のライヴが!しばし聴き入ってしまいました。私がたどり着いたときにはほぼ終盤でしたが、私が特に好きな『Heaven Knows』『TRUTH』『Knight's Song』の 3 曲を初めて生で聴くことができて大感激。
去年は行き帰りの交通手段確保に必死でレースとグッズショッピング以外のイベントはほとんど楽しむ余裕がありませんでしたが、今年はレース以外もかなり満喫できました。今年はななちゃんるう。さんが一緒で、現地入りしてからはほぼクルマ移動だったのが余裕を持って行動できた勝因かなと。

今年でひとまず最後となる鈴鹿、来ることができて本当に良かったです。今度ここに F1 を見に来られるのは、いつの日か・・・。

投稿者 B : 23:10 | EF70-200/F4L USM | EOS 30D | F1 | Photograph | SIGMA 17-70/F2.8-4.5 DC MACRO | SIGMA APO 70-300/F4-5.6 DG MACRO | Season 2006 | コメント (7) | トラックバック

2006/10/08 (Sun.)

F1 日本 GP 2006 決勝

日本GP決勝:アロンソ優勝でチャンピオンシップを逆転! ミハエルはリタイヤ (F1Racing.jp)

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ]

決勝はミハエルまさかのリタイアでアロンソが優勝。ミハエルは前日のコースレコード連発の走りでマシンに無理をさせすぎたか、階調に飛ばしながらも 37 周目にエンジンが悲鳴を・・・去年のファイナルラップとは違う種類のどよめきが、鈴鹿を覆いました。
日本勢はバトンが堅実な走りで 4 位入賞。トヨタは 5~6 位で、SAF1 は琢磨がモンテイロを抑えての 15 位を含む、ダブル完走。前回の上海の失格を除けば、公式には SA06B で初めてのダブル完走という結果は、(現時点として)満足してもいいんじゃないでしょうか。

しかし、フェラーリとミハエルにとっては両タイトルともにほぼ赤信号といってもいい結果になりました。ミハエルのチャンピオン獲得には最終戦インテルラゴスで勝ち、アロンソが 9 位以下にならなくてはならないのですが、今年のルノーの信頼性をみるに、アロンソの入賞圏外フィニッシュやリタイアはなさそう。これがレースといえばそれまでなのですが、今日の決勝後の鈴鹿全体の落胆した空気は、割り切れないみんなの想いを代弁していたかのようでした。

投稿者 B : 23:47 | EOS 30D | F1 | Photograph | SIGMA APO 70-300/F4-5.6 DG MACRO | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック

F1 日本 GP 2006 決勝直前

[ Canon EOS 30D / SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO ]

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ]

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ]

投稿者 B : 13:17 | EOS 30D | F1 | Photograph | SIGMA 17-70/F2.8-4.5 DC MACRO | SIGMA APO 70-300/F4-5.6 DG MACRO | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック

2006/10/07 (Sat.)

F1 日本 GP 2006 予選

公式予選最終ピリオド:フェラーリ1-2、トヨタが2列目に並ぶ! (F1Racing.jp)

いよいよ予選が始まった日本 GP。午前中のフリー走行の最後でただ一人 1 分 30 秒台を出していたミハエルが、予選も圧倒。第 2 ピリオドではなんと前人未踏の、そしてこの先誰にも破られない可能性すらある 1 分 28 秒台をマークし、無敵とも思える速さを見せつけました。燃料を積んだ第 3 ピリオドではマッサに先行されたものの、フェラーリのフロントロウ独占は最善の展開。セカンドロウ以下はトヨタ、ルノー、ホンダがきれいに並び、フェラーリ圧勝の様相も呈してきましたが、ルノーがどれだけ意地を見せるか。そして日本勢の奮闘にも期待がもたれます。SAF1 は結局第 1 ピリオド突破はなりませんでしたが、決勝ではいい走りを見せてほしいところ。

・・・というわけで、

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ]

今年も来ちゃいました(^^;

投稿者 B : 20:35 | EOS 30D | F1 | Photograph | SIGMA APO 70-300/F4-5.6 DG MACRO | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック