b's mono-log

 1 |  2 | all

2012/08/15 (Wed.)

SMILEY SUMMER

SMILEY SUMMER

[ Sony NEX-7 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

夏休みを利用して田舎に帰ってきているのですが、なんか帰ってきてからずっと微妙な天候が続いていて、どうにも夏らしい青空を拝むことができません。まあ、北陸の夏は真夏であってもどこかグレーの混ざったスキッとしない青空なんですが、それでも見られると見られないとでは大違いです。せっかくカメラやレンズをいろいろと持って帰ってきているのに、まともに撮れないのも寂しいなあ・・・と思っていたら、激しい雷雨の後、翌日 2 時間ほど限定で奇跡的に青空が!
姪っ子も含めると女児 5 人の子守を大人たちで分担しないといけない状況で、なんだかんだであまり自由に写真を撮る余裕がないのですが、このときばかりはカメラを持ち出さずにはいられませんでした。まあ、そこは贅沢も言えないのでレンズはあくまで標準ズームですが・・・。

空を見上げたら、雲がちょうどいい感じに笑顔のように見えたので、それっぽくフレーミングして激写。クリエイティブスタイルを「風景」にしたら、北陸っぽくないすっきりとした青空になってしまいましたが(笑)これはこれでいいか。

SMILEY SUMMER

[ Sony NEX-7 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

そういえば実家近くに建設中の大橋も、ほぼ完成という状態になりました。来月にはいよいよ開通とのことです。残念ながら開通の時期には帰省する予定はありませんが、次は年末の帰省のときに通る機会が持てるかもしれません。

投稿者 B : 23:00 | NEX-7 | Photograph | Sony E 18-55/F3.5-5.6 OSS | コメント (1) | トラックバック

2011/12/31 (Sat.)

合縁奇縁

合縁奇縁

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

2011 年も間もなく過ぎていこうとしています。

過去 2 年間は諸事情により年末年始を東京で過ごしていましたが、今年は 3 年ぶりに田舎で過ごしています。次女(2 歳)にとっては雪初体験。けっこうな積雪で、帰省の飛行機が飛ぶかどうか危ぶまれもしましたが、結果的には良かったかな。

今年は震災という大きすぎるインパクトのあった一年で、あれをきっかけに人生観が変わってしまった人も少なくないと思います。私も一つ一つの物事の意味をそれまで以上に考えながら生きるようになりましたが、「何が起きても最終的にはなるようになる(逆に言えばならないようにしかならない)」という家風(?)で育ったせいか、前向きさだけは失わずにいられているような気がします。

自分の一年に目を向けると、仕事的には前職最後の 1 年間(あれも本当に大変だった)を質的にも量的にも超えるほど、よく働いた年でした。方向性としては自分で望んだことだったので辛かったことに対して文句は言えないのですが、結果的にはいろんな人との縁に支えられた一年だったように思います。自分の専門分野に対して深掘りすることから、どちらかというと様々な物事を横に繋いでいくことが主軸の一つになったこともあるのでしょうが、以前信頼関係を築いた人との再会だったり、あの人と仕事をしてみたいと思ったことがようやく実現できたり、あるいはプライベートでも妙な縁を感じることがあったり、そういうことを通じて人との縁を実感した年でした。
年齢的、あるいはライフステージ的なこともあるでしょうが、今までは自分の能力や知識で仕事をしているつもりだったのが、今後はいろんな人との縁の上に立って生かせていただいている、ということを意識することが増えていくんじゃないかと思います。政治的なことは大の苦手ですが、それも人間関係と利害関係の産物だと考えれば、紐解けるかな?
いずれにせよ、仕事は来年はもっともっと前に進めていく年にしなくてはならないので、精進あるのみ。

買い物的な話をすると、今年は細かいものが多くて大物の買い物が少なかった・・・と思って重いいだしてみたら、夏に念願のシグマ 50-500OS新型 PS3 を買ったし、年末に PS Vitaα77 と、相変わらずいろいろ買ってましたね(ぉ。自作 PC のほうも HDDBD ドライブAbee のアルミケースと数年ぶりにいろいろ手を入れましたが、そろそろ CPU+マザーボードを刷新したかったり。
来年の買い物は・・・ある一つ以外はまだ何も決めていませんが、欲しいものは例によっていろいろあるので、例年通り優先順位付けに悩む年になりそうです。

ということで、お互い来年も良い縁に巡り会えますように。では、良いお年を。

投稿者 B : 20:11 | NEX-5 | Photograph | Soliloquy | Sony E 18-55/F3.5-5.6 OSS | コメント (0) | トラックバック

2010/10/30 (Sat.)

和

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

ここのところ、どーーも疲れが溜まってる気がします。肉体的にというよりも精神的にかな。

そうなると、なんか和みたくなるわけで。

少し薄暗い、静かな店のカウンターで、熱燗をクイッとやって浸る・・・とりあえず、こんな写真で、気分だけでも和みますか。

投稿者 B : 17:53 | NEX-5 | Photograph | Sony E 18-55/F3.5-5.6 OSS | コメント (0) | トラックバック

2010/10/17 (Sun.)

お会式 2010

お会式

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

先日、池上本門寺のお会式に行ってきました。信徒ではないのですが、昔この近所に住んでいたことがあって、今でもこのお祭には機会があれば行っています。3 日間の会期中に約 30 万人が訪れるという、都内でも有数のお祭です。

本当はスケジュール的に今年は行けないかな・・・と思っていたら、入っていた予定が急にキャンセルになって、時間ができてしまいました。ということで、行けないつもりだったので NEX-5 しか持っていないという(´д`)。行けると分かっていたら、EOS をストロボ付きで持って行ったんですが・・・。
ということで、ノーストロボで標準ズームのみなので撮影条件的には厳しかったですが、暗所でもまあそれなりに撮れるのは APS-C ならではといったところでしょうか。

お会式

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

このお祭の華はなんといってもこの纏。ダイナミックに回してくれると見応えがあります。ただ、人によってテクニックに差があるのと、ずっと全力で回しているわけでもないので、撮るほうとしてはなかなか難しいです。

お会式

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

ほほえましい。

お会式

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

3 日間で 30 万人・・・というと、どのくらいの人出か想像しにくいと思いますが、こんな感じ↑。2 日目の夜が最も賑わうのですが、これがその状態です。池上駅から本門寺の本堂まで 1km 足らずの道のりが、ずっとこんな感じで続いています。

お会式

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

お会式というのは日蓮聖人の命日に行われる法要なので、全国の日蓮宗のお寺からお坊さんや信徒さんが集まってきます。で、よく見ていると宗派によって万灯や纏のデザインが異なるだけでなく、鳴り物のリズムも微妙に異なることに気づきます。ああ、このリズムは好みだな、とか考えながら見てるだけでもけっこう楽しい。

お会式

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

お寺の総門をくぐって万灯に並んで 96 段の石段を上るとクライマックス。纏の舞も鳴り物も下界よりも激しくなります。この先の本堂の前で報恩を捧げたら完了。とはいえ、このセットが次から次へと繋がってくるため、この催し(万灯練供養)自体は夜遅くまで続きます。

ちなみに、このお祭の様子は Ustream や専用サーバでのストリーミング中継も行われているので、興味がある方はどうぞ。

お会式

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

来年は来れるかなあ。

投稿者 B : 22:13 | NEX-5 | Photograph | Sony E 18-55/F3.5-5.6 OSS | コメント (0) | トラックバック

2010/09/26 (Sun.)

Honda Collection Hall (2)

昨日に引き続き、ホンダコレクションホールの写真を掲載します。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

インディジャパンの期間中ということもあって、コレクションホールでは特別展示としてインディカードライバーたちのヘルメットを多数展示していました。
写真はおなじみ佐藤琢磨のヘルメット。デザインは F1 時代から変わっていませんが、バイザーに KV レーシングのロゴが描かれていたり、スポンサーロゴが全くないシンプルな状態だったり、F1 のときのヘルメットとは少し雰囲気が違います。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

TS ロゴが描かれたヘルメットの後ろ側。このアングルだと F1 時代と変わらないですね。
下の方に描かれているロゴはスポンサー、ではなくこのヘルメットのデザインを手がけたスタジオ コメのロゴ。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

こちらはもう一人の日本人ドライバー、武藤英紀のヘルメット。やっぱりレーサーのヘルメットにはスポンサーロゴが入っていたほうが華やかですね。ただ、Panasonic ロゴは HONDA よりも TOYOTA ロゴとの組み合わせのほうがしっくりきますが・・・。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

インディのマシンも展示されていました。インディには詳しくないのですが、調べてみたところパノスチームのバディ・ライスが 2004 年にインディ 500 を制したマシンとのこと。F1 と比べると車高は低いし、フロントウィングは吊り下げ式じゃないし、同じオープンホイールでもずいぶん枝分かれして進化してきたマシンという印象を受けますね・・・。というか、F1 がスピード抑制のためにレギュレーション改定を繰り返して進化してきた異形のマシンなのかもしれませんが。
インディは今でこそダラーラによるワンメイクシャシーですが、当時は複数コンストラクターが存在していたようで、このマシンは G フォースというシャシーメーカー製のマシンのようです。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

こちらは同じく 2004 年、アンドレッティチームのトニー・カナーンのマシン。トニー・カナーンはチャンピオン経験者なので私でも名前を知っているくらいですが、セブン-イレブンデザインのフォーミュラカーって F1 じゃあり得ない(笑。
インディはワンメイクなこともあってかテクニカルレギュレーションの変更もマシンの進化も激しくはないらしく、今年のマシンと比較しても違いがほとんど分かりません。私は F1 のテクニカルな側面も好きなので、こうなったら楽しみ半減だろうなあ。頼むからエンジンワンメイク制とかレギュレーションに導入しないでほしい(´д`)。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

こちらは 1981~82 年の F2 マシン、マーチ・ホンダ 812。JPS カラーなので一瞬セナが初優勝を飾ったロータス・ルノー 99T かと思いましたが、よく見たら F2 で中嶋悟がチャンピオンを獲得したときのマシンでした。JPS の黒地にゴールドのカラーリングは見栄えがするので、私はけっこう好きですね。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

スーパー GT、カストロール無限 NSX。2000 年のチャンピオンマシンです。今年のホンダはスーパー GT へは新車 HSV で参戦しているので、このクルマが走ってる姿は残念ながらもう見られませんが、スーパー GT のレースはもてぎか富士あたりに一度撮影がてら観戦しに行きたいところ。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

こちらは市販車。F1 と同じアイボリーホワイトが眩しい、NSX-R です。初代 NSX が発表された当時、私はまだ中学に入ったばかりでしたが、子ども心にすごく興奮したことを未だに憶えてます。タミヤのプラモとか作ったなあ(笑。
既に生産完了から 5 年が経過しましたが、一生のうちに一度でいいからハンドルを握ってみたいクルマです。

ちなみに二輪車もたくさん展示されていましたが、あまり興味がないので省略(ぉ

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

ホンダが作っているのはなにもクルマやバイクばかりではありません。二足歩行ロボットへの取り組みはもう 25 年もの歴史を誇ります。写真は二足歩行ロボットとして胴体・腕まで実装した初めての試作機「P1」。世の中に発表されたのは次世代の「P2」だったかと思いますが、この P1 こそ歴史的に意味のあるロボットだと思います。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

そしてこれが現在の ASIMO。P1 は私の身長よりも大きく、いかにも重そうで、実験機的な風貌をしていますが、ASIMO は人間の子どもくらいの身長しかなく、ボディも柔らかいラインで包まれています。
二足歩行ロボットはまだまだ我々の世の中に広く役に立つというレベルには達していませんが、こうやって開発の歴史を見てくると、なんか想像していた未来がもうすぐそこに来ているような感覚にさせられます。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

去年の東京モーターショー直前に発表された自立制御型一輪車「U3-X」のデモが行われていました。が、すごい人だかりで、NEX のバリアングル液晶で捉えるのがやっとで、肉眼で見ることはできず(;´Д`)ヾ。でもこれが本当に自立して、乗った場合でも体重移動だけで動いてくれ(それも前後だけじゃなく左右も!)、両手がフリーになるというのは、現物を見るとあらためてすごい。原付くらいの値段で発売されたら間違いなく買っちゃうと思います。

動画を撮ってくるのをうっかり忘れてしまったのですが(汗)、YouTube に上がっていた動画を参考までに貼っておきます。

という感じで、インディ観戦でくたびれ果ててはいましたが、コレクションホールの中もみっちり堪能させていただきました。ただ市販車はあまりじっくり見る元気がなかったので、もう少し元気があるときに改めて来たいかも。来年のインディかスーパー GT で再訪するチャンスを今から狙っておきたいと思います。

投稿者 B : 00:03 | F1 | NEX-5 | Photograph | Sony E 18-55/F3.5-5.6 OSS | コメント (0) | トラックバック

2010/09/25 (Sat.)

Honda Collection Hall (1)

インディジャパンに行った帰りに、ツインリンクもてぎ内にあるホンダコレクションホールを見学してきました。

Honda Collection Hall

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

ホールに入っていきなり我々を迎えてくれたのは、本田宗一郎の有名な『夢』のサイン。ガラスに刻まれていて、この向こうにホンダ黎明期のクルマや F1 マシンが並び、夕方には夕陽を受けて朱に染まる様子には、ホンダファンならばグッとくるものがあります。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

その『夢』の後ろにディスプレイされているホンダの F1 初参戦マシン、RA271。実物を見るのは私もこれが初めてで、ちょっと感激。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

こちらは 3F に展示されていた、第一期ホンダ F1 初優勝を飾った記念すべきマシン「RA272」のリッチー・ギンサー車です。
ここに展示されているマシンの多くが動態保存のためにレストアされており、実際に走行できるということに、ホンダのレーシングカーへの愛を感じます。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

こちらは元ワールドチャンピオン、ジョン・サーティースが駆った RA300。ホンダ F1 の 2 勝目を飾ったという、これも有名なマシンですね。
1967 年のマシンですが、この当時の F1 はサイドポンツーンのない葉巻型のボディ、剥き出しのエンジン、溝つきのタイヤでウイング類はほぼ一切なし、と今の F1 とは全く違うカタチになっていて、比較するととても興味深いです。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

一気に時は流れて 1983 年、第二期ホンダ F1 が活動を始めた年のこのマシンはスピリット・ホンダ 201C。第二期といえばウィリアムズやロータス、マクラーレンがあまりに有名で、このスピリットのマシンはそれほど知られていませんが、ホンダ F1 の黄金時代はここから始まったと言っても過言ではありません。
でも、このクルマではほとんど目立った成績は残せていないんですよね。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

そしてスピリットからウィリアムズへとパートナーを代えたホンダの快進撃がここから始まります。ノーズに輝く赤いナンバー「5」は、言わずもがな「サーキットの荒法師」(懐)ナイジェル・マンセルのウィリアムズ・ホンダ FW11 です。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

その翌年にアイルトン・セナと中嶋悟という日本人にとってのゴールデンコンビが乗った、ロータス・ホンダ 99T。この車体は中嶋悟のものですね。
ロータスのオリジナルカラーは今年のロータス F1 や KV レーシングの佐藤琢磨車のような「ブリティッシュグリーンにイエローライン」が伝統ではありますが、この時期から F1 を観始めた私にとっては、ロータスといえばこのキャメルイエローだったりします。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

そしてこれはホンダ最盛期、16 戦中 15 勝を飾ったマクラーレン・ホンダ MP4/4。ベルギー GP でのセナのウィニングカーそのものです。
MP4/5 は 5 年前に「本田宗一郎と井深大 展」で展示されていたものを見たことがありますが、MP4/4 の実車はこれが初めて。感激。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

このクルマはセナが 1 度目のワールドチャンピオンを獲得したクルマでもあります。
このシートに実際にセナが座っていたんだなあ・・・。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

また一気に時代は流れ(残念ながらマクラーレン・ホンダは MP4/4 しか展示がなかった)、今度は第三期 F1 のジョーダン・ホンダ EJ12。2002 年に佐藤琢磨が日本 GP で 5 位入賞したマシンですね。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

佐藤琢磨が大活躍した 2004 年の B・A・R ホンダ、BAR006。日本人 2 人目の F1 での 3 位表彰台を獲得したのもこのマシンです。この当時は翌年の低迷とチーム離脱を誰が予想したでしょうか・・・。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

BAR007 はすっ飛ばして、オールホンダ初年度の RA106 が展示されていました。第一期ホンダ F1 を彷彿とさせるアイボリーホワイトのボディに日の丸を彷彿とさせる "Racing Revolution" のロゴに強い思い入れのあるマシンです。ハンガリー GP での初優勝のシーンは、今でも思い出すと目頭が熱くなるほど。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

デザイン的には BAR005 あたりからずっと順当進化で来ていますが、このマシンはひとつの完成形といえる形状をしていますね。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

翌年の RA107。空力的に大きな賭けに出たのが全くの裏目に出てしまった、オールホンダ 2 年目のマシン。このクルマには全く良い思い出がないですね・・・。RA106 ベースのスーパーアグリ SA07 の活躍のほうが印象に残っています。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

このマシンは "myearthdream.com" のマーケティングで本体に地球のイラストが描かれましたが、募金活動を行って賛同者の氏名をマシンに刻むという試みもやっていました。が、これは 1991 年のコローニ(予備予選すら通過できなかった弱小チーム)が個人スポンサーを募ってマシン上にその名前を載せていたのを思い出させて、あまり好きになれなかったなあ。
この地球デザインのマシンはレースごとに描かれる地球の角度が違うのも話題になっていましたが、このノーズ中央に日本が描かれているのは富士日本 GP 仕様です。

ホンダつながりでスーパーアグリのマシンも展示されていることを期待しましたが、残念ながら 1 台もなし。チーム消滅の際に破産管財人にでも押さえられて、ホンダには残っていないのか・・・SA06・SA07 あたりはぜひ実写を見たかったので、とても残念です。

コレクションホールの写真は他にもたくさん撮ってきてしまったので、明日に続きます。

投稿者 B : 00:15 | F1 | NEX-5 | Photograph | Sony E 18-55/F3.5-5.6 OSS | コメント (2) | トラックバック

2010/08/10 (Tue.)

夏の日の 2010

夏の日の 2010

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

田舎で過ごしています・・・が、女児 4 人連れ(娘 2 人・姪 2 人)だとなかなかのんびりもできず。

投稿者 B : 22:05 | NEX-5 | Photograph | Sony E 18-55/F3.5-5.6 OSS | コメント (0) | トラックバック

2010/07/28 (Wed.)

レイヤード・スカイ

Layered Sky

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

むしろ「夏は夕暮れ」ですよねやっぱり。

会社帰りにこんな写真が撮れるのも、NEX さまさまです。

投稿者 B : 22:24 | NEX-5 | Photograph | Sony E 18-55/F3.5-5.6 OSS | コメント (0) | トラックバック

2010/07/17 (Sat.)

灯籠流し

灯籠流し

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

昨日の仕事帰りに、洗足池の灯籠流しに行ってきました。

この時期は灯籠流しだったり蛍(この近辺に棲息しています)を愛でるイベントだったり、いろいろと催しがある場所。この灯籠流しも以前から来てみたいと思いつつ、なかなかタイミングが合わなかったのですが、初めて来ることができました。

灯籠流し

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

仕事帰りにフラッと立ち寄っても写真が撮れるのが、NEX の良いところ。通勤カバンにいつも忍ばせておいても、さほど苦になりません。

もちろんこういう厳しいシーンでの「撮りやすさ」では EOS 7D のほうに分があるのですが、7D だとどうしてもレンズ含めてちょっとした荷物になってしまうので。

灯籠流し

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

でも、ここまでほぼ真っ暗で被写体だけが光っている、というシチュエーションで撮影したことがほとんどないので、適正露出を得る設定を見つけるのに一苦労しました。最終的に何とか多少撮れたような気はするものの、でも出鱈目な設定をしているように思えて仕方がない(汗。
灯籠が思ったよりも速い速度で波に流されていくので、いつもなら暗いシーンで大活躍してくれるはずの手持ち夜景モードだって使えたもんじゃない。結局、シャッタースピード優先で被写体ブレを抑えつつ、ISO 感度を上げて補完するしかないという。

周囲にはけっこう気合いの入ったカメラを持ってきている人もたくさんいたので、話しかけてみれば良かったかなあ。

灯籠流し

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

しかしここは山手線の駅から私鉄で 10 分という好立地にありながら、四季折々の自然に触れられる良い場所。灯籠の光と街の灯りをひとつのフレームに収めるという構図を試せるのも面白いと思います。

来年もタイミングさえあればまた来よう。

投稿者 B : 23:58 | NEX-5 | Photograph | Sony E 18-55/F3.5-5.6 OSS | コメント (2) | トラックバック

2010/06/29 (Tue.)

燦々

33

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

ひとつ歳を取りました。

ひと頃に比べて歳を取ることが怖くなくなったのは、若さと引き替えに得られるものの意味が少しずつ分かってきたからでしょうか。失っていくものもあるけど、それなりに、年相応のものを身につけられているかな、とは思います。

いちばん大事なものだけは失いたくないですけどね。

ここからの一年は、自分にとってはちょっと辛い一年かもしれないけど、へこたれずにいこう。

投稿者 B : 16:29 | NEX-5 | Photograph | Sony E 18-55/F3.5-5.6 OSS | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 | all