b's mono-log

2014/09/23 (Tue.)

曼珠沙華

曼珠沙華

[ Sony α6000 | Sony E 50mm F1.8 OSS ]

お彼岸なので、この時季の定番・彼岸花を。彼岸花っていつもどのカメラとレンズで撮ろうか迷うんですが、今回は α6000+E50/1.8 で撮ってみました。

いつもついツァイスばかり使ってしまいがちですが、このレンズの水彩画のような透明感あるボケは気に入っています。

曼珠沙華

[ Sony α6000 | Sony E 50mm F1.8 OSS ]

いつもの公園も、この季節はあちこちで彼岸花を見かけることができます。どうも白彼岸や淡いピンクの彼岸花も自生しているようなんですが、なかなか巡り会えません。色違いのは咲く時季が少し違うのかもしれませんが、赤い彼岸花ばかりというのもワンパターンだし、今年はちょっと気合いを入れて探してみようかな...。

投稿者 B : 00:10 | Photograph | Sony E 50/F1.8 OSS | α6000 | コメント (0) | トラックバック

2014/09/21 (Sun.)

TGS 2014 (2)

TGS 2014

[ Sony α6000 | Sony E 50mm F1.8 OSS ]

TGS 2014 ですが、各方面からの「見たいのはそこじゃないんだよ!」というプレッシャーを受けた気がしたので(ぉ、コンパニオンのおねえさん方の写真をいくつか貼っておきます。

まずは私の観測範囲において今回の TGS で最も話題になっていたと思われる、Xperia ブース。PlayStation ブースではなくて Xperia ブース?と思ったんですが、今後発売される Xperia Z3 シリーズでは PS4 のリモートプレイに対応するということで、そのデモのための出展でした。コンパニオンさんが持っているとおり、DUALSHOCK 4 に Xperia Z3 Tablet Compact を装着してプレイすることができます。

TGS 2014

[ Sony α6000 | Sony E 50mm F1.8 OSS ]

まあ、おねえさんの顔に露出を合わせると、タブレットに表示されているロゴはぶっ飛んじゃうんですけどね(ぉ

Z3TC、買おうかなあ...ここのところ Z Ultra がかなり値下がってきたので、悩ましいところではあります。来月には iPad もモデルチェンジすると言われているし、そこが見極めどころですかね。

TGS 2014

[ Sony α6000 | Sony E 50mm F1.8 OSS ]

同じく Xperia ブースにて、ファイナルファンタジーシリーズよりティファ(VII)、ユウナ(X)、ライトニング(XIV)。

何故 Xperia なのに FF?と思ったら、このブースでのデモ内容自体が『FF 零式 HD』のリモートプレイと Android 用の FF タイピングゲームの試遊になっていました。よく見たらユウナの袴の柄が Xperia の壁紙のデザインになっていたり、なかなか芸が細かいコラボ。

TGS 2014

[ Sony α6000 | Sony E 50mm F1.8 OSS ]

セガブース。『龍が如く 0 誓いの場所』をモチーフにしたフォトスポットとのことですが...あざとい(笑

TGS 2014

[ Sony α6000 | Sony E 50mm F1.8 OSS ]

こちらはカプコン。

ゲームショーは私がいつも行っている家電・カメラ系の展示会と比べて、全体的に露出度が高い。ただ、会場が暗いので撮影は難しいですね。外部フラッシュとディフューザーを持っていけば良かったかなあ。まあ、背景がどうしてもごちゃっとしてしまうので、写真としてうまくまとめるのはいずれにしても難しい場所ではありますが。

投稿者 B : 00:00 | Game | Photograph | Sony E 50/F1.8 OSS | α6000 | コメント (2) | トラックバック

2014/04/21 (Mon.)

NODOKA

NODOKA

[ Sony α6000 | Sony E 50mm F1.8 OSS ]

暖かな陽射しと、爽やかな新緑。桜が終わったなあ...と思っていたら、あっという間にゴールデンウィークの雰囲気が世の中に漂ってきました。お花見のフワフワした気分はありませんが、外を歩いているだけで気持ちの良い日々。休日の待ち遠しい季節です。

NODOKA

[ Sony α6000 | Sony E 50mm F1.8 OSS ]

藤棚には、先週は咲いていなかったはずの藤が鮮やかな紫色を見せてくれていました。

桜も難しいけど、藤も綺麗に撮るのが難しい花の一つですよね。GW は藤の名所に写真撮りに行く、というのもあるかなあ。

投稿者 B : 00:35 | Photograph | Sony E 50/F1.8 OSS | α6000 | コメント (0) | トラックバック

2013/08/31 (Sat.)

真夏の夜の夢

NIGHT CRUISING

[ Sony NEX-5R / Sony E 50mm F1.8 OSS ]

今日で暦上の夏も終わりですが、夏の思い出に、東京ゲートブリッジをくぐってきたときの写真を少し。

以前はあまり撮らなかった夕景~夜景撮影に最近熱中しています。きっかけは、Touit 2.8/12

NIGHT CRUISING

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Touit Distagon T* 12mm F2.8 ]

で、その Touit 2.8/12。やっぱりこのレンズ、夜に使うとすごい威力を発揮します。私の撮影スキルだと、普通に広大な風景を撮ってもつまらない画になるだけですが、巨大建造物+夜景だと、絵になるなあ(笑

NIGHT CRUISING

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Touit Distagon T* 12mm F2.8 ]

ここ 1 週間ほどで、少しずつ過ごしやすい天候になってきています。今年も夏が終わり、秋がやってくるんですねえ。

投稿者 B : 00:00 | NEX-5R | Photograph | Sony E 50/F1.8 OSS | Touit 12/F2.8 | コメント (0) | トラックバック

2013/02/03 (Sun.)

CP+ 2013 (2) -シグマ編

CP+ 2013

[ Sony NEX-7 / Sony E 50mm F1.8 OSS ]

八重歯っていいよね。

......

CP+ 2013 のレポートを続けます(ぉ。
なぜか毎年手厚くなってしまうシグマブース。今年もしっかり見てきました。

CP+ 2013

今回のシグマブースで最大の注目は DP3 Merrill でしょう。DP シリーズユーザーには待望の中望遠、といったところでしょうか。
レンズがけっこう大きいので、今までの DP シリーズよりも威圧感がありますね。

CP+ 2013

まあ電気/ソフトウェア的には DP1/2 Merrill から変わらないので、私はとりあえず本体ディスプレイ上で分かるレベルでの画角と画質をチェックした程度でした。DP って気にはなるけど私が求める方向性とは違うカメラ、なんですよね。私の周囲のユーザーが苦労しながらも楽しそうに撮っている姿を見ると、一度使ってみたいという気はしつつ。

CP+ 2013

私の本命はむしろこっち。「Art」ラインにリニューアルされたミラーレスカメラ用 DN シリーズレンズです。

CP+ 2013

ハンズオン機もひととおりありました。が、残念なことに全てマイクロフォーサーズ用(´д`)。センササイズが違うので、E マウントユーザーからするとこの状態では画角は参考にしかなりません。

まずは 60mm、これは今までの E マウントにない焦点距離なので、気になるところ。中望遠で手ブレ補正がついていないのはちょっと苦しいですが、そこは ISO 感度上げるなり「手持ち夜景」モードを活用するしかないかな。

CP+ 2013

「Art」ラインなので「A」のバッジがついています。
そして、鏡筒のデザインはかなり E マウント純正レンズを意識したというか、NEX につけるとまるで純正レンズかのように似合いそう。逆にマイクロフォーサーズにはイマイチ似合わないのでは(笑

鏡筒のうち、金属の光沢が感じられる部分全体がフォーカスリングになっていて、これを回すことで MF/DMF ができます。全く滑り止めを意識していないデザインですが、それほど滑る感じはしませんでした。ただ、夏場とか汗をかきやすい時期にどうか、というのはちょっと心配だし、そもそもデザインとして MF させることをあまり前提としていないようにも見えます。あと、指紋が思いっきり残るのも気になりました。ソニー純正の E マウントレンズは光沢部分にヘアライン加工が施してあって、指紋は気にならないんですよね(その代わりキズがつきやすい)。やっぱりこのレンズは MF させる気がないように見えます。まあ、今までの 19mm・30mm というラインアップであれば AF でスナップ中心、というのも分かりますが、60mm ではそうはいかないからなあ。

CP+ 2013

続いて 30mm F2.8。これはブラックが置いてありました。これも NEX 純正の黒鏡筒に近い色ですが、マイクロフォーサーズ機につけるならシルバーよりもブラックのほうが違和感が少ないかも。

CP+ 2013

レンズ前面のスペック記載は旧型ではシルク印刷でしたが、新型ではレリーフに変わりました。被写体への映り込みを防ぐと同時に、高級感もこっちのほうがあると思います。

CP+ 2013

同じく 19mm F2.8。この辺は光学設計は旧型と同じなので特に語るところはありませんが、デザインは新型のほうがいいなあ。まあ「寸胴デザイン」であることに変わりはないので、もうちょっとくびれというか、抑揚のある形状にしてほしいとも思いますが...。

CP+ 2013

シグマ製レンズは昨年の新コンセプト導入以降、鏡筒にヴィンテージ(発売年)を記載するようになりましたが、今回の DN [Art] シリーズの 3 本には「013」の数字が刻まれるようです。

CP+ 2013

山木さん、今年もありがとうございました。

シグマのブースの構え方は以前からけっこう好きなんですが、今年は特に新コンセプト導入直後ということもあってか、ブース全体をモノトーンで統一したシックな装いになっていました。徐々に、しかし確実に「安価な互換レンズメーカー」から「高品位なレンズを作る総合カメラメーカー」に脱皮しつつあるように見えます。この調子で、いたずらに規模だけを追わず、コンスタントにいい製品のリリースを続けていってほしいですね。

CP+ 2013レポート、まだまだ続きます(という次回で終了フラグ

投稿者 B : 00:24 | Camera | Compact | DSLR | NEX-7 | Photograph | Sony E 50/F1.8 OSS | コメント (0) | トラックバック

2012/09/24 (Mon.)

一雨ごとに

キバナコスモス

[ Sony NEX-7 / Sony E 50mm F1.8 OSS ]

先週くらいまでの関東は、朝夕はともかく昼間はけっこう厳しい蒸し暑さでしたが、先週の台風あたりをきっかけに、一雨ごとに秋らしくなってきている気がします。そりゃああと 1 週間で 10 月ですからね。暑さが苦手な私としては、ようやく過ごしやすい季節がやってきました。

キバナコスモス

[ Sony NEX-7 / Sony E 50mm F1.8 OSS ]

引越しとか仕事とかでいつもの公園にもここ 2 ヶ月ほどゆっくり来れていませんでしたが、これからは多彩な植物が視覚を楽しませてくれる季節。カメラ的にもいろいろ新しいものが出てくる時期でもありますし、じっくり写真を撮りに来たいと思います。5D3 もまだあまり使い込めていないんですよね...。

投稿者 B : 23:59 | NEX-7 | Photograph | Sony E 50/F1.8 OSS | コメント (1) | トラックバック