b's mono-log

 1 |  2 | all

2015/06/13 (Sat.)

TOKYO SNAPSHOOTER

TOKYO SNAPSHOOTER

[ Sony NEX-5R | Sony E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ]

NEX-5R でスナップ写真シリーズ。

このカメラ、改めてやっぱりよく写ります。

TOKYO SNAPSHOOTER

[ Sony NEX-5R | SIGMA 19mm F2.8 DN A013 ]

メインレンズは JJC のオートレンズキャップをつけた PZ16-50mm ですが、シグマの 19mm DN もスナップでは活躍してくれるレンズ。焦点距離的には標準ズームとかぶるけど、歪みなく隅々までカッチリ解像させようと思ったら、そこは単焦点の出番です。

TOKYO SNAPSHOOTER

[ Sony NEX-5R | Sony E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ]

たまには、あまり深く考えずにパシャパシャ撮ってみるのもいいものです。

最近、周囲がどんどんレベルアップしていくので、私もちょっと写真に対して構えすぎていたかなあ。しばらくはちょっと肩の力を抜いて、気楽に写真と向き合ってみるのも良いかもしれません。

投稿者 B : 22:14 | NEX-5R | Photograph | SIGMA 19/F2.8 DN A013 | Sony E PZ 16-50/F3.5-5.6 OSS | コメント (2) | トラックバック

2015/05/24 (Sun.)

kaleidoscope

kaleidoscope

[ Sony NEX-5R | Sony E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ]

PZ16-50mm 用のオートレンズキャップを買って以来、休日は改めて NEX-5R を持ち出すことが増えています。

EVF 搭載の α6000 も扱いやすいけど、やっぱり私には NEX-5R のサイズ感のほうが馴染みが良いなあと思います。こういう人混みの中でもいかにも撮っているオーラを出さずに撮れるのもいい。RAW 現像前提ならば、解像度以外は現行世代のカメラに見劣りもしないんですよね。

ここ 1~2 年、カメラメーカー各社はこの手のエントリー機から手を引き気味ですが、「小さくて高性能」ってことにも価値はあると思うんだよなあ。

投稿者 B : 23:23 | NEX-5R | Photograph | Sony E PZ 16-50/F3.5-5.6 OSS | コメント (2) | トラックバック

2014/06/14 (Sat.)

WABI-SABI

WABI-SABI

[ Sony α6000 | Sony E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ]

さあ、どの店に入ろう。

俺は、何を入れたい?俺の胃は、今何を求めているんだ?

投稿者 B : 18:00 | Photograph | Sony E PZ 16-50/F3.5-5.6 OSS | α6000 | コメント (0) | トラックバック

2013/12/29 (Sun.)

はるか黒富士

はるか黒富士

[ Sony NEX-5R / Sony E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ]

牛久のはての
はるかのはての山脈の
その山脈からいちだん高く
黒富士
大いなる
はるか
黒富士

さくらんぼ色はだんだん沈み
上天に
金隈取の
雲一点

<存在を超えた無限なもの>
<存在に還へる無限なもの>

祈りの如き
はるか
黒富士

草野 心平 『富士山』より 『作品第拾陸』

投稿者 B : 22:40 | NEX-5R | Photograph | Sony E PZ 16-50/F3.5-5.6 OSS | コメント (0) | トラックバック

2013/10/25 (Fri.)

limited sky

limited sky

[ Sony NEX-7 / Sony E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ]

たまには都会的なスナップ写真を。「緑の多い風景や野鳥が好きなのがちょっと意外」と言われるのも、なんだか癪なので(ぉ。

普段、あまり空の見えないところで生活していると、こういうビルの隙間に四角く区切られた青空を見つけるだけでも、ちょっと嬉しくなってしまいます。

投稿者 B : 00:50 | NEX-7 | Photograph | Sony E PZ 16-50/F3.5-5.6 OSS | コメント (0) | トラックバック

2013/10/18 (Fri.)

巨人のはらわた

巨人のはらわた

[ Sony NEX-7 / Sony E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ]

木更津で海上電柱を撮った後には、海ほたるを渡って東京湾の反対側へ。川崎の浮島エリアで、工場夜景を撮ってきました。いやあ工場夜景、以前から撮りたいと思いつつも、マイカーを持っていないとなかなかアクセスしづらく、こういう(誰かにクルマを出してもらえる)機会でもなければ撮りに来るのは難しかったです。

まあ、飯岡~木更津と移動して、最後に川崎で工場夜景撮影、ときたら「貴様らのがんばりすぎだ!」と罵られても文句は言えません(ぉ。

巨人のはらわた

[ Sony NEX-7 / Sony E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ]

「すごいなあ...まるで巨人の内臓がむき出しになっているようだ」

工場夜景、というと、連想するのは『ファイナルファンタジー VII』の神羅ビル。なんとなく神羅ビルを意識して、ホワイトバランスもそっち方面に振ってみました。雰囲気は出ているかな。

巨人のはらわた

[ Sony NEX-7 / Sony E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ]

長時間露光って、事前にある程度完成形が想像できる部分と、想像を超えたところに出てくる面白さが同居していて、なんだか楽しい。
意外と(?)同じ趣味で撮影に来ている人がちらほらいる面白さと、とはいえ最適な撮影スポットを見つける難しさと(「ここ良さそう!」と思ったところに限って撮影禁止とか駐車禁止とか)、ちょっとしたスポーツ的な娯楽に近い気もします。

残念なのは、もろに点光源が入る構図にならざるを得ないこともあって、レンズのゴーストが盛大に出るところかなあ。次の機会があれば、もっと対逆光性能の高いレンズで望みたいと思います。

投稿者 B : 00:06 | NEX-7 | Photograph | Sony E PZ 16-50/F3.5-5.6 OSS | コメント (0) | トラックバック

2013/10/05 (Sat.)

into darkness

into darkness

[ Sony NEX-5R / Sony E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ]

暗闇の中では、それがどんな光であっても、ありがたい。

投稿者 B : 03:00 | NEX-5R | Photograph | Sony E PZ 16-50/F3.5-5.6 OSS | コメント (2) | トラックバック

2013/10/04 (Fri.)

Red-o'-Lantern

Red-o'-Lantern

[ Sony NEX-5R / Sony E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ]

大人の癒やしかた。

投稿者 B : 03:00 | NEX-5R | Photograph | Sony E PZ 16-50/F3.5-5.6 OSS | コメント (2) | トラックバック

2013/09/28 (Sat.)

新世界より

「過剰だ...この国、いやこの街では何もかもが過剰すぎる。大阪ってこんな街だっけ?」

新世界

[ Sony NEX-5R / Sony E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ]

先日大阪出張に行った際に、せっかくだからなんか「いかにも大阪」って感じの風景が撮りたい!と思って、むりやり少しだけ時間を作って新世界に行ってきました。

新世界

[ Sony NEX-5R / Sony E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ]

いつもは大阪に出張に行ってももっぱら梅田界隈ばかりで、いわゆる「ミナミ」にはほとんど行ったことがありません。特にこの新世界と呼ばれるエリアには、何年か前の出張のときに「うまい店がある」と言ってわけもわからず連れてこられたことが一度あるくらい。昼間に来たのは今回が初めてでしたが、こんな雰囲気なんですね...。外装がやたら飾り付けられた串かつ屋さんがあちこちに。コテコテだけど、これが楽しい。

新世界

[ Sony NEX-5R / Sony E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ]

いろんなお店の店先に、吉本芸人のサインが貼り出されていたのも印象的でした。東京だと、有名店の店内にサインが所狭しと...というのはけっこう見かけますが、店先にというのはあまりないんじゃないですかね。やっぱり吉本興業のお膝元だけあって、芸人さんと街との関わりが深いってことなんだろうなあ。こういうのはちょっと羨ましい。

新世界

[ Sony NEX-5R / Sony E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ]

東京だとどの街の雰囲気に近いんですかね。新宿でも渋谷でもないし...原宿の竹下通りの休日に似ている部分もありますが、それともちょっと違う。

昼間っから飲んだくれてる人もたくさんいて...なんだか、腹が、減ってきた(ぉ

新世界

[ Sony NEX-5R / Sony E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ]

路地まで、所狭しといろんな店が。

こういう活気、こういう昭和感、いい。モノクロにしたら雰囲気出るだろうなと思ったら、案の定。

新世界

[ Sony NEX-5R / Sony E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ]

出張の合間にざざっと歩いただけなのが残念でしたが、この空気感、悪くない。今度大阪に来る機会があったら、ちょっとゆっくり時間を取って、心惹かれた店ののれんをくぐってみたいところです。

投稿者 B : 18:20 | NEX-5R | Photograph | Sony E PZ 16-50/F3.5-5.6 OSS | コメント (0) | トラックバック

2013/09/03 (Tue.)

海へつづく柱

海へつづく柱

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Touit Distagon T* 12mm F2.8 ]

夏の終わりの遠征の写真を時系列にアップしていこうと思ったら、同行したメンバーが相次いで写真を逆順にアップし始める事態が発生(;´Д`)ヾ。乗り遅れるのもなんだか悔しいので、私も今回の撮影ツアーの本命だった木更津の「海に浮かぶ電柱」の写真を先に公開してしまいます。

本当は、シグマ 18-35mm F1.8 DC HSM で撮った写真をアップするつもりだったんですが、NEX-5R で長時間露光した写真のほうが全体的に雰囲気が良かったので、NEX-5R の写真を。

海へつづく柱

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Touit Distagon T* 12mm F2.8 ]

ここ、随分前から撮りに来たいと思っていました。が、クルマがないので諦めていましたが、今回は運良く運んでもらえたので、念願叶って来ることができました。

...と思ったら、ここは実は関東では TVCM で有名な「ホテル三日月」のすぐ裏手。ホテルにはシャトルバスも発着しているので、温泉を利用するつもりで来れば公共交通機関でも来ることができた、というのは現地に来てみて初めて知りました。

海へつづく柱

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Touit Distagon T* 12mm F2.8 ]

岸辺から、沖のほうまで延々とつづく電柱。何のために設置されたのかというと、この先に密漁の監視施設があって、そこに電力を供給するためなんだとか。

当初、いろいろ情報を頼りにもう少し南側の砂浜に行ってみたんですが、どうも見たことがある電柱に比べると、本数が少ない。で、現地でみんなでスマホで再度調べてみたら(笑)、周辺には似たような場所がいくつかあるようで、最も長く、よく撮られているのがこのホテル三日月の裏手の電柱でした。日没までけっこう余裕をもって現地到着したつもりが、そんなこんなで日没ギリギリに(汗

海へつづく柱

[ Sony NEX-5R / Sony E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ]

日が暮れてきたところで、対岸の羽田空港側には雷雲が。雲が厚くて、雲の内部で光が反射している様子と落雷の先端部くらいしか写っていませんが、電柱×雷という、これはこれでレアなシチュエーションが撮れたので、それなりに満足。

それにしても、これだけ暗い状況になってもこれだけの絵が撮れるというのは、デジタル技術のたまものですね。

海へつづく柱

[ Sony NEX-5R / Sony E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ]

海と電柱以外には何もない場所ですが、この風景に向き合っていると、不思議とストイックな気分になってきます。完全に日が暮れるまで 1 時間半ほど、時の経つのも忘れて撮影に没頭してしまいました。楽しかった。

同行してくださったクマデジタルさん、四本木さん、HAMACHI! さん、どうもありがとうございました。また何か撮りに行きましょう。

投稿者 B : 00:45 | NEX-5R | Photograph | Sony E PZ 16-50/F3.5-5.6 OSS | Touit 12/F2.8 | コメント (2) | トラックバック

 1 |  2 | all