b's mono-log

2017/03/26 (Sun.)

DAZN で F1 開幕戦を観る

というわけで今シーズンの F1 が開幕したわけですが、今年はテレビ観戦の環境として例年とは違う選択肢が出てきました。実際には去年から存在はしていたけど、docomo との提携で戦略的な価格体系を打ち出してきたスポーツ特化型 VOD サービス「DAZN」がフジテレビ NEXT の対抗馬になり得るのではないかと。
しかしその DAZN は先日の J リーグ開幕戦の中継で大失態をやらかし、「まだ使い物にならない」という烙印を押されたばかり。とはいえ事業者側がその気になれば短期間でサービスの大幅改善もやれてしまうのがネットサービスの良いところ、(おそらく)docomo のお金を使って大々的に広告を展開している今の DAZN なら本気でスカパー!から顧客を奪いに来そうだし、国内ではサッカーよりもマイナーな F1 ならば回線品質の問題も出にくいだろうと思い(笑)試してみました。

DAZN

DAZN

DAZN は通常の料金体系が ¥1,750/月、docomo 経由で契約すると ¥980/月 になりますが、無料体験期間の扱いに違いがあるようです。DAZN 直契約の場合は契約日から 1 ヶ月間が無料なのに対して、DAZN for docomo の場合は「契約月の末日まで無料」という docomo の他のコンテンツサービスと同じ扱いになります。さすがにこの月末から試用開始してすぐに課金されるのはちょっともったいないので、「とりあえず DAZN 直契約で 1 ヶ月無料体験して、良さそうなら一旦解約後に docomo 経由で再度契約」することにしました(笑。

続きを読む "DAZN で F1 開幕戦を観る"

投稿者 B : 22:58 | Audio & Visual | コメント (1) | トラックバック (0)

F1 オーストラリア GP 2017

F1オーストラリアGP決勝:フェラーリのベッテルがハミルトンを下し逆転優勝!

ついに開幕した F1 2017 年シーズン。今季は 2014 年以来のテクニカルレギュレーション大改定があり、マシンの見た目が去年までとは大きく変わりました。タイヤはよりワイドになり、車体も低重心化。前後ウィングも大型化したことで、1990 年代のような迫力のある外観になりました。タイヤのグリップ力向上とダウンフォース向上によりラップタイムも速くなる見込みで、近年の「燃費を守るために一定のペースで走る仕事」から久々にレースらしいレースが見られるようになる可能性があります。

でもそれ以上に期待されたのが、メルセデス一強だったここ三年間の勢力図が変わること。パワーユニットの性能と効率は現在もメルセデスに一日の長があることは間違いありませんが、空力周りに大きく手が入ることで再びレッドブルのようなチームに脚光が当たる可能性もあります。実際に蓋を開けてみたところ、残念ながらレッドブルの相対的な速さは昨年より向上してはいなさそうでしたが、代わりにフェラーリが大きく進歩してきました。
フェラーリは冬季テストの間から好タイムを出しており、今季はけっこういい戦いができるんじゃないの...?と期待していましたが、予選からメルセデスとがっぷり四つの戦いを見せてくれました。ポールポジションはハミルトンが取ったものの、実力で 2・4 番手を確保して二列目までをメルセデスと分け合えたのは十分健闘したと言って良いでしょう。

続きを読む "F1 オーストラリア GP 2017"

投稿者 B : 21:42 | F1 | Season 2017 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/25 (Sat.)

機動戦士ガンダム サンダーボルト #5 [PS Video]

OVA 『機動戦士ガンダム サンダーボルト』2nd Season の配信が始まりました。

機動戦士ガンダム サンダーボルト

1st Season は PS Video のデジタルセルスルー版を購入し、途中からはガンダムファンクラブの先行配信で観ていましたが、今回はいずれ劇場版としてまとめられることが最初から判っているしレンタル版でいいかー、と思い PS Video の HD レンタル版で視聴。

2nd Season は地球編ということで、これまでのサンダーボルト宙域での戦いとは全く違う展開になるかと思ったら、冒頭は『DECEMBER SKY』のエンディング映像からそのまま続く話になっていました。一年戦争のア・バオア・クー戦をホワイトベース隊以外の視点で描いた映像は少なくともアニメ作品としてはこれまでになく、見応えがあります。ア・バオア・クーでのホワイトベース隊の活躍は限定的なものにすぎず、「戦いは数」を地で行く作戦でしたが、そういう視点で観るとまた面白い。イオもダリルも活躍しない戦いながら、このシーンが個人的には今回の中で一番面白かったように思います。

後半は一年戦争の終結後、地球に降りたダリルたちリビング・デッド師団と、ジオン残党狩りのために地球降下作戦を決行する連邦軍の一部隊。そこにジオン残党軍のコムサイが特攻を仕掛けて...というところで「続く」となるわけですが、それも含めて今回は地球編のプロローグ兼「アトラスガンダム」のお披露目回という位置づけになっています。アトラスガンダムは...宇宙世紀シリーズ以外ならば「アリ」と思える面白いデザインだけど、宇宙世紀それも一年戦争の時間軸に登場すると違和感ありまくりますね。そもそも一年戦争世代でガンダムの派生機がどんどん出てくるとちょっと興ざめしてしまうんですが、まあ「ガンダム」が出てこないと売れないんだろうしなあ(´Д`)。
とはいえ狙撃戦が中心だった 1st Season とは違い、地球編では必然的に接近戦や戦略の重要性が増しそうなので、どういう展開になるかは期待したいと思います。

投稿者 B : 21:20 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/24 (Fri.)

機動戦士ガンダム Twilight AXIS

「機動戦士ガンダム Twilight AXIS」アニメ化決定!ガンダムファンクラブにて6月より独占先行配信! | GUNDAM.INFO | 公式ガンダム情報ポータルサイト

ガンダムシリーズの新作がアニメ化されることが明らかになりました。タイトルは『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』、タイトルの通り小惑星アクシズにまつわる物語で、時系列としては『UC』の少し後ということになるようです。原作はサンライズが運営する「矢立文庫」で昨秋から連載されている小説。宇宙世紀ファンとしては気になるけどテキスト読むのめんどくさいしアニメ化前提だろうからそれを待っていたところ(ぉ)思っていたよりも早く制作が発表されました。

【作品紹介】機動戦士ガンダム Twilight AXIS | 矢立文庫

今回の主役機は「ガンダム AN-01 [トリスタン]」とのこと。どうやら『ポケットの中の戦争』に登場したガンダム NT-1 [アレックス] の流れを汲む MS らしいですが、なぜラプラス事件の後の時代にあえてアレックス系なのか...。そこはせめて量産型 ν ガンダムとかじゃないの?と思ったけど、まあ時代背景としてはラプラス事件の後にサイコフレーム技術は完全に封印されているだろうからサイコフレームやバイオセンサー関連の技術は使えないだろうし、そうなると必然的にアナハイム製ではなく連邦工廠製のガンダムを引っ張り出してくることになるわけで、アレックスか Mk-II くらいしかない、ということなのでしょうか。設定画を見るといかにもアレックスと Mk-II をミキシングビルドしたようなデザインになっていて、宇宙世紀ものというよりこれなんてビルドファイターズ感が強い(´д`)。

いろいろと不安はありますが、『UC』の後の話がどうなるかは気になっていたので楽しみです。とりあえず手を付けていなかった小説でも読んでみますかね。

投稿者 B : 23:00 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック (0)

in a cafe

in a cafe

[ Sony RX1 ]

先日某所で少し写真を撮る機会があったので、私にとっては珍しいモチーフと撮り方だけど、たまの気分転換、あるいは習作。

in a cafe

[ Sony RX1 ]

春が近づいてくると、写真も露出オーバー気味で撮りたくなります。

続きを読む "in a cafe"

投稿者 B : 22:34 | Photograph | Sony RX | コメント (0) | トラックバック (0)