b's mono-log

« RX100 III の「次」を考える | メイン | 『孤独のグルメ 2018 大晦日スペシャル』放送決定 »

2018/10/30 (Tue.)

F1 メキシコ GP 2018

F1メキシコGP決勝レポート:ベッテル猛追及ばず、フェルスタッペン完勝。ハミルトンが5度目の王者に|motorsport.com日本版
ハミルトン、"完敗"のメキシコGPで自身5度目の載冠を決める「この結果を光栄に思う」|motorsport.com日本版

今シーズンの F1 ももう残り三戦。メキシコ GP は全盛期を彷彿とさせる速さでフリー走行からレッドブルが席巻、フェルスタッペンが完璧な勝利を手にしました。

予選は 3/100 秒差でリカルドが制し、レッドブルがフロントロウ独占からのスタート。しかしホールショットを決めたのはフェルスタッペンのほうで、その後は後続に脅かされることもなく完勝。メルセデスにもフェラーリにも彼を止めることはできませんでした。
大きな勝因は RB14 のダウンフォース量の大きさでしょうか。高地サーキットで気圧が低いメキシコではシャシーの持つダウンフォースの差がより大きくなり、パワーユニットの性能による差は相対的に小さくなります。マシン性能で有利だったことはフェルスタッペンとリカルドの予選タイムが近かったことからも明らかで、そこに昨年もここで勝っているフェルスタッペンの「コースとの相性の良さ」が乗っかっての勝利と言えそうです。
チームメイトのリカルドはハミルトンやヴェッテルと争いながら終盤まで 2 位をキープしていましたが、ハイドロリック系のトラブルにより突然のリタイア。ルノー移籍を発表してからのリカルドは本当に運に見放されていますね...。

フェラーリはライコネンが勝った前戦アメリカから序盤戦の速さを取り戻したかに見えましたが、レッドブルの圧倒的な速さには届かず。2-3 フィニッシュは悪い結果ではなかったものの、ヴェッテルが 2 位でチェッカーを受けた瞬間にハミルトンの年間チャンピオン獲得が確定しました。

対照的に良いところがなかったメルセデス。どうしちゃったの?というくらい決勝ではペースが上がらず、タイヤももたずで 4-5 位フィニッシュがやっとという状況。これくらいメタメタでも 4-5 位に入れてしまうのが今のメルセデスですが、ハミルトンとしてはせめてポディウムに上がって戴冠を祝いたかったことでしょう。

ハミルトンはこれで二年連続、通算五回目のチャンピオン獲得。特に今年は戦闘力のあるフェラーリ・ヴェッテルと真っ向勝負に勝っての戴冠で、本人にとっても手応えと価値のあるシーズンだったのではないでしょうか。一方ヴェッテルは夏以降のゴタゴタがなければチャンピオンが獲れていた可能性もあるだけに、後半戦の戦い方には大いに反省するところがあるはず。さらにチーム間の戦力差が縮まると思われる来季はさらなる僅差の戦いを見せてほしいところです。

トロロッソ・ホンダはガスリーが PU 交換ペナルティで最後尾、ハートレーが 14 番手からのスタート。終盤には 11-12 位をランデブー走行していて、何かアクシデントがあればダブル入賞もあり得るというポジションでしたが、結局はリカルドのリタイアでガスリーが 10 位入賞したのみ。ハートレーは中盤に起こしたオコンとの接触でペナルティを受け 14 位。7・9 位入賞で 8pt を加算したザウバーにコンストラクターズポイントで逆転されてしまいました。最下位から入賞したガスリーの頑張りはともかく、ハートレーの不運さには本当に同情したくなります。噂によると既にチームからは解雇通告を受けたとも言われています。内容よりも結果が求められるのが F1 の常とはいえ、現実は厳しいですね...せめて残り二戦、二人でザウバーを再逆転して締めくくってほしいと思います。

投稿者 B : 22:45 | F1 | Season 2018

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« RX100 III の「次」を考える | メイン | 『孤独のグルメ 2018 大晦日スペシャル』放送決定 »