b's mono-log

« Raynox HD-5000PRO | メイン | MG ガンダム Mk-II Ver.2.0 »

2005/11/12 (Sat.)

Pelikan Pelikano

ペリカーノ・ジュニアの替えインクを探しついでに安くて面白そうな万年筆を物色しに、銀座 伊東屋に行ったら、ジュニアの兄貴分「ペリカーノ」を発見したので購入してみました。これ、日本国内だとほぼ伊東屋さんでしか手に入らないっぽいですね。

カラーはオレンジ。他の色が売り切れていたからなんですが、どうせ買うならオレンジがいいなーと思っていたのでちょうど良かったです。
この万年筆は、ドイツの「かきかたえんぴつ」的なペリカーノ・ジュニアを卒業した世代(日本でいう小学校中学年~中学校くらい?)をターゲットにしたものらしく、価格も¥1,500 ほどとジュニアより少しだけ高い程度になっています。

本体は半透明のプラスチック素材にステンレスのキャップで、低価格ながらセンスの良いデザインにまとまっている感じ。ジュニアよりも多少細くて、持った感じでは私はこちらの方が好みかな。ジュニアのようなラバーグリップではないですが、こちらも一応グリップ部にガイドがあるつくりになってます。

ペン先は中字ですが、ジュニアとほぼ同じくらいの太さかな?インクの出方にもよるのでしょうが、ミニ檸檬よりは少し細くて書きやすいです。が、ジュニアのインクの出る量が心地よい(出ないわけでも出すぎるわけでもなく、書き方に合わせてするするインクが出てくる感じ)ので、書き味はジュニアの方が良いように感じたんですが、これはやっぱり私の万年筆の使い方がまだまだだからかな?ペン先がペリカーノとジュニアで共通っぽいので、もう一本ジュニアを買ってきてペン先をペリカーノに移植する、という手もあるけど・・・まあ、ペリカーノが特に書きにくいというわけでもないから、いいんですけど。

ジュニアの方は少し前にテレビドラマの小道具で使われていたらしく、Web 上でもよく話題を見かけますが、ペリカーノの方はけっこうレアであまり使っている人がいないので、ちょっとした優越感にも浸れてイイかも。

投稿者 B : 22:13 | MONO | Stationery

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

« Raynox HD-5000PRO | メイン | MG ガンダム Mk-II Ver.2.0 »