b's mono-log

« CRISIS CORE -ファイナルファンタジー VII- | メイン | CEATEC 2007 »

2007/10/05 (Fri.)

日本 GP 2007 フォトレポート(運営編)

富士のレポート、最後は運営について。言いたいことはいろいろありますよお。

課題山積の富士スピードウェイ (GPUpdate.net)

まずは土曜日の帰途から・・・。

予選が終わって、サーキット東バス乗り場。16 時頃に着いた時点で、すでにこれだけの大行列(´д`)。

バスはいっぱい待機しているのに、全然動きません。
行列も、私が並んでからゆうに 1 時間はぴくりとも動かず。行列の前のほうで何か動き(一部観客とスタッフのやりとり)があったらしく、「歩いて帰る」といって列を離れる人が多発。そのおかげで少し前進しましたが、結局 2~3 時間は満足に進まなかったです。

ようやく乗れたのは 20 時頃。かれこれ 4 時間待たされました。雨は降るし、気温はどんどん下がってきて寒くなるし、照明は少なくて暗いし・・・よくカゼを引かなかったと思います。
私の前に並んでいたお客さんは「こりゃ来年はテレビだな・・・」。私もそう思いました。富士があるから BRAVIA の設置を週明けに延ばしたのに、これなら週末着にして自宅で BRAVIA でハイビジョン観戦したほうがどれだけ良かったか・・・。

どうやらサーキット内の簡易舗装路が雨と大量のバスの重量で陥没し、復旧に 3 時間あまりを要したのが帰りのバスが大幅に遅れた原因だったらしいですが、現地スタッフの案内は「雨により途中の道路で崖崩れ、土砂崩れが発生し・・・」。そりゃ霧は出てたけど、F1 の予選が無事スタートできる程度の雨で土砂崩れはないでしょ。っていうかただの道路陥没が土砂崩れにすり替わるって、どんだけ(´д`)。運営もひどいけどスタッフの対応も責任逃れ感ミエミエで、いまいち。
並んでいる最中は、かなりバスの近くまで進まないとほとんどスタッフもおらず、状況が全然把握できない状態でしたが、スタッフがいるところでは他のお客さんがスタッフに詰め寄るシーンが多くみられました。確かにあんな状態で待たされたら詰め寄りたくなる気持ちもよく分かります。言ってもしょうがないと思いつつ、私も確かに詰め寄りたいくらいのイライラ(せめて冷静な状況説明くらいあれば・・・)が募ってましたからね。

なんとかバスに乗って帰った(二日とも日帰りで自宅から通いました)ものの、途中の道路にはさっき徒歩で帰ろうとした人が、進むことも戻ることもできなくなって道路脇にへたり込んでいる姿が何度か見られました。彼らはちゃんと帰れたんだろうか・・・。
都内の自宅に帰り着いたのはおよそ 23 時。鈴鹿でレースが終わってから帰っても、21:30~22:00 には自宅に着いているくらいなので、富士が(実際の距離はともかく)どれだけ遠いかというのがよく分かりました。

ちなみに、私が酷い目に遭ったのは帰路でしたが、お昼頃にサーキット着の見込みで移動してきていたお客さんの中には結局予選に間に合わなかった人もたくさんいたみたいですね。ちょっとあんまりだと思います。

こちらは決勝日の帰路。もうカメラを出す気も起きなくてケータイ写真です(´д`)。駐車場をぐるっと回り込んだ先にも大量の行列が・・・。
決勝日は首都圏等からもチャーターして、前日の 2 倍ほどのバスを手配しつつ、駐車場のアロケーションも変更したらしく、その成果か(道路の陥没がなかったのもあるでしょうが)比較的行列がスムーズに流れ、2 時間ほどでバスに乗れました。まあ、前日の半分だからマシだと思えるだけで、普通に考えたら 2 時間でも長すぎだと思いますが・・・。私は大雄山駅ルートでしたが、新松田や三島ルートの行列はさらにものすごいことになっていたので、どれくらいかかったんでしょうね。

さらに今回は、「チケット&ライド」以外にも、サーキット内設備や運営にもいろいろと不備と思われるものがありましたね。
サーキット内の露店ですが、鈴鹿ならけっこうあちこちに食べ物・飲み物やグッズを扱っているショップが点在しており、(通路は買い物をする人で多少混み合うものの)お客さんがある程度分散していたのですが、富士はショップがほとんど 3 ヶ所の広場に集中しており、そこから遠いスタンドだと満足に食べ物も手に入らない&ショップにはお客さんが集中して買い物もままならない状態。で、そこに行くまでの道のりも大渋滞で、交通整理も満足にされておらず。
鈴鹿と比べて確かにサーキットの施設はキレイ(道幅も広いし、舗装されているところが多い)なのに、運用が全然ダメでしたね。

今回の運営については FSW の冨田会長(今年前半までの TMG 会長兼トヨタチーム代表)が謝罪し、一部観客に返金の対応もしたらしいですが、来年は今年の問題に対する具体的な解決策を提示してくれない限り、私は来年は行かないでしょうね。まあ、今年の運営は最低だったと思うので、さすがにこれよりひどくはなりようがないでしょうが・・・。
雨のおかげでレース展開は面白いものになりましたが、それに反して FSW には課題の多い一年目になったといえるでしょう。

投稿者 B : 23:52 | F1 | Season 2007

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

観戦ご苦労様でした。
私は結構ましな方だったんですねぇ・・・
きっと来年は「カイゼン」されているのではないと思いたいですね。
思い切ってシンガポールって手もあるなぁ(^_^;)

投稿者 ‘み’ : 10/08 01:54

いやあ、今回は大変でしたね・・・移動時間も含め全体的な満足度は
鈴鹿のほうがはるかにマシだと思いました。
「カイゼン」を望みますが、無駄を省いて生産性を向上させるトヨタ・ウェイで
どれだけ顧客満足度が「カイゼン」できるのか、疑問でもあります。

ほんと、これなら富士よりシンガポールか上海にいったほうが
良かったかなーと思いますね。安いパック旅行があるなら来年はそっちにしようかな。

投稿者 B : 10/10 13:13

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« CRISIS CORE -ファイナルファンタジー VII- | メイン | CEATEC 2007 »